2018年06月17日

久しぶりの「オムカレー」

冬場の休肝日には適当な野菜で嵩増しした焼きカレーをしょっちゅう食べてました。

そっちに飽きた訳でもないんですが、同じように安物レトルトカレーを使ったオムカレーの方を作ってみました。

食べたのは11日の休肝日になるんですが、いつものように”飲めない”ってだけでやる気はダダ下がり。(^_^;)

手元にあるもんでしのぐことにしたんですが、いつもの焼きカレーはやめてオムライスにカレーを掛けることに。

嵩増しとしては手元にあった魚肉ソーセージ、玉ねぎ、ピーマンを使ったんだったかと。

いつもならキノコ類をたっぷり入れるんですが、切らしてて買いに行く気も出なかったんです。

玉子は2個使うことにして、料理の少し前に冷蔵庫から出して室温に近づけときました。

中に入れる焼き飯は焼きカレーならガッツリカレー味にして辛味も効かせるんですが、なんとなくオムカレーの時は大人しめがええかと。

下味の塩コショウと、コンソメで味付けをしたらカレー粉などのスパイス系はパスしときました。


オムライスやらオムレツ系を作る時はながらく22cmのテフロンのフライパンを使うことにしてるんです。

そのサイズでやると持ってる少し大きめの皿にちょうどよく収まるし、作り慣れてて具合がええんです。

26cmだかの少し大きめのフライパンで中身の洋モノチャーハンを作ったら、玉子2個に牛乳少々と塩コショウにごく僅かに砂糖を加えた卵液を用意。

22cmのフライパンをしっかりめに熱して油を注いでからバターを控えめに加えたとこに卵液と投入。

ざっくりかき混ぜて半熟になっところで火を弱めて、大きいフライパンからご飯を乗せました。

あんまりムチャな嵩増しはやってないつもりでしたが、ごはんが広がったこともあって玉子で包めそうにありませんでした。

普段から完全に底まで包もうとしてないんですが、ある程度は包み込みたいとは思ってるんですけどね。

包むのは諦めて、フライパンから皿に移す時にある程度寄せて、一応でもオムライスっぽく見えるように誤魔化してみました。






180617omucurry.jpg

*久しぶりに作った「オムカレー」

一応、オムライスっぽく見えてませんかねぇ?(^_^;)

ちなみにカレーが掛かったトコの一部が少し破れてます。

ご飯を玉子の上に乗せた時はあっちゃ〜って感じでしたが、一応なんとかなったと思ってる上にごくごく安モンのレトルトカレーを掛けました。

白いご飯に安物レトルトカレーだとかなり寂しい気分になるんですが、こうして玉子でくるむだけで気にならんのですよねぇ。

カレーライスを食べるんじゃ無くて、オムライスにカレーソースが掛かってるって思えるからですかねぇ。

カレーライスよりは多少味わって食べられるせいか、少しは時間掛けて食べられましたしね。

焼きカレーもええんですが、たまにはこうしてオムライスにするのもええもんやなぁと思いながら頂きました。





今月は、月10日の休肝日って目標はそうそうに諦めたんですが、一応誠意を見せるため?昨日まで3日連続で休肝日にしてみました。

アル中になることもなく、肝臓に影響がなかったら毎日飲みたい飲兵衛にとっちゃ1日酒抜くのでもいまだに慣れないんですよねぇ。

それが2日になるとしんどさは何倍かになるし、ましてそれが3日なるとめちゃくちゃ努力がいるんです。

なんとか3日酒を抜いたんで、今日は昼間っから胸を張って飲んでやりました。






*朝の体重:57.80kg。(余裕無いけど昼からがっつり行きました。)

*今月の休肝日:4日(昨日は酒を抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

残り物で簡単に朝ごはん

昨日は中国道の三次ICから高速に乗って300kmをガンガン走って4時過ぎには家のそばのスーパーに到着。

晩ごはんは巻き寿司と惣菜だけで済ませました。(しかも盛り付けもせずプラスチックの容器から直食い。)

そのうちの1つは全く食べなかったので朝ごはんに使うことに。

最初はうどんに乗っけようかと思ったんですが、なんとなくご飯に乗せてみようかと。






食べてなかった惣菜で「オクラ長芋丼」

*食べなかった惣菜で「オクラ長芋丼」

惣菜は長芋を賽の目に刻んだヤツと茹でたおくらを混ぜただけのモノでした。

創味の甘口っていうめんつゆ?が付いててそれを掛けて食べることになってました。

そいつをそのままご飯の上に全部乗っけて、せっかくなんで生玉子の卵黄だけを添えて、回りにかつお節を散らしてやりました。

添付のめんつゆにわさびを溶いてから少し掛けたんですが、やっぱり甘すぎたので普通の醤油もプラスしてやりました。

玉子の黄身をを潰して全体とまぜながら食べるとめちゃくちゃ高級な玉子かけご飯を食べてるかのような気になりましたわ。(^_^;)

トロトロ、ネバネバのおかげでノド通りも良くて朝ごはんとしてはなかなかええ感じでしたわ。

おくらはしょっちゅう買うて茹でてるし、冷蔵庫の野菜室にはたいがい長芋がおるんで、これならまたいつでも出来るなと。

しょうもない手間の違いですが、長芋をすり下ろすより賽の目に刻む方が楽な印象がありますし。

薬味には梅肉なんか足すのもいいかもですね。







*朝の体重:57.75kg。(広島で食べまくったけど意外にマシやった。)

*今月の休肝日:1日(もう目標達成は諦めたけど、とりあえず今日は休肝日にしとこ。)
 
 
posted by えて吉 at 16:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

ええ加減な作り方で「サバ丼」

昨日の昼ご飯に食べたデタラメな作り方のサバ丼がけっこう美味かったのでサクッとご紹介。

昨日の昼に部屋におったら、いきなり玄関のチャイムが鳴って実家のオカンが現れました。

どっかに出かけてたようで、出先で買うた鯖が多いから食べてくれって持って来たんです。

昨日は休肝日であんまり鯖は欲しくなく、今日は夕方から飲みに出る予定やったんで断ろうとしたんです。

最初は二切れ食べてくれって言うてたんですが、最終的に一切れだけ貰うことに。

晩ごはんの時にどうやって食べるか迷ってたんですが、どうも酒無しでは気乗りがせず。

で、昼ご飯を食べるタイミングで、さっさとさばを片付けてしまうことに。


鯖に軽く塩をして、皿に置いて酒を振りかけてラップして電子レンジでチン。

手抜き酒蒸しにしたやつをほぐして骨を取ってやりました。

冷蔵庫におった、しめじ、にらを刻んで、フライパンに油とチューブのニンニク、一味を入れたところでシメジから炒めてやりました。

ある程度しめじがしんなりしたら、ほぐしておいた鯖の身を加えて炒めて、残り物の醤油ダレをぶち込みました。

この醤油ダレは、豚の肩ロースを梅干し、山椒の実、醤油、みりん、酒で煮込んだ煮汁なんです。

ええ味で捨てるのがもったいなくて置いてあったんです。

さばと豚の味がケンカするかもなんてことは、無視してサバ丼の調味料として使ってやりました。

タレをぶち込んでからある程度炒めたら最後に刻んだニラを投入。

冷蔵庫に茹でたもやしがおったんで、それも刻んで軽くチンで温めてご飯の上に。

ここに炒めた鯖の具をぶっかけたら出来上がり。




180531sabadon.jpg

*でたらめな作り方の「鯖丼」

食べてる途中で思いついてニョクマム(魚醤)とレモン汁を少し垂らしましたが、それもありでしたわ。

全体にピリ辛で鯖の美味さもあって、てけとーに作った割にはかなりええ感じの丼モノになってましたわ。

豚の煮汁もこれで使い切れたし、そもそもの鯖を食べるのに悩まんで済みましたわ。

豚の煮汁を使ってるから全く同じ味は出来そうにないけど、ニョクマムと酒、味醂、醤油なんぞで味付けしてシャンツァイをぶち込むってのもええかもですな。



*朝の体重:57.00kg。(ちゃんと3食食べたけど減りよった。)

*今月の休肝日:10日(昨日酒を抜いて無事目標をクリア。)


posted by えて吉 at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

サンデイリーの「きしめん かつおだし」

ちょっと前のドライブではあんまり計画立てずに走り出したら三重の津まで行き着いてしまいました。

その道中で観光地に寄った時に見つけたきしめんを食べたんでサクッとご紹介します。

観光地って言うても私にとって出先で寄るのが楽しみな地元のローカルなスーパーのことなんですけどね。

店の場所は忘れましたが、三重県内となると東海地方というか名古屋の食文化の影響を受けるんやなあぁと感じましたわ。

色の濃い赤味噌やらそれを使う味噌煮込みうどんが平気で並んでたりするのが面白かったですわ。





そんな中で生麺のきしめんとスープがセットになったのを見つけたので、買うてみました。





三重のドライブで見つけた「きしめんセット」

*三重のドライブで見つけた「きしめん かつおだし」

愛知県安城市宇頭茶屋町ってとこにある「サンデイリー」っていうメーカーが作ってるヤツです。

この会社のことは記憶にありませんが、メインは豆腐やコンニャクで麺も作ってるとこのようです。

値段は忘れてしまいましたが、旅先で気が大きくなったとしても300円前後じゃないとよう買うてないんじゃないですかねぇ・・・。

同じ麺売場に味噌煮込みうどんもあったんですが、そちらは同じ売場の生うどんを買うて家にあるそれようの味噌でやることにしたんです。

生麺のきしめんってあんまり食べことない気ぃがしたんでコッチのセットを買いました。

ドライブに行ったのは5月12日なんですが、賞味期限(5/21)をあんまり確認せんまま冷蔵庫に入れてたらあっちゅう間に期限を越えてました。(^_^;)



体重にあんまり余裕は無かったけど、せっかく買うたヤツの品質が落ちすぎる前に食べようと昨日(5/28)になって食べることに。






きしめんセットの中身

*きしめんセットの中身

薬味にかつお節が付いてたんですが、きしめんを食べる時にかつお節ってそんなに重要で欠かせないモンなんですかねぇ。

たまにお店なんかでえらく派手な花カツオが乗ってきたりしますが、正直言うと個人的には食べにくいんであんまり興味ないんですよねぇ。

出汁は多めが好きなんで1袋2〜300mlの水で伸ばせと書いてあったんでいっぺんに二袋使ってやりました。



麺を茹でる鍋とは別の小鍋に計量カップでちゃんと500ml計って水を沸かしました。

そこに濃縮だしを2袋加えましたが、思ったよりえらく色が濃ゆかったですわ。

味もちょっと濃すぎたので少し水を加えて調整。





一食目はシンプルなきしめんで

*一食目はシンプルな「きしめん」で

パッケージの写真にもほうれん草が載ってて、これもきしめんにはお約束なんかなぁなんて思ってました。

たまたま前々日に茹でたほうれん草があったんで、すこし添えてみました。

それ以外は青ネギ、天かす、添付のかつお節です。

この写真でもだしの色がだいぶ濃いですねぇ。

名古屋駅のホームで食べたきしめんなんかはそんなに濃く感じなかった気がするんですけどねぇ。





昨日食べたばっかりでしたが、もう賞味期限が切れてるんで今朝も続いてきしめんを食べることに。






2食目は具だくさんなきしめんで

*2食目は具だくさんなきしめんで

冷凍庫にあった牛肉の切り落としに、同じく冷凍の薄揚げ、ほうれん草、天かす、ネギ、かつお節。

牛肉の旨味と天かす&薄揚げのコクが出てええ味になってましたねぇ。

昨日作ったダシが少しだけ残ってたんでそれに水を加えて白だしで味を調えましたが、出汁は自分で調整した方が美味く感じましたわ。

生から茹でたきしめんは表面はツルツルと非常に滑らかやけど、コシもあってなかなか美味かったですわ。






昨日は昼イチで歯医者へ出かけました。

先週の火曜日の朝に歯を磨いてたら奥歯の詰め物が取れてしまいました。

翌日から一泊で出かけることになってたんで急いでかかりつけの歯医者へ。

ところがその日は休診日。仕方なく行ったことない近くの歯医者に駆け込んで応急処置だけを頼み込んでやってもうたんです。

今日は前から予約が入ってかかりつけの方へ。

受付で詰め物の件を説明して、そっちの治療からお願い。


麻酔を打って、奥歯のレントゲンも撮って治療スタート。

詰め物の中で虫歯が出来てたんで、それを治療することに。

出来たら神経は抜かない方向でってことやったんですが、治療してみると予想以上に虫歯が広がってて神経を抜かんとあかんことに。

この一本の治療だけでもまだこっから3回くらいは通わんとあかんようですが、治療だけで1時間以上かかって全身が疲れました。

歯医者の後で銀行に行って生活費を降ろしたらスーパーや百均等をハシゴして色々買い物。

家に帰り着いたら腹ペコで、3時台から夕食を作り始めて、単品食いを2ラウンド。

そうなると酒も入ってのんびりしてしまい、ブログの更新はサボらせていただきました。




*朝の体重:57.45kg。(ほぼ理想値で、ラッキー。)

*今月の休肝日:9日(今日か明日で目標クリアせんとな。)



posted by えて吉 at 14:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

「山肉デリ」主催の「第三回みんなのジビエ料理会」に初参加

先月末に参加してきたジビエの料理会についてサクッとご紹介します。

”【料理教室】第三回みんなのジビエ料理会【食事会】”ってタイトルで、副題?として”【ジビエはプロしかおいしく調理できない肉、と思っていませんか】”と付いてました。

主催されてるのは大阪市阿倍野区の西田辺にある野生の肉を扱う「山肉デリ」の井上不二子さんって方でした。

きっかけは忘れましたが、少し前からTwitterでフォローさせてもうてて、そのTLに今回のイベントのことが流れたんで飛びついてみたんです。

他の記事でも書いてますが、私はジビエとかゲームミートの類いにみょうに惹かれるんですよねぇ。

猪肉でぼたん鍋は何回かやってますが、それ以外となるとあんまり浮かばないこともあって、なんかのヒントになるかと思って参加を決めました。

今回は、時期の関係があると思うんですが「赤身のジビエ」。

もともと秋から冬場の猟期しか獣を捕獲出来なかったので、それ以外の時期の赤身を使った料理が知られて無く、それを広めるためって位置づけでした。

今は害獣駆除の面が大きいから春から夏にかけても新しい肉の入荷があるようです。


会場は住之江区の北加賀屋にある「北加賀屋みんなのうえん」ってとこでした。

このすぐ近所にある「湯楽」っていう日帰り温泉にはかなり前から行ってて馴染みはあるエリアなんですが、電車で行くのは以前このあたりで一度飲み会をやって以来ですわ。


食事会と調理会に別れてましたが、当然調理から参加(5500円)することにして、4月28日の当日は10時のスタートを目指して家から電車で現地へ。

会場への曲がり角は北加賀屋の交差点からすぐなんですが、あまりにも細いせいか何人かの方が通り過ぎて周りをうろうろしたそうですわ。

10時前になって、会場のスタッフの人から井上さんが肉を忘れて取りに帰ったからちょっと開始が遅れるとのお知らせがあってズッコケそうになりました。(^^)


とはいえ、ほんの少し10時を越えたら井上さんが到着されて、無事料理教室がスタート。





子イノシシと成獣の猪肉

*子イノシシと成獣の猪肉

左側の赤みの濃いのが成獣で、子イノシシ(1年くらい?)はピンク色の肉でした。


うりぼうって言われる縞のある期間はずっと短いって言うてはりました。



トマトのカットから真面目に受講

*トマトのカットから真面目に受講

某インド料理を作って食べる会では、説明なんかなしでてけとーに進行するのに慣れてるんで、トマトの切り方から習うのはすんごい新鮮でしたわ。

料理教室と銘打ってるだけあって、井上さんはかなり初歩的な料理の仕方から説明されてました。

肉を茹でる時の香味野菜について「白ネギの青いとこ」ってのは、ネギの要らんトコって意味やから使わん買った白いトコはちゃんと別の料理に使って下さいねーなんて説明も。

レシピだけみて、白ネギを買うて来て、青いトコを使ったら白いトコを捨てる人がいるってな、にわかに信じられんようなエピソードが紹介されてました。


獣肉は肝炎などの感染症の可能性があるから、使うまな板は出来たらきっちり分けて、工程的に生で食べるモノは先に切り出しを済ませた方がええって実用的な話もありました。


180428shishiniku2.jpeg

*成獣の猪肉

子猪は茹で肉にするんで、下ごしらえは特になかったんですが、親猪の方は料理の前に下処理が必要でした。


ジビエを食べ慣れてない人からの不満で多いのは「いのししは固い、鹿肉はクサイ」ってことだそうです。

個人的には鹿肉って非常にクセが少ない印象なんですが、脂身に獣臭さがあるんだと。私らが食べたのはそういう部位をきっちり取り除いた後やから全くクセがなかったんでしょうなぁ。

しし肉が固いとなるのは、スジや筋膜をちゃんと取らんからやそうで、まずは井上さんが実演をしてくれて、その後参加者も実際の作業にトライ。


スジなどを取ってキレイに下処理

*スジや筋膜を取ってキレイに下処理

しし肉に限らず、牛肉でもこの手の下処理は初めてでした。

筋膜は魚の皮を引くつもりでやるのがコツとのことでしたが、なかなか難しかったですね。

今回は初参加であんまり目立ちたくなかったんで包丁は持って行かなかったんですが、せめてうちから包丁を持っていくべきでしたわ。


昆布水と香味野菜で茹で猪肉を仕込み

*昆布水と香味野菜で子いのししを茹で肉に

昆布水を加えるとその粘りでアクが固まりやすく?なるそうです。

何時間も茹でんと柔らかくならんかと思ったんですが、小一時間も煮込んだらあとはそのまま冷めるまで放置するだけ。

子供のいのししやと柔らかいからそんな短時間で行けたんですかね。

アクは細かくすくってはりましたが、下茹で無しで行って、茹で汁はええスープになってましたわ。


下ごしらえを終えた成獣の猪肉

*下ごしらえを終えた成獣の猪肉

包丁でミンチとスライス肉にしました。


茹でた子猪の肉をほぐすところ

*茹でた子いのししの肉をほぐすところ

どの調理過程でも出来るだけやってみるようにしてました、まだ熱い肉を手でほぐすのは”猫手”な私には無理なので見るだけで許して貰いました。




出来上がった猪肉の肉団子甘酢あん

*出来上がった猪肉の肉団子甘酢あん掛け

肉団子を揚げてから甘酢に絡めてました。味付け的にはかなり砂糖をたっぷり加えた甘い甘い甘酢でしたね。
 *あんにトロミを付ける時のポイントなんかも懇切丁寧に説明がありました。

甘酢のせいなのか、言われなければ猪肉とは思わず食べてしまうんじゃ無いでしょうか。

こういうジビエ肉を広めるためにはクセがないことが重要なんでしょうが、個人的にはもうちょっと猪肉自体の個性が出ててもえええなぁと感じましたわ。

自分でやるならニンニクとパセリかなんぞのハープと練ってシンプルに塩コショウで焼いてみたいかな。(クミンなんかも入れてラム肉と同じように調理出来ないでしょうかねぇ。)


猪肉の竜田揚げ

*ししにくの竜田揚げ

料理名は竜田揚げじゃなくて、唐揚げか天ぷらだったかも・・・。せっかくいただいてメモもちょっとは書いたレシピが当日どっかに行ってもうたんで自信ないんです。(>_<)

開けたての山椒を使った山椒塩が贅沢に感じましたわ。

ちなみに、食事会には安い赤ワインとビールを何本か持ち込んだんで、他の参加者の方とシェアしながら飲み食いしました。


茹で肉のごまだれがけ

*茹でしし肉のごまだれがけ

これもタレの方にはドカッと砂糖が入ってかなり甘い味付けでした。

温い蒸し鶏を食べる時に使う「レモン汁に塩コショウ」とか、シンプルにポン酢とかだとどうなんでしょうねぇ。


参加者の中には和食の料理人をされてる女性で、将来自分で狩猟してそれを和食に使いたい方なんかもいましたし、高槻の方でもう何十年も猟をしてる現役の猟師さんもいました。

料理の作り方以外に、今の獣害やハンティング、獣肉の屠畜施設、流通などジビエにまつわる幅広い話が出て来てオモロかったですわ。

農業において獣害が深刻ってことは聞きますが、それを駆除してから(可能なら手頃な価格の)食材として流通してくれると食べ手としても嬉しいなぁなんて思ってました。

自分で猟銃を用意して、山に分け入って狩りをするってのは、ハードルが高いですが、狩られた獣を解体するところくらいからならやってみたいと思ってるんで今回の料理会はなかなか面白くて値打ちがありましたわ。

近いうちに井上さんのお店で鹿かいのししの肉を仕入れて自分でも料理してみたいモノです。






*朝の体重:58.10kg弱。(そんなに食べてないのに一気に目標オーバー。)

*今月の休肝日:8日(今日は酒を抜かんとあかんなぁ・・・。)



posted by えて吉 at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

快気祝いに昼から「にぎりずし」?

昨日は体調はマシになってたんですが、念のため朝から医者に行って診てもらいました。

先生の見立てによると単なる風邪では無くて急性咽頭炎とのことで、ぶっとい注射器で抗生物質なんぞを時間を掛けて注射してもらいました。

飲み薬は抗生物質ともう一種類を一日一回、4日間飲むようにとのことでした。

明日遠出の予定があったんで、医者から帰ったら大人しく布団に籠もって治療に専念。

その甲斐あってから夜中には37度を下回りだして、朝イチに計っても37度未満やったんで一応床払いってことに。

もう平常通りの生活にと思ってシャワーしながら歯を磨いてたら左上の奥歯の詰め物がポロッと取れてしまいました。

明日から出かけるのに奥歯にデッカイ穴が開いたままやと落ち着かんし、万が一痛くなったらイヤやったんで歯医者の予約はまだ先でしたが緊急で診て貰うことに。

ところが、歯医者の前まで行くと、本日は休診日。(>_<)

仕方なく、近所にある別の歯医者に行って、事情を説明して完全予約制やけど、緊急の処置だけしてもらいました。

奥歯の穴の中は虫歯になりかけてるから治療が必要やとのことでしたが、とりあえず仮のもんで穴は埋めてくれてひと安心。

ただ、粘着質のモンを嚙むと仮に詰めたモンが取れるとのことでガムやキャラメル類はアウトとのことでした。

運転中は眠気の防止でよくガムを嚙むんですが、今回は控えんとあきませんわ。(帰り道にさっそく目覚まし系のドリンク剤をゲット。)






予約してなかったんでけっこう待ち時間があり、終わったら腹がぺこぺこやったんでお昼はサクッと済ませることに。





快気祝いってことで、ちょいと贅沢に昼からにぎり寿司と行ってみました。






昼は快気祝いに「にぎり寿司」

*昼は快気祝いににぎりずし


気に入ってる木の器に盛り付けてみましたが、スーパーのお寿司です。(^_^;)

ただ、今回はちょっと贅沢したんです。

というのも、うちのマンションの下に入ってるスーパー「ライフ」は、惣菜売場意外に少しだけ鮮魚のお刺身コーナーにも寿司が並ぶんです。

身内からその刺し身コーナーの寿司はけっこうモノがええって聞いてたんです。

とはいえ、あんまりスーパーのにぎり寿司ってそそられないんで、食べるチャンスが無かったんですが今日はちょうどええわと思ってトライしてみました。

スーパーのにぎり置き?の寿司の分際で8貫が950円もしよるんです。

そういう意味では普段だとちょっと高すぎると思うんで、快気祝いってことにしておきました。

売場には開店頃に作った9時のヤツと11時のヤツがあったんで、ちゃんと11時のヤツをゲット。

スーパーのトレイから食べると値段の値打ちを感じんのでこうやって皿に盛り直し。

まぁネタの端っこがペタッとなってるんで、どうしても持ち帰り寿司って感じですが、気分的にはだいぶマシになったようには思いましたわ。

食べてみるとシャリはやっぱり乾燥しだしてるし、ネタも多少クタッとしてましたが、ネタ自体はそれなりに美味しく感じましたわ。

正直に言うと回り寿司で回ってるのを取らず注文ばっかりする私には、100円皿でも作りたての方がええなぁって気はしました。

なので次がいつになるかは分かりませんが、スーパーの持ち帰りで握りを食べるならごくまれにまた買うてもええかなと思いました。



寿司なんで当然、昼からビールを開けたんですが,最初の一口目は少し苦く感じました。

風邪引いた時なんかはなぜかビールが苦く感じるんですよねぇ。体調がほんまに悪いと酒が美味しくなくてそんなに欲しくなるんです。

一口目の感じからいうと、今の治りかけの体調にピッタリって感じでした。

逆に言えば、2口目から美味しく飲めたからほぼ回復したって気がしました。




*今朝の体重:57.80kg。(ここ2〜3日大幅オーバーやったから目標クリア出来てて良かった。)

*今月の休肝日:8日(意図せずペースに余裕が出てもうた。)
posted by えて吉 at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

「BRUNO(ブルーノ)」のホットプレートで「松阪 鶏焼き肉」

1人暮らしの小汚いおっさんには不似合いなホットプレートをもうてしまったのでサクッとご紹介しておきます。

何年か前にその手のオサレーなもんが好きな妹が実家のオカンに誕生日祝いに買うてもうた「BRUNO(ブルーノ)」ってブランドのヤツが私のトコにも来てしまったんです。


実家の親父がなんかのイベントで当たったとか言うんですが、二人でホットプレート使うことないからおかんからあんたが使いって回って来たんです。

一人で鍋をやる時は専用の電気の小鍋があって、人数でやる時はカセットコンロで使う土鍋あり。

たこ焼きはカセットコンロタイプの「炎たこ」って言うかなりの優れものあり。(これも親父のゴルフの賞品。)

それなりのサイズのホットプレートは1人暮らしして10年以上持ってなかったのに、去年に安いヤツを買うたばっかり。


正直言うてあんまり必要性はなかったんで、そのまま中古品屋にでも売ろうかと思ったんですが、ヒトからもうたもんを即横流しってのもなぁ・・・と思ったんでとりあえず使ってみることに。

使ってみることにしんは、今の家は収納がたっぷりあって、別段ホットプレートが1つ増えても困らんってのが一番大きな理由でしょうなぁ。





もうてからしばらく使う機会がなく、このままでは存在が頭から抜けて物置の肥やしになるなぁと思ってたんですが、ちょうどええもんを買うたんで使うことに。






松阪鶏焼き肉

*伊勢旅行で買うた「松阪 鶏焼き肉」

三重は、うなぎや牛肉も有名ですが鶏を味噌味で食べるローカルフードもけっこうポピュラーなようです。

300円くらいやから地元のスーパーで見かけて気軽に買うてみました。

これは伊勢旅行から帰ってそのまま宴会した時に鉄板焼きをやるならみんなで食べてもエエかと思ってたんです。

朝日屋で焼肉用の肉も買うてましたが、結局鉄板焼きはせんかったんですよねぇ。





食べたのは伊勢から帰った翌日の4月16日になります。





そうそうおされーホットプレートの写真も貼っておきましょう。




似合わんオサレーな「BRUNO(ブルーノ)」コンパクトホットプレート

*おっさんに似合わんオサレーな「BRUNO(ブルーノ)」コンパクトホットプレート

貰いモンの値段を調べるってイヤらしいですが、Amazonやと私のと同じセットが今日の時点で14904円ですなぁ。

写真の表面に溝のある焼き板以外に、フラットなヤツ、たこ焼き用、深い鍋タイプがセットでした。




BRUNOのホットプレートで焼肉

*初めてブルーノのホットプレートで焼肉

この日は他にも前日の宴会の残り物が色々あったんで、鶏焼肉はごくちょっとに。

味噌漬けの鶏以外はもやしとえのきを用意した程度です。

ホットプレートとしては特に不具合も無く、サイズ的には一人焼肉をやるにはええ感じでした。

鶏の方は見た目が濃ゆそうやったわりに塩気はぎゃくにちょっとあっさりなほどでした。

一口食べて薄かったから塩を少々足しながら頂きました。

焼肉以外に食べたモノ

*焼肉以外に食べたモノ

・タコのキムチ風

・玉ヒモの煮物

・めかぶ

・インゲンの明太子マヨネーズ和え

・なまこ

・豆苗

・マグロのすき身の角煮


タコはたこ焼きで余った分、玉ひもも同じくあまりで、ナマコは皆で食べようと思って買うたのに出し忘れ。

一人で食べるには多かったんでハラワタだけ抜いたら半分は実家の親父にあげました。


イキったホットプレートのオプションのうち、たこ焼きは直火の専用機があるからほぼ使わんでしょう。

後はフラットなヤツと溝付きをどう使い分けるかですかねぇ・・・。





で、もう一つ付いてた深型の鍋タイプで、試しに鍋もやってみました。






ブルーノで鍋をやってみたけど変な気分

*ブルーノでの鍋は変な気分

これは火鍋なんですが、鍋料理をこういう洋モノっぽいガワのもんに盛り付けると妙に落ち着きませんなぁ。

一番ようやる鶏の水炊きなんかもしっくりこんように感じます。

おまけにやってみた分かったんですが、ふだん愛用してる電気の小鍋とくらべて鍋の出汁が大量にいるんです。

残ったダシをどう使い切るかまで考えると一人の時にこの鍋で鍋料理ってのは無いなぁってのがやってみた感想です。


売ッ払わんかったんやからなんとかちゃんと活用していきたいもんです。









*朝の体重:58.00kg弱。(目標値ジャストで余裕ナシ)

*今月の休肝日:5日(今日も酒抜きにせんとあかんのよなぁ・・・)
 
 
posted by えて吉 at 16:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

たけのこの水煮と蛇足的な「和風天津飯」

食材としてのタケノコは好きなんですが、アク抜きに自信がないんで皮付きの竹の子を自分から進んで買うってのは少ないんです。

店頭に並んでる竹の子が掘られてからどれくらい経ってるか分からんってのもありますしね。

スーパーはいわずもながな、道の駅なんかの農産部直売所でも疑り深い私は「朝掘り」ってあってもいつの朝やねん?って思ってよう買わんのですよ。(^_^;)

でもたけのこは料理したいって思ってるんで百姓さんが自分とこで下茹でしたような竹の子を狙うんですよねぇ。

スーパーで売ってる真空パックの竹の子の水煮ってのは香りも食感もイマイチやし、季節感もあんまりないですしねぇ。


しばらく前に実家の親の運転手として一緒に甲羅戯に行った帰り道に京都縦貫道にある道の駅「京丹波 味夢の里」に寄ったんです。

前にもここで手頃な値段の湯がき竹の子を買うた記憶があったんで、探してみたら狙ってたヤツがあったんです。





道の駅「京丹波 味夢の里」で買うた竹の子の水煮

*欲しかったタイプのタケノコの水煮

こういう筍を掘ったヒトが水煮にしたようなヤツが好みなんです。

値段的にも皮なしの実質的な重さで400gあって600円なら十分リーズナブルじゃないですかね。

旅行から帰った当日はあんまり料理する気がなかったんで翌日になってダシパックで出汁を引いてあっさりと煮物にしてやりました。




そしてその煮汁と炊けた筍を使って続けてタケノコご飯も仕込ました。





竹の子の煮物を作って、それで「たけのこご飯」

*タケノコの煮物を作ってそれで「たけのこご飯」

たけのこの煮物自体を味見したら薄揚げでけっこう好みの味に仕上がってました。

その煮汁に少し塩気をプラスして、刻んだ煮物のたけのこと、少し焼いた薄揚げを細かくカットして3合のお米と炊きました。

仕上がってご飯は、予想以上に味が薄くて,コースの最後に少しだけ〆に食べるならアリですが、おにぎらずとして食べるにはお上品すぎ。

しかたないんで、塩を適当に振っては混ぜ、振っては混ぜして塩気をプラスしてやりました。

おにぎらずとして単体で食べるにも十分な味になったのを確認して、こうやって個別にラップして冷凍してやりました。


その後は食べるたびに電子レンジでチンして海苔に巻いて食べてます。

ところが、ある日の朝はなんとなく食べたいモノがおにぎらずの気分じゃないなぁと。




で、思いついた食べ方を試してみることに。




食べたのは5月6日の朝ごはんとしてです。




タケノコご飯で蛇足的な「和風天津飯」

*タケノコご飯で蛇足的な「和風天津飯」

中華料理屋なんかで、チャーハンを中身にした天津飯を見かけるとなんか無駄なことしてるなぁって思うんですよねぇ。

そのくせに今回はこんなモンを思いつきで作ってみました。

白だしであんを作って、てけとーに焼いた玉子をたけのこごはんの上に乗せてあんを掛けました。

中身が焼き飯やと、香ばしさとかパラッと仕上げようとしてるのが無駄になる気がするんですよねぇ。

でも、こいつは元々炊き込みご飯やから焼き飯のようにスポイルされる部分は少ないかなぁと。

あと、朝って口が渇いててモノが食べにくい印象があるんですが、こうやってやると汁気があって食べやすかったですわ。

ちょっと蛇足的な料理ではあると思ってますが、食べてみたら朝ごはんにはありにも感じてしまいました。








*朝の体重:58.35kg。(外食してもある程度減ってるからヨシとしとこ。)

*今月の休肝日:4日(昨日は予定外に飲んだから今日と明日は休肝日やぞ。) 

 
posted by えて吉 at 15:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

日清カップヌードル「チリトマトヌードル」

今日は午前中に洗濯物を干したら昼前から買い物に出かけてました。

今の家に来てからホームセンターに行くことがグンと減ってるんですが、いくつか買い物があったので車で「コーナン」ってホームセンターへ。

予定してモノ以外にも夏っぽいゴザみたいな生地の座布団まで買うてしまいえらい荷物になりました。

その後スーパーで食材を買うて家へ帰ったんですが、昼メシの前に晩ごはんを仕込むことに。

食べようと思ったおかずが料理してから冷やして食べたかったんで急ぎで料理したんです。

その料理が出来た頃には2時を回ってて、食べようかと思った昼ご飯じゃ多すぎるかなぁと。

多少めんどくさく感じるモンを一品作ったんで昼は手抜きで済まそうと思った部分もあって、昼は予定を変更してカップラーメンに。

何が食べたいかは無視して、手元のカップラーメンの賞味期限をチェックして一番近いヤツを食べることに。






日清「カップヌードル チリトマトヌードル」

*日清カップヌードル「チリチリ♪チリトマトヌードル」

あと数日で賞味期限を迎えるとこでしたが、無事賞味期限内に食べてやれました。

これが一番古いヤツなんで賞味期限切れが多発するうちのストックとしてはマシな方ですね。




チリチリチリトマトヌードル出来上がり

*チリチリチリトマトヌードルの出来上がり

全量入れると辛さが16倍になるとかいう激辛チリペーストが付いてましたが、ちょっとずつ入れて辛さを調整なんてするのは邪魔くさくて最初に全量投入。

ようく混ぜ混ぜして頂きました。

カップヌードルみたいなメジャーなブランドやから激辛いうても大したことないとは思ったんですが、最初は一応気を付けてスープをすすりました。

口に入れた途端味より痛みが走るなんていうことはなくほどよい辛さ。

食べ進むとそれなりに辛いんでカップヌードルにしてはかなり思い切った辛さにしたなぁってのが正直な感想です。

これ以上特に辛味を強めんでも、十分辛いモノを食べてる気にはなりました。

ちょっとスパイスの香りのするトマト系のスープもまずまずで、アジア系とは違った辛さでなかなか行けましたわ。





インスタントラーメンを食べ終わって、休憩してたらチビミーのおもろい写真が撮れたんで貼っておきます。






横着な遊び方をするチビミー

*横着な遊び方をするチビミー

私が本を読む時用のキャンプのイスに寝転がって、おもちゃで遊んでました。

イスの向こう側にある柱状の爪研ぎには猫を立ち上がらせるためにか、てっぺんからヒモが伸びて先にオモチャが付いてたんです。

オモチャの方は初日に破壊されましたが、垂れてるヒモだけでもチビミーは遊びよるんです。

いつもはイスと離れてるのに、今日はたまたま近くにあったから、立ち上がるより楽やからかイスに寝転がったまま遊んでやがりましたわ。(^_^;)

ちょっと飽きたら椅子の上でゴロゴロしたり、身繕いをしたり、で、気が向いたらまたヒモに齧り付くってな遊び方でした。




チビミーは写真に撮られるのが嫌いで自然な格好で撮るのが難しいんですが、珍しくこんなんが撮れたんで貼ってみました。




ここんとこ長らく猫ネタをアップしてなかったんで、古いネコ写真を漁って他の2匹のヤツでええのがないか探してみました。


すると見つかったのが我が家では非常にレアなこちらの写真です。





我が家の猫3匹が一枚に収まる珍しい写真

*我が家の毛モノ3匹が一枚に収まる珍しい写真

3匹ともがそれそれぜあんまり仲良くないんで、2匹が1枚に入るくらいの距離にいることも珍しいんですよねぇ。

これは正月に撮ったヤツでしたが、これは非常に珍しいですわ。

というわけで、久しぶりに我が家の猫3匹を登場させてみました。







*朝の体重:58.05kg。(なんとかほぼ目標値まで戻った。)

*今月の休肝日:4日(昨日は酒を抜きました。)

 
 
posted by えて吉 at 16:37| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

久しぶりに「チキンカツ」が食べたくなってて

何ヶ月か前からチキンカツが食べたいなぁと思ってたんですが、どっかの店で食べたいと思いつつ休肝日にスーパーのヤツに手を出してしまいました。

食べたのは4月24日なんですが、この日は休肝日に加えて全くやる気が無く食べたいモノが浮かばず。

だれだれでマンションの1階にあるスーパー「ライフ」のなかをあてもなくうろうろ。

最初に目に止まったのが長らくスーパーで買うたことの無かった餃子です。売場にいくつかあったうちからライフのプライベートブランドでも少し高級路線っぽいのがあったんでこれならもしかしてそれなりに美味しいのではとカゴへ。

その後惣菜売場を眺めてたら冒頭に書いたように長らく前から食べたいなぁと思ってたチキンカツに目が行きました。

食べたいと思ってから何度か売場で目にしてはおったんですが、売ってるのがカット済みで温め直すとパサ付きそうやなぁと買うのを控えてたんです。

でもこの日はやる気ゼロやったんで、自棄になって買うてやりました。






久しぶりに食べたチキンカツとスーパー「ライフ」のPB餃子

*久しぶりに食べた「チキンカツ」とPBの餃子

両方とも値段は忘れてしまいましたが、ごくごく普通の値段でしたわ。

餃子を焼くのはガスコンロならほとんど失敗無くそれなりに満足に焼けてたのに、IHコンロになってからどうも納得が行かないんですよねぇ。

だいぶマシになって来て、この日の焼き加減はなんとかギリギリで許せる仕上がりにはなりました。

肝心の餃子は、ちょっと期待した自分が悪かったんですが、まったくの期待ハズレ。

「餃子の王将」の持ち帰りの生餃子はギリギリ及第点って位置づけなんですが、こいつは遙かにそれに及ばず。

こういうスーパーの市販品のギョーザに期待したらあかんと思ってたんですが、やっぱりあきませんでしたわ。

この感想に対しては知り合いから冷凍の餃子やともうちょっとマシやって教えてもうたんで次は冷凍品を試しますかね。


チキンカツはオーブントースターで温め直したんですが、やっぱり出来はまあまあ止まりでしたね。

塩、マスタードとケチャップ、トンカツソースなどでちょっとずつ食べました。

めったに食べないチキンカツなんで、どうせならやっぱりお店でそれなりのレベルのヤツを食べたかったと思ってしまいました。







チキンカツは一気に食べるのは多かったので3切れほど残しました。






で、翌日に残ったカツで作ったのがこちらです。








残ったチキンカツで「かつ丼」

*残ったチキンカツで作った「チキンかつ丼」

豚カツもめったにしか食べませんが、カツ丼なんてこういう残り物がある時しか食べないんですよねぇ。

一旦冷蔵庫で冷えたチキンカツをもういっぺん温め直してそのまま食べるのはイマイチに感じたんで豚では無いけどカツ丼に。

トースターで軽めに温めてから煮汁に入れて少し煮てから玉子を回しかけました。

豚の脂身のような濃ゆい旨味?は期待出来んけど、フライ物としてのコクはあるからそれなりに行けましたわ。

今回はチキンカツの満足度が70点で餃子が50点って感じですかね。

出来たらチキンカツは近いうちにどっかの店で揚げたてをビールと一緒にやりたいものです。






昨日は広島旅行から帰った翌日でしたが朝からええ天気で、今日が雨の予報やったこともあってドライブへ出かけてました。

8時ちょっと前に家を出て、外環を北上して国道163号線へ。

163号線を走り出したばかりの時は信楽焼でも見に行こうと思ってたんですが、標識で津市の地名を見ると国道の一番端まで行ったろうかって気に。

のんびり163号線をひたすら走って、津で国道23号線に当たったら左折してすこし先の「朝日屋」って肉屋へ。

こばやしさんの保養所へ行った時の帰り道必ず寄る店で、先月行ったばっかりでしたがせっかく近所に行ったんでちょこっと買い物。

その後は久居の方へ走って国道165号線で名張から桜井の方へ走りました。

最後は国道24号線から国道25号線に入って慣れた道で家まで。

朝ごはんは10時頃にコンビニおにぎりを1つだけ。

12時頃にはもう腹が減ったんですが、ええ天気で気温も上がってきてて、ほどほどにまともなざるそばが食べたいなぁと。

田舎道を走ってるとそば屋ってよう見かける印象があったんですが、この日探しだしてからは全然見当たらず。

けっきょく一人ドライブで昼メシを食べそびれるパターンにはまって、2時前からはざるそばも諦めてなんでもええって気分に。

ただなかなか店が出てこず、しまいにはあまりにも腹が減りすぎて何を食べたらエエか分からんようになって、何軒か入ってもええ店を通り過ぎる始末。

2時半頃になって、帰って朝日屋で買うたどて焼きなんかを晩ごはんに食べることを考えると、まともなものを食べるのはマズイかなぁと。

朝の体重が58.75kgもあって控えなかあかんかったこともあり、結局は朝に続いてコンビニのおにぎりを1個食べるだけで済ませました。

気持ち悪くて手が震えるほど腹減ってるトコにおにぎり1個なんか悲しくなるぐらい少なかったですけどね。

4時頃家帰ったら慌てて買うたモノを盛り付けたり鍋の残りを温めたりで飲みをスタート。

朝昼にあっぷ出来るネタがなかったこともあり、飲み出したらだらけてしまい昨日はそのまま更新をサボってしまいました。(^_^;)

 *めちゃくちゃひもじい思いをしたのに今朝の体重が全然減ってなかったのには参りましたわ。





*朝の体重:58.50kg。(ほとんど減らず納得行かん。)

*今月の休肝日:3日(今日はぜったい休肝日)
 
 
posted by えて吉 at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

豚を足して日清の「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」

しばらく前にアップした日清の「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」の2食目もサクッとアップしておきます。

一食目を食べた時はチャーシューが手元にあったんでそれを具にしたんで付いてたタレはそのまま使いました。

2食目を食べた4月13日の時はもうチャーシューがなかったんで、タレに豚肉を加えることに。

冷凍の豚バラスライスを半解凍の状態で包丁で刻んで荒切りのミンチに。

どうせやからタレも増量することにして麻辣沙茶醤やら魚醤、醤油なんかを適当に混ぜ混ぜ。

ニンニクの香りを立ててから豚を炒めて、添付のソースと自分で混ぜた調味料を加えてやりました。


豚を足した日清の「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」

*豚を足した日清の「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」

豚を足したタレ以外にはメンマ、紅ショウガ、ニラ、もやし、温泉玉子を載せてやりました。

写真の盛り付けの時は豚入りのタレの豚だけを固めて乗せましたが、写真を撮ってから全体にタレの液体部分をたっぷり掛けて頂きました。

てけとーに増量したタレの味に問題もなくなかなかご機嫌に頂きましたわ。

ミンチ入りのタレはたっぷり出来たんでまたいつかのために冷凍したんですが、まぜ麺ってこういう独特の太麺がええ気ぃするんでなかなか使う機会がないかもですねぇ。

同じような具をご飯に乗っけても行けるもんでかねぇ。

麺で食べんといっぺん丼モノにしてみてもええかもですな。


この時のまぜめんは定価で買うたんですが、その後特売になってないかとスーパーに行くたびチェックしてるんです。

でもしばらくしたら特売どころか商品を見かけなくなって、もう取り扱いがないんやったら寂しいなぁと思ってるんですよねぇ。

たしか同じ日清から出てるつけ麺は見かけるんですが、個人的にはつけ麺よりこういうまぜ麺の方が好きなんで行きつけのスーパーでの取り扱い再開を願うばかりですわ。







*朝の体重:58.15kg。(ちょっとは減ったけどまだオーバーしてるがな。)

*今月の休肝日:2日(今日は休肝日にして3日1回休肝日のペースに戻すぞ。)
  
 
posted by えて吉 at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

ナガラ食品の「ホルモン鍋」をきっちり堪能

食べたのはしばらく前になりますが、冷凍庫に買い置きしてたナガラ食品の「ホルモン鍋」を食べた時の様子をご紹介します。

ナガラ食品のホルモン鍋は正月に一度食べてるんですが、その後またローソンで買い直して冷凍庫に常備状態にしてありました。
 *この冷凍食品はどうもローソンの専売商品のようでよそで売ってないんです。

食べたのは4月6日なんですが、この日は別の料理に挑戦中で自分の晩ごはんに手が回らんかったんで手持ちのこれでしのぐことにしたんです。



雨で遠くまで買い物に行くのが邪魔くさくて野菜等だけをちょろっと下のスーパーで調達しました。


冷凍庫にキープしてたナガラ食品の「ホルモン鍋」

*冷凍庫にキープしてあったナガラ食品の「ほるもん鍋」 410円

賞味期限は18年10月26日なんで、この時期に食べるなんてえらく真っ当ですわな。

こういうのは下手すると買い置きしてから存在をなかば忘れて賞味期限から1〜2年経ってから発掘なんてことがありますからねぇ。


コチコチ状態の「ホルモン鍋」
*コチコチなナガラ食品のホルモン鍋

こうやってみると中身がほぼモツオンリーなんがよう分かるかと。

まぁ私はこのオリジナル状態で食べようとは全く思わないんですけどね。


ちょっと具を加えて煮込みスタート

*ちょっと具を加えて煮込みをスタート。

シシトウの輪切りとざく切りの玉ねぎを加えてやりました。

溶ける様子を見ながら、日本酒、みりん、その他もろもろを加えて煮汁を増やしつつ味を調整。


もやしとニラを足して一応出来上がり

*もやしとニラを加えていちおう出来上がり

まだ元の具を全く減らしてないんで、溢れさせないように慎重にもやしを加えました。

この状態でしばらく煮込んでやっと一口目を食べることに。

味見がてら摘まみながら、具を減らしてはもやしやニラをプラス。

煮詰まって焦げないように少しずつ酒や水を加えました。

最終的には元々の商品の味とはまったく違うたもんになってたと思います。(^_^;)




野菜を加えながらだとちびちび摘まんでけっこう時間を掛けて楽しめるんですよねぇ。




後半は豆腐も加えてやりましたが、この日は珍しく終盤になっても食欲がありました。





そこで通常なら翌日以降にやる再利用を諦めて〆まで一気に行ってまうことに。








180508shimemeshi.jpg

*玉子を加えて最後に締めの「ホルモン丼」

鍋でも雑炊で締めたくても我慢するんですが、この日はなぜか気が大きくなってしまいました。

それでも解凍したご飯は量の少なめのヤツを選びましたけどね。

残った煮汁を丼に合うように調整して、豆腐をしばらく煮込んだらニラを加えてすぐ潰さないように玉子を入れて軽く加熱。

アルミホイルの簡易鍋の耳を布巾で持ってご飯の上へドバーッと。

締めの炭水化物はデブの元ってのは重々承知してるんですが、この丼はめっちゃ美味かったですねぇ。

かなりお下品、ジャンク、場末っぽい食べ物でしたが私は大満足しましたわ。

また買い置きしとかんとって思うんですが、すぐ近所にローソンが少ないのが難点ですわ。







鍋の〆に丼もんをやった記事を書いてますが、本日のわたくしは絶賛節制中でございます。

昨日の朝の体重が目標を大幅オーバーなデブ具合で、昨日もそれなり以上に控えたんですが大して減らず。

やむを得ず今日も節制が続いてるんですよねぇ。

この記事を書きながら〆の丼の写真を見てると、自分で自分に飯テロを仕掛けたような状態ですわ。







*朝の体重:57.50kg。

*今月の休肝日:2日(昨日は酒を抜きました。)

 
 
posted by えて吉 at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

初挑戦した鳥取名物「スタミナ納豆」

うちはレシピブログでは無く日記ブログなんで新しい料理を上げることに拘っては無いんですが、最近はほんまに新しいネタってないんですよねぇ。

そんな中ひっさしぶりに初めて作る料理に挑戦したのでサクッとご紹介しておきます。

きっかけはツイッターに流れてきたコチラの記事でした。

このネタ元をフォローしてる訳では無いんで誰かのリツイートかなんかやったんだと思います。

とりあえず保存して置いたんで、しばらく経って作ってみることに。


実際に作ったのは今月の18日のことになります。

ちなみに鳥取でこのスタミナ納豆がポピュラーとのことですが、私はその時まで全く聞いたことがなかったですわ。

どうも学校給食で人気があって、納豆嫌いの子供に健康にええ納豆を食べさせるために開発された量のようです。

 *給食レシピ集 【スタミナ納豆】

 *スタミナ納豆は鳥取の給食で人気NO.1!レシピや日持ちについて




私が最初に見たツイッターでの作り方でひき割り納豆を使うってことなってましたが、手元に普通の納豆があったんでそれをコップに移してペティナイフでてけとーに刻んでやりました。

鶏のムネ肉を買うてそいつを包丁でそぎ切りにしてから更に細かく刻んであらびきミンチにしてやりました。

作り方としてはニンニクショウガをごま油で炒めて、鶏肉を加えて炒めて納豆と混ぜるんですが、ここで私のええ加減さが大いに発揮されました。

レシピを真面目に頭に入れて作るって言う発想が無いんですよねぇ。

なのでまず材料にネギを見かけた気がして、白ネギのみじん切りを用意して香味野菜と一緒に炒めました。

で、鶏肉を加えて炒めたら、冷ましてから納豆を混ぜるのが正しい作り方やのに、納豆を炒めてる挽肉の方へ投入。

味付けの砂糖はパスして、みりん少々と白だしで味付け。

タバスコを加えるのがポイントのようでしたが、これは敢えてパスしておきました。






そんなかなり間違ったスタミナ納豆などと晩酌したのがこんな感じになります。








初挑戦の鳥取名物「スタミナ納豆」などで晩酌

*鳥取名物の「スタミナ納豆」などで晩酌


・スタミナ納豆(非正統派)

・山菜

・焼いた厚揚げ ニラ醤油

・まぐろのすき身の煮物

・アスパラガスと豆苗

・セロリのナムル

・ナムル(市販品)

・めかぶ

・玉ヒモの煮物



スタミナ納豆には手元にニラがあったんで、あしらいとしてそれを細かく刻んで添えました。

スタミナと名前が付くんやからニラの風味も付くやろうと判断。

納豆を入れる時に加熱すると栄養的には弱るから早めに仕上げようと思ったんですが、給食じゃ栄養をしっかり生かすために冷ました鶏とそのまま混ぜるんでしょうねぇ。

でもまぁ栄養的には劣るけど、納豆嫌いの子に食べさせるんならさっと加熱した方が匂いが弱くなってさらにハードルが下がるんじゃ無いかと思ったり。

本物を無視して、好き勝手な作り方をしといてこっちの方がええんやって主張しようって訳ではないんですけどね。

敢えて最初にタバスコを加えなかったのは、けっこう個性が出るからまずは無しの状態で味わいたかったから。

食べ進めてから一部にタバスコを加えてみましたが、個人的には酸味のない方がええんで、辛味は一味などで十分に感じましたわ。

初めて食べたスタミナ納豆は酒に合うええアテになってましたわ。

今回はムネ肉でやったけど、鶏モモ肉でやってみてもええかなぁと。

ただその時は冷めると脂っぽくなりそうなんで、やっぱり納豆も炒めて熱々で食べる方がええように感じますね。




ちなみに納豆ヒトパックで作ったスタミナ丼は他にも色々おかずがあったんで、4割ほどは残して後日食べることにしました。





1日おいて20日に残り物のスタミナ丼を食べることに。









残り物で「スタミナ納豆丼」

*残り物で「スタミナ納豆丼」

電子レンジで軽く温めてご飯の上に乗せて、ネギを散らして紅ショウガを添えました。

ちょっと汁気足らんし、味ももうちょっと全体に行き渡らせたかったので、自家製のニラ醤油ダレをすこし加えながら頂きました。

ご飯のおかずとしてこれをわざわざ作ろうとは思いませんが、残り物の再利用で食べるならけっこうええ感じの昼ご飯になりました。


納豆と鶏なんで作り方の応用はなんぼでも効きそうですねぇ。

キノコ類をたっぷり加えるとかもええかな。炒り卵とか加えるのはどうでしょう。

温泉玉子と一緒に丼にしても行けそうですし、てけとーにレシピをいじるのは可能そうですね。



久しぶりに目新しいものが作れて楽しかったですわ。




*朝の体重:57.85kg。(外食明けならマシか。)

*今月の休肝日:9日(今日は酒抜いて目標クリアせなしゃあないわな。)
posted by えて吉 at 16:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

かなり久しぶりに食べた「皿うどん」

しばらく食べてなかった皿うどんを食べたのでアップしておきます。

皿うどん(あんかけ固焼きそば)?って年に1回も食べたくはならんのですが、忘れた頃にふと食べたくなるんですよねぇ。

とはいえ、揚げ麺やからちょっとカロリーが気になるし、年に1回も食べたくならんもんでも、麺はたいてい2人前なんで一度買うと近いうちにもう一回食べんとあかんってのがハードルになるんですよねぇ。

今回の皿うどん欲はしばらく前から軽く来てたんですが、知り合いが長崎で本場の皿うどんを食べてるのを見てさらに刺激されてしまいました。




食べたのは3月29日のことになります。

たしかこの日だったか前日だかに予定してた姪っ子のお守りがあって、その時に一緒に食べれば一度で食べきれると思ってたんですよねぇ。

でもその子守がなくなったんで、姪っ子に食べさせるのは諦めて一人で食べることに。




具材はキャベツ、もやし、ニラに豚を入れた程度でごくシンプルなヤツにしときました。





久しぶりに作った「皿うどん(あんかけ固焼きそば)」

*久しぶりに作った「皿うどん(あんかけ固焼きそば)」

野菜あんは写真の倍以上あったんで、まずは八宝菜だけを食べる感じで野菜をワシワシ。

もういちどあんをたっぷりと足してからクタッとなった麺とパリパリの麺との食感の違いを楽しみながら頂きました。

市販の揚げ麺を買うのは久しぶりでしたが、焼きそばをフライパンで焦げ目が付くまで焼き付けるタイプはもうちょっと頻度高く食べてるかと。

焼きそばタイプもええけど、たまにこういう細い麺のパリパリを食べるのもええもんですね。

食べ出して少ししたらまずは香辣脆で辛味をプラス。終盤になったら少しだけウースターソースを掛けて味の変化も楽しみました。

この日は久しぶりに食べる料理ってことだけでも満足感がありましたわ。









*朝の体重:58.80kg。(ちょっと食べ過ぎただけでえらいデブり方。)

*今月の休肝日:8日(今日は酒を抜かんとな。)
 



 
posted by えて吉 at 14:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

晩ご飯ネタを3日分連続で

家での晩ご飯ネタがまたしばらく少なくなってるんで3日間の夕食をまとめてアップしてみます。


期間としては3月26、27、28日の3日間になります。

連続してアップすると食材の使い回しがよう分かるかと思います。(^_^;)







最初の26日の晩ごはんにタイトルを付けるとすると「メインらしい料理のない晩ごはん」ってとこでしょうか。






メインらしい料理のない晩ごはん

*メインらしい料理のない晩ごはん

・ホタルイカ

・セロリ

・もずく

・オクラ納豆

・スライスオニオンとワカメ

・豚汁

・さばの水煮とブロッコリーの胡麻マヨ和え

・日野菜の漬け物




ホタルイカってお刺身に近い感覚で食べますが、なんかメインっていう気がしないんですよねぇ・・・。

ちなみにホタルイカは目と口を丁寧に取り除いてあります。

脇の小鉢って感じがするんで、この日はメイン無しで飲むって感覚でした。

飲める日はこういう小鉢をちまちま並べただけでも全く問題ないんです。

この中で多少珍しいのはサバ缶を使ったブロッコリーの一品ですかね。

久しぶりさばの水煮に目が止まったんで、それをざっくり崩して、ごまだれとマヨネーズを混ぜてブロッコリーと絡めてやりました。



豚汁は姪っ子らに料理した時の余り物ですわ。








26日の献立を踏まえて翌日の27日の献立を見て貰うと食材の繋がりが分かるかと。






早い時間に泡モノで一人宴会

*早い時間に泡モノで一人宴会

・ぶりかまのエスニック風

・釜揚げ新子のアヒージョ

・鯖とブロッコリーのトマト煮込み

・ホタルイカの洋風マリネ

・セロリ


スパークリングワインを開けたら、贅沢な気分になるので自動的に”一人宴会”になります。

この日はスーパーの魚売場で目に止まったブリカマをメインに。

泡を飲むつもりやったんで和風の塩焼きでは無くてニョクマム(魚醤)、ニンニク、コショウ、シャンツァイ、カイエンヌペッパーなどでしばらくマリネ。

魚焼きグリルで焼いてる途中でもつけ汁を塗ってやりました。

なんとなくアジアぁ〜っぽくライムを添えてみました。



前日使ったサバ缶が余ってたんで、汁ごと小鍋に移してワインと水少々に冷凍のトマトソースを1キューブ加えて軽く煮てやりました。

最後にブロッコリーを加えて温もったら出来上がり。数分出来上がった割りに鯖のコクで旨味がありましたわ。

前日和風に酢味噌とショウガ醤油で食べたホタルイカはこの日は洋風のマリネにしてやりました。

酢をサッと煮立てたとこにワインビネガーとレモン汁、塩、砂糖、コショウ、刻んだ玉ねぎとニンニク、冷凍の刻みパセリを加えました。

セロリは前日からそのまま持ち越しでした。




料理のメインはブリカマなんですが贅沢した気分になったのはアヒージョの方でした。





ちょっと贅沢に感じた「釜揚げ新子」

*ちょっと贅沢に感じた「釜揚げ新子」

この何日か前から売場にしんこが出てたんですが、気になりつつちょっともったいないかと買うのを我慢してたんです。

でもこの日はこれでアヒージョをやったら美味いやろうって思ったんでついに買うてやりました。

軽くシンコに塩をまぶしてから、ニンニク、鷹の爪の輪切り、月桂樹を加えたオリーブオイルでコトコトと。

なかなか美味かったですわ。





2日連続で飲んだんで28日は休肝日。




冷凍庫に年末に買い込んだ鶏の骨付きがあったんで、前日から冷蔵庫に移して解凍。

朝から保温鍋でニンニク、ショウガ、白ネギの青いトコと一緒にじっくり煮込んでやりました。





休肝日で中華風の鶏鍋

*休肝日で中華風の鶏鍋

鶏のスープに塩と創味シャンタン、余ってた固形の塩味系鍋の素で味付け。

食べる時はそのスープにシャンツァイ(香菜)を入れたシンプルなヤツと、火鍋の素に少しスープを加えたモノを用意しました。

残り物のブロッコリーとシンコを一緒の盛ってポン酢で頂きました。

しっかり煮込まれた鶏は骨から身がほろっと取れるほど柔らかでなかなかええ鍋になりました。


鶏はけっこうな量があったんで、多めに取ったスープの半分は鶏肉と一緒に冷凍してやりました。



こういう感じに食材を使い回せるとある程度品数を用意するのも簡単なんですよねぇ。

いいサイクルが崩れて、全品イチから作るとなるとさすがにちょっと億劫になりますもん。





*朝の体重:58.15kg。(そんなに食べてないと思うのに目標オーバー。)

*今月の休肝日:8日(酒のいる残り物があるから今日も飲まんとしゃあないなぁ。)



posted by えて吉 at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

チャーシューは煮汁までしっかり活用

チャーシュー(焼豚)というよりは正確には煮豚になるんでしょうが、出来上がった豚だけで無く煮汁も出来るだけ使い回しをしております。


メインの焼き豚をいつ仕込んだか忘れましたが、豚を煮汁から引き上げたら煮汁だけを少し煮詰めてやりました。

それをキンキンに冷やして表面に固まった白い脂を丁寧に取り除きました。

取り除いた脂は捨てる時とそいつも別に取って置いて炒め物やら焼き飯に使うこともあります。

3月22日はまず脂を取った煮汁を再利用というか別の食材の調理に流用。


鶏モモ肉が余ってたので、それを豚の煮汁で料理してやりました。

八角や五香粉(ウーシャンフェン)なんかをぶち込んでけっこう濃ゆい風味があるんで、中の豚の旨味と鶏の旨味がケンカしようが揉めようが無視、無視。

自分一人が食べるええかげんな昼ご飯にそんな繊細なことは全く気にしません。




180425toritamadon.jpg

*中華のチャーシューっぽい風味の「鶏玉丼」

チャーシューの煮汁にカットした鶏モモ肉をぶち込んでサッと炊いたらたっぷりの油で揚げ焼き風にした目玉焼きを添えてやりました。

ご飯の上には冷凍の刻みシャンツァイを先に散らしてあります。

煮汁も掛けながら玉子を潰して鶏とグチャグチャに混ぜて頂きましたが非常にご機嫌な昼ご飯でした。








煮汁ばっかり脚光を浴びるとメインの煮豚さんが怒りそうなんで、ごくノーマルな使い方もすることに。







180425package.jpg

*日清「ラーメン屋さん 濃厚豚骨しょうゆ」

こいつを食べる時にチャーシューとしてトッピングしてやりました。

今回使った豚は肩ロースだったと思うんですが、けっこう脂身が付いてました。

冷えた脂身は苦手なんで、スライスしてから銀紙の上に並べてトースターで少し加熱してやりました。





180425ramen.jpg

*チャーシューらしくラーメンの具にしてやりました

茹でたもやしと半熟味玉、ネギと一緒にラーメンの上へ。

なんとなくこんだけの枚数にスライスしましたが、ラーメン屋でもチャーシューメンなんかは絶対頼まない方なんでもうちょっと少なくても十分でしたわ。

ただし厚みはそんなにないんで、量的にはほどほどですけどね。




これでだいぶ消費出来たんで、最後は端っこのトコを食べ切ることに。

まだ煮汁もちょっとあったんで、最初は焼き飯にでもしよかと思ったんですが、当たり前過ぎてオモロないなぁと。

そこで冷蔵庫にあった豆腐と一緒に料理してみることに。




まず焼き豚は小さめの賽の目にカット。

それをちびフライパンで温めたトコに豆腐を投入。

ざっくり炒めた所で煮汁と少量の水をプラス。

いつもは丼として盛り付けて食べ始めてから加える香辣脆をこの日は煮込みの段階でプラス。

全体に辛味を行き渡らせてみました。







出来上がったのがこちらの丼モノです







180425chashutohudon.jpg

*最後のチャーシューと煮汁で「チャーシュー豆腐丼」

見た目は麻婆豆腐と似てるかもしれませんが、風味はだいぶ違ってました。

ええ感じにチャーシューの存在感もあってこれはかなり美味かったですねぇ。


チャーシューの端っこまでしっかり味わい尽くしたし、煮汁もかなり活用出来たんでそういう意味での満足感もありましたわ。

やっぱり自分で作ったもんをしっかり最後まで使い切れると嬉しいものです。






*朝の体重:57.85kg。(夜はえらく重かったけどなんとか目標はクリアしてた。)

*今月の休肝日:8日(昨日は酒を抜きました。)

 
posted by えて吉 at 16:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

昼ご飯に美味かった「ビビンバ炒飯」

今日の昼ご飯に食べたビビンバ風の焼き飯が美味かったのでサクッとアップしておきます。

2〜3日に前に酒ばっかり入れてる中型の冷蔵庫をチェックしたら、チルドルームに業務スーパーで買うた山菜の水煮とナムル(ピビンパの素)が賞味期限をえらく越えてました。


賞味期限切れのピビンパの素(ミックスナムル)と山菜の水煮

*賞味期限切れのナムルと山菜の水煮

ちなみに賞味期限はナムルが17年10月11日で山菜が17年10月19日。(>_<)

この手の真空パックのモンがちょっとくらい賞味期限を越えても気にならんのですが、レトルトパックでも無いのに半年オーバーってのはちょっとねぇ・・・。

そのまま開封もせずにごめんなさいしようかともチラッと考えたんですが、とりあえず注意深く観察してから判断することに。

で、今日のお昼にまずは両方を外観から目視で確認。

汁気のにごりはなく、カビやらの気になる異物は見つからず。

開封してから慎重に匂いを嗅いで、少しずつ食べてみましたが特に異状は感じず。



結局両方とも食べることに。


山菜の方は水気を切って、さっと水洗いしてから白だしベースの出汁で炊いてやりました。


それを済ませてから昼ご飯はナムルを作って石焼きビビンバ風の焼き飯を作ることに。


いつもなら肉気無しでやってたと思うんですが、今日は小分けで冷凍してある牛肉の切り落としも入れることに。

室温にしばらく放置して粗く刻んでから、バットに上で指先を使って全体をほぐしてやりました。

そこにチューブのニンニクと焼き肉のタレを掛けて揉み込んでおきました。


フライパンにサラダ油とごま油を引いて、一味を投入。

油が熱くなったら牛肉を加えてあらかた火が通ったらたっぷりめのナムルを投入。

しばらく炒めてからチンしたご飯を加えて、そこからはいじりすぎないように香ばしく焼いてやることに。

下味の塩コショウは今回全く使わず、途中で隠し味がてらニョクマムを少し垂らしてやりました。

ある程度やけたら具材を端によけて、空いたスペースに溶いてない玉子を1つ投入。

ざっくり潰しながら全体に混ぜ込んでやりました。





昼ご飯に食べた上出来の「ビビンバ炒飯」

*昼ご飯に食べた上出来な「ピビンパ風チャーハン」

少し食べてから味があっさりめやったんで、焼き肉のタレを少し垂らしてジャンク度をアップさせてやりました。

そうそう食べ出してすぐ一味もたっぷりと追加で振りかけてやりました。

普段使わない肉を加えたんが勝因やと思うんですが、なかなかええ出来で思わずビールをプシュッと行ってしまいました。

焼肉のたれのおかげでジャンクな味でしたがそれがビールとよう合うて昼ご飯としては大満足でした。





今日は午前中にマンションの下にある初めての歯医者へ。

もう何ヶ月も前から冷たいモノを飲むと奥歯がしみるようになってたんですが、さらに10日ほど前から右奥歯のしみ方がひどくなってたんです。

なんか固いモノを嚙んだ瞬間に衝撃が走ってそこから急にひどくなったんですよねぇ。

冷たいモノだけでなく、室温に近い水でも痛むし熱いモノもダメ。

嚙むのも恐いから最近は左奥歯で嚙んでたんですが、昨日辺りはそっちも歯が腫れる感覚というか、嚙むと痛むようになってきたんです。

左右の奥歯がひどいままやとちゃんと嚙めんから消化に悪そうやし、なにより食事の時に痛みを気にしてると楽しくないんですよね。

それで歯医者嫌いの重い腰を上げたんですが、結果的には虫歯では無くゴリゴリ痛い目に遭わされることはなかったんです。

歯茎が痩せてきて(老化ですか・・・。)歯の弱いとこが見えてしみてるんやろうと。

歯石があるからそれをキレイにして、全体の歯周病ケアをするように勧められました。

今日は急ぎ?ってことで奥歯の歯石を取って、しみ止めの薬を塗ってもうておしまい。

治療台に座っただけで緊張するから、終わった時は精神的に疲れてましたわ。

飲み食いを年寄りになっても続けようと思ったら歯が一番大事やと思うものの、歯のケアはかんなりおろそかなんでもうちょっとちゃんとしようと思いました。






<お知らせ?>

話は変わって、何日か前にツイッターで見かけた主催者のことも全く知らない食のイベントに初めて申し込んでみました。

素人がジビエを料理して食べるイベントで料理教室と食事会に別れてるんですが、せっかくなんで料理から。

計量をやったりするような堅苦しい料理教室って苦手なんですが、ジビエ好きなんでどんなヒトが集まるかも分からんまま申し込んでしまいました。

10人の定員に今日の時点はまだ4人しか申し込みがないようなんで、もし興味ある方は下のリンクから詳細をご覧下さい。

【料理教室】第三回みんなのジビエ料理会【食事会】

・【ジビエはプロしかおいしく調理できない肉、と思っていませんか】
 
・開催日時:2018年4月28日(土)

・場所:北加賀屋みんなのうえん第二農園

 




*朝の体重:57.70kg。(なんとか一日で目標はクリア。)

*今月の休肝日:6日(昨日は酒を抜きました。)




posted by えて吉 at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

姪っ子らに食べさせた晩ごはん

春休みは何度か姪っ子のお守りをしたんですが、久しぶりに晩ごはんを食べさせることがありました。

姪っ子どもの母ちゃん(私の妹)とばあちゃん(実家のオカン)が知り合いの外人さんと会食することになったんで私に晩ごはんの世話が回って来たんです。


昼ご飯はたまに作ってて焼きそばとかオムライス(orチキンライス)とか姪っ子らの好きなモンを単品で食べさせるんです。

でも、晩ごはんでその手の単品モノは作り手として気乗りがせんなぁと。

それに私も晩ごはんを食べる関係で、飲み日に単品食いは辛かったんですよね。食べさせたのは3月23日になります。

姪っ子の1号と2号でかなり食べ物の好みも違うしでちょっと迷いましたが、妹に確認してメインは鶏の照り焼きなら2人とも大丈夫だとのこと。

あとは汁物としてこの冬は1回も作ってなかった豚汁を用意することにして、あと一品マカロニサラダを作りました。




姪っ子に鶏の照り焼きと豚汁の晩ごはん

*姪っ子に作った鶏の照り焼きと豚汁の晩ごはん

マカロニサラダやポテトサラダって、自分一人ならスーパーの惣菜で済ませるんで作るのはかなり久しぶりですわ。

具としてはたまたま手元にあった魚肉ソーセージ、キュウリ、スライスオニオン、千切りのにんじん、ゆで玉子を入れました。

先に姪っ子2号に食わせたんですが、その時にもずくも食べるかって聞いたら食べるって言うんでそれも出してやりました。

時間差で姪っ子1号に食べさせた時はモズクは要らんっていうんで3品だけでした。

幸い二人ともこの日の献立は気に入ってくれたようで、「美味しい」っていいながらちゃんと食べてくれました。(^^)








ちなみに私の晩ごはんはこんな感じになりました。








私の食べた分

*私の食べた分

・鶏の照り焼き

・マカロニサラダ

・豚汁

・オニオンスライスとわかめ

・セロリの浅漬け

・もずく

・納豆を詰めた薄揚げ


玉ねぎ、薄揚げ、セロリは姪っ子2人に食べるか聞いたんですが、要らんってことやったんで私だけになりました。

ほんまはこれくらいの品数食べさせたかったんですが、好き嫌いあるとしょうがないですなぁ。


もう春休みも終わって当分姪っ子どもにご飯を作ることはないでしょうが、まいど献立には苦労しますわ。



*朝の体重:58.10kg。(ちょっとオーバーしてもうた。)

*今月の休肝日:5日(今日は休肝日にせんとな。)



posted by えて吉 at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

土日はよう遊びました

昨日はこばやしさんの保養所で朝ごはんをしっかり食べて9時半過ぎに行動開始。

保養所を出てまず向かったのはは二見にある道の駅ならぬ”民話の駅”「蘇民」。

以前行ってけっこう海産物が豊富やったんで寄ったんですが、たこ焼きのタコを狙ってたものの残念ながらタコは並んでませんでした。

大阪に帰ったらうちの家で飲み食いすることになってたんで、私はここでみんなで食べようと思ってナマコを一匹だけ買いました。

その後、ローカルスーパーの「ぎゅーとら」に寄ってから津市にある肉屋の「朝日屋」へ。

私以外の皆さんは車内で食べる揚げ物を買うたりお肉を買うたり。

私は酒が欲しくなるんで揚げ物はパスして皆で食べるために玉ヒモの煮物や松阪牛のどて焼きなどの惣菜と焼肉用の肉を700gほど。

朝日屋には何回も行ってますが初めて焼肉の肉を試そうと思ったんです。

子供らはメインはたこ焼きの予定やったんでとりあえずこれくらいにしといたんですが、グラム500円で松阪牛のカルビが買えたのはリーズナブルに感じました。

肉屋を出たら地道で関ICまで走ってそこから名阪国道に乗って伊賀の道の駅「あやま」へ。

ここはこばやしさんが「はさめず」って醤油を狙って行ったんですが、値段が高すぎてパス。子供らは大判焼きやらクレープを買い食い。

そこから旧道の国道25号線に入って「はさめず」の販売店へ行って真っ当な値段でゲットしてはりました。

道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」もチェック。

開設1周年記念のイベントをやってましたが、そっちはスルーして軽く並んでるモノを見て早々に撤収。

国道163号線から国道24号線に入って、第二阪奈から近畿道を通って八尾まで。

あっちゃこっちゃ寄り道したんでうちに着いたのは4時を過ぎてました。

私は家に着くなりまずはビールを開けてちょっと休憩させて貰い、ぼちぼち買うて来たアテを出して行きました。

幸いチビッコらがだれも腹ペコでは無く、先にゲームの「スイッチ」で遊びだしたんで焦らんで済みました。

伊勢で買うた地元産の「生ホテ=チビキ」っていう魚の刺し身は初めて食べるモンでした。

朝日屋の松阪牛のどて焼きはえらく美味かったんですが、ちょっとだけやったんで速攻で無くなりましたわ。

しばらくしたら子供らにはたこ焼きの用意をしてやって自分らで焼かせたんですが、何回かうちでやらせてる割りにまだまだ腕が上がって無くておっさん3人で横からだいぶツッコミを入れてましたわ。

アテとしては玉ヒモ、家にあったマグロのすき身の角煮、キムチ風豆もやしに帰り道のスーパーで買うたネギ塩ホルモンともやしの炒め物なんかを摘まみながらだらだら飲み食い。

朝日屋の肉で鉄板焼きをしようかと思ってたんですが、結局はそれは食べずでしたわ。(冷凍して後日の自分用にしました。)

なまこも結局出し忘れたりでしたが、一応7人の腹が膨れたんで量的にはなんとかなったようです。

宴会は9時前にお開きになって、そこから1人で宴会の片付けをやって肉を凍らせたりして11時前には全ての家事を完了。

いやー、土日の一泊二日だけとは思えん密度の高い週末になりましたねぇ。

楽しかったけど運転手やって、宴会やって、片付けまでこなしたおかげで今日は全身ががっつり疲れてますわ。(^_^;)


DD0CC000-A82B-4367-A766-BA5CF9CA791F.jpeg

*朝麺に食べた「きしめん」

土日は好き勝手に飲み食いしましたが今朝は幸い目標体重をオーバーしてなかったので朝ごはんを食べることに。

三重の方を走ってて、近所の名古屋のことが頭に浮かんでたので、そのつながりで「きしめん」にしてみました。

麺は業務スーパーの冷凍品ですが、ながらく冷凍庫に置いてたんで一部が霜焼け?になってました。

表面つるつるのきしめんは食べやすくて疲れた体にちょうど良かったですわ。




今晩は昨日の残り物があるんで簡単にすませようと思っております。








*朝の体重:正確な計測無し。(57.7〜8kgぐらい。)

*今月の休肝日:5日(今日は残り物処理があるからもう一日飲まんとしゃあないな。)
 
 
posted by えて吉 at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

きつねうどんも肉うどんも苦手やけど

自分ではかなりのうどん好きやと思ってるんですが、うどんのメニューではポピュラーなきつねうどんや肉うどんが苦手やったりするんですよねぇ。

肉は甘辛く炊いてやるヤツをうどんに乗せるタイプのことですが、キツネと共にうどんのダシが甘くなるのがどうもあかんのですよねぇ。

肉うどんやきつねが好きな方はその甘さがええんでしょうが・・・・。

そんな私ですが甘くない刻みうどんやうどんの出汁で肉に火を通したヤツはオッケーなんです。

両方とも出汁になにかしらのコクは出るけど、甘みは増えませんからね。




そんな訳で食べたのはちょっと前の3月14日の昼ですが、たまにしかせん刻みと肉を両方行ってやりました。





180412nikukizamiudon.jpg

*久しぶりのきざみ肉うどん

小分けして冷凍してある牛肉は事前に外に出して解凍しておきました。

固まったまま出汁に入れると固まりのまま火が通って肉の柔らかさが出ませんからね。

薄揚げの方はオーブントースターで軽く焦げ目を付けて香ばしさを出してやりました。

うどんは何を使ったか覚えてないんですが、香川で買うて来た生讃岐うどんのどれかじゃないかと思います。

久しぶりに食べましたが、甘みさえ増えなければ美味しく楽しめますねぇ。

牛肉の切り落としはカレーうどんを作るために冷凍庫に常備してるんですが、たまにはこういう食べ方もええもんですわ。






今朝は午前中にベッドマットの上に敷いてる汗取りシートを冬向きのもこもこしたヤツからサラッとしたやつに交換。

もこもこのヤツはすぐ洗濯機を回して干してやりました。

その後、この土日知り合いの保養所で世話になった後、子供らがうちでたこ焼きパーティーをやるっていうんでその段取り。

普段使わん部屋にある座卓を出すついでに、まずは部屋の掃除から。

猫の毛だらけになってるコタツ布団を猫のブラシを使って丁寧に掃除して、コタツの敷き布団代わりのカーペットも丁寧の掃除機を掛けました。

カーペットは毛玉が出来て繊維が飛び出してるのを目に着く限り、ひとつずつハサミでカット。

もうこのまま夏向きに模様替えまで済ませたらあとが楽やとは思ったけど、まだコタツは恋しいのでゴールデンウィーク頃にでももっぺん掃除し直しですかねぇ。

せっかく出かけるのに週末の天気がえらく悪い上に寒そうなんが困ったもんです。






*朝の体重:58.05kg。(ちょっとは減ったけどまだ目標オーバー。)

*今月の休肝日:4日(昨日は酒を抜きました。)

posted by えて吉 at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする