2019年04月29日

朝めしに吉野家の牛鮭定食

昨日は実家の親父から奈良の家で料理して飲もうと誘いがありました。

電車で王寺まで行ってバスで上牧町へ。

一緒に買い出しに行ってちょろっと料理して飲みがスタート。

親父のしゃべりに付き合ってたらバスも無くなり、タク会社に電話するも誰も出ず。

他所で泊まるんが苦手で帰るつもりが結局泊まらざるをえんように。

寝にくかったけどなんとか8時前まで寝たんでバスで帰ることに。

昨日はロクにものを食べてなかったんでエラく腹が減ってて、王寺駅前をウロついたら吉野家を発見。

朝ごはんに牛鮭定食580円をシバいときました。

せっかく電車で来てるんで朝っぱらから麦の健康飲料も行ったりました。(^_^;)

腹も膨らんで今は電車で家に向かっております。

ネコどもがエサがなくて怒ってないか心配ですわ。


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 08:49| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

グルコバ65は「マトンカレー」メインで

ブログ仲間のこばやしさんが主催するインド料理を作って食べるイベント「第65回グルコバ」に参加した様子をご紹介します。

いつものように前日に荷物を預かって阪神尼崎駅まで運んだんですが、いつも使うコインロッカーが一杯。

わざわざ門真から尼崎まで行ったのに、このまま家に戻って当日自力で担いで行かんとあかんのかと焦りました。

1つだけ空いてた箱はコインの投入口が故障してたようなんで駅員に声を掛けてみると、改札内にもコインロッカーがあるからそっちを使ってくれと。

そっちは十分空きがあったんでホッとしましたわ。


当日の3/31(日)は会場に向かう途中の西九条駅でうどんを食べて腹ごしらえを済ませて会場へ。

12時頃から買い出しをして、1時前には調理室に入りました。


調理がスタートしてまずはのんびりニンニクの皮むきって思ってたんですが、すぐに玉ねぎ刻みのお仕事が「大量」に入りました。

ほんと最近は皆さんやる気に満ちあふれてて出だしからトップギアで調理が進むんですよねぇ。

短距離走のようなペースでガンガンニンニクなんぞを刻みましたわ。






出だしが早い分3時頃になったらけっこう全体が落ち着いてましたねぇ。





その頃になると食べるモノや飲み物の差し入れなんかがあって、大人のおやつタイムに。






グルコバ65での差し入れの日本酒

*グルコバ65での差し入れの日本酒

今回は一升瓶の日本酒が3本も揃いました。


牡蠣のオイル漬け

*だいこんさん作の牡蠣のオイル漬け

これはカキの粒も大きくて、ええ味、ええ風味で売りモンレベルでしたわ。



らっきょうのペースト?

*らっきょのペースト?

刻んだらっきょと色んなモンが混ぜてありました。



スジ肉のエスニックっぽい煮物

*スジ肉のエスニックっぽい煮物

これは*あきこ*さんの作なんですが、バイマックルー(コブミカンの葉)とかレモングラスを使ってはって、ええ風味のエスニックっぽい煮物に仕上がってました。



失敗したエスニック風ゆで豚

*失敗したエスニック風ゆで豚

これは私が持って行ったんですが、エスニックっぽいもんにしようと思ったのに大した味も風味無く失敗でしたわ。

豚の肩ロース肉に塩麹、ニョクマム(魚醤)、ニンニク、ショウガ、シャンツァイ(香菜)なんかをまぶしました。

それを120度まで耐熱のラップ風ビニール袋「アイラップ」に入れて空気を抜いて一晩寝かせました。

翌日に炊飯器で1時間程保温調理してから2〜3時間寝かしました。

肉質はパサ付かずしっとり仕上がってたんで悪くなかったんですが、味や風味はほとんど特徴がなかったですわ。(>_<)



洋風のホタルイカマリネ

*洋風のホタルイカのマリネ

これも私が差し入れた賄い料理。

豚は用意してたけど、前日に行ったスーパーでホタルイカが2皿380円と格安やったんでつい買うてしまいました。

まず前日に下処理として、ホタルイカの目、口、背骨を取り除いておきました。

ワインビネガー、酢、白ワイン、レモン汁に月桂樹の葉、冷凍の生パセリ、乾燥ハーブ少々を加えた浸け地を用意。

当日の朝にスライスした新玉ねぎと浸け地を合わせてから現地に持って来ました。

まぁこっちは分かりやすい味で問題なかったですわ。





では、グルコバの食事会本番をご紹介。




出来上がったビリヤニ

*出来上がったビリヤニ
 

 
 
グルコバ65で出来上がった料理

*グルコバ65で完成した料理
 
 
 

グルコバの料理 ストリートスナック

*グルコバの料理 ストリートスナック




グルコバ65の盛り付け見本

*グルコバ65の盛り付け見本



料理の説明と説明用の写真はこばやしさんの記事からお借りします。


グルコバ65の料理説明用写真

*説明用写真



(以下、こばやしさんの記事からのコピー&ペースト)


A.さつまいものハルワ

さつまいもをカルダモンの香りで甘く煮込んだデザート。

B.パラク・パニール

北インドカレーの定番、カッテージチーズとほうれん草のカレー。

C.ダル・マッカニー

ベジタリアンのバターチキンと呼べる、トマトとギー、生クリームを使った濃厚な豆カレー。

D.マトン・ローガンジョシュ

カシミリ・チリを使って煮込んだマトンカレー。

E.いんげんとじゃがいものトルカリ

ベンガル風にパンチホロンを使って炒め煮した料理。

F.春キャベツのサブジ

キャベツのスパイス炒め。

G.チャパティ

インドを代表する主食、全粒粉の薄焼きパン。

H.ごぼうのピックル

ごぼうをマスタードオイルとビネガーで漬け込んだ辛い漬物。

I.アルー・ティッキ

じゃがいもとスパイスを使ったインド風お焼き。

J.バスマティ・ライス

湯取り法で炊いたインドの香り米。

K.マトン・パッキ・ビリヤニ

マトンカレーを作ってからバスマティライスと蒸し焼きにしたパッキ式ビリヤニ。

L.パプリ・チャート

パプリというクラッカーの上にトマトや玉ねぎ、じゃがいもを載せ、様々なソースをかけて食べるストリートスナック。

 1.パプリ
 カロンジを入れた小麦粉を伸ばして揚げたクラッカー。
 2.タマリンド・チャットニー
 タマリンドを使った甘酸っぱいソース。
 3.グリーン・チャットニー
 ミントと香菜を使ったソース。
 4.ヨーグルト・チャットニー
 ヨーグルトを使ったほんのり甘いソース。
 5.チリ・ガーリック・チャットニー

 にんにくと唐辛子の激辛ソース。

以上、合計で15品を作りました。

(以上、コピー)





われわれのテーブルで実際に食べてる雰囲気はこんな感じです。






自分のテーブルの食事風景

*自分のテーブルの食事風景




私が食べた料理

*私が食べた料理




毎度のことですが、みなさんと楽しく料理やって、おやつを摘まんで、美味いインド料理が食べられて丸一日楽しませて頂きました。

主催者のこばやしさんには今回も大感謝です。








次回のグルコバは5月26日に開催予定です。

今日ぐらいから募集が始まったんですが、残念ながら現在は満席です。

ただ、けっこう当日までにキャンセルが出ることがあるので気になる方は、以下のリンク先の記事を注意しておいて下さい。

*B級的・大阪グルメ生活:【現在満席】2019/5/26開催、南インド料理食事会「グルコバ66」募集開始!

 キャンセルが出るたびにリンク先の記事で再募集がかかります。




*朝の体重:58.25kg(久しぶりに目標オーバーして貰うたなぁ。)

*今月の休肝日:8日(明日は飲み会が入ってるから今日は酒抜くぞ。)

*今月のジム:4日
 
posted by えて吉 at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

業務スーパーのナムルで「ビビンバチャーハン」

昨日、今日と2連ちゃんで食べたピビンパ風チャーハンをご紹介します。

神戸物産の業務スーパーで買うたナムル(商品名は「ビビンバ」)をかなり前に買うて冷蔵庫に置いてたんですが、しばらく前に見たら賞味期限は3月で切れてました。

いつまでも置いとくとどんどん古くなるんで気づいた以上は早めに食べてしまおうかと。

このナムルはぶっちゃけもやしがほとんどで、他の野菜とごっちゃまぜに味付けしてあるんで酒のアテとか単品で食べるにはイマイチ未満。

ピビンパにして食べるにしてもちょっとどうかなぁ・・・って思うんですが、焼き飯の具に使うのはありやと思ってるんです。

本格的な韓国なら石焼きビビンバ?っていうより、冷凍食品にあるチャーハン系のもんを頭においてます。

冷凍食品だと具はケチってる印象がありますが、家で作るなら量は自分の自由。

たしか300g入りのヤツを2回ぐらいで使うとけっこう具だくさんな焼き飯になるんですよねぇ。


一回目を食べたのが昨日で、手元に鶏むね肉があったんでそいつを”肉っ気”要員として使うことに。

ムネ肉が余ってなかったら豚肉か牛肉の方が好みなんですけどね。

ムネ肉をそぎ切りにしてさらに細くカットしてから塩コショウを揉み込ました。

フライパンに油を引いて、唐辛子を投入して温めたところに鶏肉を投入。

鶏肉にほぼ火が通ったあたりでごはんを投入して、その上にたっぷりとナムルを加えました。


全体を炒め合わせて、コチュジャンを全体に混ぜ込んだら出来上がり。


業務スーパー(神戸物産)のナムルで「ピビンバ炒飯」

*業務スーパーのナムルで「ビビンバチャーハン」

皿に盛ってから手元にあった温泉玉子、刻みネギ、ゴマを散らしてやりました。

ごはんを加えてから下味に加えた塩がけっこうキッチリ効いててコチュジャンの甘さが控えめやったんで見た目よりスッキリした味に仕上がってました。

業務スーパーのナムルって150円くらいやったかと思うんですが、その半分のコストで食べられたと思えば上出来ですかね。









なんぼ賞味期限を越えてるとは言え、開封してすぐ傷む訳でもないんですが、鶏むね肉がもう少し余ってたので今日ももういっぺんピビンパ炒飯。









神戸物産の業務スーパーのナムルで「ビビンバチャーハン」

*業務スーパーのナムルで「ビビンバチャーハン」 2回目

2日連チャンで食べるからちょっとだけ味付けなんかを変えてやりました。

肉っ気は同じ鶏むね肉で塩コショウとチューブのニンニクを揉み込みました。

ナムル以外に、この前うちに来た韓国人の知り合いがわざわざ韓国から持って来てくれた自家製の白菜キムチも加えることに。

さらに実家の親父が奈良の家の庭で育てた九条ネギがあったんでそいつと水菜も仕上げでプラス。

炒める油をサラダ油からごま油にして、味付けにはコチュジャンの代わりに、焼肉のたれを少々。

盛り付けてから青ネギと温泉玉子に加えて刻み海苔も散らしてみました。

ちょっと昨日と雰囲気が変わって飽きずに美味しく頂きました。

昨日は休肝日やったから我慢したけど今日はちょっとばかりビールもシバいたりました。


単品で食べるにはどうかと思うナムルやけど、こうやって簡単にけっこう自分好みのが焼きめしが出来るんでまた買い置きしておこうと思いますわ。





*朝の体重:57.80kg。(重めで安定かなぁ・・・。)

*今月の休肝日:8日(今日は飲みますよ。)

*今月のジム:4日
posted by えて吉 at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

スペアリブの煮物の残り汁で「豚のフォー」

ちょっと前に残り物利用で作ったフォーが美味かったのでサクッとアップしておきます。

最近ちょくちょくやる料理にスペアリブをニョクマム(魚醤)で煮込んだもんがあります。

水にショウガ、ニンニク、白ネギの青いトコなんかを香味野菜としてぶち込んで沸かしたとこにスペアリブを投入。

丁寧にやるならスペアリブを先に下茹でして脂を落としてもええと思うんですが、小まめにアクをすくえば下茹で無しでもええかと。

しばらく煮込んでから保温鍋にセットして2〜3時間置いとけば出来上がり。

これを一旦冷やせば表面の脂が白く固まるんで私はそれを取り除いてます。





スペアリブの煮込みなどで晩ごはん

*スペアリブの煮込みなどで晩ごはん

・スペアリブの煮込み 大根、厚揚げ、レタスを追加

・メンマ

・ほうれん草のおひたし

・ポテサラ

・かぶらずし

・アボカドのエスニック風サラダ

・オクラ

これを食べたのは2月26日なんですが、最初はその2〜3日前にスペアリブだけを煮込みました。

スペアリブだけを一度食べて、この日は大根やら他の食材を加えたんです。

この日でスペアリブなどの具材は食べきったんですが、それなりの量の煮汁が残ったんで取っておきました。


翌日の27日になってその煮汁を再利用してフォーを食べることに。

フォーって鶏とか牛肉は有名やけど、豚はどうなんでしょうねぇ。

ネットで調べたら豚を入れると別の料理名になるとかってのをチラッと見かけましたが・・・。

まぁ、日本人が余り物処理でやることなんで、ほんまのベトナム料理的にどうかはおいといて下さい。(^_^;)






スペアリブの煮込みのダシで「豚のフォー」

*スペアリブの煮込みのスープで「豚のフォー」

フォーと言えば、フォーガーが一番最初に浮かぶんで、鶏を具にしようかとも思ったんです。

でもどうせベースのスープが豚なんやから具も豚でええやろうとスライスの豚バラをスープに入れてさっと火を通してやりました。

フレッシュのシャンツァイ(香菜)、レタス、手元にあったゆで卵半個もプラス。

少しそのまま食べたら途中から酢漬けの青唐辛子を加えたり、レモンをプラスしたり。

単なる煮物の残り汁でしたが、かなりご機嫌な朝ごはんになりましたわ。







*朝の体重:57.95kg。(昨日のモダン焼きが効いたんかなぁ。)

*今月の休肝日:7日(今日は酒を抜いて月10日ペースに戻すぞ。)

*今月のジム:4日(今日はジムに行きました。)
 
 
posted by えて吉 at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

ソース成分の補給でモダン焼き

今日は午前中にまずヒメの病院に出かけました。

まだ余裕あると思ってたらもう前回から10日以上経ってたんで予定してなかったけどちょっと慌てて行ったんです。

病院から戻ったら今度は会社の用事で銀行回り。

それを済ませたら12時半過ぎで、帰り道に昼ごはんを済ませようかと。

ただ車で寄りやすいうどんや中華はピンと来ず。

日曜日にめちゃくちゃソースモンが食べたかったのに時間が合わず諦めたんを思い出し家に戻ることに。

マンションの駐車場に車を置いて近所のお好み焼き屋「たんぽぽ」へ。

ミックスモダン焼き1000円に瓶ビール600円、追加でチューハイレモン380円。

ソース成分の補給が出来てご機嫌でした。

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 16:02| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

大洲市の中野食品の「淡麗系醤油味 鯛ラーメンスープ」

この前の四国のドライブ旅で買うて来たモンを1つご紹介します。

2泊目に泊まることにした大洲市っていうとこに行ったのは初めてでした。

  *その時の旅の模様はコチラからどうぞ。

居酒屋「葵」ってとこで地元のおっちゃんらとゆっくりしゃべって、その後宿に戻る途中であったスーパー「フレッシュバリュー 大洲店」へ。



そこで買うたいくつかのものの1つがこちらです。




大洲市の「中野食品」の淡麗系醤油味 鯛ラーメンスープ

*大洲市の「中野食品」の淡麗系醤油味 鯛ラーメンスープ

麺類の売場を見てて、たまたま手に取ったスープがえらく手作りっぽいし、製造者を見たら大洲市の住所。

ピンポイントでジムのメーカーが作ってるラーメンスープならオモロイやんとカゴへ。

値段は忘れてしまいましたが、そんなにムチャな値段ではなかったかと。

鯛ラーメンスープの原材料

*鯛ラーメンスープの原材料


醤油、食塩に続いて小鯛エキスが来てるんでまあまあじゃないでしょうか。

当然のようにアミノ酸なんかも入ってますが、まぁ私は気になりませんしね。



麺は付いてなかったんで家にあった麺とスープがセットになったメジャーメーカー麺を流用。

実際に食べたのは4月10日のお昼ご飯としてでした。


醤油って言うより塩味みたいな鯛ラーメン

*大洲市の中野食品の鯛ラーメンスープで

見た目からしてかなり色が薄くて醤油ラーメンって分かっててもちょっと戸惑いました。

味の方もあんまり醤油ラーメンって感じじゃ無かったですわ。

鯛の味については私みたいな味音痴な舌にはよう分かりませんでした。

ただ非常にあっさりして上品で、朝から食べても濃ゆ過ぎるようには肝心やろうなぁと。



この記事を書くために中野食品のサイトを見に行ったんですが、住所を見たら居酒屋に行く時に前を通ってたようですわ。

そんな偶然も面白いやんって思ったんですが、ほかにもちょっと検索結果を見たらこの会社自体が2月1日に事業を停止してたようですわ。

こんどこっち方面に行くことがあったら麺入りのやつも探してみようかと思ったのに、このラーメンスープは倒産後小売店にたまたま残ってただけなんですかねぇ。

地域の小さい企業はどこも経営環境が厳しいんでしょうなぁ。









先週の木曜日(18日)から東京の飲み仲間Sさんとその知り合いで前に東京で一緒に飲んだ韓国人の同僚がうちに遊びに来てました。

木曜日は昼から泡に合うアテで家飲み、夜はそのまま家でてっちり、てっさで和系の家飲み。

金曜日は車で京都に行って、半木の道ってとこを散歩してから嵐山の宿にクルマを置いて渡月橋の見える河原で外飲み。

その日の夜は宿の夕食を楽しんでから渡月橋のあたりを散歩しました。

翌日は朝ごはんの前にまた散歩してから朝風呂と朝ごはん。

チェックアウト時間までゆっくりしてから、車を宿に置かせてもうてまた散歩へ。

天龍寺、竹林の小径、嵐山公園を散策して宿へ。

そこからは車で地道を使って国道9号線から能勢方面へ。

能勢で道の駅をのぞいてから、阪神高速で家まで。

家にクルマを置いたらサクッと電車で京橋へ。

京橋の立ち飲み横町に殴り込んだ京都の「庶民」から夕飲みをスタート。

居酒屋の「直」に行ってからまた立ち呑みエリアに戻って「七津屋」「ねこ」とハシゴ。

最終日は朝イチで韓国人の知り合いは関空から帰国するために家を出発。

私は午前中に用事があったんで、それが終わったからSさんと家でチョイ飲みしてお別れ。

なかなかみっちりと飲み食いを続けたんで今日はだらけておりました。




*朝の体重:57.50kg。(好き勝手に飲み食いした後でこれならええやろ。)

*今月の休肝日:6日(今日は酒抜かんとしょうがないよなぁ。)

*今月のジム:3日
 
 
posted by えて吉 at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

半木の道の桜と嵐山での外飲み

昨日から東京と韓国の知り合いがうちに遊びに来てくれています。

昨日は午前中に伊丹空港で二人をピックアップして12時ごろから昼飲み、そしてテッサ&てっちりの夜宴会になだれ込みました。

今日は10時過ぎに家を出て京都へ。

韓国人の知り合いに桜を見てもらうためにまずは半木の道ってトコへ。

まだなんとか桜が残っててええ散歩になりました。

そこから嵐山に移動して河原で外飲み。

今日はこのまま京都に泊まるんで贅沢な気分です。


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 17:26| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

バタバタしとりますー

明日からお客さんが2人うちに来ることになっております。

その段取りで今日も朝からバタバタしてるんですが、昨日も同じような感じで更新は休ませてもらいました。

昨日は7時半ごろに起きた直後に時間のかかる料理を2品仕込みました。

その後、マンションの理事会の下打ち合わせをみっちり2時間。

帰ってから前日に下茹でして茹で汁に浸けてあった竹の子を洗ってなおしました。

その後朝仕込んだ煮物の味をみて調整してその片付け。

昼ごはんを食べたら客間とパソコンを置いてる部屋を片付けて家全体を丁寧めに掃除。

ゲスト用の布団を客間とパソコン部屋にセット。

3時過ぎにひと段落したんですが、朝から忙しくてけっこう疲れてました。

料理する気にならんかったので、大正の立ち飲み「さのや」に行ったんですが、月曜日と火曜日が定休日になってたんを忘れててフラレました。

よその立ち飲みと某有名老舗店で飲み食いして、地元に戻ったら宴会用の食材を買い出し。

夜はもう仕込みはせんかったんですが、マンション絡みのことでメモを作ったり、翌日の仕込みの段取りを確認してらあっちゅうまに夜になりました。






今日も朝起きてすぐ昆布を水に浸けてかつお節との合わせだしを引きました。

その後会社の決算の件で税理士と打ち合わせ。

そこからまた食材を買いに行って、家に戻ったら仕込みをスタート。

朝に引いたダシで煮物を作ったところで腹が減ったんで昼ごはん。

去年長野に行った時にカップラーメンを買うたんですが、それは知り合いのカップラーメンマニアの方へのお土産でした。

そこから会う機会はあったのに、持って行くのを忘れてそのまま賞味期限が切れてしまったんですよねぇ。

私は気にせんけど流石に人に渡すのはマズイ
の家に死蔵してました。

2月末には賞味期限が切れてるんで、今日のお昼はそのカップラーメンを食べることに。

信陽食品という長野市にあるメーカーの「ポンちゃんラーメン みそ味」ってヤツです。

値段は忘れてしまいました。

中は粉末のスープと乾燥野菜のかやくの2袋。

味の方は味噌の風味があんまり強くなかったですね。

麺もごく普通の縮れたタイプで昔のインスタントラーメンって感じでした。

食べる時には手元に乾燥わかめを山ほどと青ネギを刻んだものを足し、七味をたっぷりかけていただきました。

昼ごはんの後、何品か小ネタモノを仕上げて今はちょっと休憩中。

もう腹が減ってるんで簡単なもので晩ごはんを済ませたらもうちょっと仕込みをせんとあきませんわ。

今日は飲み食い仲間から焼肉屋にお誘いを受けてたんですが、やっぱりとてもじゃないですが出かけてる余裕はなかったですなぁ。


*朝の体重:57.20kg。(外食したけど理想値クリア。)

*今月の休肝日:5日(今日は明日からに備えて休肝日にしとくぞ。)

*今月のジム:3日


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 16:45| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

竹の子を買いに羽曳野の道の駅へ

今週は後半に家宴会があるんですが、今日はそのための買い出しに出かけました。

客人から春やから竹の子が食べたいって言われたんでその調達がメインでした。

筍って掘ってすぐからどんどんアクが増えるからすぐ茹でろって言いますよねぇ。

そのせいで近所のスーパーに並んでるヤツには掘ってから何日経ってるか分からんっていう不信感があるんですよねぇ。

道の駅なら前日の残り物の可能性はあるけど、流通の時間が短い分マシやろうと。

外環状とその近くにある道の駅として羽曳野、和泉、岸和田を考えてなんとなく本命は和泉でした。

羽曳野はタケノコないんちゃうかと思いながらうちから一番近いんでとりあえずそこへ。

そしたらきっちり売場に並んでたんで最初の道の駅で目的達成。

月曜日でもかなりのお客さんで賑わってたんで竹の子も朝堀りかは別にして新しめじゃないかと。

鍋で下茹でする時のことを考えて出来るだけ小ぶりのを選びました。

小ぶりのが2つ入って880円でした。


190415habikino.JPEG

*道の駅「しらとりの郷・羽曳野」で買い出し

その他にも今回は新鮮で安めの野菜がけっこうあったんで、プチトマト200円、なすび175円、水菜78円、若ごぼう260円、白ネギ158円、木の芽110円を買いました。

朝からなんにも食べてなくて腹ペコやったんで買い物の後、数分待って同じ敷地にある「はびきのうどん」へ。

ここは地域の名物?である”油かす”の入った「かすうどん」がメインで前にも一度入ったことがありました。

前回はたしか一番普通のかすうどんを食べたと思ったんで、今回はカレーうどん972円を。

辛さが選べて甘口・中辛・辛口・大辛・激辛とあったんで、大辛で。

辛さはまずまずしっかりでしたわ。麺はそんなに大したことはなかったですが、文句は無し。

油かすの入ったカレーダシはあんまり”かす”の風味は感じず。

でも油かす自体を噛みしめるとしっかりかすの風味がありましたわ。

やっぱりかすの風味やコクを楽しむなら普通のかけうどんの方がええように感じました。

朝メシ?としては1000円近い値段は贅沢でしたね。

そうそう、うどん屋の隣にあるプレハブの餃子屋で初めて生ギョウザを2人前(600円)買うてみました。

これは今日の夕方食べる予定ですがどんな感じか楽しみですわ。





カレーうどんだけ食べたらサクッと家に撤収。

帰ってすぐ竹の子の下茹でをしました。

穂先を斜めにカットして縦に皮に切り目を入れてから、付いてたぬかと鷹の爪を入れた水から茹でました。

こまめに浮いてくるアクをすくい取りながら1時間程茹でたところで竹串が通ったんでヨシと。

火を止めて今は冷ましてますがこのまま明日まで一晩置いとく予定です。

めったに生の竹の子を自分で茹でないんですが、うまくあくが抜けてることを祈るばかりです。






*朝の体重:57.10kg。(理想値をクリア。)

*今月の休肝日:4日(今日は酒抜き。)

*今月のジム:3日
posted by えて吉 at 14:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

大洲市の居酒屋「葵」など 春の四国ドライブ旅2

四国のドライブ旅のネタが途中だったのでサクッと後半をアップさせて頂きます。

 *前半の記事はコチラからご覧下さい。

旅の2日目(4/5)は朝の6時過ぎに目が覚めたんで7時から朝ごはんを食べました。

ご飯の前に荷造りは終えてたんで、ご飯を食べたらサクッと宿をチェックアウト。

7時27分には走り出して国道55号線でとりあえず室戸岬を目指しました。

宿から55km走って8時45分には室戸岬に到着。

駐車場で何分か止まってそこから先の走り方をチェック。

室戸を出て、途中2つの道の駅にトイレ休憩をしたりしながら国道55号線で高知方面へ。

香南市の「横町」交差点で左折したら桂浜という標識に従って県道14号線(黒潮ライン・春野赤岡線?)で桂浜方面へ。

桂浜には興味ないんで前を素通りしてしばらく走って昔からのお気に入りのポイントに到着したのが11時15分でした。



高知のお気に入りの浜辺

*高知のお気に入りの浜辺

黒潮ライン沿いに駐車スペースと公衆便所(桂浜花海道 西トイレ?)があるだけなんですが、目の前に太平洋が180度広がってるんです。

学生時代から春になるとその駐車スペースで車内泊しになんべんも来てるんですよねぇ。

一時は護岸工事で駐車スペースがなくなっててどうなるのかと思いましたがその復活したんです。

今回の旅に出たのは急な思いつきでしたが、ここの車内で寝てもええかと思って念のため空気で膨らむマットと寝袋を積み込んで来たんです。

昔このスペースの下の浜辺で盛大な焚き火をやったんが楽しくて、今回もこれまた念のためチャッカマンと点火用に新聞も入れて来てたんですよねぇ。

駐車場から浜辺を見ると焚き火が出来そうな流木はあんまり落ちてないようでした。



ここでしばらく休憩してこの日の寝る場所を検討。

まず、着いた時間が早いんでここで車内泊はちょっと時間を持て余すなぁと。

前日のうちに高知市内で安めのビジネスホテルを予約は済ませてました。

チェックインが3時やったんでそれまで浜辺で時間潰そうかとも思いました。

でも、それだとこの日はまだ140kmほどしか走ってないから、ほとんどドライブした気がせんなぁと。

地図を見ながら色々検討してたら須崎市から北西に四国を縦断(横断?)する国道197号線は酷道ではなさそうだと判明。

四国って海側の国道を走る分には問題ないけど山間部を走る三桁国道はかなり難儀なんですよねぇ。

昔知らずに徳島から国道439号線(最初は438号と重複)に突っ込んだら、キョーレツな酷道やったんです。

その他も山間部を通る国道(493号とか195号とか)はヤバそうな気がしてるんですよねぇ・・・。

そんな中で197号は大丈夫そうやったんで、走ったことないやろうし、海ばっかりより山道もええなぁと。

そこで197号線が行き着く大洲市ってとこに向かうことにして、その場で安宿を予約。

11時43分にはお気に入りの浜を出発しました。


県道14号線をどんどん進んでそのまま県道23号線で内海?沿いに須崎市へ。

国道56号線を少し走って、国道197号線に別れる交差点がちょうど道の駅「かわうその里すさき」でした。

道の駅に着いたのが1時前くらいやったと思うんですが、山手の道に入る間に昼ご飯を済ませることに。

ここではベタですが地元名物の鍋焼きラーメンを行っときました

食堂で隣に座ったグループはいかにもなサイクリング用のウェアを着てはったんですが、中国語をしゃべってました。

レンタルの自転車で近所をうろうろするような感じや無くて、かなり本気のチャリダーに見えたんですがチャリは本国から持って来はったんですかねぇ。

どこの国かは分からんけど、日本でサイクリングを目的に旅行するよう外人さんも出て来てるんやなぁと驚いてました。



1時24分に道の駅を出発して、国道197号線で大洲市に向かうことに。

今回のドライブではあっちゃこっちゃで沿道の桜を見てましたが、こっからのルートでは満開に近く見応えがありましたわ。

しばらく走ってたら看板に源泉掛け流しの温泉が出て来ました。

前日は風呂に浸かっただけやったし、朝はシャワーもしてなかったんで寄ってみることに。

国道197号線から左折して酷道439号線へ。

以前走ったことのある区間より先でしたがほんのちょっと走っただけでも酷道っぽさがあって、ヒヤリとしましたわ。(^_^;)

酷道はあっちゃこっちゃで走ってますが今回の目的はあくまでものんびりドライブですからね。


幸い酷道を走った距離はそんなになく程なく「郷麓温泉」に到着しました。(14時16分。)

看板には日帰り温泉ってちゃんと書いてあったんで、建物の方に行ってみたんですが全く人の気配がありませんでした。

で、入口の貼り紙だったかを見るとこちらの温泉は完全に予約制やったんです。(>_<)

来た道を戻って分岐のとこにあった看板を確認したら「日帰り温泉」の文字意外にちゃんと「予約制」の文字もありました。

前日の時間制通行止めの看板に続いて予約制を見逃してみごとにフラれてしまいました。

上のリンク先を見ると50分800円の貸し切りで予約制とありますねぇ。

珍しいスタイルの温泉ですが、旅行中に時間を決めて温泉に入るってのはなかなか厳しいですねぇ。

なのでこの温泉をリベンジするチャンスはなかなか無さそうですねぇ・・・。

数キロやけど風呂に入れずに戻る酷道は長く感じましたわ。



温泉の前後で道の駅のも寄りながら3時56分に大洲市内の温泉「臥龍の湯」の駐車場に到着しました。

”2度あることは3度ある”って言うんでかなり警戒してましたがここはちゃんと営業してました。(^_^;)


大洲市の臥龍の湯

*大洲市の臥龍の湯

今風の日帰り温泉で風呂代は550円でした。

駐車場に入って再度車を動かすまでで30分程でしたが広いお風呂に入れてご機嫌でしたわ。



190405daiichi.jpg

*大洲市の「ビジネスホテルだいいち」

風呂屋から宿まではすぐでこの日の走行距離は287km。

地道だけでのんびり走ったんで距離的には大したことないけどけっこう満腹感がありましたよ。

この宿は駐車料金が無料で1泊5400円でした。

かなり年季が入ってて、自販機も2階に小さいが1つだけ。(泊まった階のは自販機は故障中。)

でも、すぐ隣がコンビニになってたんでチェックインして部屋に入る前に酒を調達。

ビジネスホテルだいいちの客室

*ビジネスホテルだいいちの客室

風呂上がりやったんで部屋に入って即缶ビールをプッシュと。



晩ごはんを食べに行こうとネットで目星を付けた店のことを再チェック。

営業時間が5時頃かと思ってたらどうも6時が正解のようでした。

グーグルの地図によるとホテルから店まで歩いて20分くらいのようやったんで時間を潰して5時40分頃に宿を出発。

あんまり人通りのない国道をしばらく歩いて狙ってたお店に到着。



大洲市の大人気居酒屋「葵」の店構え

*大洲市で大人気の居酒屋(割烹?)「葵(あおい)」

金曜日の開店からすぐくらいでしたが、既に店内には何組かのお客さんが入ってました。

お店の人に声を掛けると、だいぶ混んでて料理の出が遅くなるけどいいですか?と。

他に店を探してなかったこともあって、なんとかカウンター席にもぐり込ませてもらいました。

えらい人気でその後続々とお客さんが来るし、電話で月曜日の予約を受けてたんですが個室は一杯でカウンターにも僅かしか余裕がないようでした。

週末の金曜日だけでなく月曜でもえらい繁盛してはるようでした。


大洲市の葵のメニュー

*大洲市の居酒屋「葵」のメニュー

メニューをじっくり眺めてたらお店の女性が愛想良く

「メニューの料理は2人前くらいあるけどお一人やったら量を半分に減らしますよ」

ってなことを説明してくれました。

色々食べたい一人モンにはありがたいんで、どれも加減出来るモノは少なめでお願いしました。


突き出しは大洲産の竹の子の煮物

*突き出しは大洲産の竹の子の煮物

突き出しに地元産のタケノコが出て来たんは嬉しいですねぇ。


一人分にしてくれたお造り盛り合わせ

*一人前に減らしてくれたお造りの盛り合わせ

天然あまてガレイ生ウニ包み、ヨコワの炙り、天然ぶり、ホータレいわし、日帰りカツオ、サワラの炙り

メニューにあったお造りモノをほぼ全部盛ってくれたようでした。

最初だけ生ビールをやって、すぐに地元のお酒を燗で貰いました。


サメの軟骨梅肉和え

*サメ軟骨梅肉和え 450円

店の雰囲気からどの料理を頼んで美味しいやろうと思いましたが、出来るだけ食べたことの無いモノを優先でこれを頼みました。

のんびり飲み食いしてたら隣のおっちゃん2人組さんのお一人が私にしゃべりかけてくれました。

私が店の人とちょっとやりとりしただけ大阪人やと分かったようです。(^_^;)

おっちゃんは大阪に家があって、それが八尾やと。私も同じ八尾からですわって言うたらえらい喜んでくれました。

出身が大洲で公務員として全国を単身赴任であっちこっち異動してたと。

大阪に家を置いてるけど、実家の大洲に戻って今はここで税理士をしてるって言うてはりました。

もう一人のおっちゃんとは同じ67歳で昔からの友達でストレスが貯まって今日は飲みにひっぱりだしたとか。

おっちゃんは一人で飲食店に入るのが苦手で、私が一人で飲み食いしてるのに感心?してはりましたわ。

えらく嬉しそうにして酒を追加でオーダーして私についでくれたり。


生湯葉の刺し身

*生湯葉の刺し身 600円

私もおっちゃんとしゃべるんが嫌ではなかったんで料理を追加しておつきあい。

お店が立て込んでるから出来るだけ簡単なモンにしときました。


四万十産あおさのりの天ぷら

*四万十産あおさのりの天ぷら

これは別のお客さんが頼んでたんでこっちも一緒にとお願い。

メニューでは650円ですが、これは1人用に量を減らしてくれてたと思います。

1人やったら1時間ちょっとで出たと思うんですが、結局おっちゃんらに付き合って3時間近くお店におりましたわ。



料理はちょっとしか食べてないけど、かなり当たりのお店に感じましたねぇ。

旅先っぽいモノって縛りをつけずにこの店なら色々食べてみたいと思いました。

またこっち方面に来るんならこのお店を狙って大洲に泊まるって選択肢はアリやなぁと。

ちなみにおっちゃらんに付きおうてたんでお酒は日本酒やらチューハイやら何杯かお代わり。

これでお会計は6160円でした。


<参考情報>
*居酒屋「葵」:お店のブログ
住所:愛媛県大洲市若宮663−1
電話:0893−23−0123
営業:18:00(17:00?)〜24:00 *開店時間については不確実です。
定休:木曜日




お店を出たら来る途中で見かけてたスーパーへ。



大洲市のスーパー「バリュー」を観光

*大洲市のスーパー「バリュー」

葵に入る前は腹が減ってたんで素通り。

たしか夜の10時まで営業で帰りでも余裕やと思ってたんですが寄ったのは9時を過ぎてました。



種類が豊富なじゃこ天

*練り物コーナーにはじゃこ天が色々

四国のこの辺りってじゃこ天が有名な印象ですが、かなりの種類があって流石やなぁと。

金ちゃんのカップうどん

*金ちゃんのカップうどん


金ちゃんのカップラーメン

*金ちゃんのカップラーメン

四国はやっぱり金ちゃんブランドが浸透してるんですかねぇ。

ニラ玉ラーメンってのは知らんかったので買うておきました。


大洲市のバー「Louis」

*大洲のBar「Louis」

宿で時間つぶししながら大洲のバーを探してたらこの「ルイス」ってお店が宿のすぐそばにあるのを発見。

大洲で30年以上?商売してはるようやったんで行ってみることに。

調べた時は営業が8時からで下手したら晩めしが営業前に終わるかもって思ってたんですが、おっちゃんらとゆっくり喋ったんでしっかり開いてました。


大洲のBarLouisのバックバー

*大洲のバー「ルイス」のバックバー

店内はかなりアメリカンな雰囲気というかカジュアルなバーでした。


まずはジン&トニック
*まずは定番のジン&トニック

他の人も色々カクテルをオーダーしてましたが、ロング系はボストンシェーカーで作ってましたねぇ。

金属のカップ側にガラスのカップをはめて振るんですが、そのガラスのカップにグラスを使ってはって、金属カップを外したらそのまま反対側をグラスとして提供してました。

ボストンシェーカー自体が珍しいけどこの提供スタイルは初めて見た気がしました。

2杯目はメーカーズマークのハイボール

*2杯目はメーカーズマークのハイボール

バーボンの中ではこのメーカーズマークとワイルドターキーが好きなんです。(バーボンの味の違いは分かってないけど。)

お店がメーカーズマークのハイボールに力を入れてるようやったんで行ってみました。

座ってた目の前に飾りのボトルがありましたしね。

賑やかな店内でドリンクのオーダーもバンバン通ってたんでお店の人と話したりはなし。

一軒目でけっこう飲んでたこともあって2杯で切り上げましたがお勘定は1200円と割安でした。






翌日は5時過ぎに目が覚めて、そこからの寝直しに失敗。

シャワーを浴びたりしてから、宿をチェックアウト。

7時43分に走り出しました。

大洲からは国道56号線で松山市を目指してのんびりと。


松山の市街地に入る手前で国道196号線に入って海側のルートで今治に向かいました。

どうせならあんまり走る機会のないしまなみ海道で帰ろうと思ったんです。

初日から朝めしにカレーを食べたかったんでこの日もファミレスを探してたんですがなかなか出会えず。

10時過ぎに今治市にはいってからやっと「ジョイフル」とかいうしょぼいファミレスを発見。

すでに腹が減りまくってましたが、やっとビーフカレーにありつきました。


カレーで腹ごしらえをして10時半に走りを再開。

今治からしまなみ海道で尾道に渡って、そのまま山陽道へ。

ここまで二日間のんびりモードやったんで帰りに高速に乗ってからはガシガシ走りました。

カフェイン系の目覚ましドリンクを入れて、途中で何回かトイレ休憩だけして家まで。

結局2時16分には近所のフィットネス前に到着。フィットネスで風呂に入ってから家に帰りました。


この日は高速道路多めで427kmの走行距離。

3日間での総走行距離は1006km。

高知の浜に着いた時はまだあと2〜3日走らんと全然走り足らん気分でしたが結果的にはまずまずですかね。

とはいえ、満腹すぎてもう当分ドライブは要らんって気分にはなりませんでしたけどね。

桜をたっぷり眺めながら、のんびりしたほどよいドライブ旅でしたわ。



*朝の体重:57.40kg。

*今月の休肝日:4日(今日はもう1日飲もうかな。)

*今月のジム:3日

posted by えて吉 at 16:57| Comment(0) | 旅先&遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする