2018年01月12日

久しぶりの「醤油焼きうどん」に大満足

今日のお昼はものすごく久しぶりに醤油味の焼きうどんを作ったのでサクッと上げておきます。

朝の体重が目標オーバーやったんで、起きた時から腹は減ってたけどやむをえず朝ごはんを抜くことに。

昼前に空きっ腹のまま買い物があったので車で外へ。

中環沿いのスーパー「マルナカ」に寄ってから本命のジンを買いに若江岩田の「ヤマヤ」へ。

帰ってきたら1時前になってて、もう腹の減りも限界やったんでそく料理にかかりました。

去年買うた生讃岐うどんが賞味期限を越えてるのにまだ消費し切れてなかったので、それを使って焼きうどんを作ることに。

朝は普通にかけのうどんが食べたいなぁって思ってたんですが、車で走ってたら急に焼きうどんが食べたいって気になったんですよねぇ。

豚しゃぶ用の肉が何枚か生のまま冷蔵庫にあったんで、少し多めでしたが全部刻んでやりました。

冷蔵庫におったキャベツも残すには少なかったんで、全部刻んだらかなりたっぷりめ。

出かけた時に買うて来たもやしを2/3袋ほど。

まず生うどんを湯がいて、茹で上がりの2分ほど前に炒めをスタート。

豚から炒めて、キャベツを炒め出したところで、うどんが出来たのでざるに空けてお湯だけ切ったら水で締めずにそのままフライパンへ。

下味に塩コショウをしてから、ほんだしをたっぷりめに加えてもやしをぶち込んだらしばらく炒めてやりました。

最後に醤油をてけとーに回しかけたら出来上がり。

横に添えようとした紅ショウガも残り少なかったので全部乗っけてやりました。



もの凄く久しぶりの「醤油焼きうどん」

*ものすごく久しぶりの「醤油焼きうどん」


いつぶりかは分かりませんが、かなり長いこと作ってなかったんじゃないでしょうかねぇ。

香ばしいだしと醤油の味がえらく新鮮でめっちゃ美味く感じましたわ。(腹も減りまくってましたしね。)

キャベツが多すぎて全然うどんが見えませんが、讃岐うどんでやったんで麺自体もなかなか美味かったですわ。

新鮮味を感じながら食べられたんで食後は非常に満足度が高かったですねぇ。(^^)




これで手元のキャベツを食べきったんですが、次の補充は悩ましいですねぇ。

この冬の出だしくらいから野菜の値段がムチャに高いですが、なかなか値段が下がってくれないですねぇ。

今日行ったスーパーでも目に付くモノがほとんど全て高くて参りましたわ。

休肝日は鍋の確率が高いんですが、白菜も高いんでツライところです。

ちなみに白菜もあとちょっとやし、青ネギももう僅か。はぁー次の買い出しではかなり悩むことになりそうですわ。

なんとかもうちょっと野菜の値段が落ち着いて欲しいものです。











*朝の体重:58.25kg。(控えたつもりやのに昨日と変わらず。)

*今月の休肝日:3日(今日酒抜いて月10日ペースに戻すぞ。)
 
 
posted by えて吉 at 16:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

日本食研「コク深キムチ鍋の素」は美味かった!!

辛いモノは大好きやしキムチも好きなんですが、いわゆる「キムチ鍋の素」ってのは今まであんまり買うてないと思います。


昔食べた某メーカーの瓶入りのヤツがイマイチに感じたせいかもしれませんし、適当にスープを作ってキムチをぶち込めばええやって思ってるせいかも。

韓国風の味付けではコチュジャンをたっぷり使ったような甘みの強いのはあんまり好みじゃ無く、何年か前に出会ったスンドゥブの素はえらく気に入りました。

最初に使ってみたメーカーのだけでは無く、最近はいくつかのブランドにも手を出したり。

そんな私ですが去年の12月に東部市場の裏側ににある業務用系の食品屋「エンド商事」に行った時に今回の鍋の素を見かけた時はちょっと惹かれたので買うてみました。

業務系の食品スーパーだと一般スーパーで見かけない鍋の素が色々あってよく惹かれるんですが、たいていは濃縮率が高い上に1リッター以上の業務サイズ。

当たりやったらええんですが、今までにあんまり大したことないのにも出会ってるんで、けっこう買うのには勇気がいるんですよねぇ。






日本食研「コク深キムチ鍋の素」

*日本食研「コク深キムチ鍋の素」 298円

これはプロ用の店にしては珍しく1回使い切りの一般人向けでした。

値段は特に安い分けでも無いけど、7種の旨味として「豚、いわし、牛、えび、あさり、かに、かき」と書かれてました。

ちょっと美味しそうと思ったんですが、さらに決定的だったのは希釈に「水800ml」と書かれてたこと。

別のトコには「スープがたっぷり1000g」とも。

ペースト状の素が200gに水を800g足すってことですわね。

他の鍋ネタで何度も書いてますが、私は1人鍋でもスープはたーっぷり欲しいんですよねぇ。

なのでスーパーによく置いてるレトルトパックに入ったストレートタイプとかだと、1袋じゃ足らん感じがするんです。

ああいうのってだいたい量としては5−600gでしたっけねぇ。

旨そうやし、スープがたっぷり出来ると分かったんで買うて見る気になったんです。


食べたのは12月14日なります。


キムチ鍋 1回目

*キムチ鍋 1回目

具は白菜、白ネギ、もやし、豚なんかを入れたかと。

作り方にはニラもありましたし、私も入れたかったんですがこの時期も一束200円か250円くらいしたんで買えませんでした。(^_^;)

この時に手元にあった白ネギは青いとこまで柔らかそうなタイプやったんで、白いトコは鍋でしっかり煮込み、青いトコはさっと炊いて食べました。

まぁ具材はけっこうショボイですが、スープはなかなか美味かったですわ。

甘みがキツ過ぎてくどいことも無く、たしかに色んな素材が入ってるんやろうなぁって気になるコクがありました。






今までエンド商事以外で見かけたこと無かったんですが、また買うてもええなぁと思いましたわ。



その後年末になって近所のローカルなスーパーに並んでたんでもう1つ買うておきました。





キムチ鍋 2回目

*キムチ鍋 2回目

2回目と言うても、後日買うたヤツでってわけではなく、前日にやったスープの残りでもう一回です。(^^)

前日は具がショボかったですが、この日はもう少し増やしました。

白菜、えのき、マイタケ、豆腐、糸こん、豚など。

キムチ鍋とはいいながらスープの素には具は入ってなかったので、この日は手元にあった安いキムチもプラス。







2回目の鍋を食べたのが15日で、1日おいた17日は鍋をやると切りがないのでラーメンで食べ切ることに。







最後はお約束のラーメンで食べ切り

*最後はお約束のラーメンで食べ切り

麺を茹でるお湯で先にもやしを湯がいて、残ってた具と共に盛ってやりました。


スープの量が多くて味が美味かったので今回の鍋の素は大満足でしたね。

もう一つ買うてあるんでまた近いうちに楽しませて貰おうと思っております。



*Amazonでも売ってますが今現在で4つ1637円なんでちょっと割高ですなぁ。





*昼過ぎの体重:58.25kg。(そんなに食べてないから納得行かん。)

*今月の休肝日:3日(昨日は酒を抜きました。)

posted by えて吉 at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

今年一杯目の「家うどん」

(手違いで記事が反映されてなかったので翌日にアップし直しています。)
今年最初のうどんは2日に親と出かけた初詣の帰りに食べた駅の立ち食い系うどんでした。

正月三が日は家でうどんを食べようとは思わなかったんですが、その後もデブってしまってたんでなかなか食べられず。

結局6日になってやっと体重に少し余裕が出来たんで今年一杯目の家うどんを食べました。



今年一杯目の「家うどん」

*今年一杯目の「家うどん」

冷凍庫にはスーパーの天ぷらを凍らせたモノもあったんですが、最初なんで一番定番というかいつものうどんがええかとこれにしました。

白だしベースいいりこだしの素をちょっと加えて味を調えたダシに天かすとおぼろ昆布とネギというのがいつもの食べ方ですわ。

うどんは年末の忘年会に使おうかとしばらく前に買うてあった生讃岐うどんです。

忘年会では寄せ鍋をやったんですが、生うどんを湯がいて使うと量の調整がしにくいと思い結局使わず。

代わりに冷凍うどんを買うて、それを1つずつ凍ったまま鍋に放り込みました。

それでうどんが余ってしまったんで、この日はそれを使ったしだいです。

いつもなら1袋240g入りの2人前のこのうどんを2袋を3回で食べるんですが、体重にあんまり余裕が無いんで本来の一人前にあたる120gだけ食べました。

いつも180gくらい食べてたんで、やっぱりちょっと食べ応えが少なくてさみしかったですわ。





今日は午前中に2週間ぶりくらいでヒメを動物病院へ。

だいぶ点滴の間隔が開いてましたが、体重は前回よりわずかに増えててほっとしました。

夏場に一番体重が減った時より1kgほど戻ったことになり、嬉しかったですわ。

帰ったら大急ぎでおにぎらずだけ食べたら昨日に続いて姪っ子2号の子守へ。

昨日は1時頃までやったんですが、今日は2時過ぎになり腹が減りすぎて難儀しましたわ。

その後下のスーパーで買い物をして家へ帰ったらもう3時。なんかあっちゅう間に一日が終わりましたねぇ。






*朝の体重:正確な計測無し(57.8kgは切ってたかと。)

*今月の休肝日:2日(今日は酒抜きますよ。)


 
posted by えて吉 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

だしがらでスープ?「醤大骨」

新しい年になって、去年のネタというとえらく古く感じてしまうんですが残しておきたいモノを上げさせて貰います。

12月1日に愛用してる具入りの辣油「老干媽 香辣脆油辣椒」が残り少なくなったんで日本橋の上海新天地まで買いに行くことに。

近所の業務スーパーでも老干媽(ローカンマ)ブランドのヤツは売ってるんですが、ラベルのデザインが違ってたんでもし神戸物産が自分ら用に安物を仕入れてたら嫌やったんでそっちはパスしたんです。

電車に乗って地下鉄の日本橋駅まで行ったんですが、改札出てすぐにある「七津屋」に吸い込まれてしまいました。

サクッとビールで喉の渇きだけ癒やしたら上海新天地へ。

手前の中国物産店も覗いたんですが目的のラー油はなかったので、結局新天地まで。




老干媽 香辣脆油辣椒

*新旧の「老干媽 香辣脆油辣椒」

左が残り少なくなった今使ってる香辣脆なんですが、なんども上海新天地で買うてましたが今回行ったら右のしか置いてませんでした。

左のラベルのヤツが業務スーパーで右のを見つけた時に上海新天地にはあったんで別だと思ってましたが、どうもラベルが変わっただけのようでした。

右のなら近所の業務スーパーで買えたんで時間と電車賃を無駄にしてしまいました。(^_^;)




上海新天地が出来たばかりの頃は食料品フロアーもかなりのボリュームで充実してたんですが、最近はほんと寂しくなりました。

あんまり無駄遣いしないようにと思ってたんですが、現場で作ってる惣菜っぽいコーナーで気になるモノを発見してしまいました。

それが今回のネタのメインである「醤大骨」です。



上海新天地の「醤大骨」

*ラベルには「新天地醤大骨」と書かれてました

スペアリブとしたらえらい量やなぁと思ったんですが、お値段はなんと280円というお安さ。



新天地で買い物をしたら新世界まで歩いて半田屋でけっこうしっかり飲み食い。



晩ごはんは控えめにしたんですが、その時さっそく買うた「醤大骨」を味見することに。




控えめの晩ごはんに「醤大骨」

*控えめの晩ごはんに「醤大骨」

・加賀白山あげ

・カリフラワー

・醤大骨

・辛子味噌と辛子ペースト

醤大骨は軽くチンしてみました。

一欠片目はほとんど食べるとこがありませんでした。


180108honetsukiniku2.jpg

*二つ目の醤大骨もほとんど食べるとこなし

こいつはかなり肉が付いてるように見えたんですが実際は骨ばかりでこれも食べるとこがなかったですわ。

280円の骨にあんまり期待したらあかんわなぁと思いましたが、骨から外れない肉(スジ?)もけっこうあったんでとりあえずコイツを煮込んでスープを取ることに。


この記事を書くにあたって「醤大骨」のことをネットで調べたんですが、中国東北部の名物料理のようですねぇ。

ただどうもスープを取った後の豚の背骨を醤油味で煮込んだ料理のようで、これでスープを取るってことはだしがらでスープを取るようなもんやったんですねぇ。




その時は知らなかったのでけっこうな時間煮込んでから保温鍋にセットしてやりました。





途中で加熱し直したりして翌日の夕方にはベースのスープが取れたってことにしました。



煮込みまくった末の醤大骨

*煮込みまくった末の「醤大骨」

煮込みまくってみると、意外と1つずつの骨は小さかったんですねぇ。

骨を取り出すとスープには肉のかけらというか、肉のだしがら?がおったんでそれは別にすくいとりました。

スープはまた使うとしてまずクズ肉の方から使うことに。

小鍋に肉のカケラどもを入れてスープの一部を少々に、日本酒やらみりん、香辛料をぶち込んでコトコト。

翌日の晩ごはんの一品にしてやりました。




180108dinner2.jpg

*すくい取った肉のカケラで中華風肉豆腐


・鶏の塩焼きおろしポン酢

・わさび菜サラダ

・わさび菜のおひたし

・中華風肉豆腐


元のスープがどれだけ生かされてるかは分かりませんが、それでも豆腐だけ炊くよりだいぶ美味いようには感じましたよ。



だしがらから取ったスープで鍋

*だしがらから取ったスープで鍋

スープ本体はとりあえず鍋のベースにしてやりました。

生の豚骨からスープなんか取ったこと無いんで分かりませんが、今回のだしがらからでも一応スープになってた気がしました。

その時は出し殻ってしらんから、「あっさり目やけどこんなもんか」って思ってました。

鍋の具はぎゃべつ、白ネギ、もやし、薄揚げに手元にあったワンタンなど。小鉢のキンピラゴボウはスーパーの惣菜です。






5日の昼ご飯はクズ肉の方の煮汁を再利用。






中華風豆腐丼

*中国風豆腐丼

肉はもうほとんど無いんですけどね。(^_^;)

豆腐をまたコトコトと煮込んでからご飯の上に乗っけてやりました。

ちょうど温泉玉子があったんでそれを添えたら昼ご飯したら十分でしたわ。


この日は夕方に平野区にある「入舟温泉」っていう銭湯に出かけました。

その帰りに王将で持ち帰りをして家で晩ごはん。


王将の持ち帰りと中華風肉豆腐など

*王将の持ち帰りと中華風肉豆腐など

・レバニラ炒め(王将)

・えび天(王将)

・中華風豆腐煮込み

・もやしとわさび菜

・小松菜の煮物

・鶏と長芋の梅照り焼き

最後の梅照り焼きは、前日の残り物なんですが、醤油とみりんの照り焼き味に練り梅を混ぜたモノで炒めてみました。






6日は残ってたスープに残り少なくなった豆腐の煮汁をぶち込みました。






醤大骨のスープでもう一度鍋

*醤大骨のスープでもう一度鍋


鍋をやる時はたっぷりのスープが欲しいから必ず余るんですよねぇ。

その残りで鍋をやるとまたたっぷりまで増量するから、鍋をやる限り無限ループにはまる気がします。(^_^;)




7日は鍋の残りスープを使い切ることに。




最後はラーメンでやっと食べ切り

*最後はラーメンでやっと食べ切り


これ以上鍋ループにならんようにラーメンで食べ切りました。

元のスープがどれだけ効いたかは分かりませんが、手元の調味料だけでは出来ん味になってたんで最後のラーメンも満足出来ましたわ。



1週間にわたって醤大骨を元にして色々食べたんで、最初は食べるトコ無いと思ったけどこれで280円ならよう楽しめましたわ。

ネットを調べたら本場系の中華料理屋ではこの醤大骨を出してるトコがあるようですねぇ。

手づかみで豪快に食べる記事を読んでたらけっこう旨そうなんでいつかそういう店で出来たて?を食べてみたいモンですわ。





*朝の体重:58.35kg。(昨日より減ったけどまだ目標オーバー。)

*今月の休肝日:1日(今日は酒を抜きますよ。)

posted by えて吉 at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

お重に詰めたから「1人用お節料理」?

3日は朝から箱根駅伝を見てたら朝ごはんを食べるタイミングを逃して昼を過ぎてしまいました。

三が日は朝酒オッケーにしてたんですが、意図せず朝酒は流れてしまいました。

駅伝の優勝が決まったあたりで台所に立ってアテを用意。

せっかくなんで正月気分を楽しむためにお重に詰めることに。




お重に詰めたからお節料理?

*お重に詰めたから1人お節料理?

これをお節料理と呼んでええかは怪しいとこですが、実家で買うたお節が洋風と中華しか入ってなかったんでこれでもアリですかねぇ。

詰めたのは

・鶏のトマト煮

・551のエビシュウマイ

・大阪ハラールレストランのレバーのカレー?

・オクラの生ハム巻き

・うずら玉子の味玉

・鴨ロース(惣菜)

・肩ロースの焼豚(煮豚)

・カニカマもマヨネーズ和え

・プチトマトのクリームチーズ詰め

正月用に溜め込んでたアテを切ったりした程度で火を使ったのも鶏のトマト煮を温め直した程度です。

鶏のトマト煮は前日の2日知り合いのNさんが急に飲みに来た時にちゃちゃっと作ったモノ。

レバーのカレーはその時にNさんが持ってきてくれたモノの残りです。

肩ロースはなんとなく大晦日に仕込んだもの。



酒のツマミを詰めただけですが、小さなお重にみっちり詰まってるとなんとなく嬉しかったですわ。







*朝の体重:58.10kg。(まだちょっとオーバーしてるなぁ。)

*今月の休肝日:0日(さすがに今日は酒抜かんとあかんよなぁ・・・。)
posted by えて吉 at 15:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

運転手の後お昼は「餃子の王将」へ

今日は今年初っぱなの運転手で実家のオカンを連れて神戸市立博物館へ「ボストン美術館の至宝展」を見に行ってきました。

行きは高速でサクッと移動して10時頃から1時間ほど掛けて展示物を見て、帰りは国道2号線でのんびりと帰りました。

八尾まで帰ってから昼ご飯は近所の王将へ。

12時半過ぎでメチャな混み方やったらやめるつもりでしたが、私らが入った直前に空きが出来てて待つことなく座れましたわ。

その後もお客さんは途切れてなかったんでラッキーでした。



昼ご飯は餃子の王将で中華

*昼ご飯は餃子の王将にて

・餃子

・揚げそば

・野菜炒めとピリ辛の鶏の炒め物

揚げそばは思ったよりボリュームがあってちょっと驚きました。

こいつのは味付けは適度でしたが野菜炒めは薄すぎでした。

ピリ辛炒め物は味加減もちょうどよく初めて頼みましたが当たりでしたわ。

ただ、オカンと2人で食べるには多すぎたんで、鶏と野菜炒めの一部は容れ物をもうて持って帰りました。


支払いは2400円ほどでしたが、運転手代ってことで奢って貰ってしまいました。(^_^;)








*朝の体重:58.55kg。(正月太りか・・・。)

*今月の休肝日:0日(明日は休肝日にします。)



posted by えて吉 at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

それぞれの家の餃子を食べ較べ

今年最後のネタは11月初旬の知り合いとの飲み食いネタの最終回です。

知り合いのSさんが11月1日(水)から5日(日)まで大阪に遊びに来てくれた時の飲み食いの終盤です。

前からそれぞれの家で馴染んだ餃子の作り方の違いを話してて、いっぺん餃子ぱーちーをやって、それぞれの餃子を食べ較べようって言うてたんです。

それまでうちで宴会すると残り物があったりでギョーザを作る機会が無く延び延びになってたんですが、4日は絶対に作るぞって朝から決めてました。

午前中に奈良の家に行って庭の柚子やらレモンを取って、帰り道には餃子の用意を買い込みました。

このころも葉物野菜がものすごく高くて、ニラが一束200円もしたのが痛かったですわ。

他の材料は揃えてたし、ニラ無しの餃子はお互いにありえんってことで、泣く泣く3束も購入しました。

家に帰ったら昼過ぎから作業を開始して、それぞれのやり方で餃子のタネを用意。




4時頃に出来上がったのがこんな餃子の中身です。





それぞれのスタイルのギョウザのアン

*それぞれのスタイルの餃子

左が私のやり方で作ったギョウザのアンです。

豚の挽肉に、白菜、キャベツ、白ネギ、ニラを加えて、創味シャンタンに醤油、オイスターソース、コショウなどを加えてチンしたものを加えてます。

白菜とキャベツは刻んでから塩を揉み込んで、しばらく置いたら水洗いしてから絞りました。

ショウガとニンニクをたっぷり加えて、つなぎには軽く片栗粉を入れてよく混ぜてやりました。

右側のSさんのは、合い挽きミンチにニラのみ。あとは、香味野菜としてショウガ、ニンニクに塩コショウと繋ぎとして片栗粉と玉子。

元の肉の量はあんまり変わらんのですが、私の方は野菜がたっぷりなんでだいぶ嵩が多くなってました。


エビギョウザも2バージョン

*エビ餃子も2バージョン

これはどう作り分けたんだったかなぁ・・・・。

干し椎茸と竹の子に片一方はシャンツァイとか入れてエスニックにして、もう一方はしそを半枚ずつ入れた和風よりだったような。(^_^;)




餃子の包み方もそれぞれ

*餃子の包み方もそれぞれ

左側がSさんの包んだ分で、中身がみっちみち詰まっててヒダは2つだけ。

右が私ので具はSさんに較べると少なめでヒダは5つくらい。




カセットコンロで餃子焼き

*カセットコンロでギョウザ焼き

居間のテーブルにカセットコンロを置いて中サイズのフライパンで焼きながら食べました。

焼き方もそれぞれの流儀があったんで1回ずつ交代で焼くことに。

私は油を引いてギョウザを並べたら強火にしてすぐ水を入れてフタをしました。

Sさんの方は、並べてから弱めの火でしばらく底を焼いてから水を注いではりました。

引っ越してからIHコンロで何回かギョウザを焼くと仕上がりが気に入らんことが多かったんですが、カセットコンロでやるとほぼ狙い通りに出来てスッキリしましたわ。

それにしても育った実家に寄って作り方の違うモノをこうやって実際に作って食べ較べるってのはおもしろいですわ。



ちなみに作った当日は上の写真しか撮ってないんで、翌日もういっぺん食べた時のヤツを貼っておきます。



食べ較べた焼き餃子

*食べ較べた焼き餃子

翌日は台所のIHコンロで焼いたと思うんですが、この時はまずまず納得出来る焼け加減ですわ。


焼き餃子2回目

*2日目の2回目の焼き餃子

肝心のギョウザ自体の味ですが、私のは野菜たっぷりでアッサリした出来。

そしてSさんのは肉がミッチリで肉汁がじわっとくるようなタイプ。

手作りギョウザがタイプ違いで2種類もあるのはなかなか贅沢でしたわ。

今まで1人でギョウザを作ることが何回かありましたが、100個くらいのギョウザを一人きりで包んでると内職仕事してるみたいになるんですよねぇ。

それが今回のように誰かが一緒やと喋りながら出来て楽しかったですわ。


<同日 追記>

書き忘れましたが、今年も1年ありがとうございましたー。

来年もマイペースで更新していきますのでよろしくお願いしまーす。

では、皆さまよいお年を。(^^)



*朝の体重:58.20kg。(昨日の58.85kgよりは減ったけどまだ目標オーバー。)

*今月の休肝日:9日(今月は9日でヨシとしました。今日も飲むぞ〜。)

posted by えて吉 at 13:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

家で食べるのは久しぶりの「紅ズワイガニ」

今日は夜から学生時代のゼミ仲間との忘年会をうちの家でやるんでその用意を朝からやっております。

午前中にアテを2品仕込んで、昼から近所のスーパー3軒を回ってあれこれ買い出し。

メインの鍋の用意はもうちょっと後でええので、休憩がてらの更新です。


今年は今までになくカニを食べる機会に恵まれてカニ好きとしては嬉しいかぎりです。

そんなカニネタの内、ものすごく久しぶりに自宅で紅ズワイガニを食べました。

チビッコの頃は駅前に止まったトラックでベニズワイを3杯1000円で売ってた記憶が強いんですよねぇ。

今はそんな風に売るテキ屋もなく、身近であんまり”ベニ”を売ってるのを見かけない気がします。

JR八尾駅の近所にあるスーパー「アオイ」で一度ベニが売られてたのを見つけたんですが、その日は休肝日で買えず。

しかも半額シールまで貼られてたんで非常に悔しかったんですよねぇ。

それが忘れられず、11月2日に富田屋で食べたばっかりやのにまた食べてしまいました。


食べたのは11月の16日なんですが、メインになるものが浮かばんまま、ダメ元で「アオイ」をのぞきに行ったんです。

そしたら半額シールは貼られてなかったけど同じようにベニがおったんで、ちょっと贅沢して買うてしまいました。




久しぶりに家で食べた「紅ずわいがに」

*久しぶりに家で食べた「紅ずわいがに」

こんな格好なんでカニ味噌はなかったですが、780円なら上出来の値段じゃないでしょうか。

出刃で食べやすいように包丁で切り目を入れたんですが、そうしてみると思ったより量もたっぷりでしたし。




紅ズワイガニをメインに晩酌

*紅ずわいをメインに晩酌


・ベニズワイ

・小芋の煮物(実家から)

・イカの塩辛

・オニオンスライスとわかめ

・コンニャクと竹輪のカレー煮

・ブロッコリー

・すじ肉とゴボウのピリ辛煮


ベニズワイは、松葉ガニと較べたら水っぽいとか言われますが値段の違いを考えたらこれはこれでありですわ。

それなりに身が入って、甘みもあって十分楽しめましたわ。

何度も行ってるカニ宿の「甲羅戯」でベニズワイを食べたこともあるんですが、こういうのは家でちょっと贅沢した気分で食べるくらいがちょうどええように感じますわ。

これから先もこのくらいで買えるならシーズンごとにいっぺんは食べたいモノです。




*朝の体重:正確な計測無し。(おそらく57.5kgぐらい。)

*今月の休肝日:9日(今日は飲みますよー。)

 
posted by えて吉 at 15:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

朝はあんかけ系の「けいらん黄そば」

今日は明け方に寝直しに苦労したせいで起きたのが9時過ぎになりました。

こんな日に限って9時頃実家の親父から不在着信があったんで、起きたらすぐ連絡。

うちにあるプロジェクターを取りに来たんで渡してやりました。

その後、年末だからってことで、やるかやらんか迷ってた酒瓶の拭き掃除。

昔は100本を軽く越えるボトルがあったんで、それで較べたらずっと簡単ですけどね。

その後は普段なら年末でもやることのない洗面所の鏡とリビングルームだけですが窓をキレイに。

その後シャワーをしたらもう12時過ぎを過ぎてたんで食事することに。

昨日より少しは減ってましたが、まだ体重は目標オーバー。

そこでうどんよりは麺の量が少ない(130g)ってことで、冷凍してあった袋麺の中華そばを食べることに。

最初は具無しでええかと思ってましたが、麺をチンしてうどんのダシにぶち込んでから食べ応えがないなぁと。

急遽、ダシに片栗粉を打ってとろみを付けて、溶き卵を流し入れてやりました。





体の温まるあんかけ系の「けいらん黄そば」

*体の温まるあんかけ系の「けいらん黄そば」

急に思いついたんでショウガのすりおろしはパスしましたが、あんがたっぷりでなかなか冷めないんで体は内側からしっかり温まりましたわ。

麺はだいぶ少なめやけど、熱々でゆっくり食べてたんであんまり少なく感じずに済みましたわ。




昼ご飯を食べて少し休んだらまた家の作業を。

昨日干した洗濯物を取り入れたら、最近は何日も放置が多いのに、すぐ畳んでそれぞれの場所へ。

部屋の掃除も丁寧目にやって、明日の学生時代のゼミ仲間との宴会用に部屋をセット。

昨日は朝から出たり入ったりで外の用事を中心にこなしましたが、今日は家の中でけっこう用事をしましたわ。

窓ふきなんてことをやったんで、だいぶ年末っぽさが出て来ました。




*朝の体重:58.30kg。(まだオーバーしとる。)

*今月の休肝日:9日(なんとかリーチ。今日は飲むよ。)

 
posted by えて吉 at 16:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

旅先での戦利品で飲み食い

11月に宮津の富田屋に泊まりで飲み食いに行った旅の戦利品での飲み食いついてサクサクッとご紹介します。

 *富田屋での飲み食いについてはコチラからどうぞ。


朝ごはんを食べてから散歩した宮津の道の駅とその横のスーパーではけっこうな収穫がありました。

それを車に積んでしばらくはのんびりと地道で大阪を目覚しましたが、途中で腹が減ってきて丹波篠山の辺りから高速に乗って一気に八尾の自宅を目指しました。


幸い帰り道は混まなかったので、頑張って走ったら予想よりだいぶ家には着きましたが、すでに腹が減ってたまらず。

一緒に行ったSさんは間食が嫌だというので、自分だけ少し買うて来たモノを摘まませて貰いました。





171103iwashizushi.jpeg

*宮津の「すし小銭」のいわしずし 840円

今回は初めて表通りにある店舗では無く、ショッピングセンターの支店?の方で買いました。

これを自分の分の半分だけ先にツマミながらビールを少々。






これでなんとかお腹が落ち着いたんで料理を開始。

ショッピングセンターに入ってる「さとう」ってスーパーは何種類か地物の魚を置いてて、その中でやや小ぶりのアジが4匹280円だったのカゴへ。

その日上がったばかりの鯵は目がピッカピカでええ買いモンに思えました。

4匹のうち2匹は、Sさんのリクエストで一夜干しの干物にすることに。

干物って何年か前から挑戦したくてそれ用の干し網?は買うてあったんです。

鯵を捌くのは私が担当して、干物の下味付けなどはSさんが担当。

めんどうやから頭を落としてから干し魚にしようかと思ったんですが、こだわりのあるSさんには許して貰えず。

初挑戦でしたが腹側から開いて一応頭も半割に。

残った2匹は1匹はそのまま塩焼きにして、もう一匹はなめろうにすることに。






2時間ほど作業をして出来上がったのはこんな晩ごはんでした。





171103dinnerjpg.jpg

*鯵の塩焼きなど旅先の戦利品で晩ごはん

・鯵の塩焼き

・なめろう

・大根とホタテ缶詰のマヨネーズ和え

・大根の煮物

・枝豆

・レンコンのキンピラ



塩焼きのあじは表面にたっぷり目の塩をしてしばらく置いて、焼く時に表面に浮いた汁を取ってもう一度塩を振りました。

なめろうは一番ノーマルな味噌味で。

ショウガ、大葉、ネギなどの香味野菜を加えて身を叩きすぎないようにざっくり混ぜてやりました。

枝豆は行きの高速道路のSAが道の駅になってるトコで買うたモノ。

シーズ最後の黒豆で翌日食べるなら持つやろうと買いました。

枝豆の下処理で両端を切り落とすのはSさんがやってくれました。


新鮮な鯵はやっぱり塩焼きにして上手かったですわ。







171103chawanmushi.jpg

*Sさん作の茶碗蒸し

私は茶碗蒸しは作ったことないですが、慣れてるっていうSさんが作ってくれました。

ちゃんとダシを引いて、玉子と出汁の量を計量しながら作ってはりました。

中には道の駅で買うたぎんなんやら鶏、椎茸など色んな具材が入ってて美味かったですわ。




171103sabazushi.jpg

*宮津のスーパーで買うた「さば寿司」 298円

お土産用やと平気で1000円超えたりしますが、地元民向けだけに安かったですわ。

量的にも鯖ってあんまり多いと重いんでこれくらいがありがたいですわ。





鯖の押し寿司を食べたら少し間を開けてもう何品か。



171103shishito.jpg

*シシトウの網焼き

形が不揃いですが、買うたのは今回の旅行ではない別の道の駅だったような気がします。



171103nagaimo.jpg

*長芋の網焼き

こいつは海苔で包んでちょんと醤油を付けて食べるとなかなかええ酒の肴になりました。



171103shirumono.jpg

*残ったダシで

茶碗蒸しに使うだしが余ったのでお吸い物に。

これでこの日の飲み食いはおしまし。珍しく米モノが2匹もあったんで十分満足出来ました。



さて翌日は朝ごはんでいよいよ初めての干物の成果を確かめること。





171103himono.jpeg

*初めての鯵の干物作り

こんな干物の用の網でやりましたが、使うのは当然初めて。



171103ajihimono.jpg

*出来上がった鯵の干物

初めてにしてはまあまあの出来じゃないでしょうか。



171103breakfast.jpg

*あじの干物で朝ごはん

・あじの干物

・レンコンきんぴら

・壬生菜の漬け物

・温泉玉子

・お汁

・納豆


ええ感じの朝ごはんになりましたわ。


干物の出来は、カタが小さめやったんで塩水に浸けるのを短めにしたらちょっと味が薄めでした。

この辺の塩加減はかなりやりなれないと難しそうですね。

とはいえ、ちょっとした宿の朝ごはんみたいなものが用意出来て、その干物が自家製っちゅうのは贅沢に感じましたわ。

干物はまたいつかチャンスがあれば挑戦したいものです。

それにしても4匹で300円程度のアジが大活躍でした。






*朝の体重:58.50kg。(昨日よりさらにデブってしまった。)

*今月の休肝日:8日(今日は酒を抜きますよ。)
 
 
posted by えて吉 at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

初めて買うた業務スーパーの「冷凍きしめん」

最近冷凍庫に袋入りのゆで麺のきしめんを1つくらい常備してることが多いです。

幅広麺ってやや不得意やったんですが、きしめんの表面のツルッと具合がええなぁと。

この前業務スーパーに行って久しぶりに冷凍食品を順番にチェックしてたら麺類のとこにきしめんを発見。

以前、業務スーパーのうどんは何回か買うたことあったんですが、最近はあんまり冷凍うどんを食べてなかったのできしめんもあるのは知りませんでした。

5個入りで155円という安さやったんでダメ元で買うてみることに。



初めて買うた業務スーパーの冷凍きしめん

*初めて買うた業務スーパーの「冷凍きしめん」

スーパーの袋入りゆで麺だと80円弱してたと思うんで、2個分でおつりがきますねぇ。

この日は休肝日でしたが、休肝日でも麺類はすぐ食べ終わるんで晩ごはんにあんまりうどんやきしめんってのは食べたくないんですよねぇ。

でも初めて買うたモンってすぐ使いたい、すぐ食べてみたいって性格なんでどんな出来か気になってそのあたりは妥協することに。


普通のかけ系だとすぐお腹が減ると思ったんで、具だくさんにすることに。

野菜や鶏肉、手元にあった冷凍の鶏団子なんかも加えることに。

気分的にはうどんすきっぽいモノを丼鉢に盛るって感じでした。

ほんまのうどんすきをやると食べ過ぎる気がして自分ではやらないんですけどね。


うどんすきっぽい気分で具だくさんのきしめん

*うどんすきっぽい気分で具だくさんなきしめん

野菜は白菜にえのきを入れて、他には冷凍庫にあった薄揚げも刻んで入れました。

普段食べるうどんなんかとだいぶ雰囲気が変わって、なかなか良かったですわ。

小鉢にポン酢も用意して、麺類の出汁で食べるとちょっと味が薄く感じた鶏団子などはそっちにちょいとつけたりして食べました。

肝心の冷凍きしめんの感想はというと、スーパーで売ってる茹でたきしめんと較べたら割とよう出来てる気がしました。

表面はツルツルしてうどんと違う食感やし、コシもそれなりにあって箸で引っ張ってもすぐ切れるほどではないし。

保存が効いて袋入りのうどんより割高がきしめんがこの値段ならアリかなぁと思いました。

冷凍うどんって、生うどんとも袋入りうどんとも違う別の食べ物って位置づけなんですよね。

その違いと較べたら、この冷凍きしめんは袋入りきしめんに比較的近い気がしたんです。

そんな訳であと4食ありますが、イヤイヤでは無く機会を見て楽しんで行きますわ。




*朝の体重:57.65kg。(なんとか少し余裕が出来た。)

*今月の休肝日:7日(昨日は酒抜いたけど今日も抜かんとなぁ・・・。)

posted by えて吉 at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

「野村俊彰作の漆器」を初使い

昨日天王寺に出たのはいくつかやりたい用事があったからなんですが、その一番の目的が漆ギャラリー「舎林」に漆器を見に行くことでした。

けっこう前から小ぶりな丼鉢を漆器で欲しいとあっちゃこっちゃで探してたんです。

旅先で漆器を置いてるトコを見つけたら毎回のようにチェックしてたんですが、なかなかピンと来るモノに出会えず。

今年の秋の2回の長野旅行でも何カ所かで漆塗りのものを見つけたんですが買うには至らず。

そもそも漆器って、ド素人にはモノの善し悪しがさっぱり分からんのですよねぇ。

木地がどんな素材でどんな加工されてるかと、塗り方がどうなんかもさっぱり分からず。

そのために値段の差がどういう理由なんかは実物を手に取ってもさっぱり理解出来ず。

そんな私にとって1つの買い方は、自分がええと思うお店を信じて、そこで選ぶってパターン。

旅先のお土産品やと店のことがイマイチ信用しきれんとこがあるんですが、天王寺の舎林って店はなんとなく真っ当なモノだけを扱ってる印象を持ってるんです。

昔結婚してた時には自分ら用の器を買うたことがあったんですが、それ以後はヒトに贈り物に1度買うたくらいでした。

それでもなんとなく信用出来る気がするんで、しばらく前から時間を置いて2回見に行ってました。

ところが、その2回とも特定の作家さんの個展というか特集で普段と置いてるモノが違ったんです。

もちろんその作家さんのでピンと来るのがあれば買うても良かったんですが、自分が欲しいと思ってる形の作品は並んで無くてサラッと目を通しただけで店を出たんです。

昨日は他の用事もあったんで天王寺に出ることにしましたが、期待を込めて舎林にも寄ることに。

幸い昨日は特定の作家さんの展示ではなかったので、欲しい物に近い器がいくつかありました。

その中から最初に茶色系で2つ目に止まるモノがあってしばらくそれを見較べてました。

ふと別のコーナーを見たら黒系でもう一つ気に入るのがあって、最終的には3つを並べて較べました。

柄というか塗り方とか色のデザインでの違いと、器としてのサイズ・容量、全体の形の部分でそれぞれ微妙に違っててかなり迷いました。



使い方のメインは、普段の昼ご飯で少なめのご飯で丼をやる時の小ぶりの丼鉢として。



鶏そぼろの「天かす親子丼」

*普段よく使う小丼

中身はショボイ「天かす丼」ですが、こういう丼物を食べる時の器が欲しかったんです。


こういう具が少なめの時はええんですが、具沢山の中華丼とかは入らないんで別の丼鉢を使ってます。

写真の白い鉢とジャスト同じようなサイズもええけど、もう少しだけ大きかったら具だくさんでも使えるかとか、もしかしたら麺類も入れられるかと思いました。

で、結局選んだのは麺類とかは諦めて、具の少なめの丼料理にジャストなヤツでした。

器のシルエット?の違いでは一番好みでしたが、色的にはけっこう最後まで迷いました。




とりあえず買うたんを見て貰いましょう。






姫路の野村俊彰作の漆器の小丼

*姫路の野村俊彰作の漆器の小丼

写真が下手なんでこんな真っ黒の器は上手く撮れませんがご容赦を。

真っ黒ではおもしろみがないかと思ったんですが、親子丼とかを自分が作る時にはこのサイズがベストに思ったんです。

あと高台の形とか高さのバランスもこれが一番しっくりきたもので。


3つからこの器に決めて、お店の女性に声を掛けると、

 「この作家さんがお好きなんですか?」

って、聞かれてなんでかと思ったら、悩んだ3つともが同じ野村俊彰って言う作家さんの作品やったそうですわ。

それぞれ別のデザインで自分としては適当に選んでたんでびっくりでした。

ちなみにお値段の方は19000円台で、私にしてはひじょーに贅沢な買い物でした。

クリスマスのプレゼントとは全然関係ないけど、長らくちゃんとした漆器の器が欲しかったのでピンと来るモノがあったからヨシとしました。




漆器を買うたら、朝からなんにも食べてなかったので明治屋で一杯飲んで、さらに並びの正宗屋で2500円弱飲み食い。

その後、珍しく百貨店の中をあっちゃこっちゃ見て回って少し買い物したりして家へ。

昼酒でけっこうしっかり食べたんで、夜はごくごく控えめにするつもりでした。

最初に用意したごく少量のアテで飲んでたら、けっこう腹が減ってきてしまいました。

買うたモノはすぐ使いたいタイプなんですが、残ってたアテがちょうど丼物になるってことでデブるのを覚悟で初使いすることに。






新入りの初使いは「鯛飯」

*新入りの器の初使いは「鯛飯」

実家から出かける前にもうた昆布じめの鯛があったんです。

最初それで飲んでましたが、半分残ってたヤツを漬けにして鯛飯に。

こうやって実際に普段自分が食べてる冷凍ご飯のパックを盛り付けてみたら、サイズのチョイスが間違ってなかったと実感出来ました。

この程度の少なめのご飯を盛っても落ち着いてるし、もう少し具の嵩が増えても十分対応出来そうです。

それに手に持ってご飯を食べるとその時のバランスが非常に好みに合うてました。

高級な漆器やからって飾っとく気は全くなくて、ガンガン使いたいんですよねぇ。

そういう意味では普段の使い方にピタッとくるサイズで選べて良かったですわ。



今朝ももう一度少し違ったタイプで使ってみました。




エスニックぽい押し麦粥にも

*2回目は押し麦の粥で

鶏肉をショウガ、白ネギの青いトコとしっかり煮て、そこに更に鶏ガラパウダーを追加して押し麦を加えて保温鍋で1時間ちょっと保温調理。

温め直して、塩とニョクマム(魚醤)で味付けしたんでエスニックっぽいというか、フォーのスープっぽいお粥になりました。

食べる時はここに更に魚醤を垂らしたり、冷凍のシャンツァイを散らしたり、ベトナムのチリソースを加えたり。

器にとってはいきなり和食以外との遭遇でしょうけどね。

こういう汁気のあるものも十分行けますわ。

純粋な汁物も行けると思うんで、あんまり作らんけど豚汁なんかに使ってみたいなぁと。

それ以外にも使えるとこがあったらどんどん使こうてやろうと思ってます。


長らく欲しかった器が手に入ってご機嫌ですわ。


<参考情報>

*漆ギャラリー 舎林:公式サイト

住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋2−4−41
電話:06−6624−2531
営業:11:00〜18:00
定休:木曜・日曜・祝日

*木漆工芸 野村俊彰

住所:兵庫県姫路市御国野町国分寺844
電話:0792−53−5317


 

*朝の体重:58.15kg。(鯛飯が効いたんかなぁ・・・。)

*今月の休肝日:6日(今日は休肝日にしたぞ。)
  
posted by えて吉 at 22:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

ホットプレートで1人焼肉

昨日は朝からええ天気やったんで、どっかに出かけようかと思ったんですが、結局家でダラダラ。

夕方になって気分的には外食したかったんですが、今月は節約を心がけてるんでグッと我慢してスーパーへ。

肉売場をチェックすると240グラム入りのラム肉の薄切りが30%オフになってました。

最近北海道のジンギスカンの写真を目にしてたこともあって、家で1人焼肉をやることに。

メインはラムの肩ロースでしたが、一応牛肉も欲しくてオーストラリア産の焼肉用のハラミもゲット。

ちなみにラムが元値498円から3割引で348円。ハラミも元値688円が同じく3割引で481円。

普段の食事からしたらちょっとだけ材料費が高めですが、外食したと思えば十分安いですわね。





ホットプレートで「1人焼肉」

*ホットプレートで1人焼肉

ホットプレートはこの秋に買うたアイリスオーヤマの2600円のヤツです。

シンプルな丸形ですが、これだけ安いとありがたかったですわ。

ラムの内、真ん中の白い丸皿のヤツはニンニク、クミン、唐辛子、塩を揉み込んでやりました。

残りのラム肉はそのままで。そっちはホットプレートの上で塩コショウして、焼き肉のタレで食べたり、ポン酢で食べたり。

ハラミは焼き肉のタレを揉み込んでネギを散らしてやりました。写真を取ってから気づいたんですが、上からゴマも散らしました。

ナムルはスーパーの惣菜で、他は赤蕪の漬け物と日の菜漬け、イカ明太子。

写真外でキムチ鍋の残り汁を使った豆腐の汁物です。

肉は両方とも見切り品やから残す気にならず、合わせて400gほどを全部食べてしまいました。

これだけ食べたら腹がパンパンでしたわ。

焼肉屋で食べるのもええけど、これくらいの値段で満足出来たんで上出来でした。




*朝の体重:58.10kg。(焼肉が効いたかな。)

*今月の休肝日:5日(今日は酒を抜きます。)
 
 
posted by えて吉 at 18:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

料理に失敗して傷心の昼酒

昨日は朝からちょっと真面目に作った料理が大失敗でめげてしまい更新を休ませて貰いました。

前日まで2日連続で休肝日にしてたんで、朝から飲む気満々で料理の方もちょっとやる気が出てました。

朝イチで昆布を水に浸けてダシの用意をし、干し椎茸も水に浸けて戻しました。

冷凍してあった薄揚げや枝豆も解凍。

その後、糸こんにゃくを下茹でしてアク抜き、昆布だしにダシパックを入れてだしを引きました。




昼頃に近所のスーパーで晩ごはんの食材を買うたら、さっそく料理を開始。

朝から段取りしてたのは2つの料理を作ろと思ったからでした。

1つは「卯の花」でもう一つが「五目巾着」でした。

材料的にはけっこうカブるとこが多いように思ったんですが、ちゃんとした出汁を使って丁寧に作ろうと思ったんです。




丁寧に用意した「卯の花」と「五目巾着」の材料

*丁寧に用意した「卯の花」と「五目巾着」の材料


卯の花の材料として、細かく刻んだ糸こん、サイズを揃えるように意識して刻んだ白ネギ、にんじん、ゴボウ、干し椎茸を用意。

冷凍の枝豆は解凍してからちまちまと豆をさやから出して薄皮も取ってやりました。

きんちゃくの方には、細切りのにんじん、ほぐしたマイタケ、短めにカットした糸こん、乾燥したままの切り干し大根を用意。

にんじんとゴボウをフライパンに油を引いてじっくり炒めて、そこに他の材料も順に加えました。

香り付け程度に醤油を垂らして、日本酒と味醂を加えてアルコールを飛ばしました。

そこに椎茸の戻し汁、だしを加えてある程度食感の残る程度まで煮込んでやりました。

全体が出来上がったところで粉末の「乾燥おから」を加えて、焦げないように気を付けながら加熱して出来上がり。

薄揚げは半分にカットして中を開いて、混ぜておいた中身の野菜をギュウギュウめに詰めて、出汁でコトコトと。

スーパーで買うて来たナンコツ入りの肉団子も3つだけ解凍して加えました。





うの花はどうせたっぷり出来るやろうから実家にも半分ほどお裾分けすると連絡してありました。

出来上がったヤツをタッパに入れて味見をしたところ、かなりひどいエグミが出てました。(T_T)

作ってる最中にも当然味見はしてたんですが、その時はあまりに気にならんかったんですよねぇ。

乾燥おからは2袋に別れてて、1袋目を加えて味見した時は大丈夫やったんです。

その後別の袋のヤツを加えたんですが、どうもそれが傷んでたんじゃないかと思います。

丁寧に刻んだ材料を無駄にするのは辛かったんですが、とてもじゃないけど食べられんレベルやったので卯の花はごめんなさいしました。



仕込んだ卯の花がアウトと分かったら徒労感でがくんと疲れが出ましたねぇ。


1品減りましたが、気分悪かったんで早めに飲みをスタート。





傷心で昼酒に雪崩れ込み

*傷心で昼酒になだれこみ

・刺し身の盛り合わせ

・刺し身のネギ大葉和え

・アジ納豆

・五目巾着の煮物

・かぶらずし

・イカ明太子

・湯豆腐

・ひの菜とかぶらの漬け物


近所の「サタケ」ってスーパーはちょっと値段が高いんですが、けっこうモノのええ魚を置いてる印象があります。

昨日行った時は美味そうなシマアジなんかもあったんですが、1人で食べるにはちょっと値段が高かったんで我慢。

その代わり、お造りの切り落としを盛り合わせにしたヤツがたっぷり入って、新鮮そうやったんでそれを買いました。



モノが良さそうやった「お造り盛り合わせ」

*モノが良さそうやったお造り盛り合わせ

この写真で新鮮さが伝わるかは分かりませんが、実物はピカッとして切り立てっぽい見た目でした。

中身の説明はなかったんですが、周りに並んでたお造りと見較べて、おそらくヨコワとアジじゃないかと。


アジは細かく刻んで納豆へ。ヨコワは多かったので、そのまま食べる分と、ねぎとしそで和えるやつに分けました。



五目巾着は中身は肉っ気なしで、鶏団子と炊きましたが、強引に詰めてちょっと破れてしまいました。

味の方はまずまず納得出来たんで良かったですけどね。


上の方にちょこっと写ってる「かぶらずし」は実家の親父が作ったモノです。

しばらく本物のかぶらずしは食べてませんが、なかなかよう出来てるように思いました。


3時半頃からゆっくり昼酒を楽しみましたが、真ん中の大葉とネギと和えたヨコワはけっこう量があまりました。


夜の9時前になると小腹が空いて来たんで、そのヨコワをちょっといじって酒の肴に。




171217oyuwari.jpg

*ヨコワの韓国風和え物でお湯割り

コチュジャンに醤油、ニンニク、白ネギ、唐辛子などを加えてヨコワと和えてやりました。

今シーズンはまだ焼酎のお湯割りを飲んでなかったんですが、この日初めて行ってみました。

ピリ辛の韓国風のヨコワと焼酎のお湯割りはよう合うてましたわ。







*朝の体重:正確な計測なし。(理想値クリアしてたっぽい。)

*今月の休肝日:5日(今日はもう一日飲んだろ。)
 
 
posted by えて吉 at 14:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

新聞に刺激されて「あんかけ焼きそば」

今朝読んでなかった日経新聞の夕刊を読んでたら12日(火)の夕刊の食ナビ欄で小樽あんかけ焼きそばを取り上げてました。

寿司に並ぶ名物とのことでしたが、少なくとも一度は小樽に行ったことあるんですが、全然その存在は知りませんでした。

記事の中でいくつかの店の作り方とかユニークな新メニューを紹介されてましたが、何が小樽あんかけ焼きそばかははっきりせず。

さきほど検索してみたらいわゆるB級グルメで街おこしをしてるっぽい「小樽あんかけ焼きそば親衛隊」ってサイトがありましたが、「小樽あんかけ焼きそばとは」って解説を期待しましたが明確な定義はないとのことでした。(^_^;)

別にきっちりしたご当地グルメ的なモノを再現しようなんて気はこれっぽっちもないんですが、空きっ腹で読んだんでめちゃくちゃ食欲は刺激されました。

空きっ腹を抱えたまま、お客さん用に使った寝具類を干したら、続いて黒猫のヒメを動物病院へ。

昼前に帰ってきたら腹が減りまくってたんですぐ料理にかかることに。

朝から頭の中であんかけ焼きそばがグルグル回ってたんで、もちろんそれを作ることに。

自分があんかけ焼きそばを作るならもやしがぜひ欲しいトコなんですが、メシの後にはまた出かける用事があって、すでにヒメの件でも出かけてるとなんぼマンションの1階にスーパーがあるっていうても買いに行く気にはなれず。

ちょっと具材的には寂しくなるけど手元にあるもんだけで作ることに。

そこで使ったのが白菜、キャベツ、しめじ、白ネギの青いトコ、ピーマンに豚バラ肉です。

味付けはあっさりした塩味系と迷ったんですが、コクのある濃いめの色タイプで行くことに。




小樽名物の記事に刺激されて「あんかけ焼きそば」

*小樽名物の新聞記事に刺激されて「あんかけ焼きそば」

あくまでも記事に刺激されただけで、全く小樽風は目指してませんのであしからず。


あんかけの”あん”の方は、豚肉を炒めて火の通りにくい白菜白いトコやキャベツの芯などから加えて行って、醤油を回しかけて香ばしさを出し、さらにオイスターソースも少し焦がしたとこに紹興酒をドボドボッと。

アルコールが飛んだあたりで水を加えて創味シャンタンを少々。

最後にとろみを加えたら出来上がり。

麺は冷凍してあった平野区の西埜製麺の中華そばで。(朝の体重に余裕がなかったので量が少なめのこれにしました。)

電子レンジで解凍してから気持ち油を多めに引いたフライパンへ。

箸で軽くほぐしたらフライ替えして押さえつけて軽く塩コショウしてじっくり焼きました。

ある程度焼き固めたところでひっくり返したら、フライパンのフチから油を追加で垂らしてやりました。

最後にフチから香り付け程度の醤油を垂らしたら麺の出来上がり。

こういうかた焼きそば系は焼いてからカットしないとちょっと食べにくいんですが、カットするとなんとなくお上品すぎる気がしたんでカットせず。

二口ほど食べたら、香辣脆をたっぷり加えてやりました。

しばらくあんかけ焼きそばをやってなかったこともあって、非常に美味い朝昼兼用ごはんになりました。






昼ご飯の後は、昨日のゴルフに続いてアルファードをトヨタのディーラーに持って行って1年点検。

ついでにオイル交換も済ませたんですが、1時間半ほど掛かったんで帰ってきたらもう夕方でしたわ。

昼ご飯はそれなりにボリュームがあったかと思ったんですが、麺の量が少なかったこともあって4時頃には腹が減りまくり。

今日も休肝日にすることにしたんですが、やる気が出んから昨日食べた鍋の汁を再利用してまた鍋。

しっかり食べたけど昨日と違って糸こん一袋が入ってるからきっとデブらんはずと信じております。

今日はこのまま休肝日にして月10日ペースに戻そうと思います。

2日連チャンでの休肝日はかなりキツイんですが、その分明日は気持ち良く飲み食いしたろうと思っております。







*朝の体重:57.90kg。(余裕はないけどなんとか目標クリア。)

*今月の休肝日:4日(今日も休肝日やぞー。)

posted by えて吉 at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

カルディの「プレジデントライス フォー パクチー (コリアンダー)」

パソコンで作業をしてたらマウスの電池切れに見舞われて更新がえらく遅くなってしまいました。

しかも予定では溜まってるイベント系のネタを書こうと思ってたんですが時間が無くなったので今日のお昼ご飯ネタに変更です。

朝の体重が大幅に目標オーバーで腹は減ってるけど出来るだけ食べるモノは抑えんとあかんかったので、そんな時のために買うてあったカップラーメンを食べることに。

これは、少し前に近鉄八尾駅方面を探検してた時にイトーヨーカードーのショッピングセンターの中のカルディで買うてあったんです。

カルディの「プレジデントライス フォー パクチー (コリアンダー)」

*カルディの「プレジデントライス フォー パクチー (コリアンダー)」

値段は忘れましたが、カルディのウェブサイトの商品ページでは213円となってますな。

ちょっと高い気もしますが、デブ対策ならええかと目をつぶったんですかねぇ。

あの手の輸入食料品を置いてるような店って全体に高い商品が多いから200円くらいだと安く感じてしまったのかも。

カルディのサイトからのコピーですが栄養成分表示は


【栄養成分】1食65gあたり:239kcal(たんぱく質5.6g、脂質3.5g、炭水化物46.3g、ナトリウム2009mg(麺・かやく:657mg/スープ:1352mg)



となってます。

カップ麺として200kcal台前半ならデブッてても許してくれって感じです。

まぁカロリーがその程度しかないってことは、当然食べ応えがないのは覚悟の上ですけどね。(^_^;)




具が無くてショボイ出来上がり

*具が無くてショボイ出来上がり

華やかなパッケージのイメージ画像と違って実物の出来上がりは悲しくなるぐらいショボイですねぇ。

これで200円以上するってのは、カップラーメンとしてはかなりボッタクリな気もしますが・・・。

まぁどうせこうなるとは分かってたんで、ちょうど手元にあったもやしを茹でて具をプラスしたんですけどね。



ちょっと具を足して改良

*ちょっと具を足して改良

茹でモヤシを添えて、生のライムを搾り、ハバネロのソースをぶち込み、冷凍の生のシャンツァイ(香草)をプラス。

スープも全く頼りなかったんで、ベトナムの魚醤(ニョクマム)も加えました。

辛さをガツンと効かせて、酸味と魚醤をプラスしたんでだいぶようなりましたわ。

もやしのおかげで少しは食べ応えもアップしましたしね。

まぁ米粉の麺自体は思ったよりたっぷり入ってましたけどね。

ここまでいじった上でなら、けっこう美味しく頂きました。







今日はこの記事のカップラーメンを食べたらワーゲンのディーラーへ。

メンテナンスの追加パッケージに入ってるんで、走行距離3万キロでのオイル交換が無料なんでそれに出かけました。

オイル交換は今週やるつもりにしてたんですが、昨日郵便でうちのゴルフGTIのマニュアル仕様がリコールになったと知らせられたんですよねぇ。

当然そっちもセットでの対応となりました。

1時前にディーラーに着いて1時間ちょっと待たされて作業完了。

帰った時には軽いフォーだけではすでに腹が減ってて、早めの晩ごはんに。

その後パソコンに向かってたらマウスの電池切れになったりで更新が遅くなった次第です。





明日は今度は2時からアルファードの1年点検があるんですよねぇ・・・。ちょっと更新出来るか微妙ですわ。




*朝の体重:58.60kg。(外食したら一気にデブってもうた。)

*今月の休肝日:3日(今日は休肝日にしました。)
posted by えて吉 at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

割下を使って「鶏のすき焼き」

先週の木曜日(7日)の夜からから昨日に日曜日(10日)まで知り合いが遊びに来てたんで更新は休ませて貰いました。


さて、今日のネタのすき焼きなんですが、鍋物の中でも個人的には甘辛い味と牛肉のヘビーさに苦手意識があって昔からあんまり好きな料理ではなかったんです。

実家では鉄鍋でちょくちょくやってたんですけど、独立してから自分ではほとんどやった記憶がないですわ。

そんなすき焼きですが、作り方は関西なんで砂糖と醤油のみで炒め焼きにするスタイルばっかりでした。

近年実家ではすき焼きのタレを使うことはあるって聞いてますが、それもあくまでも砂糖と醤油の代用。

関東とか他の地方でやる割り下で煮込むタイプは「すき”焼き”って名前やのに、焼いてないやん!!」って思ってしまいます。

すき焼き自体ほとんど自分でしないのに今回は珍しくやってみる気に、しかも牛肉では無くイレギュラーな鶏で。

きっかけとしては、少し前に吉野家で初めて食べた牛すき鍋の影響があります。

その時にご飯が足りなくて、酒が欲しくなったんですが、それと同時にしっかり野菜を煮込むなら固形燃料じゃない方が気が楽やなぁと。

そんな記憶が残ってて、ふとしたときに吉野家のような割り下を使ったタイプを家でやってみようかと。

牛肉やとちょっと思い気がして、どこかよその地方では鶏ですき焼きをやるって聞いた記憶があったんで鶏でやることに。

食べたのは11月の29日なんですが、割り下はてけとーに酒、みりん、醤油、水を合わせて一煮立ちさせておきました。

割り下の作り方なんかはぜんぜん知らんので計量もせずにかなりええ加減な作り方です。


割下を使った「鶏のすき焼き」

*割り下を使った「鶏のすき焼き」

入れた野菜は、白菜、白ネギ、タマネギ、糸こん、えのき、しめじです。

割下を味見した時は十分濃ゆいと思ったんですが、実際に食材を煮込んでみるとちょっとアッサリしすぎでした。



鶏のすき焼き

*鶏のすき焼き

途中で適当に醤油を加えて味を調整したら、最終的には自分好みの味に落ち着きました。

溶き卵にくぐらせて食べてたんですが、牛肉だと玉子が無いとツライと思いますが、鶏だと玉子無しでもけっこう美味しかったですわ。

食べた感想としては、自分にとってのすき焼きとは違う別の料理には感じましたがけっこう楽しめましたわ。

あと、鶏にしたら牛肉よりあっさりしてるんで、しんどい重さがなかったんで量が食べられるように思いました。


これならたまには一人でやってもええかなと思ってます。



*朝の体重:57.60kg。(週末好き勝手に飲み食いしてこれはラッキー。)

*今月の休肝日:2日(今日は絶対休肝日。なんとかペースを戻さんとな。)
 
posted by えて吉 at 15:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

シーズン初めの坂越の殻付きカキ

先月の末の27日に日生にカキオコを食べに行きましたが、その帰りには赤穂の坂越に寄って殻付きの牡蛎を買うて帰りました。

もし自分だけなら剥き身の牡蠣にしようかと思ってたんですが、前日実家の親父にいるか?って聞くと殻付きをちょっと買うて来てくれと。

それなら自分も殻付きで行っとくことにしました。

ここ4〜5年は毎年年明け以降にアホほど牡蠣を買うて宴会をやってるんですが、今回は小手調べって感じでちょっとだけにしときました。


まだ小ぶりな坂越の牡蛎

*まだ小ぶりな坂越の牡蛎

これで殻付き2kg分になります。1kgが900円なんで合計で1800円分買いました。

外側の殻を見るだけでも牡蛎宴会で買うヤツよりだいぶ小ぶりに見えました。半分は親父にあげました。



小ぶりであっさりな坂越の生牡蛎

*小ぶりであっさりした坂越の生がき

せっかくの殻付きなんでまずは生がきで。殻も小さいけど中身もまだ小ぶりに感じましたわ。

それでも臭みは全くないし、あっさりした美味しさがありましたねぇ。

まずは何も付けずそのままで、続いてレモンのみ、レモンとケチャップ、ポン酢などで食べましたが、レモンのみかレモン&ケチャップが好みでしたわ。



おそらく今シーズンも年明け以降にカキ宴会をやると思うんですが、その頃にはどれくらい身が育ってるでしょうねぇ。





今日はちょっと起きるのが遅めでしたが、まずは午前中にヒメを動物病院へ。

家に戻ったら簡単にご飯を食べたら、炊飯器に米をセットして買い物へ。

業務系の食料品屋で、カレー粉のデカイ缶やら創味のシャンタン等を仕入れ。

その後ユニクロでちょこっと服を買うて、前地元の生野の商店街でミックスホルモンを600gほど仕入れ。

これまた元地元の肉屋でカレーうどん用に牛肉の上切り落としを500gゲット。

マックスバリューで猫砂やら晩ごはんの食材を買うてやっと家へ。

帰ってすぐ炊きあがってるご飯を小分けにして冷凍の準備。

晩ごはんの用意と平行してホルモンの下茹でをやって、この記事を書いたら小分けにして冷凍予定。

あとは放ったらかしの洗濯物を畳む予定なんで、今日は家事をようこなしてますわ。


そんな訳で小ネタでの更新ですが、けっこう遅くなってしまいました。






*朝の体重:58.45kg。(そんなに食べてないのに一気にデブってもうた。)

*今月の休肝日:1日(今日は休肝日です。)
 
 
posted by えて吉 at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

保温鍋で初めての「押し麦粥」

今日の朝ごはんは保温鍋を使って初めて押し麦のお粥を作ってみたのでサクッとご紹介します。

2〜3日前に食料ストックケースを漁ってたら押し麦を見つけて、最近ぜんぜん使ってないなぁと。

ここんとの朝の体重に余裕が無くて食う量を減らさんとアカンくて、たまにお粥を作ったりしてるんです。

で、ふと思いついて押し麦だけをそのままお粥として炊いたらどうやろう?と。

ネットを探すと押し麦粥のレシピがいくつもあるのが分かったんで、詳しい作り方は見もせずにやってみようと思ってました。

昨日は鶏もも肉を買うたんですが、結局晩ごはんでは使わず。

冷凍のストックはつい何日か前に作ったばかりで増やしたくないなぁと。

そこで鶏肉でスープを作ってそれを使って押し麦のお粥を作ってみることに。

1/3枚ほどの鶏肉を刻んで一番小さな保温鍋でスープを作ることに。

水に日本酒、スライスのショウガ、つぶしたニンニク、白ネギの青いところ加えて沸かしました。

そこに鶏肉を加えてしばらくコトコトと煮込んだら保温鍋にセットして寝ました。

朝になって香味野菜を取り除いてからスープを沸かしなおしました。

そこに4勺(0.4合)ほどの押し麦を洗わずにそのまま投入。

塩と淡口で味を付けたらコトコトと弱火で10分ほど炊いたら保温鍋にセット。


その後、猫のヒメを動物病院に連れて行ったりしてました。

昼前になって2時間強保温したヤツを食べることに。

温め直して手元にあったカリフラワーを生のまま加えてまたしばらくコトコト。


保温鍋で初めて「押し麦粥」

*保温鍋で初めての「押し麦粥」

鶏スープにショウガやニンニクを加えてるんで、方向性としては中華粥って感じですね。

ただお米を使ったかゆと違って押し麦だとトロミはほとんど出ず、サラサラしたままでした。

麦自体が煮溶けることもなくなんとなくお粥っていうよりスープモノって感じもしました。

カリフラワーはちょっと煮すぎて柔らかくなりすぎてましたが、朝ごはんと思えば優しい感じやからアリですかね。

ご飯に混ぜて炊いた時の押し麦はプリプリした食感がありますが、これだけ長時間煮る(保温する)とかなり柔らかくなってプリプリはしてなかったですわ。

しばらく食べたら台湾の辣椒醤を加えましたが、辛味が入るとより美味しく感じましたね。

体が内側からほこほこと温まってなかなかええ朝ごはん(昼前やけど)になりました。

米と違って洗わんでええのは手軽ですね。

ちなみにスープの割合がだいぶ多めやったんで、どうせならと麦や具材を網じゃくしですくい取って、適量のスープだけを掛けました。

おかげである程度の量のスープが余ったんで、それはまた別の料理にでも使ってやろうかとセコイことを考えております。

米の中華粥もいいですが、これからはたまには押し麦粥もやってみようと思います。




*朝の体重:正確な計測無し。(58kgを少し切るレベル。)

*今月の休肝日:9日(今日酒を抜いてクリアするべきやろなぁ。)

posted by えて吉 at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

在庫の古い素麺を食べてみたら

先月の後半はなんとなく手持ちの乾麺を消費しようって気分になった時期がありました。

夏場に買うた素麺や冷麺(冷やし中華)なんかを食べそびれたままになってるんで本格的な寒さになる前に食べ切ろうと思ったんです。

なーんて、書くとごく普通の流れに思えるんですが、私の場合は夏場に買うたモンってなレベルじゃ済まないんですよねぇ。

間違いなく先シーズン以上前からの持ち越しが食料ストックケースの中にはゴロゴロしてるもんで・・・。



半田手延めん「オカベの麺」

*在庫処理で選んだ半田めん

で、その中から今回選んだのは「半田手延めん オカベの麺」っていうそうめん。

徳島県の半田で作られる素麺は、かなり太めで素麺とは思えんしっかりしたコシがあって一目も二目も置いてるんです。

そうめんは麺類の中では苦手な方なんですが、半田めんはええ印象やったんでヒトから貰ったまま大事に置いてたら食べそれてたんです。

そうめんって一定程度寝かしたヤツは「厄上がり」とかいうて出来たてよりじょーとーやなんて話を聞くじゃないですか。

わざと寝かした訳じゃないけど、ちょっとくらい賞味期限越えてもええやろうって気分やったんですよねぇ・・・。

で、今回食べるに当たって賞味期限を確認したらなんと「2013年1月」。

まさかこんなに長いこと放置してたとは思いませんでした。

”ちょっと前に貰うたなぁ”とは思ってたんですけどねぇ。(>_<)





食べ方としてはもう涼しい時期やったんで”にゅうめん”で行くことに。





古いそうめんを「鶏となすびの煮麺」で

*鶏となすびの煮麺

白だしをベースにナスビと鶏を入れた煮麺にしました。

ガキの頃実家で煮麺を食べる時って、けっこう鶏となすびを入れることがあったような気がするんですよねぇ。

なんとなく昔の食べ方を思い出してやってみました。

ダシや具はけっこう美味しく出来たんですが、肝心の麺はというと、どうも時間が経ちすぎて品質が劣化してたようです。

茹でてる時からちょっとクセのある匂いがしてたんですが、茹であがったのを水で締めて温め直してもそれが抜けず。

全部用意してからやったんで、そのまま食べたんですがちょっと心配でしたわ。(結果的には問題なし。)

作ってはるメーカーの方には申し訳なかったんですが、健康に不安の出るものはこれ以上食べたくなかったので、残ってた一束はゴメンナサイしました。

ちょっと古いぐらいでも平気で食べるんですが、明らかに品質の低下を感じるほど放置したらあきませんねぇ。

自分でも決して嫌で食べなかったんじゃなくて、大事に置いてたら傷ましたって感じなんでかなり残念でしたわ。


賞味期限切れのもんを食べるたびに思うんですが、もうちょっと在庫管理をしっかりせんとあきませんねぇ。

今回は食べ物に対してほんまに申し訳なかったですわ。




*朝の体重:58.35kg。(ちょっと減ったけどまだ目標オーバー。)

*今月の休肝日:5日(昨日は酒を抜きました。)



posted by えて吉 at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする