2017年09月08日

絶妙な味加減になった「温玉照り焼き丼」

ちょっと前の昼ご飯なんですが自分の好みにドンピシャに仕上がったんで記念に?アップしておきます。(^_^;)

食べたのは8月の23日なんですが、この日は朝から実家の親父の運転手で生野まで。その帰りに業務系の食料品屋で買い物をしたら冷凍品を買うたので大急ぎで家へ。

ねぎマグロに使うマグロのペーストと馬刺しの冷凍品を買うたんですが、保冷剤を持って行ってアイスボックスに入れて来たんで家に着いてもコチコチでしたわ。

2時前頃から昼ご飯を作るために台所に立ったんですが、冷蔵庫に温泉玉子があったんでそれを減らすメニューってことで思いついたのが鶏の照り焼き丼でした。

鶏モモ肉が冷蔵庫にあったんで、それを一口大にカット。

塩コショウを軽くして手で揉み込んでから片栗粉をまぶしました。

白ネギは斜めの薄切りにしてスタンバイ。

フライパンに気持ち多めの油をひいてもも肉を投入。ある程度火が通ったところで、醤油を注いで香りを立ててやり、すぐそこに酒と味醂を注ぎました。

白ネギも投入して、水気を煮詰めながら鶏に火を通してやりました。

ご飯を丼に盛って、その上に刻み海苔を散らして出来上がった照り焼きを乗せて、青ネギを散らして真ん中に温泉玉子を載せたら出来上がり。

好みにピッタリに仕上がった「温玉照り焼き丼」

*絶妙に好みの味になった「温玉照り焼き丼」


汁気は少なめでしたが、崩した温泉玉子と鶏を絡めつつご飯を食べると、甘辛さがストライクゾーンのど真ん中って感じでめーちゃくちゃ美味かったですわ。

温泉玉子って、料理に添えられてるだけで嬉しくなるんですが、実は買うてもなかなか減らないことがあるんですよねぇ。

賞味期限を見ながらちょっと無理して消費なんて時もあるくせに、売場でパッケージを見るとつい欲しくなるんです。


でもこの日の照り焼き丼は、絶対に温泉玉子がおってこその満足度だと思うんで買うた値打ちは十分にありましたね。

それにしてこの日の照り焼きの味加減は絶妙でしたなぁ・・・。

毎回てけとーに作るから再現出来そうにないのが残念なところですわ。








今日は朝イチで洗濯機を回して、寝間着のまま即それを干しました。

朝の体重に多少の余裕があったんで残り物利用の朝うどんを食べてご機嫌。

ええ天気で家にいるのがもったいなく、野菜の在庫が少なくなってるんで羽曳野の道の駅へ。

いくつかはその辺のスーパーよりお得な値段のヤツあったんで、そういうのだけ少し買い物して撤退。

収穫としては大したことなかったですが、ちょいとドライブ気分で出かけられて良かったですわ。

ドライブならほんまは岸和田の道の駅まで回れば良かったんですが、そっちは金曜日が定休日だったと思うんで諦めてごく短めに済ませました。



*朝の体重:67.70kg。(なんとか目標クリア。)

*今月の休肝日:2日(今日は酒抜いとかんと後がキツイのよなぁ・・・)
 
 
posted by えて吉 at 16:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

イギリスから到来の新入り器

しばらく前にイギリスからのお土産でもうた新入りの器をご紹介しておきます。

くれたのは東京に住む知り合いのSさんなんですが、夏前のイギリス出張の時に買うて来てくれた物を8月に東京に行った時に受け取りました。

8月15日の夜に大阪に着いたんですが、16、17日と休肝日にせざるを得ず貰った器を使う機会がありませんでした。

やっと18日になって飲み日がやってきたので、さっそく使ってみることに。

とはいえ、この日は大して料理をしなかったので、中身は無視してとにかく新入りの器を使ってやるのが目的でした。




夜飲みに備えて軽めの晩ご飯

*夜飲みのに備えて軽めの晩ご飯

・すき身マグロと豆苗のガーリックポン酢炒め

・冷や奴

・山菜の煮物

夜にブログ仲間のぷるみえさんが九州旅行の帰り道にうちに泊まりに来てくれることになってました。

その時に軽く飲む約束があったので、夕飯はごくごく控えめにしたんです。

マグロのすき身は軽く塩こしょうをしてから片栗粉を打って、ニンニクの香りを立てたフライパンでさっと炒めました。

最後に豆苗を加えてサッとポン酢を回し掛けたら出来上がり。

山菜は水煮のヤツを白だしベースであっさりと味付けだけしたものです。



お土産に貰った器は正面下側で山菜を入れた片口のヤツです。




イギリスからの新入りの器(ほんまはミルクピッチャー?)
*イギリスからの新入りの器「片口の小鉢(ほんまはミルクピッチャー?)」

イギリスの人がこの器におかずを盛り付けるようには思わんので、ホンマは牛乳入れですかねぇ。

日本の片口も本来日本酒を注いでたのものが今じゃガンガン食器として使われてるんで、ブリティッシュなこいつにも我慢して貰いましょう。

事前に現地からいくつか候補が送られて、一番使い勝手の良さそうなのをチョイスしたんですが、器って実物見るまで分かりませんからねぇ。

胴の部分がぽってりと丸く膨らんでるのが愛らしいなぁと。

ちょっと深めなんで、量を少なく盛り付けるとのぞき込む形になりますが、それも中の料理へ興味がそそられる感じでいいんじゃないでしょうか。

正直言うと、せっかくのお土産が気に入らなかったらどうしようって不安もちらりとありましたが、とりあえずの料理ですが盛り付けてみたらすごく気に入りましたねぇ。

ちなみに翌朝だったか、ぷるみえさんにコーヒーをお出しした時に、この器に牛乳を入れて添えました。

本人(本器?)的にはやっぱりそっちが本職なのか、液だれもなくスッとミルクが注げて、道具としてちゃんと作られてるのも確認しました。(^_^;)

今まで持ってないかわいらしいフォルムの器ですが、これからは大事に使ってあげようと思います。

遠路はるばるイギリスから割れ物を持って帰ってきてくれたSさんには感謝です。








*朝の体重:58.45kg(全く納得行かんデブり具合!!)

*今月の休肝日:2日(昨日は酒を抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 15:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

明石焼きならぬ「フライパンたこ焼き」

ちょっと前の小ネタをアップしておきます。食べたのは8月の7日なんですが、何日か前からたこ焼きが食べたかったんで昼間にスーパーでタコを調達しました。

ところが夕食の時間が近づいてくるとなんとなくたこ焼きを1人でちまちま焼くのが邪魔くさくなってしまいました。

とはいえ、タコは買うてあったんでそれを処理するために思いついたのが今までに何度かやったことがある「フライパン明石焼き」でした。

うちにある直径18cmの一番小さなフライパンを使って巨大な明石焼きを作るモンなんですが、久しぶりにやってみることに。

玉子は3個以上使った方がええとは思ったんですが、ちょっと控えて2個で行くことに。

たこ焼きの粉をごくちょっぴり水と共に加えてよくかき混ぜ、油を気持ち多めにひいて熱くしたフライパンに一気に流し込みます。

全体をじんわりかき混ぜて半熟になったところでタコのぶつ切り、紅ショウガ、青ネギなどを散らしてやりました。

具を後で加えたのは表面をキレイに仕上げたかったから。

具を加えたらフタをして弱火でじっくりと火を通します。

ある程度火が通ったら大きめの皿でフタをしてフライパンをひっくり返して、反対側を下にしてフライパンに戻しました。

またフタをして弱火で火を入れたんですが、出来上がりはちょっと狙いとずれてました。




フライパン明石焼きならぬ「フライパンたこ焼き」

*フライパン明石焼きならぬ「フライパンたこ焼き」

以前作った時のようにオムレツっぽい、まさに明石の人がいう玉子焼きっぽくは仕上がりませんでした。

ちょっと火が通り過ぎたのと、少し粉が多かったのかたこ焼きっぽい仕上がりでした。

狙いとはちょっとズレましたが、ソース味も食べたかったんで、これはこれで結果オーライ。

用意したダシとソースの両方の味で頂きました。




*朝の体重:57.90kg。(目標はクリアしたけど余裕無いなぁ。)

*今月の休肝日:1日(今日は休肝日にせんとなぁ。)


posted by えて吉 at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

品数だけは並んだ晩ご飯

家でのまともな晩ご飯ネタがまたしばらく途切れてるんで一本行っときます。

食べたのは8月6日のことですが、この日は朝から1人で近所の久宝寺公園のプールへ出かけてました。

プールの帰り道に食材も買うておいたんで、晩ご飯はそれらを使って簡単に用意。




それなりに品数を並べた晩ご飯

*それなりに品数を並べた晩ご飯

・アジのタタキ

・アジ納豆

・刺し身こんにゃく

・チャンジャ

・冷や奴 梅肉醤油

・茹でおくら

・豆もやしのキムチ風

・モロヘイヤスープ

・グルテンミート?の肉の佃煮風(実家からの土産)

・ポテサラ(惣菜)


質より量より、品数なんで自宅での1人飲みでこれだけ品数が並べば満足でした。

ただ、暑い時期とはいえ、火を使ったモンが全然ないのはちょっと減点ですねぇ。

燗酒好きですが、さすがに真夏のこの時期は冷酒を舐めてましたわ。

減点はあったけど、手間をかけずにこれだけチマチマちと小鉢が並んだんでひじょーにご機嫌な晩ご飯となりました。






*朝の体重:58.00kg。(昼の腹パンパン具合からしたらマシやな。)

*今月の休肝日:1日(今日はもう1日飲んだろ。)
 

 
posted by えて吉 at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

業務スーパーの「上ハラミステーキ」をがっつりと

今日は昼前に買いたいモノがあったんでてくてくと歩きで近所の業務スーパーへ出かけました。

メインの買い物は刻み海苔とジンのタンカレーやったんですが、一応全体の売場をチェック。

休肝日やったんで魚売場は買いたいモノがなくスルーしたんですが、肉売場を見ると以前食べて美味しかった牛の上ハラミステーキが並んでました。

前回食べた後も業務スーパーには行ってるんですが、その時は並んでなかったんですよねぇ。

いつもある訳じゃないと思うと、見つけた時に食べておこうかと思ってしまうんですよねぇ。

しかも、今日は朝から知り合いが焼肉屋に行く予定やって読んで刺激を受けてましたしねぇ。

朝の体重は昨日より増えてしまってるんですが、朝ごはんは抜く気にならず米を食べました。

昼は炭水化物を抜きにしてみようかと思ってたんで、肉だけがっつり食べんのもええんじゃないかと。

ちょっと大きすぎる気はしたんですが、思い切ってカゴへ。


業務スーパーの「上ハラミステーキ」

*業務スーパーの「牛(上)ハラミステーキ」 302gで748円

前回はオーストラリア産やったんですが、今回は家に帰って見てみると米国産ってなってました。

帰ってきたら冷蔵庫に入れずにそのまま出しておいて室温に戻しました。

1時半頃になって腹が減ってきてたので料理することに。


肉には切り身が入ってたんで、焼く直前にフライパンに接する側に塩コショウ。

フライパンには潰したニンニクを入れて油で香りを出してからバターを溶かして、肉を入れました。

上側にも塩コショウして、最初中火で焼いて、その後は火を弱めにしてフタをしてしばらく焼きました。

ひっくり返したら、マイタケをフライパンの空きスペースに入れて軽く塩コショウ。

弱めの火でフタをしてじっくり火を通したら出来上がり。

肉を皿に盛ってから、火力を上げてマイタケにはちょっとだけ醤油を掛けました。


ハラミステーキだけをがっつりと

*ハラミステーキだけを単品でがっつり

肉をいっぺんに300gってのは私にしてはかなり多めですわ。

量があるから同じ味じゃ飽きると思い、

塩、レモン汁、塩&黒煎り七味、ポン酢、焼き肉のタレ、辛子醤油などを用意。

一口ずつ味を変えながら食べました。

一本スジが通ってて、それを切るのは少し固かったですが、口の中で困ることもなくなかなか良かったですわ。

脂がほとんどないからしつこくないし、それなりに肉らしい味があって、歯応えはあるけど固すぎるでもなし。

700円ちょっとで食べられる牛肉としては今回も十分以上に満足出来ました。

たまにステーキを食べるなら、これからもこのはらみ狙いでもええなぁと思いましたわ。




*朝の体重:58.45kg。(くぅー、昨日より増えてもうた。(>_<))

*今月の休肝日:0日(今日は酒を抜くぞ。)
 
 
posted by えて吉 at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

久々にサンヨーフーズの「純生 讃岐うどん」

しばらく前にヌードルメーカーを買うてからは生讃岐うどんを買い置きすることはなくなったんですが、住之江の日帰り温泉に行った帰りのマルナカで久しぶりに買うてみました。

真夏のうどん作りって、なんぼ機械任せとはいえ、なんとなく麺がだれそうな気分がするってのも少しは理由です。

ヌードルメーカーのうどんもそれはそれで”アリ”なんですが、讃岐うどんとは別物。

しかも最近はあえてコシの強くない柔らかめの麺を目指してるんで余計に違いが大きくなってるかと。

作った麺ばっかり食べてるとたまには讃岐うどんも食べたくなりますわね。





サンヨーフーズの「純生 讃岐うどん」

*サンヨーフーズの「純生 讃岐うどん」

大阪のマルナカではこのうどんを置いてるんで、以前はこれを家に常備してたんです。

1袋240g入って99円だったかと。

麺は讃岐うどんとしては細めなんで、香川に行ったら買える日の出製麺所の生うどんに較べるとだいぶ弱いです。

それでもそれなりには美味しいしコストパフォーマンスがええんで納得して食べてたんですよねぇ。




久しぶりの生うどんを楽しんだのは7月の23日になります。





久しぶりの生讃岐うどんは「カレーうどん」に

*久しぶりの讃岐うどんは「カレーうどん」で

1袋240グラム入りなんで、いつも2/3にあたる160gを一人前として、2袋を3回で食べ切るようにしてます。

牛肉の切り落としとタマネギ半個を白だしベースのダシで煮込んで、カレー粉と一味をぶちこんでから片栗粉でとろみを付けました。

久しぶりの讃岐うどんはやっぱり機械で作るヤツとは違う美味さがありましたねぇ。







2袋を3回で食べるんで、キリのええトコ3杯目まで一気にご紹介しておきます。






2杯目を食べたのは7月の27日のことです。






2食目は「おくら温玉ぶっかけうどん」

*オクラ温玉ぶっかけうどん 冷や


冷蔵庫にオクラ、温泉玉子、貝割れ大根がおったんでこんなぶっかけうどんにしてみました。

食べる時は全体をよく混ぜて頂きましたが、ヌルドロな食感が美味かったですわ。

麺の方は茹でてから水道水で洗ってから、冷蔵庫の水に1/4ほど水道水を加えたちょい冷水で締めてやりました。

氷水みたいなキンキンの冷水で締めると麺が硬くなりすぎて苦手なんでね。





区切りとなる3食目を食べたのは7月の31日のことです。





3色目は「いつものかけうどん」

*いつものかけうどん

おぼろ昆布、天かす、ネギを乗せた”いつものうどん”です。

麺は締めずに釜抜き状態で丼へ。たっぷりのネギを添えてやりました。

ヌードルメーカーの麺とはやっぱりだいぶタチが違うてて久しぶりに讃岐うどんを食べた気ぃになりました。


今回買うた麺はあと2袋余ってるんでもう3回は楽しめますわ。

とはいえ、ここんとこ朝の体重が目標オーバーでしばらくうどんが食べられてないんですけどね。








*朝の体重:58.20kg。(ぜんぜん減らず)

*今月の休肝日;1日(今日は絶対に休肝日)
 
 
posted by えて吉 at 15:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

業務スーパーの豪州産「上ハラミステーキ肉」が美味かった

ちょっと前にたまたま業務スーパーで見かけて買うてみた肉が値段の割りに美味かったのでメモ代わりにアップしておきます。

先月の18日に別件の用事で家の近所にある神戸物産の業務スーパーに出かけました。

必要なモンを買うついでに店内を一応チェックしてたら牛肉コーナーで「上ハラミステーキ」なるもんに目が止まりました。

暑い時期になるとけっこう焼肉とか肉らしい肉が食べたくなるんですよねぇ。

とはいえ、1人で肉に高い金を払おうとは思わないんで、たいてい買うのはスーパーの安物ステーキ。

アメリカ産やオーストラリア産を何度か買うてますが、たいてい値段なりって感じです。

業務スーパーの肉ってあんまり美味そうに思わんので、買うかだいぶ迷ったんですが最後はカゴへ。






けっこう美味かった業務スーパーの「上ハラミステーキ肉」

*けっこう美味かった業務スーパーの「上ハラミステーキ肉」

グラム258円で、225gやったんで580円。

鶏と較べたらだいぶ高いですが、ステーキ肉としてはかなり安い方ですよね。

ちょっと量が多いかとは思ったんですが、半分だけ残してもしゃあないんでいっぺんに全部食べることに。

室温に戻してからフライパンでニンニクスライスを香りが出るまで炒めた所に肉を投入。

焼く直前に塩コショウを裏表に揉み込みました。





美味かったハラミステーキ

*美味かった「ハラミステーキ」

今までの1枚500円前後の安モンステーキの中ではかなり上位に入ると思いましたねぇ。

ほどよい噛みごたえはあるけど、固いってことはなかったです。

おっさんになってサシの入った脂の乗った牛肉は全然興味ないんですよねぇ。

脂はそんなに乗ってないけど、肉らしい美味しさはあって

「今回のヤツはアタリやったなぁ」

て、思わずつぶやいてしまいましたわ。

食べ方は親父が作って分けてくれた唐辛子系のタレ、焼き肉のタレ、市販のポン酢の3種類で。

そこそこの量もあったから違うタレを試しつつ楽しませて貰いましたわ。

この肉やったら次に肉が食べたくなったらまた買うてもええなぁって思いましたよ。







*朝の体重:57.65kg。(もう一声とも思うがヨシとしといた。)

*今月の休肝日:0日(今日は絶対休肝日やぞ。)


posted by えて吉 at 16:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

レトルトの「フカヒレスープの素」で”あんかけビーフン”など

レトルトの「フカヒレスープの素」って何年か前に生協を取ってた時はちょくちょく注文して家に常備してました。

生協は辞めたんですが、なんとなくその頃の習慣でフカヒレスープの素って買い置きしています。

ただ、しばらくそれなりの頻度で食べてたせいかここ何年かは食べる回数は減ってるんですよねぇ。

そのせいで久しぶりに食料ストックケースを漁って日付をチェックしたら何ヶ月も賞味期限を越えておりました。(^_^;)

それやったら早めに食べんとアカンなぁって思ってから1〜2週間経ちましたが、7月の3日にやっと食べることに。

この日は休肝日やったんで品数を用意する気にもならず。

その上朝の体重に全然余裕が無かったんで酒が飲めん上に量もある程度抑えて食べんとあかんという悲しい状況でした。

体重に余裕がない時に定番なんですが、主食としてはビーフンを食べることに。

神戸物産の業務スーパーで売ってるビーフンは1つの塊が6〜70gしかなく比較的カロリーが抑えやすいんです。

そのビーフンを食べるのに、レトルトのスープを利用することに。

まず鍋に水を沸かして、キャベツやシメジ、豚肉などを入れて煮込んでやりました。

キャベツが好みの柔らかさになったところで、レトルトを投入してしばらく煮込んでから溶き卵を流し込んだらあん?スープ?の完成。


フカヒレスープの素で「あんかけビーフン」
*レトルトのふかひれスープで「あんかけビーフン」

盛り付けた上から冷凍の刻みシャンツァイ(香菜)を薬味に散らしました。

いつもなら創味シャンタンをベースに適当にスープを自作してますが、素だとまた少し風味が違うんで変化があって良かったですわ。

最初はそのままで食べて、後半は香辣脆を加えて辛くして頂きました。

ビーフンは重さの割りに麺線が細いから本数が多くてなんとなくしっかり食べたように思えるのがポイントですわ。

スープの方は水をたっぷりに目に加えて味を調えたんで、ビーフンに使って余ってました。





そこで翌日の昼ご飯はそのスープを再利用してこんな物を。







残ったスープで「ふかひれ天津飯」

*残ったスープで「ふかひれ天津飯」

”ふかひれ天津飯”なんて文字を見ると、勘違いした高級感を出そうとしてるアホな中華料理屋が浮かびますが、私の場合は単なる残り物処理。(^_^;)

よく見ると何本かビーフンの切れっぱなしが混じっております。

小さめのご飯に玉子を1個分焼いたモノを乗せて残ってたあんを掛けています。

簡単にできた割りにあんが普段のシンプルなヤツとは違って風味がええんでちょっとした贅沢に感じましたわ。

無駄なく2回分の食事が出来たんで値打ちがありましたわ。


とはいえ、ふかひれスープを食べようって思うことが減ってるんで、素の買い置きはしばらくやめておきますかね。





土日と飲んで今日は飲み会の予定が入ってたので、4連チャンになるのはまずいかと思い昨日は休肝日に。

おかげで7月は珍しく1ヶ月の休肝日が11回になりました。

今月はけっこう週末を中心に飲む予定が入ってるんで、油断せんと目標の10回を目指そうと思っております。









*昼前の体重:57.90kg。(余裕ナシ。昼の鰻丼が効いたんかなぁ。(>_<))

*7月の休肝日:11日(目標クリア)
 
  
posted by えて吉 at 15:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

珍しく「味付き焼肉」を買うてみた

味付きの焼肉ってな商品はほとんど買わないんですが、安かったのもあって珍しく買うてみたのでご紹介しときます。

もともと牛肉って、たまに安もんのステーキを食べるくらいでほとんど買わないんですよねぇ。

買うとしたらカレーうどんを作る用に切り落としを小分けして冷凍するくらいでしょうか。

そんな私ですがスーパーに行くと一応牛肉の棚にも目を通すんですよねぇ。

で、たまたま薄切りの味付け焼肉なるもんがグラム98円、1パック200円ってな安さやったんでだまされたと思って買うてみました。

買うたのは11日なんですが、まだ8日にやった家宴会の料理が余ってたので焼肉だけ炒めたらすぐ用意が出来ました。




珍しく買った味付き焼肉メインの晩ご飯

*珍しく買うた「味付き焼肉」がメインの晩ご飯

・味付け焼肉 ニンニクの芽入り

・ずいきの煮物

・ししとうの和風トマト煮

・手羽中と長芋のビール煮

・ピーマンのじゃこ炒め

・冷や奴

・蒸し鶏サラダ


焼肉には最初からニンニクの芽も入ってました。

他の食材を足すことも無く、全体の半分ほどをちゃちゃっとフライパンで炒めただけ。

ずいき、蒸し鶏、手羽中は宴会料理の残りです。


あらかじめ牛肉をタレに絡めておくと、肉汁が出てしまいそうな印象があって今まで手を出しませんでした。

でも豪州産の肉でしたが、特にパサパサしてる印象もなくビールに合う濃ゆい一品としては充分でした。

1パック200gで200円なら安いですしね。






残りの焼肉は13日のお昼ご飯にしました。







残り半分で「焼肉丼」

*残り半分で「焼肉丼」

こういう食べ方をしようと思ったから買うてみようと思った部分があります。

元の肉とニンニクの芽に、タマネギとシメジを加えてやりました。

少しだけ水を垂らして、焼肉のたれも少し追加してごはんに絡みやすくしてやりました。

これは昼ご飯としてはなかなかええ感じで、しっかり楽しめましたわ。


ダメ元でしたが、食べてみたら問題なかったし、コストパフォーマンスも悪くなかったですね。









*朝の体重:58.15kg。(納得行かんデブり具合やなぁ・・・。)

*今月の休肝日:9日(今日酒抜いて目標をクリアしたる。)

 
posted by えて吉 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

惣菜だらけの晩ご飯もたまにはオッケー?

私は普段割と自炊してる方やと思うんですがスーパーの惣菜なんかも1品2品足すのはしょっちゅうです。

ただ6日の晩ご飯では珍しく何品も惣菜を並べたんでその時の様子をアップしておきます。

8日に実質初めての家宴会があって、この日はその段取りをスタートしてました。

普段は置き畳を使ってるんですが、段差があると机を並べた時に変かと思い、それを撤去。

その代わりにもう一枚敷物を買うことにして平野のマックスバリューのニトリへ。

買うた敷物を車に積んで、今度は食べるモノを買いにマックスバリューへ。

入り口あたりにあるオリジン弁当を通りかかったら、なんとなく手抜きで惣菜を並べた晩ご飯でもええかって気に。

ちょっとずつ種類多めに取って800円ほどだったかと。






市販の惣菜で埋め尽くされた晩ご飯はこんな感じになりました。








お総菜だらけの晩ご飯

*惣菜だらけの晩ご飯

惣菜は

手前の小鉢3つと右上のキクラゲの入ったヤツです。

小鉢はサラダ2種類にナスとトマトと鶏の揚げ浸し?。

右上は、ブロッコリーとエビの炒め物と八宝菜です。

それ以外は簡単に用意。

真ん中が冷凍してあったラム肉たっぷりのパセリと、生のたまねぎのみじん切り、クミンと唐辛子、塩コショウを加えて焼いた肉団子。

その右手はレンジで皮付きのままチンしたナスビで、前日以前に作ったモノの残りです。

それをマヨネーズとゴマダレ、すりゴマなどで和えてやりました。

これの反対側は、刺し身コンニャクと海藻のサラダとかいう市販品にわかめをプラスしたもの。

ポン酢をぶっかけて頂きました。

左上のシシトウは白だしをベースにトマトソースのキューブを1つ加えた煮物です。

その右は何日か前に作ったピーマンのじゃこ炒めです。


惣菜比率がめちゃくちゃ高いですが、けっこうご機嫌に飲み食い出来たんでヨシとしときました。








*朝の体重:57.75kg。(余裕無いけど今朝はうどんシバいたった。)

*今月の休肝日:9日(一昨日酒を抜いてリーチ。)
 
 
posted by えて吉 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

中華風の「鶏の旨煮」

しばらく普段の晩ご飯ネタがないんでここらで一本アップしておきましょう。

食べたのは6月の25日になりますが、朝ごはんがしっかりめやったんで昼抜きというか、昼夜兼用で早めのスタートになりました。

鶏モモ肉と厚揚げがあって、どう食べようか考えてたら久しぶりに中華風のうま煮が浮かんだんでそれをメインに。

残り物やら惣菜をちょろっと並べてしのぐことに。




鶏モモ肉は食べやすい大きさにカットして、塩コショウを揉み込んでから片栗粉をまぶしてやりました。

中華の煮物にしようと思った時点で、キクラゲを戻してやりました。

これは少し前に知り合いのSさんから色んな乾物を貰うた時に入ってた国産品。

安モンの中国産ばっかり使ってる身にはえらい贅沢品に感じます。

少し多めの油でまず鶏を焼いてから、白菜を投入。軽く炒めてから、厚揚げ、きくらげも加えたら、オイスターソース、濃口醤油を少し垂らしてから酒を注ぎました。

アルコールを飛ばしてから水を注いで創味シャンタンをてけとーにぶち込んで、味を調えたら少しだけ水溶き片栗粉を流してトロミを付けて完成。




中華風「鶏の旨煮」などで晩ご飯

*中華風鶏の旨煮など

・鶏と厚揚げの旨煮

・ウインナー

・赤かぶの漬け物

・切り干し大根の和え物

・ゴボウサラダ(惣菜)


切り干し大根の和え物は、パリパリに戻した切り干し大根に乾物シリーズの貰い物の「鮭節ごはんの素?」をプラス。

その素には鮭から作った節、かつお節、昆布などが入ってました。

それとなめ茸をちょっぴり加えて切り干し大根に混ぜたんですが、節の旨味、昆布となめ茸のぬるぬる、切り干しのパリパリ感があってなかなかええ小鉢になってました。

ソーセージは献立的に浮いてますが、開封したヤツが残ってたんで、フライパンで炒めただけで無理矢理献立に加えてやりました。





今日は朝からヒメを動物病院に連れて行ってきました。


ここ何日も食欲が落ちてて、手元にある試供品のカリカリを試して、ウェットタイプをやっても食べず。

暑さで弱ってるのかと一部屋だけクーラーを入れてそこで寝かしても食べず。

体重もだいぶ減って来て心配なんで連れて行ったんですが、血液検査の結果も含めて脱水症状だと。

幸い腎機能の数値はそんなに悪化してなかったんで、他の数値は点滴をしたら改善すると言われてホッとしました。

こっから週二回のペースで2週間ほど点滴をすることになりましたが、深刻でなくて良かったですわ。





ヒメの件はホッとしましたが、動物病院の駐車場に車を入れようとしてたら、後ろに走り込んできたバイクに接触して事故を起こしてしまいました。

幸い相手さんに怪我はなく、双方がお互いさまってことで納得したんで警察も呼ばずにその場で解決。

大ごとにはなりませんでしたが、安全にはかなり気を付けてるつもりが事故ってしまいちょっと凹みますわ。

気に入ってるゴルフのバンパーにも傷が付いてしまいちょっとツライとこです。








*朝の体重:57.90kg。(外でしっかり食べたら余裕ナシ。)

*今月の休肝日:5日(今日はビール飲みまくりのイベントに出かけますよ。)
 
 
posted by えて吉 at 13:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

夏の定番「豆腐丼(豆腐ぐちゃぐちゃ丼)」

小ネタですが夏の朝ごはんの定番ネタをご紹介しておきます。食べるようになって10年以上になりますが、夏場になると毎年やってると思いますねぇ。

”豆腐丼”っていうと、豆腐をちゃんと料理したようもんに聞こえるかもしれませんので”豆腐グチャグチャ丼”の方が実態に即してるかと。(^_^;)

作り方もなんもんなくて豆腐をてけとーに崩してご飯の上にぶっかけたってのが正直なトコですわ。

まぁ味付けをどうするかとか、トッピング、薬味をどうするかでいくらでもバリエーションは増やせるかとは思いますが。

今回豆腐丼をやろうと思ったきっかけは先週末の家宴会で用意した豆腐がだぶついたからなんです。

鱧すきに入れてもええかと思って、ちょっと高めの木綿と絹こしを買うたんですが、結局宴会では使わず。

それで余った豆腐を減らさんとあかんなぁと思ったんで朝ごはんに使うことにした次第です。







夏の定番「豆腐丼(豆腐ぐちゃぐちゃ丼)」

*夏の定番「豆腐丼(豆腐ぐちゃぐちゃ丼)」

今回はちょっとええ絹こしを使い、ボールの中でそれを潰して電子レンジでチンした熱々ご飯の上へ。

薬味に青ネギと刻み海苔を散らして生玉子の黄身だけを真ん中に乗せてやりました。

味付けは鎌田のだし醤油にたっぷりめのわさびを溶いたモノにしました。

普通の醤油でも、めんつゆでもええでしょうし、メインが味の無い豆腐だけに味付けは自由かと。

卵ももう早いこと使いたいと思ったんで黄身を乗せてみましたが、個人的には別になかくても良かったかな。(^_^;)

熱々のご飯と冷たい豆腐が混じって、食べやすい温度やしあんまり嚙まずにあっちゅう間にお腹に収まってしまいました。

夏場でも大して食欲が落ちないんですが、クソ暑い日の朝ごはんには単純に食べやすくてええもんですわ。









*朝の体重:57.65kg。(夜がえらく重かったからこれで済んでラッキー。)

*今月の休肝日:5日(昨日抜いて余裕あるから、今日明日は気分良く飲むぞ〜。)
 
 
posted by えて吉 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

IHコンロ対応の焼き網 竹原製缶の「マルチロースター」

今の家に引っ越してきていまだに慣れないのがIHコンロ。フライパンでもメーカーが違うとかなり温度の上がり方に差があって遅いやつだとかなりイライラ。

ほかにも困ったのが網焼きが出来ないことで、前はよくししとうをサッと炙って食べてたのがIHじゃ無理やと残念に思ってました。

ところが引っ越してしばらくしてどこかの調理器具売場を眺めてたら「IHコンロ対応」を謳う焼き網があったんです。

値段は忘れましたがそんなに高くなかったんでダメ元で試してみることに。





IH対応焼き網竹原製缶の「マルチロースター」

*IHコンロ対応の焼き網 竹原製缶の「マルチロースター」

この記事を書くに当たって、Amazonで調べると現時点では同じだと思えるヤツが1500円ちょいでした。

網の下の受け皿にはスリットが入って無くて鉄板一枚なんで、厳密には直火で焼く”炙り焼き”とは違うかもしれませんが・・・




ちゃんとIHコンロで「シシトウの網焼き」

*IHコンロでししとうの網焼き

炙り焼きではないかもしれませんが、網では焼いてるんで「網焼き」とは言うてもええんじゃないかと。

ししとうに焦げ目が付いたんでヨシとしました。

魚焼きグリルもあるんですが、毎回水を受け皿に張らんとあかんのでシシトウをくれくらい焼くだけに使うのは邪魔くさかったんですよねぇ。

この焼き網で魚を焼いたらどういう仕上がりになるかは分かりませんが、ししとうだけも網焼きに出来ると分かったのは嬉しかったですわ。




これをやったのは6月18日のことで、この日の夕食はこんな感じになりました。





ほとんど料理してない晩ご飯

*ほとんど料理してない晩ご飯

・イサキの霜降り造り

・おくら、なめたけ、長芋の3色ぬるぬる

・ししとうの網焼き

・温玉乗せぶっかけ冷や奴

・もずく


買うて来た刺し身を盛って、野菜をちょっと切って、シシトウを焼いただけってな手抜き具合です。

これの前にししとうを焼いて食べた時はオーブントースターで焼いたんですが、焦げ目は付かず。

それと較べたらやっぱりちょっと焦げ目がある方が美味しそうに見えるなぁなんて思ってしまいました。



今日は久しぶりに朝から天気がええんですが、昨日の昼ぐらいまでは朝に洗濯物を干したらどっかに出かけようかと思ってました。

ところが、昨日の夕方になると連絡ミスで聞いてなかった姪っ子のお守りがあったのが判明。

3時には家でスタンバイせんとあかんので出かけるのは断念したんですが、今朝になったら知り合いからパソコン関係のトラブルでSOSが入りました。

そっちは現場に行ってみたらワイヤレスのキーボードの電池が切れてただけやったんで電池を買うて来たら無事解決したんですけどね。

知り合いのとこに行ったついでに食料品を買うたり、居間にひく敷物を買うたり。

家に帰ったらさっそく敷物をひいてみるためにまずは家の中の掃除から。

普段使こうて無いデカイ座卓を移動させて宴会モードにしてみたり。

その後簡単なモノを昼ご飯に食べたらあっちゅう間に姪っ子の子守タイムに。

この記事を書いてる途中で姪っ子が小学校から帰ってきて、今は宿題をやっとりますわ。

そんなこんなで今日は朝から用事で終わりましたが、先週末くらいからダラダラしすぎやったんでやることがあって良かったかもです。





*朝の体重:57.85kg。(あんまり余裕無いなぁ。)

*今月の休肝日:2日(昨日は酒を抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

おにぎらず用に「鮭ご飯」

1本前の記事に書いたことと若干繋がりがあるんですが、今まであんまり自分で”かやくご飯”(炊き込みご飯)って作ったことがありませんでした。

というのも、酒が飲める時は基本的にご飯類は欲しませんし、飲まない時はご飯とおかずと分けて食べることがないからです。

そしてご飯の使い道と言えば今では丼物やチャーハンのように料理するのがほとんど。

カレーにしても白いご飯がいるんで、炊き込みご飯って作っても食べる機会がなかったんですよねぇ。


ただここ何年かおにぎらずを食べるようになってからは、おにぎらず専用としては”かやくごはん”のたぐいも便利やと思うようになったんです。


前回は鶏を濃口醤油で煮込んで、そのダシでご飯を炊いたんですが、その炊きご飯はしばらく前に食べ切ってました。

またチャンスがあったらなんぞかやくご飯を作ってもええなぁと思ってたトコにええタイミングで現れたのが今回使った鮭。





作ったのは先月の25日なんですが、この2〜3日前から無性に抹茶系のアイスが食べたいなぁと思ってたんです。





晩めし後はほとんど家から出ないんですが、この日は抹茶アイス欲しさにマンションの下にあるスーパーへ。

特に他のモノを買う気はなかったんですが、入り口からアイスのある場所へは主立った売場をチェックしながら向かってました。

するとえらく立派な鮭の荒がたっぷり詰まったパックを見つけたんです。

荒に見えんほど立派な切り身がたっぷりで298円やとかなりお得に感じたんで思わずカゴへ。


すでに台所はキレイに片付けたあとやったんですが、とっとと処理した方が鮮度もええやろうとまた台所に立つことに。

最初は手間を最小限にするために焼いてほぐしただけのシャケフレークにしようかと思ったんです。

でも今は手元に2瓶市販の鮭フレークがあるから、自作のヤツが大量に出来ても傷むまでに使い切れんかなぁと。

そこでちょうどかやくご飯系のもんが切れてたんで、鮭で炊き込みご飯を作ることに。






えらく形の良かった鮭の荒

*えらくカタの良かった鮭の荒

魚焼きグリルにギリギリ並ぶくらいの量でしたが、まずは焼いてやりました。

それを少し冷ましてから解していきました。
 *猫手なんでだいぶ待たんとあきませんでした。

白だしを適当に水で薄めて、ご飯4合分に合わせて水加減。

そこにほぐした身をたっぷりと乗せて炊き込みスタート。

 *全体の2割ほどは別に使い道があるかとほぐしただけで冷凍しました。




荒をほぐしておにぎらず用に「鮭ご飯」

*炊きあがったおにぎらず用の「鮭ご飯」


鮭の皮はご飯を炊くのとは別にそれだけをもう一度焼き網で香ばしく焼いてから細かく刻みました。

ショウガの千切りと刻んだ皮を炊きあがった鮭ご飯に加えて全体をよく混ぜてやりました。


170705onigirazu.jpg

*おにぎらず用に小分けした「鮭の炊き込みご飯」

いつもご飯の冷凍に使うタッパを使ってだいたい全体の量を揃えて個別にラップ。

ちなみに鮭ご飯の味付けは、食事として他のおかずと食べる訳では無いので、少し塩気をキツメにしています。

おにぎりって、特に握りたてで塩気が効いたんが好きなんですよねぇ。

そのせいもあって、おにぎらず単体で食べるんやったらちょっと塩キツメの味付けがええかと思ったんです。

鮭の身ぃからの塩気も出るかと思ったんで、どの程度狙い通りになるかは感でしたがだいたい狙い通りに仕上がってましたわ。



朝ごはんは体重に余裕さえあればうどんが食べたいんで、おにぎらずは体重に余裕が無いとき用なんです。

なので毎日食べる訳では無いので、これだけあったらしばらくもつと思いますわ。

晩ご飯の後に、シャケを焼いて、ご飯を炊いて、その後、グリル、焼き網、炊飯器まで洗って片付けるのはけっこう手間でしたが安い荒が有効活用出来たんでヨシとしておきました。









*朝の体重:57.80kg弱。(一応3食食べて増えてないからヨシとしよ。)

*今月の休肝日:1日。(今日はどうするかなぁ・・・。)
 
 
posted by えて吉 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

珍しく汁気なし「厚揚げ豚キムチ丼」

家で昼ご飯食べる時に白米を食べるとしてもそれを単体で食べるってことがまずないんです。

焼き飯みたいにご飯自体を料理するか、上になんぞ具を乗っける丼物って食べ方ばかり。

今までに何度も書いてますが、白米とオカズを分けると、必ずおかずが余るし、抑えた量の白米やともっと欲しくなるんです。

でも丼モノやったらおかずとご飯が混じるからおかずが余りすぎるってこともなく作った量だけで我慢しやすいんです。

で、そんな丼でも基本的にはツユダクやら汁気の多いあんかけ系が多いんですよねぇ。


そんな私が珍しく汁気のない丼物を作ったんで上げておきます。





食べたのは6月の17日になります。




ちなみに私がキムチを使ってキムチチャーハンなんかを作る時ってだいたいは賞味期限を越えてるか、ギリギリやと思って下さい。


でこの日の昼ご飯も”そういう事情”で決まりました。(^_^;)

キムチも早いこと減らさんとあかんし、絹ごし豆腐を使った厚揚げも余ってました。

厚揚げは最初中華っぽい旨煮にしてご飯に乗せようかと思ってたんですが、どうせなら豚キムチにぶちこんだ両方減らすことに。


厚揚げを食べやすい大きさにカットして、フライパンへ。

軽く塩こしょうをしてして表裏を焼いて行きました。ある程度厚揚げがぬくもったところで空いてトコに豚を投入。


ある程度豚に火が通ったらキムチを加えて、ニョクマム少々を回し掛けました。

後は溶き卵を回し掛けて、斜め切りの青ネギをぶち込んだら出来上がり。





厚揚げ豚キムチ丼

*厚揚げ豚キムチ丼


今回の料理では使った厚揚げがポイントでしたわ。

絹ごし豆腐やったんで、皮も柔らかく箸でも簡単に切れました、そのおかげで汁気はないけどご飯と具が混ざりやすかったですわ。

キムチはスーパーのヤツで全然辛くなかったんで、写真の用にたっぷり一味をプラスして頂きました。






ここ3日ほどほとんど家に籠もりきりで、本ばっかり読んでました。

昨日の朝の時点でさえもう買い物行かんと食べるモンがないって思ってたんですが、夜も結局家にあるものでしのぎました。

ただ、冷凍のご飯も無く、ご飯を炊こうにも米がないほど。

ヒメのご飯を動物病院に買いに行くって用事もあったんで、今日は9時から行動開始。

動物病院とスーパーに行って買い出し。そして帰ってすぐご飯を炊いたり、晩ご飯のアテを仕込んだりと料理を。

スカスカやった冷蔵庫もある程度モノが入りました。

今日は久しぶりに家で普通のモンが食べられそうですわ。











*朝の体重:57.95kg。(夜がえらい体重やったからこれでもホッとした。)

*今月の休肝日:1日(昨日は酒を抜きました。)
 

 
posted by えて吉 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

季節外れ?「マカロニグラタン」

先月の29日に作った季節外れのマカロニグラタンをサクッとアップしておきます。

ここしばらく値段が高かったり、ちょっと飽きてたりでブロッコリーを買うことがなかったんですがこの何日か前に久しぶり買うたんです。

別の物に買うたエビと鶏も残ってて、自然に浮かんだんがグラタンやったんですよねぇ。

最初は焼き飯にしてドリア(ライスグラタン?)にしようかと思ったんですが、炭水化物が多いかなぁと思ってマカロニに変更。

マカロニは乾燥してる状態で50gだけにして、他の具材を多くして嵩増しをすることに。

タマネギ半個分をスライス、野菜室にあったしめじも加えることに。


フライパンでタマネギを炒めて、ブロッコリー、シメジを加えてワインを少々。

アルコールを飛ばしてから水と牛乳を100mlずつ加えたところで下味を付けた鶏むね肉とエビを投入。

そこに粉末のホワイトソースの素を加えてしばらくかき混ぜたらトロミがついて調理は完了。

それを耐熱皿に盛って、チーズを散らしてオーブントースターでしばらく焼いたら出来上がり。





季節外れに「マカロニグラタン」

*暑い時期にマカロニグラタン

グラタンって、冬の食べ物ってイメージがあるんで季節外れに感じたんですがどうなんでしょうねぇ?

マカロニは少なめやけど具材がたっぷりやったからそれなりにボリュームがありましたわ。

タバスコをぶっかけながら食べたんですが、熱さと辛さでえらく汗をかきましたわ。

暑い思いはしましたが、ホワイトソース好きなんで大変おいしく頂きました。




*朝の体重:57.80kg弱。(思ったより重かったなぁ。)

*今月の休肝日:0日(今日は休肝日にせなしゃあないなぁ。)
 
 
posted by えて吉 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

赤かぶの漬け物で「混ぜご飯」

夏場によくやる混ぜご飯を手元にあった赤カブの漬け物でやってみたので簡単にご紹介しておきます。


食べたのは今月の15日なんですがこの日は朝の体重が58.50kgとかなりの目標オーバー。

ほんまやったら朝メシ抜きにでもして強引に体重を戻そうとするんですが、あいにくこの日は朝起きた時から腹ペコ。

とてもやないけど朝メシは抜けんので、食べるなら出来るだけご飯を嵩増しすることに。

そこでキューリも冷蔵庫にあったんで定番のまぜご飯にしょうと思ったんです。

赤蕪の漬け物はしばらく前から買い置きしてたのをお客さんのために開封したんで、それを早めに食べるためにも漬かってやることに。








ちなみに元ネタになる”定番の混ぜご飯”っていうのはこんな感じです。








夏の定番混ぜご飯

*夏の定番混ぜご飯


具としてはじゃこ、大葉、キューリ、梅干し(or梅肉)、ごまを入れてます。

かおりづけ程度に醤油を垂らして混ぜたら出来上がり。



これの梅の代わりに赤かぶの漬け物を細かめに刻んで加えてみたのがこちらです。





赤カブの漬け物で混ぜご飯

*赤カブの漬け物で混ぜご飯

この日はデブってたから冷凍ご飯の出来るだけ小さいヤツを解凍。

ご飯は控えた分、キューリをかなりたっぷりめ、蕪の漬け物もそれなりの量を使ったんでかなり分量的には増えてました。

出来るだけゆっくりと噛みしめながら食べました。

普段なら手元に常備してる梅干しか、それさえも面倒やったらチューブの梅肉でええんですが、開封済みの赤カブに活躍の場を与えてやりました。

わざわざかぶらを買うてまで作らんでもええとは思いますが、余ってる時はちょっとやってもええなぁと思いました。








今朝は9時半頃電話が入って、いきなり実家のオカンから奈良の美術家へ連れてくれと。

夜には出かける予定がありましたが、早めに出るならってことで大急ぎで用意して10時に出発。

奈良には11時過ぎに着いて、私はそのまま小一時間ほど駐車場の車内で待機。

家には1時過ぎに帰り着きました。

ロスが少なかったんはええんですが、なんでいきなり当日の朝に言うてくるんですかねぇ。(>_<)







*今朝の体重:57.60kg。(もうちょっと軽いかと思うたんやけどなぁ・・・。)

*今月の休肝日:10日(昨日酒抜いて月10日の目標を久々に達成。)
 
 
posted by えて吉 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

久しぶりに鶏とピータンの中華粥

今朝の朝ごはんは久しぶりに中華粥を作って食べたんでサクッとアップしておきます。

暑くなったらもうちょっと体重管理が楽になるかと思ったんですが、相変わらず苦労しております。

昨日は無理矢理ほとんど1食にして、夜に腹減った時は飲みながらごく少しお菓子をを摘まんでしのぎました。

晩ご飯を食べ終わった後に、しばらく前から中華粥が食べたかったんで冷凍してある手羽元で鶏スープを取ることに。

中サイズの保温鍋の水にたっぷりめのお酒と白ネギの青いトコ、つぶしたニンニク、細かく切り目を入れたショウガの塊1つ。

そこに手羽元4本を凍ったまま投入して2〜30分ぐつぐつやって保温鍋へ。

そのまま一晩ほっとくことも考えたんですが、暑い時期なんで万が一傷んだら嫌で3時間ほど保温したらたっぷりの水に浸けて冷ましてから冷蔵庫へ。

朝になって半合弱の米を研いだら小さい方の保温鍋に入れて取ってあったスープと水を少し加えて加熱。

沸騰するまで底に焦げ付かないように何回かかき混ぜて10分ほど沸騰のまま加熱したら保温鍋へ。

2時間半ほど保温したところで様子をみたらえらく水気が少なくなってたんで、てけとーに水を足してもう少し炊いてやりました。


食べる直前に鶏むね肉をそぎ切りにして塩を揉み込んでから粥の中へ。保温くらいの温度でゆっくり火を通してやりました。




久しぶりにピータンと鶏の中華粥

*久しぶりにピータンと鶏の中華粥

刻んで冷凍してあった香菜(シャンツァイ)をぶち込んだんで見た目がイマイチですねぇ。

昨日、神戸物産の業務スーパーで買うたばっかりのピータンをさっそく開封。

ここ最近は中華系の食料品店「上海新天地」で買うた軟芯(軟心?)の皮蛋を食べてたんですが、それと較べてもかなり柔らかめでした。

業務スーパーのは功夫(クンフー)とかいうブランド?なんですが、前にも買うたことあるんですがごく普通の硬芯(硬心?)やったと思うんですよねぇ。

食べてみたら黄身の中心部分はまだ漬かりきってない感じで生の黄身に近いイメージやったんですよねぇ。

塩気も薄くて、味もあっさり目。出来のバラツキのうちえらく浅いヤツが当たったんですかねぇ。

味見してヤバイ感じではなかったんで全部食べましたけどね。

半合ほどの米でもこの小丼にたっぷり2杯強あって、体が温まるから汗かくし、お腹もけっこう膨らみましたわ。





*朝の体重:57.45kg(久しぶりに理想値近い。)

*今月の休肝日:9日(今日は酒を抜いて目標クリアするぞ。)
 
 
posted by えて吉 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

刺激されて「ソース焼きそば」

今月の上旬に一緒に飲み食いしてた東京の知り合いSさんと粉モンやソース味の食べ物の話になったんですが、焼きそばは何年も食べたことが無いと聞いてビックリ。

うちで宴会をする時はなんでも食べるけど自分一人の時は炭水化物もほとんどとらず野菜中心な人なんで、そういう濃ゆいモンを選ぶこともないんでしょうかねぇ。

大阪人の私にしたらソースモンは定期的に食べたくなりますし、焼きそばはお好み焼きとちごうて家でもちゃちゃっと出来るからけっこう当たり前の食べモンなんですよねぇ。
 *お好み焼きは鉄板からコテで直接食べたいので店で食べることにしてます。

5〜6年は焼きそばを食べてないって聞いたのが刺激になって、13日は無性にソース焼きそばが食べたくなったんで自作。


焼きそば用の袋麺をいつもなら38円のヤツにするところ、久しぶりだからと別の78円のヤツにしてみました。

具材はキャベツ、もやし、豚バラ肉とごくシンプルに。


具材を炒めて、電子レンジで軽く温めた麺を投入して軽く炒めたらまずはウースターソースを投入。

その後お好み焼きのソースをてけとーにぶち込んだら出来上がり。


刺激を受けて「ソース焼きそば」

*刺激を受けて「ソース焼きそば」

更に盛ったら、かつお節と青のりを散らして、さらに青ネギもプラス。

そして、焼きそばには欠かせない紅ショウガを添えてやりました。

食べてみたらちょっとソースの濃ゆさが足らんかったので、さらに上からソースを垂らしてやりました。




焼きそばを食べへんって人から刺激を受けるってのも変な話かもしれませんが、急なソース欲がこれで満たされましたわ。




昨日はブログの記事をアップしてからも本を読み、休肝日やったんで晩めしも手抜き。

ちょっとニュースを見たけどそれも早々に切り上げて寝るまでまた読書。

さすがに寝る前には目が疲れてましたが、ここまでたっぷり読んだんは久しぶりでしたわ。










*朝の体重:57.80kg。(とりあえず目標クリアしたからヨシとしとく。)

*今月の休肝日:9日(昨日酒を抜いてリーチ。)

  
posted by えて吉 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

なんちゃってなメンマがあるうちに「台湾まぜそば」

今日はサクッと小ネタで更新させていただきます。

前回「台湾まぜそば」を食べた時は肉ダレの汁気が多めで味も薄くなってちょっと自分のイメージと違ってました。

あと、具としてはメンマがあった方がええなぁって感じたんですが、その後実家の親父が淡竹でなんちゃってメンマを作ってくれたんでそれがあるうちにもう一度まぜ麺をやってみることに。

主に炒め物用に冷凍してある豚バラ肉2枚を半解凍で刻んで、醤油、沙茶醤、オイスターソース、ニョクマム(魚醤)、なんぞを適当にぶち込んだタレで味付け。

前回に懲りて汁気はやや少なめで濃いめの味に仕上げて、しっかり麺と絡めることに。

他の具材は、メンマ、茹でモヤシ、紅ショウガ、生の刻みニラ、白ネギのみじん切りに卵黄としました。

麺は前回のと同じ時にヌードルメーカーで作った平打ちのラーメンです。



なんちゃってメンマがあるうちに「台湾まぜそば」

*なんちゃってメンマがあるうちに「台湾まぜそば」

今回は狙い通りって思ったのに、生玉子の黄身と白身を分けるところで失敗。

イメージではぷっくりした黄身を添えるつもりがでろぉ〜んと潰れてしまいました。(^_^;)

まあ食べる時には全体をぐっちゃぐっちゃにするから写真の見た目以外に実害はないんですが・・・。

前回しゃばしゃばっぽかった肉だれ?もええ感じの濃さになってましたわ。

黄身が崩れた以外はかなり狙い通りやったんで満足のいくまぜそばになってました。





普段読書は晩飯の後だけに自主規制してるんですが、今日は朝にちょっとした時間つぶしで手に取ってしまいました。

朝の体重が目標オーバー確実やったこともあって、朝メシを抜くためにそのまま気を紛らわせてたらだらだら読み続けることに。

昼過ぎにごはんを食べても止められず、今日は開き直って読書デーにしてしまいました。

晩ご飯も休刊日で適当に冷凍庫のモンを食べることにしたんで今日はこのままだらだらさせてもらいますわ。




*昼の体重:58.30kg。(2食にしたけど全く変わらず。)

*今月の休肝日:8日(今日は酒を抜きます。)


posted by えて吉 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする