2016年09月16日

残り物処理で「厚揚げと豚のスタミナ丼」

今日のお昼に食べたものをサクッとアップしておきます。

明日から2泊3日で出かけるのでここ何日か出来るだけ冷蔵庫を空にしようと努力しております。

その甲斐あって日持ちのするもの以外の在庫はだいぶ減ってきたので、昼ご飯は残りモノを使って用意することに。

厚揚げ、おくら、スープで茹でた「ゆで豚」が余ってたのでそいつらを全部炒めて焼肉のたれで味付けてスタミナ丼にすることに。

おくらなんて完全に残り物消費が目的なだけで普通やったら入れてないでしょうねぇ。

でも、まぁ入れても”特に問題なし”ってことで残ってた3本をざく切りに。

ゆで豚も、厚めに刻んで、更に半分に。厚揚げも大きさをある程度揃える意識でカットしてやりました。

厚揚げからフライパンでじっくり炒めて軽く塩コショウ。

豚を加えてさらに良く炒めてからおくらを投入して、たっぷりめの一味、ニョクマム(魚醤)を軽く回しかけてから焼き肉のタレ。

ほんの少しだけ水を加えて味を調えてやりました。

冷蔵庫に何日か前に作ったししとうとなすびの味噌炒め煮もあったんでついでそいつも乗せてやることに。



残り物処理で「厚揚げと豚のスタミナ丼」

*残り物処理で「厚揚げと豚のスタミナ丼」

デタラメな”乗っけ丼”ですが、厚揚げと豚バラのサイズだけはちゃんと揃ってるでしょ?(^_^;)

魚醤をちょろっと加えてるんで単なる甘辛い焼肉味から変化が出て良かったですわ。

これで旅から帰るまで持ちそうにないもんはかなり食べ切ることが出来ました。





明日出かけるために昼頃から車に油を入れに出かけました。

そのついでにカー用品店に寄って、壊れてしまった洗車用のホースを買おうかと思ったんです。

ところが近所の2軒を回っても手頃なモノは置いてませんでした。

何日か前からその日最初にエンジンを掛けた瞬間だけエアコンの風がちょっとクサく感じてました。

車用品店に行ったついでに消臭スプレーを買うて使ってみました。

ニオイがあっても最初しかしないんで効果ほどは分かりませんが、一応久しぶりに合う知り合いと初めてあるその人のお友達が乗るんで万全を期しておきました。

油を満タンにしたら、事務所に帰ってバケツに汲んだ水をぶっかけて洗車。

丁寧に水が掛けられんのでササッと目立つ汚れを洗剤で落とすだけで我慢。

タイヤの側面が汚くなってたんで、黒くするケミカルも買うてぬりぬり。

車内に掃除機を掛けて、それなりに”汚くない”車にしてやりました。

気温は高くなかったのに車の洗車でごたごたしてたらえらい汗をかきましたわ。

出かける用意は出来たんで後はなんとか雨が降らんことだけを望むばかりです。







*朝の体重:57.40kg。(休肝日明けで理想値ジャスト)

*今月の休肝日:6日(昨日も酒を抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

冷凍してた「焼き穴子」を楽しんだ晩酌

だいぶ前にスーパーで買うてそのまま冷凍してあった焼き穴子をメインにした晩ご飯をご紹介します。

めったに自分で鰻を買うことはないんですが、焼き穴子はスーパーで見かけるとたまに買ってます。

ウナギのかば焼きの代用品っぽい、煮穴子というのか穴子の蒲焼きというか、その手のタイプでは無くしっかり焼いたヤツが好みです。

アテが無いの時の緊急避難?用に買うて冷凍してましたが、気がつけば2〜3ヶ月経ってたんで何日か前からぼちぼち食べてしまおうとタイミングを狙ってました。


食べたのは8月31日なんですが、この日はスーパーに買い物に行ったんですがあんまりピンと来るモノがなく、家にあった穴子をメインにすることに。





冷凍してた焼き穴子がメインの晩ご飯

*冷凍してた焼き穴子がメインの晩ご飯

・焼き穴子

・タコの炙り

・なすびのおひたし?

・冷や奴

・貝割れ大根入り納豆

・細もずくとのどぐろの笹漬け


スーパーの魚売り場でタコの炙りに目が止まったのであんまり腹には溜まりそうになかったんですがちょっと贅沢して買うてみました。

なすびは半月にカットして熱湯でさっと湯がいて団扇で扇いで冷ましてから水を絞って、ごまかけてめんつゆを垂らしてやりました。

冷や奴はチューブの梅肉を溶いた醤油で食べました。

穴子は霧吹きで日本酒を掛けてからホイルに包んでトースターで温めてやりました。

旅行先で買うたのどぐろのささ漬けは期待ハズレやったんで、刻んでもずくと一緒に酢の物として食べました。

払った金額から考えるとえらく贅沢な酢の物になってしまいました。







穴子は1パックに細いヤツが3匹入ってたんですが、初日は2匹分食べました。

その2匹の頭を落とした分を取ってあったんで、残りの一匹とで柳川風の小鍋仕立てにして食べることに。

食べたのはちょっと日が延びた9月4日になります。





焼き穴子の小鍋仕立てと豚の冷しゃぶなど

*焼き穴子の小鍋仕立てと豚の冷しゃぶなど


・焼き穴子の柳川風

・細もずく

・ひじきの煮物(惣菜)

・茹でモヤシ

・なすびのおひたし

・白和え(惣菜)

・玉子豆腐

・豚の冷しゃぶと水菜のサラダ風

穴子の頭3匹分を白だしに味醂、酒を加えた煮汁でことこと。

繊維に直角にざく切りにした玉ねぎ、豆腐を加えてさらにしばらく煮込み、終盤に穴子の身を1匹分投入。

最後に溶き卵を回しかけて出来上がり。こうやって食べると実質は一匹しかな穴子でも、そこから出る出汁や香ばしい風味がしっかり楽しめましたわ。

豚は、冷凍で手元にあった分を使いました。ちょっと多めに凍らせてたんで、写真に写ってるの同量を翌日以降に回しました。

スーパーの惣菜や出来合いの玉子豆腐を使って3品稼いでますが、それなりに品数が揃ったんで満足出来る晩ご飯になりました。





*朝の体重:57.45kg。(文句なし。)

*今月の休肝日:4日(今日明日は休肝日にせんとあかん予定になってしもた。)


 
posted by えて吉 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

旅行明けで食材のない日の晩ご飯

8月の29日は台湾からの客人らと一緒に京丹後から京北を回った旅行の最終日でした。

客人らを京都のホテルに送って、一緒に昼ご飯を食べてから帰ろうと思ったんですが狙った仕出し屋さん「魚万」は臨時的にお店での食事はおやすみ。

結局イオンのフードコートで丸亀製麺のうどんだけシバいて解散。

うちの家まで帰り着いたんが3時過ぎやったんですが、帰り大雨で買い物にも行けず。

旅行に備えて出来るだけ冷蔵庫の中を空っぽにしようと思ってたんで食べるモノはほとんど無し。

いつもなら近所の居酒屋にでも行くところですが、この日はあいにく月曜日でお店の定休日。

車酔いしやす客のためにものすごーく気ぃ使こた運転をして変な疲れが残っててあんまり料理する気もなし。

それでもお腹は減るし、自分以外に料理しくれるモンがおるわけでもなし。

しかたないんでわずかな残り物や冷凍庫にあるもんなんかを使ってなんとかすることに。






料理らしいことといえば、シシトウを網で焼いた程度ですが、こんな夕食の献立になりました。










食材がほとんど無かった晩ご飯

*食材がほとんどなかった旅行明けの晩ご飯

・のどぐろのささ漬け

・チャンジャ

・唐辛ととみそ

・ししとうの網焼き

・豆もやしキムチ風

・壬生菜の漬け物

・ねぎまぐろ

・もずく

・ネギマグロ納豆



メイン?ののどぐろの笹漬けは皆で飲むときのアテにでもしようかと私が買うたものです。

写真に写ってるのが1パックの全量ですが、これだけで600円ほどしたんでしょうか。

普通の私の買い物感覚ではよう買わん値段でしたが、台湾の子らにこの手の酢漬けの魚を一口味見をしてもらうんやったらええかと奮発。

ところが、晩ご飯のおかずが十分で翌日に残せんモノを優先して食べたんでこいつに出番がなかったんです。

小鯛の笹漬けでもたまにしか食べませんが、そのノドグロバージョンなんでちょっと期待してました。

食べてみると塩気がキツくて酢漬けの甘みも足りず、イマイチ未満。(>_<)

特にノドグロって魚に特有の味もせずまったくの期待ハズレでした。

結局3枚ほど食べて残りは翌日に回しました。

チャンジャ、ととみそ、壬生菜、もずく、納豆は冷蔵庫にあった日持ちする食材。

豆もやしは酒専用冷蔵庫の片隅に買い置きしてた常備品ですわ。

ねぎまぐろは、冷凍のマグロペーストを解凍。これも常備品ですが、長いこと置きすぎてちょっと質が落ちてました。

ちなみに「ととみそ」ってのは、福井へ洋食を食べに行ったときに途中の敦賀で買うたモンです。



敦賀で買うた「唐辛子ととみそ」

*敦賀で買うた「唐辛子ととみそ」

昼ご飯を食べた「まるさん屋」を経営してる矢部海商ってとこの商品です。

メインは鯖の身でそれに味噌やピーマン、えのき、唐辛子などを混ぜ込んだおかずみそです。

ご飯のお供って位置づけみたいですが、そのまま酒の肴に食べてもなかなか美味いんです。

なんどか”おにぎらず”の具にもしましたが、そっちは当然のようにええ感じでしたわ。


家に帰り着いたときは「どうしょう、なんも食うモンないぞー」って思ってたんですがけっこう満足して飲めましたわ。



*朝の体重:57.50kg。(まずまずやな。)

*今月の休肝日:4日(今日はもう一日飲んだろ。)


posted by えて吉 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

お得な「秋鮭のあら」に大満足

何日か前にえらくお得なシャケの荒をスーパーで見つけたんでそいつを使った時の様子をご紹介します。

魚は好きなんですが、けっこう値段がしたりして買うのに躊躇することも多いんですよねぇ。

そんな中でも「ぶりかま」と「まぐろのすき身」はまともな身ぃより好きやし割安なんで反応してしまうことがおおいんですよねぇ。

鮭の荒もたまに見ますが、脂の多い腹身やったり汁物にしか使いにくそうな大きな骨の周りとかが多いんであんまり使い勝手が良くないんですよねぇ。




でも、2日にマックスバリューで見つけたヤツはえらくキレイな身ぃばっかりやったんです。






160911shakeara.jpg

*えらく安かった「秋鮭あら」138円

大きな骨は見当たらず、ほとんどまともな身ぃばっかりで138円は安いですねぇ。

マックスバリューはあんまり荒系の部位が並ばんのですがこれはラッキーでした。

まぐろの剥き身はよく「万代」ってスーパーで買うんですが、以前と違って最近は1パックあたりの量が少なくてお得感が減ってるんです。

でも今回のシャケは盛りが良かったころのまぐろのすき身と較べても割安に感じました。


家に帰って料理するときに切り身をチェックしたんですが、やっぱり大きな骨どころか細かい骨も少なくてモノが良かったですわ。





初日はこの鮭を使ってシーフードパスタを作ることにして、一緒にイカの切り身も買うて帰りました。


冷凍のむきエビとイカ、鮭で作ったスパゲティはこんな感じです。





160911pasta.jpg

*シャケ入りシーフードトマトスパゲティ

使いかけのしめじがおったんで、そいつも混ぜてやりました。

パスタは袋に書いてある茹で時間の1分ほど前にソースを用意したフライパンに移動。

しばらく一緒に炒めて?やりました。

唐辛子で辛味を少し加えてやりましたが、なかなか満足の行く出来でしたわ。


この写真ではほとんど鮭の切り身が見えてませんが、けっこうたっぷり入れてやりました。

写真で盛った以上にソースが余ったんで、麺を食べきってからソースだけをアテみたいに食べてやりました。







翌日の3日は残ってた鮭の身を使って別の料理を作ることに。






皮を付いてるヤツは剥いで、骨抜きで細い骨を抜いてから包丁で刻み、細かく叩いてやりました。

そこに生の玉ねぎのみじん切り、大量のパセリを加えて、早く使いたい卵がおったんで全卵1個分を加えて練り練り。


玉子を加えたせいでかかなりユルかったんで、小さなお玉ですくって、フライパンに落としてやりました。





160911sake.jpg

*鮭の焼き物とすじ肉のスープ

鮭のミニハンバーグって言うと、ちょっと違和感がありますが・・・。

まぁつくねとか、その手のモンですわ。

レモンを搾ってそのままか、僅かに塩を付けても美味かったです。

他にはケチャップにたっぷりのパセリとタバスコを加えたモノも用意しましたが、こっちもまずまず合うてましたわ。

スープの方はメインが洋風なんで朝から保温鍋で仕込んでおきました。

下茹でして冷凍してあったすじ肉一掴みと、玉ねぎ、セロリ、白菜などとニンニク、月桂樹の葉、白ワインなどでコトコトとある程度の時間煮込んでから保温しました。

品数は少なくなりましたが、けっこうええ感じに楽しめました。

ちなみに鮭の練り物?は写真以外にもあと何枚か出来ましたよ。

久しぶりに安いなぁと思える買い物が出来てご機嫌でしたわ。





*昼過ぎの体重:57.50kg。

*今月の休肝日:3日(3日飲んだから酒抜かんとあかんよなぁ・・・)

posted by えて吉 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

朝ごはんに「タコライスチーズヤサイ」?

今日は寝たのが遅かったのと何度かの寝直しに成功したおかげで10時過ぎまで寝てしまいました。

風邪で布団に籠もってると昼寝をしてしまうこともあってちょっと生活のリズムが狂ったってこともあるんでしょうけどね。

起きていつのように過ごしてたらあっちゅう間に12時を回ってしまいました。

というわけで正確には朝メシ抜きの昼ご飯というか、朝昼兼用の食事にはなるんですけどね。

腹減ってたんで冷蔵庫を開けたら、6日に食べたタコライスで使ったサルサソースもどきが残ってました。

他にも少しだけ刻んだトマトもあったんで、さっさとその2つを片付けるためにもっぺんタコライスを食べることに。

時間帯は昼ですが、自分に取っちゃ朝ごはんって感じやったんでちょっと濃ゆいかとは思ったんですけどね。

用意としてはまずレタスを千切りに。

冷凍してあったご飯をチンして、すぐにタコスの具に使うミートソース?の冷凍もチン。

ご飯を皿に広げてその上にチーズを散らして、その上にタコミートを広げてレタスを乗せました。

あとはトマトを散らしてサルサソースもどきを掛けたら出来上がり。



朝ごはんに「タコライスチーズヤサイ」

*朝ごはん?に食べた「タコライスチーズヤサイ」

食べる時はまず全体をよく混ぜて一体感を出してやりました。

見た目は悪くなりますが、その方が私は好きなんですよねぇ。

食べ出したら我慢出来ず、缶ビールを開けてしまいました。(^_^;)

朝からなにも食わずで最初に口するのがタコライスとビールってな濃ゆいパターンになってしまいました。




ちなみに6日に食べたのはこんな感じでした。





「タコライスチーズヤサイ」と「ラム&コーク」

*タコライスチーズヤサイと「ラム&コーク」

今日はちょっとタコミートを控えましたが、この日はちょっと多めでした。

こっちの写真の方がタコミートとチーズが少しだけ見えて分かりやすいですかね。

ちなみになんちゃってサルサソースは、冷凍のトマトソースをチンしたトコに生のシシトウのみじん切りと生の玉ねぎのみじん切りをプラス。

タバスコやら一味で辛くして、ちょっとだけケチャップもプラスし、それをよく混ぜてからもう一度軽く電子レンジでチンしたものです。

ホンマのサルサソースを長く食べてないんですが、なんちゃってなソースでも無いよりはええかと思ってこんなんでヨシとしております。







*朝の体重:57.85kg。(そんなに食べてないのに重いなぁ。)

*今月の休肝日:3日
 
 
posted by えて吉 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

やっぱり麺がええな、日清「ラ王 つけ麺 濃厚魚介醤油」

今日の昼ご飯に食べたばかりの日清「ラ王 濃厚魚介醤油」をサクッとご紹介します。

日清の「ラ王」とマルちゃんの「正麺」が袋麺で生麺っぽさを売りに競争を繰り広げだしてから色々食べてみました。

スープはさておき麺は両方ともほんまにびっくりするほど生っぽいなぁと。

今年の夏は割と早い時期に正麺の冷めんの5袋パックを買うて早々に食べ切りました。

当初の普通のラーメン以後に色んなバージョンが出ましたが、コチラの記事を読んで以来「つけ麺」のことも気になり探してました。

スーパーに行くたびインスタントラーメン売場をチェックはするんですが、バラ売りをしてないどころかつけ麺自体を見かけることがありませんでした。

今はヌードルメーカーで色々と試すのが面白いんで買うとしても5個パックはありえんから食べるチャンスはないかなぁと諦めかけてたんです。

すると先日ネタ元のishさんと昼飲みしたときに1ついただいてしまったんです。

食べる機会を伺ってたんですが、一昨日に半熟ゆで玉子を醤油もろみに付けた味玉を作って用意が調ったんで今日の昼ご飯に食べてみることに。


日清「ラ王 つけ麺 濃厚魚介醤油」

*日清「ラ王 つけ麺 濃厚魚介醤油」

つけ汁を80mlのお湯で伸ばせとあって、ちょっと少なすぎんか?と思いましたが初めて食べるんで指示通り行くことに。

一緒に食べる具材を用意して、麺の茹で上がりに合わせて80mlの水を電子レンジでチン。

濃縮スープを溶いて、みじん切りの白ネギ、紅ショウガを加えてからもう一度チンして熱々に。


具を色々乗せて「ラ王 つけ麺 濃厚魚介醤油」

*具を色々用意して「ラ王 つけ麺 濃厚魚介醤油」

具としては冷凍してあったチャーシュー、茹でたもやし、水菜、半熟味玉を麺に添えました。

麺は水道水の水で締めてやりました。最初は冷水でも締めようかと思ったんですが、十分なコシやったんでそっちはパス。

私は魚粉の粉を掛けるタイプのラーメンはあんまり得意じゃないんですが、このつけ出汁も匂いはちょっと魚粉っぽいのがありました。

一口目だけ少しニオイが気になりましたが、麺を食べ出したらすぐ気にならなくなりました。

味の方は問題なかったんで、結果的にこのつけ汁ならちゃんと楽しめました。

さて、この手のインスタントラーメンでは麺が主役ですが、やっぱりよう出来てましたねぇ。

ちょっと扁平な麺なんですがええコシがあって「まるで、生めん。」っていう謳い文句に偽りなしって感じました。

ずっと探してたもんが味見出来て、ishさんには大感謝です。(^^)







*朝の体重:57.70kg。(もうちょっと少なかったら良かったんだが・・・。)

*8月の休肝日:10日(目標クリア。)
 
 
posted by えて吉 at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

どこが「沖縄風焼きビーフン」やねん?

ビーフンは朝の体重に余裕が無かった時の昼ご飯として重宝してますが、同じような味やとオモロないんでふとした思いつきで沖縄風で作ってみることに。

正直言うて沖縄に沖縄風焼きビーフンなんて無い可能性が高いですが、自分が沖縄っぽさを感じりゃヨシってことでお許しを。

食べたのは11日なんですが、まずビーフンは熱湯に5分ほどだけ浸けて固めに戻したらざるに上げて水を切っておきました。

一番最初に戻してざるに上げて出来るだけ水気を飛ばしておいて、調理の時に旨みを吸わせようっていうイメージです。

具材としては手元にあったキャベツ、シシトウ、もやしに早く減らしたかった水菜をプラスすることに。

肉っ気にはスライスして冷凍してあるスパムがあったんで、それを使うだけでも”沖縄風”って強弁出来んことないかもですが・・・。

ネタ的にはスパムはええんですが、ビーフンみたいに麺線が細いとどうしてもある程度のごつさになるスパムとは食感で違和感が出るかなぁと。

それでスパムは却下して普通に豚バラ肉を2枚細切りにして加えることに。

で、どこで沖縄風って主張するかっていうと単に「沖縄そばのだし」を使ったからなんです。(^_^;)

濃縮出汁はそのままやとだいぶ濃いんで水を加えて少しだけ伸ばしてやりました。


豚から炒めて、野菜を加えてしんなりしたら、戻してあったビーフンを投入。

その上からけっこうたっぷりの沖縄そばの濃縮スープを回しかけてやりました。

ビーフンに汁気を含ませながらある程度炒めて水気を飛ばしました。

最後に水菜を加えて混ぜ合わせたら出来上がり。




沖縄風焼きビーフン?

*沖縄風焼きビーフン

紅ショウガは沖縄そばによう添えられてますが、そっちの関係では無く単純に好物なんで添えました。

最初に2口ほどそのまま食べたら、こーれーぐーすーを掛けて食べました。

豚とカツオベースのスープで味付けするとちゃんぷるーっぽさが出てたし、そこにコーレーグースーの風味をプラスしたら私にとっちゃ充分「沖縄っぽい」ビーフンに感じられましたわ。

単なるほんだしをぶっかけて”和風ビーフン”って名乗るより、よっぽど沖縄っぽく感じましたよ。

野菜たっぷりで食べ応えあり、それなり以上に食べ応えを感じたんで大満足な昼ご飯でしたわ。








*朝の体重:57.30kg。(休肝日明けでこれはええ数字。)

*今月の休肝日:8日(昨日は酒を抜いたけど、今日も頑張って抜きますよ。)
 

  
posted by えて吉 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

レシピ通りに味の素「CookDoのアジアン鶏飯(チキンライス)」

以前一度同じレトルトの素で鶏飯(チキンライス)を作ったんですが、その時はご飯の炊きあがり加減がけっこう固めになりました。 
 *その時の記事はコチラにあります。
 
ishさんからは同じ素を2つ貰ってたんで、リベンジする機会をうかがってました。

初回は蒸し鶏に拘りたくて別に蒸し鶏を作ったりしたんで、正直言うてレトルトのソース?を使う意味がありませんでした。

そこで今回は鶏の仕上がりは無視することにして出来るだけレシピに忠実に行くことに。

味の素「クックドゥ アジアン鶏飯(チキンライス)」の素

*味の素「クックドゥ(CookDo) 鶏だししみるアジアン鶏飯(チキンライス)」

パッケージの裏にある作り方によると鶏肉はカットして塩を揉み込めと。その鶏の量は小さめのもも肉2枚で400gとのことでした。

これは手元にあった普通サイズのヤツ1枚で行くことに。

カットすると鶏の旨みが出てしまいそうに思いましたが、出来るだけレシピに従うことにしたのでカット。

ごはんに加える水の量280mlもちゃんと計量カップで計測して用意。

洗ったご飯に計った水とレトルトソースを加えて、炊飯器にセット。

炊く前に20分ほど水に浸けておいておきました。






出来上がったのがこんなチキンライス。








レシピ通りお手軽に作った「アジアンチキンライス」

*レシピ通りお手軽に作った「アジアンチキンライス」

鶏肉は長時間煮込んで柔らかくなった食感で、蒸し鶏のしっとりとは違いましたが”こういうモンや”と思えば許せました。

炊飯時間程度の加熱時間では鶏肉が固くなって、つぎにまた柔らかくなるまで行かんかと思ってたんですが、柔らかくなってたのは予想外でした。

生のシャンツァイ(香菜)とキューリのスライスを添えて、タレには魚醤、パクチー、スイートチリを混ぜた物と青唐辛子の醤油漬けを用意。

蒸し鶏を用意する手間を掛けなければ調理に掛かる時間なんてほんの一瞬。

ちゃちゃっと用意して出来上がった料理とすれば、上出来でしたねぇ。

鶏ガラスープや蒸し鶏を作ったスープで真面目に鶏めしを作ればレベルはあがりますが、そんな手間を掛けずに出来たモンとしては充分満足出来ましたわ。

いやー、この手の大手のメーカーが作る物ってほんまに楽にそれなりのレベルのモンが出来るんですねぇ。

自分からもっぺん買うかというと悩ましいですが、レシピ通りに作って、美味しく食べられたんで素直に実力を認めましたわ。





昨日はishさんと昼の1時に十三で落ち合って昼飲みでした。

居酒屋で飲んだ後、十三の街をウロウロして昔ながらのお好み焼き屋さんへ。

その後もまだ飲み足らんかったんで梅田へ移動。

カジュアルなフレンチのお店でグラスのスパークリングワインが安かったんで、アテ一品で何杯か。

ishさんが久しぶりに北新地を歩いてみたいって言いはったんでおつきあいしてまたウロウロ。

そば屋でざるそばをシバいて、新地のバーでちょい飲み。

そこで解散したんですが、きっちり出来上がってたんでブログの更新は出来ずでした。

家に帰ってからジントニックを作ってネット上の小説を読み出したんですが、きっちり沈没。

で、目が覚めたときに飲んでたジントニックのグラスをこかしてお気に入りの木村ガラスのグラスを割ってしまうと言うオチが付きました。(^_^;)

昨日予定外に飲んだんで今日と明日は2連ちゃんで休肝日ですわ。


<後日 追記>

ishさんのトコで24日の昼酒の記事がアップされてたのでリンクを追加しときます。

foodish:"雑"食記:えて吉さんと十三屋からハシゴ






*朝の体重:57.50kg。(炭水化物も多めやったのにええ数字。)

*今月の休肝日:7日(今日明日は強制的に酒抜き。)

 
 
posted by えて吉 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

昼は”ほっともっと”の「ガパオライス」

今日昼前から会社の用事で銀行回りに出かけました。ちょっとした手続きでも待ち時間やら書類の記入やらでけっこう時間が掛かってしまいました。

帰り道にスーパーに寄ってちょっと食材は買うたんですが、その時点でもう腹ペコで家に帰って料理するのも待てんなぁと。

スーパーから歩いてすぐのトコにホカ弁の「ほっともっと(HottoMotto)」があったんで、スーパーの駐車場に車を置いたままテクテクっと。

よく行くスーパーなんでそのそばのほっともっとの前もしょっちゅう通ってました。

夏前にほっともっとでガパオライスが売り出されたのはネットなんかで知って気になってたんです。

ホカ弁の弁当ってのり弁でさえ普段食べる量を控えてるとそれなりの量がある印象。

体重に余裕がないと買えんし、出来るだけ熱いうちに食べたいから家の近所の店のあたりをええタイミングで通らんと買えず。

そんなこんなでのびのびになってたらいつの間に店頭ののぼりが無くなってたんです。

夏向きっぽい弁当やからもうシーズンが終わったんかと思ってたら、またのぼりを目にするように。

一度は諦めたんですが、今日は全てのタイミングが揃ったんでやっと食べてみることにしたんです。

ホカ弁の「ほっともっと」のガパオライス弁当

*「ほっともっと」のガパオライス弁当 430円

本格的なタイ料理レストランだけで無く、エスニック料理やアジア料理を出す店なんかでも見かける気ぃはします。 *おされ〜なカフェなんかでも出すんかな?

タイ料理は好きですがここしばらく食べに行ってないしガパオライス(ガッパオライス?)ってちゃんとしたものを食べてるかどうかの記憶無し。

とりあえず家に帰って弁当を見てみると、最初は具が少ないかと思いました。

私の買うた店の盛り付けがちょっとぞんざいやったようで、全体をよく混ぜると十分な量がありました。

添付の辛ナンプラー?なるモンを掛けたけど、辛さは全く足らんので一味をたっぷり追加。

全体の味は勝手に想像してたより甘さは弱くて割とシャキッとした味付け。

スパイスとしてはホーリーバジルとか言うモンがポイントなんですかね?入ってたのはフレッシュではなく調理ペーストみたいなもんですかね。

とはいえ、全体の風味はしっかりエスニック料理っぽさがあって、私の作るなんちゃってなヤツよりはそれっぽい風味があるようにも思いました。

タイのバジルなんかよう買わんから”なんちゃって”とさえ名乗れんやろうけど、この手のぶっかけ飯は家で作れるようにも思います。

ただ、430円ってな手頃な値段であっちゃこっちゃにあるホカ弁チェーンで手軽に買えると思うとなかなかええメニューに感じましたわ。

ほか弁を使うのって何年振りかやと思うんですが、これやったらビールと一緒にその辺の公園でご機嫌な外飲みが出来そうに思いましたねぇ。

タイ料理としての正しい評価は出来ませんが、昼ご飯に気軽に食べる弁当としてはけっこう気に入りましたねぇ。

出来合いの弁当を家で食べるってのはちぃとわびしい気もしますが、食べ終わってなんの後片付けもせんでええ楽さは家では珍しいことなんでちょっと新鮮でした。

いつまで売ってるかは分かりませんが、チャンスがあればもっぺんくらい買うて外で食べたいモンですわ。

その時は忘れんと一味だけは持って行かんとあきませんけどね。







*朝の体重:57.10kg。(夜中のラーメン我慢して大正解。)

*今月の休肝日:7日(今日は酒抜いた方がええけどなぁ・・・)
 
 
posted by えて吉 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

夏の朝のご飯モノ3種

夏場の朝にちょくちょく食べるご飯モノのネタを3つまとめてアップしてみます。

夏向きのご飯モノといえば、梅、しそ、じゃこ、キュウリを混ぜた自分にとっての定番モノがあるんですが、それ以外の準レギュラーなヤツです。

そもそも私は朝にパンもご飯も水気がなくてのどにひっかかりそうなイメージがあって、汁気の多いうどんなぞの麺類を好んでます。

最近はおにぎらずが簡単で便利やってのを覚えたんで、体重に余裕がなくてご飯を少しだけ食べたい時は多用してます。

そのせいか今年は今までの夏に較べてあんまり”夏向きご飯”を食べてないような気はしますけどね。





さて、ごはん物の準定番第一弾はこちら。






夏向きな「冷やし茶漬け」

*梅と昆布の冷やし茶漬け

「こんな何の変哲もないお茶漬けなんかネタにすんな!!」

って、言われそうですが・・・。(^_^;)

私は夏場の冷やし茶漬けはやるんですが、他の季節に熱いお茶漬けってほとんどしないんです。

飲んだ締めにお茶漬けなんて習慣はまったくありませんし、食事の用意がめんどうでもお茶漬けはしないんですよねぇ。

なので私にとっちゃこの冷やし茶漬けは夏だけやる特殊なパターンなんです。

冷凍ご飯はチンで解凍したあと、ざるに空けて水道水で洗って軽く冷ましてやります。

そこに普段作り置きのお茶は冷やしてないんで、氷で冷たくしたお茶を注いで塩ふき昆布を乗せ、チューブの梅干しをしぼれば完成。

私がやる冷やし茶漬けはほぼこの組み合わせオンリーですわ。昆布は塩ふき昆布で、この手の細切りタイプに限定です。

この手の塩ふき昆布って、水菜なんかと和えたりして一応料理にも使えますが、なかなか減らないですねぇ。

これを食べたんは7/28のことでしたが、昆布は先シーズンはおろか、先々シーズン以前から冷蔵庫に居った気がしますわ。

ちなみにお茶にはまったくこだわりがなく、緑茶は家でまったく飲まないので、やるのはたいてい中国茶。

それもポーレイ茶(普洱茶・プーアル茶)がほとんどかと。個人的には別に変な味には思わないですよ。







続きましての夏ご飯は、8/1に食べたものです。







夏の朝ごはんに「トマトと鮭の混ぜご飯」

*夏のごはんに「トマトと鮭の混ぜご飯」

瓶詰めのシャケフレーク?はおにぎらず用にほぼ常備してます。

それを使って混ぜご飯に。

細かく刻んだトマトと、大葉、鮭のフレーク、ごま、風味付けの醤油を少し垂らして全体を混ぜたら出来上がり。

トマトの酸味にも寄りますが、好みで少しレモンを搾ってもええかと。

トマトの中の汁?を取らないとご飯がややベチャつきますが、私は水分が多い方がノド通りがええんで取ってないです。

中の汁だけ捨てるのももったいないですし。(^_^;)

トマトの酸味と水分で食欲のない朝でもけっこう食べやすいですわ。







最後は10日に食べた混ぜご飯。








160821mibunameshi.jpg

*壬生菜とじゃこの混ぜご飯

壬生菜の漬け物ってけっこう好きなんで晩ご飯のアテ代わりにちょくちょく買うんですよねぇ。

で、私の定番のヤツやとキュウリを使いますが、それがない時には代わりに壬生菜の漬け物もありかと。

キューリってあんまり目的もなく買うと使い切る前に傷ませることもあるんですが、壬生菜やったらきゅうりよりは日持ちがしますし・・・。





かなり飲み過ぎた日の朝は別にしたら今年の夏も全く食欲は落ちてないですねぇ。(^^)

なのでこの手のご飯モノは食欲がないときのためっていうより、単に夏の季節感のある朝食って感じですわ。







*朝の体重:57.20kg弱(飲んでなくて久しぶりに理想値クリア。)

*今月の休肝日:7日(昨日は酒を抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

貰い物の生パクチーを堪能

しばらく前に知り合いからシャンツァイ(香菜)を貰いました。いつもなら1〜2回フレッシュのままで使こうて後は刻んで冷凍するのを珍しく生のまま使い切ったんでその様子をご紹介します。

7月の30日にグルコバのブツを尼崎に運んでから西九条に移動して知り合いのNさんの用事のお手伝い。

その帰り道にNさんがタイ食料品店に寄りたいって言うんで黒門市場へ。

私は車で待ってたんですが、タイ食品店で売ってたパクチーを私にも買うてくれたんです。




家に帰ってさっそく生の香菜を使うことに。

昼ご飯を食べそびれてたんで4時過ぎに晩ご飯をスタート。

腹減りすぎてて料理に時間を掛けたくなかったんで家にあった「まぜそば」を食べることに。

まずは「まぜそば」の薬味に生パクチー

*まずは「まぜそば」の薬味に生パクチー

メインの肉には豚バラではなく残り物に啤酒鶏(ビール鶏)を刻んで使いました。

ビール鶏の煮汁も少し余ってたんで、まぜそばせっとのタレと混ぜて水を少し加えて味を調整。

そのおかげでけっこう汁気が多くなりました。

具材は鶏以外に、温泉玉子、メンマ、赤タマネギのみじん切り、茹でモヤシ、紅ショウガ、青ネギ、魚粉とパクチー。

具が多くて汁気もあったんで、麺を食べた後、デブる危険が大やと思ったんですが、小さめの冷凍ご飯をチンしてぶち込んでしまいました。

全体をグチャグチャに混ぜた見た目は非常に悪いんで写真は割愛しますが、ヒジョーに美味かったですよ。(^_^;)


2回目は一日おいた8/1に使いました。

この日のメインは静岡産の安モンのキハダマグロ。

いつもならすき身しか買わないんですが、140gの冊で210円と剥き身なみに安かったんでそれを使うことに。


色んな料理にシャンツァイ(香菜)

*色んな料理にパクチーを使った晩ご飯

・マグロのソテー サラダ風

・トムヤムクン風スープ

・オクラのゴママヨネーズ

・山菜の煮物

・エスニック風ネギマグロ パクチー入り


マグロの冊の1/3ほどは叩いてネギマグロ風に。

こいつには白ネギ、コリアンダー、醤油漬けの唐辛子を刻んで混ぜました。

魚醤はちょっぴりにして、唐辛子を漬けてた醤油を加えてやりました。

普段食べる”ねぎまぐろ”とは、全然雰囲気が変わってて美味かったですよ。


残った冊は塩コショウをしてソテー。

魚醤にニンニク、醤油、味醂、刻んだシャンツァイなどを加えたソースを最後に絡めました。

水菜の刻んだモノの上にカットしたマグロを載せて、上にはたっぷりとパクチーの葉をトッピング。

トムヤムクン風のスープは、エバラの素を使いました。

鶏やらもやし、エノキなんかをてけとーにぶち込んでタイ料理でも何でも無い汁物に。

器に盛ってから実家から貰った小さな小さなすだちを絞り、ここにもシャンツァイを添えてやりました。

山菜の煮物は、賞味期限切れのヤツを冷蔵庫で掘り当ててしまい味付け。

他の料理と合わんのは承知で無理矢理テーブルに並べてやりました。




続く2日の夜もシャンツァイを使ったんですが、料理の方はほとんどしない手抜きな晩ご飯でした。





トムヤムクン風ラーメンと魯肉飯(ルーロー飯)

*トムヤムクン風ラーメンとルーローファン(魯肉飯)

残ってたトムヤムクンっぽいスープに控えめに麺を加えてラーメンに。

この時の麺は何を使ったかは忘れてしまいましたが、薬味にたっぷりシャンツァイ。

もう一品は冷凍してあった魯肉飯の具を戻してご飯に掛けるだけ。こちらにも香菜をトッピング。

麺とご飯の量は少なめにしたんですが食べ過ぎてしまいました。



ラストは3日。


160820dinner2.jpg

*最後まで生パクチーを堪能

・フカの湯引き

・ベビーコーンのひげ

・ほうれん草の白和え(惣菜)

・なすびのおひたし

・もずく

・ピーマンとシメジの和え物

・茹でたベビーコーン

・パクチー納豆


この日は用事で泉大津の先輩のトコへ出かけました。

そのまま帰るのがもったいなくて?、まずは貝塚の生協のスーパーへ。

泉州に行った時のお約束になってますが、「フカの湯引き」をゲット。

その後水間から山手に走って外環へ。

和泉の道の駅で野菜をちょっと買うたんですが、皮付きのベビーコーンを4〜5本120円で買うたのが一番の収穫でした。

皮から剥いた状態の生のベビーコーンは何度も買うてますが、皮付きは初めてだったかと。

売場の説明にヒゲもさっと湯がいて食べられるとありました。

そこで最初に端っこの茶色とこをカットしてサッと茹でてやりました。

嚙むとトウモロコシっぽい甘い風味があって面白かったですわ。


ふかの湯引きには酢味噌が付いてくるんですが、それ以外にスイートチリやニョクマム(魚醤)、レモン、刻んだパクチーを合わせたタレでも食べてみました。

エスニック風のタレで食べてもけっこう美味かったですわ。

まだ残ってたトムヤムクン風スープにはパクチーの茎を刻んでプラス。

納豆にパクチーの葉っぱを刻んだモノと醤油漬けの青唐辛子を刻んで加えてみましたが、これもけっこうアリでした。

フカに付けたエスニックぽいタレはこの後何回か使い回しましたが、一応これで生シャンツァイを使い切りました。

毎日生の香菜を薬味に使えるとなんかめっちゃ贅沢してる気分になりましたわ。

プレゼントしてくれたNさんには感謝です。




*朝の体重:約57.70kg。

*今月の休肝日:6日(今日は酒抜いた方がええけど・・・。)


posted by えて吉 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

暑さでエスニック料理っぽいモノが食べたくなって

暑くなると辛いモノ、エスニック料理などが食べたくなるんですが、そんな日の晩ご飯をサクッとご紹介します。

しばらく前に買うたエバラの業務用のスンドゥブの素がけっこうええ出来やったんで、最近になって同じシリーズ?のトムヤムクンの素も買うてみたんです。

上記リンク先のアマゾンで637円ですが、濃縮の液体タイプやから使い勝手がええかとチョイス。

トムヤムクンってタイ料理じゃ一番?ポピュラーなスープだけに今まであっちゃこっちゃで色んな「素
」を見かけましたが、ほとんど買うたことなかったんです。

作り方にはちゃんと「フクロタケ」を用意せえって書いてあるあたりは業務用やなぁと思ってしまいます。

食べたのは7月の27日なんですが、一人の食事にそんな贅沢?なもんは用意出来んので適当な材料で作ることに。

その他には中華で1品とヤムウンセンなんぞを作ることにしたんですが、全体はこんな感じになりました。



暑い時期にエスニック料理が食べたくなって


・啤酒鶏

・トムヤムクンっぽいスープ

・ヤムウンセンやと思い込んでるサラダ

・ポテサラ(惣菜)

・枝豆(冷凍品)

中華は前にCouchsurfingで泊めた中国人の女の子が教えてくれた料理を勝手にアレンジ。

教えてくれた時は鶏だけでしたが、エリンギと山芋(長芋)を加えました。

鶏モモ肉一枚を料理するのにエビスのレギュラー缶を一本使ってやりました。

ニンニク、ショウガと一緒に鶏を炒めたトコにビールを全部注いで、醤油を加えてから汁気がなくなるまで煮詰めてやりました。

たっぷりの一味を加えてピリ辛にもアレンジしてやりました。

トムヤムクンはエビだけじゃおもろなくて鶏も入れました。

あんまり詳しくは分からんのですが、素を水で割っただけやけどけっこう美味しい汁物に仕上がりました。
 *パッケージにはガラスープで伸ばすのがええように書いてました。

なんちゃってヤムウンセンは春雨に粗刻みの豚肉、えび、キュウリ、赤たまねぎを加えて上には市販のフライドオニオンを散らしてやりました。

ピリ辛のモンが3品もあってけっこう満足しましたわ。

ちなみにビール鶏は1/3ほどだけ食べて翌日以降に回しました。





*朝の体重:57.90kg(思ったより重いなぁ・・・。)

*今月の休肝日:4日(今日も飲み会があるのよね。盆やからええとする。)
 
 
posted by えて吉 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

「晴釣雨陶庵」の焼き物とSPAM

昨日は昼前に家を出て四天王寺で毎月第一日曜日にやって「わつか市」へ出かけてました。

朝からなんにも食べてないまま出かけて最初に口にしたのが現地で売ってたラム肉のスペアリブという濃ゆさでした。

小ネタは現場からアップしましたが、その後わつか市をのんびり回って屋台(お店?)をチェック。

そこに出店してた「晴釣雨陶庵」ってとこで手頃な値段の器があったんで買うてしまいました。






それがコチラです。








四天王寺のわつか市の「晴釣雨陶庵」で買うた小鉢

*四天王寺のわつか市の「晴釣雨陶庵」で買うた小鉢

これ一つ400円やったんです。

他に小ぶりな片口で胴のトコに指で両側から摘まんだようなへこみのあるヤツに惹かれたんですが、そちら2000円だかのお値段がしたんですよねぇ。

そっちは我慢して一つ400円なら許されるやろうとこちらを。



わつか市の後は、どうしようか迷ってたんですが、ふとたこ焼きが頭に浮かんだら無性に食べたくなって天王寺公園から渡ったとこにある「やまちゃん」へ。

行ってから8個440円っていう値段に唖然としたんですが、口がたこ焼きモードになってたんでやむを得ず買うことに。

少し待って焼け立てを持って天王寺公園(てんしば?)へ。

すぐそばに日陰が見当たらんかったんで、熱々のコンクリートに腰掛けて直射日光を浴びながら熱々のたこ焼きをシバキました。

ビールの冷たさは堪能したんですが、食べ終わったら暑さに耐えきらず撤退。






帰り道には地元のスーパーに寄ってしばらく前から気になってたコイツに散財。







久しぶりに買うたお高い「SPAM(スパム)」

*久しぶりに買うたお高い「SPAM(スパム)」

地元のスーパー「万代」で買うたんですが、このレギュラーサイズで一つが税抜き498円もするんです。

スパムなんかのポークランチョンミートは沖縄ではポークとかポーク缶とかって呼んでて非常にポピュラーなんですよねぇ。

元々内地で買うよりかなり安いんですが、ちょくちょくスーパーの特売にもなってそんな時はかなり安くなるんです。
*沖縄に少し住んでた時はそんな時にばっかり買うてました。(後日追記)

あっちの値段に慣れてしまうと何年経っても本土で買う時に躊躇するんですよねぇ・・・。(^_^;)
 
こんな缶詰一つに500円オーバーのお金を払うなんて、スパムメールの語源になった食べ物だけにどうも釈然とせんのです。

でも、しばらく食べて無くてクソ暑い中をふらふら出歩いてると急に食べたくなったんですよねぇ。

あの塩気を体が欲したんでしょうかねぇ。



スパムの食べ方って色々あるかとは思いますが、今回は最初から家にあったゴーヤーとでチャンプルーにするつもりでした。


そこで昨日の晩ご飯は迷わずメインにゴーヤーちゃんぷるーを用意。



スパムで「ゴーヤーチャンプルー」

*スパムで「ごーやーちゃんぷるー」

いつものように島豆腐代わりに厚揚げを使いました。

最初にスパムと厚揚げを焼き付けたんですが、その時に厚揚げにだけ塩を少々。





そして野菜を加えてからの全体の味付けにはこちらを使いました。



サン食品の「沖縄そばだし」

*サン食品の「沖縄そばだし 濃縮タイプ

このスープは前にも買うたことがあって沖縄そばのスープとしてはかなりよう出来てると思ってます。

しかもこれだけで15人前とかっていう濃縮度合いの高さなんで使い手があるんですよねぇ。

そして沖縄っぽい炒め物の味付けにも重宝するんですよねぇ。

原液やとだいぶ塩辛いんで少しだけ水を加えて全体に回しかけました。

味付けは自分の普段作る炒め物よりかなり塩気を控えました。

スパムは減塩バージョンもありますが、あえて普通タイプを買いましたがかなり塩気があるんです。

なので全体はちょっと物足りないくらい薄味にしておいて、スパムを塩気として食べるとちょうどええです。

こーれーぐーすーを掛けながら楽しみました。



さて、主役である新しい小鉢を使うのが今回のネタのメインですが、初回はこんなもんを盛ってみました。




「晴釣雨陶庵」の器にさっそく料理を盛り付け

*「晴釣雨陶庵」の器にさっそく料理を盛り付け

盛り付けたのは手抜き版の「焼き茄子のなめ茸和え」です。

出かける前になすびのヘタを落として皮を剥いてからラップでくるんで電子レンジでチン。

そいつをそのまま冷蔵庫で冷やしてあったんで、食べやすい大きさにカット。

なめ茸、大葉のみじん切り、柚子胡椒と一緒に和えてやりました。

これで普通サイズのなすび一本分ですが、ちょうど全部が盛れました。

サイズ的にはかなり小ぶりな鉢なんですが、実際に盛り付けてみると手元にあったどの器ともサイズが違っててええ感じですわ。

買うた時も気に入って買うたんですが、実際に食べ物を盛り付けてみるとさらに気に入りましたわ。

ちょっと400円とは思えんなぁ・・・と。(^_^;)







ちなみにゴーヤーチャンプルー以外の食卓はこんな感じでした。





新しい器も加えた脇役料理

*新しい器も加えた脇役の料理たち

・ニラキムチ冷や奴

・壬生菜の漬け物

・蒸し鶏の明太子マヨネーズ和え

・焼き茄子

・おからとタコミートの和え物


全体の中に新しい器を置けばサイズ感を掴んで貰えるかと思ったんですが、この写真では分かりにくいですねぇ。

全体に小ぶりな器ばっかりで実査に食べた時の感じと写真で見る縮尺があんまり合うてませんわ。




ええ感じに使えそうな焼き物が手頃な値段で手に入ってご機嫌ですわ。






*朝の体重:57.65kg。(まあまぁか。)

*今月の休肝日:2日(今日は酒抜きやな。)

posted by えて吉 at 18:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

馬刺し、豚テキ肉、トリッパの韓国風煮込み

7月の16日の当日に最初の料理は小ネタでアップしたんですが他の食べ物を紹介してなかったんで補足がてらアップしておきます。

 *当日に上げた記事はコチラになります。
 
 
冷蔵庫の冷蔵室には食べるモノがほとんどなかったんですが、冷凍庫に溜め込んであるもんでしのぐことに。





馬肉は好きなんでお客さん用にと思って冷凍のブロックを買い置きしてました。

興味持った外人さんらには食べさせたろうと思ってたんですが、だれも食べたがらず。

買うてから半年ほど経ってたんでちょっと贅沢ですが1人で消費してしまうことに。






馬肉を馬刺しとたたきで

*馬肉を馬刺しとたたきの2種類の食べ方で

半解凍の状態で奥の半分は普通にスライス。残り半分は軽く表面に塩を振ってからバーナーで表面を焦がしてやりました。

ごく表面だけを焼いたタタキですが、やっぱり雰囲気はだいぶ変わってましたわ。

枝豆も冷凍食品を解凍したもんです。(^_^;)






これを食べてる間に豚テキ用の豚を解凍しておきました。




残った枝豆のサヤから豆だけ取り出しておきました。




豚肉は枝豆にある程度サイズを揃えるように賽の目?にカット。





こんな料理になりました。




豚と枝豆のガーリッククミン炒め

*豚と枝豆のガーリッククミン炒め

賽の目に切った豚に塩コショウを揉み込んで、さらにチューブのニンニクもたっぷりと。

オイルで豚から炒めてあらかた火が通ったところで枝豆を加えて、一味とクミンパウダーを振って出来上がり。

ビールの後、この料理とは赤ワインをやってました。



そして最後に食べたのが昼過ぎから仕込んでたこちら。




160802hachinosu.jpg

*トリッパ(ハチノス)の韓国風煮込み?

メインの素材のトリッパも冷凍庫に保存してたもの。

トリッパを適当な大きさにカットしてなんどか茹でこぼして下茹でを済ませてから冷凍してあったんです。

食べ方をしばらく迷って、なんちゃってな韓国風に煮込むことに。

ニンニクやらショウガ、唐辛子に控えめに牛肉ダシダを加えてトリッパと皮付きのジャガイモの乱切りを煮込みました。

トリッパも旨かったんですが、ジャガイモがええ感じに出汁を吸うて旨かったですわ。

この煮込みはてけとーに作ったんですが当たりでしたねぇ。

ハチノスって下処理がけっこう時間掛かるんですが、こうやって処理してから冷凍しとくとけっこう使いやすいですわ。



食事はこの3品で一旦終わったんですが、夜になって腹が減ったんでトリッパの煮込みに豆腐を足してもっぺん食べました。





*朝の体重:57.45kg。(まずまずやな。)

*今月の休肝日:0日(今日は酒抜きますよー)

posted by えて吉 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

献立のばらばらな晩ご飯

ちょっと古いネタですが残り物(常備菜?)を中心にえらくバラバラな晩ご飯を食べたんで、そいつをサクッとご紹介します。

食べたのは2日なんですが、この日は朝から1人で浜寺公園のプールまで行ってました。

プールではインスタントラーメンと鶏唐を食べただけやったんで家に帰って早めに晩ご飯の用意をスタート。


冷蔵庫に色々食べるモンがあったんでメインの一品を作ったら後はほとんど並べるだけやったかと。

メインは鶏むね肉を包丁で刻んでミンチにして、そいつで鶏ハンバーグのようモンを。

ごくごく細かく刻んだ生の玉ねぎにたっぷりのパセリ、ニンニク、クミンを加えてどこかは分からんけど洋風に






全体のテーブルはこんな感じになりました。







和洋中?バラバラな晩ご飯

*和洋中バラバラな晩ご飯

・鶏のつくね?クミン風味

・茹でインゲン豆 ごまだれがけ

・大根と葉の塩漬け(自家製)

・キュウリの中華風酢醤油漬け 

・マグロのすき身の佃煮

・キクラゲとメンマの和え物

・おくらともずくの酢の物

・半熟玉子のもろみ醤油漬け


キクラゲは別のネタで紹介しましたが、道の駅で見つけた生のヤツを湯がいてます。

香辣脆と自家製の中華風醤油ダレで和えましたが、生きくらげのぷるんぷるんした食感がええ感じでした。

全く献立に統一感はありませんが、ウイスキーのハイボールと白ワインなんかにはそれぞれがアリやったんで文句のない晩ご飯になりました。






*朝の体重:57.75kg。(もうちょっと軽くてもええのになぁ・・・。)

*今月の休肝日:9日(昨日外飲みが不発やったからもう一日飲んだろ。)




posted by えて吉 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

しばらくぶりの「中華焼きそば」

久しぶりに中華系の焼きそばを作ったんでサクッと上げておきます。

作ったのは12日なんですが、気分的にはソース成分欠乏でノーマルな焼きそばでええかと思ってました。

冷凍庫に3ヶ月くらい放置されて霜を巻きだしてる焼きそばの麺がおったんでそれを使おうというのがメインでした。

ソース系でええかと思ってたんですが、冷蔵庫を開けると生のキクラゲがちょっと残ってました。

これはしばらく前に道の駅で生のキクラゲが並んでて買うてみたヤツの残りでした。

湯がいてから刻んで和え物なんかに使ってたんですが、食感が良くて乾物とはえらい違いでした。

そんなきくらげの最後2〜3切れを使ってしまうために中華風の焼きそばに変更したって訳です。

他の具材はもやし、キャベツ、ピーマンに豚肉2枚。

小鉢に創味シャンタンをちょろっと取って、日本酒、オイスターソース、醤油などを加えて電子レンジでチンしてよく混ぜておきました。

チューブのニンニクをフライパンに入れてから豚を炒めて野菜を投入。

電子レンジで熱くした焼きそば用の麺を投入したら、そこに合わせておいた調味料を投入。







久しぶりの「中華焼きそば」

*久しぶりの中華焼きそば

適当に合わせた調味料ですが、ほぼ狙った通りの塩加減になっててなかなかええ感じでしたわ。

きくらげが入ってるだけで中華っぽさがアップしたようでちぃと気分が良かったですわ。

二口ほど食べたらいつものように香辣脆を掛けて辛さをプラス。

さらに残り1/3ほどになってからちょろっとウースターソースを掛けてやりました。

しばらく中華の焼きそばを作ってなかったんで、新鮮味もあり美味しくご機嫌に頂きました。





昨日はishさんからの急なお誘いで軽く飲みに出かけました。

まず本町にある坐摩(いかすり)神社でやってる大阪せともの祭をちょろっとチェック。

以前行った時はほとんどピンと来るモノがなく、全体の規模も小さくてさっさと撤収したんですが今回は2〜3個気になる器がありました。

でも、麺作り機で散財したばっかりなんで自粛。

その後ishさんと合流して、ishさんの用事が終わったら適当に南方向へ。

歩き出して程なく見つけた「たまりば」って居酒屋になんの予備知識もなく入ってみました。

何種類かの料理の盛り合わせみたいなんをオーダーしたら、それぞれがけっこうしっかりした量があってビックリ。

1人やったらそれだけでお腹がいっぱいになるなぁなんて思いながらビールやらハイボール、酎ハイなどをゴクゴク。

2人で4600円でしたが、一部の料理がえらく”しょっから(塩辛)”かったのを除けばコストパフォーマンスが良くて満足でした。

その後、一年ぶりにアメ村そば?にある太田雅子さんっていう女性オーナーのやってる正統派のバー「Bar Skye」へ。

マルガリータからスタートして、ストレートのラムだの、リンス・マティーニってな壊れやすいカクテルを入れてしまいました。

飲み終わったら酔いのせいで無性に立ち食いうどんで天こぶうどんが食べたくなってたんですが、何とか我慢。

家に帰ってからも、沈没確実な”もう一杯”を我慢。

おかげで今朝は二日酔いも体重オーバーもなくええ感じでしたわ。





*朝の体重:57.60kg。(うどんがっつり&外食明けとしちゃまずまず。)

*今月の休肝日:7日(今日は有無を言わせず休肝日)


posted by えて吉 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

新作料理のつもりで「鯵のユッケ」

久しぶりに新しい料理を作ったつもりやった日の自宅での晩ご飯ネタをアップさせて頂きます。

タイトルの通り鯵のユッケを初めて作ったつもりやったんですが、この記事を書くのに検索したら別の元ネタでだいぶ前に作ってました。

なので厳密には新作料理ではないんですが、今回はツイッター上に流れてたキリンレシピノートってとこがネタ元で自分的には完全に初めての料理をやったつもりでした。(^_^;)

作ったのは6月24日なんですが、その数日前にレシピを眺めて近いうちに作ってみようと思ってました。

この日にスーパーに行ったらかなり小ぶりやけど刺身にもオッケーと書かれた丸のままの鯵がスーパーに並んでました。

たしか値段は200円ぐらいで気楽に買えたし、1人で食べるにも量的に使いやすそうに思った印象があります。

鯵の三枚おろしは特に緊張することなくサクッとやったんですが、割とキレイには出来たかと。

ただ、さばいてから骨抜きを探したら台所の引き出しに見つからず。グルコバで魚を使った時用にリュックに入れっぱなしやったのを忘れてました。

骨を抜いて、皮を剥ぐのは半身は文句なし、でも残りの半身は途中で皮が切れてちぃとブサイになってしまいました。

そっちの半身は刻んで鯵納豆に回しました。

キリンのレシピには目を通しましたが調味料を計る気ぃなんかこれっぽっちもないんで、味付けはてけとーです。

コチュジャンちょこっとに醤油、にんにく、すりゴマ、酒と味醂の煮切り、ごま油などを加えてよく混ぜてやりました。

そこに鯵を縦に細く切って、長さを半分にしてから加えて和えました。器に盛って卵黄を真ん中に添えてネギを散らしたら出来上がり。







全体の食卓はこんな感じになりました。








鯵のユッケがメインの晩ご飯

*アジのユッケがメインの晩ご飯

・アジのユッケ

・ゴーヤーのスライス

・マグロのすき身の佃煮

・刺身こんにゃく

・厚揚げの網焼き

・冷や奴

・茹でモヤシ

・アジ納豆 とんぶり入り


今回の記事を書くに当たってキリンのレシピを確認したら、アジに塩コショウで下味をつけてるんですねぇ。

私はそこは全く頭になくていきなり調味料と合わせてしまいました。

そのせいかもしれませんが、出来上がりは「ふーん、まぁええか」って程度の盛り上がりに欠ける感想やったんですよねぇ。(^_^;)

なんか眠い味というか、料理として冴えのない仕上がりやったんです。

マグロで同じようにやる時は下味なんかしたことないんですが、いつも美味しいって思えるんですけどねぇ。

まぁ新しい料理を作ってる気分になれたんで、そこだけでも挑戦した甲斐はありましたわ。

ゆっけ以外の料理はごくごく地味ですが、これくらいの品数あればしっかり満足出来ましたよ。






*朝の体重:57.60kg弱。(まぁええかとうどんシバいたった。)

*今月の休肝日:6日(今日は休肝日やぞ。)

posted by えて吉 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

日清「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」2回目

しばらく前に食べて気に入った日清「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」の2食目です。

いままで”まぜめん”ってほぼ食べたことがなかったんですが、かなり気に入りましたわ。

6月25日が賞味期限でもったいなぁと思いながらもちゃんと期限内の22日に食べてやることに。

初回に食べた時より少し具の種類を増やしてみました。



日清「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」2回目

*日清「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」2回目

メインの肉は、炒め物用に2枚ずつ小分けに冷凍してある豚バラ肉を包丁で刻んで使いました。

今回はもともと付いてるスープに辛味をプラスするために朝天辣椒を足してみました。

それ以外にはメンマ、ゆでもやし、紅ショウガ、ニラ、オニオンスライス、青ネギ、刻み海苔、温泉玉子。

彩りもよくて食べる前からちょっとご機嫌になりましたわ。

食べる時は全体をぐちゃぐちゃとよくかき混ぜていただきました。

食べ切ってからもスーパーに行くたびにこの商品に目が行くんですが、250円オーバーの値段に手が出ないままですわ。

でも、2食で250円ぐらいやったらしょうもないカップラーメンより安いんで、ビビらんで買うてもええかとは思い始めてるんですけどね。(^_^;)




昨日は飲み食い仲間と外食、その後バーに寄って、最後はコンビニの飲みモンを片手に朝の4時頃まで飲んでしまいました。

おかげで今日は寝不足に加えてえらい二日酔いですわ。

そんなにキツイもんは飲んでないつもりですが、長時間飲んでてからだいぶ量が嵩んだようですねぇ。

普通なら2日飲んで1日休肝日ってペースですが、今日は自重して酒抜きとしますわ。



*朝の体重:計測無し。

*今月の休肝日:5日
posted by えて吉 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

日清「もちっと生パスタ 牛挽肉とまいたけのクリーミーボロネーゼ」に感心した

食べたのはけっこう前になるんでネタとしての鮮度はイマイチですが、個人的にけっこうインパクトがあったんでさらっとアップしておきます。

今回のすぱげっちーは、ものすごーく久しぶりに食べてみた冷凍食品なんですが、予想以上に美味しくてビックリしたんです。

前のアパートに住んでた頃は身内で生協に加入してたんで、ちょくちょく冷凍食品の麺類を買うてました。

ほとんどがラーメン系か焼きそば系やったと思うんで、冷凍食品のパスタもんを食べるのはいったいいつぶりでしょう。

野菜たっぷりが好きなんですが、ラーメンにしても焼きそばにしても冷食はそのへんが貧弱なもの。

でも、ラーメン系なら手元の野菜を適当に足せるから問題なく、手抜きしたい時用に買い置きしてました。

それに較べてスパゲティ系は後から野菜だけ足すのが難しく、そのまま食べるとえらくショボイ印象があったんであんまり買わなかった気がします。

冷凍庫には自家製のトマトソースをキューブ上に凍らせて常備してるんで、なんぞ肉っ気を足せばすぐスパゲティが出来るんで必要性も感じてなかったんですよねぇ。

今はラーメン系もあんまり冷凍食品では買うてないんですが、スパゲティ系を最後に買うたんがいつやったか思い出せませんわ。

ところが、ここ最近なんどかツイッター上で知り合いが冷凍のパスタ類を食べて「侮れん」、「よう出来とる」ってなことをつぶやいてたんですよねぇ・・・。

インスタントラーメン業界も正麺なんかが生麺みたいなヤツを出して来て技術革新が進んどるのを実感したんでスパゲティも昔とは違うんかもなぁと。

いっぺん食べてみようと思ったまましばらく時間が経ったんですが、近所のしょぼいスーパーに氷を買いに行った時に売場を眺めてて思い出したんで買うてみました。




日清「もちっと生パスタ 牛挽肉とまいたけのクリーミーボロネーゼ」

*日清「もちっと生パスタ 牛挽肉とまいたけのクリーミーボロネーゼ」

売場には何種類か冷凍パスタがあったんですが、トマトソース系はいつでも家で出来るからパス。

一番自分じゃ作らなそうなヤツを買うてみました。値段は覚えてないんですが、300円くらいまでじゃないかと。
 *300円を超えるとかなり買うのに悩むもので・・・。
 
きしめんでもほうとうでも、平べったい麺は元々そんなに好きじゃないんですが、どうせなら普段食べんモンってことで許してやりました。

買うたのはいつか忘れましたが、食べたのは6月23日。珍しく買うてからほとんど間を空けずに食べたと思います。

なので鮮度も問題なし。(^_^;)

パスタ系は元々いじりようがないと思ってるんで、素直に作り方に従って電子レンジに放り込んだだけです。





で、出来上がったのはこんな代物です。


袋を開けて皿の上にそのまま滑り込ませただけの状態がこちらの写真です。




ソースが偏ってて、全体が冷凍されてた時のままの工業品ライクな見た目なんでイマイチですねぇ。




美味しくて驚いた冷凍のパスタ

*美味しくて驚いた冷凍のパスタ

パッケージの用にソースが絡んでないんで見た目が悪かったですが、フォークでちょいちょいとつついて絡めてやりました。

そいつを一口食べてビックリ!!ちゃんとした美味しい食べ物になってましたねぇ。

レトルトのパスタソースだとどうしても具がショボくて作り物っぽさがありますが、こっちは冷凍のせいかそれもなし。

ええ味してお店で食べてるようやし、麺もちゃんとコシがあってしっかりしてましたわ。

もう何年も冷凍のスパゲティを食べてなかったんですが、持ってたイメージとは全然違いましたねぇ。

この手の冷食パスタを食べ慣れた人には当たり前なんでしょうが、ファミコンがいきなりPS2になったくらいのインパクトがありました。

ラーメン類だとスープが少ないのがいつも不満なんですが、こいつのソースはたっぷりでその量に不満は全くなし。

食べ終わった時は、正直に感心しましたわ。


急いで食べたい、全く料理する気がせん、なんて非常時のために後日すぐストックを一つ買いましたもん。

とりあえずそばのスーパーではこいつが一番惹かれましたが、チャンスがあったら他のヤツも色々試してみたいなぁと思いましたわ。


デカイ会社が日々研究を重ねたモンって着実に進化してるんですなぁ。

何年も食べて無くて最新なヤツを食べたらほんまにインパクトがありましたわ。

年寄りになると昔のイメージだけでなんでも頑なに否定しがちですが、ちょっと考えを改めんとあきませんなぁ。

*もし、おすすめのヤツがあったら教えてやってください。(^_^;)





*昼過ぎの体重:57.50kg。(酒無しやからまぁまぁ。)

*今月の休肝日:5日(昨日は酒を抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

昼夜兼用で具だくさんな「冷めん」

今日は昼間に妹に頼まれて妹らが先週の土曜日まで住んでたマンションの部屋で待機。

妹らは実家の親が住んでるのと同じマンションに引っ越ししてったんですが、古い冷蔵庫を処分するよう業者に依頼。

その立ち会いを頼まれたのと、ちょうどマンションのインターホンを交換する作業があったんでその立ち会いも頼まれました。

まず1時から3時の枠でインターホンの交換があって、その後3時〜5時の枠で冷蔵庫の引き取り。

1時からガランとした部屋にキャンプイスとポータブルのスピーカーを持ち込んで待機してたんですが、3時になっても作業の人間は現れず。

電話したりしてしばらく遅れてインターホンの交換がスタート。

その作業の途中で冷蔵庫の引き取りも来たんですが、両方が終わったのは4時前に。

昼メシを食いそびれたんで、やむを得ず昼夜兼用で早めの晩ご飯を食べることに。

昨日もカウチサーフィンの客人に出した残り物を食べてたんですが、まだちょこちょこ野菜が残ってたんでそれを食べるために冷めん(冷やし中華)を食べることに。

ここんとこインスタントラーメンの「正麺」を4食食べてたんですが残り一食になったんで菊水の生ラーメンを買うてありました。

その菊水のラーメンを長めに湯がいてビシッと冷水で締めてやりました。




昼夜兼用で具だくさんの「冷めん(冷やし中華)」

*昼夜兼用で具だくさんな「冷めん」

具は、豚の冷しゃぶ、キムチ、オクラ、ミョウガ、スライスオニオン、トマト、キューリ、紅ショウガ。

豚はしゃぶしゃぶ用ってことで、だいたい100gずつ小分けにして冷凍してありました。

ちょっと多かったんですが、その一つを解凍して湯がきました。

なので麺には乗りきらず、別皿に写真の3倍以上ありました。キューリももうちょっと刻んでたんで追加しながら食べました。

たれは一種類じゃおもろないと思ったんで、中華系ごまだれと甘酢醤油の2種類を用意。

食べる時は麺と具を2枚の皿にちょっとずつ取り分けて、それぞれのタレを掛けて頂きました。

そんな食べ方をしたおかげで冷めんの割りには少しは時間を掛けて食べられましたわ。






妹一家が電車で3駅ほど離れて私は色々と不自由になりますわ。

まず、一番日常的な変化は1人暮らしで多めに作った料理の押しつけ先がなくなること。

次に妹一家が自分らの車を処分して、身内用のアルファードを乗り出してて、それを持って引っ越ししたこと。

今の自分の車が4人乗りになったんで普段はそんなに困らないんですが、イベントごとで大人数の知り合いと出かける時は面倒になりますわ。

朝から出かけるなら前日に取りに行かんとあかんし、終わったら返しに行かんとあかんし・・・。

さらにここ何年か妹らと同じマンションに住んで助かってたのが旅行中の毛モノの世話。

違う階から来てもらうだけやったら少々日数が多くても気にならんかったけど、今度からはそうも行かんなぁと。



妹一家が引っ越ししていってメリットはゼロなんで、こっちとしては残念なことばかりですなぁ・・・。




*朝の体重:57.45kg。(ほぼ理想値。)

*今月の休肝日:3日(今日は酒を抜いてます。)
 
 
posted by えて吉 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする