2024年04月22日

4人で今福鶴見の魚介郷土料理「たこふね」を堪能

ちょっと古いネタなんですが、自分のメモがてらアップしておきます。

今福鶴見にある魚介郷土料理「たこふね」には以前に1度行ってるんですが、その時は3人で今回は4人で出かけました。

前回行ったこばやしさん、だいこんさん、に加えてishさんも参加されたんで4人になりました。

たこふねは安くてええ店なんですが、一皿の量がかなり多めなんで4人なら色々頼めると行く前からひじょーに楽しみでした。

行ったのは2月16日の金曜日なんですが、この時はJR鴫野駅から30分ほどかけて現場まで。



240216takohune1.JPG

*今福鶴見の魚介郷土料理「たこふね」の店構え

開店前に着いて店の前でishさん、だいこさんと3人で開店を待ってました。(こばやしさんは開店後に合流。)

ちなみに開店前なんで暖簾は出てません。某所の老舗と違い、開店時間にはちゃんと暖簾が出てました。(^ ^;)



240216takohune2.JPG

*たこふねのメニュー

どれも手頃な値段ですが、一人で頼んだら1品か2品で終わってしまうくらい量が多いんです。

でも今回は4人おるからなにを頼んでも大丈夫やろうと片っ端からオーダーして行くことに。



240216takohune3.JPG

*鰤の生尾身(ぶりのなまおのみ)400円

鰤の尾身って初めて食べました。

新鮮で脂が乗ってて美味かったですわ。しょっぱなからこの値段で出てくるのがおかしいほどたっぷりでしたわ。


240216takohune4.JPG

*潤目鰯の土干し炙り(うるめいわしのどぼしあぶり)300円

たこふねのメニューってふりがなを振ってくれてるからええけど、漢字じゃ読めんような魚介がけっこうあるんですよねぇ。

240216takohune5.JPG

*黒鮪アバラ湯引き 400円

あんまり刺し身系ばっかり続くより火の通ったのもええなと。


240216takohune6.JPG

*真鱈白子の湯引き 500円

これもこんな量で500円っておかしいでしょ?
量が多くても安もんって分けでは全くなく、モノがええからひじょーに美味かったですよ。

4人で分けてちょうどですわ。これ一人で頼んでたら口が飽きてしまいますわ。


240216takohune7.JPG

*焼き鯖の押し寿司 450円

しっかり厚みのある鯖で一切れだけ食べられるのはありがたいですねぇ。


240216takohune8.JPG

*真鱈鍋 500円

これもねぇ値段から想像もつかんほどたっぷりでしたわ。


240216takohune9.JPG

*黒鮪の生スキミ 500円

こんな安いけどしっかり脂乗ってるから中トロかなんかを食べてる感じでした。

ネギと叩いてねぎとろで食べたら美味そうやなぁなんて思ってしまいました。


240216takohune10.JPG

*ふきのとうの焼きおにぎり 350円

ふきのとうと味噌だったかな?これは飲める飯モノでしたわ。


240216takohune11.JPG

*ヤゲン軟骨の焼き物 300円

人数が少なかったら海鮮を優先してこれまでたどり着かんかもですが、この日は頼めました。

これも4本も乗ってて300円って、値付けがおかしいですわ。


240216takohune12.JPG

*鰤平(ぶりひら)カマ焼き 500円

4人でつついても十分なサイズでした。


240216takohune13.JPG

*菜の花 200円

このお店で数少ない野菜系ですな。

240216takohune14.JPG

*巨大なタマゴ焼き 450円


食べたのは以上になりますが、いやーほんまに片っ端から頼んでたこふねの実力を堪能しましたねぇ。

このお店、ビールは普通の値段やった気がしますが、能登を中心とした北陸の地酒がどれも500円だったかと。

乾杯とチェイサー代わりにビールを頼みつつ、銘々が日本酒もどんどんオーダー。

お勘定がなんぼか覚えてないんですが、ほとんどが酒代やったと思いますわ。


まぁしかしたこふねはこれくらいの人数がベストに思いますねぇ。心置き無く気になったもんを全部頼めて大満足でしたわ。


*foodish:雑食記:初めての「魚介郷土料理 たこふね」を満喫(大阪・今福鶴見)

*B級的・大阪グルメ生活:「魚介郷土料理 たこふね」@今福鶴見 4人でいろんな肴を食べまくり





*朝の体重:59.00kg。(食べ過ぎてないと思うのに大デブり。)

*今月の休肝日:11日(今日もう1日酒抜いて来月に繰り越すぞー。)

posted by えて吉 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月23日

朝ご飯に初めて「資さんうどん 今福鶴見店」へ

今日は朝の5時半に起きてこばやしさんのとこまで明日のグルコバのブツを預かりに行きました。

いつもなら9時台に着くように行くんですが、今日は朝からこばやしさんが坂越まで牡蛎の買い出しに行く関係で7時半までに来て欲しいとのことでした。

7時前にはこばやしさんのマンション前に着き無事にブツを受け取りました。

今回の荷物は割と量が少なかったので当日担いで行くことにして、前日搬入はパスしました。



こばやしさんとこに向かう道中で考えてたんですが、せっかくなので博多うどんの「資さんうどん」に寄ることに。

博多では何回かうどんを食べてるんですがこの資さん(すけさん)チェーンには入ったことなかったんですよねぇ。

それがしばらく前に大阪に店を出して、しかも24時間営業だと。

昼間とかだと並ぶこともあるそうですが、朝の7時過ぎなら行けるやろうと行ってみました。


スーパーの万代やびっくりドンキーなど何軒かの店舗が駐車場を共用する施設に店舗がありました。



初めて博多うどんの「資さんうどん」へ

*初めて博多うどんの「資さんうどん」へ

九州にあるうどんチェーンの「ウエスト」なんかも24時間営業ですが朝にうどんが食べたい私にはうらやましいかぎりです。

7時過ぎでしたが店内にはちらほらお客さんが入ってて、ワタシの後にも何組も来店しててそれなりに流行ってるようでした。


カウンターが広かったんで最初はセルフスタイルかと思いましたが、席に座ってタッチパネルから注文する一般店タイプでした。





注文はやっぱり”博多のうどんといえば”の定番であるゴボ天うどんですわね。

タッチパネルからはネギの量も選べたので多めで。

それ以外にオプションを付けることが出来たんで昆布を探したんですが見当たらず、ゴボ天のみをオーダー。



博多の定番ごぼ天うどん

*資さんうどんのごぼ天うどん500円

太めのしっかりした歯応えのごぼうの天ぷらが5本も乗ってるんで、これで500円ならお得やなぁと。

うどんが到着するまでに水を汲もうとしたら、席に備え付けの箸やら一味なんかのセットに目が止まりました。

そのセットに天かすがあったのは納得でしたが、もうひとつのもんにびっくり。



とろろ昆布が無料でびっくり

*席に備えられたとろろ昆布にびっくり

金払ってでも追加したかった昆布が自由に取れるようになってたんです!!

これは嬉しかったですねぇ。

これならかけうどんだけ頼んで、天かすと昆布でご機嫌かつお安く済ませることも可能ですやん。


無事天こぶうどんが食べられました

*無事天こぶうどんが食べられました

博多のうどんはコシがなくて柔かいなんて言われますが、それなりのコシはありましたよ。

讃岐うどんみたいにエッジが立った麺ではないけど、柔か過ぎるようにはまったく思いませんでしたわ。

麺はやや扁平でしたが、だしと絡んでなかなかええ感じですわ。

出汁の方もわりと好みの塩加減やし美味かったですね。

これが24時間いつでも食べられるなんてひじょーにありがたいお店ですわ。

朝からうまいうどんが食えてご機嫌になれましたよ。





朝が早くてしっかり腹が膨らんだから帰ったらめちゃくちゃ眠くて、もう一度布団に入って朝寝をしてしまいましたけどね。





*朝の体重:58.75kg弱。(思ったよりマシやった。)

*今月の休肝日:9日(なんとか10日を越えて、その分を来月に繰り越そう。)
posted by えて吉 at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月01日

ミナミの寿司屋「あばらや」のあと王寺でラーメン

27日の火曜日に久しぶりにミナミに出かけたんでその時の飲み食いをご紹介します。

きっかけは飲み食い仲間のishさんから前週にお誘いがあったからなんです。

”「あばらや」って寿司屋でバッテラが食べたいから一緒にどうや?”って誘うて頂いたんです。

最初昼飲みにしようって話やったんですが、寿司屋の開店が4時やったんでそれに合わせて行くことに。

当日はちょっと早めに着いてJR難波から寿司屋の方へ向かったんですが、この日は気温も低めな上に風がかなり強くてめちゃくちゃ寒かったんです。

予定ではしばらく回りをうろうろしようかと思ってたんですが、あまりに寒くて途中でふと路地?の中ほどに見かけた看板に誘われてバーへ。

行ったのは「バー アラウンド・ザ・ワールド・オオサカ」ってお店で開業して5年くらいとのこと。

ジントニック(1200円)一杯だけのつもりがマティーニ(1600円)も頼んでしまいました。


開店少し前にお店のそばでishさんに合流して、暖簾が出てすぐお店へ


ishさんが事前に調べてくれてて、お得なセットがあるってことやったんでまずそれを。

生ビールに小鉢と刺身、揚げ出し豆腐が付いて1100円とのこと。


バッテラを食べにミナミの寿司屋「あばらや」へ

*バッテラを食べにミナミの寿司屋「あばらや」へ

小鉢は簡単なアテやけど3種類もあり、セットのお造りが思ってた以上にしっかりしてました。

久しぶりに食べられて嬉しかった揚げ出し豆腐は量もたっぷりでとてもじゃないけどセットの1つには思えませんでしたわ。

これで1100円やとかなり値打ちあるなぁって感じましたが、これだけでけっこう腹が膨らんだのが困ったトコでしたわ。

メインのバッテラは10貫?10切れ入ってるが”ハーフ”で1320円。

バッテラって普段寿司屋に行ってもほぼ食べることがないんですが、ここのは非常に気に入りましたねぇ。

鯖の身は薄めなんですが、それを締めるのに塩しか使ってないんだとか。

その塩気と寿司飯の酢の具合のバランスがようてめっちゃ美味かったですわ。

あんまり食べたことないって感じたから実家にもハーフを土産にしてやりました。
 *おかんはもっと分厚い鯖が好きやって言うてあんまり喜ばれませんでしたけどね。

セットの生ビールの後は日本酒を1合(440円)で4本と瓶ビール(770円)を一本。

以上でお会計は6050円でした。トータルでかなりリーズナブルに感じましたわ。

寿司屋ではバッテラの後、どうするか迷ったんですが私がこの後バーに行きたいって言うたらそこで切り上げることに。

心斎橋の「Bar Skye」は馴染みのバーテンドレスさんがやってるですが、ミナミで飲むことがなくなったんでかなりご無沙汰でした。

ここでお互いてけとーに飲んだらお会計は12000円弱行ってしまいました。

メインの寿司屋が6000円やのにちょっとバーでもって12000円使うとはアホでしたねぇ。


バーを出たら解散したんですが、私は帰り道で電車を乗り過ごし。

居眠った訳や無くて、大きめの音で音楽を聞きながら本読んでたらつい降りるのを忘れてしもうたんです。

ふと顔を上げたら自分の駅で電車のドアが閉まるとこでした。(^_^;)

快速やったんで次に止まったのは王寺。

まだ早い時間やったから改札を出て駅の回りをうろうろ。




電車を乗り過ごして王寺駅そばの「王寺ラーメン」へ

*乗り過ごして王寺駅そばの「王寺ラーメン」へ

酔うてしらん駅前をうろうろしてたらなんとなく旅でもしてる気分に。

ほんで旅先で好き勝手に飲み食いするモードになってだいぶ探した末にラーメン屋へ。

白菜ラーメン(550円)に餃子(250円)、瓶ビール500円を行ってしまいました。

これで翌朝の体重がえらいことになって戻すのにめちゃくちゃ苦労するハメになったんですけどね。






*今朝の体重:58.45kg。(やっとここまで戻した。)

*先月の休肝日:11日(余分の1日は今月の繰り越し。)




posted by えて吉 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月16日

ホルモンの煮込みと安い散髪屋を求めて新世界へ

昨日は朝から天気はイマイチでしたが散歩がてら電車で出かけることに。

どこに向かう考えた時に最初に浮かんだのがホルモンの煮込みが食べたいなぁと。

それに合わせて激安な散髪屋で頭を丸刈りにして貰おうかと思いついたので新世界へ。




岩田屋酒店でホルモンの煮込みとイワシのお造り

*岩田屋酒店でホルモンの煮込みとイワシのお造り

JR新今宮駅を出て、まずはそこからすぐのガード下にある岩田屋へ。

ホルモンの炒め物を置いてるトコはいくつもありますが、煮込みって食べられるトコ限られる気がしますねぇ。

ホルモン鍋の「たつ屋」に行ったら鍋だけじゃ無く煮込みもセットで食べるんですが、あそこは間違いなく並ぶんですよねぇ。

ジャンジャン街を通天閣側に抜けたとこにあった「丸徳」は沖縄料理もあって、店の空気感も非常に好みやったんですが無くなってしまいましたねぇ。

岩田屋に入ったら愛想のええおばちゃんがお造りのオススメを教えてくれたんでおろしたてやっていうイワシ(350円)をもらいました。

アジもええって言うてたけど、刺身で食える鰯を置いてるトコって少ないからそっちを優先。

前回岩田屋に来た時もイワシを食べたと思いますわ。まぁイワシの刺身好きなんでねぇ。

飲み物はほんまは酒がええとは思ったんですが、朝からなんにも食べてなくていきなり燗酒は回りそうやったんで瓶ビール(580円)にしときました。

ホルモンの煮込み(350円)も刺身もほんまは酒の方が合うと思うんで酒を追加するかだいぶ迷いましたが、ビールだけにしときました。

岩田屋って刺身うまいしホルモンはええけど、他にあんまり頼みたい料理がないんですよねぇ。

というわけで1280円だけでサクッと切り上げてジャンジャン街へ。

まだ腹減ってたから串カツでも食おうかと迷いながら端まで通り抜けたんですが、並んでる串カツ屋なんかごめんやし、他の店もなんかちゃうなぁと。



それで来た道を引き返して一番最初に迷った佐兵衛すしの本店へ。





佐兵衛すし 本店でお寿司

*佐兵衛すし 本店へ

ここ最近このあたりに来た時は本店の定休日ばかりで、じゃんじゃん街にもう一軒ある支店に続いて入ってました。

岩田屋でビールを飲んでたから飲み物は最初から日本酒の燗で。そしてまず茶碗蒸し(500円)を注文。

つい何年か前まで寿司屋の茶碗蒸しに興味なかったのに最近これで飲むのが好きになったんですよねぇ。

佐兵衛はあてもけっこう色々置いてますが、この前行った寿司屋でアテが多くて寿司がちょっとしか食べられず満足しなかったんです。

それを反省して今回は茶碗蒸し以外のアテは我慢してすぐ寿司へ。

ハマチ(280円)、ヒラメ(380円)、穴子(280円)、ネギトロ巻き(値段不明)と食べました。

1本前の記事でトロ混じりのマグロを食べたら、ネギトロ巻きを食べたくなってたんですよねぇ。

気分的にはまだもっと寿司が食べたかったんですが、これだけでけっこう腹が膨らんでしまってお勘定。

燗酒2本とでお会計は2320円でしたが、かなりコストパフォーマンスが良く感じましたねぇ。





新世界の安い散髪屋へ

*新世界の安い散髪屋へ

腹ごしらえが出来たんでまたじゃんじゃん街を通り抜けて散髪屋へ。

大昔からこの激安な散髪屋の存在は認識してましたが入るのは初めて。

丸刈りになってから散髪屋に行かんとあかん頻度が高くなってる上に、短時間で終わるから今までのトコがちょっともったいなく感じてるんですよねぇ。

0.5mmで丸刈りにしてもうて洗髪200円を足しても支払いは900円。

バリカンでガーガー刈るのに技術の差なんか感じんし次からもここでええかなぁって気になりましたわ。



散髪屋を出ると寿司屋を出るときに止んでた雨がまたポツポツと降り出してました。

降ってなかったら運動がてら天王寺に歩くつもりやったけど断念。

またじゃんじゃん街を通り抜けて大人しく新今宮駅から帰りました。






*朝の体重:59.60kg。(マジでえらいことになっとる。)

*今月の休肝日:6日(今日は飲み会あるのよねぇ・・・。)
 
 
posted by えて吉 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月08日

東大阪市大蓮東の住宅街にある寿司屋「いさみ寿し」へ

八尾に住むようになって、家の近所に飲食店が少ないんで歩きかチャリで行けるくらいの範囲で好みにあう寿司屋が無いか探してるんです。

もっぱらグーグルマップで寿司屋を検索する程度ですし、夜にあんまり外食しないんで新規開拓というかトライの機会自体少ないんですけどね。

去年だったかに平野区の方で初挑戦した店は営業時間にも店が開かなかったり、車で前を通るから狙ってた店がコロナ禍で潰れたり。

なかなか当たりの店が見つかってないんですが、4日の日曜日は久しぶりに新しい店にチャレンジしました。


場所的には東大阪市の大蓮東ってえりあなんですが、ウチからは久宝寺緑地を縦断して住宅街に入ったド真ん中にあるってな立地。

うちから歩いて30分ちょいかかりましたが、こんな場所に飲食店なんかあるか?って感じで大通り(っていうには細め)から脇の道へ。

店のそばまで行ったらちゃんと暖簾が出ててホッとしましたわ。




東大阪市大蓮東の寿司屋「いさみ寿し」で昼飲み

*東大阪市大蓮東の寿司屋「いさみ寿し」で昼飲み

店に入ったのは12時を10分ほど過ぎた頃で先客は無し。

カウンターに座ったらネタケースにはなんにも魚が並んで無くてちょっと焦りました。




大蓮東の寿司屋「いさみ寿し」のアテメニュー

*大蓮東の寿司屋「いさみ寿し」のあてメニュー

大将に聞くと昼間も一品料理出せるということで平目の昆布締めとふぐの唐揚げをお願いしました。

女将さんがどうやってウチの店を知ったんですか?って聞きはったんで素直に寿司屋をグーグルの地図で探して見つけたとお伝え。

住宅街のド真ん中ってすごい立地ですねぇっていうと、大将がお店は50年だかやってはって昔は突き当たりにスーパーがあって並びには何軒か商店や飲食店があったんだと。

前日が節分やったからお二人はそっちに全力で今日はくたびれてるってなことを言うてはりましたね。

なんか申し訳ないタイミングやなぁと思いながらアテを摘まんだんですが最初はビールを頼んですぐ燗酒も追加。

ヒラメはかなり分厚い“ぶつ切り”レベルでけっこう量がありました。

フグの唐揚げもかなり大ぶりなアラで、食べるトコはそんなに多くないけどアテとしては十分でしたね。

これくらいアテがあると寿司の前にあてで飲もうって気になるんでありがたいですわ。

とはいえ、一人じゃこの量だと2品だけでけっこう腹が膨らんでしまいましたけどね。



いさみ寿しのお寿司とサービスのかす汁

*いさみ寿司のにぎりとサービスのかす汁

アテを摘まんでからお寿司をいただくことにしたんですが、昼間はあんまりお客さんが来んからネタはケースに出さず台下(冷蔵庫)になおしてるんだと。

寿司のメニューがないから”なんぼでも食べたいモノがあるか聞いてくれ”と。

女将さんも愛想ええし、大将も気さくな人でその辺はありがたかったです。

青魚はなにがあるかって聞いてアジはなかったので、ハマチをお願いしました。

アテにカニ味噌の小鉢があったからそれを軍艦で頂きました。

かす汁はサービスで出してくれたんですが、かなり濃厚やけど酒粕の匂いは薄めで味噌が多かったせいかかす汁が苦手な私でもおいしく頂けました。

最後にネギトロ巻きを頼む前に、トロだけは店によって振れ幅大きいんでなんぼか聞きました。

大将も”納得して食べて貰いたいからなんでも値段聞いて下さい”っていうてくれました。

ネギトロは1200円やったんですが、業務用のペースト状のトロや無くて、ちゃんとしたトロをカットして叩かずにネギと巻いてくれました。

なかなか美味かったんですがこれが1200円やったら全体に良心的なんじゃないかと。

私の後に持ち帰りのお客さんがあって、1人前が1300円でした。(以前より100円値上げしたらしい。)

大瓶1本に1合の燗酒を3本飲んで、うえのような食べ方でお勘定は7000円でした。

回り寿司と較べたら高いけど、アテの量とか考えたらまずまずのコストパフォーマンスじゃないかなぁ。

食べてる途中で目の前のカレンダーに屋号や連絡先、営業時間があって気づいたんですが昼の営業は12時から13時の1時間だけでした。

Googleマップでは2時までとなってたからゆっくり飲んでましたが、間違うてた分かって焦りました。

お二人に謝って最後のお茶も飲まんとお勘定してもらいました。


大将と女将さんの愛想の良さでかなり気に入ったですが、アテ飲み狙いだと昼は厳しいですなぁ。

昼なら盛り合わせだけ頼んでサクッと飲まんと営業時間を越えてしまいそうですわ。

夕方からちゃんとネタを見ながら飲みたいとも思うし、昼にサクッと盛り合わせも試したいし。

近いうちにまた行きたいもんですわ。


*朝の体重:58.50kg。(僅かに減ったからヨシ。)

*今月の休肝日:3日(今日は酒抜かんとなぁ・・・。)

posted by えて吉 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月07日

平野区の食堂「松乃家」からチェーンの松屋へ

今日は会社の用事で銀行に行くのに運動がてら歩いて行くことにしました。

銀行で用事を済ませて帰り道に国道25号線沿いの平野区の加美鞍作にある食堂「松乃家」へ。

国道25号線は昔から奈良の家への往復で使ってるんで店の存在はガキの頃から知ってはおったんです。
 
八尾に住むようになって銀行に行くときに何度も前を歩きで前を通ってるんですがタイミングが合わず今まで一度も入れてなかったんですよねぇ。

昼に食堂で飲むのもええなぁと八尾に住みだしてからはだいぶ前から行こうと狙ったんですけどね。

日替わり定食はメインがカレーうどん(玉子とじうどんも可)やったんでビールを飲むのにあんまり合わんかとパスしたんですが、内容はかなりすごかったです。

うどん以外に、アジフライと野菜炒め、かぼちゃとごはん、食後にアイスコーヒーが付いて600円。

離れたテーブルで食べてるのを見たらうどん無しでも十分定食になりそうでしたわ。

しかも、メニューを見たら単品のカレーうどんが650円やったから訳が分からんレベルです。(^_^;)




私はとりあえず瓶ビール(700円)を頼んでなにを頼むか検討して、チキンカツ定食(800円)をごはん無しの単品で注文。




平野の食堂「松乃家」で昼ご飯

*平野の食堂「松乃家」で昼ご飯にチキンカツ

チキンカツは鶏もも肉を使こうてはりました。

チキンカツってけっこう好きでスーパーの惣菜なんかで見かけるとかなり惹かれるんですよねぇ。

スーパーやと安い胸肉のことが多いけど、もも肉でありがたかったですわ。

かなりしっかり目に揚げてあって、掛かってるドミグラスソース?はあっさりしてて私はテーブルのウースターソースもプラスしていただきました。

チキンカツは好物やけど長らく食べてなかったんで嬉しかったですね。

お勘定したら単品やと550円にしてくれてましたね。

それにしても日替わり定食がかなりお得そうやったんで、アテに出来そうなヤツなら次はそれを頼みたいもんですわ。

店内のホワイトボードにはお造りとか煮魚なんかの居酒屋っぽいメニューもあったんで次はそっちを試すのもええなぁとは思いました。


うちから歩くと20分ちょいで距離的には微妙なんと営業時間が昼は12時から13時半までしかやってなくて私の昼飯時間に合いにくいの難点ですがまた行きたいとは思いました。




その後、国道をウチの方へ歩いてうちから一番近いチェーンの松屋(松のや併設店)へ。




チェーンの松屋でシュクメルリを持ち帰り

*松屋でシュクメルリを持ち帰り

限定商品のジョージア料理シュクメルリをおかず単品(730円)で持ち帰りしました。

何年か前にも限定で出してて一度買うたらほんまに強烈なニンニクの匂いがしてびっくりしました。

袋を手に持って外を歩いててもニンニクの匂いがしてたから楽しみですわ。



*朝の体重:58.80kg。(外食したけどちょっと減ったからヨシとしとこ。)

*今月の休肝日:3日

posted by えて吉 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月30日

道頓堀のうどん屋「今井」でうどんすき

26日の火曜日は実家の親を連れて道頓堀のうどん屋「今井」へ出かけました。

今井って大阪じゃ超有名な老舗やけど去年の冬まで一回も行ったことありませんでした。

知り合いのSさんは東京人やけど大阪に来た時に何回も行っててかなり好きなようです。

そのSさんの勧めで去年の冬に初めて一緒に行ったんです。

普通のうどんやと席の予約が出来んのですが、鍋のコース料理やと予約が効くんです。

それで初今井がうどんすきになったんですが、ダシがめちゃくちゃ美味いし鍋の具がものすごく丁寧に仕事してあって非常に満足度が高かったんです。

行った直後に実家の親にも「めっちゃ値打ちあったから一緒に行こう」って誘ったんです。

でもなんだかんだでのびのびになってるうちに季節も変わり、鍋物をわざわざ食べに行かんでもってことに。
 *個人的には冬以外でも鍋物はオッケーなんですが・・・。

今年はなかなか寒くならず鍋の気分になりにくかったんですが、12月に入って去年からの宿題を片づける感じで親の日程を押さえて一緒に行くことに。

予約の電話をすると夜の予約できる席はすでに満席。

昼ならまだ席があるってことで昼に予約して出かけました。


12時半からの予約で店に着くと店の前には行列、店内にも何人もの待ち客がありました。

外人さんの観光客も多いみたいで、横入りしてると誤解されそうに思いながら列には並ばず店内へ。


通されたの和室の座敷でしたが、オカンはヒザの調子があんまりよくないそうでテーブル席にせんかったのは失敗でした。

子供用の小さなイスみたいなんを貸してもらってしのぎましたが、年寄りには掘りごたつでないかぎり座敷は注意せんとあきませんねぇ。




親と道頓堀のうどん屋「今井」でうどんすき

*道頓堀のうどん屋「今井」でうどんすき

前回Sさんと食べた時も一番シンプルなコースにしたけどかなり量があったんで今回もおなじやつで。

突き出しの鯛の昆布締め以外にはうどんすきのみという内容。

”うどん寄せ鍋「花」”ってコースで1人前4800円でした。

具を入れる前に鍋のダシをちょろっと味見したんですが、その時点でもばつぐんにええ味でした。

そこに色んな具材を加えて行くんやからどんどん美味くなりますわねぇ。

それにしても鍋の具材の盛り付けから下仕事から全てが丁寧で外であんまり鍋を食べてないけど今まで一番ジョートーに感じましたねぇ。

たっぷりの鶏も嬉しいし、刺し身用の貝柱や焼き穴子、生湯葉や生麩なんかも贅沢に感じましたねぇ。

白菜は下茹でして丁寧に巻いてあるし、椎茸はしっかり甘く炊いてありました。

うどんすきやと、うどんは〆って感じではないので途中から少しずつ食べてましたがうどん自体もなかなかのもんでしたわ。

とはいえ、私にとっては出汁がやっぱり非常に値打ちでなんども注ぎ足して出汁で酒が飲めましたねぇ。

オカンも親父も小食なんで少し残してしまいましたが、非常に満足できました。

お勘定は昼やけどたっぷり飲んで20300円。

ヘタなコース料理食べるよりコストパフォーマンスがようて大満足でした。

ちなみに今井はオカンが初めて店を選んで親父と行ったんやそうで、50年ぶりに行って懐かしんでましたわ。




今井を出た後、オカンはそのまま帰りましたが久しぶりにミナミの街を見たいという親父につきあって散歩。

宗右衛門町あたりから飲み屋街を歩いたり、心斎橋筋を歩いたりして長堀まで。

親父が昔行ってたような店はどこもなくなってましたが、昔話をしながら散歩してご機嫌なようでしたわ。


今井の鍋以外の普通のうどんも食べてみたいけど、行列するのが大嫌いな私にはいつ実現するか分かりませんねぇ。

年内に先シーズンからの親との約束が果たせてすっきりしました。





*朝の体重:59.55kg。(なんでこんなデブるんや!!)

*今月の休肝日:7日



posted by えて吉 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月13日

久しぶりに母校の大学を訪ねてから神戸で昼飲み

今年の春、うちの姪っ子が私と同じ大学に現役で合格しました。(私は一浪一留。)

なんとなく懐かしくなって春からいっぺん大学を見に行ってみようかと思ってたんです。

秋になってそういえば学祭があるなぁって思って調べたらその翌週末ぐらいが開催日。

学祭には1年の時2軒出店してたんで、学祭も懐かしいなぁと思ったんですが姪っ子と会うたら嫌がられるかもしらんなぁと。

それに調べてみたら学祭の時は酒禁止だとか。それじゃオモロナイから学祭の日に行くのは結局パス。



11月21日の火曜日になって、朝から天気も良かったんで急遽母校を見に行くことに。



乗り換えが面倒やけど、わざと学生時代通ってたのと同じ線で神戸へ。

駅からちょっと歩くのがえらいから新入生の頃以外はあんまり歩かんかったけど、この日はあえて徒歩で大学まで。

大学のそばで震災の2ヶ月ほど前から下宿してたんですが、その下宿は見当たらず。

まぁ当時でもかなり古かったからさすがに無理ですわねぇ。

キャンパス内には新しい建物がいくつも建ってて昔よ窮屈な印象でしたが自分のおった法学部なんかをみて教養部の方へも行ってみました。

教養におるところでishさんから連絡があって、良かったらこの後昼酒せんか?とお誘いが。

大喜びでご一緒させてもらうことにして、歩いて駅に戻りそこから新開地へ移動。





イレギュラーな定休日にやられてビアホールへ

*一軒目はイレギュラーな定休日にやられてビアホールへ

ishさんが寿司屋で飲もうってことで、ishさんの記事で何度も見てた「一心」って寿司屋を目指しました。

ishさんからお誘いがなくても神戸で飲んで帰るつもりで、新開地の店も電車の中で色々ちぇっくしてました。

その中でこの店の定休日が月曜日やから行こうと思えば行けるなって確認してたんです。

ところが実際に店の前まで行くと、イレギュラーな定休日でアウト。

”勝手ながら”、”臨時休業”ってのはよう食らいますが、これもまぁそれの派生系みたいなもんですねぇ・・・。

大学の往復でけっこう歩いたけどまだビールを飲んでなくて、とりあえずビールが飲みたかったで「元町エビス 新開地店」へ。

ビールとアテのセットを1つずつ注文してその後ビールをもう一杯お代わり。





続いてビアホールからすぐのishさんの馴染みのお店へ。




高田屋京店でゆっくり昼飲み

*ishさん馴染みの「高田屋京店」でゆっくり昼飲み


最初にポテサラを頼んだら、店のおばちゃんが「二人やったらオマケしとくわー」みたいなこと言いはってえらいたっぷりで登場。

おでんのと豆腐とスジを頼んだり、牡蛎フライ、串カツの盛り合わせなんかを頼んで最後はおでんのだしに中華そばを入れたヤツで〆。

あと、写真以外に串焼きの豚も食べてたかな。

かなりのんびりしゃべってたら店には3時間くらいおったようですわ。

一人で飲むのもええけど、お誘いいただいてありがたかったですねぇ。





*朝の体重:58.60kg。(外食したとはいえ、マズイ水準やなぁ。)

*今月の休肝日:4日(今日は酒抜かんとなぁ・・・。)


posted by えて吉 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月27日

クーポン祭りのガストからサイゼリヤへはしご

ガストでは昨日までクーポン番号を入力するだけでだれでも何度でも使える半額祭りをやってました。

ファミレスの中でもガストにはほとんど入った記憶がないんですが、今回のクーポン祭りにはちょいと便乗してみました。

行ったのは東京から旅行に出てもう一度東京に戻ってきた7/19の水曜日でした。

5時半頃に定宿から一番近い京急大森町駅の少し先にあるガストへ。




クーポン祭りに便乗して初めてガストへ

*クーポン祭りに便乗して初めてガストへ

まずは通常500円の生ビールがクーポンで275円になったんを2つ注文。

配膳ロボットが自動で運んできましたわ。

食べ物も当然クーポンが効くやつからチョイス。

若鶏ガーリックソース450円→200円、ほうれん草ベーコン350円→125円

若鶏は盛り付けに欠片も気を使ってない感じでこれが450円ならムカッと来る見た目でしたが、200円なら文句なし。

ほうれん草も半額どころか1/3に近い125円やと思えば納得。

鶏唐450円→175円も定価ならびみょーやけどこの値段なら上出来。

そして一番立派やったんがマルゲリータピザの800円→375円。

この値段にしちゃかなり真っ当なピザで値打ちがありましたわ。

ハイボールは400円→175円やったんで、プラス100円で濃いめにして一杯。

ビールは二人で4杯くらい飲んだでしょうか・・・。

レシートが見当たらんので正確な金額は分からんけど、2253円あたりじゃないかと。

1人あたりはほぼセンベロやから、一緒に行ったSさんも納得してましたわ。





続いて大森町駅のそばにあるサイゼリヤへその実力を確かめに行こうとハシゴ。





ガストからサイゼリヤにハシゴ

*ガストからサイゼリヤへハシゴ

柔らか青豆200円、ラム肉のアロスティチーニ400円をまずはオーダー。

二人ともあんまり頼んだことないけどサイゼリヤの看板メニューであるミラノ風ドリア300円も珍しくオーダー。

ガストの半額祭りに定価で対抗させるのに、お得げなヤツを行ってみました。

最後には〆としてタラコスパ400円。飲み物は一番お得に感じる500mlのワインのデカンタを2杯。

これでお勘定は2100円。

こちらもほぼセンベロですが、通常の定価でこの値段ってのはやっぱりすごいですなぁ。

ガストのキャンペーンにに便乗してみて、改めてサイゼリヤの実力を思い知りましたわ。

ガストにはまた今回レベルのクーポンを期待しますなぁ。



飲み仲間のこばやしさんもビールとピザなんかを楽しんではったようですなぁ・・・。




*朝の体重:58.05kg。(外飲みしたから微増ならヨシ。)

posted by えて吉 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月22日

身内宴会で布施のベトナム料理屋「フォーロック」へ

今月の9日の日曜日は身内宴会で布施にあるベトナム料理屋の「フォーロック」へ。

上の姪っ子は大学の春のミニ学祭?があるとかで欠席。

もうこれからは7人全員が揃うことなんてどんどん減って行くんでしょうなぁ。

今回の宴会の名目は私の誕生日やったんで暑くなってくると食べたくなるエスニック系をチョイス。

ほんまはタイ料理がええんですが、辛いのが苦手なメンバーが多くて無理。

ベトナム料理ならみんなが楽しめるってことでここをチョイスしました。




布施のベトナム料理屋「フォーロック」で食べたもの

*布施のベトナム料理屋「フォーロック」で食べたもの

定番の生春巻きを頼んだらこんな風に立てた盛り付けで、ちょっと意外でした。

右上はミミガー(豚耳)のサラダ。

左下は蒸し春巻きで、この店には何回も来てるけど食べてなかったんかなぁ・・・。

中身がギョウザの具のようなミンチ系やったんですが、なんか妙に新鮮みがあって美味かったっですわ。

右下はアヒルのロースト。

身の肉はかなり硬めやけど噛むとうま味が出てきて当たりでしたわ。



身内宴会で布施のベトナム料理屋「フォーロック」へ

*フォーロックの料理

左上はカエルの炒め物でちょっとピリ辛でしたが、辛過ぎて食えんなんてメンバーも居てました。

右上はバインセオですが、この店はお客さんにベトナム人の人が多いんですが本場っぽく生野菜をたっぷり添えてくれるのがええんですよねぇ。

左下は姪っ子2号のために頼んだ鶏のフォーだったかと。

最後に大人 の締もの的にザルに盛った麺をつけだれで食べるめん類を。

今回、飲ん兵衛の野郎3人はビールしか飲まず。

それでも6人が満足してお会計は14400円だったとか。

かなりコストパフォーマンスがようて大満足でしたわ。

*朝の体重:正確な計測無し。(旅明けで58kg台の模様でありがたい。)
posted by えて吉 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月06日

道具屋筋の後初めて「一芳亭」へ

今日はいくつか買いたいものがあったんで昼頃からミナミの道具屋筋へ出かけました。

JR難波駅から歩いてたんですが千日前のあたりで店舗を改修するために休業する居酒屋?の前を通りかかると食器や厨房の什器を店の前に並べて売ってました。

まあまま使えそうな器が1枚100円やったんで2枚買うてから道具屋筋へ。





ミナミの道具屋筋での戦利品

*道具屋筋での戦利品

右の灰色?の皿は100円で買うたヤツです。

今回の買い物の目的はこの前ネコに割られたシャンパングラスの補充、てっさや白身のお造りを盛った時に似合う皿、冷酒用のガラスの酒杯、魚を焼いたるする時用の金串を探すことでした。

シャンパングラスはけっこう好き嫌いがあって、なかなか気に入るのが見つからんのは今までの経験で分かってたんで、最低限飲み口が薄いってことをポイントにしてチョイス。

カタチはやや野暮ったいけど、1500〜1700円ほどやったんでヨシとして2客購入。

同じくグラスやで探したガラス製の酒杯は、並んでた中ではほぼ唯一飲み口が薄め。

他は300円台とかであったのに、えらんだ唯一マシなヤツは1500円台。

ちょっと迷ったけどとりあえず2つだけ。

ただ、これは帰ってから実際に日本酒を注いで飲んでみたら思ったより口当たりが悪くてハズレでした。

私にしたらけっこう高いと思うたからショックですが、ガラスの盃は持ってないから最初の経験ってことにしときますわ。(^ ^;)

けっこう探したのが左側の青い皿。

手持ちに白い器が多くて、白身系の魚を盛るとまったく見映えがようないんでなんとか違う系統をと思って青系をチョイス。

昭和のダサい盛り付けになるかもなぁと思いながらもとりあえず手元に無い系統なんで買うてみました。

自信なく買うたわりにはこいつも1500円以上したからなかなか勇気が要りましたけどね。

あとは、料理教室で魚に串を打つのを習ったからちょっと家でもやってみたくて長さの違うやつを4本ずつ。

さすが道具屋筋で金串って言うても、長さと径が色々あって素人には選ぶんが大変でしたわ。



百貨店よりは安くついたと思うけどなかなかの出費になりました。




買い物を終えて道具屋筋を抜けたところで、腹も減ってて、グラスの箱が入った袋を手に下げてたからあまりに移動する気にならず近くの一芳亭へ。



初めて難波の「一芳亭」へ

*初めて難波の「一芳亭」へ


道具屋筋は用事がなくても通り抜けることも多く、そこから近い一芳亭の前までは何度も行ってました。

メニューを見てその日の気分じゃなかったり、今日こそ入るぞって思いながら行ったら行列やったり。

何年も前から一応頭にはあったのに今回ついに初めての訪問となりました。

ちなみに写真では何人か並んでますが、私が入った時は外待ちゼロでした。

店内の空席を片づけるのを待ったらすぐに座れました。

頼んだのは瓶ビール600円に名物のシュウマイ350円とえび天と迷ったけど豚天530円。

初めて食べた名物のシューマイは非常にあっさりしててふわっとした食感で非常に上品に感じました。

普段食べ慣れてるのは551のシュウマイやけど、そっちはミッチリ肉々しく風味も濃ゆくて1個でかなりのボリューム。

全然違うから食べてみて良かったですわ。

どんな感じか分かったから、次からは行列さえなかったらまた入ってみようと思いました。

鶏を丸揚げにするとかいう唐揚げも気になるけどけっこう量が多そうなんがねぇ・・・。


普段ならこのあたりから新今宮とか天王寺まで歩いたりするんですが、手に割れんように気を使うシャンパングラスを持ってたし、かなりの暑さやったんで無理せんと帰ることに。

南海で新今宮まで行ってJRに乗り換えて素直に家まで帰りました。

そんな訳で総歩数は5000歩ちょっとやったんですが、帰ったらけっこう疲れてたんで無理せんで良かったですわ。



*朝の体重:58.30kg。(夜はアテをちょっとやったけど、昼のガッツリが効いたみたい。)

*今月の休肝日:1日。


posted by えて吉 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月16日

近鉄八尾駅前の「杉玉」と立ち飲み「独酌 髭鯨」

ここ何ヶ月か体重管理の関係で寿司が食べたいのにぜんぜん食べるチャンスがありませんでした。

3日の土曜日は体重の方もそれなりに余裕があったんで我慢できずに寿司を食べに出かけることに。

なかなか食べるチャンスがないから普段なら回り寿司に行くところを安めの回らんすし屋でもええかと。

天気も良かったんで歩いて近鉄八尾駅のあたりへ向かいました。

近鉄の高架下にある「さんきゅう」っていうチェーンの回らん寿司屋って着いたのは12時前やったんですが、すでに行列が。

とりあえずウェイティングリスとに名前を書いたんですが、並ぶのがいやですぐそばにあるスシロー系列の寿司がうりの居酒屋「杉玉」をチェック。

そしたら店内は空いてたし、確認したら一応アラカルトで寿司が頼めたんでそっちでよしとしときました。





杉玉の昼飲みメニュー

*杉玉の昼飲みメニュー

以前一度入ったことがあったんですが、その時はあんまり食べたいものが見つからず。

ちょっと食べてすぐ出たんで使えん印象が残ったんですが、今回はとりあえず寿司メインで行くことに。

寿司は種類が少なめでしたが、好きなやつ3貫で349円、2貫349円なんかに別れてました。


久しぶりに寿司と揚げ物

*久しぶりに寿司と揚げ物

寿司を考える前にこれまた久しぶりな揚げ物としてきすの天ぷら349円をオーダー。

寿司はまず2貫選ぶグループと3貫選ぶグループから1セットずつ。

鯛と軍艦いくら、アジとイワシとハマチとオーダー。

その後、ネギトロ巻きと穴子の一本握りを追加。

酒は最初に瓶ビールですぐに燗酒を追加。

寿司はほんまはもうちょっと食べたかったんですが、酒が切れたとこで切り上げることに。

これでお勘定は3546円。

うーん、前回よりはマシに感じたけど酒がけっこう割高で満足度としてはちょっと中途半端でしたわ。



その後、しばらくショッピングセンターなんかでスーパーを観光したりしてぶらぶら。




また近鉄の高架下に戻って気になってた立ち飲みへ。




近鉄八尾駅前の立ち飲み「独酌 髭鯨」

*近鉄八尾駅前の立ち飲み「独酌 髭鯨」

たしかこの店は以前は別の場所で屋台っぽい店やったはずなんですよねぇ。

八尾に住み出した頃に色々店を調べて良さげに思った記憶があります。

気になってたんですが結局行かんままになって、ふとこの日グーグルの地図を見たら高架下に店があるのを発見したんです。

まずはチューハイ400円を頼んで、お店の雰囲気やら食べ物をゆっくりチェック。

あてはまずポテサラ350円を頼みました。

ここは日本酒にこだわってるようで、壁に貼られた酒のメニューを眺めてたら気になるものを発見。

それが竹鶴っていう日本酒800円。

マッサンとよばれるニッカの創業者の実家の酒蔵のものでした。

店の大将曰く、かなり癖があるってことでしたが頼んでみると古酒のようなかなり濃いめの色が付いてました。

飲んでみたら味の方もかなり個性的でどこかしら紹興酒を思い出させるような濃ゆい味でしたわ。

飲んでたら目の前でハムステーキ350円?を焼いてるええニオイがしたんで、カウンターに並べる時に思わずもらってしまいました。

最後は珍しくエーデルピルス650円があったんでそいつをお願いしました。


以上でお会計は2550円。

立ち飲みとしては全然安くないけど、まぁそれなりにこだわったアテと酒やからこんなもんでしょうね。

平日は夕方からやけど土日は2時からやってるそうで、次も行くとしたら土日の早い目狙いですかねぇ。



この日は長らくご無沙汰やった寿司を少なめやけど摘めて、久々に新規開拓が1軒出来たんで満足でしたわ。






*朝の体重:57.45kg。(夜かなり腹減ってたけど我慢して良かった。)

*今月の休肝日:7日(昨日に続いて、今日も飲むぞ。)

posted by えて吉 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月30日

神戸の水道橋の居酒屋「高田屋旭店」と串カツ屋「一燈園」

少し前に神戸で昼飲みしてきたんでその時の様子をご紹介します。

今回のきっかけはishさんからのお誘いでした。

最初は元町の方で3時ごろから飲もうって話やったんですが、もう一つの候補が挙がってそちらに変更。

行ったのは今月の18日の木曜日ですが待ち合わせたのはJR摩耶駅に12時半。

神戸の大学に5年も通いましたが、JR摩耶駅なんてとこで降りるのは初めてでした。

ishさんと合流後、JRから山手に移動したんですが、山幹のすぐ山側に水道筋商店街って商店街があるのは初めて知りました。

目的の店に向かう前に少し商店街を歩いたんですが、東西のメインのアーケードだけでなく南北にもあっちゃこっちゃに商店街が伸びてました。

全国の商店街と同じくシャッターが閉まったままの店が多かったんですが,往時はどんだけ盛んやったんやと思う規模でしたわ。



神戸の水道筋の「高田屋旭店」の店構え

*神戸の水道筋の「高田屋旭店」

新開地にもishさんがよう行ってはる高田屋の”京店”ってのがあって同じ屋号の店が何軒かある(あった)みたいですね。

旭店は京店と比べるとこぢんまりして居酒屋というより小料理屋とか割烹っぽいなぁって印象を受けました。




神戸水道筋の居酒屋「高田屋旭店」の季節の六角弁当

*水道筋の居酒屋「高田屋旭店」のランチ”季節の六角弁当”

昼間はこのランチ1種類だけで営業してはるようで、そんなとこも割烹っぽいですねぇ。

まず茶碗蒸しが出来てきて、その後六角形の2段重ねのお重でメインの料理が登場。

ちなみに私はご飯をなしにしてもうたんで、左側の下の段に本来別のとこに盛るおかずが入ってます。

本来ここにひさご形で炊き込みご飯が盛られるようです。

ビールで乾杯して、まずは茶碗蒸しを前菜がてらいただいたんですが、最近ちょっと茶碗蒸しが好きになってるんで嬉しかったですわ。

後ほどお吸い物も来たんですが、こういうお弁当って全く居酒屋っぽくないですよねぇ。

丁寧に手をかけて作られたおかずが色々盛り込まれててこれで1500円ってのは非常に値打ちがありましたねぇ。

ビールの後はぬる燗で日本酒ももうてゆったり楽しませてもらいました。

飲みたいだけ飲んでお勘定は二人で5610円でした。


<参考情報>
*高田屋旭店

住所:神戸市灘区倉石通2−2−13

電話:078−802−5030

営業:11:30AM〜14:00、16:00〜21:00

定休:水曜日、日曜日



高田屋を出てもご飯を食べてなかったこともあって、お腹には余裕がありました。





しばらくその辺を歩いてからishさんが案内してくれたのが2軒目のお店。





神戸水道筋の串かつ屋「一燈園」の店構えとメニュー

*神戸水道筋の串カツ屋「一燈園」

横に細長いカウンターだけのお店で外のシート以外はオープンエア。

ぱっと見ただけ妙に気に入りましたわ。

私らがカウンターに座った時は年配の大将だけでしたがその後もう一世代は若い人も居てはりました。


あらかじめソースが付けられてる一燈園の串カツ

*一燈園の串かつ

最初に頼んだのが肉、たこ大、じゃがいも、レンコン。

これらのクシは揚げた後あらかじめソースにくぐらせて味付けした状態で出てきました。

こういうスタイルの出し方って私は初めてでしたわ。

私はソース味が好きなんで全然気にならんかったですが、塩で食べたい時なんかは前もって伝えたら対応してくれるんですかねぇ。


追加でイワシとうずらを言うてから、めにゅーの中で気になったもんに挑戦。

まず値段が”時価”になってる「なすび」と値段がある中ではえび大と同じで最高額の「豆腐」。

なすびは丸々素揚げにされたんが出てきましたが、(カロリーを無視して)油をよう含んだなすはひじょーに美味かったですねぇ。

豆腐の串かつってどんなもんかと思ったら揚げ出し豆腐みたいなんが出てきました。

これも揚げたてはめっちゃ美味かったですわ。

ここんとこ体重の維持がめっちゃ難しいんで普段は揚げ物をぐっと我慢してるんです。

前日に一人で新世界で飲んだ時も翌日に備えてフライを我慢。

そんなこともあってこの日は串かつは完全に割り切って楽しみました。

油ものが久しぶりやったせいもあるかもですが、2軒目の串かつも非常に美味かったですわ。

2軒目やったんでそんなに串の数は食べず、やや飲みが多めでお勘定は5360円でした。

<参考情報>
*一燈園

住所:兵庫県神戸市灘区水道筋5−2−24

電話:078−801−6332

営業:11:00〜23:00

定休:月曜日






気分よく飲みしたんで、翌日ちょっとデブっててそこから戻すのにしばらく苦労したんは納得でした。


全然タイプのちゃう2軒に案内してくれたishさんには大感謝です。






*朝の体重:57.70kg。(久しぶりの57kg台。)

*今月の休肝日:10日(今日もう一日酒抜いてそれは来月に回そ。)




posted by えて吉 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月15日

久しぶりに東部市場駅前の割烹「希翔」へ

年明けから目標の体重をオーバーしたままずっと戻ってませんでした。

去年までやってたデブった時の節制策をやっても少し減ってもすぐまたデブるってのを繰り返してました。

食べるものを我慢し過ぎで休肝日なんかは食べるもんが思いつかんなんてこともありました。

めちゃくちゃストレスに感じてて、ほんまにココロが折れそうでしたわ。

ここ1週間ほどは、短期的にならもうちょっと無理して体重を減らそうとしてました。

その甲斐あって昨日の朝はやっと目標の58kgをクリア。

そこで昨日はここ何週間か前から行きたかった希翔にやっと心置きなく行けました。

体重が目標オーバーでもいくつもりでタイミングは窺ってたんですけどね。

前回行ったのがいつか忘れましたが1ヶ月ほど前に行った時、しばらく営業を金土日の週末だけにしぼると告知がありました。

大将の病気の治療のためとのことで、その後の様子がずっと気になってたんです。




久しぶりの希翔で食べた料理

*久しぶりの希翔で食べた料理

まずは手間暇かけられた料理が色々盛り合わされた突き出し?から。

相変わらずこれだけでかなり飲めますわ。

刺し身を単品で食べようと思ったんですが、頼んだシマアジがなかったので結局昨日は刺し身は食べず。

その代わりにちょっと贅沢したれと頼んだのがぐじの松笠焼き1800円。

大将が食べにくいけど美味いトコやからと頭のトコも出してくれたんは嬉しかったですわ。

グジが焼き上がるのを待つ間にまずはすぐ出そうな破竹と干し海老の炒め煮500円。

メニューで食べたことないものを見つけて頼んだのが穴子豆腐のあんかけ800円。

ぐじの後でラストに頼んだのが(鯨の)さえずりと小松菜の煮物1500円。

ほんまは外食の時は1品くらい揚げ物を食べたかったんですが、せっかく体重が戻ったから我慢しときました。

グジとさえずりってな贅沢なもんを頼んだんで昨日のお勘定は8350円。

酒もきっちり飲んだし、チェイサー代わりのビールも2本飲んだから満足度は高かったですわ。



*朝の体重:57.80kg。(一気に大デブりせんで良かった。)

*今月の休肝日:5日(今日は酒抜くぞ。)

posted by えて吉 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月07日

身内宴会で四ツ橋のペルシャ料理店「ハーフェズ(HAFEZ)」へ

ゴールデンウィークの出だしの4月29日は身内宴会で四ツ橋駅からすぐの堀江のペルシャ料理店「ハーフェズ」へ出かけました。

この日の宴会は実家の親父の79歳の誕生日が名目でした。

妹から事前にいくつかの候補が挙がってその中から親父が選んだのが今回の店でした。

天気が良ければJR難波駅から歩けばえええと思ってたんですが雨やったんで地下鉄で最寄りの四ツ橋駅まで行きました。

店は駅から地上に上がって徒歩1分ほどの四ツ橋筋沿いにありました。場所的にはアメリカ村のすぐそばでしたね。

お店に入って案内されたのは床に直接座る座敷席でした。



四ツ橋のペルシャ料理店「ハーフェズ(HAFEZ)」で身内宴会

*四ツ橋のペルシャ料理店「ハーフェズ(HAFEZ)」の料理

お店はペルシャ(イラン)料理以外に、トルコ料理、インド料理を置いてました。

インド料理は何とかバターチキンとかがあったんで分かりましたが、ペルシャ料理とトルコ料理はどれがどれかさっぱり分からず。


前菜のメニューに「ドルメ(Dolma)」っていうブドウの葉でピラフを包んだものがあったので3つだけ頼んでシェア。

本なんかで読んだか見たことがある料理でしたが食べるのは初めて。

オーダーしてからえらい早いこと出てきたんですが、冷たい料理やったんで作りおきなんでしょうねぇ。

ピラフを包むからぬくいもんかと思ったんで意外でした。

言われんとピラフって思わんような、中身でちょっとくせのある風味で面白かったです。

ヒヨコ豆のペースト?ディップは私の中では”フムス”って思ってましたが、お店のメニューでは”ホモス(Hummus)”と表記されてたのは発音だけの違いですかねぇ。

中近東じゃあっちゃこっちゃの国にあるみたいですしねぇ。

ペーストの上にこうやってミンチみたいなんを乗せるってのも初めてでした。

右下のチーズ春巻き?は姪っ子らがオーダーしたんですが、何料理かも分からず。

一番上の羊の煮込み「マヒチェ(Mhiche)」は私がぜひとオーダー。

羊肉のええ風味がしてよう煮込まれてて1500円なら安く感じました。

でも、姪っ子らはヒツジの風味が苦手みたいで好きやないと。上はこの春から大学生になりましたが、味覚はまだまだガキンチョですねぇ。(^ ^;)

私にはこのヒツジが一番嬉しかったですわ。




堀江のペルシャ料理屋「ハーフェズ(HAFEZ)」にて身内宴会

*ハーフェズの料理

左上は姪っ子らのオーダーしたチキンライス(イスランブリ・Eslamboli)でわりと食べやすかったそうです。

左下はケバブの盛り合わせで牛肉、えび、チキンでした。

右上はメニュー的にはクスクスとだけ書いてたような。豆たっぷりのスープもんで美味かったです。

右中段はチキンオクラってことでしたが、現地の名前もなかったんですがデカイオクラが入ってけっこう美味かったです。

左下はえびピラフ(サブジポロウ・Sabzi polo )ってことでしたが、ハーブたっぷりでなかなか美味かったですわ。

個人的にはラム肉のピラフっていうバガリポロウが気になったけど、ラムのデカイ肉を敬遠されたんで遠慮しときました。

これ以外に妹や姪っ子はバターチキンやナンを何枚か頼んでましたね。

お店はハラール対応ってことなんで、アルコールがあっただけでもヨシとせなあかんのでしょうがチョイスは少なめでしたわ。

前半は野郎3人でビールをしばらく飲んで、後半に赤ワインを1本だけ。

料理はかなり色々食べられましたが、酒が少なかったせいかお勘定は22000円ほどだったかと。

どの料理もそれなりの量があるんで今回みたいに7人とかで食べるのがちょうど良かったですわ。

妹夫婦は一度二人で来たけどあんまり色々食べられんかったって言うてましたからね。

私には初めての料理が色々あってかなり楽しかったし、親父も嬉しそうにどれも初めてやって言うてたんでええ宴会になりましたわ。

妹はオサレー系の店が好きで任せるとそういう店を選びがちやけど、今回この店を候補に上げたんはええチョイスでした。



*朝の体重:58.60kg弱。(昨日も節制したのにほとんど減らず。)

*今月の休肝日:2日(昨日は酒抜きました。)

posted by えて吉 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月02日

住之江のラーメン屋「天天,有」からスタートの昼飲み

昨日はishさんのお誘いを受けて昼飲みに出かけてました。

ラーメンってよう飲み会の最後の〆になるイメージですが、昨日はそんなラーメン屋からスタートすることに。

住之江にある「天天,有」っていうラーメン屋は、ishさんにとって思い入れの深いお店でそこが連休中は月曜の昼にも営業することになったと。

私は以前に行ったことありますが、普段の営業日がどうなってるんか分からんのですけどね。

11時過ぎに住之江公園駅で待ち合わせたんで、合流したらまずはラーメンへ。

何人か待ちがありましたが、さすがにわざわざそのために行ったんで並びましたよ。


住之江のラーメン屋「天天,有」からスタートの昼飲み

*ラーメン屋からスタートした昼飲み

ishさんはラーメン屋ではギョウザもビールもいらん派なんでそれに合わせてラーメン700円のみをオーダー。

トロミのある鶏ガラスープ?のラーメンで一口目は少し塩気がうすめに感じましたが、サービスのニラだとカウンターの唐辛子とニンニクのペーストなんかを足しながらいただきました。

2軒目は駅の近所に戻って午前中から通しで営業してる酒屋の角打ちへ。

田中商店っていう酒屋さんの立ち飲みコーナーに行ったんですが、カウンターにはけっこう料理がありました。

値段は分からんけど豚の角煮はけっこうボリュームあってアジも良かったですわ。

この日は朝の体重が久しぶりにマシな数字に戻ってたんで、食べるほうはかなり抑えました。

イカ刺しとみりん干しをあてに食べましたがいつもならもっといろいろ食べてたと思いますねぇ。

酒はビールから初めてチューハイに地酒なんかを色々と。

ishさんが飲んだ「梢(こずえ)」っていうクラフトジンはなかなか良かったですね。

けっこう飲んでお勘定は3950円だったかと。

酒屋の立ち呑みやから酒代がほとんど原価みたいな感じで飲んだ量のわりにはかなり安く感じましたね。


住之江から四つ橋線で梅田まで出て、まずは駅前第何ビルとかの下を散歩がてらうろうろ。

しばらくうろうろしてたら良さげな店が何軒かあったんですが、場所が覚えられず。




最後は梅田の「七津屋」へ

*結局最後は「七津屋」へ

マカロニサラダにホルモン炒め、イカの炒めモンなんかをあてにしばらく飲みました。

ここのお会計は二人で2000円ちょいでしたわ。

6時ごろには家に着きましたが、その後晩メシを食べてさらに飲んだらきっちり寝落ちしました。(^ ^;)




ちなみに今朝の体重ははしご酒の翌日でしたがそんなにひどくはデブってなかったですわ。

食べるほうを抑えめで我慢したんが良かったみたいですわ。


<後日 リンク追加>
・ishさんのブログにこの日の記事がアップされたのでリンクを張っておきます。

 *foodish:雑食記:4度目の「天天,有」(大阪・住之江)



*朝の体重:58.45kg弱。(デブらんで良かった。)

*今月の休肝日:0日(GWやもんなぁ。飲んでまうよなぁ。)
posted by えて吉 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月12日

ツレと神戸で昼飲み

この前の日曜日(4/9)は神戸に住む学生時代からのツレとMと昼飲みをするのに神戸まで出かけました。

Mの都合に合わせて待ち合わせは神戸に1時やったんですが、ええ天気で家で時間つぶししてるのに飽きたんで早めに出かけることに。

11時半過ぎに三宮に着いたんで散歩がてら元町の方まで移動することに。

コンビニで買うたビール片手に高架から山側をジグザグに店をチェックがてらのんびりと。

元町では金時食堂の客の入りをチェックしたりしてからちょいと中華街へ。

中華街は観光客で歩くのも大変なくらいの人混みでした。

老祥記の前辺りでMから連絡入って、新開地に着くからそっちに来てくれと。


よう分からんままJRの元町駅に戻って神戸駅まで移動。

新開地まではJRじゃない方が良かったようですが、しゃあないんで神戸駅から歩いてしばらく歩いて新開地へ。





230409shinkaichi.JPEG

*新開地で昼飲みスタート

ツレと合流して新開地のあたりに来たトコロで、ビアホールで生ビールと鶏の唐揚げが食べたかったんで「元町エビス」へ。

私は普段鶏唐を食べたいって思うこと自体ほとんどないんですが、この何日か前から妙に気になってたんですよねぇ。

店に入ったらMが通ってるヨソの店で顔見知りの常連さんが飲んでてびっくり。

鶏唐で生ビールを2杯飲んだら、地下街に降りて「富士や」へ。

ここはお得なセットもんがあるんですが、鶏の唐揚げが被ってしまいました。

セット意外にホルモン煮込みを頼んだら、これは竹輪やら他のモンばっかりでホルモンが少なくちとハズレでしたね。

とはいえ、品数多くて安いんでええ店ですわ。



しばらく飲んだらMが三宮に地酒が安くてええ店があるから行こうと。

新開地から歩いてまた三宮まで戻りました。




230409sannomiya.JPEG

*三宮で後半戦

阪急?の高架下でしたっけ、えらく小ぎれいで今風の店が連なってるうちの一軒へ。

屋号をチェックし忘れたんですがおされーで若い人が喜びそうな店やったから大丈夫かと思いました。

入ってメニューを見てみたら地酒も料理もけっこう安めでしたわ。

イワシの天ぷらと親鶏の焼いたヤツをアテに、日本酒を何種類か。

その後、すぐ近所にあった餃子専門点の「悦記」へ。

ここでも餃子とビールのセットを1つ頼んでビールはもう一つ追加。

アテはキューリの漬け物に水餃子も追加。


この辺りで私は腹が大きくなったんですが、ツレはまだ腹が減ってると。

そこでバーに寄る前にツレはコンビニで菓子パンみたいなもんをパクついてましたわ。

その後、サンボアでしばらく飲んで7時過ぎに解散しました。

翌日携帯をチェックしたらこの日は14000歩近く歩いてたんで私にしてはよう歩きましたわ。



夜から営業の店でオモロそうな店が何軒もあったけど、飲んだ後帰ること考えるとどうも邪魔くさくなるんですよねぇ。

やっぱりこうやって昼から帰る時間を気にせんと飲む方が合うてるんですかねぇ・・・。


*朝の体重:59.35kg(昨日よりちょっとは減ったぞ。)

*今月の休肝日:5日(今日は酒抜いといた方がええんよなぁ・・・。)
posted by えて吉 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月27日

久しぶりにスペイン料理屋「カンバッシー」を堪能

ブログ仲間のぷるみえさんが北海道から関西に旅行で来られてました。

19日には初めてグルコバに参加されて翌日からは白浜へパンダを見に出かけはりました。

21日の夕方からishさん、*あきこ*さん、私と4人でスペイン料理の「カンバッシー」へ出かけることに。

カンバッシーはかなり好きなお店なんですが、料理の量との加減で2人くらいじゃイマイチ楽しみにくい印象。

そんなことでコロナ禍の間、人数が揃わずずっと行けてなかったんです。

お店は口開けの6時に予約してたんですが、数分前に店の前に着いたらすでに*あきこ*さんも着いてはりました。

スペイン人の女将さんが私らに気づいて開店時間前でしたがお店に入れてくれはりました。

その後ishさんが着いてとりあえずビールを飲みながらぷるみえさんを待ってました。

少し遅れてぷるみえさんが到着したところで改めてかんぱーい。





久しぶりのカンバッシーを堪能

*久しぶりのカンバッシーを堪能

まずは前菜の盛り合わせをお願いしました。

ここの前菜はどれもしっかり手間を掛けた料理が出て来るんで嬉しいんですよねぇ。

この日はブロッコリーのオムレツ、菜の花のなんか、真ん中の茶色のは肉のチョコレート煮、右手前が鶏手羽のアドボ、その上が豚耳なんかのゼリー寄せみたいなヤツ、そして一番上がシシャモのエスカベッシュとか南蛮漬けっぽいヤツ。

メニューをじっくり見たら少し以前と変わってて、気になったのが右上のソーセージとヤギのチーズを焼いたヤツ。

ヤギチーズのクセのある香りがええ感じでこれは赤ワインが必要でしたわ。

豆の煮込みはシーズンらしくホタルイカ入り、左下のはハチノスのカツ?って感じでコレもなかなか美味かったです。

そして最後はお約束のパスタのパエリアである”フィデウア”をシーフードで。

デザートは3種類あったんで、全部頼んで皆さんでシェア。

私は一口だけ味見させていただきました。甘い物の代わりにシェリーのアモンティリャードをチビチビ。

料理はそんなに皿数多くないですが、どれも酒が進むからスパークリングワインやら赤ワインやら1人当たり1本は飲んだんじゃ無いかなぁ。

開店と同時に入って店を出たのは最後で10時を回ってました。

こぢんまりした宴会でしたがその分お互いしゃべりやすくてええ時間でしたねぇ。



*朝の体重:59.15kg。(ちょっとだけ減ったけどまだ大デブ。)

*今月の休肝日:7日(今日は休肝日。)
posted by えて吉 at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月03日

ツレ夫婦のお店の15周年祝いに京町堀の割烹「莉玖」へ

先月の末にツレ夫婦と出かけた割烹料理屋での飲み食いをご紹介させていただきます。

今回の京町堀の割烹「莉玖(りきゅう)」のことは前から2人が行って良かったって聞いてたんでかなり気になってました。

それで一度3人で行こうと日程を決めたんですが一度は都合が悪くなって延期に。

今回はその仕切り直しで改めて出かけることになりました。

ツレ夫婦は平野で喫茶店「カフェ・ラルーン・ド・エスト」って店をやってるんですが、そのお店が先月の初めで15周年を迎えたんです。

そこで今回はそのお祝いってことで出かけることに。せっかく贅沢なモノを飲み食いするならお祝い事と絡めたらええやろうと。

2人の店はうちから1つ隣の駅なんで11時頃の電車に乗ってその電車で待ち合わせて一緒に出かけました。

地下鉄御堂筋線の本町駅で降りてしばらく歩いてお店へ。



230226rikyu1.JPG
*京町堀の割烹「莉玖(りきゅう)」の店構え

場所的には四つ橋筋の靱公園のちょっと北を西側に少し入ったところにありました。

3人やったんでテーブル席になるかと思ってましたが、カウンター席に通されました。

板場の仕事はカウンターの壁?が高いから見えませんでしたが大将とのやりとりとかが出来たんでやっぱりカウンターは嬉しかったですわ。

以前はアラカルトもやってはったようですが、今はコースだけでお昼は5500円と8800円の2種類。

今回は8800円の方を予約してくれてました。

230226rikyu2.JPEG
*先付け

最初の料理が蓋付きの器で出て来ると開ける瞬間がみょうに嬉しいですねぇ。

中身はスズキの昆布じめがメインでカラスミとかいくつかの野菜と和えてありました。

お店の人は一品ずつキッチリ説明してくれたんですが、久しぶりにツレ夫婦とゆっくり話出来たんがそっち優先でうろ覚えです。




230226rikyu6.JPEG
*莉玖の日本酒メニュー

最初にビールで乾杯してすぐ日本酒もオーダー。

私は燗酒向きのをお店の人に選んで貰い、2人はそれぞれ日本酒を冷やで。

100mlずつの提供で冷やの2人はグラスで、私の燗酒はまるで湯飲みみたいなんで出て来てちょっとびっくり。

立ち飲みなんかならコップに直の燗酒でもええんですが、割烹やったんで銚子じゃ無いのが意外でした。

100mlって量やからかと2杯目からは一合でお願いしたらちゃんと徳利と盃が出て落ち着きましたけどね。



230226rikyu5.JPEG

*椀物とお造り

椀種はハマグリだったか貝系の真薯だったかと。お造りはブリとヒラメだったかな。

椀物はちょっと中が賑やかでしたが、やっぱり真っ当な和食のお店のだしは美味いですねぇ。

刺し身は醤油、もろみ、塩を出してくれて好みで食べるスタイル。

2杯目の日本酒は何か別のをってお願いしたらちゃんと別のを提案してくれました。

地酒に凝ってても燗酒向きのは少ない店が多いんで私としては嬉しかったですねぇ。

230226rikyu4.JPEG
*焼き物、八寸、油物


焼き物はサワラだったかと。

八寸は野菜たっぷりでどれも仕事してる料理で酒が進みましたね。

真ん中のピンクのは紅芯大根を使ってるんだとか。右手前はアボカド味噌でキャベツ?を和えたものだったかな。

揚げ物はワカサギの天ぷらで3月は美味しくなる時期のようですね。


230226rikyu3.JPEG
*焼き物、ごはんもの、デザート

焼き物は鶏でした。美味しかったけど詳細不明です。

最後のごはんものが若ごぼう入りのお粥で、こういうパターンは初めてで嬉しかったですわ。

料理はどれも美味しかったし、大将が勧めてくれる燗酒がどれも私の好みにあってて非常に嬉しかったですねぇ。

お会計は39590円。

コースが8800円やから酒代だけで13000円ほどかかったようですわ。

2人はグラスで3杯しか飲んでなかったんで、大半は私が飲んだ格好です。

料理も良かったしお店の雰囲気や大将の接客もええ感じで非常に良かったです、これで酒代がもうちょいこなれてたら最高でしたね。(^_^;)

美味い料理が出て来ると酒が進むから次からも行くときは覚悟して行かんとあきませんな。

ばかばか飲もうとは思わんけど、美味いモンを前に酒を控える気にはなりませんからねぇ・・・。

なかなかちゃんとした和食のお店の新規開拓って出来ないのでええお店を教えてくれたツレ夫婦には大感謝です。

これからも2人で仲良う、お店が長らく続くことを願うばかりです。



<参考情報>
*京町堀 莉玖:公式サイト

住所:大阪府大阪市西区京町堀1-7-12 京町堀パートナーズビル 1F

電話:06-6450-8301

営業:昼[水〜日]12:00〜15:00(L.O.13:00)※要予約

   夜[火〜日]17:00〜22:00(L.O.21:00)

定休:月曜日

posted by えて吉 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月24日

淡路の立ち飲み屋「あわや」で昼飲み

昨日の朝ちょっとしたことでグーグルの地図を見てたら、以前に保存してた立ち飲み屋を発見。

どんなルートでその店のことを知ったか全く記憶がないんですが、なかなか良さげやったんでさっそく昼から出かけることに。
 *ネタ元はてっきりこばやしさんのブログやと思ったんですが、検索しても出てこず。

うちからおおさか東線でJR淡路駅まで行けば歩いて数分でしたわ。



淡路の立ち飲み屋「あわや」

*淡路の立ち飲み屋「あわや」

とりあえず瓶ビール(470円)をオーダーしてじっくりメニューを検討したんですが、最初の料理を注文するまでかなり時間が掛かりましたわ。

初めて行った店やとメニューを見慣れてないから決まりにくいってことはようあるんですが、ここは別格でした。


もの凄い数のあわやのメニュー

*あわやのもの凄い数のメニュー

こんだけ多いとなかなか目が追いつかんというか、文字を見ても頭に入って来んというか・・・。

バター焼き、チーズ焼き、玉子系はそれぞれ素材違いでメニュー数が増えてるようなとこもありますが、ともかくえらい種類が多かったですわ。




あわやの料理

*あわやの料理

色々ある中からまず最初に頼んだが焼肉グループから牛ホルモン380円。

注文してから出るまでしばらく時間が掛かったこともあって、なにもアテがないまま大瓶が半分くらい空いてしまいました。(^_^;)

ホルモンを待ってる間に色々ある定番っぽい小鉢系からド定番のポテサラ(180円)を。

これは流石にすぐ出て来たんですが、180円って安さやのにかなりたっぷりでした。

値段で想像した量の2.5倍くらいありましたわ。

ミックスベジタブルとハムやらが入ってましたが手作りでしょうねぇ。

その後登場したホルモン炒めは野菜たっぷりでこれまた量はたっぷり。

瓶ビールの後はチューハイのプレーン360円を頼んで、おすすめメニューから牛肉野菜ピリ辛スープ320円を行っときました。

スープの具は他の2品ほど量が多くはなかったけど、韓国料理の汁物って感じで値段からしたらかなりコストパフォーマンスが良かったですわ。

3品食べたあたりで丁度酒も切れたんでこれだけで切り上げて、お会計は1710円。

瓶ビールは以前より値上がりしたようですが、それでも全体ではかなり安く感じましたねぇ。

うちから(必ず座れる)電車1本で行けるし、平日は1時、日祝日は12時からやってるんでかなり使いやすそうです。

今回は刺し身系は頼まんかったから次はそっち系で日本酒を行きたいもんですわ。


*朝の体重:60.15kg。(昼そんなに食べてないし、夜も控えたのに大デブり。(>_<))

*今月の休肝日:7日(今日も)
posted by えて吉 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする