2023年01月13日

こんな吉野家で牛丼食いたくないぞ

昨日、チョロッと内装の写真だけアップしましたが、朝メシに入った吉野家の店内が違和感ありまくりでした。

8時頃に家を出て阪和道で和歌山方面へ。

湯浅ICで高速を降りて国道42号線に入って南下。

御坊市内で真新しい吉野家を見かけたんで朝メシを食べることに。




外観は一応普通の吉野家

*真新しいけど外観は一応普通の吉野家

駐車場の舗装も建物もピカピカでごく最近開いたような感じでしたが、入るときは特に違和感なかったんです。




カウンターで注文するセルフ方式

*カウンターで注文するセルフ方式

店内に入ったらちょうどフロアに店員さんがおったんで「並、つゆだくで」って注文したらカウンターを指さされてあっちで注文してくれと。

とまどいながらカウンターに行って注文したら、その場で先に会計をして少し待つと牛丼の載ったトレイを渡されました。



紅ショウガやお茶、箸までセルフサービス

*紅ショウガやお茶、箸などもセルフサービス

テーブルには紙ナフキン(ナプキン)しか置いてなくて、カウンターのすぐそばのこのコーナーで全部済ませる必要があるんです。

紅ショウガ大好きな私としては、途中で紅ショウガが追加しにくいだけで非常にマイナスですわ。

七味は何個か置いてたんでルールは分からんけど、他に客もおらんかったんでテーブルまで持って行きました。

省力化にはなるやろうけど、ショウガ入れとか七味、箸くらいテーブルに置いてくれって感じますわ。

そりゃそれぞれのもんを補充する手間は減るんかもしらんけど、そこまでせんと儲からんなら素直に値上げしてくれって思いますわ。


チープなカフェ風の店内

*チープなカフェ風の店内

中学ぐらいから35年以上”吉野家が大好き”で通ってますが、その当時からしたらかなりこの御坊店は別として一般的な店舗もだいぶ変わりましたよね。

まず席での会計がなくなってレジでの会計に変わりましたし、家族連れなんかを意識してカウンター以外のテーブル席も出来ました。

昔の場末の真っ当な人が近づきにくいような雰囲気に戻せとは言わんけど、今一般的な作りまでで止めて欲しいですわ。

こんなニトリで素人が揃えたチープなカフェみたいなとこで牛丼食うたら美味しさ何割か減でしたもん。(>_<)

で、カウンターでの注文かってかなり不便ちゃうんでしょうか。

私みたいに最初から牛丼の並、つゆだくって決まってりゃええけど、取り込みたいであろう家族連れなんかメニュー決まるまでカウンター前でごちゃごちゃするんですかね?

御坊には悪いけど、客がそんなに一時に固まらんって読みでカウンターなんでしょうか。

提供に時間掛かるもんとかはどうなるんやろ?メニューをじっくりみたらあかんの?

席に座って牛丼食べながら色んな疑問が浮かびまくりでしたよ。

落ち着かん環境で食べた吉野家の牛丼

*落ち着かん環境で食べた牛丼

都会のランチタイムに混む店でこのスタイルは絶対無理やと思うんですけどねぇ・・・。

かつて大量出店がたたって会社が傾いたことありましたが、おされーを目指して転けんとええですけどね。

とにかく古くからの吉野家ファン、愛好家としちゃこんな薄っぺらなカフェみたいな店はほんまに勘弁して欲しいですわ。



posted by えて吉 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月28日

中華の「あんかけおこげ」がおかきで代用出来てびっくり!!

昨日の昼はネットで見かけたイチビリ系のネタを試してみたんでサクッとご紹介します。

一昨日だったかにツイッターのTLに流れてきたのがパリッコって人のこんなネタでした。

大大大成功!「おかき」とレトルト中華丼の具で、お手軽に「中華おこげ」を再現

高級品を別のモノで代用するとか、安いモノがちょっとした加工でえらく美味くなるってたぐいのネタはいくつか読んで実際に試したことあるんですが、ネタのためのネタやなぁって思うこともしばしば。

やってみたら大して美味くなかったりってのもあるんですが、今回のは個人的にけっこう気に入ったんです。




昨日、酒を買い出しに行った帰りに地元のスーパーに寄って昼メシをどうしようか悩んでました。

麺類のコーナーに行ったときに、そういえば前日に作ったあんかけラーメンの具が残ってるなぁと。

その時に使ったもやしもまだ半分くらいあったのも思い出しました。

すると上でリンクを張ったネタのことを思い出して、おかきを買えば似たようなヤツが試せるやんと気づきました。





あんかけおこげの代用にしたおかき

*中華のあんかけおこげの代用にしたおかき

ちょっと高めの中華料理屋なんかにある「什錦鍋巴(五目おこげ料理)」とか「海鮮おこげ」ってけっこう好きなんですよねぇ。

揚げたての鍋巴(グオバァ?グオバ?)に目の前で餡がかけられてじゅーじゅー言うのって、見た目だけでも嬉しいですし。

もともとトロミの付いた料理も好きなんで、わたし好みの料理やと言えますわ。

おこげ(鍋巴)自体は中華食材店なんかで見かけることはあるんですが、家で大量の油を使って揚げモノするのは後の油の処理を考えるとようせんのですよねぇ。

それがこんなおかきで代用出来るなら楽ちんですわね。

ネタ元のぱりっこさんはレトルトの中華丼の素を使こうてはりますが、手元にあんかけラーメンの残り物があったんでそれを使うことに。

海鮮とか足せば高級感が出たかもしれませんが、今回は試しってことで残ってたもやしを足しただけでヨシとしときました。

元があんかけラーメンのスープみたいなもんやから、トロミが弱いかと思ったんですがもやしを追加したらけっこうええ感じやったんで片栗粉の追加はなしで。

おかきは無駄なあがきと思いつつも電子レンジでチンしてみたんですが、大して熱くはならず。
 *当然、バチバチ言うほど熱々にならんのでそこは我慢。




おかきで中華のあんかけおこげ風

*おかきで中華の”あんかけおこげ”風

最初に一番外側であんがほとんど掛かってないオカキと具を一緒に食べると、

 「うん?あんまり大したことないかな?」

って思ったんです。

おかきがバリバリで自己主張してるから、イメージしてるおこげとは違うなぁと。

でも、気を取り直してもやしの山の中に埋もれてるおかきを引っ張り出して食べてみるとびっくり。

表面が汁気で少ししっとりして、内側はまだカリカリしてて、口の中で混ぜながら食べると

 「中華料理屋のあんかけおこげや!!」

って思いましたわ。

具の方がショボイから高級感はないけど、あの揚げたてのおこげのさくさく感とかにかーなり近かったですわ。

食べ進めてもおかきの内側のサクサクした感じはずっと残ってて、本物のおこげやとすぐヘニャッとなるの較べてヘタするとこっちの方がええやんってくらいに思いましたわ。

いやー、ネットのキワモノ系の食べ物ネタとしては、思いつく限り一番のヒットに感じましたねぇ。

7割くらいは疑って作ったんですが、ネタ元のぱりっこさんには申し訳なかったですわ。





*朝の体重:58.25kg。(夜の体重では減るかと期待したのになぁ・・・。)

*今月の休肝日:8日(今日はコロナのワクチン打ったし酒抜くぞ〜。)



posted by えて吉 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月27日

八尾の恩智の「乾酒店」へ買い出しに

今日は11時過ぎから日本酒が切れかけてたんで買い出しに出かけてました。

私は日本酒が大好きですが地酒の銘柄とかさっぱり分からんし、ほとんどこだわりないんです。

ただ、燗酒にするときに「九頭龍」って酒が自分にはしっくりくるなぁと。

でもこの酒ってあんまり普通の酒屋で見かけたこと無いんですよねぇ。

ネットやと送料が500円以上掛かるのが辛くて自分用に取り寄せる気にはならず。

そんな九頭龍ですが、行きつけの割烹「希翔」でたまたま出してたことがあったんです。

次からこれがあったらこればっかり注文すると思うなんて言うたから最近は継続的に仕入れてくれてはるようです。

割烹の大将にどこで買えるか聞いたら、今回行った八尾市の恩地の方にある「乾酒店」ってお店を教えてくれたんです。

店のことを教えてもうたのはもう半年以上前やと思うんですが、手元の日本酒が切れそうになってついに出かけることに。

最寄り駅は近鉄の「恩智駅」になるんですが、周りになんにもない住宅街の奥にありましたわ。





やってないかと思った八尾市の恩智にある「乾酒店」

*やってないかと思った八尾の恩智の「乾酒店」

狭い住宅街の道の奥に店はあったんですが、シャッターが閉まってて、一瞬得意の「勝手ながら」を食らったかと。

狭いとこで方向転換して車を止めて玄関らしきにときに行くとインターホンを鳴らしてくれと。

鳴らしてみたら2階へ上がって下さいと案内されてほっとしました。

2階に上がっても受付カウンターみたいなもんがあるだけで酒瓶は見当たらず。

カタログから酒を選ぶスタイルなんで、ジャケ買いならぬラベル買いは出来ないですね。

最初から買おうと決めてた九頭龍があるか聞くと、あることはあったんですが、在庫が少なくて2本だけしかないとのこと。

ほんまは4本買うつもりやったんですが、仕方が無いので九頭龍は2本にしてあとはオススメ一本と適当に一本をチョイス。



九頭龍、愛宕の松、篠峯

*乾酒店で買うた「九頭龍」、「愛宕の松」、「篠峯」

値段は九頭龍が2640円、愛宕の松が2000円、篠峯 純米 遊遊が2300円でした。


九頭龍以外も、燗酒におすすめってなリストの中から選んだんで楽しみですわ。

うちから車で20分くらいは掛かるんですが、送料に1本500円とか払うのは嫌なんでこれからも買いに行こうかと思いますわ。

ただ、行きはグーグルマップのナビに頼ったんですが、うちの近所からやたらと入り組んだ村中のルートを案内されて閉口しました。

次からは店の近所までは自分の知ってる大きな道を通って、最後だけナビに頼ろうと思いますね。






*朝の体重:58.10kg。(うーん、もうちょっと軽いかと期待したのになぁ。)

*今月の休肝日:8日(買うた酒を味見したいから今日は飲もっと。)
 
 
posted by えて吉 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月25日

側道を閉鎖した御堂筋を散歩

この前の日曜日はものすごーく久しぶりにミナミに出かけてました。

ちょっと前にニュースで御堂筋の側道を閉鎖して歩道にしたり、そこにキッチンカーが出たりしてるっての見たんです。

普段なら人での多そうな週末に繁華街に行こうとは思わんのですが、キッチンカーとかの様子を見るなら週末の方がええかと敢えて出かけることに。

JRなんばから千日前通りを御堂筋まで歩いて、そこから北上することに。


側道を閉鎖した御堂筋を散歩

*側道を閉鎖した御堂筋を散歩

千日前通りからすぐ北側はもう側道が完全に工事されて歩道が拡幅されてましたね。

そこから少し北に行くとまだ側道自体は健在でバリケードを使って閉鎖だけしてました。

心斎橋あたりになると古着屋とかフードトラック、ベンチなんかが置かれてました。

この日に見た限りではとりあえず閉鎖しただけで、活用はまだまだこれからって感じでしたね。

もっと飲食店とかが出来て側道自体を別の使い方してるかと思ったんですがそこまでじゃなかったですね。



長堀通りまで上がってから、戻りは心斎橋筋の商店街を歩いてみました。

コロナで外人の入国を制限してたときはかなり人通りがすくなかったけどけっこう人が出てましたね。

ただ、商店街の店舗はまだテナント募集中のとこも多くて、ほんまの回復はまだもうちょいかかりそうでしたね。

とはいえ、コロナ前のインバウンド目当てのドラッグストアばっかりが戻って私らは歩こうと思わんでしょうけどね。

道頓堀の路面店はかなり戻ってて、えらい人で行列だらけでしたわ。

欧米系の外人以外ではアジア系はなんとなく前より中国人は少なくて他のアジアの人が多かったですね。

外人客は戻り切らんけど、日本人の観光客はかなり多く感じましたわ。

たこ焼き屋や串カツの店は大行列、うどん屋の今井も何十人か並んでましたね。

相合橋筋まで行って正宗屋もチェックしたんですがここも何人か並んでてミナミで飯を食うのは断念。




地下鉄の御堂筋難波駅から電車に乗って天王寺に戻って軽く飲み食いすることに。





天王寺の「海鮮酒場 おか長」で昼飲み

*あべちかの海鮮酒場 おか長

しばらく前に神戸のツレMとここに来たのを思いだして入ってみました。

ミナミの地下街で適当に入ろうとして満席やった店があるんですが、屋号は確かめんかったけど写真を見たらメニューが一緒なんで別の支店やったようですわ。(^_^;)

ミナミを歩きながら缶ビールとチューハイを一本ずつ飲んでましたが、とりあえず瓶ビール(410円)でスタート。

ホルモンスタミナ焼き390円に今季初の牡蛎フライ410円、正体が分からんかったニラ玉350円におでんを4つ。

日本酒300円を追加して、〆てお勘定は2340円。まぁまぁ納得出来る値段でしたかね。

お店のフロアを担当してる若い娘さんらがええ表情で気持ち良く飲み食い出来ましたわ。

この日はトータルで8500歩を越えたんで出かけた甲斐がありました。



*朝の体重:57.60kg。(久しぶりに目標クリア出来た。)

*今月の休肝日:7日(今日は飲むよ。)


posted by えて吉 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月24日

伊東の田中屋製麺所の生ラーメン

この前に熱海に行ったときに買うた地元の生ラーメンをサクッとご紹介します。

干物と塩辛を買いに行った日、店が対面にあったんでまずは店を通り過ぎて「JAふじ伊豆 いで湯っこ市場」っていう産直市場へ行きました。

前にも寄ったことがあって冷凍で猪肉や鹿肉を置いてたり野菜もけっこう安くて知り合いのSさんはよう行ってるようですわ。

で、今回は翌日に帰るし、干物を持って帰るのに保冷剤もあるから、そこで売ってる生ラーメンを買うたんです。




伊東の田中屋製麺所の生ラーメン

*伊東の田中屋製麺所の生ラーメン

確か値段は1つ100円だったかと。

Sさんが実際に買うて麺も良かったし、スープもまずまずやっと。

前に寄った時は帰る日まで日数があったから無理やったけど今回はせっかくなんで2つ買うてみました。






大阪に戻って翌々日だったかにさっそく食べてみました。




伊東の田中屋製麺所の醤油ラーメン

*田中屋の醤油ラーメン

スープはどれくらいの水で伸ばすか書いてなかったんで、適当に薄めてほんのちょっとだけ塩気を補いました。

麺の茹で時間が硬めなら45秒、普通で1分ってのがえらい短くてびっくりでした。

たしかにスープもええ感じの醤油味で麺はけっこうしっかりしたコシがありましたわ。

昔ながらの中華そばって感じで、これが100円ならなかなかええなぁと。

次いつ買えるか分からんけど、これもチャンスがあったら干物同様また買いたいと思いましたわ。




ちなみに今日の昼ご飯は今から残りの1つを食べる予定ですわ。(今日が賞味期限。)





*朝の体重:58.55kg。(うーん、高止まりが続くなぁ。)

*今月の休肝日:6日(今日は休肝日にせなしゃあないなぁ。)

posted by えて吉 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月05日

アルテオンを初めて洗車

今日はアルテオンに乗り出して初めての洗車に出かけてました。

マンションに洗車出来るところがないんでなかなか洗車する機会がないままけっこう時間が経ってしまいました。

近所のコイン洗車場に行ったんですが、ここはノンブラシ洗車機があるんでコーティングしてるアルテオンでも行けるやろうと。

洗剤と水洗いだけのコースでサクッと全体を洗ってから、水滴を取りがてら残ってる汚れを拭き取りました。

特に洗剤は使ってないけど、拭くだけでほぼ汚れが取れてピカピカになったんはまだまだコーティングが効いてるんでしょうねぇ。

アルテオンに乗り出して初めて洗車

*アルテオンシューティングブレークを初めて洗車

アルテオンは見た目に惹かれて買うたんで、やっぱりキレイになると嬉しいですねぇ。

ずっと汚れてたんがストレスやったんでかなりスッキリしましたわ。

ディーラーでやったけっこう高いコーティングですが、いつまで効果が続くんでしょうねぇ・・・。






*朝の体重:58.20kg(ある程度減ったからヨシとしよ。)

*今月の休肝日:1日(昨日は酒を抜きました。)
 
posted by えて吉 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月12日

実家で食べてた懐かしい洋食を再現

一昨日の晩ごはんに子供の頃実家で食べたような洋食を作ったんでサクッと上げておきます。

懐かしい洋食を作ろうと思ったきっかけはこの前の入院中に食べた病院での晩ごはんがきっかけでした。



まずはそのきっかけになった病院食をご覧下さい。




実家で子供の頃食べた洋食を思い出した病院食

*子供の頃実家で食べた洋食を思い出した病院食

茹でたか、蒸したかしたような鶏モモ肉にケチャップ味のタマネギなんかがソースとして乗ってました。

これ自体はコショウも入ってないせいか、かなり眠い味で塩気も薄過ぎて、持って行った塩をほんのすこし足したんです。

でも食べながら「なんかに似てるなぁ・・・」って思ってたんです。

何に似てるかしばらく考えてて思いついたのが、ちびのころに実家でおかんが作ってくれた洋食でした。

入院中に退院したら酒抜きでなにを食べるか考えてて、懐かしい実家の洋食を作ってみようかと思いリストに入れてました。


実家の洋食のポイントは、メインの鶏を焼くのにバターを使う、トマトソースではなくケチャップがメインの味付け、コク?を出すのにコンソメを加えるって感じでしょうか。

コンソメとバターって私の中じゃ昔の家庭洋食の定番の組み合わせなんですよねぇ。

最近自分が洋モノの料理を作る時ってトマト系の味ならどっちかと言えばイタリアンっぽいのを作るんで、バターもコンソメも使わず、ケチャップの代わりにトマト(orトマトソース)を使います。

今回はあえてガキの頃に食べたっぽい味を狙うことに。


鶏モモ肉は裏の分厚いとこを開いて切り目も入れてやりました。

塩をして、普段よりごく少なめのコショウを振り、皮目を下にしてフライパンへ。

鶏の周りにスライスしたたまねぎも加えてフタをして蒸し焼きに。

鶏だけをバターで焼いて、タマネギとケチャップのソースを掛けるスタイルにするか迷ったんですが、今回は煮込みにすることに。

弱めの火でじっくり鶏を焼いて裏返してまたしばらく加熱。

白ワインを注ぎ、ケチャップだけやと甘すぎるかと思いトマトソースもキューブ2つ分投入。

ここでコンソメ少々とバターを一欠片加えて、スライスしたマッシュルームとレモンも加えて煮込みました。



出来上がったのがこんな晩ごはんです。




実家で子供の頃に食べた洋食「鶏のレモンケチャップ煮込み」など

*子供の頃食べた洋食「鶏のレモンケチャップ煮込み」など

イタリアンっぽく作ってたらご飯とは合わせる気にならんのですが、懐かしい洋食風にしたんでなんとかご飯でもありでしたわ。

汁物は前々日に作った残りでダシパックで引いたダシに傷みかけの白菜をたっぷり加えたもの。

茹でたアスパラと惣菜のマカロニサラダが残ってたんでそれを並べました。

このあたりはちょっと病院食に似せてみました。

コショウは控えめやけど、バターとレモンの風味がけっこう効いてて病院食よりだいぶん美味かったですわ。

料理の手順とか細部の味付けは昔食べた実家洋食と違ってるとは思いますが、なんとなく子供の頃を思い出せる味でけっこう良かったですわ。






今回の料理はオカンが作ってたんですが、料理をやりだした高校生ぐらいにはこれに似た別のレシピを自分で考えて一時は持ちネタにしてましたねぇ。

鶏にカレー粉をまぶして、小麦粉を打ってたっぷりのバターで焼いたとこに、別で作ったケチャップ系のタマネギのソースを掛けてました。

タマネギはスライスでは無くてみじん切りにしてましたねぇ。

ほんまは久しぶりにそっちを作りたかったんですが、カレー粉は唐辛子なんかがまだNGなんで我慢したんですよねぇ。

料理をやりだした頃って、洋モノならどんだけ勇気を出してバターをたっぷり使うかがポイントやなんて思ってましたわ。

今じゃバターなんてほとんど使わないんで、カットして冷凍してるヤツがなかなか減らないんですけどねぇ。




*朝の体重:57.20kg。(久しぶりにちゃんといつもの条件で計ったな。)

*今月の休肝日:10日
posted by えて吉 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月19日

同じ食材で丼と焼き飯

引っ越しの荷物の整理は物置部屋と決めた一室以外はとりあえず落ち着きました。

その部屋は本やCDと事務関係の書類なんかが箱詰めのまま残ってます。

その部屋はそんなに急がないんで昨日と今日はあんまり作業をせんと割とゆったり。

ちょっと日常生活っぽい雰囲気で過ごしてます。





牛そぼろ目玉焼き丼

*牛そぼろ目玉焼き丼

食べたのは17日なんですが、神戸物産の業務スーパーで売ってた瓶詰めの牛そぼろを目玉焼き丼に添えてやりました。

ネギと紅ショウガも乗せて、うえからちょいちょいと鎌田のだし醤油を落としてから、全体をよく混ぜて食べました。

そぼろだけやと汁気がないからパサつくなぁと思ったんで、半熟の目玉焼きとだし醤油をかけて全体を混ぜたんですがまずまずええ感じになってましたわ。



それで今日も昼メシにおんなじモン食べとくかと材料を並べたんですが、なんとなくオモロ無いなぁと思ったんで同じ組み合わせの食材で焼き飯を作ってみることに。

チンしたご飯をボールの中の溶き卵に加えて全体をよく混ぜて、コショウと鶏ガラスープの素を振りかけました。

フライパンに油を引いて、玉子と混ぜたごはん投入。

じんわり炒めて全体がパラッとして来たらてけとーに牛そぼろを加えて更に混ぜて、最後に青ネギを加えたら出来上がり。

皿に盛ってから紅ショウガを添えてやりました。


牛そぼろチャーハン

*牛そぼろチャーハン

全体の味付けはあっさり目でしたが、そぼろが濃ゆいんでちょうどええ感じでしたわ。

世間じゃチャーハンはパラパラな方が出来がええとされてるようですが、私にはちょっとパサ付いて感じてしまいました。

途中でニョクマム(魚醤)を垂らしたり、激辛のソースを垂らして味を変えながら頂きました。

両方を較べると自分には目玉焼き丼の方がパサつきが少なくて好みですかねぇ・・・。(^_^;)





*朝の体重:57.85kg。(なんとか目標クリア。)

*今月の休肝日:3日(今日は久々に酒抜くとしよ。)

posted by えて吉 at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月20日

旅行が中止になって家でとんこつラーメン

全国でコロナの感染者がえらい増えてますが、元々の予定なら今日から九州に旅行に行く予定やったんです。

もともとは去年の12月にishさん、だいこんさんと3人で博多と広島に行こうって計画があったんです。

それが中止になってその代わりで企画したのが今回の旅で1日目熊本、2日目博多に泊まるって予定でした。

しかし、年明けからのオミクロン株の猛威で先週ぐらいに中止を決定。

初めて博多で本物の鶏の水炊きを食べるだとか、大好きな熊本の「バー・コロン」に行くなんて予定も全部一旦は白紙に。

そんな状況で昨日の晩ごはんはなかなか献立が決まらんかったんですが、しばらく前に買うてた博多風のとんこつラーメンを食べることに。





九州旅行が中止になって家でとんこつラーメン

*九州旅行が中止になって家で「博多風とんこつラーメン」

日清の麺とスープがセットになったトンコツラーメンを買うたのはしばらく前でした。

九州に行く前にへぼい豚骨ラーメンを食べて、本場で本物を食べたら逆に値打ちがよう分かるやろうなんて思ってたんですよねぇ。

以前熊本で食べたらとんこつラーメンも商店街のなにげない店やのにめっちゃ美味かったんですよねぇ。

それに博多に詳しいishさんは当然のように大好きなラーメン屋を持ってはって、そこはめっちゃ昔ながらで獣臭いタイプ。

少なくとも博多か熊本のどっちかでは行ったでしょうし、ヘタすると2晩続けて別のタイプのとんこつラーメンを食べてたかもしれないですよねぇ。

そんな旅行がコロナ禍で吹っ飛んでしもうたんは、めっちゃ残念ですわ。

博多の水炊き屋もishさんが予約してくれてたし、熊本のバーコロンにも私が事前に連絡して行くことを伝えてたんですよねぇ。

昨日とんこつラーメンを作るにあたって、スープたっぷりが好きな私は手持ちのとんこつラーメン用で小袋になってるスープを1つ使って増量。

ちょっとでも向こうの雰囲気を出そうと乾物のキクラゲも事前にお湯で戻しておきました。

兵庫の日の出精肉店の焼き豚を冷凍してたヤツも戻して、トースターで軽く温めました。

盛り付けたり写真を撮ったりしてると麺が伸びると思ったんで、元々の茹で時間が1分しかないのを20秒弱早めに揚げて丼へ。

急いで盛り付けて写真を撮って、いただきまーす。

大手のメーカーが全国的に売るヤツやからスープのクセは弱めで麺もやっぱり写真を撮ったりしてたら、やや柔らかめに。



ここで、魔が差したというか、自棄になったというか・・・・。

博多じゃとんこつラーメン食べる時は替え玉が必須なんてことをishさんからよう聞いてたんですよねぇ・・・。

旅先じゃ先に飯食って、バーに行って夜中にラーメンってことになるから替え玉はようせんわなぁと。

ほんならスープも多めに作ったことやし、旅行が中止になった腹いせ?やし、なんて色な言い訳を並べて替え玉をシバくことに。

丼に残ってたスープを鍋に戻して温め直し、別鍋でまた硬めに麺を湯がいて2杯目行ったりました。

今度は麺をへたらせたくないんで、盛り付けなんか考えず残ってた具をババッと乗っけて、すぐ食べ始めました。

麺自体はやっぱり本場のヤツとはちょっとちゃようにも思いましたが、ちょっと2玉目で硬めの麺はなかなか良かったですわ。

ちなみに2杯目の途中からは高菜の漬け物、一味なんかを加えてちょっと変化も楽しみました。

普段は体重を維持してるから麺やご飯ものの量をかなり意識して抑えてるんですが、昨日は久々にがっつり麺を食べて大満足でしたわ。

まぁこんなムチャしたら当然のように今朝の体重は一気に目標オーバーでしたけどね。(^_^;)


*朝の体重:58.40kg(一気に大デブり。)

*今月の休肝日:6日(昨日は酒を抜きました。)




posted by えて吉 at 19:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月06日

正月なんで贅沢に博多風鶏の水炊き

今年の正月は出来るだけ食材の買い込みを控えたつもりでした。

そのために29日ごろには翌日、大晦日、三が日と食べるメニューをざっくり決めてみました。

とはいえ、30日に急に思いついてコロッケを買いに行ったんで初日から予定が狂ったんですけどね。(^_^;)

2日の夜は一応予定通りのモンを食べようと朝イチで冷凍庫から鶏の骨付きを出して解凍。

この鶏はあらかじめ正月に鶏の水炊きをやろうと12月の終盤にスーパーで買うて、数日だけ冷凍してたものです。





正月なんで贅沢してスープを2つ

*正月なんで贅沢してスープを2つ使用

”博多「華味鳥」水たきスープ”っていう鍋用スープを贅沢にも2つも使こてやりました。

戻した骨付き鶏を昼頃からこのスープに酒、水を加えた中で煮込んで保温鍋で夕方まで放置しておきました。



コンロでしっかり煮込み

*あらかじめコンロで煮込み

夕方になって水炊きをやる段階でカセットコンロでもIHコンロでも使える鍋に野菜を入れて、骨付き鶏とスープを注いで煮込んでやりました。

この鍋を使うようになってIHコンロの方で先に煮込んでカセットコンロの方はごく弱火で加熱するんで、ボンベの持ちが非常にようなりましたわ。



鶏の骨付きで博多風鶏の水炊き

*鶏のぶつ切りで博多風鶏の水炊き

座卓のカセットコンロに鍋を置いてから、豆腐や水菜を食べる分ずつ加えました。

ツマミは年末に作った残り物の鶏むね肉の蒸し鶏、山菜の水煮を味付けしたモノ、野沢菜とキャベツのわさび風漬け物、マイカの沖漬けのワタ和え、イカ明太子、自家製牡蛎の佃煮です。

ここで使ってるカセットコンロって確か去年買うたと思うんですが、買うて大正解やったんですよねぇ。

弱火の調整が非常にやりやすくて、しかも元々省エネタイプやからほんまにボンベの減りが遅いんですよねぇ。

イワタニみたいな真っ当なブランドのもんを買うのは無駄に高く付くかと思いましたが、ほんのちょっと高いだけやからめっちゃ値打ちありましたわ。





この日ちゃんとお腹が膨らむまで水炊きを楽しんだんですが、骨付きの鶏もスープもたっぷり残りました。

そこで翌日の3日は朝から箱根駅伝を見ながらもういっぺん水炊きを楽しむことに。



翌日は朝からもう一度水炊き

*朝からもう一度水炊き

正月3が日とはいえ、朝の9時台から鍋やって飲むってのはなかなか感慨深かったですわ。

ちなみに真ん中にたっぷり乗せてる九条ネギは親父が奈良の家の庭で育てたもんです。



2回目の鍋を楽しんでもけっこうスープがあまり、鶏の骨付きも大なのが2つ残ってました。

そこで休肝日の4日は残ったスープでラーメンを食べることに。




残ったスープでラーメン

*残ったスープで鍋焼きラーメン

具としてはエノキとたっぷりのキャベツを加えてやりました。

味付けの方はほぼ塩だけですが、元々の鍋用スープの素がしっかり濃ゆい上に骨付き肉をたっぷり入れたんで旨味たっぷりです。

塩味だけで十分美味いスープになってたんで、別鍋でたっぷりのお湯を沸かして鍋用ラーメン1束(約60g、約200kcal)を湯がいてやりました。

2分ほど湯がいただけやとまだだいぶ固かったこともあって、鍋のスープの中でしばらく煮込んでから食卓へ。

体重に余裕無かったから麺の量を控えめにしたですが、スープが美味かったこともあってこの倍くらいは食べたかったですねぇ。




ラーメンを楽しんでもまだスープがちょろっと残ったんですよねぇ。

濃厚なスープやから捨てるなんてことは無く、今朝もう一度そのスープを使うことに。




最後に雑炊で食べ切り

*最後は雑炊で食べ切り(写真がブサイクですが。)

今日の朝ごはんに冷凍ご飯1パック分加えて雑炊。

鍋の〆なら具無しでもええんですが、朝めしなんでキャベツの千切りと残ってたえのきを足してやりました。

ここまでしっかりスープを楽しんだら鍋用スープを2つ買うて500円ちょい掛けたんも十分元が取れたって気になりました。







私は博多で本場の水炊きって食べたことないんですよねぇ。

それで再来週には博多に知り合い2人と出かけて本場のを食べることになってるんです。

正月に博多っぽい白濁スープで水炊きをやったから本物と較べられると楽しみですわ。

でもここ最近急に大阪や東京じゃコロナの感染者数が増えてきてますよねぇ・・・。

また非常事態なんかが出て飲み食いに制限がかからんことを願うばかりですわ。



*朝の体重:57.95kg弱。(外食したけどギリギリ目標クリア。)

*今月の休肝日:1日(今日は休肝日。)




posted by えて吉 at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月20日

久しぶりに鶴橋の「川徳」でうなぎの白焼き

ちょっと前に久しぶりに鶴橋のうなぎ屋「川徳」でうなぎの白焼きを買うたんでご紹介しておきます。

買うたのは11月30日なんですが、この日は色んな用事をこなすために車で出かけてました。

いくつかの用事のあと、次の用事まで時間が中途半端やなぁと考えてたら急に鶴橋の鰻屋のことが頭に浮かんだんです。

この日のだいぶ前から久しぶりに川徳のウナギの白焼きが食べたいなぁとは思ってたんです。

ただ、前より家から遠くなったし、基本はプロ相手の店やと思ってるから客の落ち着く時間帯に行きたいなぁとか考えてると延び延びになってました。

鶴橋の市場は耐震性の問題で立て替えの予定があるとかで、閉めてる店も多いなんて聞いてたんでやってるか不安に思いながらも鶴橋へ。

店の近所のコインパーキングに車を止めて店の前まで行ったらちゃんと営業しててくれてホッとしました。

お店の人に聞くと白焼きも15分ほど待ったら焼いてくれるとのことで、1匹お願いしてしばらく鶴橋界隈をうろうろ。

時間になって出来上がった鰻を受け取ってから値段を聞くと2200円で、もっと高いのを想像してたから安く感じましたわ。

うなぎをゲットしたら八尾に戻って地元のジムで親父を拾って八尾警察へ。

実家の親父はしばらく前に車の運転を辞めたんですが、今回免許の更新時期になってもう免許も返納すると。

その手続きに警察署までおくったんです。

その後家で親父とマンションの関係のことで打合せをやって、その時に親父にも半分鰻をお裾分け。

1回で1匹丸々食べたら贅沢過ぎるから半分冷凍しようかと思ってたんですが、せっかくの美味い鰻やからええ状態で食べた方がええんで親父に食べて貰うことに。



久しぶりに買うた鶴橋「川徳」の鰻の白焼き

*久しぶりに買うた「川徳」のうなぎの白焼き

紙の舟に竹の皮を敷いて、それをざっくり包装紙でくるんでから袋に入れて渡してくれました。

こういう竹の皮に乗ってるだけで美味そうに感じますわ。



川徳のうなぎの白焼き半匹

*川徳の鰻の白焼き 半匹

電子レンジのおかずなんかをカリッと温める機能をつこうて温め直し。

出来上がりはウナギ自体の脂で表面がチリチリ言うててめちゃくちゃ食欲がそそられました。


ウナギ以外は鍋

*うなぎ以外はちり鍋で

うなぎだけでは腹が膨らまんので温まる意味でもええかと鍋をやりました。



カラスガレイの切れっ端でちり鍋

*カラスガレイの切れっ端でちり鍋

スーパーの魚売場をチェックしたらカラスガレイの切れっ端がかなりみっちりと詰まったパックが並んでました。

これで298円だったかはかなりお得に感じたんで鍋にすることにした次第です。

カレイには先に軽く塩をしてキッチンペーパーを上下に当ててしばらく冷蔵庫で寝かしました。

鱈の切り落としは時々買うてますが、カラスガレイはかなり久々に思います。

タラと較べるとちょっとしつこかったですが、久しぶりだったんでよしとしときました。


なんの記念日でもない自分の1人の晩ごはんのおかずに白焼きなんてかなりの贅沢でしたが、店で飲んだと思えば安いもんやと自己弁護しときました。

カリッと焼けた白焼きにわさびをちょいと載せて、醤油をほんの少し付けて食べるとめちゃくちゃ酒が進みましたねぇ。

贅沢なあてですが、それだけの値打ちは十分あって非常に満ち足りた晩ごはんを食べたなぁと思えましたわ。



*朝の体重:57.95kg。(なんとかギリで目標クリア)

*今月の休肝日:5日(今日はこのまま休肝日の予定。)


posted by えて吉 at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月28日

八尾の洋食屋「グリル平田」のエビフライにびっくり

今日は朝イチでいつもよりだいぶ少ない量の洗濯物を干しました。

それが終わった頃にはかなり腹が減ってたんですが、ええ天気やったんでとりあえず外に出ることに。

散歩がてら昼メシを食おうと思ったんですが、最初に思いついて向かったのが近所のベトナム料理屋。

思い切りローカルな住宅街のド真ん中にある店で、妹がしばらく前に持ち帰りで使ったら良かったと。

しばらく前に散歩した時に店の前を通って場所だけ確認してあったんで初挑戦と思ったんですが、あいにく定休日なのかシャッターが閉まってました。

そこから少し歩いた先に吉野家があるんで、最初はそこですき焼きみたいな鍋のヤツをアテにビールを飲もうかと。

でも吉野家がある国道25号線に出る直前に近所に行ったことない洋食屋が「グリル平田」があるのを思い出しました。

何回も店の前を車で通ってはおるんですが、入ったことはなかったんです。

そこへもうええ時期やからちゃんとしたカキフライが食べたいなぁとお店に向かいました。

店内に入ってお店の人が渡してくれたメニューを見たんですがあいにくカキフライは見つからず。

このお店はエビフライがウリのようやったんで、ポークカツとのセット2100円をご飯無しでオーダー。


生ビール(400円)をゆっくり飲みながら待ってたら、黒板のメニューにエビフライとカキフライのセットを発見。

もうカウンターの中の大将は料理に掛かってたんで、今回はカキフライは諦めました。

まぁ洋食屋の豚カツが食べたかったし、好きなくせになかなかよう頼まんエビフライもあるこっちゃしと気持ちを切り替えて
楽しみに待ってました。

そして現れた皿を見たらすんごいサイズの有頭エビフライが乗っててびっくり。

今まで自分で食べたエビフライじゃ一番デカイと思いますわ。

一緒に乗ってるトンカツもオマケって感じじゃなく、なかなかええサイズでした。

トンカツの下にはサラッとしたソースがあって、野菜サラダとポテサラの脇には作りたてって感じのタルタルソース。

トンカツはまずお皿にひかれたソースで一口、その後塩だけ、ウースターソースなんかでも食べました。

脂身はそんなにないけど、なかなか美味いトンカツでした。

巨大なエビはまずタルタルソースで、その後は塩だけでも食べました。

エビの頭はまず殻から足側を外して中の味噌や身を食べ、足もカラッと揚がってたんで塩を振って頂きました。

シッポの先と頭の殻はさすがに食べられそうになかったんで残しましたが、それ以外はパセリまでキレイに頂きました。

生ビール2杯飲んだら、ご飯は無しでしたが十分ええ感じにお腹が膨らみましたねぇ。

食後に薬を飲もうとしてたら、サッと奥さん?が白湯を出してくれたのにはびっくり。

この気配りでお店への印象が更にアップしましたよ。

そんなにしょっちゅう洋食を食べる訳ではないですが、ハンバーグとエビフライのセットも気になるんでまた行ってみようと思います。

お店を出たらそのすぐ近所にある普段は使わないスーパーをチェック。

そこでは特に買い物は無しで家の近所まで戻って、業務スーパーとサタケってスーパーで買い物して家へ。

5700歩ほど歩いたんでちょっとした散歩になったし、ビックリするほど立派なエビフライにも出会えてご機嫌でしたわ。




*朝の体重:57.05kg弱。(なんか減り過ぎな気ぃするんやけどなぁ・・・。)

*今月の休肝日:9日




40AD35E5-F907-4D21-B0AB-252C56941710.JPEG


posted by えて吉 at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月12日

買うた焼き豚で「目玉焼き焼豚丼」と「チャーハン」

ドライブがてら西脇市まで買いに行った焼き豚を使って焼豚丼をやったんでサクッとアップしておきます。

日の出精肉店を紹介する新聞のウェブ記事によるとおすすめの食べ方が焼豚丼だと。

スライスして普通にも食べたけど、せっかくなら丼もやってみることに。

焼き豚に付けてくれたタレが甘めでそのまま食べる時に使うより丼に使うた方が合うやろなぁとも思いましたしね。





日の出精肉店の焼き豚で「焼豚丼」

*日の出精肉店の焼き豚で「焼肉丼」

記事ではキャベツを乗せてましたが、なんとなく好みじゃなかったんで、目玉焼きと一緒に食べることにしました。

スライスした焼き豚をフライパンに並べてから弱めの火力で熱して、玉子を真ん中に置いて少しだけ水を垂らしてフタをしました。

焼き豚が固くなりすぎたら嫌やったんで玉子はかなりゆるめでヨシとしてご飯の上へ。

肉屋で付けてくれたタレを掛けて食べてみましたが、やっぱりごはんによう合うてましたわ。

最初は目玉焼きには触らず食べて、途中からは玉子を崩してチャーシューと絡めながら頂きました。

丼にするって言う食べ方はかなり好みに合うてましたわ。






あと、焼き豚の端っこの方は、細かく刻んでチャーハンにしてみることに。

刻んだ焼き豚には、自家製の中華風醤油ダレを絡めておきました。

解凍したごはんをボールに入れてしばらく冷ましてから生玉子を加えて、よく混ぜてから、フライパンへ。

ご飯がある程度炒まったところで、刻んだ焼き豚を投入。

最後にたっぷりのネギを加えたら出来上がり。






焼き豚の端で炒飯

*焼き豚の端で炒飯

こうやって食べるとけっこう焼き豚の食感が固めに感じましたわ。

しっかり噛みしめるようにして食べましたが、端の利用ってことを覗けば上の丼の方が美味いように感じましたわ。

まぁちゃんとした焼き豚入りの焼き飯自体を作るチャンスが少ないんで、これはこれでアリなんですけどね。


買うた塊の焼き豚の半分ほどはスライスしてすぐ冷凍。

凍らせてない分はあとスライス3枚か4枚だけになりました。

ほんまは今日ラーメンを作ってそれに乗せようと思ってたんですが、朝の体重が目標オーバーでラーメンは我慢。

ラーメンに乗せるのは冷凍してある分ってことにして、手元にある分は晩ごはんのアテに回りそうですわ。

2500円ってな値段はえらい贅沢に感じましたが、しっかり楽しんだ(まだ冷凍庫にあるし)んで値打ちありますわ。



*朝の体重:58.15kg。(昨日は3食とも控えめに食べたのになぁ・・・。)

*今月の休肝日:3日(ほんまは今日は休肝日やけどもう一日飲んだろ。)



posted by えて吉 at 13:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月19日

三宮のイタリアン「ペルドマーニ」の冷製パスタ

コロナの非常事態宣言が延長されて店で飲める日が遠のきましたが、しばらく前の外食ネタをサクッと。

ishさんからお誘いを受けて神戸でサシ飲みすることになり出かけたのは7月12日のことです。

この頃は神戸なら平日は飲めたんですよねぇ。(土日とかはアルコールアウトだったような。)

昼飲みってこと三宮で待ち合わせてお店に向かったんですが、ちょうど雨が降り出すとこで大雨になる前にギリギリでお店に飛び込んだ感じでした。

ランチに選んだのはishさんがかなり前から贔屓にしてはるイタリア料理店の「ペルドマーニ」。




三宮のイタリアン「ペルドマーニ」のランチのパスタメニュー

*三宮のイタリアン「ペルドマーニ」のランチのパスタメニュー

ランチは何種類かあったんですが、私はデザートがいらんので前菜とパスタのシンプルなセットを行くことに。

酒の方はどうせ2人なら軽く1本は空くやろうと最初からスパークリングワインをフルボトルで。





ペルドマーニのランチの前菜盛り合わせ

*ペルドマーニの前菜の盛り合わせ

千円のランチの前菜やのにしっかり手を掛けた料理ばかりが盛り合わせになってました。

これだけでけっこう酒が進むアテなんですが、堅気の人はランチにこれを酒無しで食べられるんですかねぇ・・・。

ishさんとしゃべりながらだったんで、内容は忘れてしまいましたがこぢんまり盛られた見た目以上の満足感がありましたわ。




ペルドマーニの「アジのマリネとオクラの冷製パスタ」

*アジのマリネとオクラの冷製パスタ(プラス300円)

前からishさんのブログでここの冷製パスタが美味いってのは読んでたんです。

それ以外にも私があんまり冷製パスタを食べたことなかったんで、迷わずコレをチョイス。

夏場に食べるスパゲティもんとしちゃ、これはめちゃくちゃ美味かったですわ。

酸味が効いた味でシンプルなんですが、これを選んで良かったと思いましたわ。

今回はこれだけしか食べてないんですが、前みたいに夜に人数集めてもっと色々食べたいモンですねぇ。






その後、しばらく神戸の街をうろうろしてからもうちょい飲むことに。






復活した神戸サンボア・バー

*神戸サンボア・バー

三宮の高架下が新しくなって色んな店が出来てて、その一角にありました。



まずはサンボア定番の氷無しハイボール

*サンボア定番の氷無しハイボール

最初の一杯はやっぱりサンボアと言えばってことで2人ともハイボール。

3杯か4杯ほど飲んでこの日は早々にお開きに。


コロナが終息するのはいつになることやらって感じですが、また神戸で飲み食いしたいもんですわ。




*朝の体重:58.10kg。(納得行かん目標オーバー。)

*今月の休肝日:6日(昨日は酒を抜きました。)





posted by えて吉 at 14:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月17日

業務スーパーの「トムヤムヌードル」

神戸物産の業務スーパーで売ってるグリーンカレーヌードルのことはアップしましたが、トムヤムヌードルをアップしてなかったのでアップしておきます。

順番としては先にトムヤムクン味のインスタントラーメンの方を買うて、美味かったんで後でグリーカレーの方を買うたって流れです。



業務スーパーの「トムヤムヌードル」

*業務スーパーの「トムヤムヌードル」

パッケージには”えび風味”とか”TOM YUM SHRIMP FLAVOUR”ってあるんで、実質トムヤムクンヌードルってことでしょね。

5個入りで248円なんでかなり安いですね。

作り方としてはチキンラーメンのように丼に麺を入れてお湯を注いで4分待てば出来上がり。

他に鍋で作る場合は1分半煮込めばええとパッケージに書かれてました。



初めて食べた時は、なんかやる気?が出て手元にあった具材を色々足してみました。






初回は色んな具を加えて豪華に食べた「トムヤムクンヌードル」

*初回は具を色々加えて豪華に食べた「トムヤムクンラーメン」

冷凍してあった生のレモングラス、小松菜、鶏モモ肉、えび、キクラゲ、シシトウなんかを先にお湯の中で煮込んでやりました。

麺を入れたら1分半で出来上がりなんで、麺を煮すぎないようにするためです。

出来上がってから生ライムも搾りました。

ここまでいじると元のスープの実力が分かりにくいですが、いかにもトムヤムクンって風味があったんでけっこう行けるやろうって気はしました。

麺自体はどこにでもあるインスタントラーメンの揚げ麺って感じには思いましたけどね。

これだけ具だくさんにして、フレッシュなライムの香りもあったんでかなり満足度の高い一杯になりました。




2回目は出来るだけ素の状態で味見をすることに。





2回目は素の状態に近い状態で食べた「トムヤムヌードル」

*出来るだけシンプルに食べた「トムヤムヌードル」

私が手抜きで袋入りのインスタントラーメンを食べる時は溶き卵だけ入れるんで、その食べ方で。

こうやって食べると麺は特に目立たんけど、やっぱりスープが美味いなぁと。

このラーメンを気に入ったんでグリーンカレーも買いましたが、両方ともええ感じですね。

日清のカップヌードルのトムヤムクン味を気に入って常備してますが、この2つを常備品にしてもええなぁと思いましたわ。



*朝の体重:57.90kg弱。(節制したつもりやのに大して減らんかった。)

*今月の休肝日:5日(昨日は酒を抜きました。)




posted by えて吉 at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月16日

鶏チャーシューと西山ラーメン濃厚味噌

私が普段買う生ラーメンは2食入りで高くても158円で、よく買うのがその商品が100円の特売になってる時。

2食で200円超えると途端に贅沢過ぎに感じて手が出なくなるんですよねぇ。

そんな私がしばらく前に買うた生ラーメンはなんと2食入りで418円!!

私の基準からしたらすんごい高級品ですわ。





珍しく買うた「西山ラーメン 濃厚味噌」

*珍しく買うた高級な「西山ラーメン 濃厚味噌」

これ3割引きで418円もしよるんで、定価やと600円もするようですわ!!

スーパーでなんかのフェアをやって並んでたんやと思うんですが、そのフェアが終わったせいでかなり賞味期限に余裕があったのに3割引きになってたんです。

味噌ラーメン好きでこんな高いヤツが濃厚味噌って言うてるんやからさぞかし旨いんやろうと。

で、元値が600円もするもん絶対自分じゃよう買わんから3割引きになってたら冒険してみようと思ったんですよねぇ。


かなり賞味期限に余裕があったから安心してたんですが、先月の後半からしばらく知り合いのSさんがうちにおったりもあってあっちゅう間に日が経ってしまいました。

気がついたら賞味期限を越してもうてて、慌てて食べることにしたのが10日のことです。

せっかくお高いラーメンやから、袋インスタントラーメンを食べる時みたいな溶き玉子だけってのも寂しいなぁと。

で、なんとなく思いついてラーメンのために鶏チャーシューを作ることに。

小鍋に濃口醤油、紹興酒、日本酒、みりん、白ネギの青いトコ、ショウガ、ニンニク、花椒、八角なんかを加えてしばらく煮込んでやりました。

耐熱のビニール袋に鶏モモ肉と作った醤油ダレを入れて、電子レンジの低温蒸し料理モードで加熱。

70度ほどの温度を保って1時間ちょい蒸してたと思いますわ。




お高いラーメンのために作った「鶏チャーシュー」

*仕上げに炙りモードで少し焼いた鶏チャーシュー

漬け汁の中で煮豚ならぬ、煮鶏になったヤツを取り出して、同じ電子レンジの「炙り焼き」モードで仕上げ。

少し表面を焼いてやりました。

写真では乾いてパサ付いてそうに見えますが、めっちゃしっとり仕上がってました。



鶏チャーシューを添えた西山ラーメンの「味噌ラーメン」

*鶏チャーシューを添えた西山ラーメンの「濃厚味噌ラーメン」

高いラーメンだけにスープも3つくらいの袋に別れてましたわ。

かなりたっぷりの脂?が入ってて確かにかなり濃ゆい味でしたね。

600円の値打ちがあるかって言われると悩みますが、麺もしっかりしたコシで美味かったしスープもなかなかのもんでしたわ。

といいながらも、ちょっと水の量を多めにしたんで自家製の辛味噌も足したんですけどね。








鶏チャーシューはまだ残ってたんで、12日はそいつを昼メシに活用してやりました。





残った鶏で「鶏チャーシュー丼」

*残り物を再利用して「鶏チャーシュー丼」

煮汁はちょっと塩気が薄かったんでしばらく煮詰めてタレにしてやりました。

パクチーと温泉玉子、紅ショウガ添えて食べたらなかなかご機嫌でしたねぇ。

ただ、ご飯が少なめやったんがちと残念でした。

体重に余裕があったら、倍くらいの量でガツガツ食べたかったですわ。





*朝の体重:58.10kg。(ちょっと納得行かんデブり具合)

*今月の休肝日:4日(今日は酒抜かんとあかんなぁ。)

posted by えて吉 at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月12日

台所で1人立ち食い焼肉

昨日の記事でも書きましたが、昨日は業務スーパーでかなりの量の食材を買い込んできました。

そのうちの1つが肉売場で目に止まったアメリカ産のハラミ肉。





業務スーパーで見つけた手頃なハラミ肉で焼肉

*業務スーパーで見つけた手頃なハラミ肉

400g入りで税抜き1080円やから税込みでもグラム300円弱とけっこう手頃な値段でした。

コレを見たら急に焼肉をやろうって思ってしまいました。




肉はタレを揉み込んで

*肉はタレを揉み込んで

私は焼肉の時は断然タレ派、それも必ず事前に牛肉にたれを揉み込んでおきたいんですよねぇ。

味付き無しで肉だけを焼くと、なんぼ後からタレをたっぷり付けても味が乗らん感じで苦手なんですよねぇ。

肉が1種類だけやったんで、焼き野菜はキャベツ、ししとう、ズッキーニ、輪切りのゴーヤーと用意して、冷蔵庫にあったチビッコい厚揚げも1つを1/3にカットして用意。





台所で1人立ち食い焼肉

*台所で1人立ち食い焼肉

1人やったらホットプレート出さんでもええかと、コンロの前に立って立ち食いスタイルで。

火力は弱めにしてゆっくり焼きながら食べました。

飲み物はウイスキーのハイボールと箱ワインの赤を用意。

台所で食べてると必要な調味料がすぐ取れるし、冷蔵庫に入ってるワインのつぎ足しも楽勝。

立ち食いしてるってのも、なんか嬉しくて?楽しみながらの1人焼肉でしたわ。

肉はパックの半分くらいしか食べてないから、コスト的にも安いし、今は店で飲めんからこれで十分やなぁって思ってました。



posted by えて吉 at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月16日

古い家飲みネタを10本まとめてアップ

今日は飲み食い写真の整理をやってたんですが、古すぎて普通ならボツするヤツの中から普段の晩ごはんネタを10個ほどまとめてアップしようと思います。

最近家の普段の晩酌ネタを上げてないんで、古いですが数で勝負しときます。

だいぶ前のことだけに詳細を覚えてないのが多いんでぱぁ〜っと写真を眺めて私の飲み食いの雰囲気だけ感じてみて下さい。



では、最初のネタは4月16日のヤツからです。





210716kimeji.jpg

*安かったきめじ(キハダマグロの幼魚)

スーパーの魚売場であんまり見かけない魚のサクが目に止まりました。

キハダ鮪がどの程度のモンかはよう分かってないけど、本マグロと較べたらだいぶ安いヤツやろうと。

そんなヤツの幼魚ってことやし、見た目からもなんか水っぽいっちゅうか味が薄そうには感じました。

それでもグラム100円で、けっこうええサイズの冊が329円とえらい安いんで買うてみることに。





210716dinner1.jpg

*キメジで用意した晩ごはん


この日は休肝日やったようですねぇ・・・。

普通ならこんな魚は買わんのですが、えらい安いから嘘ビールでしのぐことにしたみたいですわ。

細かく叩いたヤツはまぐろ納豆(きめじ納豆)に、厚切りして塩コショウした上で焼いたヤツにはトマトソースにタバスコを加えたピリ辛ダレ。

ある程度の塊に切り出して塩コショウの上、表面を炙ったヤツはぶつ切りにしてエスニック風のサラダに。

まぁこの値段なら文句ないって感じでした。



2本目は翌日の17日の晩ごはん。



210716dinner2.jpg

*惣菜と手作り料理で晩ごはん

・刺し身こんにゃく

・魯肉飯の具

・サラダの4種盛り(惣菜)

・鶏むね肉のミニハンバーグ

・きめじのエスニック風サラダ


この日は長らく冷凍庫におった皮付きの豚バラブロックを使って魯肉飯の具を仕込みました。

出来上がったヤツを晩酌のアテにちょろっと。

鶏むね肉は、ハッキリ覚えてないけど、胸肉を刻んでシシトウやらネギ、シャンツァイ(香菜)とエスニック風の肉団子にしたんだと思います。

残ってたキメジは生のまま刻んでレモンだったかの酸味を効かせたエスニック風にしたんだったかと。




3本目はまた次の日で18日です。





210716dinner3.jpg


・マヨネーズ系サラダ4種盛り

・セロリの浅漬け?

・魯肉飯の具で炊いた豆腐と煮玉子

・鶏モモ肉の焼き物


魯肉飯の煮汁に豆腐とゆで玉子を加えてやりました。

それとメインは小さめの鶏モモ肉をスキレットでシンプルに焼きました。




4本目は4月20日の晩ごはんになります。



210716dinner4.jpg


・豚もつの煮込み

・鶏モモ肉の焼き物

・ワカメとスライスオニオン

・もやしとカニカマの和え物

・キムチもやし(市販品)


この日は奈良の家の近所にあるスーパーに行ったんです。

そしたら下茹で済みの豚ホルモンが並んでて、それが2割引き。

定価でも300gほど入って278円と安いのに割引きで222円。

安さに惹かれたし、豚モツってあんまりこの辺じゃ見かけん気ぃしたんで買うてみました。

コンニャク、ゴボウと一緒に味噌煮込みにしてみました。

それ以外の料理ではワカメとタマネギのサラダがあるんで、体重がデブってたんかもですわ。



5本目は4月23日の晩ごはん。


210716dinner5.jpg


・春巻き

・ビンチョウマグロのすき身の塩焼き おろしポン酢

・白菜の浅漬け(市販品)

・キムチもやし(市販品)

・割り干し大根の煮物


春巻きはけっこう久しぶりに作ったと思うんですが、中身は忘れてしまいました。

なんか大葉を入れたように見えるんで、鶏とかであっさり系のを作ったんかも・・・。

あいかわらずすき身とか処分品の安いの見ると飛びついてしまってます。

割り干し大根は、奈良の家の庭で親父が大根を育てて、それを自分で乾物にして、戻して炊いたもんです。






6本目は4月24日の晩ごはん。



210716dinner6.jpg


・豚ホルモンの煮込み

・キムチもやし

・茹でパプリカ

・ビンチョウマグロの醤油煮

・割り干し大根

・ごぼうサラダ

お盆に残り物を並べただけのアテです。

でも飲める日にこれだけのアテがあったらなんも文句なく、大満足でしたわ。



一応小鉢系以外に一品だけ料理を。



210716dinner6-2.jpg

*鶏むね肉の塩レモン焼き

実家のオカンが作った塩レモンを胸肉にまぶして、ホットサンドメーカーを使こうてじっくりと弱火で焼きました。




7本目は4月25日に食べたモンです。



210716dinner7.jpg


・カニクリームコロッケ(惣菜)

・鮪の醤油煮

・白菜の漬け物

・キムチもやし

・割り干し大根

・ごぼうサラダ

・小松菜と湯葉の煮物(惣菜)



残りモンにクリームコロッケと小松菜の惣菜を足しただけでまるっきり料理してませんなぁ。





8本目は4月26日。




210716dinner8.jpg


・チキンカツ(惣菜)

・パプリカ

・セロリとミョウガの梅酢漬け

・砂ずりのネギ塩炒め(惣菜)

・豚もつの煮込み

・小松菜と湯葉

・白菜の漬け物

・マグロの醤油煮


この日も惣菜と残り物ばっかり。







9本目は4月27日。






210716dinner9.jpg

*シーズンラストの紅ズワイガニ


ベニが割と安い値段で並んでてもうラストかと買うた印象があります。

安かったこともあって味はほどほどやった気がします。




210716dinner9-2.jpg

*ベニズワイ以外に食べたモン


・春巻き

・砂ズリ

・ミョウガ

春巻きの中身は自信ないですが、もしかしたらサンドイッチメーカーで焼いた鶏むね肉の残り物を使ったんじゃないかと。




210716dinner9-3.jpg

*締め?の鯛飯

ベニズワイを買うたのに鯛まで買うたんはちょっと贅沢ですねぇ。

刺し身の割引きモノはあんまり買わんと思うんですが、これは割引きになってたんかも。

鯛の切り身をめんつゆに濃口を加えた浸け地に漬けたヤツを乗っけてると思います。

飲む日はコメを食わんのですが、日本酒が合うからアテ扱いで食べてたんでしょうな。







10本目は5月2日です。



210716dinner10.jpg


・アジフライ(惣菜)

・コールスロー

・冷しゃぶサラダ

・ぼんじりとニンニクの芽の炒め物(惣菜)


この日が初めてかは分かりませんが、飲み物はウォッカに瓶詰めのシークワァーサー加えてソーダで割ったサワーやと思います。

この日も惣菜が2品登場しとりますな。


これだけのアテでは足らずだいぶ時間をおいてからもう一品。



210716dinner10-1.jpg

*長芋焼き?

記憶が定かではないですが、おそらく長芋をすり下ろして粉なんかは入れずに、玉子とねぎ、天かす、紅ショウガなんかを混ぜて焼いたヤツやと思います。




こうやって振り返るとこの時期は割と品数多めでマシな晩ごはんやったように思います。

惣菜を使いまくってるけど、それなりの品数あって満足に飲めたら私は全然気にしませんしね。








*朝の体重:57.55kg。(まずまずの数字には戻せたな。)

*今月の休肝日:5日(昨日は酒抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月29日

北室白扇の「半田手延めん 極太仕上げ」

このブログでは何回か書いてますが麺好きの割りに素麺ってあんまり得意じゃないんですよねぇ。

実家のオカンには悪いけど子供の頃食べたんがあんまり好きじゃなかったんで、その印象を引っ張ってるんですよねぇ。

自分で作ってキチッと締めたら美味いと思うんですが、食べようって気になかなかならんのです。

そんな私ですが徳島の半田で作られる半田そうめんは太めでしっかりしたコシがあるから美味いモンって認識があるんです。





北室白扇の「半田手延めん 極太仕上げ」

*北室白扇の「半田手延べめん 極太仕上げ」

これは以前四国を旅行した時に道の駅かローカルなスーパーで見つけたんだと思います。

大阪のスーパーなんかで見たことないし、普通でも太めの半田素麺が極太仕立てってのに惹かれました。

値段は忘れてしまったので、分かりませんがお許しを。

 アマゾンではエライ値段で売られますが、こんな値段では絶対無かったですわ。(^_^;)


これを初めて食べたのは4月11日なんでまだそうめんシーズンにはだいぶ早いんですが、この日はなんか無性に冷たい麺が食べたくなったんですよねぇ。

で、まだ食べてなかったこの素麺を見つけたんで食べてみることに。



美味かった北室白扇の「半田そうめん」

*北室白扇の半田手延べめん

極太仕上げっていう名前だけあって、そうめんとは思えん太さ。

そのせいで商品名が手延べめんってなってるんでしょうかねぇ・・・。

しっかりしたコシがあって非常に美味かったですわ。

素麺って言われてイメージする食感とはだいぶちゃうからオーソドックスなソーメンがが好きな人には違和感があったりするかもですけどね。



記憶力のない私のことなんで次に徳島行った時にこのブランドを覚えてるなんてことは絶対無いと思いますが、もしこのブログを検索してこの記事を見つけたらまた買えるかもとひそかに期待しております。


*朝の体重:57.55kg弱。(この数字ならまあええか。)

*今月の休肝日:9日(今日は酒抜いて目標クリアするぞ〜)


posted by えて吉 at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月28日

ゴーヤーチャンプルーとソーミンチャンプルー

今季初めてゴーヤーを買うた時のことをご紹介しておきます。

5月8日は「ゴーヤーの日」なんですが、ぶっちゃけその時期ってまだそんなにゴーヤーの気分じゃないことが多いんですよねぇ。

今年もその日にチラッと意識はしたんですが、食べようって気にならんかったのでパス。

その後もしばらく値段が高かったりで様子見してました。

今季初めてゴーヤーを食べようと思ったのは6月18日。

ゴーヤーは100円ちょっとで買うたんだったかと。

初物のゴーヤーを食べるなら、まずは定番の「ゴーヤーチャンプルー」やろってことでそれを作るのは決定。

で、この日は休肝日やったんですが、ゴーヤーチャンプルーだけでは足らんなぁと思い急にソーミンチャンプルー(そうめんチャンプルー)も作ってみようと思いつきました。

ソーミンチャンプルーって家ではほとんど作った記憶にないんですよねぇ。

ハッキリした記憶って、昔倉敷にコザから知り合いらがなんにんもイベントで来てた時に顔を見に行ったら即スタッフの服を渡されて一日中ソーミンチャンプルーを作ってたことぐらいですわ。

作ったことない料理をいきなり作って模擬店で販売ってどうなんやろ?って思いながらも大量のお客をさばくのに必死やった思い出がありますわ。

ここまで何年もゴーヤーチャンプルーを作ることはあってもソーミンチャンプルーは作ろうって思ったことなかったんですよねぇ。

炒め物2品を作るって温かいまま食べようと思うと気が急くしバタバタしがちであんまりせんので、組み合わせ的にも珍しいパターンですわ。

ゴーヤーチャンプルーには普段なら島豆腐の代わりに厚揚げを使うんですが、この日は珍しく木綿豆腐があったんでそれを水切りして使うことに。

久しぶりのゴーヤーチャンプルーなんで肉っ気は、SPAMの缶詰を開けて沖縄のジャンク料理っぽく行くことに。

ゴーヤー、スパム、木綿豆腐、もやし、シメジを炒めて味付けは豚のスープとかつおだしが合わさった沖縄そばの濃縮スープで。

ゴーヤーの方は色々入れたんで、素麺の方はシンプルにスライスのタマネギ少々にツナと彩りがてら散らしたニラだけで。




今季初のゴーヤーチャンプルーとソーミンチャンプルー

*今季初のゴーヤーチャンプルーと家では初めて?のソーミンチャンプルー

ゴーヤーチャンプルーは最後に溶き玉子も加えてやりました。

ソーミンチャンプルーの素麺はちょっと太めでコシのしっかりした半田素麺で行きました。

茹でて水で締めてから油をまぶしてくっつかないようにしときました。

コチラの味付けはほんだしと塩だけでシンプルに。

両方とも最初にそのままで食べたら、自家製のコーレーグースーを掛けて頂きました。

ゴーヤーチャンプルーは作り慣れて、食べ慣れた味で美味かったです。

家では初めてのような気がするソーミンチャンプルーも半田そうめんを使ったのが良かったのかかなり満足度の高い出来でしたわ。

ソーミンチャンプルーをひっさしぶりに作ってみて、思った以上に美味しくて嬉しかったんでまた気が向いたら作ろうと思いましたわ。



*朝の体重:58.00kg(ちょっと納得行かんなぁ。)

*今月の休肝日:9日(今日はもう1日飲んでもええか。)


posted by えて吉 at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする