2019年10月14日

今年はゴーヤーチャンプルー1回だけかなぁ?

今年の夏は冷たい系の麺類が少なめやったなぁってしばらく前の記事で書いたんですが、そういえばゴーヤーもあんまり食べてないなぁと。

いつもは夏前から夏過ぎの間に3回くらいは買うてると思うんですが、今シーズンは1回しか買わなかったような気がします。(ひょっとしたら2回?)

ゴーヤーの定番の食べ方であるチャンプルーも1回くらいしか作らなかった気がするのでそいつをアップしておきます。


食べたのは8月20日なんで、順番は逆ですが何本か前にアップしたバックリブのネタの前日になります。



191014goyadinner.jpg

*ゴーヤーチャンプルーがメインの晩ごはん

・ゴーヤーチャンプルー

・蒸し茄子 中華風

・温泉玉子入り納豆

・茹でブロッコリー

・セロリの浅漬け

・なすびの浅漬け

・ミョウガと岩下の新生姜漬け

ごーやーちゃんぷるーは、いつもはあんまりやらない具だくさんバージョンで。

ごーやー以外に豚肉、厚揚げ、小松菜、もやし、玉子と色んなもんを入れました。

味付けは沖縄そば用の濃縮ダシを買うてたんでそいつを使って。

ほんだしを少し加えてドーピング。

けっこうたっぷりな量になったんで、一部が残って翌日のバックリブを食べる時の一品になりました。

夏場の定番料理を今年も一度だけは作ったってことでメモ?がてらのアップとなりました。(^_^;)






今日は昼前から久しぶりにジムへ。

ジムに入る前に周りを歩いたんですが、20分歩いたところで雨が降り出したんで予定は30分弱のつもりやったけど短めで切り上げ。

ジムに入って筋トレを3セットやってから、いつもならそのまま帰るところですが、歩きを10分追加。

ほんのちょっとやけど、そのまま帰らず追加で歩いた10分は自分を褒めときました。

なんとか週2回くらいは行きたいもんですなぁ。





*朝の体重:58.35kg。(納得行かんデブり具合やなぁ。)

*今月の休肝日:5日(今日は休肝日。)

*今月のジム:2日
posted by えて吉 at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

豚のバックリブをエスニック風に焼いてみた

スーパーの「ライフ」をちょくちょく覗いてるといつもはスペアリブが並ぶ豚肉の売場に時々ですが「バックリブ」が並ぶんです。

ぱっと見ぃはけっこう似てるんですが、スペアリブはあばら骨の腹側であるのに対して、バックリブはあばら骨の背中側なんだとか。

スペアリブより脂肪分が少なくて柔らかいのが特徴らしいですわ。

食べたのはちょっと前の8/21のことなんですが、この日の豚肉売場にはバックリブが並んでて、一部は翌日が消費期限で半額シールが貼られてました。


元値はグラム138円で内容量が326gで449円でしたが、シールには値引き後の値段として224円の表示。


そんなにごつくないバックリブが4本やったらその日に食べ切れると思ったんで半額シール付きのヤツをカゴへ。

3時過ぎに買うて家に帰ったら、即下味を付けることに。

チューブのニンニク、スイートチリ、ニョクマム(魚醤)、シャンツァイ(香菜)、カイエンヌペッパーなんぞと一緒にビニール袋に入れてモミモミ。

出来るだけ空気を抜きながらビニール袋の口をしばらく置いときました。




どうやって焼くか迷ったんですが、スキレットで行ってみることに。





油を馴染ませた小さい方のスキレットにバックリブを並べて弱めの火力で焼いて行きました。







一度ひっくり返してしばらく焼いたらスキレットごとオーブントースターへ。






豚のバックリブをエスニック風に焼いてみた

*豚のバックリブをエスニック風に焼いてみた

柔らかいって聞いてたんで期待したんですが、思ったほど柔らかいって風には思いませんでしたねぇ。

あと、けっこう大きいとは思ったけど付いてる肉はそんなに多くなくて、食べるトコはあんまり多くない印象でした。

味付けはまずまず狙ったんに近くてほどほどには満足出来ましたけどね。



メインのバックリブを含めたテーブルの様子はこんな感じです。







バックリブがメインの晩ごはん

*豚のバックリブをエスニック風に焼いた晩ごはん


・豚肉のバックリブのエスニック風

・高菜の漬け物、納豆、玉子の炒め物

・セロリのマリネ

・厚揚げの網焼き

・バックリブ

・ゴーヤーチャンプルー(残り物)

・蒸し鶏の和え物


食べ始める前はバックリブにもうちょっと嵩があるかと思ったんで、全体の料理が多すぎるかなぁと。

納豆は一部残しましたが、ほかはこれくらいでちょうどでしたわ。

アメリカとかのバーベキューでは今回のバックリブがええらしいですが、煮物はどうなんでしょうねぇ。

長めに煮込んだら肉から骨を簡単に剥がせたりするんでしょうかね。

いつも売ってる食材やないから煮物にチャレンジするのはいつになるか分かりませんけどね。












*朝の体重:正確な計測無し。(目標値の58kg前後かな。)

*今月の休肝日:3日(昨日は酒を抜きました。)

*今月のジム:1日

 
 
posted by えて吉 at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

朝ごはんに「ソーキそば」

今日は朝ごはんにはちょっと濃ゆ過ぎかと思いながらもソーキそばを食べたんでそれをサクッとアップしておきます。

8/3の土曜日は阪神尼崎駅まで翌日のグルコバのブツを運んでコインロッカーに入れました。

そのついでに尼崎の商店街をウロウロして豚足だの皮付きの三枚肉などを探してました。

豚足は見つかったものの皮付きの豚バラ肉のブロックは見つからず、やけくそ気味に大阪の大正区まで移動。

平尾商店街の仲宗根精肉店で皮付き肉をゲット。

同じ商店街にあった八百屋ともよろず屋ともつかん店で生の沖縄そばと沖縄そばの濃縮スープも買いました。


大正区で調達した沖縄そばのスープとそば

*大正で買うた沖縄そばとそばのスープ

そばが500g入りで350円、濃縮スープの素が550円でした。

そばの方は返って3つに分けてすぐ冷凍していつでも食べられるようにしといたんです。

別の時にソーキの煮付けも作って同じく冷凍。

客が来た時に出せるようにしてたんですが、夏場に出すことも無くここまで来てしまったのでもうぼちぼち食べんとあかんなぁと。

ソーキそばを自分用に食べるんってなんとなく贅沢過ぎる気ぃしてたんですが、いつまでも冷凍庫に死蔵しててもしゃあないですからねぇ。





朝ごはんに「ソーキそば」

*朝ごはんにソーキそば

本場の沖縄でそばを食べる時はソーキそばにあんまりこだわりないんですよねぇ。

普通に三枚肉の煮付けくらいが乗ってりゃ十分でソーキだとちょっと重すぎるかなぁって印象も。

だからあくまでもお客さん用って感じで用意してたんです。

ソーキはたっぷりの煮汁ごと冷凍してたんで小鍋に移して温めてやりました。

スープは水で適当に薄めたら準備オッケー。

麺はたっぷりのお湯で湯がいてやりました。

ネギは沖縄そばにはこういうざく切りっぽいのが気分なんであえて大きくカット。

食べる時は自家製のコーレーグースーもどきを加えて頂きました。

濃ゆ過ぎるかと思ったソーキもそんなことはなくペロッと。

しっかり煮込んであったんで骨から身がほろっと取れてなかなかええ出来でしたわ。

ソーキはまだ残ってるからもっぺんここ2〜3日中に沖縄そばを食べましょうかねぇ。







*朝の体重:正確な計測無し。(57.4kg未満の模様。)

*今月の休肝日:2日(今日はもう一日飲んだろ。)

*今月のジム:1日


posted by えて吉 at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

高島屋の「HASAMI器フェア」で買うた波佐見焼の器

一本前は萩焼の記事でしたが今日は高島屋でやってた「HASAMI器フェア」で買うた波佐見焼の器をご紹介します。

高島屋に行ったのは9月4日の水曜日でしたが、この器の催しのために行ったんではなく山口蓬春って画家の展覧会を見に行ったんです。

展覧会に入ろうとして入口のすぐ前でこのイベントをやってたんで、絵を見たら器もチェックしようって思ってました。



高島屋の「HASAMI器フェア」

*高島屋の「HASAMI器フェア」

女子が喜びそうなかわいい系の器がけっこうありましたわ。

ポップでおされーなんは私みたいなおっさんにはちょっと使いにくそうでしたが、その中でちょっと珍しいサイズの器が目に止まってつい買うてしまいました。






それがこちらです。







波佐見焼の長方形の小皿

*波佐見焼の長方形の小皿

窯元の名前を控えるのを忘れたんで作り手は不明です。

1枚800円で色違い3種類で2592円でした。

この写真だけやとサイズが分かりにくいですが、かなり小ぶりで薄いとこがキレイやし、手元にないから違った盛り付けが出来るかなぁと。






翌日になってさっそく料理を乗せてみました。







波佐見焼を初めて使った晩ごはん

*波佐見焼の新しい器使った晩ごはん

・茹でた鶏ムネ肉のサラダ

・玉ヒモの煮込み

・オカワカメのおひたし

・いかうに塩辛

・ミョウガの岩下の新生姜漬けの液漬け

・中華っぽいスープ

・厚揚げの自家製の唐辛子にんにく味噌焼き

・岩下の新生姜入り納豆


厚揚げを乗せたのが波佐見焼ですが、かなり小ぶりなんが分かって貰えるかと。

こういうサイズの器は持ってなかったんでけっこうええ買い物やったなぁと。







ついでにもう一枚、今回の器を使った時の写真を乗せておきましょう。








波佐見焼に塩鯖を乗せてみた

*波佐見焼の小皿に塩鯖を乗せてみた

9月11日の晩ごはんです。

・薄揚げと豚肉のニラ巻き

・塩鯖

・シシトウとシメジの炒め物

・蒸し鶏とキュウリの和え物

・キムチ

・岩下の新生姜とその汁に浸けた長芋と枝豆

・うに入りいか塩辛


かなり小さな塩鯖がええ感じに器に盛れたように感じました。



ちなみにこの日のメインのニラを豚と薄揚げで巻いたのはふと思いついた新作のてけとー料理です。(^_^;)





思いつきでやってみた薄揚げと豚のニラ巻き

*思いつきでやってみた薄揚げと豚のニラ巻き

ふと思いついてやってみたんですが、結果的には失敗でした。

巻いたヤツをオーブントースターで焼いたんですが、薄揚げに焦げ目が付いても中の豚まで火が通りませんでした。

しかたなく追加でチンして無理矢理火を通しました。

あと、味付けの方も下味に振った塩コショウがちょっとキツかったですわ。




新作料理はイマイチな結果でしたが、新しい器はこれからも使えそうで嬉しいですわ。




*朝の体重:57.55kg弱。(まぁこれくらいやったらヨシとしよ。)

*今月の休肝日:1日(明日飲み会やから今日は休肝日にした方がええかなぁ・・・。)

*今月のジム:0日


posted by えて吉 at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

旅先で買うた萩焼の酒杯2つ

8月の末に山陰へドライブ旅に行った時に買うた萩焼のぐい呑みをご紹介しておきます。

今回の旅行では萩が目的地って訳ではなかったんですが、まぁせっかくそばを通るんやから10年以上ぶりに寄ってもええかと。

2日目に萩に向かってて手前の国道191号線沿いの道の駅「ゆとりパークたまがわ」ってに朝メシがてら寄りました。

そしたらその一角に無人のリサイクルコーナーがあって、ごちゃごちゃっと食器の入った箱に萩焼っぽい古いぐい呑みを発見。

箱にはどれでも30円って書かれてたんですが、小銭がちょうどなかったんで50円を会計用の容れ物に入れときました。

その後、萩市内に車を止めて適当に武家屋敷のあるエリアを歩いてて唯一見つけた「雅萩堂」ってお店でも萩焼のぐい呑みをゲット。

こちらは2160円で、酒器に払う金額としてはそんなに高いとは思いませんが、30円のあとなんでちょっと勇気が要りました。

大阪に帰ったのは8/26でしたが、中古の方は口に入れるモノに使うには汚れが溜まってるように感じたんで漂白剤に漬けてやりました。

アンティークや骨董品を漂白してワヤにしたってな話を聞くことがありますが、値打ちがどうこうより自分が使うのが目的なんでええやろと。

漂白剤にしばらく漬けて、漂白剤をちゃんと抜きたくてもっぺん水に漬けてたらその水にけっこうな色が着いたんですよねぇ。

もう一度水を換えてもまだ色が出て来たんで、さらにもう一度水を換えてヨシとしました。






旅先で買うた萩焼の酒杯 新品と中古

*旅先で買うた萩焼の酒杯 

左が2160円の新品で右が元値30円の中古品です。

どちらかというと私には右のような生地?が萩焼って印象があります。


旅先で買うた萩焼の酒器

*萩焼の酒器 

先に右側を手に入れてたんで焼き物屋さんでは敢えて冒険して左のを選んでみました。



古い方を漂白してたんで初めて使ったのは8/26になります。




古い酒杯を漂白してから使い較べ

*古い盃を漂白してから飲み比べ

この日の献立は

・厚揚げ焼き 自家製ニンニク唐辛子味噌乗せ

・ネギマグロ

・スーパーの惣菜の残り物

・冷しゃぶサラダ

・ねぎまぐろ納豆

・とうもろこし

・壬生菜の浅漬け

使ってみた感想は、両方ともなかなかええなぁって感じです。

中古の方は口の辺りが薄いんでけっこう私の好みです。

新品の方は、中古に較べて口がちょっとごついんですが釉薬のおかげであんまり厚みが気にならず。

萩焼は使い込む程に変化するなんて言いますが、お茶とかと較べてお酒では変化しにくいんですよねぇ。

それでもこれから大事に使こうて行って少しでも変化してくれたらなぁなんて思っております。

今はぐい呑みや盃の数があんまりないんでいっぺんに2つ増えると選ぶ楽しみが増えて嬉しいですわ。









*朝の体重:58.05kg。(夜そんなに食べてないから気に入らんぞ。)

*今月の休肝日:1日(昨日は酒を抜きました。)

*今月のジム:0日(今日行こうかと思ったら休館日でした。)



posted by えて吉 at 14:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

初めて「とうもろこしご飯」を作ってみたけど・・・

最近まったく新しい料理にチャレンジ出来てないんですが、この夏に初めて作ったとうもろこしご飯をアップしておきます。

作ったことなくて初めて作るからから”新しい料理”って言うのは間違ってないとは思いますが、トウモロコシと米を一緒に炊いただけなんでちょっと厳しいもんがありますねぇ・・・。(^_^;)

今年の夏はツイッターで「アイラップ」って言う電子レンジや湯煎に使える耐熱のビニール袋のネタを色々見てたらトウモロコシをチンするヒトが多かったんですよねぇ。

手頃で普通に茹でるより美味いなんてコメントもあって、何回か真似して自分でもやってます。

今まで生のトウモロコシは収穫した瞬間からどんどん鮮度(糖度)が落ちるから「湯を沸かしてから畑に取りに行け」ってな格言?があるなんて聞くんで、大阪のスーパーであんまり買おうと思わなかったんですよねぇ。

昔、知り合いが北海道に長いこと居った時に、自分が畑でもいだヤツを即箱詰めして大阪に送ってくれたことがあって、その時も鮮度が大事やからすぐ食べてって言われたんですよねぇ。

そんなこんなであんまり皮付きのヤツを買おうと思わんかったんですが、電子レンジで調理するんやったら手抜き料理やからあんまり鮮度に拘らんでもええかと。

開き直って電子レンジでチンしたコーンを食べると、冷凍コーンよりはだいぶんと美味いなぁと。

私は決めつけとか思い込みとかでアレしない、コレしないってのはけっこう多いんですよねぇ。


アイラップでとうもろこしへのハードルが下がったんですが、同じアイラップ絡みだったかは忘れましたが、「とうもろこしご飯(トウモロコシの炊き込みご飯)」についてもなんどか目にしたんです。

あんまりご飯モンで惹かれることは少ないんですが、トウモロコシを買い始めたとこなんでやってみることに。





作ったのは8/6になりますが、買うて来たトウモロコシの皮を剥いて、生のまま実ぃを芯から切り取ってやりました。

お米は3合だったかを研いで、普通の水加減より心持ち水を控えてみました。

そこにてけとーに塩を加えてトウモロコシの実と3つにカットした芯も加えて普通に炊飯。






初めって作った「とうもろこしご飯」

*初めて作ったとうもろこしご飯

出来の方はといいますと、って、こんなシンプルなもんに出来もくそもありませんわね。

薄めの塩味でコーンの風味が全体に行き渡ってて、コーンの甘みも良く、なんだか意識の高い人らの食べ物のようでしたわ。

炊きたてのトコをコーンを全体に混ぜ込んで少し食べたら、本心で美味しいと思いました。




ただね、正直言うと、作っといてなんやけど。

自分の普段の食生活にはあんまり合わんなぁ・・・・と。

そもそもこういうお上品なんに限らず、炊き込みご飯ってほとんど食べないんですよねぇ。

飲む日はコメもんいらんし、飲まん日もご飯とおかず、汁物って風に分けて食べることはめったにないんです。

最近こそ、醤油味のかやくご飯なんかはおにぎらず専用に作ったりはしてますけど、薄味のコーン飯はおにぎらずにはちょっと違うなぁと。


割烹の〆でこういうご飯が出た時は美味しくいただきましたが、家でそういうパターンはないしなぁ・・・。





で、結局初日はこんな食べ方に落ち着いてしまいました。









とうもろこしご飯をキーマカレーと

*トウモロコシごはんをキーマカレーと

冷凍してあった自家製のキーマカレーをコーン飯に乗せて、チーズを散らしてたっぷりのレタスを盛りました。

食べる時はこれを盛大にかき混ぜて、レタスとご飯、カレーが一体化してから食べました。

この食べ方やとおじょーひーんなコーンご飯の良さは全く生きませんわねぇ・・・・。(^_^;)

ちなみに、レタスとご飯と何かをぐちゃまぜにして食べるってのは、沖縄のタコライスの応用です。

食事としては満足したけどコーンご飯の扱いはひどかったですかね。








残ったとうもろこしご飯は小分けして冷凍。









冷凍したんですが、翌々日の8日はまた1つ食べることに。







2回目もカレーと一緒に食べたトウモロコシご飯

*またカレーと食べたとうもろこしご飯

この日は全く献立が浮かばず、極厚カットの豚テキ用の肉を焼くことに。

それをキーマカレーに添えて食べることに。

ちょっとだけとうもろこしご飯に遠慮して、上に乗せず脇に置いてみました。

これだと豚テキを囓ったあとに、コーンご飯だけを多少は味わった気もします。



というわけで、とうもろこしご飯ってのは、ダシを合わせるとかもなく、作るのは簡単で素朴な美味しさがあるのが分かりました。

それと同時に私の食生活にはぜんぜん合わんってのが分かりました。

だから、次作るか?って聞かれるとひじょーに悩ましいですわ。










*朝の体重:57.50kg。(外食予定やからこの数字に下がってラッキー。)

*今月の休肝日:9日(昨日は酒を抜きました。)

*今月のジム:4日

posted by えて吉 at 15:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

グルコバ68は灼熱の調理室?

今週末には次のグルコバがあるんですが、前回の様子をアップするのをすっかり忘れてたのでサクッと上げておきます。

第68回グルコバの開催は8月4日の日曜日でした。

この時期は無茶苦茶な暑さやったんですが、会場のクーラーが壊れてて修理はいつになるか分からんってな状況でした。

その前の回は6月下旬の開催でまだ真夏では無かったですが、調理室内には扇風機しかなくてけっこう暑かったですわ。

8月の開催となるとどんだけ暑くなるんやろうと思ってました。

私は普段家では夕方に直射日光が部屋に当たる時間帯くらいしかクーラーを使ってないんで、それなりには暑さに慣れてるつもりです。

それでも厳しいやろなぁとは思いましたが、普段当たり前にクーラーを使こうてはる参加者のヒトが体調崩さんかと心配でした。




主催者のこばやしさんもその辺りはだいぶ考えはったようで、料理の品数をグッと絞って調理開始時間を1時間遅くするという対応をとりはりました。

当日は開始が遅いんでそれに合わせて11時頃に家を出発。

しっかり食うとかんともたんと思うたんで、途中乗り換えの九条駅で吉野家の牛丼をしっかり食べて会場へ。

今回は調理室に入れる1時になったら先に荷物を調理室に置いて買い出しへ。


で、2時頃からぼちぼちと調理を始めたんですが、予想外なことに調理室のクーラーが直ってたんです!!

まぁもとから効きの悪いクーラーやったんですが、猛暑の8月にクーラーがあるとないとではだいぶ違いますわね。

始まるまではどうなることかと思いましたが、おかげで暑さの方は大きな問題にはなりませんでした。



調理開始から1時間程でいつもの大人のオヤツタイムになりました。

メインの食事会の品数が少なめやってのを見越した訳じゃ無いですが、今回はいつも以上に賄いが充実してた気ぃがします。(^_^;)

もうけっこう前のことなんで詳細はなしで、写真をだだぁーっと貼って行きます。




190804makanai1.jpg

*差し入れの日本酒

2人の参加者方がそれぞれ持って来てくれました。



190804makanai2.jpg

*現場で茹でた枝豆

これは常連のEGMさんが買い出し先のスーパーで買うて、現場で茹ではったんだったと思います。


190804makanai3.jpg

*差し入れのおつまみ

マグロ、おくらと後はなんでしたっけねぇ。貝柱かなぁ・・・。(^_^;)



190804makanai4.jpg

*蒸し豚とエゴマの醤油漬け


190804makanai5.jpg

*煮玉子


190804makanai6.jpg

*ラタトゥイユ

これは私が家で作って持って行ったもんです。

私にとってラタトゥイユは”夏と言えばコレ”って料理の1つなんで真夏のグルコバの差し入れにしてみました。

そのままじゃ食べにくいんでクラッカーを買うて行って添えときました。





料理の方は品数少なめで、ビリヤニを任せられる参加者(カレー王子は欠席)がいなかったのでこばやしさんがそちらにつきっきりになってました。

そのせいか一部の料理でミスがでて、ゆで玉子を丸ごと料理するヤツが刻まれてしまってました。

190804ryori1.jpg

*渡り蟹のプラオ

品数を絞った分、贅沢にワタリガニを使うことにしはったそうですわ。

かなりの量のワタリガニが入っとるんで、この時点でも旨味がたっぷり出てそうでしたわ。

190804ryori2.jpg

*出来上がったワタリガニのプラオ

酒が進む米モノの出来上がり。




190804sample.jpg

*グルコバ68で完成した料理 盛り付け例



料理の説明用写真と説明については、こばやしさんの記事からコピー&ペーストさせて頂きます。



190804explain.jpg

*説明用写真




(以下こばやしさんの記事よりコピー)

A.ミルチ・カ・サラン
ハイデラバーディ・ビリヤニには付き物の、ゴマとピーナツを使ったマサラでししとうを煮込んだカレー。

B.南インド風グリーン・チャットニー
ココナツとミント、香菜を使ったビリヤニ向けのチャットニー。

C.オニオン・ライタ
これもビリヤニのお供、赤玉ねぎと青唐辛子のヨーグルト和え。

D.サブダナ・キール
小さいタピオカを牛乳で煮込んだ甘いデザート。

E.ナスのヴェプドゥ
ナスをココナツのマサラで炒めたアーンドラ料理。

F.かぼちゃのマスタード炒め
かぼちゃをマスタードを使ったペーストで炒め煮したアーンドラ料理。

G.卵のマサラ炒め
本当はゆで卵のスパイス焼き付けだったのですが、卵が崩れたので料理名変更(笑)。

H.ハイデラバーディ・チキン・カッチ・ビリヤーニ
生の骨付き鳥を使い、米と一緒に炊き上げたカッチ式の本格的なビリヤニ。

I.ワタリガニのプラオ
ワタリガニとトマトのマサラで炊き上げたご飯。インド式ピラフ。

K.ビーツのピックル
ビーツをマスタードオイルとビネガーで漬け込んだインド式ピクルス。

今回は全部で10品。揚げ物、粉ものが無かったので最後はちょっと時間が余ってしまいましたね。

(以上、コピー)






190804table.jpg

*食事風景

私の座ったテーブルの食事風景はこんな感じでした。

いつもよりは品数少ないけど、これだけあったら全く文句ないですねぇ。

旨味たっぷりなご飯モノをけっこうがっつり食べたんで大満足でしたわ。


メニュー作りに苦労されたこばやしさんにはいつもながら大感謝です。



*朝の体重:57.65kg。(夜計ったらえらい重さやったから目標クリアしてホッとした。)

*今月の休肝日:8日(昨日は酒を抜きました。)

*今月のジム:4日



posted by えて吉 at 14:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

初めて自分で「豚足」を料理してみた

豚足ってたまに外で食べることはありますが、元々そんなに特別好きって訳では無いので自分で作ろうと思ったことはありませんでした。

ちょっと前に初めて自分で生の豚足を料理したのでメモがてらアップしておきます。

料理したのは東京に住む飲み食い仲間のSさんのリクエストなんですが、豚足自体を手に入れるのにけっこう苦労しました。

しばらく前から豚足が手に入ったら料理しようとは思ってたんですが、近所のスーパーや肉屋では見当たらず。

結局、グルコバの荷物を前日に搬入したついでに尼崎の商店街を探検して冷凍のヤツを見つけました。

仕込みの作業をしたのは8月10日なんですが、前日に冷凍庫から冷蔵庫に移してのんびり解凍。


今回、初めて自分で豚足を料理するに当たって茹で方とか下処理については下のリンク先を参考にしました。


 *主婦A子のレシピ:「豚足 レシピ」外はパリッと中とろとろの豚足焼き

買うた豚足が丸のままやったんで、リンク先にある「豚足の切り方」って言うのも参考になりました。

指の間から縦に包丁を入れて行くってだけなんですが、初めてのモンにはありがたかったですわ。

縦にカットした以上には包丁では切れんようなんで素直に半割で調理を進めることに。




豚足を縦半分にカットしてから下茹で

*とんそくを縦半分にカットしてから下茹で


参考にしたサイトでは下処理として熱湯で30秒ほど下茹でするとありました。

私はもうちょっと下茹でしてもええやろうと勝手に判断して、10分弱茹でたかと。


下茹でしてお湯で表面を洗った豚足を鍋に入れて、水、たっぷりの酒、白ネギの青いトコ、にんにく、ショウガスライスなどの香味野菜を加えて火を付けました。

参考先では、味付けしてませんでしたが、私は塩とコショウを加えて最初から味を付けました。

下茹では沸騰した熱湯から行きましたが、煮込みは水からで。



沸いてからは小まめにアクをすくいながら3〜40分煮込んで保温鍋にセット。

2時間程置いたところで様子を見たらまだ固そうやったんで、再度沸騰させてまた保温調理。

結局、保温調理で5時間以上は置いたことになると思います。



出来上がった豚足はぷるぷる

*出来上がった豚足はプルプル、トロトロ

豚足は半割のが4本出来たんで、1日目に2本食べて、12日に残りの2本を食べました。

写真は12日に食べた時のヤツです。

残ったやつを煮汁の中に漬けて冷蔵庫に入れてたんですが、冷えたら煮汁がブルンブルンのゼリーみたいになってましたわ。

女子向けに豚足を勧める時に”コラーゲンたっぷり”ってな売り文句を見かけますが、美容どうこうは別にしてコラーゲンが多いんは確かやなぁと実感しましたわ。

参考先には圧力鍋を使うと臭みが残るってなことが書いてありましたが、保温鍋では特に問題なかったように思いますわ。

臭みは全然なかったし、味の方もええ加減で塩味が付いててそのままで十分美味しく食べられました。

初めての豚足でしたが、丁寧にアクを取って、しっかり時間を掛けて(保温鍋やけど)煮込むだけで上手いこと行ったんで良かったですわ。

豚足はまだ冷凍で2本居てるんで、次は中華っぽく醤油で煮込んでもええかなぁなんて思っております。

その場合は、いきなり味付けせず今回みたいに香味野菜としばらく煮込んでから後で味付けした方がええんでしょうかえねぇ・・・。

調味料が無駄になるのを避けるために、下茹でを済ませたんを調味料と耐熱のビニール袋に入れて湯煎で調理してみてもええかなぁなんて考えてもおりますが。

それとも洋風にワインなんかと一緒に月桂樹の葉なんかを入れて洋風の塩茹でも考えてはおるんですけどね。

冷凍してるとついつい使うまで時間が経ちがちなんで、出来るだけ早めに料理したろうと思っております。









*朝の体重:57.85kg。(目標クリアしてるからヨシとしよ。)

*今月の休肝日:7日(明日飲みの予定があるから今日は休肝日せんとしゃあないな。)

*今月のジム:4日




posted by えて吉 at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

台所のゴミ箱を買い換えてスッキリ

昨日はブログの更新をしようとパソコンには向かったんですが写真を整理したり他のことをやったりしてるうちにキーボードの電池がもうないから充電しろと言われました。

キーボードはパソコンからケーブルを繋いで充電しながらでも使えるからまぁええわと素直に充電開始。

そろそろブログの記事を書こうと思ったら今度はマウスも電池が切れるから充電しろと。

今使ってるiMacのマウスってマウスの裏っかわにケーブルを刺さんとあかんから充電してると使えんのですよねぇ。(>_<)

このマウスをデザインした人間って使うモンのことをなんも考えてないんちゃうかと思いますわ。

マウスが使えんと作業が出来んので結局昨日は更新を断念したんですが、こういう時に充電式の機械は難儀ですなぁ。

電池式やったらサクッと交換したらすぐ使用再開出来るのに・・・。

とはいえ、もうすぐ電池が無くなるって警告するより、残り30%くらいになったところで知らせてくれたらこういう目に遭わんので済みますのにねぇ・・・。


毎日更新せなアカンって訳では無いんですが、昨日は不本意な更新不可になったのでちょっと愚痴ってみました。






では、今回のお題ですが、しばらく前にゴミ箱を買い換えたんでそいつをアップしておこうかと。




今まで台所には2つのゴミ箱(とゴミ箱代わり?)を置いてました。

1つは缶瓶類、もう1つはスーパーのトレイやらビニールなどの包装モンを入れてたんです。

ちなみに生ゴミは流しにビニール袋を置いてそこにゴミを入れて毎回ゴミ捨て場へ持って行くスタイル。






ゴミ箱 ビフォー

*台所のゴミ箱 ビフォー

これが今までのゴミ箱です。右のバケツっぽいのが缶瓶類で左がプラッチック類。

前の家からこの態勢やったと思うんですが、今の家に来てコンロの前に冷蔵庫置き場が来るレイアウトになってから支障が。

写真に書いたように冷蔵庫の野菜室とコンロの下の引き出しを出す時にゴミ箱が干渉するんです。

もちろんどっちかに寄せればええんですけど、かなり邪魔くさくてイライラしてたんですよねぇ。

今の家に来て2年以上になるんですが、当初から足で移動させようとしたら転けたりしてほんまにいらついてました。

とはいえ、両方とも使えるからなかなか買い換えようって気にならず、ずっとひっぱってたんです。


特にきっかけも無かったんですが、ある日急に

「もー我慢ならん。買い換えたるー!!」

ってなったんです。

最初はネットで見たんですが、色々あるけどサイズとか質感とか使い勝手が実物じゃ無いと分からんかなぁと。

それでホームセンターとかニトリまで見に行ったんですがネット程種類を置いてなくて、しかもどれもイマイチ。

結局迷った末にネットで買うことに。



Amazonで見つけた「サンコープラスチック ゴミ箱 2段分別スリム 41L ライトベージュ」ってヤツの41Lタイプで私が買うた時は3060円でした。





ゴミ箱 アフター

*台所のゴミ箱 アフター

上はフタのボタンを押せばパカッと口が開きよります。

下は手で手前に引けば斜めに投入口が開く仕組み。

上と下の箱?はただ乗ってるだけなので、上の部分を持って動かそうとするとこけます。

前はスーパーの大きめの袋を入れて使ってたんですが、これはちょっと大きくてレジ袋では微妙に足らん感じ。

最初は無理矢理レジ袋をはめて使ってみたんですが、外れそうで落ち着かんので今は30リッターのゴミ袋を使ってます。

30リッターのゴミ袋やとギリギリまでゴミが入っても余白が十分あるんで口をくくりやすくてええ感じですわ。

最初は無駄にゴミ袋代が増えるかと思ったけど、割り切って使えば安心感があってスッキリですわ。

前の2つとあんまり大きさ変わらんかと思ったんですが、使ってみると前よりけっこうぎょうさん入るのも気に入っております。

ネットで見た時は下の投入口が小さすぎないか気になったんですが、説明で2リットルのペットボトルも入るって書いてあったとおりで問題なし。

普通にウイスキーやワインのボトルと入れるのになんの不自由もないですわ。

サイズ的にはあんまり威圧感?存在感がなくてええし、その割りにたっぷり捨てられて満足。

ネットで買うのはどうかと思いましたが気分良く使えて良かったですわ。

2つ横に並べてた時は引き出しを開けるたびにストレスに感じてましたが、ほぼそれが解消されてスッキリ。

もったいなくて2年以上我慢してましたが、買い換えて良かったですわ。






今日は朝の5時半に目覚ましを掛けてました。

ところが4時過ぎに寝坊した夢を見て飛び起きてしまい、その後なかなか寝直せず。

やっと寝入ったと思ったところで目覚ましがなったんで、そこからやたらと眠かったですわ。

早起きしたのは実家の親父らから運転手を頼まれてたからなんです。

7時前に家を出て枚方にある墓まで彼岸の墓参り。

ささっと墓を掃除して拝んでサクッと帰ってきたらまだ8時半前でした。

前は墓参りに誘われても断ることもありましたが、今は親父に運転を控えさせ出来たら免許返納させようと思ってるんで運転手として行ってる感じですわ。

免許返納を見据えて、運転頻度を減らすように話し合いをしたんで、私が運転手を断る訳には行かんですからね。









*朝の体重:計測無し。(58kgをわずかに越えてたような気がする。)

*今月の休肝日:7日(今日はもう一日飲みますよ。)

*今月のジム:4日


posted by えて吉 at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

ハウスの「ジャワカレー キーマカレー」

しばらく前に市販のルーを使ってキーマカレーを作ったんでそいつをご紹介しときます。

作ったのは7月22日なんですが、この何日か前からカレーが食いたいなぁって思ってたんです。

でも丁寧に全部自作するほどの気合いは入ってなかったんですよねぇ。

それでスーパーのカレー売り場を見に行ったらキーマカレーのルーの箱が目に止まりました。

ひき肉を使ったキーマカレーなら煮込み時間が少なくて済むからええかなぁと。

ルーの箱の裏を見ると材料としてひき肉450gを用意せぇと書いてあったんで肉売場で500gほど入った合挽ミンチのパックもカゴへ。

190911package.jpg

*ハウス「ジャワカレー キーマカレー」

作り方にはミンチ以外に入れるのは水と玉ねぎしか書いてなかったんですが、それじゃあオモロ無いかなぁと思ったんで適当に材料を足すことに。

最初にカルダモンとクローブなんかを炒めてニンニクを投入。冷凍してあった刻んだ青唐辛子もてけとーにぶち込みました。

そこにみじん切りのピーマンと玉ねぎのみじん切りを書いてあった中4個よりはちょっと少なめで入れました。

野菜をある程度炒めたらひき肉と刻んだシメジも加えて炒めました。

全体に火が通ったあたりでトマト缶を1缶分潰して加えてやりました。

トマトが全体に混ざったらそこに箱のレシピよりちょっと多めの水を加えてからルウを加えて溶かしてからしばらく煮込んだら出来上がり。



出来たばかりのキーマカレーでピザ

*出来たばかりのキーマカレーでピザ

もう食べんとあかんピザの生地があったんでそいつに乗ってみました。

ちょっとカレーの量が多くて食べにくかったんですが味はまずまずでしたわ。



2回目はカレーライスで

*2回目にやっとカレーライスで

これを食べたんは7/27になります。

残ったカレーは小分けして冷凍したんで、この日は解凍してから温めてご飯の上に。

目玉焼きも添えてやりました。

簡単に作った割にはけっこう美味かったですわ。

今時のカレールウはよう出来てますねぇ。

まだ小分けで冷凍したヤツが2つか3つあるんでしばらく楽しめそうですわ。



*朝の体重:58.10kg。(ちょっとデブってもうた。)

*今月の休肝日:3日(今日はもう一日飲みますよ。)

*今月のジム:3日
posted by えて吉 at 16:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

デブッてるんで「エスニック風押し麦雑炊」

昨日は朝の体重が58.10kgと目標をちょっとオーバーしてたんで起きた頃から腹ペコでしたが朝メシ抜きで出かけてました。

朝昼兼用でさして多くも無いカレーうどんを単品で食べただけで、夜はそれなりにちゃんとした量でしたが食べ過ぎてはないつもりでした。

それなのに今朝体重を計ると58.15kgと減るどころか僅かに増えてる始末。(>_<)

朝起きた時にすでに58kgは越えてそうやったんでとりあえず正確な体重が分かる前に押し麦の雑炊を仕込みました。

押し麦の雑炊だと乾燥状態の押し麦から作るから量の調製がしやすいんですよねぇ。

そして押し麦は煮崩れせんから保温調理で長時間置いてもええし、なんなら2回に分けても糊みたいにならんのですよね。

そんな訳でデブッた日にはよう使こてるんです。

どんな味にしようか考えて、冷蔵庫に生のシャンツァイ(香菜)があったからエスニック風で行くことに。

味としてはだいたい和風かエスニック風が多いんですが、トマトソースのキューブをほりこんでちょっとリゾットぽくってのもたまにやります。

冷凍してあった鶏モモ肉の小さめの塊を解凍してカット、鍋には水と酒、香味野菜としてニンニクにショウガ、野菜の具材としてキャベツとエノキを入れました。

全体が煮立ったら押し麦50gを加えてニョクマム(魚醤)と塩、ガラスープの素で味付け。

自分の中ではなんとなくベトナムっぽい押し麦雑炊ってイメージです。

10分程炊いたら保温鍋の外鍋にセットしてあとは放置。

朝から腹ペコやったんで、かなり我慢して11時半を過ぎてから朝ごはんに。





エスニック風押し麦雑炊を昼前に半分だけ

*エスニック風押し麦雑炊を昼前に半分だけ

出来るだけ朝ごはんの時間を遅めにして、だいたい半分程を食べました。

雑炊を仕込んだ後で生の青唐辛子を種ごと小口切りにしたヤツを魚醤にニンニクやカイエンヌペッパー、一味なんかと漬けておきました。

何日か置いた方が美味いんやろうとは思いましたが、さっそく雑炊にトッピン。



全体でも押し麦は50gしか入ってないので、半分くらい食べただけではほとんど腹は膨らまず。

晩ごはんを早めに食べるとして、2時過ぎにでも残りを食べようと思ってたのでとりあえず我慢。

じっと家におって我慢するのもツライのでちょっと用事に出かけることに。



最近煮物に魚醤を使うことも多くて、消費量が非常に多いので魚醤を補充に行くことに。

車で少し離れた住宅街になるベトナム人向けの食料品店へ。

今回は使い慣れたブランドのヤツをまとめて2本買い込みました。

その後、ホームセンターに行ったり、併設のニトリに行ったり、同じ施設にあった服屋で3割引きになってたアロハを買うたり。

帰り道には給油も済ませて、地元のスーパーでちょっと買い物して家に帰ったら4時近くになってました。

もうすでにえらく腹が減ってましたが、昼ご飯をこの時間に食べるのはまずいかと思ったのでしばらく我慢。

4時半を回るまでなんとか引っ張って、昨日の残り物と押し麦雑炊を昼夜兼用として食べることに。



昼が遅くなって昼夜兼用で押し麦雑炊と茹で鶏サラダ

*昼が遅くなって昼夜兼用で

押し麦雑炊と昨日の残り物の茹で鶏サラダを食べました。

茹で鶏は皮を取った鶏むね肉をそぎ切りにして塩コショウしてから片栗粉を打って茹でました。

野菜はレタス、茹でピーマン、ベビーコーン、トマト。

タレは市販のよだれ鶏のタレってのにごまだれをぶち込んで増量したもんを掛けました。

押し麦の方には残り物の茹でたトウモロコシが少しだけあったんで足してやりました。

食べ終わった時は生野菜の嵩があったし、雑炊の汁気もあってそれなりに腹は膨らみました。

ただ食べ終わって2時間程経った今はもう小腹が減りだしてますねぇ・・・。


このまま夜までもつか微妙ですが、なんとか堪えて明日の朝は目標の体重をクリアしたいものです。




*朝の体重:58.15kg。(僅かな増加やけど納得行かん!!)

*今月の休肝日:1日(今日はこのまま休肝日。)

*今月のジム:1日(まだ前回の筋肉痛が残っとります。)



posted by えて吉 at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

休肝日に「キムチそばめし」

ちょっと古いネタになるんですがしばらく前の休肝日に食べたキムチ入りのそばめしネタをアップしておきます。

食べたのは7月16日のことなですが、6月の後半だったか7月の初めにスーパーでふと目が止まって冷凍食品のそばめしを買うたんです。

500g入りだったかのヤツを2回に分けて食べたんですが、その量だと全然食べたぁーって満足感がなかったんですよねぇ。

それでちょっと欲求不満気味やったんで、この日は自分でそばめしを作ることに。

今年に入って一度そばめしを作った時にも書きましたが、そばは一玉丸ごと使わんとしゃあなくて、そこにご飯を加えると全体が多くなりすぎるんですよねぇ。

普段食べる量を抑えてる身ぃにはなかなか作りにくいメニューなんですが、この時は冷凍ご飯に極端に量の少ないヤツがあったんです。

普通の食事に使うには少なすぎて、炸醤麺のあと飯とかに使うくらいしか食べにくいなぁと思ってました。

それくらい少なかったらそばめしにしても量的にマシやろうと思ったんで作ることに。

冷蔵庫にちょっと古くなってるキムチがおったんでそいつも加えてやることに。

そばは冷凍のヤツを電子レンジでチンしてから包丁で刻んでやりました。

豚バラ2枚、キャベツ、ピーマンを細かく刻んで炒めたところにキムチと麺を投入。

ある程度全体が炒まったところでご飯を加えて、たっぷりのソースで味付け。

冷凍食品のヤツはソースの味がお上品過ぎたんで、自分で作るんやからとたっぷり掛けてやりました。



休肝日に食べた「キムチそばめし」

*休肝日に食べたキムチそばめし

冷蔵庫に温泉玉子があったんでそいつも添えてやりました。

キムチの辛味が加わってなかなか濃ゆい味で美味かったですわ。

量的にはちょっと多めでしたがたまにはええやろうってことにしときました。



今日の記事にこのそばめしを選んだのは理由がありまして、昼間にやたらソース味のモンが食べたくなってたんですよねぇ。

それでパソコンにあるネタ用の写真を見てたら、ソース味のこいつにめっちゃ惹かれたんで今日のネタに採用したって訳です。





8月は暑さのせいか気力が湧かず、1回もジムで運動をせずでした。

去年の8月下旬からジム通いを始めたからホンマは節目でも意識してもうちょっと行きたかったんですけどねぇ。

9月に入ってまた暑さが戻ってきてる気ぃはしましたが、心を入れ替えたってことにして、今日は久しぶりにジムへ。

筋トレを3セットに歩きを20分といういつものコースで運動してきました。

運動のあと風呂に入って、ジムを出たら、外はええ天気でめっちゃくちゃお好み焼きとビールが食べたかったんですよねぇ。

なんなら近所のたこ焼きでもええけどなんて思ったんですが、今月はまだ休肝日がないので今日は飲めず。

飲めんのならいらんわとソース味も諦めたんですわ。










*朝の体重:57.65kg。

*今月の休肝日:0日(8月は9日。)

*今月のジム:1回(なんとか頑張って行くぞ〜。)

 
 
posted by えて吉 at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

前に流行ってた「スキレット」を買うてみました

いつのことかは全く覚えてませんが、しばらく前にスキレットがえらく流行ってたような気がします。

なにかが流行るととりあえずそれから顔を背けるっていう天の邪鬼な性格なんでブームの内容自体ほとんど知らないんですけどね。

そんな私ですが2〜3ヶ月前にヒトの用事でニトリのデカイ店に出かけたんです。

そして一緒に行った相手がスキレットを手に取ってるのを見たら、値段がえらく安くて、急に自分も買うてみるかと急に宗旨替え。(^_^;)

15cmと19cmのサイズがあって、最初は19cmにしようかと思ったんですが、迷った末に小さい方を買うことに。




買うて帰ってとりあえず、鉄鍋のおろし(シーズニング)を済ませることに。

洗剤で洗ってからがっつり加熱して一旦冷まして、たっぷりめの油を引いて軽く加熱。

そこで適当な野菜を炒めて、野菜を捨ててから水洗いして、また加熱。

最後に油を全体にキッチンペーパーで塗り込んで出来上がりってことにしときました。

中華鍋の時はさび防止の塗装?を焼き切るために全体の色が青っぽく?変わるまでかなり長時間焼きましたがそれと較べてごくあっさりでヨシとしときました。





下準備だけ済ませてしばらく置いてたんですが、初めて使ったのは6月22日になります。







初めてスキレットを使ってみた

*初めてスキレットを使ってみた

・スキレットで初めて作った粉物

・蛇腹キューリの”岩下の新生姜漬け”の液漬け

・ゴボウの酢漬け(実家のオカン作)

・メンマ風の淡竹(実家の親父作)

・セロリの甘酢醤油漬け

・蛸の岩下の新生姜漬けの液漬け

・刺し身こんにゃく

・スンドゥブの素で煮込んだスジ肉と豆腐など


スキレットでの初回料理はてけとーな粉物を作ってみました。

たこ焼きの粉に水を少々加えたとこに、玉子一個、ネギ、紅ショウガ、天かす、アミの干しエビ等をてけとーにぶち込みました。

スキレットにはたっぷり目の油をひいて、キッチンペーパーで鍋肌にも油を塗ってやりました。

そこに一気にタネを流し込んで、箸で軽く2〜3回かき混ぜたら、温めておいたオーブントースターに突っ込みました。

スキレットを使った粉モンの焼け具合

*粉モンの焼け具合

時間もあんまり計ったりせず、てけとーに焼いたんですが底の部分もええ感じに焼けてましたわ。

初回やと鍋肌にあんまり油が馴染んで無くて焦げるかと思ったんですが、そんなことなかったですね。

失敗するかもと思ったんで、大した具は入れなかったんですけどね。(^_^;)



2回目に使ったのは7/2です。


スキレットで丸ごと明石焼き風

*スキレットでフライパン明石焼き

・フライパン明石焼き

・トウモロコシ

・生春巻き(惣菜)

・玉子豆腐

・ネギマグロ納豆

・韓国風ねぎまぐろ

・おくらととんぶり梅肉の和え物

18cmのテフロンのチビフライパンで何度か丸ごとの明石焼きを作ってます。

そいつをスキレットでやってみました。

タコ入れるタイミングをどうするか迷って、卵液を流し込んで軽く混ぜてから突っ込んだら不細工な見た目になりました。

玉子たっぷりにごく少量のたこ焼き粉を溶いたモノを加えただけなんで、ほとんどオムレツか玉子焼き状態です。

写真では分かりにくいかもしれませんが、焼きたてはかなりふっくらしてて、冷めると少しぺしゃっとなりました。

フワフワの焼き上がりでなかなか美味かったですわ。




3回目は7月25日にやりました。





スキレットで作った納豆オムレツ

*スキレットで作った納豆オムレツ

・スキレットで納豆オムレツ

・野菜の岩下の新生姜の液漬け

・切り干し大根(惣菜)


納豆をコップの中でペティナイフを使って刻んでやりました。

それと玉子、ごく少量の片栗粉を混ぜてスキレットで焼きました。

周りに焼けた皮みたいなんが見えてますが香ばしくはなってるけどええ具合に焼けてました。

コンロでは最初だけ焼いて毎回オーブントースターに突っ込んでるんですが、このやり方だと火の通り方が安定してますわ。








今回の記事でのラストは7/28にやった分です。







スキレットで作ったネギ焼き

*スキレットで作ったネギ焼き


・ネギ焼き

・あなご

・肉ときのこと厚揚げの炒め物

・岩下の新生姜と液に漬けたミョウガ

・切り干し大根


ここまではスキレットにタネを流し込んでからざっくりとかき混ぜてました。

今回は下に豚バラ肉を並べてその上からネギ焼きの生地を流し込んでそのままオーブントースターで焼いてみました。

火の通りに特に問題なかったんで、生地を流し込むだけで混ぜなくても行けそうだと分かりました。




こんな風に最初は粉物ばっかりでしたが、その後はスキレットで肉を焼いたり、グラタン風にモノを焼いたりしてます。

500円もせんかった調理器具にしちゃなかなか使えるなぁってのが感想ですわ。

1人で使うにはサイズ的にちょっと小さめの15cmが丁度良かったですなぁ。

19cmやとお客さんがある時になんかにええかも知れませんなぁ。

仕上げをオーブントースターに任せるなら、料理の段取り的にも楽やから19cmも買おうかと迷ってます。



*朝の体重:58.45kg。(そんなに食べてないから、全く納得行かんぞ!!)

*今月の休肝日:8日(今日は飲み会あり。)

posted by えて吉 at 16:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

ラム肉ネタを5連発で

古いネタの中からラム肉を食べた日の様子を固めてアップしてみます。

今住んでるマンションの下に入ってるスーパーの「ライフ」にはスライスのラム肉ならたいていいつでも並んでます。

ジンギスカン用に丸い容器にキレイに並べて売られてるんですが、それ以外にも同じ肉の切り落としもたまに小さめのパックにゴチャッと詰めて売られることがあります。

そっちはグラム当たり40円くらい安いんですかねぇ。だいた150〜200gのパックで値段的に手頃なんで見かけるとつい買うてしまうんですよねぇ。

そんな日は献立が急にラム入りに変更になります。

それ以外では前の家に近いJR平野駅前のマックスバリュは最近ラムチョップや焼き肉用の厚切り、ステーキ用のランプ肉なんかも並ぶんです。

そっちは、日によってカットの状態が違うんで美味そうなヤツを見かけたらとりあえず買うて冷凍してキープって感じになります。




では、連チャンのラム肉ネタ第一弾は6月14日の晩ごはんから。






ラム肉のトマト煮込み クスクス添え

*ラム肉のトマト煮込み クスクス添え

ラタトゥイユっぽい野菜の煮込みを冷凍してあったのを戻して、そいつに切り落としのラム肉をぶち込みました。

この日は休肝日やったんでご飯代わりにクスクスをその煮込みに添えてやりました。

クスクスは水に野菜のコンソメを溶いて一緒に電子レンジでチンしてしばらく蒸らして、オリーブオイルを回し掛けました。

元の煮込みはあんまりスパイスを効かせてなかったけど、ラム肉はクミンパウダーを揉み込み、カイエンヌペッパーも加えてます。





2発目は6月20日食べた晩ごはん。









ラムのもも肉(ランプ)で「ラムステーキ」
*ラムのもも肉(ランプ肉)でステーキ

この日は用事でマックスバリューに行ってて、念のために?肉売場をチェックしたらええ感じのステーキ用ラム肉が並んでました。

グラム当たり298円のヤツが200gほどで622円でした。

一人のなんでもない日にちょっと贅沢かと思ったんですが、今はマックスバリュに行くのがたまになんで食べれる時に食べとけ〜ってノリでした。

ラムを焼いたんと同じフライパンでシメジを炒めて風味を生かしてやりました。

あとは、ジャガイモのガレットにチーズを乗せて裏返してからカリッと焼いたモノ。

茹でピーマン、岩下の新生姜漬けの汁に浸けた蛇腹キュウリ。








第3弾目は6月30日の休肝日。






ラムの切り落としを入れた「焼きカレー」

*ラムの切り落とし入り「焼きカレー」

焼きカレーは休肝日にしょっちゅうやってますが、この日はラムの安い切り落としがあったのでそいつを刻んで焼き飯の中へ。

焼き飯はご飯少なめで、しめじ、ピーマンとキャベツの千切りをたっぷり入れて嵩増し。

ラムにしっかりクミンと唐辛子を揉み込んでからチャーハンにしたんで、なかなか風味が良かったですわ。

上に掛けたレトルトカレーは100円もせんような安モンですが、なかなか満足感がありました。






4本目は去年の12月の半ばに買うて冷凍してたヤツを7月5日に食べたネタです。


正月にもし客が来たら出せるようにと買い込んでたラムチョップです。

2本入りで6〜700円のヤツを2パック買うて冷凍してました。

骨付き子羊”ラムフレンチラック”はいつもある訳じゃ無いんで早めに買うたんですよねぇ。

冷凍してから食べるチャンスがないままずっと死蔵してたんですが、もうええ加減に食べんとモノが悪くなると思って食べることに。

一人で食べるなら2本でも良かったんですが、2回に分けると次がいつになるか分からんので一気に4本行ってしまうことに。

食材代をケチりがちな私に取っちゃ材料費で軽く1000円オーバーってのはかなり勇気がいりました。(^_^;)






正月用に買い込んだラムチョップを自分だけで処理

*正月用のラムを7月に一人で処理

ラムの骨付きに敬意を表してスパークリングワインを開けて一人宴会としました。

ラム肉はクミンとカイエンヌペッパーを掛けて、チューブのガーリックを揉み込んでから焼きました。

フライパンの空いてるとこでズッキーニも炒めてやりました。

出始めたばかりの空芯菜を見つけたのでそいつも炒めて脇に。

ズッキーニの一部はてけとーな野菜とトマトスープにしてやりました。

あとは珍しく生野菜のサラダ。ちょっとした口直し程度に用意したんでええ加減ですな。

ラムは美味かったんですが、一人で4本はやっぱりちょっと多くて最後の一本を食べ切ったらちょっと食べ過ぎでした。

肉々しかったんで、食後には食後酒がてら冷凍してあるズブロッカを3口ほど舐めてみたり。



最後の5本目は7月7日のネタです。




この日のラムは下のスーパーで切り落としを見かけてとりあえず買うてからどうやって食べるか考えたようなパターンです。



ラム肉の切り落としで炒め物

*ラムの切り落としで炒め物

・もやしとピーマンとラム肉の炒め物

・もずく酢

・岩下の新生姜漬け

・鶏むね肉の蒸し鶏

・メークインの冷菜

・ベビーコーンとアスパラ


ごく普通の中華っぽい野菜炒めで豚肉の代わりにラム肉を使いました。

この日だったか、それより前の日だったか急にムネ肉の蒸し鶏が食べたくなって、自分用に仕込みました。

けっこう動物性のものが多めになりましたね。




夏前からけっこうしょっちゅう羊肉を食べてる気がしますわ。

この記事で骨付きは食べ切ったけど、つい最近ステーキ用のラム肉を冷凍したし、切り落としもまだ冷凍であるし。

また近いうちにラム肉ネタが出来そうですわ。






*朝の体重:57.50kg。(やっと理想値近くまで戻せた。)

*今月の休肝日:2日(昨日は酒を抜きました。)



posted by えて吉 at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

神戸物産「業務スーパー」の「さぬき招福生うどん」を買うてみた

神戸物産の展開する「業務スーパー」はもう何年も前から使ってるんですがそのPB品の生うどんを最近初めて買うたのでご紹介します。

「さぬき招福生うどん」ってヤツで、しばらく前から店頭で見かけて存在は気づいてました。

ただ、200g入りの袋が4つの合計800gで値段は180円台だったんじゃないかと。

私が大阪で買う生の讃岐うどんはスーパーの「マルナカ」に置いてる250g入りで100円ほどの安いヤツです。

それでも十分安いと思ってるんですが、神戸物産のヤツはそれと較べてもかなり安いんで正直言うて怪しいなぁと。

冷凍のうどんも5食で200円切ってたりするんで、そっちもびっくりですが生うどんでこの値段もねぇ・・・。

安いから気にせんと買うてみて判断すりゃええんでしょうが、なんせ800gも入ってるから大ハズレやったら難儀やしなぁと手を出してなかったんです。

それが前回行った時は、魔が差してというのか、急にチャレンジしてみる勇気が出たと言いますかでカゴへ。



神戸物産の「業務スーパー」のさぬき招福生うどん

*神戸物産の「業務スーパー」のPB商品「さぬき招福生うどん」

買うてからパッケージの裏を見ると作ってるのは香川県のまんのう町にある「麺三」という会社。

讃岐うどんって名乗るのに嘘はありませんでした。

原材料の方は、「小麦粉、還元水飴、食塩/加工澱粉、酒精、酸味料、加工澱粉(打ち粉)」となってました。

還元水飴ってのが入ってるのはちょっと不思議に思いましたが、他には特に変なモノは入ってないなぁと。







初めて食べたのは7月8日になります。








讃岐招福生うどんでカレー釜玉うどん

*さぬき招福生うどんで「カレー釜玉うどん」

茹で時間は5〜7分ってことで、たしか6分茹でたと思います。

機械で作ってる半生麺やからか、釜揚げでも表面のぬめりとかはあまり感じずツルッとした表面でした。

食べてみてだいぶ細麺のうどんやなぁと。

それなりにコシもあって、締める前でこれなら冷たい系で食べたらけっこう旨いんちゃうかなぁってのが初めて食べた感想でした。







しばらく間をおいて、7月の16日になって今度は冷たいうどんを試すことに。







さぬき招福生うどんのざるうどんはなかなか良かった

*讃岐招福生うどんのざるうどん

冷やなんで7分茹でて水道水で何回か冷やしてやりました。

私は小麦の香りがどうのこうのなんて味音痴なんでよう語りません。

ただ、食感としてはけっこうコシが細麺なのもざるうどんとしてはアリでしたねぇ。

かけうどんとしては、個人的にはちょっと細すぎるなぁと思いますが、ざるうどんならけっこうええですわ。

値段がこんだけ安いんを考えたら、上出来やなぁってのが正直な印象ですねぇ。

賞味期限がおそらく2ヶ月くらいあるのも買い置きするのに便利やし。



業務用食材ってモノによったら安かろう悪かろうってなヤツもありますが、これはまた買おうと思えましたわ。






*朝の体重:57.80kg。(なんとか目標クリア。)

*今月の休肝日:1日(今日は酒を抜きます。)

*今月のジム:0日(暑すぎてねぇ・・・。)
posted by えて吉 at 16:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

久しぶりに「鶏そぼろ」を作ってみた

久しぶりに鶏そぼろを作ったんで記録がてらアップしておきます。

食べたのは6月の11日なんでちょっと前になりますが、この何日か前から鳥そぼろのがことが頭に浮かんでたんですよねぇ。

作ろうと思ってからタイミングが合わず何日か延びてこの日の前日に仕込んだんだったかと。

晩ごはんを食べた後にまだやる気があったんでもっぺん台所に立って仕込み。

鶏むね肉をそぎ切りにしてから細く切ってから更に刻んで粗挽きミンチ?みたいにしてやりました。

醤油、酒、味醂をてけとーに合わせただけのトコに鶏ひき肉を加えてよく混ぜてほぐしてから火を付けて加熱スタート。(IHやからスイッチ入れるだけやけど。)

沸いたら火を弱めてアクを取りながらしばらく煮込みながら味を調整。

火を止めてからショウガの絞り汁を加えたら出来上がり。





作った翌日の11日の朝ごはんにさっそく食べることに。






久しぶりの「鶏そぼろ丼 温玉乗せ」

*久しぶりの「鶏そぼろ丼 温泉玉子乗せ」

鳥そぼろの使い道としてはこうやって丼物にするのがメインっていうか、ほぼこれだけですね。

丼の時にツユを掛けられるように煮汁はたっぷりめにしてます。




翌日の12日にもまた丼で食べることに。





鶏そぼろ丼に大葉をプラス

*鶏そぼろ丼に大葉もプラス

前日のと同じでも良かったけど、大葉を足してちょっと爽やかにしてみました。

汁気が少なかったらもうちょっと時間掛けて食べてもええかもですが、傷んだら嫌やから連チャンで食べ切ってやりました。






まだ少し煮汁とそぼろが残ってから最後は他の料理に流用。

食べたのは13日なんで3日で食べ切ったことになります。




鶏そぼろのラストは豆腐と

*鳥そぼろのラストは豆腐と

・鮎の佃煮?(実家の親父作)

・オクラ

・うずら玉子のソース漬け

・岩下の新生姜の汁で作った漬け物類

・納豆 野沢菜昆布乗せ

・鳥そぼろ豆腐煮込み

・大和あげ


この日のメインは親父が作った佃煮のようなモン。骨まで食べられるほど柔らかくはないけど、割とあっさりした味で美味かったですわ。

大和揚げは、この日奈良の葛城の方をドライブして道の駅で買うたモンです。デカイのが一枚で190円もしたんですが珍しいと思って買うてみました。

大きかったんで半分だけ焼きましたが、なんとなくこれは煮物とかにした方が良かったかなぁって感じました。

ほとんど煮汁だけになってたそぼろはそのままじゃ味が濃いので少し水を足して、豆腐を加えてコトコト煮込みました。

最後にとろみを付けるか迷ったんですが、寒い時期とちごうて重くなるかと思ってパス。

煮汁も無駄なく使い切れてなかなか満足でしたわ。








*朝の体重:58.05kg。(昨日はだいぶデブってたからこのくらいになってラッキー。)

*今月の休肝日:9日(今日はちょっと仕事絡みっぽい飲み会あり。)

*今月のジム:4日(今日はサボったから、明日は行っときたいんやけどなぁ・・・)



posted by えて吉 at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

タイ製の素で作った「ガパオライス」もどき

しばらく前にガパオの素を使って作った晩ごはんをサラッと上げておきます。

使った素は知り合いのタイ土産でもうた現地で売ってるガパオライスの素なんですが、何ヶ月か寝かしてたのを急に使ってみようと思いました。

ほんまはミンチ肉でやるんかもしれませんが、(なにが本物か知らんので)手元にあった鶏むね肉を粗く刻んでやることに。

どうせ本場の作り方なんか知らんので、鶏肉以外にも色々入れて嵩増しもやったりました。




貰ったガパオの素のパッケージの写真は撮り忘れてしまいましたんで、サクッと完成品をご覧下さい。




タイ産の素で作った「ガパオライス」もどき

*タイ産の素で作った「ガパオライス」もどき

手元にあったピーマン、玉ねぎ、シメジを加えて増量してやりました。

タイ人のヒトとか原理主義な日本人にはこんなん許さーんって言われるかもしれませんねぇ。

たまたま生のシャンツァイがおったんで、これまた香りがケンカするなんてこと言うヤツは無視して喜んで乗っけたりました。

ガパオライスとは呼べんかもしれませんが、休肝日の晩ごはんとしてはなかなか良かったですわ。

ただ、ムネ肉でやったんでちょっと固くなってて、今度は鶏モモ肉でやってみたいと思いましたね。




今日は午前中にマンションで定例の会合がありました。

2つある会合のうち鬱陶しい方で、いつもよりマシとはいえ2時間みっちり打ち合わせをやるとけっこう疲れてしまいましたねぇ。

会合の後は台風の影響か雨が強く降ったりもしてたんで、のんびり家で過ごしてました。

明日も朝からみっちりマンションの会合があるんですよねぇ・・・。

私は普段からヒマにしてるけど、堅気の勤め人にはマンションの理事とかの仕事ってほんまに負担が大きいやろなぁって思いますわ。







*朝の体重:57.90kg。(余裕無いけど朝、昼と2食食べたし、夜も食べるぞ。)

*今月の休肝日:8日(今日は休肝日の予定。)

*今月のジム:4日

posted by えて吉 at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

岩下の新生姜を初めて食べて、ハマってもうたかも

最近初めて食べてかなり気に入ってる「岩下の新生姜」について書かせて頂きます。

もうかなり前から岩下の新生姜って言葉は目にしてたんです。

その文字を読むたびにどっかに「岩下」って地名があって、そこで出来るショウガが名産品なんやろうと思ってたんです。

九条ネギとかみたいに、岩下ショウガってモンがあると思ったんです。

ところが、初めて知って驚いたんですが、岩下ってのは「岩下食品」ってことやったんですねぇ。

せやから、ここショウガってのは、ソニーのテレビみたいなブランドやったんですね。





初めて実際に岩下の新生姜を買うたのは4月29日のことです。

近所のスーパーの漬け物売り場を意識してみたら、きっちり並んでたんですよねぇ。

岩下食品っていうのは栃木市の漬け物メーカーですが、関西でも当たり前に並んでる当たり業界ではけっこう大手なんですかねぇ。

紅ショウガは大好物で冷蔵庫に切らさないようにしてるんですが、よう食べるせいで最近はもっぱら業務スーパーの安物を使ってます。

岩下食品のことをしってから、たまたま業務スーパーで買えなくてスーパーのPB品を買うたらそれも岩下食品製でちょっとびっくりしたんですけどね。

紅ショウガはよう食べるけど、薄ピンク色の新生姜は、寿司屋で出てくる甘酢と同じような味付けかと思って手を出すことがなかったんです。

甘酢ショウガの方は寿司屋ではようさん食べるけど、普段の家の食卓には登らないので買う機会がなかったんです。


190717dinner1.jpg

*初めて岩下の新生姜を買うた日の晩ご飯

・タコの刺し身

・白和え(惣菜)

・柳川風小鍋

・ポテサラ

・もずく酢

・岩下の新生姜

小鍋仕立てで柳川風のモンを作った以外、惣菜やら出来てるもんを皿に盛っただけですがご容赦を。

初めて食べた岩下の新ショウガは、想像してたような甘酢漬けではなかったです。

あんまり甘みが無く塩系の酢の味でスッキリして、けっこう好みでしたわ。

最初に買うたのはスライス済みのやつだったかと。




190717dinner2.jpg

*岩下食品の新生姜漬け 2回目

・鶏のトマト煮込み

・鴨のロースト(市販品)

・岩下の新生姜

・アボカドサラダ

・茹でモヤシ

・厚揚げとソーキの煮付け

・刺し身こんにゃく

・白和え(市販品)


岩下の新生姜のことをツイッターでちょろっと呟いたら、そこの社長さんに即座にフォローされました。

この方、めちゃくちゃマメに新生姜ネタを検索してはって1回でもつぶやくとフォローしはるようです。

私の方からもフォローしたんですが、ものすごい数の新生姜ネタをリツイートしはるんでフォローする方はご注意下さい。

私のタイムラインは今新生姜ネタ比率が猛上昇して、まるで世の中の全ての人が新生姜についてネタにしてるかのような錯覚を覚えますのです。(^_^;)

まぁ回ってくるヨソの人の呟きで新生姜の食べ方やら残ったつけ汁の再利用アイディアが知れるのはええんですけどね。





最初はカット済みの新生姜漬けを買いましたが、それが終わったら液に浸かったやつをすぐ買い直し。




190717dinner3.jpg

*新生姜の漬け汁も再利用

・鶏の塩焼き

・おくら 納豆醤油がけ

・ジャガイモの冷菜

・蒸し鶏とキューリの和え物

・じゃこ天と小松菜の煮物

・納豆 岩下の新生姜漬け入り

・大根の鶏のエスニック風煮物

・岩下の新生姜と液に漬けたミョウガ


漬け汁に縦に細切りにしたミョウガを浸けてみました。

これが再利用第一弾ですが、なかなか美味くて気に入りました。





ツイッターに流れてくるネタを読んでると、岩下の新生姜漬けの素として浅漬けの素のようなものが売られてるのをしりました。

ショウガの残り汁だけじゃ他のモノを漬けるのに少ないから欲しいなぁと思ったけど、なかなか見つからず。

いくつか手持ちのスーパーを回って探したんですが、長吉のイオンで発見。

マックスバリュでは置いてなかったので期待してなかったんですが、並んでるのを見てヨッシャ!!ってなりました。








思いつきでいくつか漬けてみました。





190717moriawase.jpg

*岩下の新生姜味で漬けたモノを盛り合わせに


セロリ、ミョウガ、うずら玉子を漬けてみました。

うずらはちょっと酸っぱすぎるように感じたんで次に漬けるなら少しだけ甘みを加えようかと思いました。

セロリも美味いですが、個人的にはミョウガが一番ですかねぇ。

漬け汁には色んな調味料が入ってますが、味音痴の私の舌ではあんまりケミカルっぽさは感じず。

野菜をスポイルせんように感じるとこがええですわ。








ちなみにこの盛り合わせを食べた日の食卓はこんな感じです。




190717dinner4.jpg


・お造り切り落とし漬け 温玉乗せ

・うずら卵のソース漬け

・岩下味の盛り合わせ

・お造りの切り落とし納豆

・大根と鶏のエスニック風煮込み

・豆もやし キムチ風



この後も何種類か野菜を漬けたり、新生姜自体を買い直したり。

漬け汁はかなり便利に感じたんで、再度イオンまで行って買い込みました。




19071iwashitaduke.jpg

*新生姜漬けの素を買い込み

売場の人に聞くと夏前後だけ売場にならぶ季節モノってことやったんで、とりあえず3袋買うておきました。

買うたのは7月8日ですが、すでに1袋は使い切りました。

その後は、岩下モノにハマリ過ぎてるんで、しばらく食べないように自重中です。(^_^;)



今日で48歳になったんですが、すぐそばにずっとあったであろうモノにこの年になって気づいてびっくりでした。





*朝の体重:計測無し。(58kgは切ってる模様。)

*今月の休肝日:5日(昨日は酒を抜きました。)

*今月のジム:2日



posted by えて吉 at 14:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

久々に見つけた日清「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」

スーパーで売ってる麺とスープがセットになったラーメンをちょくちょく買ってますが、158円のヤツがだいたい予算上の上限です。

158円のヤツがたまに特売で100円になってると飛びつくって感じです。

そんな私には298円の台湾まぜそばかなり高額に感じるんですが、極太の麺が珍しくて何度か買うてるんです。

去年の秋以降にまた買いたいなぁと思ったのに私が行く何軒かのスーパーを回ってもどこにも置かなくなったんですよねぇ。

もう廃番?になったんかなぁと思ってたら、春過ぎからいくつかのスーパーで見かけるように。

スーパーの季節感ってかなり前倒しですが、台湾まぜそばって夏向け商品みたいな扱いなんですかねぇ・・・。




190716package.jpg

*久しぶりに見かけた日清「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」

カロリーが1人前で522kcalあるんで、体重に余裕が無いと食べにくくて買うてからしばらく冷蔵庫置いてました。





食べたいと思って買うたのに買うてからしばらく経った6月29日にやっと実食することに。





190716mazesoba1.jpg

*久々に食べた「台湾まぜそば」

前はミンチ肉を自分で用意して調理が必要でしたが、今はミンチ入りのタレ?付きなので麺を茹でるだけで済みます。

具としては、紅ショウガ、実家の親父が作ったメンマ、生のニラ、刻み海苔、白ネギ、温玉。

パッケージにはオススメの具として生卵の黄身が乗ってますが、温玉で行っときました。

味の方はすっかり忘れてたんですが、けっこう魚粉の香りが効いてるんですねぇ。

私はあんまり魚粉のニオイに興味無いんで、自分でてけとーに肉ダレを作るならナシでええかなぁと。



2食目を食べるタイミングがないまま日数が経ってしまい、賞味期限を越えた7月9日に食べることに。





190716mazesoba.jpg

*台湾まぜそば 2食目

2食目は具がちょっと少なめになりました。

辛味は全然足らんので麻辣沙茶醤を加えていただきました。

市販品はけっこう高いからタレを自作しようかと思うんですが、太麺があんまり売ってないのがネックですなぁ。

ここ最近全然使ってないヌードルメーカーの平麺はけっこうこの食べ方にしっくり来るんですけどねぇ・・・。






*朝の体重:57.50kg。(連休中好きに飲み食いしたけどええ数字や。)

*今月の休肝日:4日(今日は酒抜かんとあかんぞ。抜く気力があんまりないけど・・・)

*今月のジム:2日


posted by えて吉 at 16:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

Amazonのスマートスピーカー「echo show 5」を衝動買い

昨日いきなり衝動買いしてしまったAmazonのスマートスピーカー「echo show 5」が届いたんでサクッとご紹介しておきます。

実はアマゾンのAIスピーカーとしては、だいぶ前に「Echo Dot」の第二世代だったかがけっこうな割引きになってる時に買うたことがあるんです。

ちょっとの間使こうてみたんですが、しゃべりかけるのがめんどくさいし大してやって欲しいこと(出来ること)もなくてすぐお蔵入りさせて、その後知り合いにあげてしもうたんです。

アマゾンのサイトを開くとよう上の方にスマートスピーカーの広告が出るけどそれ以来ほとんど興味も無くずっとスルーしてました。

ところが、昨日Amazonのサイトを開いたら見覚えのないヤツが出てるのに気づいたんです。

それが今回買うた「echo  show5」なんですが、どうもつい最近新発売されたモンのようですね。

定価の9980円で買いましたが、これってもうしばらく待ったらきっと大幅値引きセールとかあるんでしょうねぇ・・・。

小さめのディスプレイ(5.5インチスクリーン)が付いてるんがちょっとええなぁと。

画面の大きさがなんとなくちょうどええサイズに思って広告をクリック。

サラッと商品の特徴みたいなんをチェックしてしまいました。

そこからなんで分かったか分からんのですが、今回のヤツはラジオを聞くアプリの「radiko」に対応してるだけじゃ無くて、radikoの”プレミアム”(有料版)にも対応してると分かったんです。

普段、私はラジコプレミアムで東京のインターFMと大阪のFMCOCOLOを行ったり来たりしながら朝から夕方まで聞いてるんで、それなら”使える”んじゃないかと思ったらいつの間にかポチってしまってました。(^_^;)




190704echo-show5 1.jpg

*echo  show5のホーム画面?

箱から出して電源入れて、Wi−Fiなんかの設定をいくつか設定したらサクッと使えるようになりました。





190704echo-show5  2.jpg

*echo showの設置

左にある円筒形のヤツがうちのメインのワイヤレススピーカーです。

その隣にエコーをとりあえず置いてみました。

右のステレオとスピーカーは有線で繋いでて、主にCDを聞く時に使ってます。

ちなみにこのステレオのデッキはradikoのプレミアムじゃないヤツには対応してるんですが、起動が異様に遅いし操作性も悪いんで使ってないです。

エコーのことは、買う前にあんまりちゃんと調べて無くてスピーカーにはエコーの3.5mmステレオジャックから出力して有線で繋ごうと思ってました。

でも、設定をいじってたらBluetoothの項目があって、そこにスピーカーの名前が出てたんで繋いだらサクッと音が出ました。

ってことは、置き場所はここでなくてもええってことですな。



190704echo-show5  3.jpg

*radikoでFM COCOLO

radikoを使うにはAmazonのサイトでAlexaのスキルとして有効にせんとあかんのでそれは事前に済ませておきました。


「アレクサ、ラジコでエフエムココロを掛けて」

って言うたらサクッと音が流れました。

ネットでは、○○を掛けてって言うと、アレクサが○○を再生しますか?って聞き返してくるのが鬱陶しいっていう書き込みがあったんですが、今回やってみたら聞き返しはなくそのまま再生されました。



190704echo-show5 4.jpg

*声でインターFMに変更

FMココロを掛けたままで

「アレクサ、ラジコでインターエフエム掛けて」

って言うたらこれまたサクッとラジオ局を変えて再生スタート。

これを携帯のradikoアプリでやろうと思うと、一旦視聴エリアを大阪から東京に変えてからラジオ局をクリックせんとあかんのですよねぇ。

それがただラジオ局名を言うだけで行けるんはちょっとした驚きでした。


190704echo-show5  5.jpg

*ロックを掛けたら歌詞が流れました

「アレクサ、ロックをかけて」

とだけ言うとAmazonミュージックからかけ始めたんですが、邦楽やったのはちょっと残念でしたが曲の歌詞が出てくるのはおもろいですね。

”ロック”って程度やったら使えるんですが、色々あるプレイリストはどうやったら活用出来るんでしょうねぇ。

歌手を指定して聞くとかってあんまりやらないんで、言葉だけで自分の好みの曲を掛けさせる方法があるのか、無理なのかはまだ分からんですわ。

もし、携帯のアプリで選ぶみたいにサクサク掛けられたら、AmazonMusicのアンリミテッドに入ってもええんですけどねぇ。



ちなみに、ステレオでCDを掛けると、自動的にエコーとの接続が解除されてCDの音がスピーカーから流れました。

で、またエコーの音をスピーカーから流す時は

「アレクサ、外部スピーカーに接続して」

って言うだけで切り替わりました。

試しにiPhoneとエコーをブルトゥースで接続したら、iPhoneに入ってる音楽データをエコーを通してスピーカーから流すことも出来ました。

音楽データに登録してるジャケットの画像がエコーの画面に出ることを期待したんですが、残念ながらそれは叶わず。

iPhoneと一旦繋いでから、ステレオのCDを掛けるとさっきと同じように接続は一旦解除されてCDの音はスピーカーから。

その後、エコーでradikoを起動して、スピーカーに接続しようとするとiPhoneにしか繋がらず。

スピーカーに繋ぎ直すには声だけでは無理で、エコー本体の設定からブルトゥースの項目に入ってスピーカーを選び直さんとあきませんでした。

iPhoneの音楽のジャケットがエコーに表示されないんなら、わざわざエコー経由にする必要は無いんで、iPhoneの音楽を掛ける時は直接スピーカーにブルトゥースで接続するのが良さそうです。

iPhoneとの接続を切って、スピーカーとエコーを繋いだら、次接続が切れても繋ぎ直したらスピーカーを選んでくれるんで。

この辺は文字で書いてもおそらく伝わらないですよね・・・。

私が音楽を聞く環境がけっこう複雑なんで。

一応今までの再生環境を書いておきますと、

 iphone6からブルトゥースでスピーカーに接続して、radikoとSpoify(無料版)、たまにAmazonMusicを再生。

 ステレオから有線でスピーカーに接続してCDを再生。
 
 iPhoneXからブルトゥースでスピーカーに接続して手持ちのMP3音楽を再生。

で、スピーカーは実はもうちょっと下のグレードのヤツがもう一本ありまして、スピーカーのアプリから2台を連携させて音を流してて、その連携操作も毎回いるです。

ワイヤレスで色々やれるようになってるけど、操作がどんどん複雑になってて、便利になってるんかちょっと考える時がありますわ。(^_^;)



こっから先のことでは、Spotifyを有料版にしたらスピーカー自体からでもエコーからでも再生可能になるのが気になってます。

AmazonMusicのアンリミテッドにはエコー専用の月380円ってコースがあって、それも気になるんですよねぇ。

エコーはアップルミュージックにも対応してるようですし。

有料版で使ってるのはradikoだけですが、この3つのどれかを有料でやってみるのはどうかなぁと。

今のところ、エコーの活用法としてはradikoをかけるくらいですが、もうちょっと使い道を考えてみたいもんです。




*朝の体重:57.50kg。(まずまずやな。)

*今月の休肝日:1日(今日は酒抜かんとな。)

*今月のジム:0日

posted by えて吉 at 15:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする