2016年11月12日

青パパイヤで初めてタイ料理の「ソムタム」を自作

昨日写真だけアップした晩ご飯の補足をしておきます。

昨日は昼前から道の駅へ野菜を探しに出かけました。

最初に行った香南町の道の駅ではなんにも買いたいモノがなかったので、次に羽曳野の道の駅へ。

白菜が切れたんで、安ければ買いたかったんですが半切りサイズしかなく、値段的にも高かったので断念。

他の野菜をチョロッと買うて売場をうろついてたら青パパイヤを発見。

初めて売ってる青パパイヤを見かけたんで、それを買ってタイ料理の「ソムタム」を作ってみようと。

激辛という青唐辛子やシャンツァイ(香菜)も見つけたんでちょっと贅沢かと思ったけど初ソムタムなんでヨシとしておきました。

羽曳野から外環の六万寺まで戻って宝持から俊徳道を抜ける馴染みのルートで帰ることに。

そのルートにある生協のスーパーに寄って海老を買うことに。

ソムタムがタイ料理やから家にある「素」でトムヤムクンも作ろうと思ったんです。

で、メインは最初鶏でも焼こうと思ってたんですが売場で安くてちょうどええ大きさのアメリカ産牛肉を見つけたのでそっちで行くことに。

ソムタムの作り方はスーパーの駐車場でネットを検索して必要な材料を確認。

ちなみに参考にしたのがこちらのサイト。

*日本エスニック協会:辛さは自由自在! 自分で作るソムタム

本場タイの屋台での作り方なんかを説明してて、なんか本格的に感じました。

まぁ私はなんでもかんでもええ加減にしかようせんのであくまでも参考にしただけですけどね。


トムヤムクンの具はえびとキノコくらいしか入れんもんなんかもしれませんが、それだけじゃオモロないんで勝手にアレンジすることに。


生協のスーパーで鍋用にとさつま赤鶏って鶏の炙ったぶつ切りを見つけたんで、そいつをベースのスープがてら一緒に入れることに。

ステーキ肉もなんちゃってエスニック風に食べることに。

エスニック料理って真夏に食べるイメージがあるんですが、季節ハズレに急にエスニックな晩ご飯になりました。




青パパイヤで初めて作った「ソムタム」などなど

*青パパイヤで初めて作った「ソムタム」など


・ソムタム

・エスニック風ステーキ

・トムヤムクンのスープの素を使ったごった煮



ソムタムには買うたばかりの生の青唐辛子を使ったんですが、小さな欠片をそのまま味見したらかなりの辛さでしたわ。

食べただけで辛さに体が反応してしゃっくりが出始めましたからね。

青唐辛子のみじん切りとニンニクを混ぜて小さな当たり鉢の中ですりつぶしてやりました。

そこにざく切りのミニトマトも加えて辛いペーストのようなモノを用意。

参考にしたサイトによると、皮を剥いた青パパイアは本場だと縦に包丁目を入れて、手前から奥へ包丁を使ってささがき?の様に刻むのが本場式だと。

一応やってみたんですが、全然上手く行かんので、適当に果肉を薄切りにしてから細かく刻んでやりました。

そいつをビニール袋に入れて、辛いペースト、一味、ライムの果汁、ニョクマム(魚醤・タイやからナンプラーが正解かな。)、オキアミの干しエビ、刻んだアーモンドを加えてもみもみ。

レシピによるとアーモンドでは無くピーナツを使うんですが、家に知り合いからもらったヤツがあると思って、家に帰って冷凍庫を見たらアーモンドやったんです。

ピーナツを省略してもええけど、アーモンドでも入れんよりええやろうと代用。

タイ料理屋でソムタムを食べたことがあるんですが、どんな味か細かくは覚えてないので本物と較べてデキがどうやったかは分かりません。

ただ、エスニック系の和え物?サラダ?としてはなかなかええ出来に感じましたわ。


ステーキのソースは、台湾醤油にニョクマムと青唐辛子、ニンニク、ハチミツ、一味、シャンツァイの茎のみじん切り、少しの水を加えました。

軽く塩コショウした牛肉をサッと焼いたらソースを全部加えて絡めてやりました。

ざく切りの水菜の上にカットした牛肉を置いて上からフライパンに残ってたソースを掛けてやりました。

肉は162gで608円って安さでしたが、けっこう柔らかくて美味かったですわ。


トムヤムクンは最初に鶏のぶつ切り、細かく切り目を入れたショウガの固まり、ニンニク、青唐辛子の輪切りなどを煮込んでスープに。

そこに手で裂いたエリンギ、冷蔵庫に余ってた竹の子の水煮、プチトマト、タマネギのざく切りなどを加えて煮込みました。

エバラのトムヤムクンの素を加えて、魚醤などで味を調えて最後にエビを加えて、盛り付けてからシャンツァイを添えてやりました。

スープとステーキにも食べる時にはフレッシュのライムを搾ってやりました。




食べながら季節ハズレやなぁとは思いましたが、どれもけっこう美味かったんでご機嫌でしたわ。

初めて作ったソムタムもまずまずええ感じにまとまったんで満足でしたし。



今日のお昼はトムヤムクンもどきが余ってたんで麺をぶち込んでやりました。





翌日に食べた「トムヤムクンうどん」

*トムヤムクンうどん

ヌードルメーカーで作って冷凍した生うどんを使って、トムヤムクンのスープで食べました。

かなりの辛さやったんで食べながらえらい汗をかきましたわ。





*朝の体重:58.25kg弱。(晩めし、そんなに量多くなかったのになぁ・・・。気に入らん。)

*今月の休肝日:4日(今日も飲むぞ〜。)

 
posted by えて吉 at 16:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

道の駅「龍游」の「G.WORKS」で買うた新しい器

昨日のドライブの途中で買うてしまった器についてサクッとご紹介します。

ドライブは私にとってはお馴染みのコースになるんですが、内環をずっと下って外環に当たった所で右折。

外環から国道371号線で橋本まで行って、国道370号線で高野山へ。

高野山はけっこう混んでたので素通りして高野龍神スカイラインへ。

龍神温泉では久しぶりに外湯に寄りました。その後国道424号を経由して有田ICから高速に乗って帰るというコースでした。

温泉をシバいた後、腹ペコで昼メシを食べようと寄ったのが道の駅「水の郷 日高川 龍游(りゅうゆう)」

山菜そばを食べてから道の駅の中にある「G.WORKS(ジーワークス)」っていう木工家具や陶器、ハンドクラフト?のお店をのぞきました。

メインは木製のイスやロッキングチェなどで、キレイな木製の座椅子に惹かれましたが手作りだけにかなり高価で買える訳も無し。(^_^;)

お店のメインの商品では無かったけど並んでた食器に目が止まり、一度は棚に戻したものの、結局買うてしまいました。




アトリエfu-ka キタイ・リカの器

アトリエfu−ka キタイ・リカの器

小ぶりな食器で一つ2000円(税抜き)。

ちょっと高いなぁと思ったんですが持ってないタイプでちょっと盛り付けてみたい料理のイメージが浮かんだんで思い切って2枚も買うてしまいました。

道の駅「龍游」のGWORKSで買った器

*新しい器の裏側

ちなみにこの器を作りはったアトリエfu−kaってのは千早赤阪村にあるようで、龍神村で買うのはちょっとツッコミ所がありますかね。(^_^;)


一緒に入れられてた取り扱いの注意書きには初めて使う時は1時間ほど水に漬けるようにかかれてました。

家に帰ってすぐ水に漬けたんですが、腹減ってたので1時間は待てず、30分ほどでさっそく料理を盛ってみることに。



新しい器に試しで盛り付け

*新しい器に試しで盛り付け

スーパーで買うた惣菜のゴボウサラダに自分で水菜だけ足したものです。

写真では大きさが分かりにくいかもですが、器としてはあまり大きくないんで入る量では手元にある小鉢と似たサイズです。


試しに料理を盛り付け

*料理の盛り付けのトライ その2

缶詰のさばの水煮、オニオンスライスと貝割れを和えただけです。





そして、これが最初にお店で浮かんだ使い方です。




こういう盛り付けがしたくて買うた器

*お刺身をこういう風に盛り付けたくて買うた器

少なめの量のお造りを盛り付けたら落ち着くんじゃないかと思ったんですよねぇ。

っていうか、手元の器だとちょっとだけの刺身を盛り付けるのにけっこう苦労してたんですよねぇ。

この器ならちょっとでも落ち着くんじゃないかと思ったんです。

こんな風に盛り付けてみるためにわざわざスーパーに寄ってお造りを買いました。

ちなみに魚は「グレ」で量的にはこれの1.5倍ほど入って298円でした。

お客さんに少しの生ものを2種類くらいで盛り合わせにして出せたらなぁなんて思ってます。

盛り付けのセンスがないんで、皆さんの目にこれがどう写ってるのか不安ではありますが、自分としてはけっこう気に入りました。



晩ご飯全体

*晩ご飯全体の様子

前日作って余ってたおでんがメイン。

ゴボウサラダは一度新しい器に盛ってから別のやつに移しました。



2000円の小さな器ってちょっと贅沢には感じますが、大事に使っていこうと思います。








*朝の体重:57.90kg。(うーん、余裕ナシ。)

*今月の休肝日:2日(今日はもう一日飲みますよ。)
 
 
posted by えて吉 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

TOGUARDの「高画質10.1インチ液晶モニターIPS」を買うてみた

今回はほとんど飲み食いネタなしですし、デジタルモノのネタなんで興味ない人は無視して下さい。

今日は朝の8時には起きたんですが、ほどなくAmazonからの荷物が到着。

それが今回の「TOGUARD 高画質10.1インチ液晶モニター」ってヤツでした。

事務所に置いてたWindowsのパソコンを家に持って来たんですが、家のメインはiMac。

Win機用のモニターを置くとごちゃごちゃするし、邪魔やなぁと。

最初は居間のテレビに繋いでみたんですが、本体の置き場に困るし掃除のたびに邪魔やなぁと。

そこで小さなモニターテレビを買うてみることを思いつきました。

一台目に買うたヤツは、商品説明で家庭用のAC電源が付属だと確認して注文したのに届いたモノには入ってませんでした。

家にある適当なヤツを突っ込んで使えんかと試してみたんですが、どれもジャックの形が合わず。

主な用途は車のダッシュボードに貼り付けてバックモニターとかナビ?に使うためのヤツでスタンドがイマイチやったこともあり結局返品に。

別のモニターをチェックしたんですが、そこには付属品の記載が無くAmazonのサイトから出品者に問い合わせ。

すると接続用のコード類は入ってませんが、電源コードはあるとのことで早速注文。

それをヤマト運輸のねえちゃんが朝イチで配達してくれたという次第。


TOGUARD 高画質10.1インチ液晶モニター IPS スクリーン超薄い HD1280*800 ビデオモ ニタディスプレイ BNC/AV/HDMI/VGA/USBビデオインプット イヤホン アウトプット モニタースクリーン 170度視野角 スピーカ内蔵

私が買うた値段は12600円でした。

届いてさっそく商品の検品がてら使って見ることにしたんですが、いきなりスタンドを組み立てるとこトラブル。

ディスプレイの裏に雲台をつけるパーツがあって、その雲台部分とスタンドをネジで接続することになってました。

スタンドの支柱部分を通った置くに穴があって、ネジがけっこう小さかったんで普段使ってるドライバでは大きすぎでした。

工具類をほとんどもってなく、ドライバーを買いに行かんと使えんのかとガックリ仕掛けましたが、文房具を入れてる箱をごそごそやったら見たことない精密ドライバーを発見。

ネジのサイズと長さもギリギリ使えたんで、なんとか組み立て。

パソコンに繋いでみたんですが、全く表示されず。

古いタイプのモニター接続用のケーブルを試そうと思ったけど、そっちは事務所の置いたままで手元に予備は見当たらず。



他の機械で試すためにAppleTVも繋いでみましたが、そちらもアウト。

取扱説明書は英語だけでしたが、非常に読みにくく使い物にならず。

しかたなく、設定っぽいとこをいじくり回してたら、どの入力ソース(どのコードで繋ぐ)かを設定する画面を発見。

それでHDMIを選んでみたら、無事AppleTVが表示されました。

今までAppleTVは光デジタル?のケーブルで音声を出力してミニコンポに繋いで音楽だけを聴いてました。

実態としてはTV的なモノでは無く、iPadやiPhoneの音楽をAirPlayで飛ばしてそれをステレオから慣らす中継器?みたいな使い方やったんです。

どうせならiPadの画面も飛ばしたり、AppleTV自体の機能を使えないかと思ったんですが、HDMIで繋ぐと音も一緒にモニターに出力されてしまい思ったような使い方は出来ず。
 *モニターのしょぼいスピーカーから音楽が鳴ってしまうって意味です。



サブの用途としてはこっちを考えてたんですが、それは諦めて再度Windowsパソコンに接続。

今度は無事認識してくれたんですが、マウスの挙動が不審。

しばらくいじって、電池を替えたら無事動き出しました。

キーボードも無線タイプが使えたんですが、なぜかモニターのスピーカーから音が鳴らず。

しかたなくまた古いデジタル機器を詰めた箱をあさって、古いUSB接続のスピーカーを発掘。

最初はそれもならず、次にイヤホンジャックにさす電源不要のポータブルスピーカーを繋ぐもアウト。

最後にブルートゥースのポータブルスピーカーを有線で繋いだらなんとか音が出ました。

その後、なんどか繋ぎ口を変えたりしたら、USBスピーカーも鳴ることが判明。






ちょこちょこした手間が掛かって、だいぶ時間は食いましたが最終的には事務所のパソコンも家で使えるようになりました。




TOGUARD 高画質10.1インチ液晶モニター

*TOGUARD 高画質10.1インチ液晶モニターで事務所のパソコンが使えるように

事務所では有線でしたが、試してみたら手元にあった無線タイプのキーボードも無事動作したんですが、えらくデカイんですよねぇ。

肝心のモニターは10.1インチってことであくまもでもファイルの種類を確認したりする程度かと思ってました。


実際に使って見ると事務所で使ってたモニターよりキレイでしたわ。

もちろんこのサイズで1280×800なんで長時間の文書作成なんかは厳しいでしょうが充分実用に耐える見え方でした。

このサイズなら使わん時はiMacの後ろに置いてても鬱陶しくは感じないですね。

これでなんとか事務所のパソコンとその中のファイル類を家でも使えるようになったんで気が楽になりましたわ。






朝っぱらからごちゃごちゃとパソコンを触ってたら、遅くなってしまい一段落付いた時は胃が空っぽで気持ち悪かったですわ。

昨日は夕方の4時半頃に晩ご飯をごく軽めに食べたんで、12時頃にはすでに腹ペコやったんです。

起きた時も当然腹減りまくりやったのに、そこから4時間も引っ張りましたからねぇ。



よれよれで生うどんを作る気にもならず、茹で時間の早い乾麺のうどんを食べることに。



七代佐藤養助の稲庭うどんで「釜玉うどん」

*七代佐藤養助の稲庭干しうどんで「釜玉うどん」

茹で時間が3分やったんでこの稲庭うどんをチョイス。

半田そうめんと較べたらどっちが太いか分からんほどの細麺でした。

袋に半分残ってたのを茹でたんですが、乾麺で100gでは今日の空腹にはまったく足らず。

あっちゅう間に食べ終わってしまいました。

食べる前はこの手の細いうどんは冷たくして食べた方が美味いやろなぁって思ってたんですが、こんな食べ方でもけっこう美味かったですわ。

一袋200gやったんで、一袋全部食べたかったですけどね。



*12時の体重:57.25kg。(やっと理想値クリア)

*今月の休肝日:1日(昨日は酒を抜きました。)

posted by えて吉 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

保温鍋「シャトルシェフ」で初めて炊飯に挑戦

事務所を引き払うのに連動して、うちの家の中の荷物も色々と整理をしております。

事務所から来る荷物をなおす場所を確保するために適当にクローゼットに突っ込んであった空き箱なんかも処分することに。

電化製品なんかは修理する時に発送するのに念のためと思って箱を置いてたりするんですよねぇ。

他には台所用品のブレンダーやフードプロセッサーなんかはきっちりしまうなら箱があった方がええかと思って取ってありました。

でも、調理用品を箱に直すと使う頻度が減るような気もするんですよねぇ。

こんな風にちょっとばかり迷いつつもいくつかの箱の内、確実に中身をなおすことが無いヤツは捨てるか容器として他の物を詰めることに。

サーモス(Thermos)の「シャトルシェフ(Shuttle Chef)」シリーズは大小の2サイズ持ってるんですが、両方ともよく使うんで調理道具を固めてるクローゼットでも一番手前に置いてるんです。

最初にishさんからいただいた大きい方は箱なしですが、自分で買い足した1.6リッターの小さなヤツは箱を残してました。

定位置があるんでその箱を捨てることにしたんですが、中を見るとぺらっとした一枚物の紙の「クッキングレシピ」が入ってました。

その筆頭の使い方例が「白飯」やったんで、その炊飯の仕方でやってみることに。

小の方で以前に中華粥を作ったことはありましたが、ご飯を炊くのは初めて。

炊飯器と違って水加減の線なんぞはないんで、ちゃんと水も計量して言われた通りの作り方を試すことにしました。



Thermos「Shuttle Chef」でご飯を炊いてみた

*サーモスのシャトルシェフで炊飯


レシピの紙には米2合(360ml)に水400mlを合わせろと。割合的には米:水=1:1.1くらいですかね。

ネット上ではお米1に対して水1.2ってなのが基準なんてのも見ましたが、保温鍋は水分が飛びにくいから少なめにしてるんかもですね。

レシピによると、研いだ米を調理鍋(内鍋)に入れて規定の水を加えて30分おく。

おいてから中火にかけて、沸騰したら火を弱め「8分加熱」する。

外側の保温鍋にセットして「15分以上保温」する。

炊きあがったらごはんの粒を潰さないようによく混ぜ合わせて再びフタをして15分ほど蒸らす。

以上が保温鍋でのご飯の炊き方でした。


サーモスのシャトルシェフで炊飯

*サーモスのシャトルシェフで炊きあがったご飯

これは15分保温してから混ぜる前の写真になります。

ちなみにこの写真は保温鍋でご飯を炊くのが2回目になる今朝に撮ったものです。

1回目は10月28日にやったんですが、その時は写真を撮るのを忘れてたもので。(^_^;)

レシピではよく混ぜあわせるとなってましたが、そこまでするとどうしてもご飯が潰れそうに思ったんでさっくりかき混ぜて少し蒸気を飛ばす程度にしました。

そこから15分むらしたらご飯は出来上がり。





初めてやったときは沸騰したらすぐ吹きこぼれだしてちょっと慌てました。

以前しばらくの間キャンプ用のライスクッカーでご飯を炊いてた時期があるんですが、そいつは多少吹きこぼれにくいように鍋の形が工夫されてました。

こっちは炊飯専用では無いのでそんな工夫は無く、沸騰したらかなり火を弱めないと吹きこぼれてしまいますわ。






初回はごはんをメインにするためにおかずは漬け物などごく質素なものだけで。



珍しくお茶碗にご飯と汁物、シンプルなおかず

*珍しくお茶碗にごはんと汁物、シンプルなおかず

お茶碗にご飯をよそったんてほんま久しぶりですわ。

汁物は創味の白だしに塩蔵のわかめを入れただけです。

他にはおにぎらず用に冷凍してあった辛子明太子を2切れ、温泉玉子、キムチ、自分で作った蓮根のきんぴら、しばづけだけです。

出来上がったごはんはメシ食いじゃないんであんまり詳しい描写は出来ませんが、お米一粒ずつがピシッとして(私の好みからは少し固めですが)”美味しいごはん”と言える雰囲気でした。

炊きたてご飯に明太子はめちゃウマで、それだけでご飯一膳を食べ切りそうでした。

ご飯は一杯では我慢出来ず、お代わりをして温泉玉子を混ぜて玉子かけご飯っぽくして頂きました。



残りはストックとして冷凍したんですが、それが残り一つになったんで今朝もう一度保温鍋で炊きました。

初回がちょっと固めやったんで、今回は水をわずかに多めにしてみました。

それに合わせてネットを検索したら、キャンピングカーで保温鍋を使ってご飯を炊いてる方の記事が見つかりました。


 *「ZiL Noble 白書」 Photo・・・瀬戸内の風に癒されて〜:Noble Kitchens (シャトルシェフで、美味しくご飯を炊いてみよう!)

この方は同じ鍋で2.5合まで炊いてはるようでした。

水は米1に対して1.3とけっこう多めにしてはりました。

こちらの記事によるとシャトルシェフで炊飯するポイントとして「沸騰してから9分加熱」と書いてはりました。

今回はせっかくなんでこちらの記事を参考にして9分加熱で行ってみました。

水加減はちょいと増やす程度にしましたけどね。

このやり方で出来上がったのが上に貼った炊きあがりの写真になります。




で、実際に食べてみた感想はというと・・・・。




実は朝の体重が昨日に続いてデブりすぎでご飯は我慢したんです。




炊きたてご飯で玉子かけご飯と行きたいのをこらえて、食べたのがこちら。





161101breakfast.jpg

*鶏と水菜のはりはりうどん風

うどんみたいに見えるかと思いますが、麺の代わりに糸こんにゃくを使ってます。

なんちゃらダ*エットってなモノは嫌いで、うどんの代わりに糸こんで置きかえなんてやりたくないんですけどねぇ・・・。

ダシは昨日やった鍋の残りと、上の方に出てるわかめのお汁の残りを合わせてます。

鶏モモ肉があったから、それに軽く塩を揉み込んで片栗粉を打ってからダシへ。

糸こんを食べる悲しさを紛らわせるために、ダシにはさらに片栗粉でとろみをつけて溶き卵を流し入れました。

他に余ってたえのきも加えてますし、お汁に残ってたワカメもそのままなんで、見た目はかなり悪かったですけどね。





炊飯器と較べたら放ったらかしには出来ん分ちょっと手間には感じますがたまには気分が変わっておもろいですわ。

せっかく買うた保温鍋をもっと活用するためにたまにはこれでご飯を炊いてもええかもと思っております。


この記事を書くのにちょっと保温鍋をチェックしたら、今回の1.6Lってサイズ以外にも2.8Lってな中サイズもあるんですねぇ。

1人暮らしでも1.6リッターじゃ小さすぎるなぁと思うことがあるんで、気になりますなぁ・・・。







*朝の体重:58.45kg。(大幅オーバーのまま減らず。)

*今月の休肝日:0日(今日は酒抜いて楽なペースで11月をスタートしよ。 
 
 
posted by えて吉 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

ものすごく久しぶりに「麻婆丼」

今日は朝の体重がえらいことになってたんで、やむをえず朝ごはんは抜きにしました。

事務所に行ってパソコンに内蔵してたハードディスクをカナヅチでガンガンぶっ叩いて物理的に読めないようにしてやりました。

何台もあったんで途中で金づちの釘抜きの先が片一方折れてしまいました。

それを終えて家のクローゼットを整理するためにそこに入るサイズの収納ケースを買いにホームセンターへ。

スーパーに寄って家に帰ったら1時近かったんですが、腹が減って気持ち悪かったですわ。

あんまり手間を掛けたくなかったんでしばらく前に作った自家製麻婆の素で麻婆豆腐を作ってご飯にぶっかけることに。



ひっさしぶりの「麻婆丼」

*ひっさしぶりの「麻婆丼」

麻婆の素を長らく切らしてたんで、マーボ丼を食べるのはかなり久しぶりでしたわ。

ご飯はそんなに多くなかったんですが、ちょっと汁気多くし過ぎたんで量はそこそこありました。

素には花椒を入れてなかったんで麻婆豆腐をご飯に掛けた上から振ってやりました。

鍋ひとつであっちゅう間に出来た割りにはけっこう風味も良くて満足感がありましたわ。

長らく切らしてたけど、やっぱり自家製麻婆の素があると便利ですわ。





*朝の体重:58.55kg。(ここまでデブること少ないんやけどなぁ・・・)

*今月の休肝日:10日(目標クリア済み。今日も飲もうかなぁ・・・。)
posted by えて吉 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

雑誌のレシピを参考に「豚天」

今日はちょいとバタバタしてたので小ネタをアップしておきます。

9月の終盤に血液検査を受けに病院に行ったんですが、けっこう混んでてだいぶ待たされました。

その時に待合においてあったオレンジページとかレタスクラブをぱらぱら眺めてたんです。

そしたら豚肉の特集かなんかで豚の天ぷらを作るのに水は無しで溶き卵に片栗粉だけを加えるって作り方が載ってました。

水ナシっていう作り方も気になったし、豚天が食べたくなってしまい数日後にやってみることに。

やったのは10月2日なんですが、この日スーパーを覗いたらヒレ肉の塊肉のコーナーに長さが半分くらいの小さなヤツもありました。

量的にそれぐらいなら一人でも使いやすいと思ったんで、買うて帰って水ナシ豚天に挑戦。

豚は食べやすくてある程度火が通りやすい厚さにスライス。

下味に塩コショウとチューブのニンニクを揉み込んでやりました。

普通の揚げ物だったら、豚にまず打ち粉?をするでしょうが、衣の生地がけっこう粘度高めやったんでナシで。

直接豚を天ぷら生地にくぐらせて、フライパンに多めに引いた油で揚げ焼きに。




水なしの衣で「豚天」

*水無しで卵液と片栗粉だけの衣で「豚天」

あんまり揚げ物をしないし、日本の天ぷらは作ったことなし。

中華の天ぷらも作り方はちゃんと分かってないんで、今回の作り方は初めてでしたが世間では当たり前なんですかね。

私はなんとなく粉は水で溶くのが当たり前に思ってたんで、水無しって目新しく思いましたが・・・。

料理としては特に文句の無い出来上がりでしたわ。

これを単品で食べてから乾麺にレトルトソースを掛けて食べたんですが、そっちはハズレやったんで割愛します。












今日は昼イチで事務所のネット回線の撤去の立ち会いが入ってました。

朝昼兼用の食事をしてから1時前には事務所に入って待機。

1〜4時って枠やったんですが、何時間も待つのはかなんなぁと思いながら荷物の片付けをしてました。

そしたら1時ちょっと過ぎには業者が来て20分も掛からんと作業を終えてくれました。

その後、奈良に運ぶ荷物を車に積み込んでから家へ。

家には事務所で余ったモノクロプリンターを持って帰ってiMacに繋いでみました。

前から家で使ってるヤツがOSを上げてから使えなくなって困ってたんでトライしたんです。

事務所から持っていった方も最初は印刷で出来ず、諦めかけたんですがなんの拍子かで印刷成功。

それならもう一度と思って古い方のプリンタドライバの再インストールをやったらこちらも成功。

ながらく家でプリンターが使えなかったんですが、これでなんとか復旧しました。

他にも事務所で使ってたWindows機を居間のテレビに繋いでみたり。

そっちも一応は使えることが分かったんですが、本体をテレビのそばにおくと邪魔なんですよねぇ・・・。

事務所がなくなってからどういう態勢で行くかもうちょっと煮詰めんとあきませんわ。

家にあるガラクタもどうせ処分するなら今回の事務所のゴミと一緒に処分した方がええんでそのチェックもいるんですよねぇ。

来月いっぱいの猶予があるけど、だらだらしてたら一ヶ月なんてあっちゅう間に過ぎるから無理にでも時間を作って作業をせんとあかんなぁと思っております。(思うだけじゃイカンのよねぇ。)



*朝の体重:57.90kg。(また余裕ナシ)

*今月の休肝日:9日(今日は酒抜かんとしゃあないな。)

posted by えて吉 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

岡山手延素麺の「遙竹庵 手延べうどん」を釜揚げで

昨日の晩ご飯は近所の居酒屋に出かけたんですが、食べ出してまだ間がないところで連絡があって知り合いが合流。

その知り合いが乾うどんをくれたんで、今朝はさっそくそれを食べることに。

色んな人から乾麺をもらうんですが、しばらく時間が経つとだれからもうたか忘れてしまうんですよねぇ・・・。(^_^;)

どの麺もありがたく食べさせてはいただくんですが、やっぱりくれた相手のことを分かって食べる方がええですわねぇ。



岡山手延素麺の乾うどん

*岡山手延素麺の乾うどん

両方とも「遙竹庵」ってブランドで、右側の「風すず音」ってのは細うどん。

細うどんは茹で時間5〜7分なんですが、左の手延べうどんの方は茹で時間が12〜13分でさらにその後5分むらし時間がいると。

12〜3分茹でるのもけっこう長いのにそこから5分も蒸らすってのは乾麺でも珍しいですねぇ。

昨日貰うた時はピンとこなかったんですが、この珍しい作り方で以前にも同じヤツをいただような気がするなぁと。

今日はこの茹で時間の長い方を半袋分の100g食べることに。






パッケージに書いてあるとおり13分茹でて5分置いたんですが、乾麺の時からかなり嵩が増えてちょっとびっくり。






岡山手延素麺の「遙竹庵 手延べうどん」を釜揚げで

*岡山手延素麺の「遙竹庵 手延べうどん」を釜揚げで

茹でる前は乾麺によくある少し平べったいタイプかなって思ったんですが、出来上がったのはかなり幅広になってました。

食べてみると5分寝かしたおかげなのか、乾麺にしてはけっこうふっくらしてました。

表面はツルツルでええコシがあって旨かったですねぇ。

乾麺のうどんも今まで色々と食べてるんですがこれはけっこう個性があるように感じましたわ。

乾麺で100g計った時はあんまり量がないように思いましたが、戻ったら嵩が増えて思ったより食べ応えがありました。

最近はヌードルメーカーで作ったうどんばっかりでしたがちょっと違う系統のうどんが食べられて知り合いには感謝です。





今日は姪っ子1号&2号の誕生日を名目にして身内で宴会することになってます。

最初は手巻き寿司って聞いてたんですが、週明けに受ける内視鏡検査への準備で今日から海藻は禁止やと。

海苔が食べられへんと自分だけ手巻き寿司が楽しめんがなって思ってたんですが、今朝になってたこ焼きに変更だと。

たこ焼きなら特に問題もなさそうなんで良かったですわ。(^^)







*昼過ぎの体重:58.10kg。(ちょいと飲み過ぎててこの数字はアカンなぁ・・・)

*今月の休肝日:8日(今日はもう一日飲んだるぞー)
 
 
posted by えて吉 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

たてつづけに「ビビンバチャーハン」

昨日の香川での讃岐うどん巡りの疲れががっつり残ってるので小ネタでサクッと更新しておきます。

神戸物産の業務スーパーで買うた業務用惣菜のナムルはしばらく前から冷蔵庫におったんですが、賞味期限に余裕があるうちに食べてやることにしました。

ナムルと言っても、何種類もの野菜がゴチャゴチャに混ざってるんで、あんまり単品で食べようとは思わないんです。

今までに何回も買うてますが、ほぼいつも食べ方は焼き飯にするってのがパターン。

初回は19日の昼ご飯として作りました。


チューブのニンニクと少し多めのごま油、たっぷりめの一味を入れたフライパンを温めて解凍したご飯を投入。

ヘラで押さえつけるようにして平にして、すこし焼き付けてやります。

その上からナムルをぶち込んで軽く全体を炒め合わせます。

具材を寄せて、フライパンにスペースを作ったら溶き卵を投入して、全体と炒め合わせます。

ここにコチュジャンを適当に加えて全体に混ざったら出来上がり。

テフロンのフライパンがヘタリ出してて焦げ付き安かったんで最後は火を消して全体にコチュジャンを行き渡らせてやりました。




市販のナムルで「ビビンバチャーハン」

*ピビンパ炒飯

最初にたっぷり一味を加えたおかげでけっこう辛味が効いてました。

味付けはナムルとコチュジャンの味を生かして、塩は使いませんでした。




開封したナムルが傷むと嫌なんで、早く使い切るため今日もたてつづけにビビンバチャーハンを。

朝の体重に余裕がなかったんで、朝昼兼用になりましたが、朝からなんにも食べて無くていきなり韓国風の焼きめしってのは濃ゆいですねぇ。

前回作った時に豆もやしが絡んでちょっと食べにくかったんで、今回は予め全体を刻んでやりました。

ナムルはヒトパックのうち、4割ほどを前回使いました。

今回も同じくらい入れようと思って刻んだんですが、残りが中途半端やったんで結局全部刻んで使ってしまうことに。

そこにさらに嵩増しのためにキムチも刻んで加えることに。

前回は肉気は入れませんでしたが、今回は牛の切り落としを少し入れることに。

まず電子レンジの解凍モードで戻してから、焼肉のたれを絡めて再度電子レンジで調理。


フライパンにごま油を引いたら、前回と違ってナムルから炒めることに。

ご飯を加え、キムチも加えたら、スペースを作って溶き卵を流し込みました。

コチュジャンを投入して全体に混ぜ込めば出来上がり。

今回は最初に一味を加えるのを忘れたんで盛り付けてからたっぷりとふりかけてやりました。


ピビンパ炒飯

*起きてから最初に口にした「ピビンパチャーハン」

起きて最初に口にするものとしちゃ、かなり濃ゆいですよねぇ。

おまけに食べ出したら無性に飲み物が欲しくなって、缶ビールまでプシュッと行ってしまいました。(^_^;)

肉はちょっと入れただけでしたが、たまに口の中で肉の味がするとカップヌードルの変てこな肉を食べた時みたいに当たりを引いた気分になりましたわ。






*朝の体重:58.10kg。(うどん巡り明けやと少しのオーバーはしゃあないか。)

*今月の休肝日:8日(月10日にはだいぶペースに余裕あるな。)
 
 
posted by えて吉 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

かなり久しぶりの「親子丼」

鶏のもも肉は冷凍庫に常備してるし、玉子もたいてい切らすことないんで親子丼っていつでも出来るんですよねぇ。

でも、逆に当たり前過ぎるせいかここしばらく食べた記憶がなかったんですよねぇ。

それでこの前の日曜日に朝ごはんと昼ご飯兼用で久しぶりに食べたくなりました。

冷凍庫におったかなり小さめの鶏モモ肉を解凍。

タマネギは1/4個分の使いさしがおったんで、それをスライス。

いつもなら煮汁は薄口醤油で作るんですが、今回はなんとなく濃口で行くことに。

煮汁が少なすぎるとタマネギと鶏を煮込みにくいんで、少し多めに作って全体を炊いてから玉子を流し込む直前に少し取り分けて減らしてやりました。

玉子をまずちびフライパンの中央に流し込んで、しばらく待って少し火が通りだしたところで残りの玉子を外側に流し込んでやりました。

卵を流し入れたらすぐにその上から天かすを散らしてやりました。



かなり久しぶりの「親子丼」

*かなり久しぶりに食べた「親子丼」

味もタマゴの半熟具合もばっちり狙い通りでしたわ。

つゆだく目が好きなんで、途中で取り分けてあったダシをちょっと追加して頂きました。

鶏の量は少なめやったけど、天かすでちょっとコクが加わってなかなか良かったですわ。

鶏も卵も好きなんで、やっぱり親子丼は嬉しいですなぁ。






*朝の体重:57.70kg。(昨日の夜が少なかったから減るかと期待したけど変化なし。)

*今月の休肝日:6日(今日、明日は強制的に酒抜き。)
  
 
posted by えて吉 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

季節外れに宮崎名物「冷や汁」

今日は朝の体重が中途半端やったんでうどんは我慢することに。

こういう時は最近おにぎらずを食べるのがパターンなんですが、もうちょっと腹に溜まる物が食べたいなぁと。

それで思い出したんですが夏場に食べようと思ってた宮崎名物「冷や汁」の素が冷蔵庫にあったのを思い出しました。

ちょうど木綿豆腐に小さめのヤツもあるし、早く食べんとあかんと思ってるキュウリも半本ほど残ってるし。

私の勝手なイメージでは冷や汁は真夏の食べ物なんで、かなり季節ハズレでしたが冷や汁の素の賞味期限もとっくに越えてるんでラストチャンスってことで行っときました。

冷や汁の素をボールに空けて、スライスしたキュウリを加えて、細かく刻んだ大葉を2枚分、木綿豆腐は手で握って多少水分を切りました。

豆腐を崩しながら冷や汁に加えたんですが、小さめのパックでも全部入れるのは多すぎました。

でも小さな豆腐を半分だけ残してもしゃあないと思ったんですよねぇ。

キュウリがダシの塩気で少しくらい柔らかくなってほしかったのと、もう真夏じゃないんで全体を室温に近づけるためにしばらく放置。

その後、冷凍のご飯をチンしたんですが、真夏なら水道水で洗って冷ますんです。

宮崎の人は熱いご飯に冷たいダシを掛けるようなんですが、よそ者はどうせなら全体を”冷たい食べ物”として食べたいんでそうやってます。

でも、今日はだいぶ暖かいとはいえ、そこまで冷たくせんでええと思ったんで熱いままで。

ダシはやや冷たさを減らして、ご飯は熱々。全体としてぬるいのを目指しました。






季節ハズレに宮崎名物の「冷や汁」

*季節ハズレに食べた宮崎名物の「冷や汁」

豆腐が多すぎて冷や汁っていうより、豆腐をぐちゃぐちゃに潰して作る「豆腐丼」っぽい見た目になってしまいました。

冷や汁は全部でこの写真の2.5倍くらいの嵩になったんで、写真を撮ってからたっぷり追加したんですけどね。

さすがに全部掛けるとここまで豆腐丼っぽいことはなく、汁かけごはんっぽくはなりました。

元の汁に鰹のほぐし身が入ってたんですが、最初はそいつのクセがややキツメに感じました。



ごはんの量は小ぶりにお茶碗に一杯ほどですが、けっこう腹が膨らんだ気がします。








*朝の体重:57.70kg。(微妙な数字でうどんは自粛。)

*今月の休肝日:6日(今日は酒どうしよっかなぁ・・・。)
 
 
posted by えて吉 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

鱧の小鍋でぬる燗を堪能

冷凍庫にハモの荒が残ってたんで、スーパーで安物の骨切り済みの鱧を買うて来て小鍋仕立てで食べることにしました。

食べたのは9月の29日ですが、いつもこの何日か前に鱧の骨ばっかり凍らせたのを見つけて食べようと狙ってたんです。

400円弱でけっこうたっぷり入った鱧を見かけたのこの日のメインにすることに。

他はごく簡単なアテを用意して、今季初めてぬる燗をつけることにしました。




ハモの小鍋仕立てでぬる燗を堪能

*はもの小鍋仕立てでぬる燗を堪能

・鱧、豆腐、たまねぎの玉子とじ

・オクラの梅カツオ和え?

・なすびの炒め煮

・厚揚げの網焼き

・結び糸こんにゃくの煮物


ダシは一人やったんで、白だしにしときましたが、それを加える前にたっぷりのお湯で鱧の骨をコトコトと煮込みました。

白だしで味付けをしてやるとええ旨みが出てましたわ。

そこに繊維に直角にざく切りにしたタマネギを加えて煮込み、豆腐も加えて煮込んから鱧の身を投入。

鱧は煮過ぎないように注意して、最後に溶き卵を回しかけたら出来上がり。

鱧の身ぃ自体はやっぱりスーパーの安いヤツのせいか、ちょっとコクが薄いというか、身に味が無いというか・・・。

骨切りもぞんざいでちょっと口に骨が当たったのは減点ですが、ダシが美味くてそれだけで酒が進んだんでヨシとしときました。



161016kobachi.jpg

*オクラと香味野菜の梅カツオ和え

オクラの輪切りに、ミョウガと白ネギのみじん切り、かつお節とチューブの梅肉を加えました。

食べる時に香り付け程度に醤油を垂らしましたが、ええ風味でしっかり酒の肴になりました。

自宅でクーラーを使わないんで、真夏はさすがに燗酒を飲もうって気にはなりませんが、こうやって燗酒を飲んでみるとやっぱり自分は燗が好きやなぁって思いましたわ。







鱧の小鍋仕立ては、一人用にはかなり大きい土鍋を使ってたっぷり用意。





中の具を食べてもスープが残ってたんで大事に置いておきました。





一日おいて10月の1日にもう一度そのだしで小鍋仕立てを。




鱧鍋の2回目もご機嫌

*鱧鍋の2回目もご機嫌


アテの方は、ほぼ1回目と同じです。

厚揚げをチンで熱くして、めんつゆをぶかっけたくらいが違いですね。

ダシの量が減ったんで土鍋は二回り小さいサイズでやりましたがまだはもの身がそれなりに残ってたんで文句なかったですわ。






昨日は電車嫌いの私にしては珍しく電車を乗り継いで阪急の川西能勢口駅のそばにあるホルモン屋「たからや」へ。

こばやしさんが誘ってくれたんで、頑張って電車に乗ったんですがめっちゃディープで濃ゆいお店でしたわ。

豚ホルモンがメインでどれも1本150円って値段なんですが1本のサイズがすごくてえらくコストパフォーマンスが高かったですねぇ。

その後梅田の新食道街に寄って軽く飲んで帰ったんですが、家でジントニックを作って本を読もうとしたまま沈没してました。

読書用のキャンプイスの横にジントニを運んだんですが、その後音楽でも掛けようとしたんですかねぇ。

メインの座卓の前で落ちて、気がついたら夜中でしたわ。





*朝の体重:58.10kg。(目標オーバー。)

*今月の休肝日:5日(今日は酒無しにせんとな。)

 
posted by えて吉 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

沖縄風の塩焼きそば 三つ葉入り

今日は夕方に修学旅行に行ってる姪っ子1号の迎えを頼まれてるんで、小ネタをアップしておきます。

食べたのは9月29日なんですが宴会用に買うた三つ葉が余ってました。

それとキャベツ、もやしに豚をちょろっと入れて焼きそばを食べることにしました。

「沖縄風」ってのは少し前に焼きビーフンの記事と同じで「沖縄そばのスープの素」を味付けに使ってるってだけです。

沖縄そばの麺自体を使って焼きそばをやればもっと沖縄っぽくなりますが、使ったのはごく普通の焼きそば用の麺です。(^_^;)

沖縄風塩焼きそば 三つ葉入り

*沖縄風塩焼きそば 三つ葉入り

三つ葉が入ってるとあっさりしてぐっと和風になりますねぇ。

食べる時にコーレーグースを掛けると、もう間違いなく「沖縄風」ですわ。

泡盛の香りさえあれば、なんでも沖縄を感じてしまうかもしれませんねぇ・・・。

野菜の炒め具合は割とシャキッと仕上がってええ出来でしたが、ちょっと量を控えすぎたんで全体の食べ応えはいつもより少なめでしたわ。



暑いうちにヌードルメーカーで沖縄そばの麺を作ってスープの素を使おうと思ってたんですが、急に涼しくなりましたねぇ。

もちろん、沖縄そばが夏限定の食べ物って訳では無いんで涼しくなってから食べてもええんですけどね。






*朝の体重:57.50kg。(余裕があるから朝からヌードルメーカー使ったりました。)

*今月の休肝日:4日(今日は酒抜きやなぁ・・・)

posted by えて吉 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

ショートパスタの「フィデウア」

パスタで作るパエリアの「フィデウア」はお米より気楽に作れるんで最近よく作ってます。

記事としてアップしてない分も含めて今までは普通のスパゲティや細めのカペッリーニなどのロングパスタでやってたんです。

ショートパスタでも出来るとは聞いてたんですがフィデウア用とかっていうヤツは極細のマカロニのようでした。
 *ブログ仲間のぷるみえさんがそっち系のやつを食べてはりました。

リンク先のヤツは商品の価格自体は手頃やけど、送料がむちゃくちゃ高いんで買う気にはなれず。

もしどこぞの店頭で見かけたらと思ってたら業務スーパーでマカロニみたいな形状では無いけどえらく細かいヤツを見つけたんです。

アルファベットをかたどっててちょっと子供向けの食い物っぽくておっさんとしてはやや躊躇いましたが買うてみました。

値段は忘れてしもたんですが、まあ業務スーパーのブツなんでごくごく安いもんでした。





実際に作ったのは9月の15日になります。




フィデウアを作るために用意した食材はこんな感じです。




ショートパスタのフィデウアに使った材料

*フィデウアに用意した食材

・マイタケ、しめじ

・ニンニク

・トマトソース

・ししとう

・えび、イカ、鶏、干しエビ

・タマネギ

・トマト

・アルファベットのショートパスタ

右上の黄色のが今回見つけたショートパスタなんですが、非常に小さなアルファベットです。

パスタの茹で時間が11分なんでちょっとたっぷりめにスープを作りました。

で、しっかり旨みを出そうと、干しエビをプラス、味付けにニョクマム(魚醤)を隠し味に。

それとじゃっかん邪道っぽいですが、鶏ガラスープの素も加えてやりました。





出来上がったのはこんな感じです。






ショートパスタのフィデウア(Fideua)

*ショートパスタのフィデウア(Fideua)

パスタの食感は、ご飯に混ぜて食べる押し麦を思い出すようなツルンとした感じでした。

色々強引にスープを強化?した結果、パスタにしっかり旨みが入ってなかなかええ感じでしたわ。

茹で時間が長い分、煮込んでても柔らかくなるまでけっこう時間がかかりましたがこういうタイプも美味いなぁと感じましたわ。





*昼の体重:58.00kg。(目標ジャストで余裕ナシ)

*今月の休肝日:3日(昨日も飲んだから今日は酒抜かんとあかんなぁ・・・)
 

 
posted by えて吉 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

残り物を使い切る「キムチ焼きそば」

昨日は名古屋できしめんを食べたあと、岐阜県の関市に移動してうなぎを食べてから帰って来ました。

4時頃には自宅に戻ったんですが時間が早かったこともあり一緒に行っただいこんさん、ishさんもうちに来てもうてチョイ飲み。

5時になってだいこんさんは別の飲み会へ。私とishさんは近所の行きつけの居酒屋さんへ。

居酒屋1軒で解散したんですが、二日間みっちりと遊んだおかげで今朝はけっこう疲れが残っておりました。(^_^;)

それでも実家のオカンの運転手を頼まれてたので7時前には起きて大東市の市民会館まで。

帰って来たのは昼頃でしたが、もうなんにもやる気なしですわ。

というわけで、今日は名古屋に出かける前日に食べた残り物処理の焼きそばをご紹介。



残り物処理で「キムチ焼きそば」

*残り物処理で「キムチ焼きそば」

冷凍してあった焼きそば用の袋麺を使いました。

そこに入れた具はまず肉っ気としては残ってた釜揚げシラスを全部。

さらに旨みとしてオキアミの干しエビをプラス。

野菜はキャベツに、残り物のブロッコリーを茎ごととしめじ、水菜。

味付けは下味の塩を使わずにキムチの塩気と最後にニョクマム(魚醤)を回し掛けました。

キムチはスーパーの安物であんまり辛くないんで炒めてる時にたっぷりの一味を加えて、さらに盛り付けてからも上から一味を振ってやりました。

盛り付けてからも少し魚醤を垂らして風味をアップ。

これでちょっとずつ余ってた食材が色々と使い切れて、安心して名古屋に出かけられたという次第です。







*朝の体重:58.00kg。

*今月の休肝日:3日
 
 
posted by えて吉 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

目新しい気分で「焼き物三種盛り」

しばらく前に網焼き系の料理3つを盛り合わせにしたんですが、ちょっとだけ新鮮味を感じて嬉しかったんでご紹介しておきます。

最近はほっとんど新しい料理ってやってないんで、食べた時に味は美味しいのに目新しさを感じることがないんですよねぇ。

料理自体に新鮮味があることが一番ですが盛り付けやらちょっとした薬味の変化でもかまわんのです。

今から紹介する料理を食べたのは9月の13日のことになります。

この日は朝のうどんがしっかり腹に溜まったんで昼ご飯は無しで、その代わり晩ご飯を早めに食べることに。

テレビで大相撲を見ながらやったんでちょっと遅い昼酒みたいな晩酌になりました。





そんな料理がこちらです。






新鮮な気持ちで焼き物3種盛り合わせ

*新鮮な気持ちで「焼き物3種盛り合わせ」

・焼き物3種盛り

・塩豚

・チャンジャ

・なすびとししとうの味噌炒め煮

・小松菜の煮物

・めかぶ

・オクラと生キクラゲの中華風和え物


網焼きのししとう、はさめず醤油のもろみ漬け豚肉、厚揚げを焼いてこの長方形に更に盛りました。

しょっちゅうやってるような網焼き系ですが、この更にこんな風に盛ったことがなかったんで一人でちょっとだけ嬉しくなってました。(^_^;)

はさめずってのは三重の方の醤油のブランドで、長らく使ってきたもろみの最後に一味をたっぷりまぶした豚テキ用の豚を漬けました。

生ものを漬けるとその後繰り返し使うのが気持ち悪くて一部を取りだして少量ではやってました。

もう残り少なくなってきたんで最後に豚を漬けてやりました。

一晩漬け込んで、これは魚焼きグリルで焼きました。

ししとうはポン酢で、豚はそのまま、厚揚げは生姜醤油で食べました。

いつもと違う皿に盛っただけで気分が変わったのでラッキーでしたわ。





*朝の体重:57.35kg。(休肝日明けで理想値クリアは上出来。)

*今月の休肝日:2日(今日も週末に備えて酒抜かんとあかんねんなぁ。)


posted by えて吉 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

久しぶりに作った「自家製麻婆の素」

今日は朝の5時過ぎにトイレに行ったら寝直しに失敗してしまいました。

30分くらいは寝直そうとベッドで寝転がってたんですが、結局諦めて6時頃には起きることに。

そこからだらだらしてたんですが、11時頃になって朝ごはんを済ませたら朝から決意してた「自家製麻婆の素」を作ることに。

マーボの素があれば、麻婆豆腐だけでなく、なすびやもやし、春雨なんかを使って麻婆系の料理が簡単に出来るんで昼飯に重宝するんですよねぇ。

以前作って冷凍してあったヤツがなくなってから、作ろう、作ろうと思ったまま1年くらい経ったんじゃないでしょうか・・・。(^_^;)

その間、豚バラのスライスを買うて冷凍してはみるんですが、炸醤麺の元を作ったり、別の料理に使ったりと延び延びになってました。

3ヶ月以上前に買うた豚バラ肉が冷凍庫に置き去りにされてたんですが、3〜4日前に意を決して白ネギを買いました。

白ネギは手元にあったけど、それを麻婆に使ったら無くなるからっていう理由で一束買い足したんです。

白ネギのダブつきで自分にプレッシャーを掛ける作戦です。

そしてやっと今朝になって実行に移したという次第です。




冷凍してあった豚バラ肉のスライスはかなり時間が経ってましたが幸い冷凍焼けは起こしてませんでした。

そいつを調理を始める少し前に冷凍庫から出して室温で放置。

空きっ腹で濃ゆい炒め物をやるとキツイんで朝ごはんを食べてから段取りを開始。

まずは白ネギ2本弱をみじん切りにして、香味野菜としてすり下ろしショウガとみじん切りのニンニクを用意。

包丁の刃が通るようになった豚バラ肉をまずは縦に細くスライスしてその山を90度回してさらにカット。

包丁で粗刻みにしたミンチが用意完了。

フライパンでまずはにんにくをじっくり炒めて香りを出したら、そこに白ネギのみじん切りを投入。

白ネギが炒まったら豚肉を投入して、しばらく炒めました。

その上から一味をたっぷり加えて、フライパンに空いた場所を作ってノーマルの豆板醤と真っ黒の豆板醤を2種類を加えてそれだけを炒めてやりました。

焦げ出す前に醤油をタラリ、オイスターソースもたらたら〜っと加えて、全体に混ぜ合わせました。

酒をプラスしてアルコールを飛ばし、さらに朝天辣椒もプラス。創味シャンタンをてけとーに加えて全体に馴染ませたら出来上がり。




久しぶりに作った「自家製麻婆の素」

*久しぶりに作った「自家製麻婆の素」


花椒は入れてないんでしびれるような辛さはなしで。

麻婆豆腐などの本格的な作り方は知らんので、このええ加減な麻婆の素で”アリ”やとしておきました。

冷めたら凍らせてから適当に砕いて保存しとこうと思ってます。

この素があれば、手元にあるモンでちゃちゃっと麻婆な昼ご飯が作れるんで便利になりそうですわ。

作る時は小鍋にこの素を適当にぶち込んで味を調えて、豆腐なりモヤシなり使いたい食材をぶち込んで片栗粉でトロミを付けるって流れで行きます。

同じようにまとめて作ってるトマトソースなんかは応用範囲が広いんで切らす訳にはいかんって感じです。

麻婆はそこまで必要不可欠ではなかったためずるずる作るのが遅くなってしまいましたがこれで一安心です。


*朝の体重:58.05kg。(高知ではそんなに食べてないし、昨日も多くはなかったのになぁ。)

*今月の休肝日:0日(3連チャンで飲んだから今日は酒抜かんとあかんなぁ・・・。)

posted by えて吉 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

レタスを食べる切るために「タコライスチーズヤサイ」

今日も朝の体重に余裕が無くてあんまりやりたくないんですが起きたのが遅めやったんで朝メシ抜き。

昼過ぎになって何を食べるか迷いながら冷蔵庫をチェックしてたらけっこう前からおるレタスを発見。

まだ特に傷んだりし始めてなかったんですが、そうなる前に食べることに。

レタスを買うたのはそもそもタコライスをやるためやったんで、ラストもタコライスで使い切ることに。

残念ながら生のトマトはなかったので我慢。

アイスキューブ2個分のトマトソースを解凍して、そこに青唐辛子とタマネギのみじん切り、タバスコと一味を加えて再度電子レンジでチン。

ご飯はデブッてるんで一番小さいパックにしときました。




見た目のぶさいくな「タコライスチーズヤサイ」

*見た目の不細工な「タコライスチーズヤサイ」

小さなパックの中にふんわりとしかご飯を詰めてなかったんでえらく量が少なめでした。

で、それを真ん中に広げたらえらく更に余白が出来ました。

多少タコミートとチーズの様子が見えるようにと思って大量のレタスを偏らせて盛り付けたらこんなブサイクに。(^_^;)

レタスを半分くらいにして写真を撮れば良かったんですが、ある分を全部盛り付けようとするからこんなことになるんですよねぇ。

ごはんが極端に少なくてタコス味のサラダに少しご飯が混じったような状態でした。

見た目は悪くなりますが、全体をよく混ぜて馴染ませてからわしわし行っときました。



*朝の体重:57.95kg。(なんとか目標はクリアしたけど全然余裕ナシ。)


*今月の休肝日:9日(今日はもう一日飲んでもええかなぁ・・・。)
posted by えて吉 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

「煮込みビーフン」にたっぷり三つ葉

今日の昼に食べたビーフンをサクッとご紹介しておきます。

続けて読んでもうてたらバレてると思いますが、ビーフンを食べるってことは体重に余裕が無いってことです。(^_^;)

朝の体重が目標をオーバーしてたんで朝は小さめのおにぎらず。昼も出来るだけ控えた方がええんでビーフンにしといた次第です。

具としては宴会からの残り物を出来るだけ使うことに。

肉っ気は豚バラ肉を2枚。1/4個残ってた玉ねぎをやや厚めにスライス。

アヒージョにしようかと思って買うたけど使わんかったマッシュルームが2パックもおったんでいくつかをスライス。

豚と玉ねぎ、マッシュルームを炒めて、香り付け程度に醤油を少し、日本酒を加えてアルコールを飛ばしてから戻したビーフンを投入。

水を加えて創味シャンタンで味付けしてオキアミの干しエビを投入。

しばらくビーフンを煮込んでからもやしのナムルを投入。

宴会のアテとして作ったナムルでしたが出さなかったんで、たっぷり余ってしまったんです。

すでに火を通してあるんで最後に加えて温める感じにしました。

最後に水溶き片栗粉で全体をまとめて出来上がり。




煮込みビーフンにたっぷり三つ葉

*煮込みビーフンにたっぷりの三つ葉

三つ葉も宴会でナムルにして出すつもりやったんですが、出さなかったんで2束余ってしまいました。

そこでざく切りにしてたっぷりと添えてやりました。

中華に三つ葉が加わるとちょっとあっさりした風味になりました。

ちょっと違和感がありましたが、とりあえず一束の7割ほど使えたんでよしとしときました。






*朝の体重:58.15kg。(昨日はしょぼい居酒屋で身内宴会。で、目標オーバー。)

*今月の休肝日:8日(今日は酒抜かんとしゃあないわなぁ・・・。)
 
 
posted by えて吉 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

精米したての炊きたて新米で「玉子かけごはん」

昨日は朝から家宴会の用意でバタバタしてたので更新出来ませんでした。

3時頃から参加者が集まり始めて、のんびりと飲み会がスタート。5時過ぎには全員が揃ったと思うんですが、最終的にみんなが帰って洗い物を片付けたのは朝の3時半頃でした。(^_^;)

ゆっくり寝ようかと思ったんですが、寝直しに失敗して9時前には起きました。

冷凍ご飯が切れてたこともあって、昨日の宴会でだいこんさんから頂いた新米を炊くことに。

お米はだいこんさんの親戚が作ってるモノで、新米な上に昨日に精米したばかりというベストな状態。

まだ手元に古い米はあったんですが、せっかくなんで新米から食べてみることに。

だいこんさん曰く水分量が多めやから普通より2割くらい水を控えたらええと。




炊きたてご飯の食べ方を玉子かけにするか明太子にするかで迷ったんですが、最終的には玉子かけに軍配が上がりました。






精米したての新米で「玉子かけご飯」

*精米したての新米の炊きたてご飯で「玉子かけご飯」

お米の一粒一粒がピシッとして、世間的にはかなりええ炊きあがりやったんじゃないかと思います。

ただ、個人的には柔らかめのご飯が好きなんで、ちょっと固く感じてしまいました。

玉子の黄身の色はそんなに目立つ色ではなかったんですが、けっこう鮮度のええヤツです。

写真を撮ったら、カツオ節と味付け海苔を刻んだヤツを振りかけて、七味もパラパラっと。

醤油をかるく回し掛けてワシワシ。

多少固めには感じましたが、美味かったですねぇ。

玉子かけのあと、ほんのちょっとだけご飯をお代わりして、今度は敦賀で買うた「唐辛子ととみそ」を添えて食べてみました。

そちらもご飯にようあうおかず味噌で炊きたてご飯と食べるとめちゃウマでしたわ。

だいこんさんには大感謝です。









*朝の体重:計測無し。(理想値未満)

*今月の休肝日:8日(今日は宴会料理の残りで飲んだろ。)


posted by えて吉 at 13:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

シーズンに一度は食べたい「空芯菜のニンニク炒め」

12日は冷蔵庫の野菜在庫が乏しかったんで羽曳野の道の駅まで買い出しに出かけました。

スーパーの野菜の値段がこのところの天候不順でだいぶ上がってましたが、道の駅では何品か納得出来るええ値段で野菜を仕入れられました。

中でも今シーズンまだ食べてなかった空芯菜は他の献立との組み合わせで迷いましたが、もうシーズンが終わりそうやったんで思い切って買うことに。

色んな野菜が一年中出回ってますが、空芯菜はほぼ夏に限定されるんでその時期に一度くらいは食べときたいんですよねぇ。





その日の晩ご飯はさっそく買うて来た野菜を使って何品か用意しました。






季節に一度は食べたい「空芯菜」など

*季節に一度は食べたい「空芯菜」など

・豚テキ

・なすびとししとうの味噌炒め煮

・小松菜と干しエビの煮物

・空芯菜のガーリック炒め

・おくらと生キクラゲの和え物



空芯菜って年に1〜2回しか食べないんですが、毎回この食べ方ばっかりです。

フライパンにニンニクの粗めのみじん切りを入れて、ゆっくり香りを出したら空芯菜の茎から順に加えます。

ごく軽い塩コショウをしてから酒を少し垂らして鶏ガラスープの素をパラパラ。

最後に葉っぱの部分を加えてざっくり混ぜたら出来上がり。

買うて来た一束をペロッと食べ切りました。

小松菜はオキアミ?の干しエビを白だしの中でしばらく煮込んでから一緒に炊いてやりました。

シシトウはざく切り、ナスビはシシトウに合わせて小さめの賽の目切りに。

茄子とししとうを炒めて、予め味噌、醤油、みりん、一味、酒を合わせて溶いておいた調味料を掛けたらある程度煮詰めて出来上がり。

豚は道の駅で買うたわけはなく、帰り道のスーパーで。

ちょっと厚手の豚テキ用やったんですが、しばらく室温に放置してから塩コショウを揉み込みました。

ニンニクをスライスして、油と一緒に香りを出して取り出しておきました。

豚を入れてからじっくり焼いて裏返したらフタをして蒸し焼きに。

空芯菜を最後に炒めてたら、完全に火が通り切ってちょいと固めの仕上がりになりました。

今シーズンは食べ逃したかと思ってた空芯菜が食べられただけで大満足の晩ご飯でした。
 






*朝の体重:58.15kg。(旅明けやからしゃあないか。)

*今月の休肝日:6日(今日は酒抜かんとアカンわなぁ。)
 

posted by えて吉 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする