2018年02月13日

もやしの中華風カレー丼

ちょっと前の休肝日に食べた丼物がけっこう美味しかったのでサクッとアップしておきます。

食べたのは1日の晩ごはんとしてなんですが、手元に食べんとアカン厚揚げともやしがあったんです。

中華風の丼にして食べることにしたんですが、この日はなんとなく気が向いて中華風のカレー味にしてみることに。


冷凍してあった豚バラ2枚ほどを刻んでフライパンでニンニクと共に塩こしょうをして炒めて、厚揚げを投入したらそっちにも軽く塩コショウ。

香り付け程度の醤油、オイスターソースを垂らしたところに日本酒を注いでアルコールを飛ばしました。

水も少し加えて創味シャンタンで味付けをしてから五香粉(ウーシャンフェン)、カレー粉と唐辛子をぶち込んでやりました。

片栗粉でとろみを付けてからもやしを一袋加えて、とろみに絡めながら火を通してやりました。

もやしは炒めるか迷ったんですが、今回は汁気に絡めて火を入れたのでけっこうしゃきしゃきに仕上がりました。




もやしの中華風カレー丼

*中華風カレーもやし丼

厚揚げが入ってるおかげで、ちょっと食べ応えが出てました。

肉の量はごく少なめやけど、カレーの風味がしっかり効いてて全体としてはなかなか美味かったですわ。

食材を無駄にする前に使えたし、休肝日の単品食いとしては多少目新しさもあってけっこう満足出来ました。

ご飯の量がごく少なめでしたが、美味かったこともあってもっとガッツリ食べたいなぁとは思ってしまいましたけどね。(^_^;)







*朝の体重:58.20kg。(晩ごはんの後でいらんもん食べたからなぁ・・・。)

*今月の休肝日:4日(今日は休肝日にせんとな。)

 
posted by えて吉 at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

「しっぽくそば」と「しっぽく雑煮」

何日か前にアップしたしっぽくうどんのその後についてペロッと上げておきます。

香川のうどん屋3軒でしっぽくうどんを食べた翌日に仕込んだしっぽくうどんの具は4日の日曜日になってやっと初めて食べました。

最初に仕込んだ時には厚揚げを入れようかと思ってたんですが、仕込んだ鍋が一杯になってしまい断念しました。

買うてある厚揚げを使いたかったのと、大根の割合がもっと多い方がええなぁと思ったので5日になって追加で仕込み。


残ってたしっぽくの具からダシと親鶏を別鍋に移して、大根と厚揚げを加えて、水も足したらいりこだしの素と塩、淡口で味を調整。

追加の具だけを保温鍋で保温調理して、夕方になって残してた前日の具と合わせて温め直し。

最初はうどんで食べる気やったんですが、香川ではけっこう冬場にそばを出す店があり、一部ではしっぽくそばもあるのを思い出しました。

ちょうど年越しそば用に買うた二八そばが一食分残ってたんでそれを食べ切るのにもちょうどええからしっぽくそばにしてみることに。







信州のそばで「しっぽくそば」

*信州そばで「しっぽくうどん」

具が多すぎてまったくそばが見えないですが、ご容赦を。

この写真をある知り合いに見せたら「(具が多すぎて)下品や、ありえん」ってなことを言われてしまいました。(^_^;)

香川ではけっこうたっぷり具を盛ってくれるところがあるんで、それに倣ってみたんで自分としてはこれはありなんですけどねぇ。

追加で煮込んだ厚揚げもなかなかよかったし、大根もたっぷりで食べ応えがありましたねぇ。

そばは茹で時間を短めにしたんで、食べ終わるまで時間が掛かりましたがけっこうコシが残ってええ具合でしたわ。




6日は麺は無しで、まだたっぷり残ってた具とダシを晩酌の時の汁物として楽しみました。




これでだいぶ減ってあとはダシと具がほんのちょろっと残っただけでしたが、当然キープ。


7日になって麺類を食べるには少なすぎるなぁと思ってたら、しっぽくのダシでお雑煮を食べてみようと思いつきました。

しっぽくうどんは今までに何回も作ってますがお雑煮に流用しようと思ったのは初めてですわ。





最後は「しっぽく雑煮」

*ラストは「しっぽく雑煮」で

ダシは温め直すだけやから、お餅の方はIH用の焼き網で時間を掛けてじっくり焼いてやりました。

お餅を食べるには麺の時よりダシに塩気が欲しいと感じたんで途中で少し塩を足しました。

香川の人がこんな食べ方をやるかは全く分かりませんが、残り物処理としてはなかなか良かったですわ。

最後の最後まで自分の作ったモノを無駄にせんで済んだんでご機嫌でしたわ。






今日は昼から神戸に住むツレMと家で飲み食いすることになってます。

メインが鍋やから用意としては楽なんですが、朝の7時過ぎに電話が鳴って飛び起きました。

妹からで、姪っ子2号が高熱やから病院に連れてくれと。

病院が8時半からなら宴会に支障はないやろうとオッケーしました。

妹は仕事があったんで病院で待ち合わせて交代。インフルエンザかも知らんって言うんでマスクももうて一緒に診察。

インフルエンザの検査をしたんですが、結果は陰性。ただし、発熱に気づいたのが昨日の夜中やったんでまだ検査に出るか微妙だと。

結局は解熱剤だけもうて経過観察することに。姪っ子1号は学校が休みで家におったんでその後のお守りは任せて私は撤収してきました。

今日から3連休ってないやタイミングですが、チビッコってほんまに今はやめてっててタイミングで病気になることがありますなぁ。(^_^;)

とりあえず私は最低限のことはしてやったんで、これから家飲みに備えるとしますわ。






*朝の体重:正確な計測無し。(57.5kgぐらいか。)

*今月の休肝日:4日(2連ちゃんで酒抜いて少し余裕が出たかな。)
 
 
posted by えて吉 at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

お造りの盛り合わせ&珍しく「海鮮丼」

イベントネタが続いたのでごく普通の晩ごはんものをアップしておきましょう。

1月の24日の晩ごはんになりますが、この日は朝の体重が目標オーバーで節制はせなあかんなぁと思ってました。

そこで朝のうちにデブの味方と信じてこんにゃくだけ炊いておきました。

板コンニャクをフォークでメッタ刺しにして表面に細かく隠し包丁を入れてからたっぷりのお湯でアク抜き。

そいつを昆布だしでことことやってそのまま室温で置いておきました。

その後で毛が伸びすぎて鬱陶しくなってたんで住之江区の日帰り温泉に出かけて散髪とお風呂を楽しみました。

湯上がりに汗が引くまでと手に取ったマンガにはまってしまい予定より長く滞在。

朝ごはんが少なかったせいで気持ち悪くなるほど腹が減ったので、風呂屋の近所にあるスーパー「マルナカ」へ。

簡単に出来るモノってことでメインはお造りで行くことに。

この時は日本酒とイカ納豆が食べたかったのでイカが入ってるお造りの盛り合わせを買うことに。

盛り合わせは680円もしてちょっと普段の晩ごはんには贅沢に思いましたし、量的には一人で食うには多かったんですが他に食べたいモノも浮かばなかったんでそいつをカゴへ。






家に帰って急ぎで用意したのはこんな晩ごはんです。







お造りの盛り合わせ中心に晩ごはん

*刺し身の盛り合わせメインの晩ごはん

・お刺身(魚種不明。ツバスかな?)

・アジのなめろう

・イカの塩辛

・菜の花のおひたし(惣菜)

・イカ納豆

・ホルモン豆腐 味噌味

・シシトウの網焼き

・白菜の漬け物

・こんにゃくの煮物 ショウガ醤油


刺し身のうち正体不明のヤツはそのままで食べることに。

アジは味噌、ネギ、ショウガ、大葉と叩いてなめろうに。

イカは当初の予定通りイカ納豆。

これ以外にマグロも4〜5切れ入ってたんですがこれは明らかに多すぎたので食べませんでした。




前日に食べた「モツ鍋(ホルモン鍋)味噌味」

*前日に食べたホルモン鍋(モツ鍋) 味噌味

少し前に外であっさりした白味噌のモツ鍋を食べたら、食べ慣れたもうちょっと濃ゆい味噌味が食べたくなって市販の鍋スープでやりました。

ホルモンは下茹でして冷凍してあったヤツを使いました。

この鍋ではむちゃに食べ過ぎないように気を付けたんですが、翌朝の体重がアウトやったんですよねぇ。



で、ホルモン鍋のスープもホルモンも余ってたんで翌日になって豆腐を加えて煮込んでやりました。


白菜の漬け物は少し前に酒屋の角打ちで食べたヤツがえらく美味かったので、ついその記憶に引かれて買うてしまいました。

スーパー「ライフ」のPB品は美味かった角打ちのとは全く似ても似つかず漬け物どころか塩味のサラダだとも言えんショボさでしたわ。



お造りはけっこう多かったので、結局そのまま食べようとした正体不明のヤツは二切れだけ食べて残しました。

コンニャクも1つしか食べずだったかと。

翌日の朝イチの体重はなんとか目標の58kgはクリアしてたんで、軽め目の朝ごはんを食べました。

そして昼には贅沢かと思ったんですが残ってたお造りを食べてしまうことに。





翌日は残った刺し身で珍しく「海鮮丼」

*翌日は残った刺し身で「海鮮丼」

個人的に海鮮丼ってあんまり惹かれないんで、こういう刺し身が珍しく余ったとかで無いとあんまりやらないんですよねぇ。

まぁ昼ご飯ごときにわざわざお造りを買うて海鮮丼ってのは贅沢ですし。

前日に手を付けなかったマグロと正体不明の魚、イカ納豆で余ったイカを乗せました。

マグロは醤油にめんつゆを少し加えたタレを揉み込んでヅケ風にして、ほかの2つには普通のわさび醤油を掛けて少し変化をつけてみました。

ご飯が少ないのでえらくお刺身の量が勝った海鮮丼になりましたが、めったに食べないんで目新しさがあって楽しめました。

一口食べて、シラフではもったいなすぎてちょっとばかりコップ酒を入れてしまいました。(^_^;)

1回で食べるには贅沢かと思った刺し身の盛り合わせもこうやって翌日の昼ご飯まで出来たらまずまずでした。




*朝の体重:58.20kg(はぁーまた目標オーバーや。)

*今月の休肝日:3日(2月は日数が少ないから今日も酒抜くぞ。)





posted by えて吉 at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

久しぶりに豚骨スープで「焼きラーメン」

先月の31日のお昼は久しぶりになんちゃってな焼きラーメンを作ったのでご紹介しておきます。

九州の博多に行ったことはあるんですが、屋台で飲み食いすることも無く本場の本物の焼きラーメンは食べたことが無いままです。

以前生協を取ってた時に冷凍食品で焼きラーメンって商品があったんでそれで食べたり、後はラーメンセットみたいなヤツでも食べたような気が。

なんにせよこれが焼きラーメンやってなことをなんも知らんままずっとええ加減な作り方でやっております。

焼きラーメン発祥の店では豚骨スープにソースを加えるようですが、ラーメンスープにソースってのはあんまり惹かれないのでそれは無しで。

うちで作る時はながらく手元にあった創味パイタンっていう濃縮スープを使ってたんです。

買うたのはインスタントとかの普通のとんこつラーメンのスープを増量するためやったんですが、たまにしか使わないのでなかなか減らなかった記憶があります。

何年も掛けて使い切ったんですが、もう一度買い直す気になれずしばらく切らしてました。

それで先日天満の卸売市場に行った時に地下のスーパーみたいな業務食料屋をじっくり眺めてたら小分けのトンコツラーメンスープを見つけたんです。




小分けの「豚骨ラーメンスープの素」

*天満で買うた小分けの「豚骨ラーメンのスープの素」

10個ほど入って値段は200円ちょっとだったかと。

余りに安いんでレジのトコでもしかして小分けの袋1つがその値段なんか?って考えが頭に浮かんで焦ってしまいました。

でも、実際はそんなことなく10個でその値段やったんで、小袋一つ30円しないお手頃価格でした。




28日にやった宴会でLAKSAさんがカキのキムチ炒め用に大量のキムチに厚揚げ、もやしなどを持って来てくれはったんです。

申し訳ないことに当日はバタバタして他のメニューを用意してる間にカキキムチ炒めは作らずじまい。

ケース3つ分のキムチは1つを私が頂き、他の2つは参加者でじゃんけんして分配。

その時のもやしが余ってたんでそれを使うためにと焼きそばを作ることにして、その味付けを考えてて今回の焼きラーメンが浮かんだんです。




麺はスーパーで売ってる安物の袋入りゆで麺の焼きそば用が冷凍庫にあったのでそれを使いました。




豚骨スープで「焼きラーメン」

*豚骨スープの素で「焼きラーメン」

豚バラ肉少々を炒めて塩コショウし、キャベツのざく切りを投入。電子レンジで解凍しておいた焼きそばの麺を投入。

もやしも加えてザッと炒めたら小分けのスープをそのまま全体に掛けて、少しだけ水を注いでやりました。

全体に味が行き渡ったら出来上がりとして、皿に盛ってからゴマとネギを散らして紅ショウガを添えてやりました。

久しぶりでしたがなかなか美味しくて、麺は少ないけどたっぷりのもやしなどのおかげで食べ応えもあって良かったですわ。

それにしても頂き物のもやしが、けっこうな日にちが経ってもへたらんかったのでビックリでした。

普通ならもうごめんなさいするか、そこまで行かんでもクサイ匂いがしそうな時期でもピンシャンしてました。

もやしを無駄にせんで済んだし、昼飯として美味かったし、久しぶりのモノを思い出せて良かったですわ。






元祖の屋台「小金ちゃん」ってトコはえらく並ぶようですが、この記事を書くのに調べてたらこの屋台の居酒屋バージョンも発見。

九州に行くことがあったら、焼きラーメンを頼むかは別に軽く飲みに行ってもええかもなんて思ってしまいました。

 *あの焼きラーメン発祥の店!福岡の伝説的な行列屋台「小金ちゃん」の居酒屋バージョンはやみつきメニューの宝庫だった




*朝の体重:57.65kg。(身内宴会明けでこれならまぁええやろ。)

*今月の休肝日:1日(今日は酒抜かんとあかんなぁ。)


posted by えて吉 at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

久しぶりに香川風の「しっぽくうどん」

2日の金曜日に出かけた讃岐うどん巡りでは5軒中3軒でしっぽくうどんを食べましたが、翌日には家でしっぽくうどんを仕込みました。

香川でしっぽくうどんを食べてても店によって中に入ってる具は違うし、だしの種類や味付けもそれぞれの個性あり。

というわけで大阪人で正式なしっぽくうどんの作り方は知りませんが自分の思うように香川風のしっぽくうどんを作りました。

しっぽくうどん自体は本場に食べに行くだけでなく冬場になると自分でも作りたくなるんですが、この冬はまだ作ってませんでした。

久しぶりに作るにあたって、いくつかのモノは香川で買うたばかりのモノを使いました。

まず道の駅滝宮では以前から何度か買うてるいりこのダシパックを久しぶりに買い直しました。現地のスーパーで売ってる地元の人向け日の出製麺所の生讃岐うどん
も久しぶり買い込みました。

同じくスーパーで真空パックになってた親鶏を二パック調達し、大根の一部も現地で買うたモノを使いました。



まず土曜日の朝イチで昆布を水に浸けておきました。

昼間は一人焼肉をやったりしてたんで、しっぽく作りは夕方になってスタート。

昆布だしを引いてからいりこのダシパックを投入。

そこに大根、にんじん、ごぼう、ちくわ、親鶏をぶち込んでコトコト。

ほんまは香川で入ってた豆腐や薄揚げの折衷案?で厚揚げを入れようと思って用意してたんですが、具が多くなりすぎて鍋に入らず断念。

しめじも買うてたんですがこちらもパスしてしまいました。

15分くらい煮込んでから保温鍋の外鍋にセットして保温調理。

3時間ほど保温してから室温に戻してしばらく放置して、夜はベランダに出しておきました。






朝になって一部は実家にお裾分け。






今日の昼過ぎになってやっと自分で食べることにしたので、大鍋から必要な分だけ小鍋に移して温め直し。







久しぶりに作った香川風「しっぽくうどん」

*久しぶりに作った香川風「しっぽくうどん」

そういえば冷凍の小芋も入れようと思ってたんですが、これまた鍋がすでに一杯で断念したんでした。

その代わりとは言えませんが、冷蔵庫に1月末が賞味期限の生麩がおったんでそいつをいくつか小鍋の方に入れてやりました。

別にしっぽくに合うと思った訳ではなく、ただ単に正月のお客さん用にと買うた雑煮用のヤツが使わないままだったので入れただけですけどね。(^_^;)

普段歯応えを残したいゴボウはしっかり煮えて柔らかくなってましたが、大根は柔らかくなりすぎずええ加減の煮え方でした。

本来かなり固いであろう親鶏もしっかり煮込んだせいかほどほどの固さでした。

そして何より美味かったのが野菜やら色んな具から旨味の出ただし。

普段の大阪うどんのダシよりも少し、香川のかけだしとしてはだいぶ甘みを効かせたんですがそれがしっぽくうどんにはバッチリ。

うどんは締めずに釜抜きで行きましたが、久しぶりに食べた日の出の麺はしっかりしたコシがあって上出来でしたわ。


香川でのうどん巡り中は先のことを考えて具を少なめにしてもらうこともあるんですが、今回は一杯だけやからたっぷり乗せてやりましたよ。







今日は義弟の誕生日を口実に身内で宴会することになっております。

昼頃に生野にある活魚屋までふぐを買い出しに行ってきました。

妹の家には出刃包丁がないんで、これからうちの家で捌いてから移動しようかと。

今シーズン2回目のてっちりですが、好物なんで楽しみですわ。








*朝の体重:57.80kg未満。(てっちりは好きなだけ食べたろ。)

*今月の休肝日:1日(今日は日本酒を楽しみますよ。)



posted by えて吉 at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

酒無しのメニューが浮かばず飲み日に

1月19日の晩ごはんは最初休肝日にしようかと思ってたんですが、酒無しで食べたいモノが全く浮かばず。

やむなく飲み日にしててけとーにアテを用意することにしました。


休肝日のメニューが浮かばんかったのは、朝の体重がえらく目標をオーバー(58.6kg)だったんで炭水化物を控えるべきかと思ったのも理由です。

スーパーで太刀魚のお造りが目に止まったので、それをメインその1に、後は鶏むね肉を買うたんでそれでなんぞ仕込むことに。




用意したのはこんな晩酌の献立です。






太刀魚のお造りなどで晩酌

*太刀魚のお造りなどで晩酌

・太刀魚のお造り

・もずく

・鶏むね肉の和風ハンバーグ おくらポン酢ソースがけ

・薄揚げの納豆詰め

・豆腐と玉子の汁

・結び糸こんにゃくの煮物



ムネ肉はそぎ切りにしてから包丁で刻んでミンチに。

たっぷりの白ネギとえのきに青ネギ少々を加えて、つなぎの片栗粉、ほんだし、塩、醤油ちょっぴりをよく混ぜ合わせました。

それをフライパンで焼いて、細かく刻んだオクラとポン酢を混ぜたたれをかけてやりました。

納豆は付属のたれを加えてネギとかつお節を混ぜてから、半分に切った薄揚げに詰めてやりました。

焼くのは魚焼きグリルはいちいち水を入れんとあかんからオーブントースターで焼いてやりました。

汁物は、昼間に姪っ子にうどん、自分にうどん代わりにいとこんにゃくを入れた玉子あんかけを作った残りを流用しました。

ダシをちょとだけ増やしてから豆腐をカットして加えてやりました。

ちょっと地味ぃな晩ごはんですが、これでも酒の肴としては全く文句なく気分良く晩酌が出来ましたわ。



*朝の体重:58.35kg。(こんなデブるのは納得行かんなぁ。)

*今月の休肝日:9日(今日酒抜いて目標クリアするぞ。)

 
 
posted by えて吉 at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

スンドゥブのダシに都一の中華そば

何日か前に鱈の切れっ端を買うてしっかり楽しんだネタをアップしましたが、この記事はその続報というか関連モノになります。


鱈は最初にスンドゥブにしてその後洋モノスープになりましたが、鱈は食べ切っただけでは話は終わらず。

初日のスンドゥブのダシが余ったので当然そっちもちゃんと再利用してやりました。

この手のピリ辛の鍋の出汁が余ったら当然食べ方ですぐに浮かぶのはラーメンですわ。

で、それには久しぶりに都一の乾麺の中華そばを使うことにしたんです。




久しぶりに見つけた「都一 中華そば」

*久しぶりに見つけた「都一 中華そば」

都一の乾麺は何年か前に東京で見つけて気に入ったんですが、いつまにか売ってたスーパーの売り場から消えてたんです。

それが去年の12月に東京に行った時に時間つぶしでうろついた上野の食料品店というか安売りスーパーみたいな所でたまたま見つかったんです。

喜んで自分用に3つか4つほど買い込みましたが、まだ食べるチャンスがなかったので今回使ってみることに。

久しぶりに麺を湯がいたんですが、茹で時間が6〜7分ってのはかなり細めの麺やからビックリでした。

スンドゥブのダシでラーメン

*スンドゥブのダシでラーメン

食べたのは13日になります。写真では都一のラーメンの様子が全く見えないのはお許しを。

スンドゥブのつゆには溶き卵を加えてあります。そこにたっぷりの茹でモヤシ、彩りに水菜をそえてやりました。

都一の麺はやっぱりなかなかええ感じでした。

ラーメンを食べ終わった丼に残ってたスープがどうももったいなくて捨てられず。

鍋に残ってたスープにまた合流させてしまいました。(自分一人の食事なんで汚らしいのをお許しください。)




180131zosui.jpg

*スンドゥブのスープで雑炊

最初に雑炊をしてしまうと米粒が残って汚らしいんで、先にラーメンにしてこっちを最終にしたんです。

鍋の締めの雑炊みたいにシンプルですが、ダシ自体が旨味たっぷりなんで美味しく頂きましたよ。

鍋の具になった鱈の方も最後まできっちり楽しみましたが、ダシの方もしっかり食べ切ったんで満足しました。






*朝の体重:正確な計測無し。(57.5kgぐらい。)

*今月の休肝日:9日(最終日やから今日は酒抜かんとしゃあないわな。)

posted by えて吉 at 15:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

日本酒が飲みたくて鴨鍋とブリカマ

14日は日本酒の燗酒を飲みたい気持ちが強くてスーパーへ行きました。

頭には寒いから湯豆腐をやろうかとなぁっていう案がありました。

魚売場でブリカマが目に入って、しばらく食べてないからシンプルに塩焼きにすることに。

その後肉売場を見てたらごく少量の鴨鍋用のセットがあったんでそれも買うことに。



ブリカマと鴨鍋をちょっぴり

*ぶりかまと鴨鍋


・ブリカマ塩焼き

・イカの塩辛

・もずく

・鴨鍋

鴨鍋セットには濃縮スープと鴨もも肉とつくねが入って498円でした。

写真に写ってるのが全部なんで鴨肉じたいはごくちょっとでしょ?

それでもシンプルな湯豆腐からはだいぶグレードアップしてしまいました。(^_^;)

鴨鍋だけでも日本酒が進むし、ブリカマは当然ええ酒の肴なんでいつもより少しだけ多めにお酒を飲んでしまいました。






翌々日はきっちり鴨の出汁でうどんを楽しみました

*翌々日は鴨の出汁でうどんを

鴨肉はちょっぴりやと思いましたが、それでも肉団子なんかは少し残りました。

鍋の出汁も当然余るからいつものように翌日以降に持ち越し。

一日おいた16日になって残ったダシを再利用してうどん。

なかなかええダシが出てて美味かったですわ。


500円の鴨セットでうどんまで楽しめたら十分値打ちがありましたわ。






*朝の体重:57.25kg(反動増を覚悟してたけどまだえらく軽めやった。)

*今月の休肝日:9日(今日もまだ酒の肴が残ってるから飲まんとしゃあない。)

 
posted by えて吉 at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

ちょっと豪華なマカロニグラタン

今日は宴会明けでボロボロなんですが小ネタをアップしておきます。

15日は休肝日でしばらく食べてなかったマカロニグラタンを作ることに。

ゆで玉子を乗せようとは最初に思いついてたんですが、冷蔵庫を開けたら半分だけ残ってるアボカドがあったんでそれを食べ切るためにも一緒にグラタンに乗せることに。

マカロニは乾燥状態で40gほどだけ茹でました。

冷凍の鶏肉とむきエビを戻してメインの具にすることに。

タマネギを炒めたところに鶏とエビを加えてあらかた火が通ったら、牛乳と水、粉末のホワイトソースの素を投入。

茹でたマカロニを加えてから耐熱皿へ。

上にざく切りのゆで卵、アボガドを載せてチーズを散らしたらオーブントースターで焼いて出来上がり。




アボカドと茹で玉子を載せたマカロニグラタン

*アボカドゆで玉子乗せマカロニグラタン

アボカドをグラタンに使うのは初めてのような気がしますがなかなか合いますねぇ。

手元にある材料だけで作ったけどなかなか豪華な気分になりましたわ。

食べる時はお下品?かもしれませんが、タバスコをたっぷりぶっかけてやりました。





昨日は朝の7時過ぎに買い出しに出かけて昼の1時頃から9時過ぎくらいまで宴会してたような気がします。

その後洗い物に2時過ぎまで掛かったんで今朝はくたびれてへのへのでした。

オマケに昨日起きた時から調子悪かったコシが宴会と共にどんどん悪化。

今朝はちょっと身体を動かすのもおっかなびっくりな状態やったので接骨院へ。

治療の傷みをこらえながらかなり丁寧にほぐして貰いましたが、しばらく通わんとあきませんわ。




*朝の体重:57.10kg。(宴会痩せ?あんまり食べんかったんかなぁ・・・。)

*今月の休肝日:9日(今日は宴会料理の残りがあるんで飲みますよー。)
posted by えて吉 at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

鱈の切り落としを堪能したった〜

普段から魚なんかはキレイな部分よりヘタやら荒に惹かれるところがあります。

ブリの正身なんてほとんど買うたことなくて、買うならブリカマばっかりやし、マグロにあんまり興味ないけどすき身を見るとついつい買うてしまったり。

12日には車で酒を買いに出かけたんですが、その途中で中環沿いのスーパー「マルナカ」に寄りました。

魚売場を見るとけっこうたっぷり入った真鱈の切り落としが目に付いたんで思わずカゴに入れてしまいました。



鱈の切り落とし

*鱈の切り落とし

近所のスーパーは切り落としでもけっこう強気な値段を付けることがあるんですが、これくらいたっぷり入ってたら値打ちがありますわ。



鱈に軽く塩をして締めてやりました

*タラに軽く塩をして身を締めてやりました

買うて来たヤツをこんな風にキッチンペーパーを敷いたバットに並べて上から軽く塩をしてやりました。

さらに上からキッチンペーパーを押しつけてしばらく冷蔵庫で寝かせました。

タラの身って水っぽい?印象があるのでちょっとでも締まるかと。



モランボンの「海鮮スンドゥブスープ」

*モランボンの「海鮮スンドゥブスープ」

しばらく前にどっかで見かけて買うてあったヤツです。値段は忘れたけど3〜400円じゃないですかねぇ。

海鮮スンドゥブってことなんで、鱈とも合うやろうと。




スンドゥブの素で「鱈チゲ」

*スンドゥブの素で「タラチゲ」

なんじゃかんじゃと野菜をぶち込んでるんでスンドゥブっぽさはゼロですわね。

モランボンのスープは思ったほど旨味が強くは無く、今まで食べたスンドゥブの素の方が美味かったように感じました。

辛さは大したことないんで、たっぷり一味を加えて、チューブのニンニクもプラス。

タラはさすがに切れっ端だけあって小骨がちょっと多かったりはしましたが、量的にはたっぷり。





余ったのは翌日以降に回しました。





タラを買うた時はスンドゥブのことしか頭になかったんですが、残った時点で別の食べ方がすぐ頭に浮かびました。


その思いつき料理を用意して昼酒をシバいたりました。


翌日は残ったタラで洋風のスープなど

*残ったたらは翌日に洋風スープで

・タラのニンニクたっぷりスープ

・カナッペ

・生ハムの盛り合わせ

・チーズの盛り合わせ

タラのスープはなんとくスペイン料理っぽいイメージで作ってみました。

どこが?って言われると困るんですけどね。

繊維に直角にスライスしたタマネギをたっぷりのニンニクと炒めてからワインを注ぎました。

アルコールが飛んだかなぁってトコで水を加えて半分にカットしたミニトマトと鱈を加えて軽く煮込んだら出来上がり。

スペイン料理っぽいかは別にして作ろうと思ったイメージ通りには仕上がりましたよ。(^_^;)

食べたのは13日ですが、この日のタラ以外の材料はほとんど年末年始に家に籠もるために溜め込んだモノです。

普段は買わないようなちょっと高めのチーズの盛り合わせと、3種類の生ハムセット、ミニトマト、アボカド全て正月用でした。

期待したお客さんがなかったので、全部持ち越してたんですが、この日はもうええわと1人で食べることにしたんです。

料理としてはスープを作っただけで、ほとんど作業してませんがこれだけでも十分酒が進むアテになってました。

チーズとハムでちょっと口が重かったほどで、スパークリングワインが空いたとこでチーズは残しましたもん。


300円のタラやったけど2日にわたってしっかり楽しませて貰いましたわ。









*朝の体重:57.70kg。(なんとか目標はクリア。)

*今月の休肝日:8日(今日はもう一日飲んでもええやろ。)
 
 
posted by えて吉 at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

初めてかも?「キムチうどん」

今日の昼過ぎに食べたキムチうどんをサクッとご紹介します。

チゲ系の鍋とかキムチ入りの鍋をやってそれで残った汁を使ってラーメンやうどんを食べることはよくあります。

でもそういう残り物処理を除いて、わざわざゼロからキムチうどんを作ったのって初めてかも知れないんですよねぇ。

一応このブログ内を検索しても出てこないし、記憶力には自信ないけど作った覚えがないんです。

そもそも私はうどんの食べ方についてはかなり保守的なんですよねぇ。(^_^;)

基本的な和風の出汁味意外あんまりやらないし、やろうって気にならないんですよねぇ。


普通ならキムチうどんなんて作るはず無いんですが、そんなものを作った流れはこんな感じです。


2ー3日前から冷蔵庫にあるキムチがここんとこ減ってないのに気がついてたんです。

まだ賞味期限には間があったけど、酸味が強くなったキムチはあんまり好きじゃ無いんでぼちぼち減らしたいなぁと。

今日は午前中にまずヒメを動物病院に連れて行ったんですが、そこで待ってる時から腹ペコで帰ったら何を食べるかばっかり考えてたんです。

その時にキムチのことが浮かび、食べんとアカン薄揚げが1枚あったんで最初は久しぶりにキムチチャーハンでも作ろうかと思ったんです。

薄揚げもカリッとさせてから刻んだヤツを混ぜ込めば美味しいんじゃ無いかと。

ヒメの病院が終わって家に帰ったら食事の前に朝のうちに済ませた洗濯物を干すことに。

けっこう寒い上に風が強く、ベランダには裸足&ツッカケで出てたこともあって、身体が冷えてしまいました。

そうなるとキムチ入りの焼き飯だけではあんまり熱々のイメージが湧かずちょっと物足りんなぁと。

キムチを入れた雑炊も考えたんですが、冷凍庫をのぞくとこの前買うた煮込みうどんが目に付きました。

安い袋入りのゆで麺の一種ですが、コシがあって煮込んでも美味いってなことが書いてあって、なんとなく買うてみたんです。

あんまりゴチゴチと固いうどんは好きじゃないんで、今までほとんど煮込みうどんなんて買うたこと無かったんですけどね。

で、そいつがどんなもんか気になったんで、雑炊よりうどんにしようかと。

朝から頭の中でキムチ食べ方ばっかり考えてたんで、珍しく素直に「キムチうどん」を作ろうって気になったという訳です。

だしの方はどういう系統にしようか迷ったんですが、あんまり濃ゆくしたくなかったので、白だしで普通のうどんのかけだしを作る感じで行くことに。

水に酒と味醂を垂らして、キムチをぶち込んでしばらく煮込んでから白だしをプラス。

キムチの塩気がどの程度か分からんからこういう順にしました。

トースターでカリッと焼いた薄揚げと、豚バラ肉2枚も加えてコトコト。

さらに、濃口少々、隠し味程度のニョクマム(魚醤)をプラス。

辛味が大したことなかったんで唐辛子もたっぷりプラスして、チューブのニンニクと生ショウガのすり下ろしも加えました。

凍らせてた煮込みうどんは電子レンジで熱くしてから出汁に入れて少し煮込んでやりました。

器に盛り付けて、ネギを添えたら最後にごま油を少しだけ垂らしてやりました。


初めて作ったかもな「キムチうどん」

*初めて作ったかもな「キムチうどん」

豚はごく少しだけやったんで、旨味はやや弱かったですが、ダシの感じはなかなか良かったですわ。

うどんの方は、心配した固さなんてカケラも無くてどこが他の安モンゆでうどんと違うかはいまいちピンとこずです。

最初は焼き飯と思ってましたが、やっぱり汁物にして正解でしたねぇ。

ショウガが入ってるし、かなり辛味もあるしで、身体の中からほっかほかになって汗ばむほどでしたわ。


あんまり創作料理っぽいうどんに興味はないですが、このくらいなら辛いモノ好きってこともあって美味しく楽しめました。



*朝の体重:57.95kg。(目標ギリギリで余裕なし。)

*今月の休肝日:7日(今日は休肝日やなぁ。)
posted by えて吉 at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

手を加えてナガラ食品の「ホルモン鍋」を堪能

正月三が日は買い物をせず家にあるモノだけでしのぐことに決めてまして、そのために買い込むモノを年末にリストアップしてました。

するとなぜか急に今回のナガラ食品のホルモン鍋をストックしようと思いついてしまいました。

この冷凍食品の鍋はローソンでだけ売ってるようなんですが、最近の行動範囲ではローソンに出会う確率がちょっと低いんですよねぇ。

ファミリーマートとセブンイレブンはよく目にするんですけどね。

冷凍食品なんで冬場でなかなか解けにくいとはいえあんまり遠くで買いたくないしと思いながら、タイミングを伺ってたんですが無事正月前にゲット出来ました。

たまたま入ったローソンの冷凍ケースにラスト1個で残ってたんで、ちょっとラッキーなんて思ってました。


前にこのホルモン鍋を食べたのは何年も前の旅先やったんで、いまだにローソンに置いてるのか不安でした。

なので行ったローソンで品切れやったらもう売ってないと思って諦めたかもしれませんわ。





ナガラ食品の冷凍食品「味付元祖 ホルモン鍋」

*ナガラ食品の冷凍食品「味付元祖 ホルモン鍋」 410円

上のリンク先にある記事によるとその時の値段は294円やったんでけっこう値上がりしたようですねぇ。

とはいえ、コンビニの冷凍食品で410円なら許容範囲かなとは思いますけどね。


年末に買い込んだんですが、久しぶりにこいつの存在を思い出したんですぐ食べてみたくなってました。

正月用と思って買うたんで一応年が明けるまでは我慢して、3日に夕方になってもうええやろうと解禁。


ずっと前に食べたっきりやからどんな味かは覚えてなかったんですが、けっこう味が濃くて、そのままで食べるのはイマイチな印象でした。

そこで今回は最初から自分の好きなようにいじる前提で調理スタート。





ホルモン鍋にまずは白ネギをプラス

*まずは白ネギをプラス

そのままの状態だとひたすらモツが詰まってる感じなのでとりあえず白ネギのざく切りを足してやりました。


この状態で弱火で温めて行って味見するとやっぱり塩気が強くて甘みがほとんどありませんでした。

そこで酒やら味醂を加えつつ味を調整。


さらにエノキもプラス

*エノキもプラス

味見だけして白ネギを煮込んだ上にさらにエノキをプラス。


一味を振って第一ラウンド

*一味を振って第1ラウンド


ネギとえのきを加えた状態でちょっとずつ摘まんでやりました。




水菜ともやしをプラスして第2ラウンド

*水菜ともやしを足して第2ラウンド

ある程度食べたところで、冷蔵庫にあったゆでもやしと水菜を追加。

汁気が少なめやからちょこちょこ酒やら水を足しながらつつきました。



第3ラウンドは豆腐をプラス

*第3ラウンドは豆腐をプラス

ある程度具を食べてスペースが出来たトコロで豆腐を加えてみました。



ラストは玉子で綴じた

*ラストは玉子でとじました

豆腐の後半戦では溶き卵を回しかけてやりました。

これで煮汁もかなりええ具合に食べられました。



ナガラ食品のホルモン鍋を見事に完食

*ナガラ食品のホルモン鍋を見事に完食


玉子と一緒に食べたら濃ゆい煮汁も無駄なく食べられましたわ。

だいぶ値上がりはしてましたが、ここまで楽しめたらコストパフォーマンスとしては文句ないように感じましたわ。

色んな部位のホルモンを下茹でしたヤツを冷凍庫に常備してるんで、わざわざこの冷凍食品を買わんでもええんですが、久しぶり食べたら美味しかったですわ。

まぁ味の方は途中でニンニクを足したりもしてるんで、元の味は全然残ってないかもしれませんけどね。

自分で下茹でした方のホルモンはまだ手をつけてないのに、正月明けにはまたローソンに寄った時にこの商品を買うてしまいました。

これでいつでも気が向いた時に食べられますわ。





*朝の体重:58.30kg。(わずかには減ったけどまだ目標オーバー。)

*今月の休肝日:6日(昨日飲んだから今日は休肝日にせんとな。)

posted by えて吉 at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

久しぶりの「醤油焼きうどん」に大満足

今日のお昼はものすごく久しぶりに醤油味の焼きうどんを作ったのでサクッと上げておきます。

朝の体重が目標オーバーやったんで、起きた時から腹は減ってたけどやむをえず朝ごはんを抜くことに。

昼前に空きっ腹のまま買い物があったので車で外へ。

中環沿いのスーパー「マルナカ」に寄ってから本命のジンを買いに若江岩田の「ヤマヤ」へ。

帰ってきたら1時前になってて、もう腹の減りも限界やったんでそく料理にかかりました。

去年買うた生讃岐うどんが賞味期限を越えてるのにまだ消費し切れてなかったので、それを使って焼きうどんを作ることに。

朝は普通にかけのうどんが食べたいなぁって思ってたんですが、車で走ってたら急に焼きうどんが食べたいって気になったんですよねぇ。

豚しゃぶ用の肉が何枚か生のまま冷蔵庫にあったんで、少し多めでしたが全部刻んでやりました。

冷蔵庫におったキャベツも残すには少なかったんで、全部刻んだらかなりたっぷりめ。

出かけた時に買うて来たもやしを2/3袋ほど。

まず生うどんを湯がいて、茹で上がりの2分ほど前に炒めをスタート。

豚から炒めて、キャベツを炒め出したところで、うどんが出来たのでざるに空けてお湯だけ切ったら水で締めずにそのままフライパンへ。

下味に塩コショウをしてから、ほんだしをたっぷりめに加えてもやしをぶち込んだらしばらく炒めてやりました。

最後に醤油をてけとーに回しかけたら出来上がり。

横に添えようとした紅ショウガも残り少なかったので全部乗っけてやりました。



もの凄く久しぶりの「醤油焼きうどん」

*ものすごく久しぶりの「醤油焼きうどん」


いつぶりかは分かりませんが、かなり長いこと作ってなかったんじゃないでしょうかねぇ。

香ばしいだしと醤油の味がえらく新鮮でめっちゃ美味く感じましたわ。(腹も減りまくってましたしね。)

キャベツが多すぎて全然うどんが見えませんが、讃岐うどんでやったんで麺自体もなかなか美味かったですわ。

新鮮味を感じながら食べられたんで食後は非常に満足度が高かったですねぇ。(^^)




これで手元のキャベツを食べきったんですが、次の補充は悩ましいですねぇ。

この冬の出だしくらいから野菜の値段がムチャに高いですが、なかなか値段が下がってくれないですねぇ。

今日行ったスーパーでも目に付くモノがほとんど全て高くて参りましたわ。

休肝日は鍋の確率が高いんですが、白菜も高いんでツライところです。

ちなみに白菜もあとちょっとやし、青ネギももう僅か。はぁー次の買い出しではかなり悩むことになりそうですわ。

なんとかもうちょっと野菜の値段が落ち着いて欲しいものです。











*朝の体重:58.25kg。(控えたつもりやのに昨日と変わらず。)

*今月の休肝日:3日(今日酒抜いて月10日ペースに戻すぞ。)
 
 
posted by えて吉 at 16:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

日本食研「コク深キムチ鍋の素」は美味かった!!

辛いモノは大好きやしキムチも好きなんですが、いわゆる「キムチ鍋の素」ってのは今まであんまり買うてないと思います。


昔食べた某メーカーの瓶入りのヤツがイマイチに感じたせいかもしれませんし、適当にスープを作ってキムチをぶち込めばええやって思ってるせいかも。

韓国風の味付けではコチュジャンをたっぷり使ったような甘みの強いのはあんまり好みじゃ無く、何年か前に出会ったスンドゥブの素はえらく気に入りました。

最初に使ってみたメーカーのだけでは無く、最近はいくつかのブランドにも手を出したり。

そんな私ですが去年の12月に東部市場の裏側ににある業務用系の食品屋「エンド商事」に行った時に今回の鍋の素を見かけた時はちょっと惹かれたので買うてみました。

業務系の食品スーパーだと一般スーパーで見かけない鍋の素が色々あってよく惹かれるんですが、たいていは濃縮率が高い上に1リッター以上の業務サイズ。

当たりやったらええんですが、今までにあんまり大したことないのにも出会ってるんで、けっこう買うのには勇気がいるんですよねぇ。






日本食研「コク深キムチ鍋の素」

*日本食研「コク深キムチ鍋の素」 298円

これはプロ用の店にしては珍しく1回使い切りの一般人向けでした。

値段は特に安い分けでも無いけど、7種の旨味として「豚、いわし、牛、えび、あさり、かに、かき」と書かれてました。

ちょっと美味しそうと思ったんですが、さらに決定的だったのは希釈に「水800ml」と書かれてたこと。

別のトコには「スープがたっぷり1000g」とも。

ペースト状の素が200gに水を800g足すってことですわね。

他の鍋ネタで何度も書いてますが、私は1人鍋でもスープはたーっぷり欲しいんですよねぇ。

なのでスーパーによく置いてるレトルトパックに入ったストレートタイプとかだと、1袋じゃ足らん感じがするんです。

ああいうのってだいたい量としては5−600gでしたっけねぇ。

旨そうやし、スープがたっぷり出来ると分かったんで買うて見る気になったんです。


食べたのは12月14日なります。


キムチ鍋 1回目

*キムチ鍋 1回目

具は白菜、白ネギ、もやし、豚なんかを入れたかと。

作り方にはニラもありましたし、私も入れたかったんですがこの時期も一束200円か250円くらいしたんで買えませんでした。(^_^;)

この時に手元にあった白ネギは青いとこまで柔らかそうなタイプやったんで、白いトコは鍋でしっかり煮込み、青いトコはさっと炊いて食べました。

まぁ具材はけっこうショボイですが、スープはなかなか美味かったですわ。

甘みがキツ過ぎてくどいことも無く、たしかに色んな素材が入ってるんやろうなぁって気になるコクがありました。






今までエンド商事以外で見かけたこと無かったんですが、また買うてもええなぁと思いましたわ。



その後年末になって近所のローカルなスーパーに並んでたんでもう1つ買うておきました。





キムチ鍋 2回目

*キムチ鍋 2回目

2回目と言うても、後日買うたヤツでってわけではなく、前日にやったスープの残りでもう一回です。(^^)

前日は具がショボかったですが、この日はもう少し増やしました。

白菜、えのき、マイタケ、豆腐、糸こん、豚など。

キムチ鍋とはいいながらスープの素には具は入ってなかったので、この日は手元にあった安いキムチもプラス。







2回目の鍋を食べたのが15日で、1日おいた17日は鍋をやると切りがないのでラーメンで食べ切ることに。







最後はお約束のラーメンで食べ切り

*最後はお約束のラーメンで食べ切り

麺を茹でるお湯で先にもやしを湯がいて、残ってた具と共に盛ってやりました。


スープの量が多くて味が美味かったので今回の鍋の素は大満足でしたね。

もう一つ買うてあるんでまた近いうちに楽しませて貰おうと思っております。



*Amazonでも売ってますが今現在で4つ1637円なんでちょっと割高ですなぁ。





*昼過ぎの体重:58.25kg。(そんなに食べてないから納得行かん。)

*今月の休肝日:3日(昨日は酒を抜きました。)

posted by えて吉 at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

今年一杯目の「家うどん」

(手違いで記事が反映されてなかったので翌日にアップし直しています。)
今年最初のうどんは2日に親と出かけた初詣の帰りに食べた駅の立ち食い系うどんでした。

正月三が日は家でうどんを食べようとは思わなかったんですが、その後もデブってしまってたんでなかなか食べられず。

結局6日になってやっと体重に少し余裕が出来たんで今年一杯目の家うどんを食べました。



今年一杯目の「家うどん」

*今年一杯目の「家うどん」

冷凍庫にはスーパーの天ぷらを凍らせたモノもあったんですが、最初なんで一番定番というかいつものうどんがええかとこれにしました。

白だしベースいいりこだしの素をちょっと加えて味を調えたダシに天かすとおぼろ昆布とネギというのがいつもの食べ方ですわ。

うどんは年末の忘年会に使おうかとしばらく前に買うてあった生讃岐うどんです。

忘年会では寄せ鍋をやったんですが、生うどんを湯がいて使うと量の調整がしにくいと思い結局使わず。

代わりに冷凍うどんを買うて、それを1つずつ凍ったまま鍋に放り込みました。

それでうどんが余ってしまったんで、この日はそれを使ったしだいです。

いつもなら1袋240g入りの2人前のこのうどんを2袋を3回で食べるんですが、体重にあんまり余裕が無いんで本来の一人前にあたる120gだけ食べました。

いつも180gくらい食べてたんで、やっぱりちょっと食べ応えが少なくてさみしかったですわ。





今日は午前中に2週間ぶりくらいでヒメを動物病院へ。

だいぶ点滴の間隔が開いてましたが、体重は前回よりわずかに増えててほっとしました。

夏場に一番体重が減った時より1kgほど戻ったことになり、嬉しかったですわ。

帰ったら大急ぎでおにぎらずだけ食べたら昨日に続いて姪っ子2号の子守へ。

昨日は1時頃までやったんですが、今日は2時過ぎになり腹が減りすぎて難儀しましたわ。

その後下のスーパーで買い物をして家へ帰ったらもう3時。なんかあっちゅう間に一日が終わりましたねぇ。






*朝の体重:正確な計測無し(57.8kgは切ってたかと。)

*今月の休肝日:2日(今日は酒抜きますよ。)


 
posted by えて吉 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

だしがらでスープ?「醤大骨」

新しい年になって、去年のネタというとえらく古く感じてしまうんですが残しておきたいモノを上げさせて貰います。

12月1日に愛用してる具入りの辣油「老干媽 香辣脆油辣椒」が残り少なくなったんで日本橋の上海新天地まで買いに行くことに。

近所の業務スーパーでも老干媽(ローカンマ)ブランドのヤツは売ってるんですが、ラベルのデザインが違ってたんでもし神戸物産が自分ら用に安物を仕入れてたら嫌やったんでそっちはパスしたんです。

電車に乗って地下鉄の日本橋駅まで行ったんですが、改札出てすぐにある「七津屋」に吸い込まれてしまいました。

サクッとビールで喉の渇きだけ癒やしたら上海新天地へ。

手前の中国物産店も覗いたんですが目的のラー油はなかったので、結局新天地まで。




老干媽 香辣脆油辣椒

*新旧の「老干媽 香辣脆油辣椒」

左が残り少なくなった今使ってる香辣脆なんですが、なんども上海新天地で買うてましたが今回行ったら右のしか置いてませんでした。

左のラベルのヤツが業務スーパーで右のを見つけた時に上海新天地にはあったんで別だと思ってましたが、どうもラベルが変わっただけのようでした。

右のなら近所の業務スーパーで買えたんで時間と電車賃を無駄にしてしまいました。(^_^;)




上海新天地が出来たばかりの頃は食料品フロアーもかなりのボリュームで充実してたんですが、最近はほんと寂しくなりました。

あんまり無駄遣いしないようにと思ってたんですが、現場で作ってる惣菜っぽいコーナーで気になるモノを発見してしまいました。

それが今回のネタのメインである「醤大骨」です。



上海新天地の「醤大骨」

*ラベルには「新天地醤大骨」と書かれてました

スペアリブとしたらえらい量やなぁと思ったんですが、お値段はなんと280円というお安さ。



新天地で買い物をしたら新世界まで歩いて半田屋でけっこうしっかり飲み食い。



晩ごはんは控えめにしたんですが、その時さっそく買うた「醤大骨」を味見することに。




控えめの晩ごはんに「醤大骨」

*控えめの晩ごはんに「醤大骨」

・加賀白山あげ

・カリフラワー

・醤大骨

・辛子味噌と辛子ペースト

醤大骨は軽くチンしてみました。

一欠片目はほとんど食べるとこがありませんでした。


180108honetsukiniku2.jpg

*二つ目の醤大骨もほとんど食べるとこなし

こいつはかなり肉が付いてるように見えたんですが実際は骨ばかりでこれも食べるとこがなかったですわ。

280円の骨にあんまり期待したらあかんわなぁと思いましたが、骨から外れない肉(スジ?)もけっこうあったんでとりあえずコイツを煮込んでスープを取ることに。


この記事を書くにあたって「醤大骨」のことをネットで調べたんですが、中国東北部の名物料理のようですねぇ。

ただどうもスープを取った後の豚の背骨を醤油味で煮込んだ料理のようで、これでスープを取るってことはだしがらでスープを取るようなもんやったんですねぇ。




その時は知らなかったのでけっこうな時間煮込んでから保温鍋にセットしてやりました。





途中で加熱し直したりして翌日の夕方にはベースのスープが取れたってことにしました。



煮込みまくった末の醤大骨

*煮込みまくった末の「醤大骨」

煮込みまくってみると、意外と1つずつの骨は小さかったんですねぇ。

骨を取り出すとスープには肉のかけらというか、肉のだしがら?がおったんでそれは別にすくいとりました。

スープはまた使うとしてまずクズ肉の方から使うことに。

小鍋に肉のカケラどもを入れてスープの一部を少々に、日本酒やらみりん、香辛料をぶち込んでコトコト。

翌日の晩ごはんの一品にしてやりました。




180108dinner2.jpg

*すくい取った肉のカケラで中華風肉豆腐


・鶏の塩焼きおろしポン酢

・わさび菜サラダ

・わさび菜のおひたし

・中華風肉豆腐


元のスープがどれだけ生かされてるかは分かりませんが、それでも豆腐だけ炊くよりだいぶ美味いようには感じましたよ。



だしがらから取ったスープで鍋

*だしがらから取ったスープで鍋

スープ本体はとりあえず鍋のベースにしてやりました。

生の豚骨からスープなんか取ったこと無いんで分かりませんが、今回のだしがらからでも一応スープになってた気がしました。

その時は出し殻ってしらんから、「あっさり目やけどこんなもんか」って思ってました。

鍋の具はぎゃべつ、白ネギ、もやし、薄揚げに手元にあったワンタンなど。小鉢のキンピラゴボウはスーパーの惣菜です。






5日の昼ご飯はクズ肉の方の煮汁を再利用。






中華風豆腐丼

*中国風豆腐丼

肉はもうほとんど無いんですけどね。(^_^;)

豆腐をまたコトコトと煮込んでからご飯の上に乗っけてやりました。

ちょうど温泉玉子があったんでそれを添えたら昼ご飯したら十分でしたわ。


この日は夕方に平野区にある「入舟温泉」っていう銭湯に出かけました。

その帰りに王将で持ち帰りをして家で晩ごはん。


王将の持ち帰りと中華風肉豆腐など

*王将の持ち帰りと中華風肉豆腐など

・レバニラ炒め(王将)

・えび天(王将)

・中華風豆腐煮込み

・もやしとわさび菜

・小松菜の煮物

・鶏と長芋の梅照り焼き

最後の梅照り焼きは、前日の残り物なんですが、醤油とみりんの照り焼き味に練り梅を混ぜたモノで炒めてみました。






6日は残ってたスープに残り少なくなった豆腐の煮汁をぶち込みました。






醤大骨のスープでもう一度鍋

*醤大骨のスープでもう一度鍋


鍋をやる時はたっぷりのスープが欲しいから必ず余るんですよねぇ。

その残りで鍋をやるとまたたっぷりまで増量するから、鍋をやる限り無限ループにはまる気がします。(^_^;)




7日は鍋の残りスープを使い切ることに。




最後はラーメンでやっと食べ切り

*最後はラーメンでやっと食べ切り


これ以上鍋ループにならんようにラーメンで食べ切りました。

元のスープがどれだけ効いたかは分かりませんが、手元の調味料だけでは出来ん味になってたんで最後のラーメンも満足出来ましたわ。



1週間にわたって醤大骨を元にして色々食べたんで、最初は食べるトコ無いと思ったけどこれで280円ならよう楽しめましたわ。

ネットを調べたら本場系の中華料理屋ではこの醤大骨を出してるトコがあるようですねぇ。

手づかみで豪快に食べる記事を読んでたらけっこう旨そうなんでいつかそういう店で出来たて?を食べてみたいモンですわ。





*朝の体重:58.35kg。(昨日より減ったけどまだ目標オーバー。)

*今月の休肝日:1日(今日は酒を抜きますよ。)

posted by えて吉 at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

お重に詰めたから「1人用お節料理」?

3日は朝から箱根駅伝を見てたら朝ごはんを食べるタイミングを逃して昼を過ぎてしまいました。

三が日は朝酒オッケーにしてたんですが、意図せず朝酒は流れてしまいました。

駅伝の優勝が決まったあたりで台所に立ってアテを用意。

せっかくなんで正月気分を楽しむためにお重に詰めることに。




お重に詰めたからお節料理?

*お重に詰めたから1人お節料理?

これをお節料理と呼んでええかは怪しいとこですが、実家で買うたお節が洋風と中華しか入ってなかったんでこれでもアリですかねぇ。

詰めたのは

・鶏のトマト煮

・551のエビシュウマイ

・大阪ハラールレストランのレバーのカレー?

・オクラの生ハム巻き

・うずら玉子の味玉

・鴨ロース(惣菜)

・肩ロースの焼豚(煮豚)

・カニカマもマヨネーズ和え

・プチトマトのクリームチーズ詰め

正月用に溜め込んでたアテを切ったりした程度で火を使ったのも鶏のトマト煮を温め直した程度です。

鶏のトマト煮は前日の2日知り合いのNさんが急に飲みに来た時にちゃちゃっと作ったモノ。

レバーのカレーはその時にNさんが持ってきてくれたモノの残りです。

肩ロースはなんとなく大晦日に仕込んだもの。



酒のツマミを詰めただけですが、小さなお重にみっちり詰まってるとなんとなく嬉しかったですわ。







*朝の体重:58.10kg。(まだちょっとオーバーしてるなぁ。)

*今月の休肝日:0日(さすがに今日は酒抜かんとあかんよなぁ・・・。)
posted by えて吉 at 15:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

運転手の後お昼は「餃子の王将」へ

今日は今年初っぱなの運転手で実家のオカンを連れて神戸市立博物館へ「ボストン美術館の至宝展」を見に行ってきました。

行きは高速でサクッと移動して10時頃から1時間ほど掛けて展示物を見て、帰りは国道2号線でのんびりと帰りました。

八尾まで帰ってから昼ご飯は近所の王将へ。

12時半過ぎでメチャな混み方やったらやめるつもりでしたが、私らが入った直前に空きが出来てて待つことなく座れましたわ。

その後もお客さんは途切れてなかったんでラッキーでした。



昼ご飯は餃子の王将で中華

*昼ご飯は餃子の王将にて

・餃子

・揚げそば

・野菜炒めとピリ辛の鶏の炒め物

揚げそばは思ったよりボリュームがあってちょっと驚きました。

こいつのは味付けは適度でしたが野菜炒めは薄すぎでした。

ピリ辛炒め物は味加減もちょうどよく初めて頼みましたが当たりでしたわ。

ただ、オカンと2人で食べるには多すぎたんで、鶏と野菜炒めの一部は容れ物をもうて持って帰りました。


支払いは2400円ほどでしたが、運転手代ってことで奢って貰ってしまいました。(^_^;)








*朝の体重:58.55kg。(正月太りか・・・。)

*今月の休肝日:0日(明日は休肝日にします。)



posted by えて吉 at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

それぞれの家の餃子を食べ較べ

今年最後のネタは11月初旬の知り合いとの飲み食いネタの最終回です。

知り合いのSさんが11月1日(水)から5日(日)まで大阪に遊びに来てくれた時の飲み食いの終盤です。

前からそれぞれの家で馴染んだ餃子の作り方の違いを話してて、いっぺん餃子ぱーちーをやって、それぞれの餃子を食べ較べようって言うてたんです。

それまでうちで宴会すると残り物があったりでギョーザを作る機会が無く延び延びになってたんですが、4日は絶対に作るぞって朝から決めてました。

午前中に奈良の家に行って庭の柚子やらレモンを取って、帰り道には餃子の用意を買い込みました。

このころも葉物野菜がものすごく高くて、ニラが一束200円もしたのが痛かったですわ。

他の材料は揃えてたし、ニラ無しの餃子はお互いにありえんってことで、泣く泣く3束も購入しました。

家に帰ったら昼過ぎから作業を開始して、それぞれのやり方で餃子のタネを用意。




4時頃に出来上がったのがこんな餃子の中身です。





それぞれのスタイルのギョウザのアン

*それぞれのスタイルの餃子

左が私のやり方で作ったギョウザのアンです。

豚の挽肉に、白菜、キャベツ、白ネギ、ニラを加えて、創味シャンタンに醤油、オイスターソース、コショウなどを加えてチンしたものを加えてます。

白菜とキャベツは刻んでから塩を揉み込んで、しばらく置いたら水洗いしてから絞りました。

ショウガとニンニクをたっぷり加えて、つなぎには軽く片栗粉を入れてよく混ぜてやりました。

右側のSさんのは、合い挽きミンチにニラのみ。あとは、香味野菜としてショウガ、ニンニクに塩コショウと繋ぎとして片栗粉と玉子。

元の肉の量はあんまり変わらんのですが、私の方は野菜がたっぷりなんでだいぶ嵩が多くなってました。


エビギョウザも2バージョン

*エビ餃子も2バージョン

これはどう作り分けたんだったかなぁ・・・・。

干し椎茸と竹の子に片一方はシャンツァイとか入れてエスニックにして、もう一方はしそを半枚ずつ入れた和風よりだったような。(^_^;)




餃子の包み方もそれぞれ

*餃子の包み方もそれぞれ

左側がSさんの包んだ分で、中身がみっちみち詰まっててヒダは2つだけ。

右が私ので具はSさんに較べると少なめでヒダは5つくらい。




カセットコンロで餃子焼き

*カセットコンロでギョウザ焼き

居間のテーブルにカセットコンロを置いて中サイズのフライパンで焼きながら食べました。

焼き方もそれぞれの流儀があったんで1回ずつ交代で焼くことに。

私は油を引いてギョウザを並べたら強火にしてすぐ水を入れてフタをしました。

Sさんの方は、並べてから弱めの火でしばらく底を焼いてから水を注いではりました。

引っ越してからIHコンロで何回かギョウザを焼くと仕上がりが気に入らんことが多かったんですが、カセットコンロでやるとほぼ狙い通りに出来てスッキリしましたわ。

それにしても育った実家に寄って作り方の違うモノをこうやって実際に作って食べ較べるってのはおもしろいですわ。



ちなみに作った当日は上の写真しか撮ってないんで、翌日もういっぺん食べた時のヤツを貼っておきます。



食べ較べた焼き餃子

*食べ較べた焼き餃子

翌日は台所のIHコンロで焼いたと思うんですが、この時はまずまず納得出来る焼け加減ですわ。


焼き餃子2回目

*2日目の2回目の焼き餃子

肝心のギョウザ自体の味ですが、私のは野菜たっぷりでアッサリした出来。

そしてSさんのは肉がミッチリで肉汁がじわっとくるようなタイプ。

手作りギョウザがタイプ違いで2種類もあるのはなかなか贅沢でしたわ。

今まで1人でギョウザを作ることが何回かありましたが、100個くらいのギョウザを一人きりで包んでると内職仕事してるみたいになるんですよねぇ。

それが今回のように誰かが一緒やと喋りながら出来て楽しかったですわ。


<同日 追記>

書き忘れましたが、今年も1年ありがとうございましたー。

来年もマイペースで更新していきますのでよろしくお願いしまーす。

では、皆さまよいお年を。(^^)



*朝の体重:58.20kg。(昨日の58.85kgよりは減ったけどまだ目標オーバー。)

*今月の休肝日:9日(今月は9日でヨシとしました。今日も飲むぞ〜。)

posted by えて吉 at 13:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

家で食べるのは久しぶりの「紅ズワイガニ」

今日は夜から学生時代のゼミ仲間との忘年会をうちの家でやるんでその用意を朝からやっております。

午前中にアテを2品仕込んで、昼から近所のスーパー3軒を回ってあれこれ買い出し。

メインの鍋の用意はもうちょっと後でええので、休憩がてらの更新です。


今年は今までになくカニを食べる機会に恵まれてカニ好きとしては嬉しいかぎりです。

そんなカニネタの内、ものすごく久しぶりに自宅で紅ズワイガニを食べました。

チビッコの頃は駅前に止まったトラックでベニズワイを3杯1000円で売ってた記憶が強いんですよねぇ。

今はそんな風に売るテキ屋もなく、身近であんまり”ベニ”を売ってるのを見かけない気がします。

JR八尾駅の近所にあるスーパー「アオイ」で一度ベニが売られてたのを見つけたんですが、その日は休肝日で買えず。

しかも半額シールまで貼られてたんで非常に悔しかったんですよねぇ。

それが忘れられず、11月2日に富田屋で食べたばっかりやのにまた食べてしまいました。


食べたのは11月の16日なんですが、メインになるものが浮かばんまま、ダメ元で「アオイ」をのぞきに行ったんです。

そしたら半額シールは貼られてなかったけど同じようにベニがおったんで、ちょっと贅沢して買うてしまいました。




久しぶりに家で食べた「紅ずわいがに」

*久しぶりに家で食べた「紅ずわいがに」

こんな格好なんでカニ味噌はなかったですが、780円なら上出来の値段じゃないでしょうか。

出刃で食べやすいように包丁で切り目を入れたんですが、そうしてみると思ったより量もたっぷりでしたし。




紅ズワイガニをメインに晩酌

*紅ずわいをメインに晩酌


・ベニズワイ

・小芋の煮物(実家から)

・イカの塩辛

・オニオンスライスとわかめ

・コンニャクと竹輪のカレー煮

・ブロッコリー

・すじ肉とゴボウのピリ辛煮


ベニズワイは、松葉ガニと較べたら水っぽいとか言われますが値段の違いを考えたらこれはこれでありですわ。

それなりに身が入って、甘みもあって十分楽しめましたわ。

何度も行ってるカニ宿の「甲羅戯」でベニズワイを食べたこともあるんですが、こういうのは家でちょっと贅沢した気分で食べるくらいがちょうどええように感じますわ。

これから先もこのくらいで買えるならシーズンごとにいっぺんは食べたいモノです。




*朝の体重:正確な計測無し。(おそらく57.5kgぐらい。)

*今月の休肝日:9日(今日は飲みますよー。)

 
posted by えて吉 at 15:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする