2018年07月28日

朝からヤケ食ーい!!

今日は名古屋に行くに当たって、往路は殊勝にも節約して高速バスを使うことに。

車がメインで次が新幹線しかせんたが無かったんでちょっとは成長したなぁなんて思うてます。(^_^;)

天王寺から出るバスの乗り場は初めてやったから無駄に早めな20分前には着く電車で出かけることに。

最寄り駅にも時間に余裕を持って着いて安心してたら、電車が遅れてると。

すぐ手前で点検してるだけやからと安心してたらその後も電車は来ず。

結局20分遅れて来た電車が天王寺に着いたらとりあえずダッシュ。

荷物を持って珍しく走ったら死ぬほどエラかったんですが、バスは手前で視界に入ったところで無情にも出て行ってしまいました。(>_<)

走ったせいで心臓バクバク、息も上がってしばらくその場にヘタってしまいました。

3000円のバス代をドブに捨て、結局新幹線で名古屋に向かっております。

ヤケ気味で普段ならチョイスしないカツサンドなんぞを買うて朝から一杯行ったりました。

出だしだけで疲れましたわ。

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 09:15| Comment(2) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

セロリの葉を活用するために「ふりかけ」にしてみた

生のセロリって元々はずっと苦手で食べられるようになったのはここ1〜2年のことなんです。

47歳にもなったおっさんがこの年で新しく楽しめる食材が増えるなんて思ってなかったんである意味ビックリです。

加熱してたら前から食べられましたし、自分が大量に作ってアイスキューブにして冷凍するトマトソースなんかには欠かさず入れてます。

そんなセロリなんですが、茎は生食にせよ加熱調理にせよ普通に使うんですがセロリの葉っぱってけっこう持て余すんですよねぇ。

トマトソースを作る時なんかは葉っぱ部分は切らずにハーブやと思って一緒に煮込んだりはするんですけどね。

茎だけ使って葉っぱは一応置いといたけど日数が経ちすぎて傷ませてしまうこともありました。

マリネ系の酢の物に葉っぱを細かく刻んで薬味に入れたりはあるんですが、生でそのままムシャムシャってのは生セロリ初心者にはちょっと厳しいかなぁ。

そんなセロリの葉の活用法もネットで探せば色々あるようなんですが、ある時にセロリを買うたら、ふと”ふりかけ”にしてみようって思いついたんです。

作ったのは7月7日なんですが、その何日か前にセロリを買うて茎だけ食べて葉っぱは残してありました。


今回は傷ます前になんぞ食べ方を考えようと思ってたんで、ふりかけにしとろうと思いついた翌朝にやってみました。


セロリの葉っぱは細かく刻んでテフロンのフライパンで油は引かずに素煎り(乾煎り)にしました。

セロリの水気がある程度飛んだらジャコも一掴みほど加えて、さらにそこにゴマも加えて一緒に炒めました。

全体の水気がある程度飛んだどころで、香り付けに醤油を回しかけて、塩も加えたら出来上がりってことにしました。




セロリの葉を活用するために作った「セロリじゃこふりかけ」

*セロリの葉の活用で作った「セロリとじゃこのふりかけ」

辛いモノ好きなんで、たっぷりの一味も加えようかと迷ったんですが、今回は出来るだけシンプルにセロリの葉の風味を楽しむためにパスしました。




トマトの混ぜごはんにセロリのふりかけ

*トマトの混ぜごはんにセロリのフリカケ

刻んだトマトを混ぜたごはんの上にふりかけを乗せてみました。

食べてみるとセロリの香りはちゃんと残ってるけど、青臭さとかはなくてええ感じに風味が生きてました。

今回は上に乗せただけですが、ご飯にキューリなんかを混ぜ込む時に一緒にこのふりかけを加えてもええなぁと。

塩気はやや控えめやったんで、もうちょっと塩を足しながらご飯に混ぜておにぎりにしてもええかなぁととも。

作り方を調べたりも無くいきなりぶっつけ本番で作りましたが、まずまずの出来で良かったですわ。






今日は朝から宴会料理の仕込みをやってました。

明日名古屋で飲み友達のSさんとその友達で名古屋在住のNさんとで家飲みをするんで、そこに持って行くモンをせっせと仕込んでます。

午前中に蒸し鶏とそのネギソース、その他に2品料理を仕込んだんでだいぶ目途が立ってきました。

昼過ぎには長らく掛かってた奥歯の”被せ(銀歯)”が出来たんで歯医者で治療を受けてました。

今回で奥歯はケリが付くかと思ったら、念のため仮止めにして様子を見てから本止めをするとのことでしたわ。

真っ昼間は暑くて料理する気にならんかったのでこうしてパソコンに向かってるんですが、この後もまだ何品か仕込まんとあかんのです。

残ってるヤツは割と手間のかからんのが多いんですが、もうちょっとしたら作業を再開ですわ。









*朝の体重:57.80kg。(余裕無いけど朝昼それぞれそれなりに食べてもうた。)

*今月の休肝日:9日(昨日は酒を抜きました。)

 


 
posted by えて吉 at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

昼ごはんに「吉野家」の牛丼

今日は午前中に仕事関係で打ち合わせを済ませたら散髪へ。

いつものように北加賀屋の日帰り温泉「湯楽」で散髪して風呂へ。

今月が誕生日やったんです入浴料は無料チケットがあったんでありがたく使わせてもらいました。

風呂は短めにしたんですが汗が引かんのでしばらくクーラーの効いたロビーで漫画を読んでました。

朝ごはんはちゃんと食べたんですが、帰りはもう腹ペコやったんで久しぶりに吉野家で牛丼。

並みの汁だくに紅ショウガをアホほど。

普段は塩分の取り過ぎで罪悪感がちょっとあるんですが、こんだけ暑いと塩分補給ってことでええかと。(^_^;)

たいへんご機嫌にいただきました。

さて、いくか買い物に行ってから帰りましょう。

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 14:03| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

岩谷産業「ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」を買うたったー!!

今住んでるマンションはオール電化なんで台所はIHコンロで引っ越しに際していくつも使えない鍋釜類があって非常に残念でした。

中華鍋や玉子焼き器などIHに対応して無いモノはヒトにあげたりして処分したんですが、サイズ違いでいくつかある土鍋とアヒージョ用に買うた陶器の片手鍋なんかはキープしておきました。

IHコンロについてるラジエントヒーターは出力が低いんですが、一応土鍋も使えるんです。

中華鍋や玉子焼きをそこで使うのは非現実的なんで諦めましたが、小鍋やアヒージョなら一応実用レベルなんでね。

でも、実際に何回か使ってみるとラジエントヒーターってちょっとモノが付いただけで焦げが出来て、それがなんぼこすってもなかなか落ちないんですよねぇ。

部屋が少々ホコリだらけでも気にならんのですが、台所の流しあたりはキレイにしとかんと我慢ならんのです。

それがちょっとした小鍋料理やらアヒージョをやっただけで、ありとあらゆるグッズを使ってかなりの時間ゴシゴシせんとあかんってのはたまりませんわ。

そのせいで最近はほとんどラジエントヒーターを使わなくなってしまってたんです。

土鍋を使う時はカセットコンロでやってもええかと思ってたんですが、普通のコンロはかなり場所を取るんですよねぇ。

それで業務用なんかでたまに見かけるコンパクトタイプのカセットコンロを買おうかと思い始めてました。

イワタニのカセットフーJr.AL CB-JRC-ALとかを候補に考えたんですが、普通のよりは小さいけど台所にはまだまだ大きいなぁと。


しばらく迷ってて思いついたのがキャンプグッズのバーナー。

元々野宿ごっこをやってた時はキャンプ用のガスボンベ?で使うコンパクトなバーナーは持ってました。

ただ、それを家で使うのはボンベ代が高いし売ってるトコが限られるんで考えなかったんですよね。

逆に野外でカセットコンロのボンベを使うタイプは気温が低いと全然火力が出ないので興味なかったんです。


でも、家の台所で使うなら問題ないんで、カセットコンロはやめてコンパクトなバーナーを買うことにしました。





岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB


私が買うた時点のAmazonでは3770円でした。(本日時点では4055円になってます。)

これなら流しの上の棚にカセットボンベをセットしてまま置いとけるし、流し台の上でもスペースは最小ですみますわ。


あんまりデカイ鍋なんかだとこけそうで恐いですが、このバーナー自体は割としっかりしてるんで安定感はあります。

「最大発熱量:2.7kW (2,300kcal/h)」ってことなんで、普通のカセットコンロよりはちょっとパワーが無いですが、土鍋類を使うには十分ですわ。

ラジエントヒーターなんて1.2kWしかないですからね。




届いたのはしばらく前なんですが、暑くなって小鍋モノをする機会がなかったので、焼き網で使ってみました。



岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCBを初めて使った日の晩ご飯

*岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCBを初めて使った日の晩ご飯

・ゴーヤー入りニラもやし炒め

・冷や奴

・もずく

・551のエビシューマイ

・シシトウの網焼き

・納豆

・じゃことトマトの甘酢掛け


IHコンロに対応した焼き網なんで、わざわざバーナーを使うこともないんですが、とりあえず使ってみたかったんでね。

焼き網くらいのサイズなら気楽に使えることが確認出来ました。(^_^;)

そろそろ鱧の玉子とじなんかを小鍋仕立てでやりたい時期なんで、このバーナーが手に入っていつでも来いって気分ですわ。

たまにしか使わんけど土鍋なんかを使う時にストレスを感じんで済むのはありがたいことですわ。











昨日は飲み仲間のSさんが東京から出張で大阪に来てたんで昼飲みしてました。

11時頃には吹田の出張先まで行って待機しといて12時過ぎにはSさんを拾って、同僚のヒトを千里中央まで送ったらすぐ家に帰りました。

近所のスーパーでちょこっと買い物して1時半にはかんぱーい。

どうするかギリギリまで決まらなかったんで、事前に料理の仕込みは出来ず簡単な料理ばっかりでしたが、クソ暑い中涼しいとこで飲めたんは良かったですわ。

5時頃には天王寺から空港バスに乗るためにSさんはうちから出発したんで、飲み会としてはコンパクトでしたが家で飲むのは久しぶりで落ち着いて飲めましたわ。

昼酒を入れたらだらけてしまったんで、昨日はブログの更新をサボらせて貰いました。







*朝の体重:57.10kg。(飲み過ぎなしでけっこう軽め。)

*今月の休肝日:8日
 

 
posted by えて吉 at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

「山肉デリ」の猪肉で”スーチカー”

昨日のグルコバのおやつタイムに持って行ったアテなんで通常ならその記事で紹介するんですが、今回はイノシシの肉というちょっと変わったモノなんで単独の記事でご紹介。

しばらく前にジビエ料理を身近にっていう趣旨で開催された料理教室に参加しました。

教室を主宰された井上さんの本業は大阪の阿倍野区の西田辺にある「山肉デリ」っていう獣肉屋さん。

イノシシと鹿肉がメインで、禁猟期でも今は害獣駆除として狩猟が認められてて、それを産地の信用出来る猟師さんから仕入れてはるそうです。

世間では「イノシシ=ぼたん鍋」ってイメージのヒトが多くて、猪肉は冬場のロース肉に極端に需要が偏ってるんだとか。

当然それだけ偏ってると値段も上がるけど、冬場以外のしし肉は脂の乗りは落ちるけどその分価格も手ごろになるそうです。

もともとゲームミートとかジビエって聞くだけ美味そうに思うんですが、自分で食べるのはやっぱりぼたん鍋程度。

せっかく縁あってぼたん鍋以外のジビエ料理を習ったんやから自分でもなんぞ料理したいなぁと思うようになってたんです。

料理教室の前から井上さん個人のTwitterと、山肉デリのTwitterをフォローしてると獣肉の入荷状況も流れてくるんで毎回刺激を受けてました。

ただ、野生動物だけに個体ごとにタチが違い、値段やサイズもバラバラなようでネット上に公開されてないので1人暮らしで使えるかで迷ってたんですよねぇ。

それでも買うてみたいって欲が勝って、ついに買いに行ってしまいました。

行ったのは7月13日なんですが、この日もかなり暑さでしたが家から保冷剤2個をアイスボックスに入れてお店へ。

南港通りのコインパーキングに車を止めてお店へ。

井上さんと話をしながら在庫の中から出来るだけ小さめのものをいくつか見せて頂きました。

意外やったのが鹿の方がいのししより単価が高かったこと。私は何となくいのししの方が高いのかと思ってました。

鹿はグラム500円ちょいで、目方にして200gちょいの小ぶりのがあったのでそれを貰いました。

イノシシの方は小さめでも800gを越えてたんでちょっと怯みましたがせっかく行ったんやからとグラム400円ちょいのもも肉を購入。


お勘定は合わせて4700円ぐらいだったかな。


買うた頃は冷凍庫に勘違いで買うたかち割り氷が6kgもおったんで買うた肉をなおすのがギリギリでちょっと焦りました。


とりあえず買うてみたのはええけど、800gもあるとどういう食べ方をするか迷いました。

知り合いでも呼んで宴会することも考えたんですが、猪のもも肉がどんな食感かも分からずヒトを招くには不安でした。

早いこと料理してみたい気持ちもあってうだうだしてたんですが、グルコバが近づいて来て賄い料理が浮かばんかったんでそれに使うことに。

現地で料理するのは万が一の感染症とかを考えると避けたいので、事前に出来るモノってことで浮かんだのが沖縄料理の「スーチカー(塩漬け肉)」。

スーチカーって呼び方の他にも「スーチキージシ(塩漬けの猪?)」って呼び名もあるくらいやから、それを豚肉ではなくほんまの猪肉でやってみるのもええかと。

豚やったら普通は三枚肉でやるんで、もも肉でやって美味しいかはやっぱり不安でしたけどね。

それでも塩漬けにするだけやったら肉そのものの味も分かりやすいかと思ったんです。




180723shishiniku1.jpg

*いのししのもも肉 850g

ラベルを見ると今治市から来てるんですねぇ。

17日の夜に冷凍庫から冷蔵室に移したんですが、翌朝チェックするとまだコチコチでとてもじゃないけど包丁が通りそうにありませんでした。

仕方ないのでクソ暑いなか室温でしばらく放置。

中の方はまだ固いけど包丁が通りそうになったところで早速カット。

スーチカー用にざっくり半分にカット。

残りは自分が小分けで料理するために3つにカットしてすぐ再冷凍。



スーチカー用のヤツはたっぷりの塩をまぶしてキッチンペーパーに包んでビニール袋へ。

まだ半解凍状態でしたがとりあえずそのまま冷蔵庫で寝かせることに。


180723shishiniku2.jpg

*スーチカーの仕込み2日目

18日に塩漬けをスタートしてこれが翌日です。

解凍で出るドリップか塩で出た水分かは分かりませんが、キッチンペーパーは血でかなり濡れてたのビニール袋ごと捨てました。

塩を追加でまぶしてから再度新しいキッチンペーパーでくるんで、新しいビニール袋へ。

意味があるのかは分かりませんが、ビニール袋は毎回出来るだけ空気を吸い取ってから口をピチッとくくってます。


スーチキージシの仕込み3日目

*スーチキジシの仕込み3日目

20日は4時半起きでうどん巡りに出かけたんですが、出発前にキッチンペーパーを新しくて、また新しいビニール袋に密封。

3日目は塩の追加無しでキッチンペーパーに包み直すだけにしました。




21日の土曜日に火を入れることに。

塩の量によっては茹でる前に塩抜きをするって作り方もあるようですが、その工程はなしでいきなり茹でることに。

保温鍋の内鍋にたっぷりお湯を沸かして、猪肉を入れたら静かに沸騰する程度の火力で25分加熱。

ヒトに食べて貰うんで万が一があったらあかんのでちょっと長めに加熱しときました。

その後保温鍋の外鍋にセットしてそのまま3時間保温調理。

その後保温鍋から取りだして2時間ほど室温で放置してもまだ熱かったんで鍋ごと水に漬けて冷ましてやりました。





しし肉で文字通り「スーチキージシ(スーチカー)」

*猪肉で文字通りの「スーチキージシ」が完成

鍋から取りだしてすぐにカットするとかなり肉が軟らかくなってました。

そいつを冷蔵庫でしっかり冷やして、昨日22日は保冷剤をたっぷりかまして会場へ。






3時前からのおやつタイムに皆さんに食べて貰うためにスライス。







出来上がった猪肉のスーチカー(スーチキジシ)

*出来上がった猪肉のスーチカー

きっちり冷やしたら身が締まって柔らかすぎってことは無かったです。

塩抜きをしてない分少し塩気がキツメやったんで、薄めにスライスしました

食べてみると個人的には猪のクセとかはあんまり感じず。(ちょっとくらいクセがあってもええと思ってましたが。)

なんも言われんと食べたら豚肉のスーチカーって思うかもなぁなんて。

ただ、意識してじっくり味わうとやっぱり豚とはちょっと違うかなぁとも。

クセって言うほどネガティブなとこはないけど、豚肉にない個性も多少あるようにも。

まぁこの辺りは味音痴の私の舌では分からんので思い込みメインかもですけどね。

ただ、食べた他の参加者はそれなりに違いがあって美味いって言うヒトが多かったですね。



グルコバの食事会では自己紹介をするのが恒例になってるんですが、普段は短く済ませるんですが、今回は「山肉デリ」さんのことを皆さんに紹介しておきました。

獣害に悩む地域があって、その獣を駆除する必要があるなら、それで生まれる肉が上手く流通したらええのになぁと前から思ってるんですよねぇ。

そういう意味では大阪市内でキチンとしたジビエ肉が手に入るってのはありがたいなぁと。

ジビエ料理に興味ある人がおったらお店の情報を伝えるのもええんじゃないかと思ったんです。

<参考情報>
*山肉デリ

住所:大阪市阿倍野区阪南町6−6−18

電話: 06-6629-8126

*工房訪問は要予約。

*通信販売を希望される方は電話で店主の井上さんと個別に相談をすれば目的や用途に応じた肉を選んで発送してもらえるようです。





シンプルに塩漬け肉にするのは成功というか、アリな食べ方に思いました。

1回で食べ切れる量にカットした猪肉があと3つあるんですが、どうやって食べましょうかねぇ。

食べ方を考えるのも楽しみの1つなんで勇気を出して買うてみたのは正解でしたわ。









*朝の体重:計測なし。(58kgをちょいとオーバーの模様。)

*今月の休肝日:8日(今日も飲んだろ。)
 

 
posted by えて吉 at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

グルコバ前に阪神尼崎駅前の「こんぴらさんへ

今日はインド料理を作って食べるイベント「グルコバ」です。

会場近くの「こんぴらさん」へ久しぶりに寄りました。

朝ごはんがてら天ぷらうどんに昆布で510円。

麺はほどほどですがダシが塩気はっきりで美味かったですわ。

クソ暑いなか熱いかけうどんを食べて会場へ移動したら汗だくですわ。

腹ごしらえも済んだんで頑張って刻みもんしますよー。


*朝の体重:57.95kg。

*今月の休肝日:8日


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 11:52| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

夏でも鍋はオッケー

ちょっと前になりますが35度を超える今ほどではないですがけっこう暑い日に鍋をやった様子をアップしておきます。

6月29日は大阪の最高気温が31度になり昼間はかなり暑く感じてました。

久しぶりにレンタルしたCDを返しに行った帰りにスーパーに寄ったらマグロのすき身が魚売場に並んでたんです。

スーパーで刺し身のマグロを見てもほとんど惹かれないのに、荒とかこういう捨てそうなとこが安くで売られると惹かれるんですよねぇ。

日によって盛りの善し悪しが変わるんですが、この日はけっこうコストパフォーマンスが良く感じたので晩ごはんは葱鮪鍋に決定。

あとは手元にあった鶏と厚揚げを照り焼きにすることに。

おかずとしては品数少なくて寂しいんですが、飲む日やったんでそれで十分飲めると納得。

そもそも献立が浮かばんで困ってたんで飲めるアテさえで出来たら十分やったんです。(^_^;)



暑い時期にも鍋はアリ「葱鮪鍋」

*夏場の鍋もオッケー「ネギマ鍋」


鍋の具はシンプルに白ネギと豆腐。そこに冷蔵庫にあったえのきだけ加えてやりました。

この日はまだ体が暑さに慣れてなかったんで、部屋には軽くクーラーを掛けながら夏の鍋を楽しみました。

ちなみに出汁は白だしをベースに濃口と味醂を加えて、ショウガのスライスで香りを足しました。

ハイボールで始めて、冷や酒もやってました。




マグロのすき身は全部食べるには多かったんで、最後に残ってた分は鍋に入れて火を通して翌日に再利用。





鍋の残り汁で「ねぎま麺」

*鍋の残り汁を再利用して「ねぎま麺」

手元にあった乾麺でそうめんよりだいぶ太くてうどんって呼ぶには細すぎる麺を使いました。

規定の茹で時間より少し短めに湯がいて、水道水でサッと締めてから葱鮪鍋の出汁の中で温め直してやりました。

普段作るうどんのだしとは全然違って濃ゆいんですが、これはこれで美味かったですわ。

貰い物の乾麺は半分食べててこれで食べ切ったんですが、なかなか絶妙な太さで良かったですわ。









*朝の体重:58.65kg弱。(とほほぉ〜。(>_<)えらいデブり方や。)

*今月の休肝日:7日(今日はどうするかなぁ・・・。)
 
 
posted by えて吉 at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

昼ご飯に「キムチレタスチャーハン」

今日は朝イチで実家のオカンに運転手を頼まれてました。8時前には起きていつのようにダラダラせんと猫の世話をしたりシャワーを浴びて段取り。

朝からけっこう腹は減ってたけど目標体重を越えてたこともあって朝メシは後にして9時頃には出かけました。


昨日、実家でオカンが猫の爪を切ってたら嫌がって暴れた時に爪か指を怪我させたそうなんです。

昨夜のパニクってる時にも様子を見に行ったんですが、近所に空いてる動物病院がなく猫も落ち着いて来た様子やったんで昨日はそのままそっとしておくことに。

朝になっても指から血が出てるようやったんで動物病院に連れて行くことに。

タイミング悪くいきつけの病院は休診日やったんで前日から探しておいた近所の別の医者へ。

私は駐車場の車の中で1時間ほど待機してましたが、ケガの治療と痛み止めやら抗生物質に少し血を流してたから点滴もしてもらって無事完了。

帰ってきたら昼前やったんでそこから朝昼兼用で自分の飯の用意。


冷蔵庫をチェックしたら親父からお裾分けされた自作の煮豚があったんでそれをつかって焼き飯でも作ることに。

チャーシューを刻んで入れただけの炒飯やと腹が膨らまんと思ったんで、冷蔵庫にあったキムチとしめじに加えて、もうあんまり使い道のないレタスも入れてやることに。

嵩増しに玉ねぎも半個分刻んで唐辛子と一緒にそいつから炒めて、順に加えて行って、ご飯を投入して、フライパンの空いてるトコに卵を流し込んで全体を炒めました。

最後にレタスを加えてザザッと混ぜ合わせたら出来上がり。

味付けはごく軽めの下味として塩コショウとニョクマム(魚醤)をちょっぴり。





昼ご飯に食べた「キムチレタスチャーハン」

*昼ご飯の「キムチレタスチャーハン」

塩気は薄めにしておいて、食べる時に直接魚醤を掛けてやりました。

こうすると魚醤自体の香りがようするから個人的にはけっこう好きなんですよねぇ。

炒める時にもたっぷり一味やらカイエンヌペッパーをぶち込んだんですが、あんまり辛く感じず食べながらも一味を上からたっぷりプラスしてやりました。

ご飯の量はコンビニおにぎり1個分くらいかそれよりわずかに多いぐらいじゃないかと思うんですが、けっこう嵩が増えてたんでそれなりに食べ応えがあって良かったですわ。

わざわざ焼き飯のためにレタスを買おうとは思いませんが、入れてみたらシャクシャクした食感も悪くなかったんで”アリ”ですね。






*朝の体重:58.20kg。(この数字は納得行かんなぁ。)

*今月の休肝日:6日(今日も休肝日なんだよなぁ・・・。)

posted by えて吉 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

第60回グルコバは酒の肴が盛りだくさん

今週末には次のグルコバだというのに前回のグルコバ60についてアップするのをすっかり忘れておりました。

かなり前のことで細かいことを覚えてないんですが、参加者の皆さんが持ち寄る差し入れがやたらと色々あった印象があります。

なので主にその賄いタイムの写真をサクサクッと貼って行こうと思います。


記念すべき60回のグルコバやったんですが、2ヶ月に1回の開催なんで10年続いたことになるんですよねぇ。

主催者のこばやしさんとこの下の娘さんは最初乳母車で来てたのに、今回からは家で留守番するようになったんやからびっくりですわ。

私らみたいなおっさんは10年経っても大して変化せんけど子供らはどんどん大きくなっていったんですよねぇ。




いつもようにおやつタイムの間も含めて、刻みモノをやる気満々でおったんですが、今回はちょっと刻みモノの量が少なめでしたわ。

初参加の方も多かったけど、みなさん配られたレシピを見ながら各自でどんどん調理を進めてはったようです。





では、おやつタイムの様子を写真メインでご覧下さい。






差し入れの日本酒「天狗舞」

*差し入れの日本酒「天狗舞」




水ナス?

*水ナス

漬け物だったのかなぁ・・・。すっかり忘れてしまいました。


トマト

*単なるトマト?

居酒屋でおっさんがトマトだけを頼んでると、そんなもん家で食べたらええやんって思ってしまうんですが、これも単品でのアテやったんでしょうか。


生あげのみそ漬け

*生あげのみそ漬け

味見した記憶はあるんですが、味は忘れました。

産地はどこやったんでしょうかねぇ。


柿バター

*柿バター

クラッカーかなんかに付けて食べたんかなぁ。

写真が残ってただけで詳細は全く不明です。


空豆のなにか

*ソラマメのなにか

空豆と生ハムかなぁ・・・。



高級珍味の「鮒寿司」

*高級珍味の「鮒寿司」

私が昔自分で買うた時はオスの安モンでしたが、これは本物でしたねぇ。

オイルサーディーンみたいななにか

*オイルサーディンみたいななにか



サンデーワイン

*サンデーワイン

どこのかは分かりませんが、地ワインってやつですかね。

一升瓶となると迫力がありましたわ。


自分が持っていった焼き豚(煮豚)

*自分が持って行った「焼豚(煮豚)」

写真を見直すまで前回自分が賄いに何を持って行ったか完全に忘れてました。

使った部位は肩ロースだったかなぁ・・・。

保温鍋を使ってじっくり時間を掛けて煮豚にしたのを思い出しました。

煮込んでから煮汁を煮詰めがてら、豚の表面をフライパンで焼いてやりました。




今回はほんまにツマミが色々ありましたねぇ。




とはいえ、酒盛りばっかりやってた訳ではなくちゃんと臨戦態勢ではおったんですけどね。



出来上がった料理もご覧下さい。






グルコバ60の盛り付け見本

*第60回グルコバの盛り付け見本



以下の料理の説明とそのための写真はこばやしさんの記事からコピーさせて頂きました。




180527setsumei.jpg

*説明用写真(こばやしさんのブログより)




(以下は、こばやしさんの記事からコピーです。)

A.パヤサム
米を牛乳とカルダモンで煮込んだデザート。

B.ビーツのパチャディ
毒々しいピンク色だけど、ほんのり甘い優しい味のヨーグルトカレー。

C.ムング・ダール
ムング豆を使った、ベーシックな豆のカレー。

D.ラッサム
南インド料理特有の、タマリンドと胡椒の辛酸っぱいスープ。

E.ナスのクルマ
ピーナツと芥子の実を使ったペーストで煮込んだナスのカレー。

F.サンバル
カリフラワー、パプリカ、いんげんを使った南インド料理を代表する菜食カレー。

G.トマトのチャットニー
フレッシュトマトを使った南インド風ディップ。

H.コリアンダー・ココナツ・チャットニー
香菜とココナッツを使ったディップ。

I.スンダル
ひよこ豆をスパイスとレモン汁で和えたサラダ。

J.新じゃがのマサラ
皮付きの新じゃがをトマトマサラで炒め煮した料理。

K.オクラのポリヤル
オクラのスパイス炒め。

L.イドゥリ
ウラド豆と米粉を発酵したもので作った蒸しパン。

M.メドゥ・ワダ
ウラド豆をすりつぶして揚げた、甘くないドーナツ。

N.ごぼうのピックル
ごぼうをマスタードオイルと唐辛子で漬け込んだインド風漬物。

O.ウップマ
粗挽きセモリナ粉をスパイスで蒸し煮した、南インドの朝食。

P.かぼちゃのポリヤル
フェンネルを効かせたかぼちゃのスパイス炒め。

Q.ピーナツとゴマのポディ
ピーナツとゴマを使った、南インド風ふりかけ。

R.ソーナ・マスーリ・ライス
パラパラとして癖の無い、ミールスに使われるインドの中粒米。

S.プーリ
全粒粉を平たく伸ばして油で揚げたパン。

T.パパド
豆粉を乾燥させた揚げ煎餅。市販品。

以上20品、頑張って作りました!

(以上コピー)







私がおった調理台の食事風景も貼っておきます。






調理台の食事風景

*調理台の食事風景


自分が食べた分

*自分が食べた分

この日は久しぶりに手食したんじゃなかったかなぁ・・・。


ベジタリアンミールスなんですが、これだけ色々あると肉気が欲しいとかは思わないんですよねぇ。

まいどながら美味しくたのしいイベントを主催してくれたこばやしさんには大感謝です。

これからもずっと続いていくことを願っております。







 
*朝の体重:計測なし(58kgは切ってた模様。)

*今月の休肝日:5日(今日は酒を抜かんとなぁ。)
 
 
posted by えて吉 at 15:54| Comment(0) | カレー&インド料理(グルコバ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

お昼に日清「ラ王 やさいタンメン 味噌」

日曜日は昼に身内宴会で飲茶の食べ放題に行ってそのままだらけけてしまいました。

昨日は神戸に住むツレのMと新世界で昼酒。

2軒行ったんですが暑さに負けて早々に退散。

そこからうちの家で夜までダラダラ飲み食い。

そんなわけで2日更新を休ませていただきました。

今日はチョイ飲み過ぎてたんで昼ごろに洗濯物だけ干したら家でゆっくりしております。

いつのまにかえらく腹が減り過ぎてお昼は簡単にラ王のカップラーメンで済ませておきました。

休肝日の予定やったんですが誕生日なんで飲み日に変更してしまいました。

前の家の側にある行きつけの割烹にでも行きましょうかね。


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 16:06| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする