2017年12月25日

田町の中華料理店「大連」で昼ごはん

今日のお昼は知り合いのSさんの職場がある田町駅に近い中華料理屋で一緒に昼ごはん。

Sさんは酸辣湯麺を頼んだら洗面器みたいな巨大な丼鉢で出て来てびっくり。

続いて現れた私の炒め麺もかなりの大盛りでした。

写真では分かりにくいかもしれませんが奥のビールのコップと較べて貰えば少しは伝わるでしょうか?

あっさり味で野菜なんかの具も多く600円は値打ちでした。

餃子は1人前をシェアしましたが肉肉しくて肉汁が出るタイプでこちらも上出来。

2人で瓶ビール2本飲んで2800円ほどでした。






食後一旦解散して夕方からSさんともう一人の人とちょい飲み予定の上野に移動。

アメ横をしばらくブラついたら前から探してた都一の乾麺の中華そばを発見。

昼ごはん多くて飲み食い出来んし疲れたんでドトールでコーヒーをシバきながら時間つぶしをしております。

iPhoneから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 15:16| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

東京やから朝そば

今回泊まった宿の近所の立ち食いそば屋は日曜日が休みなので平和島駅まで移動。

駅前の立ち食いそばで朝ごはん。

あさっりしたわかめそばそば400円にしときました。

ここのはそば自体のレベルが高くてよろしいですなぁ。




朝ごはんを済ませて知り合いの家に行ったら実家のパソコンで印刷が出来んから見て来てくれと。

駅にとんぼ返りして1人横浜に向かっております。(^_^;)

昔はこの手のトラブルを解消すんのも仕事のうちでしたが上手く行くんでしょうかねぇ。


iPhoneから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 10:53| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

タイ料理屋「チャンロイ」の駅弁で朝酒

今日は東京で知り合いとちょっと飲むために新幹線に乗りました。

夕方の早めに飲み出す予定なんで朝昼の食事をどうするか迷いましたが、朝めしなしで新大阪まで。

JRの在来線の構内をちょっとウロついたらタイ料理屋が惣菜や弁当を売ってるのを発見。

ボリューム的に多過ぎませず酒の肴になりそうやったんでチャンロイ弁当1296円をチョイス。

焼き飯、ブロッコリーとエビの炒め物、生春巻き、ヤムウンセンっぽいなにか、カリカリの焼き豚というか揚げ豚のようなもん、揚げ春巻きっぽいモンが入ってました。

スパイスやハーブの香りが弱いとか全く辛味がないとかは一般向けの駅弁としては仕方のないトコでしょうなぁ。

その辺の味付けで無理は言わんのでせめて自由に貰える小袋の唐辛子やら魚醤、別添えのパクチーなんかを安く売って欲しいもんです。

まあその辺の要望とは別でこんなエスニックなモンが駅弁で食べれるなんて思わんかったんでめっちゃハッピーですわ。


昨日まで2チャンで酒を抜いたんでこの週末は好き勝手に飲み食いしますよ。(^^)
IMG_5202.JPG
posted by えて吉 at 12:26| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

初めて買うた業務スーパーの「冷凍きしめん」

最近冷凍庫に袋入りのゆで麺のきしめんを1つくらい常備してることが多いです。

幅広麺ってやや不得意やったんですが、きしめんの表面のツルッと具合がええなぁと。

この前業務スーパーに行って久しぶりに冷凍食品を順番にチェックしてたら麺類のとこにきしめんを発見。

以前、業務スーパーのうどんは何回か買うたことあったんですが、最近はあんまり冷凍うどんを食べてなかったのできしめんもあるのは知りませんでした。

5個入りで155円という安さやったんでダメ元で買うてみることに。



初めて買うた業務スーパーの冷凍きしめん

*初めて買うた業務スーパーの「冷凍きしめん」

スーパーの袋入りゆで麺だと80円弱してたと思うんで、2個分でおつりがきますねぇ。

この日は休肝日でしたが、休肝日でも麺類はすぐ食べ終わるんで晩ごはんにあんまりうどんやきしめんってのは食べたくないんですよねぇ。

でも初めて買うたモンってすぐ使いたい、すぐ食べてみたいって性格なんでどんな出来か気になってそのあたりは妥協することに。


普通のかけ系だとすぐお腹が減ると思ったんで、具だくさんにすることに。

野菜や鶏肉、手元にあった冷凍の鶏団子なんかも加えることに。

気分的にはうどんすきっぽいモノを丼鉢に盛るって感じでした。

ほんまのうどんすきをやると食べ過ぎる気がして自分ではやらないんですけどね。


うどんすきっぽい気分で具だくさんのきしめん

*うどんすきっぽい気分で具だくさんなきしめん

野菜は白菜にえのきを入れて、他には冷凍庫にあった薄揚げも刻んで入れました。

普段食べるうどんなんかとだいぶ雰囲気が変わって、なかなか良かったですわ。

小鉢にポン酢も用意して、麺類の出汁で食べるとちょっと味が薄く感じた鶏団子などはそっちにちょいとつけたりして食べました。

肝心の冷凍きしめんの感想はというと、スーパーで売ってる茹でたきしめんと較べたら割とよう出来てる気がしました。

表面はツルツルしてうどんと違う食感やし、コシもそれなりにあって箸で引っ張ってもすぐ切れるほどではないし。

保存が効いて袋入りのうどんより割高がきしめんがこの値段ならアリかなぁと思いました。

冷凍うどんって、生うどんとも袋入りうどんとも違う別の食べ物って位置づけなんですよね。

その違いと較べたら、この冷凍きしめんは袋入りきしめんに比較的近い気がしたんです。

そんな訳であと4食ありますが、イヤイヤでは無く機会を見て楽しんで行きますわ。




*朝の体重:57.65kg。(なんとか少し余裕が出来た。)

*今月の休肝日:7日(昨日は酒抜いたけど今日も抜かんとなぁ・・・。)

posted by えて吉 at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

「野村俊彰作の漆器」を初使い

昨日天王寺に出たのはいくつかやりたい用事があったからなんですが、その一番の目的が漆ギャラリー「舎林」に漆器を見に行くことでした。

けっこう前から小ぶりな丼鉢を漆器で欲しいとあっちゃこっちゃで探してたんです。

旅先で漆器を置いてるトコを見つけたら毎回のようにチェックしてたんですが、なかなかピンと来るモノに出会えず。

今年の秋の2回の長野旅行でも何カ所かで漆塗りのものを見つけたんですが買うには至らず。

そもそも漆器って、ド素人にはモノの善し悪しがさっぱり分からんのですよねぇ。

木地がどんな素材でどんな加工されてるかと、塗り方がどうなんかもさっぱり分からず。

そのために値段の差がどういう理由なんかは実物を手に取ってもさっぱり理解出来ず。

そんな私にとって1つの買い方は、自分がええと思うお店を信じて、そこで選ぶってパターン。

旅先のお土産品やと店のことがイマイチ信用しきれんとこがあるんですが、天王寺の舎林って店はなんとなく真っ当なモノだけを扱ってる印象を持ってるんです。

昔結婚してた時には自分ら用の器を買うたことがあったんですが、それ以後はヒトに贈り物に1度買うたくらいでした。

それでもなんとなく信用出来る気がするんで、しばらく前から時間を置いて2回見に行ってました。

ところが、その2回とも特定の作家さんの個展というか特集で普段と置いてるモノが違ったんです。

もちろんその作家さんのでピンと来るのがあれば買うても良かったんですが、自分が欲しいと思ってる形の作品は並んで無くてサラッと目を通しただけで店を出たんです。

昨日は他の用事もあったんで天王寺に出ることにしましたが、期待を込めて舎林にも寄ることに。

幸い昨日は特定の作家さんの展示ではなかったので、欲しい物に近い器がいくつかありました。

その中から最初に茶色系で2つ目に止まるモノがあってしばらくそれを見較べてました。

ふと別のコーナーを見たら黒系でもう一つ気に入るのがあって、最終的には3つを並べて較べました。

柄というか塗り方とか色のデザインでの違いと、器としてのサイズ・容量、全体の形の部分でそれぞれ微妙に違っててかなり迷いました。



使い方のメインは、普段の昼ご飯で少なめのご飯で丼をやる時の小ぶりの丼鉢として。



鶏そぼろの「天かす親子丼」

*普段よく使う小丼

中身はショボイ「天かす丼」ですが、こういう丼物を食べる時の器が欲しかったんです。


こういう具が少なめの時はええんですが、具沢山の中華丼とかは入らないんで別の丼鉢を使ってます。

写真の白い鉢とジャスト同じようなサイズもええけど、もう少しだけ大きかったら具だくさんでも使えるかとか、もしかしたら麺類も入れられるかと思いました。

で、結局選んだのは麺類とかは諦めて、具の少なめの丼料理にジャストなヤツでした。

器のシルエット?の違いでは一番好みでしたが、色的にはけっこう最後まで迷いました。




とりあえず買うたんを見て貰いましょう。






姫路の野村俊彰作の漆器の小丼

*姫路の野村俊彰作の漆器の小丼

写真が下手なんでこんな真っ黒の器は上手く撮れませんがご容赦を。

真っ黒ではおもしろみがないかと思ったんですが、親子丼とかを自分が作る時にはこのサイズがベストに思ったんです。

あと高台の形とか高さのバランスもこれが一番しっくりきたもので。


3つからこの器に決めて、お店の女性に声を掛けると、

 「この作家さんがお好きなんですか?」

って、聞かれてなんでかと思ったら、悩んだ3つともが同じ野村俊彰って言う作家さんの作品やったそうですわ。

それぞれ別のデザインで自分としては適当に選んでたんでびっくりでした。

ちなみにお値段の方は19000円台で、私にしてはひじょーに贅沢な買い物でした。

クリスマスのプレゼントとは全然関係ないけど、長らくちゃんとした漆器の器が欲しかったのでピンと来るモノがあったからヨシとしました。




漆器を買うたら、朝からなんにも食べてなかったので明治屋で一杯飲んで、さらに並びの正宗屋で2500円弱飲み食い。

その後、珍しく百貨店の中をあっちゃこっちゃ見て回って少し買い物したりして家へ。

昼酒でけっこうしっかり食べたんで、夜はごくごく控えめにするつもりでした。

最初に用意したごく少量のアテで飲んでたら、けっこう腹が減ってきてしまいました。

買うたモノはすぐ使いたいタイプなんですが、残ってたアテがちょうど丼物になるってことでデブるのを覚悟で初使いすることに。






新入りの初使いは「鯛飯」

*新入りの器の初使いは「鯛飯」

実家から出かける前にもうた昆布じめの鯛があったんです。

最初それで飲んでましたが、半分残ってたヤツを漬けにして鯛飯に。

こうやって実際に普段自分が食べてる冷凍ご飯のパックを盛り付けてみたら、サイズのチョイスが間違ってなかったと実感出来ました。

この程度の少なめのご飯を盛っても落ち着いてるし、もう少し具の嵩が増えても十分対応出来そうです。

それに手に持ってご飯を食べるとその時のバランスが非常に好みに合うてました。

高級な漆器やからって飾っとく気は全くなくて、ガンガン使いたいんですよねぇ。

そういう意味では普段の使い方にピタッとくるサイズで選べて良かったですわ。



今朝ももう一度少し違ったタイプで使ってみました。




エスニックぽい押し麦粥にも

*2回目は押し麦の粥で

鶏肉をショウガ、白ネギの青いトコとしっかり煮て、そこに更に鶏ガラパウダーを追加して押し麦を加えて保温鍋で1時間ちょっと保温調理。

温め直して、塩とニョクマム(魚醤)で味付けしたんでエスニックっぽいというか、フォーのスープっぽいお粥になりました。

食べる時はここに更に魚醤を垂らしたり、冷凍のシャンツァイを散らしたり、ベトナムのチリソースを加えたり。

器にとってはいきなり和食以外との遭遇でしょうけどね。

こういう汁気のあるものも十分行けますわ。

純粋な汁物も行けると思うんで、あんまり作らんけど豚汁なんかに使ってみたいなぁと。

それ以外にも使えるとこがあったらどんどん使こうてやろうと思ってます。


長らく欲しかった器が手に入ってご機嫌ですわ。


<参考情報>

*漆ギャラリー 舎林:公式サイト

住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋2−4−41
電話:06−6624−2531
営業:11:00〜18:00
定休:木曜・日曜・祝日

*木漆工芸 野村俊彰

住所:兵庫県姫路市御国野町国分寺844
電話:0792−53−5317


 

*朝の体重:58.15kg。(鯛飯が効いたんかなぁ・・・。)

*今月の休肝日:6日(今日は休肝日にしたぞ。)
  
posted by えて吉 at 22:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

天王寺で昼飲み〜

ちょっと探してるモンがあって電車で天王寺に出て来ました

迷った末にちょいと贅沢なモノを買うてキューズモールの明治屋へ。

燗酒、カキフライ、湯豆腐で1200円ほど。

湯豆腐の出汁があんまりに感じてサクッと撤収。

今は並びの正宗屋でがっつり飲み食いちゅうです。(^_^;)


iPhoneから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 15:23| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

青春18切符で福井へ

今日は飲み食い仲間6人と青春18キップで福井の洋食屋「トミー」へ。

朝は大阪駅の構内で刻みうどん340円。

福井に近づいて周りは雪景色です。


iPhoneから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 09:46| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

ホットプレートで1人焼肉

昨日は朝からええ天気やったんで、どっかに出かけようかと思ったんですが、結局家でダラダラ。

夕方になって気分的には外食したかったんですが、今月は節約を心がけてるんでグッと我慢してスーパーへ。

肉売場をチェックすると240グラム入りのラム肉の薄切りが30%オフになってました。

最近北海道のジンギスカンの写真を目にしてたこともあって、家で1人焼肉をやることに。

メインはラムの肩ロースでしたが、一応牛肉も欲しくてオーストラリア産の焼肉用のハラミもゲット。

ちなみにラムが元値498円から3割引で348円。ハラミも元値688円が同じく3割引で481円。

普段の食事からしたらちょっとだけ材料費が高めですが、外食したと思えば十分安いですわね。





ホットプレートで「1人焼肉」

*ホットプレートで1人焼肉

ホットプレートはこの秋に買うたアイリスオーヤマの2600円のヤツです。

シンプルな丸形ですが、これだけ安いとありがたかったですわ。

ラムの内、真ん中の白い丸皿のヤツはニンニク、クミン、唐辛子、塩を揉み込んでやりました。

残りのラム肉はそのままで。そっちはホットプレートの上で塩コショウして、焼き肉のタレで食べたり、ポン酢で食べたり。

ハラミは焼き肉のタレを揉み込んでネギを散らしてやりました。写真を取ってから気づいたんですが、上からゴマも散らしました。

ナムルはスーパーの惣菜で、他は赤蕪の漬け物と日の菜漬け、イカ明太子。

写真外でキムチ鍋の残り汁を使った豆腐の汁物です。

肉は両方とも見切り品やから残す気にならず、合わせて400gほどを全部食べてしまいました。

これだけ食べたら腹がパンパンでしたわ。

焼肉屋で食べるのもええけど、これくらいの値段で満足出来たんで上出来でした。




*朝の体重:58.10kg。(焼肉が効いたかな。)

*今月の休肝日:5日(今日は酒を抜きます。)
 
 
posted by えて吉 at 18:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

料理に失敗して傷心の昼酒

昨日は朝からちょっと真面目に作った料理が大失敗でめげてしまい更新を休ませて貰いました。

前日まで2日連続で休肝日にしてたんで、朝から飲む気満々で料理の方もちょっとやる気が出てました。

朝イチで昆布を水に浸けてダシの用意をし、干し椎茸も水に浸けて戻しました。

冷凍してあった薄揚げや枝豆も解凍。

その後、糸こんにゃくを下茹でしてアク抜き、昆布だしにダシパックを入れてだしを引きました。




昼頃に近所のスーパーで晩ごはんの食材を買うたら、さっそく料理を開始。

朝から段取りしてたのは2つの料理を作ろと思ったからでした。

1つは「卯の花」でもう一つが「五目巾着」でした。

材料的にはけっこうカブるとこが多いように思ったんですが、ちゃんとした出汁を使って丁寧に作ろうと思ったんです。




丁寧に用意した「卯の花」と「五目巾着」の材料

*丁寧に用意した「卯の花」と「五目巾着」の材料


卯の花の材料として、細かく刻んだ糸こん、サイズを揃えるように意識して刻んだ白ネギ、にんじん、ゴボウ、干し椎茸を用意。

冷凍の枝豆は解凍してからちまちまと豆をさやから出して薄皮も取ってやりました。

きんちゃくの方には、細切りのにんじん、ほぐしたマイタケ、短めにカットした糸こん、乾燥したままの切り干し大根を用意。

にんじんとゴボウをフライパンに油を引いてじっくり炒めて、そこに他の材料も順に加えました。

香り付け程度に醤油を垂らして、日本酒と味醂を加えてアルコールを飛ばしました。

そこに椎茸の戻し汁、だしを加えてある程度食感の残る程度まで煮込んでやりました。

全体が出来上がったところで粉末の「乾燥おから」を加えて、焦げないように気を付けながら加熱して出来上がり。

薄揚げは半分にカットして中を開いて、混ぜておいた中身の野菜をギュウギュウめに詰めて、出汁でコトコトと。

スーパーで買うて来たナンコツ入りの肉団子も3つだけ解凍して加えました。





うの花はどうせたっぷり出来るやろうから実家にも半分ほどお裾分けすると連絡してありました。

出来上がったヤツをタッパに入れて味見をしたところ、かなりひどいエグミが出てました。(T_T)

作ってる最中にも当然味見はしてたんですが、その時はあまりに気にならんかったんですよねぇ。

乾燥おからは2袋に別れてて、1袋目を加えて味見した時は大丈夫やったんです。

その後別の袋のヤツを加えたんですが、どうもそれが傷んでたんじゃないかと思います。

丁寧に刻んだ材料を無駄にするのは辛かったんですが、とてもじゃないけど食べられんレベルやったので卯の花はごめんなさいしました。



仕込んだ卯の花がアウトと分かったら徒労感でがくんと疲れが出ましたねぇ。


1品減りましたが、気分悪かったんで早めに飲みをスタート。





傷心で昼酒に雪崩れ込み

*傷心で昼酒になだれこみ

・刺し身の盛り合わせ

・刺し身のネギ大葉和え

・アジ納豆

・五目巾着の煮物

・かぶらずし

・イカ明太子

・湯豆腐

・ひの菜とかぶらの漬け物


近所の「サタケ」ってスーパーはちょっと値段が高いんですが、けっこうモノのええ魚を置いてる印象があります。

昨日行った時は美味そうなシマアジなんかもあったんですが、1人で食べるにはちょっと値段が高かったんで我慢。

その代わり、お造りの切り落としを盛り合わせにしたヤツがたっぷり入って、新鮮そうやったんでそれを買いました。



モノが良さそうやった「お造り盛り合わせ」

*モノが良さそうやったお造り盛り合わせ

この写真で新鮮さが伝わるかは分かりませんが、実物はピカッとして切り立てっぽい見た目でした。

中身の説明はなかったんですが、周りに並んでたお造りと見較べて、おそらくヨコワとアジじゃないかと。


アジは細かく刻んで納豆へ。ヨコワは多かったので、そのまま食べる分と、ねぎとしそで和えるやつに分けました。



五目巾着は中身は肉っ気なしで、鶏団子と炊きましたが、強引に詰めてちょっと破れてしまいました。

味の方はまずまず納得出来たんで良かったですけどね。


上の方にちょこっと写ってる「かぶらずし」は実家の親父が作ったモノです。

しばらく本物のかぶらずしは食べてませんが、なかなかよう出来てるように思いました。


3時半頃からゆっくり昼酒を楽しみましたが、真ん中の大葉とネギと和えたヨコワはけっこう量があまりました。


夜の9時前になると小腹が空いて来たんで、そのヨコワをちょっといじって酒の肴に。




171217oyuwari.jpg

*ヨコワの韓国風和え物でお湯割り

コチュジャンに醤油、ニンニク、白ネギ、唐辛子などを加えてヨコワと和えてやりました。

今シーズンはまだ焼酎のお湯割りを飲んでなかったんですが、この日初めて行ってみました。

ピリ辛の韓国風のヨコワと焼酎のお湯割りはよう合うてましたわ。







*朝の体重:正確な計測なし。(理想値クリアしてたっぽい。)

*今月の休肝日:5日(今日はもう一日飲んだろ。)
 
 
posted by えて吉 at 14:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

新聞に刺激されて「あんかけ焼きそば」

今朝読んでなかった日経新聞の夕刊を読んでたら12日(火)の夕刊の食ナビ欄で小樽あんかけ焼きそばを取り上げてました。

寿司に並ぶ名物とのことでしたが、少なくとも一度は小樽に行ったことあるんですが、全然その存在は知りませんでした。

記事の中でいくつかの店の作り方とかユニークな新メニューを紹介されてましたが、何が小樽あんかけ焼きそばかははっきりせず。

さきほど検索してみたらいわゆるB級グルメで街おこしをしてるっぽい「小樽あんかけ焼きそば親衛隊」ってサイトがありましたが、「小樽あんかけ焼きそばとは」って解説を期待しましたが明確な定義はないとのことでした。(^_^;)

別にきっちりしたご当地グルメ的なモノを再現しようなんて気はこれっぽっちもないんですが、空きっ腹で読んだんでめちゃくちゃ食欲は刺激されました。

空きっ腹を抱えたまま、お客さん用に使った寝具類を干したら、続いて黒猫のヒメを動物病院へ。

昼前に帰ってきたら腹が減りまくってたんですぐ料理にかかることに。

朝から頭の中であんかけ焼きそばがグルグル回ってたんで、もちろんそれを作ることに。

自分があんかけ焼きそばを作るならもやしがぜひ欲しいトコなんですが、メシの後にはまた出かける用事があって、すでにヒメの件でも出かけてるとなんぼマンションの1階にスーパーがあるっていうても買いに行く気にはなれず。

ちょっと具材的には寂しくなるけど手元にあるもんだけで作ることに。

そこで使ったのが白菜、キャベツ、しめじ、白ネギの青いトコ、ピーマンに豚バラ肉です。

味付けはあっさりした塩味系と迷ったんですが、コクのある濃いめの色タイプで行くことに。




小樽名物の記事に刺激されて「あんかけ焼きそば」

*小樽名物の新聞記事に刺激されて「あんかけ焼きそば」

あくまでも記事に刺激されただけで、全く小樽風は目指してませんのであしからず。


あんかけの”あん”の方は、豚肉を炒めて火の通りにくい白菜白いトコやキャベツの芯などから加えて行って、醤油を回しかけて香ばしさを出し、さらにオイスターソースも少し焦がしたとこに紹興酒をドボドボッと。

アルコールが飛んだあたりで水を加えて創味シャンタンを少々。

最後にとろみを加えたら出来上がり。

麺は冷凍してあった平野区の西埜製麺の中華そばで。(朝の体重に余裕がなかったので量が少なめのこれにしました。)

電子レンジで解凍してから気持ち油を多めに引いたフライパンへ。

箸で軽くほぐしたらフライ替えして押さえつけて軽く塩コショウしてじっくり焼きました。

ある程度焼き固めたところでひっくり返したら、フライパンのフチから油を追加で垂らしてやりました。

最後にフチから香り付け程度の醤油を垂らしたら麺の出来上がり。

こういうかた焼きそば系は焼いてからカットしないとちょっと食べにくいんですが、カットするとなんとなくお上品すぎる気がしたんでカットせず。

二口ほど食べたら、香辣脆をたっぷり加えてやりました。

しばらくあんかけ焼きそばをやってなかったこともあって、非常に美味い朝昼兼用ごはんになりました。






昼ご飯の後は、昨日のゴルフに続いてアルファードをトヨタのディーラーに持って行って1年点検。

ついでにオイル交換も済ませたんですが、1時間半ほど掛かったんで帰ってきたらもう夕方でしたわ。

昼ご飯はそれなりにボリュームがあったかと思ったんですが、麺の量が少なかったこともあって4時頃には腹が減りまくり。

今日も休肝日にすることにしたんですが、やる気が出んから昨日食べた鍋の汁を再利用してまた鍋。

しっかり食べたけど昨日と違って糸こん一袋が入ってるからきっとデブらんはずと信じております。

今日はこのまま休肝日にして月10日ペースに戻そうと思います。

2日連チャンでの休肝日はかなりキツイんですが、その分明日は気持ち良く飲み食いしたろうと思っております。







*朝の体重:57.90kg。(余裕はないけどなんとか目標クリア。)

*今月の休肝日:4日(今日も休肝日やぞー。)

posted by えて吉 at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする