2020年06月08日

思いつきで初めての「中華風鶏そぼろ」

鶏むね肉で和風のとりそぼろはちょくちょく作ってるんですが、この前初めて中華風にしてみたのでサクッとご紹介します。

3日に近所のスーパー「サタケ」に行ったら鶏むね肉がグラム38円という特売になってました。

1枚で良かったけど2枚入りのパックしか無くて、1枚はその日のうちに蒸し鶏に。

そいつは翌日まで煮汁に漬けてから、汁からあげてほぐしてから冷凍しました。

その煮汁でフォーガー風のモンを食べたりでまずはええ使い方が出来ました。

もう一枚残った方は1/3ほど料理に使ってから、5日の朝に鶏そぼろにすることに。

ちょっと前に市販の瓶詰めの牛そぼろで「三色そぼろ丼」を食べて、しばらく鶏そぼろを作ってないなぁと思ってたんです。

今回は急に中華風の味付けにしてみようと思いつきました。

ムネ肉は包丁で削ぎ切りにしてからてけとーに叩いてミンチに。

鍋に紹興酒、日本酒、味醂をてけとーにぶち込んで醤油も控えめに加えました。

そこに鶏ミンチを加えたらよく混ぜて煮汁の中でほぐしてやりました。

その後火を点けて(IHやけど)加熱をスタート。

加熱しながら、ニンニク、しょうがのすり下ろし、市販のフライドオニオン、粗挽きコショウ、鷹の爪、八角、花椒、ウーシャンフェン(五香粉)、隠し味にオイスターソース、ニョクマム(魚醤)を少々加えて煮込んでやりました

煮汁が沸いたらアクを取りながら味見して味を調整。

しばらく煮込んだら出来上がり。


これをどう食べるかと考えてて、そのままごはんに乗っけるだけじゃオモロ無いなぁと。

ちょっとムチャな組み合わせかなぁと思いながらやってみたのがこんな丼物です。







初めての中華風鶏そぼろで「ニラ玉鶏そぼろ丼」

*初めての中華風鶏そぼろで「ニラ玉鶏そぼろ丼」

ニラをサッと炒めたとこに溶き卵をぶち込んで軽く塩コショウで味付け。

そいつをごはんの上に乗せてその上から中華風鶏そぼろをかけてやりました。

こんな組み合わせ変かなぁと思いながらやりましたが、食べてみるとなかなかアリでしたわ。

鶏そぼろは割と甘みの少ないシャキッとした味に仕上がり鷹の爪が効いて少しだけピリッと。

鶏そぼろを中華風の味付けにしたのは初めてやと思いますがなかなか当たりでしたわ。





シンプルに「中華風鶏そぼろ丼」

*2回目はシンプルに中華風鶏そぼろ丼


翌日の6日はシンプルに鶏そぼろだけで。

ごはんの上に冷凍の刻みシャンツァイを散らしてからチンで軽く温めたそぼろを掛けてやりました。








その後、一度まぜそばの具にも使い、今日も朝ごはんに鶏そぼろ。




鶏そぼろ目玉焼き丼

*鶏そぼろ目玉焼き丼


鶏と玉子やから親子丼とも言えそうですが・・・。(^_^;)

半熟目玉焼きと鶏そぼろです。ごはんの上にはシャンツァイを散らしてます。






鶏胸肉2/3枚ほどで作ったけどまだ丼が2回くらい出来そうなそぼろが残ってますわ。

てけとーな思いつきで作ったけどええ感じに楽しめてます。



今日は朝イチで鶏モモ肉を蒸し鶏に料理。

その後ヒメを動物病院に連れて行って、家に戻ったらまた即買い出しへ。

生の豚足が欲しくて最初は近所で売ってそうなトコが浮かばず大正区まで行くつもりでした。

車に乗る直前に生野のコリアンタウンなら生の豚足がありそうやと思いつき、急遽変更して生野へ。

久しぶりのコリアンタウンは以前より観光客向けに派手になってましたねぇ。

豚肉屋があって、店頭に並んでなかったんで聞いてみたらおいてると。

1本200円やったんで3本買うて帰ることに。

車に戻りだしたところで、豚足をリクエストした知り合いに報告したら3本じゃ少ないと。

で、結局またお店に戻ってもう3本プラス。

帰り道に元地元のあたりを通ったんで、馴染みの肉屋「イサミ」にも寄ることに。

上コマと焼き肉用のバラとハラミを400gずつ買うたら6000円を越えてちょっとびっくり。

普段ほとんどマトモな肉を買わんのでねぇ・・・。

帰ったら即豚足の仕込みに掛かりました。

まず半割にしようと思ったですが、以前やった時はちゃんと割れたのに今回は6本中1本しか割れず。

他は出刃包丁でどんだけ頑張って根元の骨が固くて割れず、結局切り目を入れただけで煮ることに。

一旦熱湯でごく短時間下茹でしてから仕込みの本番へ。

本番は水から炊くことにして、香味野菜の白ネギの青いトコ、ショウガ、ニンニクとたっぷりの酒で。

塩味を付けて沸いたらアクを取りながらしばらく弱めの中火で煮込みました。

アクの出が収まったあたりで、保温鍋にセットして現在は放置中です。

蒸し鶏は香味野菜を取り除いてスープと一緒にビニール袋に入れて冷蔵庫へ。

この作業の合間に昼ご飯はカップラーメンをすすってしのぎました。

あっちゅう間に夕方になり、このブログを書いてるうちに腹ペコですわ。

忙しくして疲れたんでものすごーーーーく酒が飲みたいんですが、明後日から飲みが続くんで今日明日は休肝日なんですよねぇ・・・。








*朝の体重:正確な計測無し。(57.9kg弱か。)

*今月の休肝日:2日(今日も飲みたいぞー!!)
 


 
posted by えて吉 at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

昭和町の「寿司 二八」とバー「Whiskycat1494」へ

コロナ騒動はだいぶ落ち着いて来て飲食店なども平常営業に戻って来てるようですね。

先週末にはバーも営業を再開したようで、私が気に入ってる昭和町と心斎橋のバー2軒も開いたのをネット上で確認。

というわけで、23日の土曜日はまずは昭和町のお店から応援がてら行ってみることに。

バーに行く前に腹ごしらえってことで、まずは同じく昭和町にある寿司屋へ。




昭和町の「寿司二八」も営業再開

*昭和町の「寿司二八」も営業再開

お店に入って少ししてから話を聞いてみると営業時間に制限があった非常事態宣言の出てる間はお店をずっと閉めてはったそうですわ。

そら寿司屋で酒を出せるのが7時までで営業が8時までなんて言われたら、店開けても大して売上げも上がらず、廃棄損ばっかりになりますわな。

注文はタケノコの煮物とサヨリのお造りでスタート。

ゆっくりビールと燗酒飲み、その後お寿司はシマアジ、エンガワとネギトロを摘まみました。

翌日は朝から会合があるし、この後のバーがメインやから酒の量を抑えるために食べるのも控えました。

これでお会計は5000円ちょいでしたわ。




昭和町のバー「Whiskycat1494」へ

*昭和町のBAR「Whiskycat1494」

とりあえずの営業再開で、18:00オープン、21:00ラストオーダー、22時閉店で再スタートしてはります。

バーテンダーの参段さんにも飲んでもらいながら、ジントニックでスタートして、適当にみつくろってもらったウイスキーも軽く。

参段さんの分も含めて2杯ずつでオーダーして、お会計は6800円でした。


飲食店はこのコロナ禍でどこも経営が大変でしょうが、なんとか盛り返して行って欲しいものです。








*朝の体重:57.90kg弱。

*今月の休肝日:7日(今日は酒を抜くぞ。)
 
 
posted by えて吉 at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

皮と骨付きのマトンでカレーを作ってみた

皮と骨の付いたマトンの角切りを使ってカレーを作ってみた様子をご紹介します。

中止になったグルコバ用の冷凍マトン肉3kgをこばやしさんから譲って貰いました。

こばやしさんがグルコバで作る予定だったマトンカレーのレシピを教えて貰い、それを参考に自作してみることに。


作ったのは4月25日になります。

前日にマトン500gを水に浸けて解凍の上、血抜きをしました。

それを塩とヨーグルトでマリネ。



当日はこんな感じで材料を揃えました。






マトンカレーの材料

*マトンカレーの材料

こばやしさんのレシピは3kg用やったんで、てけとーに各素材やスパイスの分量を減らしました。

ホールスパイスなんかは減らしすぎると風味が弱いかとけっこう多めに。

カルダモン、クローブ、シナモンを用意。パウダーのスパイスは、クミン、コリアンダー、カイエンヌペッパー、パプリカにフェンネルなどを用意。

生のトマトに、自家製のトマトソースのキューブ2つ分、タマネギは1個を繊維に直角スライス、ショウガとニンニクも元レシピよりかなりたっぷり目に。

作り方としてはまずタマネギをしっかりと濃いめの茶色になるまで炒めろと。

こういう炒め加減って焦げ付きそうでかなり勇気が要るんですが、今回はかなり頑張って茶色 を目指しました。

にんにくとショウガのすり下ろしを加えて、香りが立ったらトマトとトマトソースを加えました。

トマトソースなんか元のレシピにはないんですけどね。

なんとなくトマトをしっかり効かせたかったんで勝手に加えました。

水を加えてしばらく煮込んでからマトンを投入。

しっかり炒めてから水をさらに加えて煮込みました。

煮立ってしばらく炊いたら、保温鍋の外鍋にセットして放置。

1時間半ほど保温調理したら、他のアテもいくつか並べてさっそく食べてみることに。




出来上がった皮骨付きマトンのカレー

*出来上がった皮骨付きマトンカレー

私は味音痴なんで、カレーの分析なんてまったくようしませんが、けっこうええ感じに仕上がったように思いましたよ。(^^)




マトンカレー意外の料理も一緒に

*マトンカレー以外の料理も一緒に

・マトンカレー

・皮付きポテト、目玉焼き、生ハム

・チャーシューの切れっぱなしとスライスオニオン

・枝豆の羊名人炒め

・カニサラダとキャベツのサラダ

・セロリの浅漬け


初めてのマトンカレーに敬意を表してスパークリングワインを開けました。

ポテトのヤツはスペイン料理屋の「カンバッシー」のメニューのパクリです。

枝豆は冷凍食品のヤツを解凍して、サヤから出してササッと炒めてたっぷりの羊名人っていうミックススパイスをかけました。

カレーはなかなか気に入ったので、自分用にもう一回分とヒトと食べる時用のちょっと多めに分けて冷凍しときました。


マトンの煮込み時間は今回くらいならまったく問題なかったんですが、後日中華風の煮込みにした時にもっと長時間煮込むと肉が縮んで固くなってしまいましたわ。

2時間くらいで十分柔らかくなったので次からも煮込む時間には気ぃつけようと思います。









*朝の体重:58.20kg。(トホホ、休肝日やのに目標オーバーや。)

*今月の休肝日:6日(今日は休肝日や。)
 
 
posted by えて吉 at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

冷凍の皮付き骨付きマトン肉を分けてもらいました

コロナ騒ぎでインド料理を作って食べるイベント「グルコバ」が中止になりました。

中止の決定がギリギリだったんで、主催者のこばやしさんはすでに食材を仕入れてはるモノもありました。

そんな中でメインになる皮付き骨付きマトンの冷凍品が3kgほどあるとのことで、私が引き受けさせて貰うことに。

グルコバの中止からしばらくゴタゴタしてたんですが、4月21日に受けとりました。




200425mutton2.jpg

*冷凍の皮付き骨付きマトン 3kg

元値は分かりませんが、こばやしさんが4000円でええわといくらか値引きして譲ってくれました。

冷凍とは聞いててもどんな形状かと思ってました。

業務用の海老みたいにブロック状に全体が1塊やと使いにくいかもなぁって思ってました。

実際のブツはこの写真の用にバラ冷凍やったんで好きな量で使えると判明。

うちには台所のメインの冷蔵庫以外に、小型冷蔵庫と冷凍専用庫があるんですが、ここんとちょっと冷凍庫が埋まり気味でした。

さすがに3kgもあるとそのままではなおせそうになかったので、あんまり飲まない冷凍の酒瓶からズブロッカとリモンチェッロを外に出したらなんとかおさまりました。



目標としてはグルコバみたいにマトンカレーを作ろうと思うんですが、23日にとりあえずちょっとだけテストがてら煮込んでみることに。

子羊であるラムと較べて、大人?マトンは肉が固いのと臭みがあるなんて聞きますがどの程度かと少しだけ料理してみることに

たっぷりの水に浸けてマトンの角切りを解凍。

なんどか水を替えて血抜きをしてやりました。

そこからはかんなり手抜きでええ加減な作り方をしてみました。


一番小さい本鍋の内側に水を入れて、そこへ生のままのマトンを投入して着火して煮込みスタート。

生のローズマリーを買うて冷凍したばかりやったんでそれを2枝、セロリの葉っぱ部分を1本分、月桂樹の葉を2枚、香味野菜がてらシシトウを数本、クミンパウダーとコリアンダーパウダーをてけとーに振り込みました。

他にはチューブのニンニク、冷凍してあった自家製のトマトソースのキューブを3つ投入。

保温鍋で3時間ほど置いたら出来上がり。



200425mutton.jpg

*出来上がった骨付きマトンのトマトスープ煮込み


3時間ほど煮込むと適度な噛みごたえはあるけど、かなり食べやすい固さになってました。

ニオイの方はガッツリハーブやらスパイスを効かせたんで全く気にならず。

マトンのニオイ自体が好きやからかもしれませんけどね。







この日の晩ごはんはこんな感じになりました。








200425dinner.jpg

*マトンのスープがメインの晩ごはん

・骨付き皮付きマトンのスープ&クスクス

・キャベツとカニカマのレモン塩サラダ

・アスパラガス

・セロリのナムル

・ひねどりのタタキとスライスオニオン

ひね鳥はこの日行った八尾のかしわ屋(鶏肉屋)「ひよこ」で買うたもんです。



マトン300gはこの日に一気に全部食べ切ってしまいました。

スープだけ余ったんで迷った末、翌日に持ち越したんですが、皮付きやったせいか冷えた煮汁はブリンブリンの煮凝りになってましたわ。




マトンを先に炒めることも、いきなり水から炊いてみましたが、私の舌ではけっこう美味しくいただけましたわ。

ポイポイと手近にあるモンを鍋に入れて軽く煮込んだら保温鍋で放置。

これでそれなりに美味しいと思えるモンが出来るなら便利ですねぇ。

角切りでバラ冷凍やから使う量の下限も自由に出来てええ感じですわ。





ちなみに今日は昼過ぎからマトンカレーを作って今の時点では保温鍋で煮込み中です。

どうなることでしょうなぁ。



楽しい食材を分けてくれたこばやしさんには感謝ですわ。









*朝の体重:57.40kg。(一日で戻って良かった。)

*今月の休肝日:9日(昨日は酒を抜きました。)


posted by えて吉 at 14:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

またスキレットで「石焼きピビンパ」風

今日のお昼はまたしてもスキレットを使って石焼きビビンバ風のモンにしてみました。

ナムルは一昨日に買うたんですが、晩ごはんにほかのアテを軽く摘まんでからピビンパで締めようと思ってたんです。

ところが、アテだけで思ったより腹が膨れたんで、ビビンバまで行くと食べ過ぎやなぁと思い延期。

昨日は飲む日でアテの1つとしてナムルを食卓に並べたんですが、他のモンを優先したら余ってしまいました。

結局ほとんど食べないまま3日目に入ってしもたんで、今日の昼ご飯にして全部食べてしまうことに。





スキレットで「石焼きピビンパ」風

*スキレットで石焼きピビンパ風

スキレットにごま油をひいて、解凍したご飯を乗せナムルと生玉子をを盛り付け。

そのまましばらく加熱してパチパチ言い出してから全体を混ぜ混ぜ。

ナムルに付いてたコチュジャンを加えて、焼き肉のタレも少々垂らしてやりました。

全体をよく混ぜてからテーブルに運んでいただきました。

食べる時には一味をたっぷり加えましたが、スキレットがけっこうテーブルに運んでからも熱くて石鍋で焼いたような
雰囲気になってましたわ。

後半はちょろっとニョクマム(魚醤)を垂らしたりしながら美味しく頂きました。

意識的に軽めのお焦げを作りましたが、スキレットの方はだいぶ状態がようなってるんで焦げ付かずサラッと洗えましたわ。







*朝の体重:57.85kg。(昨日そんなに食べてないから減るのを期待したんやけどなぁ。)

*今月の休肝日:8日(今日はもう一日飲んだろ。)
posted by えて吉 at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

ちょい古い晩ごはんネタ3本

ネタ用に用意してる写真を整理してたんですが、その中から普段の晩ごはんネタを3つほど拾ったんでサクッとアップさせて貰います。


1本目は2月27日の晩ごはんです。



200420dinner1.jpg

*常夜鍋メインの晩ごはん

・ほうれん草の常夜鍋

・シシトウ網焼き

・壬生菜の漬け物

・フキの煮物(お裾分け)

・納豆

・切り干し大根の煮物(お裾分け)

・豆もやし

・赤かぶの漬けモン



この日は酒を買い出しに行ったついでに普段行かん生協のスーパーをのぞいたんです。

この時期がほうれん草の旬やってな宣伝をしてて、常夜鍋を思いついたんだったと思います。

常夜鍋って、具が決まってないんかなぁと思って手元にあったほうれん草以外の野菜やシメジも入れました。

家に冷凍したしゃぶしゃぶ用の豚バラ肉はあったんですが、解凍するのが面倒に感じてスーパーでなんも考えずパックを購入。

ところが、家に帰って豚のパッケージを見るとグラム238円もする豚やったんですよねぇ。

普段ならちゃんと単価見て買うのに、献立がサクッと決まって手っ取り早くと思って見過ごしてました。

「大山あじわい豚」とかいうヤツですが、こんな単価の豚は普段なら絶対買うてないですわ。
 *グラム160円くらいが限界かな。豚なら。





2本目は3月3日の晩ごはんです。






200420dinner2.jpg

*かます一汐生開きがメインの晩ごはん

・カマスの一夜干し

・アスパラの豚巻き

・ブロッコリー

・湯豆腐

・しんこおろし

・蕪の葉っぱのエスニック風漬け物


豚バラではえらい高いモンを買うてしまいましたが、この日のメインのカマスは消費期限が翌日で3割引きのシールが貼られてました。

1日で食べ切らんようなもんは出来るだけ新しいのを買うんですが、買うた当日に食べ切ってしまえるなら値引き品でええやろうと。

正価298円のヤツが割引きで208円になってたんでちょっと得した気分でした。

野菜の肉巻きって、ガキの頃の家では牛肉やったんですが、ネットとかで豚でやってるのを見て真似てみました。







3本目は3月4日の晩ごはんです。







200420dinner3.jpg

*鶏のみぞれ煮がメインの晩ごはん

・鶏のみぞれ煮

・カブラの煮物

・もずく酢

・しんこ

・納豆 鮭フレーク入り

・おくら

・かぶの浅漬け


冬場に食べたくなる鶏のみぞれ煮をこの日のメインに。

鶏を適当な大きさにカットして、醤油、酒、ショウガで下味を付けて片栗粉をまぶしてから少ない油で揚げ焼きに。

だし汁のなかでしばらく煮込んで最後に大根おろしをたっぷり加えました。

器に盛り付けてから青ネギとおろし生姜を添えてやりました。



みぞれ煮が余ったので翌日はうどんに再利用。




200420Udon.jpg

*みぞれ煮を再利用してぶっかけうどん

だしが飲めるタイプのぶっかけうどんって感じです。

こういう油っ気のあるヤツは冷えてるとくどいんで、温ぶっかけです。

大根おろしは2回火を入れることになりましたが、なかなか美味かったですわ。






*朝の体重:57.95kg。(ちょっと減るかと期待したのになぁ。)

*今月の休肝日:6日(今日は休肝日や。)
 

 
posted by えて吉 at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

古い晩ごはんネタ5連発

ここんとこまた普段の家の晩ごはんネタをアップしてなかったので、古いヤツから5連チャンでアップしてみます。

けっこう前のネタもあるんで詳細は忘れたトコもありますが、ご容赦を。

このサルがどんなもん食うとるかをサラッと目を通す感じでお願いします。



まずは1月23日の晩ごはんから。

この日近所のスーパー「万代」に行くと肉売場でステーキ肉に目が止まりました。

オーストラリア産のサーロインステーキが2枚で300g入って680円でした。





200326dinner1.jpg

*ステーキがメインの晩ごはん

・ステーキ エスニック風ソース

・ほうれん草

・すぐきの漬け物

・ピリ辛鍋の残り物

・ブロッコリーの明太子マヨネーズ和え

・茶碗蒸し

ステーキにはニョクマム(魚醤)と醤油に唐辛子やニンニク、冷凍の刻みシャンツァイなんかをてけとーに混ぜたたれをかけました。









2本目は2月1日に食べた晩ごはんです。





200326dinner2.jpg

*名古屋で買うた手羽先など

・名古屋の手羽先

・竹輪とコンニャクの煮物

・スナップエンドウ

・石狩漬け

・もずく

・セロリのゆかり漬け

・カニ味噌

・たらちり


30日に名古屋旅の最後に名古屋駅で買うた手羽先をこの日に食べました。消費期限は当日やったんですけどね。

真ん中の層状になって石狩漬けは、実家の親父が作ってお裾分けしてくれたもんです。

初めて食べましたがなかなか美味かったですわ。

うちの親父の料理っていかにも”男の趣味料理”って感じでこういう珍しいもんを作りよるんですよねぇ。

写真に写ってる料理だけでもそこそこありますが、スーパーで鱈の切れっ端を見かけたんで思わず買うてしまい鍋もやりました。

なんか特別な理由もないのに、ちと贅沢な晩ごはんになりました。








3本目は2月14日の晩飯です。







200326dinner3.jpg

*羊名人を使って晩ごはん


・鶏とブロッコリーの炒め物 羊名人で

・壬生菜の漬け物

・ほうれん草 ごまだれがけ

・鶏のスープの湯豆腐


年末だったかに、羊によう合うスパイスミックスの「羊名人(ようメ〜じん)」ってもんをことを知って、カルディでゲット。

ちょっと期待したんですが、赤い割りには全然辛くないのと、塩味があんまり強くなくて、実際に使こうてみるとほどほどなモンでした。

羊でも食べましたが、この日は鶏と一緒に炒めてみました。

鶏とキャベツ、白ネギを保温鍋で長時間煮込んだスープがあったんで、豆腐をぶちこんでやりました。







4発目のネタは2月15日の晩ごはんです。








200326dinner4.jpg

*塩鯖がメインの晩ごはん


・塩さば

・壬生菜の漬け物

・赤蕪の漬け物

・豆もやしのキムチ風味

・茹でブロッコリー

・ほうれん草

・焼いた厚揚げ

・湯豆腐


料理らしい料理はやってませんが、こういう晩ごはんやと満足感があるというか、ちゃんとした献立って気になります。

サバの干物を乗せた皿が、これくらいの大きさの切り身にちょうど良くて、この皿を買うて良かったなぁと。







最後の5本目は2月18日の晩ごはんです。








200326dinner5.jpg

*手抜きな晩ごはん


・ローストビーフサラダ(惣菜)

・厚揚げと鶏の煮物

・もずく

・ほうれん草

・豆もやし

・切り干し大根の煮物(実家から)

・マカロニサラダ(惣菜)

・フキの煮物(実家から)


4つめのネタと較べるとこっちは惣菜と実家からのお裾分けを並べた分、手抜きした気分がありました。

火を使ったのが厚揚げの煮物だけですしねぇ。

とはいえ、飲むアテとしては十分以上やったんで食事としては大満足でした。







今日は朝イチで泌尿器科に行ったんですが、3月の初めから計りだした血圧の結果を見て貰いました。

するとだいぶ高血圧気味なんで、降圧剤を飲むことに。

今まで体重とか肝機能に関する数値は気にしてましたが、血圧は全く注意してなかったんですよねぇ・・・。

自分の親が降圧剤を何年も前から飲んでましたが、この年(48歳)で飲み出すことになるとは思ってませんでしたわ。

塩分の摂りすぎがあかんのやろうけど、元々の味付けの好みが塩きつめなんでそれを変えるのは難儀ですなぁ。









*朝の体重:58.50kg。(うわぁ〜えらいデブりかたやぁ。)

*今月の休肝日:8日(休肝日の予定やったけど、飲むことにした。)

 

 
posted by えて吉 at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

ラム肉入りトマトソースでリングイネ

しばらく前に食べたパスタネタをサクッとアップしておきます。

食べたのは2月5日の晩ごはんなんですが、もともとは週末の宴会のためのアテとして作ったんです。

ジャガイモとラム肉をトマトソースで煮込んでメキシカンなスパイスで味付けようとしたんです。

その時にジャガイモは1個だけを賽の目切りにして、ラム肉はちょっとずつ凍らせてた切り落とし2つを使いました。


ラム肉入りトマトソース

*具のバランスが悪かったラム肉入りトマトソース

ラム肉とポテトの比率としては右半分くらいをイメージしてたんです。

えらいラム肉とトマトソースが多かったんで、写真みたいに半分に分けて右は宴会用、左を自分の晩飯で食べてしまうことにしたんです。


ラム肉入りトマトソースでリングイネ

*ラム肉入りトマトソースでリングイネ

これを食べた少し前にスパゲティを食べきってました。

ただ、そのスパゲティは賞味期限を2年以上は越えてたんです。

リングイネと違うてスパゲティやとちんたら食べてるとコシがなくなりそうで、忙しないんですよねぇ。

麺の一種としては好きなんですが、食べる機会が少なくてなかなか減らず。

やっと食べ切ったから、しばらく補充せんと様子を見てた頃なんです。

そんな訳でこの日はスパゲティって選択肢は無く、自動的にリングイネになったという次第。


味付けにはタコスの具を炒めるミックスシーズニングを使いましたが、そいつにカイエンヌペッパーとクミンパウダーを増量。

肉だけじゃオモロ無いからしめじで嵩増し。

バランスが悪かったラムのソースを加減するためでしたが、なかなか満足感のあるパスタになりましたわ。


スパゲティはしばらく買わずに様子見ましたが、やっぱり手元にないと寂しいんで、結局この後しばらくして買い直しました。










*朝の体重:58.20kg。(納得行かんデブ具合。)

*今月の休肝日:4日(昨日は酒を抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

柳刃が使いたくて贅沢な晩ごはん

また長らく普段の家の晩ごはんをアップしてなかったのでちょっと古いネタですが上げてみます。

ネタにするのは1月14日の晩ごはんです。

この日は昼間にJR八尾駅前にある包丁研ぎ屋に柳刃を持っていって研いでもうたんです。

研ぎ上がった柳刃がさっそく使いたくて、近所ではちょっとええ魚を置いてる「サタケ」っていうスーパーへ。

そこでカンパチの冊を買いました。200g弱の冊で971円やったんでなかなか高級ですわ。

半分は実家にお裾分けするつもりやったんですが、実家もちょうど買うてたんで1人で食べることに。

これが贅沢な晩ごはんになった理由ですわ。

半分やったら500円弱やけど、自分のためだけに食材で1000円ってのは贅沢過ぎますねぇ。






この日の食卓はこんな感じになりました。








柳刃が使いたくて贅沢な晩ごはん


*柳刃が使いたくて贅沢な内容になった晩ごはん

・カンパチのお造り

・結び糸こんにゃくの煮物

・ジュンサイの酢の物

・焼豚と水菜の和え物

・じゅんさい入り湯豆腐

・鮭フレークと貝割れ入り納豆

・スジ肉とコンニャクの煮物

・赤かぶの漬け物



研ぎ上がったばかりの柳刃はよう切れるようになってました。(そんな気がしました。)

お造りの断面もスパッと切れてて美味いような気までしました。

切れ味による刺し身の出来の差なんて分かるかは自信ないですが、柳刃を研ぎに出して良かったのは間違いないですわ。

蓴菜は何ヶ月も前から冷蔵庫のチルドルームに買い置きしてたヤツです。

ほんまはお客があったら出そうと思ってたんですが、賞味期限が12月30日やったんでついに食べることに。

酢の物と湯豆腐に入れて楽しみました。

焼豚は包丁の仕上がりを待つ間にJR八尾駅前まで行って「パントリー」っていうスーパーで見つけたもの。

初めてのスーパーでしたが、ちゃんとした焼き豚でこれは当たりでしたわ。

スジコンは、この何日か前にネギ焼きに入れるために作ったものです。

普段の煮物ならもっとあっさりしたダシで煮るんですが、ねぎ焼き用なんで濃口でしっかり濃ゆい味に炊きました。

メインのカンパチ以外に色々おかずがあるし、柳刃は研いで正解やと思えて、ご機嫌晩ごはんになりました。

ちなみに残ったカンパチは翌日洋風のカルパッチョにして頂きました。






昨日はぽん太のネタをアップしましたが、今日はそのぽん太を動物病院に連れて行ってきました。

体重は3.5kgに増えてるけど贅肉はついてないからこのままでええと。

目やら歯をチェックしてもうたら、歯はまだ乳歯のままでしたわ。

獣医さん曰く、前足も後ろ足も大きいからまだ大きくなるやろうなんて嬉しいことを言うてくれました。

元気に育ってくれてて嬉しいかぎりです。








*朝の体重:57.75kg。

*今月の休肝日:1日(今日はもう一日飲もうかな。)

*今月のジム:1日
 
 
posted by えて吉 at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

迷ってた「ホットサンドメーカー」をついに購入

このブログでは何度も書いてますが、私は基本的にパンは食べないんです。

朝のパンは喉が詰まる印象があって喫茶店のモーニングとかを除くと全くパン派ではないんです。

それ以外だと洋風のオカズを用意した時にそれの付け合わせ?的にパンをちょっと食べるくらいです。

そんな私なんですが、ごくまれに食べたくなるのがホットサンドウィッチ。

あと、同じ系統では食パンに潰したゆで玉子をマヨネーズで味付けしたヤツとチーズを乗せて焼いたヤツ。

この2種類は年に1回くらい食べたくなるんですよねぇ。

今のマンションはオール電化で台所はIHコンロ。

引っ越してくる前はホットサンドメーカーを持ってたんですがガス火専用だったのかいつの間にか手元からなくなりました。

そのおかげでホットサンドを食べようと思うと調理具の方から買わんとあかんようになりました。

食べたら美味いし、たまに食べたくはなるけど、それでも1年に1回とかのレベル。

今までこの3年で何度か買うのを迷ったんですが、ずっと買わずに我慢してました。

ところが、つい先日ツイッターでホットサンドイッチメーカーはホットサンド作り以外にも使えて、酒の肴を作るのにええって記事が流れたんです。

  *イエノミスタイル 家飲みを楽しむ人の情報サイト:ホットサンドメーカーはおつまみ作りの救世主(メシア)&万能神(ゼウス)だった!

割と最近にサイズ違いで2種類のスキレットを手に入れたこともあって、別にホットサンドメーカーでやらんでもええんちゃう?とも思うんですが・・・。

記事を読んだら、他の用途にも使えるんやから買うてまえー!!って発想に傾いてしまいました。(^_^;)




ついに買うてしまった「ホットサンドメーカー」

*3年近く迷った末についに買うた「ホットサンドメーカー」

*アマゾン:杉山金属 IH対応 ホットサンドメーカー サンドdeグルメ KS-2887

私が買うた時点では2400円でした。


食パンの耳ごと焼けるタイプのホットサンドメーカー

*食パンの耳ごと焼けるタイプのホットサンドメーカー

ホントサンドメーカーをアマゾンで探し始めて、いくつか見較べてたらパンの耳がカリッと焼けるってなレビューを見てこれを選んでしまいました。

ただ、こんな風に内側に溝があるんで、酒の肴作りにはイマイチやったかも・・・。(言い訳が、ポチった時点で破綻してました。)

実際に具を調理しようと思っても、内側の調理スペースが狭くてけっこうやりにくそうでした。

あまりにスペースが狭ッ苦しいんで結局私は具だけ別のフライパンで調理。





とりあえず一昨日には食パンとハムを仕入れて準備、昨日の昼過ぎにブツが到着したらさっそくホットサンドを作ることに。

初回はガキの頃から実家で食べてたヤツを作ることに。

キャベツの千切りとハムの細切りを炒めて塩コショウ。

軽く温めたホットサンドメーカーに炒めた具を盛り付けて、溶き卵を流し込み、溶けるチーズとマヨネーズをプラス。

それを8枚切りの食パンに2枚で挟んで焼きました。

初回は火加減が分からんので弱めの火でなんども開けながら手探りでした。



出来上がったのがこんなんです。





久々の「ホットサンド」は子供の頃からの作り方で

*久しぶりのホットサンドは子供のからの作り方で


ちょっと食パンがズレてて、写真の見た目が悪いですねぇ。

そもそもどう盛り付けたらええか分からんまま、早よ食べたくてパパッと写真を撮ってしまいましたしね。

味の方がガキの頃から慣れた味で、「そうそう、これが食べたかったんや」って思いましたわ。

別のフライパン使うあたりちょっと不便ですが、耳はそれなりに美味しく焼けてましたわ。

とりあえずホットサンドはそれなりに美味しく焼けるんが分かったんで安心しました。



8枚切りの食パンのうち、一枚は昨日の晩ご飯で消費。

そして3枚は実家に引き取ってもらいました。

残った2枚がまずくならんうちに食べ切りたかったので、今朝もホットサンドを食べました。

2回目なんで、ちょっとだけ味に変化を付けることに。

材料は余ってるハム2枚も使い切りたいんで、昨日と一緒ですわ。

ただ、今回はキャベツとハムを炒めてからカレー粉をプラス。

パンに挟む時は、チーズと溶き卵にケチャップを加えてやりました。





2回目はちょっと変化させたホットサンドウィッチ

*2回目はカレー風味にしたホットサンドウィッチ

初回はパンとパンがちょっとズレましたが、今回はちゃんと重なりました。

写真ではほとんど差がありませんが・・・。

カレー風味もけっこう行けましたわ。

これで食パンを食べきりましたが、やっぱりホットサンドも連チャンは2回くらいが限界ですねぇ。

そうなると次やる時も余った分はさっさと実家とかに回して食べてもうた方がええんでしょうなぁ。

以前、余ったヤツを冷凍したらいつまでも食べる機会が無くて、霜が付きまくって美味しくなくなったんでねぇ・・・。


今まで食べるのは毎回うちの方のガキの頃からのレシピのヤツばっかりでした。

でも、昨日他にバリエーションがないかと考えたら、けっこう色々浮かんだんですよねぇ。

ツナ缶を使うとか、コンビーフでピリ辛、照り焼き風の鶏を挟めんかなぁ?とか、鶏のトマト煮込みみたいなんを挟むとか。

ジャガイモを使ってもええし、ナポリタンかとか焼きそばはどうやろ?とも。

枝豆を潰してペースト状にしてチーズやマヨネーズと行くなんてのはどうでしょうか。

そうそう麻婆春雨かもやしを挟んでみたらどうかとも。

せっかく手に入れたホットサンドメーカーなんで、工夫しつつ楽しんで行きたいモンですわ。






今日は、昼前に病院へ血液検査の結果を聞きに行きました。

主に尿酸値と中性脂肪の管理のための血液検査でしたが、私が一番気にしてる尿酸値は8.1から5.2に下がってましたわ。

中性脂肪は272から228にしか下がってなかったですけどね。

薬は両方継続で、血圧がちょっと高めやから血圧計を買うて今後は毎日計るように言われました。

おっさんになると健康面で気ぃつけんとあかんことが増えますが、身から出たさびなんでぼちぼちやって行かんとしゃあないですなぁ。







*朝の体重:58.20kg弱。(ここまで一気にデブるんは納得行かんぞ。)

*今月の休肝日:9日(今日はもう一日飲んだろ。)

*今月のジム:1日



posted by えて吉 at 16:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

初めての料理に挑戦「だいこんもち」

ほんま最近は新しい料理に挑戦することないんですが、昨日は珍しく完全に初めての料理にトライしました。

昨日アップしたラム肉はやったことなかったソースを試した程度でしたからね。

今回の「だいこんもち」って初めて食べたのは学生時代に行った香港の飲茶屋でやったと思うんです。
 *返還前の香港やからもう30年近く前の話ですわ。

で、その時食べたヤツの印象がようなかったんですよねぇ。

やたらとドシッと重くてあんまり味もなく、無理に例えるとダメなういろうって感じ。

一皿に乗ってる量も多くて食べるのにだいぶ苦労した印象が残ってます。

その時にイメージが染みついてるせいか大根モチ=美味しくないモノって思ってしまいがち。

その後、日本で飲茶を食べた時なんかにもちょっとは食べててその時はそんなに悪くなかったとは言え最初のイメージを変えるほどではなかったですねぇ。

そんな私が自分でダイコンもちを作ってみようと思うきっかけになったのは、土曜日の日経新聞に付いてくるオマケ「NIKKEI プラス1」に連載されてる「かんたん美味」ってコーナー。

1/25のそのコーナーが「ダイコンもち」を取り上げてて、その紹介で「中はもっちり外はカリッと」って文字を見たらなんとなく作ってみたくなりました。

そのレシピで上新粉を80gと片栗粉10gを混ぜるってあったんで、わざわざ後日上新粉も買いました。

私はお菓子類を全く作らんので上新粉って初めて買うたんですが、うるち米を加工したもんで団子の材料なんですねぇ。

材料は揃えたんですが、大根餅への悪い印象が邪魔したのか、なかなか実際に作ろうとならず。

そうこうしてたら見えるとこに置いてた新聞の切り抜きを3ニャンズのどいつかに悪さされて端っこがすこし破れてしまいました。

昨日は天気が悪くて、外食するのも食料の買い出しに行くのも鬱陶しいなぁと。

そんな時に切り抜きに目が止まったんで、思い切ってやってみることに。


冷蔵庫にあったダイコンを適当にカットして計ったら220g。

皮を剥いて再度計ったら200gほどやったんで、レシピの180gにだいたい近いぞってことで上新粉と片栗粉をざっくり計って100gほど用意。

みじん切りの白ネギとてけとーな量のアミの干しエビを加えました。

そこまでで止めときゃレシピ通りなんですが、私は”レシピ通り作れない病”なもんで、さらにてけとーにアレンジ。

冷凍庫にあったパナメイエビを解凍して、殻を取ってから包丁で刻んでから軽く叩いて生地にプラス。

下味はレシピによると塩だけでしたが、塩の代わりにニョクマム(魚醤)を一回し。

記事では混ぜた記事をラップに広げて電子レンジでで加熱となってました。

その説明で本格的なモノは生地を蒸して作りますがってあったんで、そんじゃ蒸してみようかと。

バットにラップをひいて、その上に生地を広げて上からもラップをしてフライパンにパラボラアンテナみたいなヤツをセットしたとこで蒸してやりました。

初めての「だいこんもち」は生地をまず蒸してみた

*初めてのダイコンもちは生地をまず蒸してみた

蒸し時間なんか分からんので5分で様子見て、もう5分かそこいら蒸したかと。

バットを取り出したら一旦冷ますために置いといて、その間に他のアテを用意。

他のアテをテーブルに並べて、酒の段取りもしてから熱々を食べられるようにしてから大根餅の仕上げ。

冷めたヤツは端を落として長方形にカット。

フライパンにごま油を引いて、大根餅を焼いてやりました。

弱めの火でじっくりと表面が香ばしくなるまで焼きました。



初めて作った「大根もち」

*初めて作った「ダイコンモチ」

熱々を食べると団子っぽさは多少あるけど、なかなか美味かったですわ。

干しエビ、生エビ、魚醤を入れたおかげかええ感じの香りもしてました。

辛子酢醤油で食べましたが、下味をもうちょっと濃くしてなんもつけんと食べられるようにしてもええかもですね。



この日の食卓はこんな感じでした。




大根餅と一緒に食べたもの

*だいこんもちと一緒に食べたモン

・だいこんもち

・ピータン

・蒸し鶏とキャベツのごま沙茶醤和え


ピータンを久しぶりに食べようと思って、白ネギを刻んで酢醤油、香辣脆なんかを混ぜたタレを作りました。

キャベツは塩を振って軽くチン、冷凍してあったほぐした鶏むね肉の蒸し鶏と混ぜて、ごましゃぶのタレに麻辣沙茶醤を加えたタレで和えました。



だいこんもちのヘタも焼いた

*大根モチのへたも焼きました

長方形に整えてカットしたんで、端っこが出ましたが当然そいつらも焼いてやりました。

この端を焼いたんを食べると表面がカリッと焼けてる方が美味いなぁと。


そこで残ってた切れっ端を再度焼くことに。



大根モチはしっかり焼いた方が美味かった

*だいこんもちはよう焼いた方が美味かった

これくらい表面を焼いたると余計に美味かったですわ。

で、こんな切れっ端の方が全部の面がカリッとなってキレイな長方形より美味いかも?なんて思ってしまいました。



一応、納得出来るモンが出来たんで、実家のおかんに声を掛けてイランか聞いてみました。

すると欲しいっていうんで残ってたキレイな形の6切れは実家へお裾分け。




実家にお裾分けしたらおでんとごぼうが返ってきた

*実家にお裾分けしたら返ってきたおでんとごぼう

すぐ持って行ってやったら、ちょうどおでん炊いたから持って行き〜とこんなんが返ってきました。

ちょうど大根もちなんかの3品だけでは足らんかったのでありがたくいただきました。



昨日は11時過ぎてから腹が減って、冷蔵庫の中をゴソゴソ。




魚肉ソーセージを焼いてカレー粉と玉子

*魚肉ソーセージにカレー粉かけて玉子と焼いたなにか

見つけた魚肉ソーセージをなんとなく斜め切りにしてホイルの上でカレー粉と焼いてみました。

焼いてたらええ香りで玉子も欲しくなって上から追加。

こんな訳の分からんモンを夜遅く食べてしまいました。





最後に余計な食い物を晒しましたが、新作料理にトライすることがほんまに少ないんで昨日は楽しかったですわ。(^^)






検索したら私が参考にした記事がネットにあったんで、正しい作り方を知りたい方はリンク先からどうぞ。

 *ベターホームonline:だいこんもち<かんたん美味レシピ>



*朝の体重:57.30kg。(久しぶりに理想値クリア。)

*今月の休肝日:8日(今日はツレと飲み会あり。)

*今月のジム:1日
 
 
posted by えて吉 at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

エンド商事でいくつか買い出し

昨日はけっこうのんびり外で遊んでましたが今日は用事をするために午前中から出かけてました。

天気的には今日の方があったかかったから今日遊びに出た方が良かったですが、昨日は曜日的に出来ない用事があったんですよねぇ。

今日まず出かけたのはかかりつけの動物病院で、ヒメとぽん太のエサを分けて貰いに行きました。

昨日は休診日でこの用事が済ませられんから今日を用事消化の日にしたんです。

前回ぽん太のエサを買いに行ったら在庫切れで、仕入れる時に2個キープをお願いしてたんです。

それが終わったら会社の用事で銀行2軒で通帳のつけこみやら給料の処理などを。

その次は前回カキオコの帰り道に寄ったら定休日やったワーゲンのディーラーへ。

ゴルフの鍵の電池切れ警告が出てたんで交換に行ったんですが、サービスパック?に入ってるおかげでただでやって貰えました。




その次に向かったのが東部市場の裏?にある業務用食品店のエンド商事。





業務用食料品店の「エンド商事」

*業務用食料品店の「エンド商事」

家のすぐ近所に神戸物産の業務スーパーがあるんで、そこで買えるモンはそっちで済ませてます。

今回は業務スーパーにないものが買いたくてこちらへ。

1人暮らしのくせに割安な業務用サイズの調味料なんか見るとついつい買いたくなるんですよねぇ。

今日行った本来の目的はネギトロに使うマグロペーストを買うことと何日か前に使い切ったS&Bの黒煎り七味を見ること。

あいにく前に一度買うた記憶のあった黒煎り七味は見かけず。




エンド商事での戦利品

*エンド商事での戦利品

写真に写ってる以外に野菜なんかも買いました。

冷凍のねぎとろは無事5つゲット。1つ80g入りが198円と手頃な値段で冷凍庫に常備してるとちょっとした時のアテに便利なんですよねぇ。

しばらく前に最後の一個を食べ切ったら、無いのが落ち着かんので補給に行ったんです。

メインのこいつは5個ゲット。帰り道に溶けないように保冷袋にしっかりした保冷剤2個を入れて行ったんで帰ってきてもちゃんとカチコチでした。

スパイスはどうせいるやろうからついでにと、クミンパウダー、コリアンダーパウダー、カイエンヌペッパーにクミンのホールを買いました。

クミンのホールは今まで使ってなかったんですが、ラムを焼いたりする時にホールでやろうとゲット。

粉末のホワイトソースのヤツは家で一人分だけグラタンをするのに非常に重宝してて、残りが少なくなってきたので切らす前に。

白だしは、前に使った記憶があって、良かったかは自信ないけど近所にないやつなんで買うときました。

出来るだけ必要なモンに絞ったつもりなんですが、1つだけ無駄遣い?したのが右のミツカンのスープの素です。

それと左の生ラーメンは初めてやけどちょっとトライ。


ミツカンの「麺&鍋大陸 濃厚鶏白湯」

*ミツカンの「麺&鍋大陸 濃厚鶏白湯」

色んなソースやスープの素があって目移りしたんですが、ラベルにラーメン以外に博多風水炊きのスープにってあったのが決め手です。

これ一本で1190円(税抜き)もするんでなかなかの値段ですわ。

でも、ラーメンで7〜8倍濃縮、鍋なら11倍なんでけっこう使い出はありそうです。

現場では色んな業務用スープの素を見てて、最後コレに決めたんで意識してなかったんですが、家に帰ってなんとなく気になることが。

そこで自分のブログを検索したら10年くらい前に同じブランドのヤツを買うてましたわ。(^_^;)

店におる時は完全に忘れてたけど記事を読んだら思い出しました。ハズレやったってことを!!



ツルミ製麺所の生ラーメン(ちぢれ麺)

*ツルミ製麺所の生ラーメン 5食入りで284円

あんまり安くはないけど見たことない麺なんで試してみたくなったんです。





買うたモンはすぐ使いたい、食べたいっていう堪え性のない人間なんで家に帰ってさっそく昼ご飯に。




買うて来たスープと麺をさっそく使って昼ご飯

*買うて来たスープと麺で昼ご飯のラーメン

10年前はハズレやと感じたスープの素ですが、濃縮倍率が変わったりしてるんで中身はだいぶ変化してるんでしょうね。

お湯を沸かして、このスープの素を溶かしただけで味見をしましたが、なんにも手をいなくても割と美味しく感じました。

味音痴なんでだいぶ違うかも知らんけど、サッポロ一番塩ラーメンよりもっとあっさりしたええ塩味スープに感じました。

ケミカルは当然入ってるけどあんまり嫌みの無い味のように思います。

ブログを検索してハズレやった記事で記憶が蘇った時はアッチャーって思いましたがこれなら十分使えそうですわ。

そうそう麺もけっこう好みに合うてて、当たりでした。







*朝の体重:58.00kg。(昼酒シバいて増えんかったらヨシか。)

*今月の休肝日:8日(今日はもう一日飲もっと。)

*今月のジム:1日
 

 
posted by えて吉 at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

東洋陶磁美術館で竹工芸品展を見てからミナミでちょい飲み

今日は朝の9時半から近所の医者で血液検査を受けました。

年末に尿酸値がえらい高くてそこから尿酸値を下げる薬を飲んでるんで、その効果のチェックって感じでしょうか。

ほんまは1ヶ月前に検査を受ける予定やったんですが、その日にちょうどインフルエンザにかかって延期してました。

問診して薬を出してもうてから血ぃを取ったら、近所の薬局で薬を貰って病院ネタは片が付きました。

そのまま電車に乗って淀屋橋まで移動して中之島にある東洋陶磁美術館へ。

少し前に「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション−メトロポリタン美術館所蔵」 っていう展覧会があるのを知ってそれを見に行きました。

竹の工芸品ってしばらく前に京都でやってた工芸品展に何点か出てた、その精緻さとか竹の色合いとかにすごいインパクトがあったんです。

絵とかの美術品ってええのか悪いのか分からんことが多いんですが、竹は技術の面だけでも素直に感銘を受けるような気がして出かけました。




東洋陶磁美術館で「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション−メトロポリタン美術館所蔵」

*東洋陶磁美術館で「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション−メトロポリタン美術館所蔵」

編み方の複雑さ、竹の繊細な細さ、表面の色の変化など見てて飽きず、作品自体の芸術的な意味は湧かんでもモノとしての凄さを感じました。

絵画の展覧会より楽しめた気ぃがしますねぇ。

わざわざ電車で都会に出ましたが、個人的には十分以上の価値がありました。





元々の予定ではブログ仲間の某氏が褒めてたはキタにあるハンバーガー屋に行こうと思ってました。

でも、朝の体重が目標を越えてたのでガッツリ系のハンバーガーはまずいかなぁと。

とりあえず、キタはやめて難波方面に散歩がてら移動することに。

途中のコンビニで缶ビールを買うてそれを舐めながらのんびりと船場まで。

船場からは商店街の中をブラブラと歩きながら南下。

ここんとのコロナウイルス騒ぎで中国人の観光客が減ってるって聞いてますが、前の様子が分からんので較べよう無いなぁと。

道頓堀には外人客が多くなってから来たことがありましが、そこから北の商店街はもう何年も歩いたことなかったんでね。


とりあえず千日前を越えたら左折して飲み屋のあるあたりへ。

最近は大阪の店舗が減ったバーガーキングの前も通りましたが今回はパス。




ミナミに移動して赤垣屋へ

*ミナミで赤垣屋へ

別の店に向かってたんですが、前を通ったんでちゃうとこにも行こうとこちらへ。


瓶ビール500円に”なんばビーフカツ”286円とポテサラ164円。

ビーフカツは、駄菓子の串カツ風おかしみたいでしたが、その駄菓子に通じる旨さがあっておもろかったですわ。

もうちょっとアテを頼んで日本酒に行くか迷ったんですが、こちらでは以上で切り上げてお勘定は950円。



次はここからちょっと歩いたとこにある「正宗屋」へ。



千日前の正宗屋でしっかり飲み食い

*千日前の正宗屋でしっかり飲み食い

ミナミの正宗屋は相合橋の方が好みでこっちの店には長らく来てなかったですわ。

最初に燗酒(320円)を頼んで途中から瓶ビール(490円)も追加。

アテはイワシの天ぷら320円にあっさりしたどて焼き(390円)でスタート。

追加でおでんの大根と厚揚げ(各100円?)を行ってから最後にのれそれ480円。

穴子の稚魚であるのれそれって四国で食べて以来春に見かけると食べたくなるんですよねぇ。

最近は漁獲量が下がってるようでスーパーで買うと割高過ぎるように感じるんで飲み屋でちょっと摘まむのがちょうどですわ。

ここでのお勘定は2540円でした。しっかり飲み食いして腹もしっかり大きくなってご機嫌でしたわ。



ええ工芸品を見れて、昼酒もシバけてなかなかええ日でした。







*朝の体重:58.05kg(うーん。まだオーバー。)

*今月の休肝日:8日(昨日は酒を抜きました。)

*今月のジム:1日

 
 
posted by えて吉 at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

山本屋總本店の乾麺「巾広白波」っていう「きしめん」

この前の名古屋旅行では味噌味のもんは食べられましたが、きしめんは食べる機会がありませんでした。

最後に名古屋駅で電車に乗る前に時間があって他の人の用事で百貨店の地下に行きました。

その時にたまたま見かけた山本屋總本店の売り場でだいこんさんが乾麺のきしめんを買うてはりました。

それがこの「巾広麺白波」っていうヤツなんですが、5食入りで1080円っていうのは私の感覚からするとすんごい高級品。

ただ、乾麺としては珍しい幅広タイプってなことを店のヒトが説明してくれてました。

だいぶ迷ったんですが全部自分で食べるん無くて一部をヒトに上げてもええかと思ったんで買うてみました。

昨日の朝は体重が目標ジャストやったから普通なら麺類は我慢するんですが、買うたモンはすぐ食べたいって思うタイプなんでさっそく朝メシに。

高級なきしめんさんに敬意を表して、ダシパックやけどだしを引いてやりました。

麺の茹で時間は7分でしたが、乾麺の状態ではさほど幅が広いようには感じず。





山本屋總本店の乾麺「巾広麺白波」できしめん

*山本屋總本店の乾麺「巾広白波」できしめん

前日までの2日間で激しく飲み食いしてたから、あっさり目にしようとわかめきしめんにしてみました。

茹でた後、水道水で洗って締めたヤツをサッと温め直しました。

茹であがってみると確かに乾麺としてはかなりの幅広でしたねぇ。

表面はきしめんらしくツルンツルンで、ちょっとすすりにくいけど美味しく頂きました。

1人前100gなんですが、幅広麺で本数が少ないこともあってかあっちゅう間に食べ終わってしまいました。




*朝の体重:58.20kg。(3食ちゃんと食べたら昨日よりデブってもうた。)

*1月の休肝日:11日(昨日は酒を抜きました。)

*1月のジム:3日




posted by えて吉 at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

天王寺駅の上の立ち食い寿司「すしまる」を再訪

昨日の晩ごはんはあんまり料理する気がせんかったので外食で済ませることに。

先週の金曜日に寿司屋に行きたくて天王寺に出たんです。

狙ってた店に5時過ぎに行ったんですが、シャッターが閉まってました。

潰れたかと思ったんですが、ネットで開店時間が5時ってなってたけど6時からやったんですよねぇ。

6時からやってのは翌日に電話してみてお店の人に聞いて分かったんですよねぇ。

で、当日はしばらく悩んで他の寿司屋に行ったんですが、そこはカウンター満席で断られました。

結局、チェーン系の居酒屋みたいなトコで寿司を置いてる店に入りました。

アテを2品ほど頼んでから寿司を4皿だけ食べておしまい。

その寿司も異様にシャリが小さすぎて食べた気がせず。

中途半端に食べたせいで余計に寿司が食べたくなりましたわ。


その流れを引きずってたんで、昨日はシンプルに寿司を食べようとJR天王寺駅の上にある立ち食い寿司の「すしまる」へ。

前回初めて行った時は酒がなくなったタイミングで切り上げたんで5皿だけでした。

今回はもうちょっとしっかり食べるぞ〜って心に決めて向かいました。




天王寺MiOの「エキうえスタンド」の立ち食い寿司「すしまる」 その1

*天王寺MiOの「エキうえスタンド」の立ち食い寿司「すしまる」その1

生ビール400円を頼んで、まずはヒラメ300円でスタート。

すぐ燗酒も追加して、ビールと平行してやりましたけどね。

続いてにぎり寿司はアジ200円にいわし200円と行ってあてでナマコ400円を。


天王寺MiOの「エキうえスタンド」の立ち食い寿司「すしまる」 その2

*天王寺の立ち食い寿司「すしまる」で食べたモン その2

続いてエンガワ200円、穴子400円、いくら300円、うに400円、トロ鉄火300円と行きました。

さすがにこの値段でのウニはイマイチでしたが、それ以外はどれも美味かったですわ。

先週食べた異様にシャリの小さい寿司と違ってちゃんんと食べたって気分になりましたわ。

生ビール1杯に燗酒2本とでお勘定は4510円。これで寿司欲がとりあえずは収まったかと思います。




*朝の体重:57.15kg。(寿司食った割りにはデブらず。)

*今月の休肝日:9日(今日酒抜いてクリア予定。)

*今月のジム:3日(今日は外歩き30分弱とジムで筋トレ3セット。)




posted by えて吉 at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

吉野家の牛丼風ぶっかけうどん

昨日のグルコバではけっこう刻みモノをやりましたが、今朝起きるとがっつり疲れが残ってましたわ。

布団の中で目が覚めるとやたらふくらはぎがだるく感じました。

7時過ぎには目が覚めたんですが疲れてたんでしばらく布団の中でゴロゴロして本を読んだりしてだらけてました。

9時過ぎに起きたんですが、今朝の体重はえらい軽めでした。

昨日グルコバであんまり食べんかった印象なんですが、勘違いじゃなかったようですわ。

体重に余裕があるからうどんが食べられるわと喜んでたんですが、しばらく前から試したことをやってみました。




吉野家の牛丼風ぶっかけうどん

*吉野家の牛丼風ぶっかけうどん

しばらく前に吉野家の味を再現するってレシピでで作った牛丼の具を小分けにして冷凍してありました。

それを業務スーパーの細めのうどんに乗っけてぶっかけうどんにしてみました。

ネギと天かす以外に、牛丼繋がりなんで紅ショウガも薬味に添えました。

私は普段あんまり甘い肉が好きじゃ無いんで、そういうタイプの肉うどんとか肉ぶっかけって食べないんです。

ただ、吉野家風の具を家で作ったからいっぺんは試してみようと思ってたんですよねぇ。

やってみた感想は、まず吉野家の牛丼が大好きなんで味の方は問題なし。

なかなか行けるなぁと思ったんですが、食べ進めるとちょっと妙な気分に。

味が慣れた吉野家風やからか、ふとした拍子に口の中にごはんが無いのが不思議に感じました。

うどんを食べてるはずやのに脳みそが自然に丼物を食べてるような錯覚をしたって感じでしょうか。

何回か「オレは今ぶっかけうどんを食べてるんや!!(せやからごはんは無いの)」って自分に言い聞かせてました。

やってみて、それなりに美味いけど、やっぱり牛丼の具はごはんに乗せる方がしっくり来ますかねぇ。




*朝の体重:57.00kg。(えらい軽めや。)

*今月の休肝日:9日



posted by えて吉 at 16:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

「麻婆納豆丼」は初めてのはず

今日は朝の体重が目標を越えてたので朝ごはんはとりあえず様子を見ることに。

明け方に目が覚めた時に空腹で寝直しに苦労したほどやったんで、前日食べ過ぎたりはしてないんですけどねぇ。

10時半から歯医者の予約があったので、朝メシ抜きのまままずそれに行きました。

歯の定期的なチェックって感じで歯石なんかを取って貰いました。

歯医者が終わったらそのまま買い出しに行くことにして車で平野のマックスバリューへ。

必要な買い物のうち、タンカレーのジンはちょっと高めやけど3本買えたからオッケー。

でも、箱で買いたいぐらいやったトニックウォーターが11本しかなくてガッカリ。

つい最近サイゼリヤで発売になったラム肉の串焼きってのが、売れすぎで販売中止だと昨日知りました。

気になってたから近いうちに食べたろうと思ってたのにねぇ・・・。

それで悔しいからマックスバリュに置いてる厚切りのラム肉を食べたろうと思って行ったのに品切れ。

猫砂は買おうと思ってた通り4つ買えたけど全体的に中途半端な買い出しになりましたわ。

地元に戻って万代ってスーパーでちょこちょこと買い物したら家へ。





本日の1食目をどうするか考えてて、しばらく前に買うた納豆が3つとも手つかずやから減らしたいなぁと。

私は何度も書いてますが、東京の人みたいにご飯の上に納豆を乗せて食べるって習慣がないんですよねぇ。

私にとっちゃ納豆はアテの一種やし、朝メシに納豆ってあんまり気乗りがせんのですよねぇ。

そのままの納豆をご飯に乗せるのは気乗りしませんが、ふと麻婆豆腐の素と納豆を混ぜたら美味いんちゃうか?と。

酒の肴としてスタミナ納豆はけっこう好きなんで、そういう感じのヤツをご飯に乗せようかと。

冷凍してある自家製のマーボの素を一欠片、小さなフライパンに入れて水を少し垂らしました。

買い出しでしめじを買うてたから、その一部も加えることに。

シメジと麻婆の素を炒めて、日本酒をちょろっと注いだとこに納豆を投入。

全体を混ぜて、あたたかくなったら出来上がりとしました。




予想以上に美味かった「麻婆納豆丼」

*予想以上に美味かった「麻婆納豆丼」

納豆の粘りがあるから全体にトロミは付けず、炒め合わせただけ。

ご飯の上に全て乗せて、ごま油をタラリ、青ネギを散らしたら出来上がり。

一口食べて辛味が大したことなかったから、カイエンヌペッパーをたっぷりプラス。

食べてる途中からは、ニョクマム(魚醤)を垂らしてやりました。

かなり辛くしたんですが、熱いご飯とでハフハフいいながら食べましたわ。

熱を入れたんで納豆のニオイはちょっと強くなってるけど、麻婆の味とおうてて美味かったですねぇ。

てけとーな思いつきだけで作ったけどこれは当たりでしたわ。

麻婆の素はまだまだあるから、これからは納豆がだぶついた時のええ食べ方に思いました。






*朝の体重:58.30kg。(鍋やったけど、食べ過ぎてないから納得行かんぞ。)

*今月の休肝日:8日(今日はもう一日飲むで。ここ2日控えめやし。)
 
 
posted by えて吉 at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

もう我慢出来ず「いつものうどん」

年明けから体重に余裕がなかったり目標オーバーの日が多くてうどんがほとんど食べられてませんでした。

今年食べたうどんって10日ほど前に家でカレーうどんを作ったくらいでしょうか。

外でもおそらく食べてなくて、一度は天王寺の立ち食いうどん屋「松屋」に行こうと思ったのに居酒屋に流れてしまいましたねぇ。

今朝の体重はなんとか58kgを切った程度で余裕はなかったんですが、もう我慢出来ずうどんをシバくことに。

長らく大阪にあるスーパー「マルナカ」の生讃岐うどんを買うてたんですが、どうも取扱を辞めたようで3軒くらい店舗を回って複数回チェックしても見かけないんですよねぇ。

まぁかけうどんについてはその辺のスーパーで売ってる安モンの袋麺でもええんですけどね。

2〜3日前に業務スーパーに行った時に以前に一度買うた細い生讃岐うどんをもう一度買うてみました。

かなり細いんで基本的には冷や向きやと思うんですが、今回はそれを使ってかけうどんを食べることに。

200g入りの袋が4つ入って178円だかって値段はかなりムチャクチャな安さに感じますねぇ。

5回に分けて食べる作戦で160gほどを茹でました。

一旦水道水でビシッと締めてから、再度お湯に入れて温め直しました。




久しぶりに「いつものうどん」

*久しぶりに「いつものうどん」

おぼろ昆布、天かす、青ネギを乗せた定番の食べ方で行っときました。

安いうどんやけど細いなりにそこそこのコシがあって行けましたわ。

ダシは創味の白だしをベースに酒と味醂、いりこだしの素を少々。

白だしっていつもてけとーにあっちゃこっちゃで見かけたヤツを買うんですが、ここんとこは2回連続で好みに合わず。

今回は安牌って意味で創味のを買うたんですが、やっぱりこれは割と好みに合いますねぇ。

変に冒険するからハズレを引くんやと分かってるんですが、なかなか固定しきらんのですよねぇ。

久しぶりのうどんには満足したんですが、久しぶりのせいか1杯食べても全く足りた気ぃがしませんでしたわ。(^_^;)





昨日はマンションの理事会に向けて管理会社と打合せ。

朝の10時からみっちり1時までかかりましたわ。

で、今日はその打合せで出て来たネタのうち、数字が細かくて桁数も多くパッと見て感覚で理解出来んやつをざっくりまとめ資料に作り直し。

その資料で問題ないかまた管理会社と打合せしたり、昨日交渉したある業者との対応を検討したり。

私みたいな暇なもんやからまぁええかと思ってやってますが、堅気の人じゃたまらんでしょうなぁ。








*朝の体重:57.85kg。(なんとか目標クリア。)

*今月の休肝日:4日(休肝日の予定やったけど、急に飲み会が入ってしまった。)

*今月のジム:2日(昨日は歩き10分だけと筋トレ3セット。)
 
 
posted by えて吉 at 15:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

散歩がてら柳刃を八尾駅前の包丁研ぎ屋「とぎ匠 まさ」へ

今日は11時過ぎに家を出て隣駅のJR八尾駅前にある包丁研ぎ屋「とぎ匠 まさ」へ出かけました。

ちょっと前に短い方の出刃と一番良く使ってるメインの牛刀を研いでもうたんですが、なかなかええ感じに思ったんで短い方の柳刃を研いで貰いたかったんです。

この3本が私が普段の料理で一番よう使う包丁になるんで、どうせなら3本ともビシッとさせたろうと。

他にもかなりゴツイ出刃包丁と、かなり長めで硬めの柳刃あるんですが、そっちは年に1回使うか使わないって感じなんですよねぇ。

しばらく使こうてませんが、そっちの切れ味は大して落ちてないやろうって気がするので当分このままで行こうと思ってます。




どうせ出かけるならちょっとでも運動になればと思って散歩がてら歩いて行きました。

店に着いて研ぎ師の大将に包丁を渡すと、仕上がりは14時以降になるってことでした。

まだ12時前やったんで、ちょっと時間つぶしに困ったなぁと思いながらも了解して一旦店を出ました。

とりあえず予定してた通り歩いて15分ほどのところにあるベトナム食料品店へ。

八尾に住みだしてからニョクマム(魚醤)はここかすぐそばにあるもう一軒で買ってるんです。

どっちの店でも買うのは同じブランドのヤツですけどね。

800円のヤツを2本買うてもまだまだ時間があったんで、とりあえず大通りに出てポテポテと近鉄八尾駅方面へ。

11時過ぎに家を出る前からかなり腹減ってて、最初はまずコンビニの豚まんでも食べようって思ってたんです。

でも、朝の体重が目標オーバーなんで、豚まんの後すぐ昼飯ってのも嫌やなぁと。

それで我慢して歩いてたんですが、そのまま近鉄八尾駅周辺に着いてしまいました。

駅前の「LINOAS(リノアス)」って商業施設へトイレを借りに行ったら、地下にスーパーがあるようだったのでチェック。

「Pantry(パントリー)」っていうスーパーやったんですが、あんまり見覚えが無く今調べると「大近」っていう大阪の会社がやってるチェーンのようですねぇ。

かなり品揃えは充実してましたが、値段の方も私にはかなり高めの高級系に感じましたわ。

近鉄八尾周辺の住民はそんなに金を持ってるモンが多いんかとビックリするほどでした。

近鉄の高架下にある「さんきゅう」系の回らない寿司屋に惹かれたんですが、デブリ気味でパス。

餃子の王将はあったけど、毎回同じ王将ばっかりも嫌でパス。

ちょっと贅沢やけど、ゆっくり食べたら時間つぶしになるやろうと割烹「優」に行こうと思ったら定休日。

どうせならローカルな個人店の中華でも食べようと適当に地図を見て移動したら、そこも定休日。

結局、JR八尾駅前まで戻って何度か入ってる大阪王将へ。

餃子245円とレバニラ炒め690円に中瓶500円で〆て1435円。

歩き回って喉が渇いてたからビールをがんがん行きそうでしたが、なんとか自重して一本だけで我慢。

朝からなんにも食べんまま1時半頃になってたんで、フラフラでしたわ。

食べ終わったらちょうどええ時間やったんで、線路の反対側にある包丁研ぎ屋行って仕上がった柳刃を受けとりました。


JR八尾駅前の「とぎ匠 まさ」で研いでもうた柳刃

*「とぎ匠 まさ」で研いでもうた柳刃(写真上)

左下:ベトナム食料品店

中下:パントリーに並んでたサンポーのカップラーメン

右下:JR八尾駅前まで戻って食べた大阪王将


柳刃の研ぎ代は800円でした。

受けとったら家に向かったんですが、近所でマシな魚を置いてる「サタケ」ってスーパーへ。

研ぎ上がった柳刃でお造りを引いてみたいって理由でカンパチの冊を買うてしまいました。(^_^;)

半分は実家にお裾分けするつもりやったんですが、実家も同じカンパチを買うたばかりってことで1人で食べることに。

包丁の切れ味を試すためだけに1000円近いカンパチを買うたことになるんでえらい贅沢ですわ。

*サンポーのカップラーメンは「焼豚ラーメン×丸幸ラーメンセンター」、「焼豚ラーメン×丸星ラーメン」、「井手ちゃんぽん」ってヤツでどれも初めて見ました。 家の在庫が多すぎて買えんかったのが残念です。


今回の散歩では13000歩ちょっと歩いてましたが、普段あんまり歩かない私にしちゃ上出来ですわ。



*朝の体重:58.20kg。

*今月の休肝日:4日

*今月のジム:1日


posted by えて吉 at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

当たりやった長野土産:田澤養鱒場の「ますのうの花漬け」

昨日えべっさんに行ったんでこれできっちり正月が終わったって気になりました。

年が明けて、正月も終わると、去年のネタってものすごーく古くなった気分になるんですよねぇ。

それでも何本か上げたいのが溜まってるんですが、そのうちの1つである長野旅行のネタも途中のままなんですよねぇ。

本編は近いうちにアップするとして、その時のお土産で当たりやったのが今回のネタになります。

今回は普段の旅行よりかなり向こうで色々買うたんですが、全体的に当たりが多かったんですよねぇ。



今回の田澤養鱒場の「ますのうの花漬け」ってのは、何回も長野に旅行してますが初めて見かけました。

売ってたのは道の駅「大桑」ってとこですが、養鱒場のあるのが長野県木曽郡大桑村ってなってるんでまさに地元の商品ってことですね。

値段は忘れましたが1000円くらいだったかと。

自分用にはもったいなかったんで、実家の親父の土産として買うたんですが、一部をお裾分けでもうたんで味見することが出来ました。



田澤養鱒場の「ますのうの花漬け」

*田澤養鱒場の「ますのうの花漬け」

真ん中の鱒の卯の花漬け以外は、惣菜とかなんで無視して下さい。(^_^;)

商品のパッケージ写真を撮り忘れてしまったんですよねぇ。裏面は撮ってたのに。

食べてみるとおから部分に甘みがあるんですが、それが甘すぎず非常にスッキリして上品でした。

原材料を見ると「にじます、おから、酢、鶏卵、砂糖、塩、植物油、醤油」となってます。

この手のお土産品だとたいていは化学調味料だのが色々入ってるのに、全くケミカル系は無し。

かなり真面目に作ってる印象ですし、砂糖を使ってても味付けが非常にええ感じでしたわ。

長野の宿に泊まると虹鱒って料理に出てくることが多いですが、こういう食べ方もあるんやなぁと感心しました。

要冷蔵なんで帰り道でないと買いにくいのが難点ですが、次長野に行くことがあったらまた買うてもええなぁと思える商品でした。

あげた親父も喜んでたんでお土産としてもヒットでしたわ。

写真の左下に写ってるのは同じく実家に土産にした野沢菜漬けの油炒めですが、これは化調が入ってますがスーパーで買うたから割安でこれまたなかなか美味かったです。







*朝の体重:58.45kg弱。

*今月の休肝日:2日(今日は酒抜かんとな。)
 
 
posted by えて吉 at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする