2019年12月15日

長らく切らしてた「自家製麻婆の素」を仕込みました

冷凍庫に常備してる調理済みのもんのうちで一番欠かせないのはトマトソースじゃないかと思います。

それ以外では急に食べたくなってもすぐ出来るように炸醤麺の素やら、夏場だったらタコライスの素なんかも常備してるとけっこう便利なんですよねぇ。

そういう”便利な素”系では、麻婆の素も元々は常備してたと言えるんですが、ここんとこは長らく切らしたままでした。

市販の紙箱入りの中華料理の素って色々ありますが、どれみてもほとんどは自分で出来そうで買う気にはならのですよねぇ。

一度まとまった量を丁寧めに作れば、ちゃちゃっと昼飯なんぞでマーボ丼なんかを作るのに非常に便利なんですよねぇ。

私にとっちゃかなり定番なマーボの素なんですが、最後にあったんがいつか思い出せんくらい切らしッぱなしでした。


ブログを検索しても、最後に使ってるのが今住んでるマンションに引っ越す前に使い切った時なんですよねぇ。

そこから作ってなかったら2年半くらい切らしてたことになるんですけど、それがほんまならびっくりですわ。

それでも、素がないと不便やから作ろうと思い立ったんです。

それが今年の4月頃。(^_^;)

スーパーでアメリカ産の豚肉の豚バラスライスがグラム98円の特売になってました。

かなり大きめのパックで600gほど入ったのんを買いました。

すぐに料理する予定じゃなかったし、包丁で手刻みするなら一旦凍らせて半解凍で刻みたいので約300gずつに分けて冷凍。

1つは麻婆の素、もう一つはジャージャー麵の素にでもしようと思ったんでしたっけねぇ・・・。


途中で炸醤麺の方は、その後無性に食べたくなった時に別の豚で作って冷凍したんですよねぇ。



やっと作ったのが12日の木曜日なんですが、この日は休肝日で麻婆系の丼物を食べようと思ったんです。

半年間冷凍庫に放置してしまった豚バラ肉は2つに分けてたけど、どうせなんで両方とも使ってしまうことに。

しばらく室温に放置して半解凍に戻しました。

包丁で縦横に刻んで粗みじんにしてやりました。

白ネギをみじん切り、薬味にニンニクを刻んで、ショウガはすり下ろしました。


フライパンでにんにくにじっくり火を入れて香りを出したら、たっぷりの唐辛子と白ネギを投入。

しばらく炒めて白ネギの水気がある程度飛んだら刻んだ豚肉を投入。

塩コショウを軽くしてしばらく炒めたらショウガも投入。

全体が炒まったら、フライパンにスペースを作って豆板醤を加えて、まず豆板醤だけを炒めました。

そこにオイスターソースを注いで軽く炒め合わせて、さらに醤油を加えました。

香ばしい香りが立ったら日本酒を注いで全体に混ぜ合わせて、創味シャンタンもてけとーにぶち込みました。






もの凄く久しぶりに作った「自家製麻婆の素」

*ものすごく久しぶりに作った「自家製麻婆の素」

バットに流し込んで冷めたらラップして冷凍庫へ。

凍ったらバットから剥がしてジップの付いたビニール袋(かち割り氷の袋)に入れて、中で適当に砕いておきました。

麻婆の素は水気があんまりないんで、冷凍しても柔らかくて袋の外から簡単に割れます。

なので使う時は必要な分だけ割って使ってます。



出来た麻婆の素の一部はそのままフライパンに残しておいてこの日の晩ごはんに。

もやしが半袋ほど余ってたんで、それを春雨でマーボ丼にするつもりでした。

作る時になってみるとちょっと量が少なく感じたんで、野菜室で古くなりだしてた白菜も加えることに。

ほんまは先に白菜を加えてから麻婆の素を入れたいとこですが、今回はすでにフライパンに素がおるんで炒めはパス。

フライパンに酒を加えてアルコールを飛ばしてから水を加えて、その中で白菜から炒めてやりました。

白菜に日が通ったら春雨を加えて軽く煮込んで、最後にもやしを加えたら水溶き片栗粉で固めにとろみをつけたら出来上がり。




出来たての素で「麻婆春雨もやし白菜丼」

*出来たての素で「麻婆春雨もやし白菜丼」

麻婆モンを久しぶりに食べたせいか、新鮮味があった美味かったですわ。

ちなみに具は写真の1.3倍くらいあったんですが、少し食べてから残ってたんも全部かけて食べ切ってやりました。


12日に麻婆の素を作って、冷凍。


昨日は買い出しから買える頃には腹ペコで、買うたばかりの「餃子の王将」の生ギョウザを焼いて即食べることに。


ただ、餃子二人前オンリーじゃ絶対足らんなぁと思ったんで、冷凍してたバットから袋に移したばかりの素を使うことに。

買い出しで一昨日使い切った白菜が安くて買うたんですが、1/2個で多すぎたんです。

どうせならその白菜を少しでも減らそうと麻婆白菜丼に。



餃子だけで足らず「麻婆白菜丼」

*餃子だけでは足らんので凍らせたばかりの素で「麻婆白菜丼」

今度は白菜の方を先に炒めてやりました。やっぱりいきなり煮込むより先に炒める方が美味い気ぃするんですよねぇ。(気分だけやけど。)

両方食べたらちょっとばかり多すぎましたわ。



私は以前にも書いてますが麻婆の時のミンチ肉って具って言うより、コク出しとか風味付けくらいに思ってるんです。

なので麻婆モノを作る時にそんなに素を使わないんですよねぇ。今回出来たヤツでもう2回麻婆を作りましたがまだまだ何回も出来そうですわ。

これから当分は昼飯なんかが楽に用意出来そうで嬉しいです。







*朝の体重:57.75kg。(食べ過ぎたらやっぱり増えたなぁ。)

*今月の休肝日:7日(昨日は酒を抜きました。)

 
 
posted by えて吉 at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

久しぶりの「味噌煮込みうどん」とその再利用

しばらく前に家で食べた味噌煮込みうどんネタをサクッと上げさせて頂きます。

名古屋で何回かホンマもんの味噌煮込みうどんを食べてますが、けっこう好きなんで家でも作れるように味噌を用意してあるんです。

使ってるのはアマゾンで売ってた味噌煮込みうどん用の味噌で出汁入りなんで溶くだけで出来るんです。

 *泉万醸造 煮込うどんあじ味噌 1kg (本日の時点で1089円)

この味噌をもう何回か買うてるおかげでアマゾンのサイトに行くと「もう一度買う」ってトコに毎回のようにこの味噌が出てくる程ですわ。(^_^;)




食べたのは10月30日のことですが、晩ごはんだったので出来るだけ具だくさんにすることに。

名古屋のうどん屋ではそんなに具だくさんな印象はないんで邪道かもしれませんね。


久しぶりに家で「味噌煮込みうどん」

*久しぶりに家で作った「味噌煮込みうどん」

ダシ入りの味噌なんですが、しっかりダシを効かせたろうとダシパック2つ使ってかなり濃いめにダシを用意してやりました。

そこに白菜、白ネギ、エノキ、鶏モモ肉なんかを加えて煮込んでから味噌を溶きました。

本来なら手元にあるもう一つ小さいサイズの土鍋で十分やと思うんですが、つゆの量とか具やうどんが収まるか不安でかなり大ぶりなんを使ってます。

そのせいか、ダシもかなり量が行って、そこに溶いた味噌もかなりたっぷり。

ごくごく短い時間茹でたまだ固いくらいの生讃岐うどんを土鍋に入れて少し煮込んでやりました。

最後に生卵をそっと真ん中に落として、水菜、青ネギ、天かすを添えて出来上がり。

本場ほどはうどんが固くなかったかも知れませんが、大阪人なら生煮えやって言うくらいでは食べました。

美味しく、具をしっかり食べてもけっこうな量のダシが余りました。





そこで翌日の31日には残して置いた味噌のつゆを再利用して晩ごはんに。





残った出汁を再利用して味噌おでん風

*残った出汁で味噌おでん風

・味噌おでん

・おくらとなめ茸

・切り干し大根、ミョウガ、キュウリの岩下の新生姜漬け

・小松菜のおひたし

・厚揚げの納豆詰め焼き

・結び糸こんにゃくの煮物

・セセリとしめじの炒め物



名古屋の味噌味のおでんを食べたことはありますが、味噌煮込みうどんのダシと似てるのかは味音痴な下には分かりません。

名古屋の人は怒るかもしらんけど、ちょっと味醂を足したりして味を調えて、コンニャク、厚揚げ、玉子、大根を煮込んでやりました。

名古屋のおでんとして成立してるかは別として見た目の色の濃さの割りにはあっさりしてなかなか美味かったですわ。




こういうおでんみたいな煮物って、一切れずつじゃなんとなく寂しくて複数で作ってしまうんですよねぇ。


というわけで、一日おいて11月の2日にもまたこの名古屋風おでんを食べました。





味噌煮込みおでんをもう一度

*名古屋風の味噌おでんをもう一度

この日は昼間にチャリンコで出かけて、回り寿司4皿と小ぶりな餃子を食べてました。

そんなに多いとは思わんかったんですが、夕方になってもなかなか腹が減らず。

スタートは普段よりちょっと遅めの6時半頃にして、量的にもこれだけ。

おでん以外はラム肉の切り落としともやしを蒸したもんです。

ポン酢やらニョクマム(魚醤)なんかをつけつつ頂きました。

ラムともやしの蒸し物はこの何日か前に、電子レンジでやってみたんです。

基本的には電子レンジ調理とか時短料理って興味ないし、懐疑的なんですがその時はふと魔が差したんですねぇ。

ラム肉全体になかなか火が通らず、全体に火が通った時には固くなりすぎて、野菜もくたくた。

イマイチよりはるかに下の出来具合でしたわ。

その反省があったんでこの日はフライパンにもやしを入れてラムを並べて酒と水ちょっぴりで蒸し煮にしてやりましたが、はるかに美味しくなってました。



さて、味噌煮込みうどんからスタートした味噌の煮汁ですが、おでんを2回食べてもまだけっこうな量が残ってました。

これ以上煮物に使うといつまで経っても終わらんなぁと。

11月3日は、ケリを付けるべくつゆを使い切ることに。




最後は味噌煮込みラーメン

*最後は味噌煮込みラーメン

味噌煮込みうどんにするとまたダシを増量したくなって無限ループに入ると思ったんで、菊水の生ラーメンを固めに茹でてつゆの中で少し煮込んでやりました。

おでんのコンニャクが一切れ余ってたので、小さめにカットしてラーメンと具やと信じ込んで食べました。

最初にうどんを食べた時点で、専用の味噌は残り僅かになってたんです。

その後のおでんをやったりする時に残ってた分も足したんで今回で使い切りました。

そんなにしょっちゅう味噌煮込みうどんなんか食べる訳でもないのに、味噌が切れてると食べたい時に食べられへんですよねぇ。

というわけで、何日かおいた程度でまた同じ味噌を1kgアマゾンで取り寄せてしまいました。

これだけ無駄にせんと食べてやったら味噌出汁も本望でしょう。







*朝の体重:57.35kg。(上出来。)

*今月の休肝日:6日(今日も酒を抜きました。)

 
 
posted by えて吉 at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

見切り品やから早く食べるつもりが・・・

家で食事をする時って色んなモンをちょっとずつ食べることが多いんで同じモンを何日も食べることになります。

食材にしても一人分だけしか作らんのでちょっとずつしか減らんのですよねぇ。

この関係でスーパーの買い物では出来るだけ新しいのを買うようにしてて、確実にその日に食べ切れるもの以外は見切り品に手を出すことは少ないんです。

でも今年の夏場にスーパーの売場を見てて、珍しく見切りの値引きシールが貼られたモンに手を出しました。





珍しく見切り品で買うた「ウナギの蒲焼き」

*珍しく見切り品で買うた「うなぎの蒲焼き」

消費期限が7月29日で、買うたのはこの当日でした。

鰻丼を食べる時って、私はタレさえちゃんとご飯に掛かってたらウナギ自体はそんなに量がなくてもええんですよねぇ。

そんな訳でちょろっとだけ売ってるのはちょうどええし、それが見切りで安くなってりゃなお良し。

まぁ消費期限の当日の値引きで半額にもならず、100円安いだけってのは値引きとしてはショボイですけどね。

蒲焼きやから加熱してあって、それなら消費期限をちょっとくらい越えてもええやろうと思ったのも事実です。

うなぎの蒲焼きのスライス

*中国産ウナギの蒲焼きスライス

半匹分もないから割高かなぁと思いつつ、すぐ食べる予定じゃなかったんでとりあえず冷凍。

とはいえ、消費期限ギリギリのヤツを凍らせたんで、早めに食べんとあかんなぁとは思ってました。




早めに食べようとは思ってても、冷凍してしまうとついつい油断するというか、気が緩むんですよねぇ。


あっちゅう間に日が過ぎて、ふとした時に

「うなぎ凍らせたんっていつごろやったっけ?」

って思ってチェックしたのは2ヶ月以上経ってからでした。


もうええ加減に食べんとまずいなぁと思ってからも10日くらい経ってやっと食べてしまうことに。

実際に食べることになったのは、10月19日のことでした。(^_^;)

この日は朝から会合をこなしてから、家で翌日に控えたマンションの総会に向けた予行をやったりしてました。

晩めしの時間が近づいてきて買い物に行くのも邪魔くさいし、外食するのも気が向かず。

家にある食材でしのぐことにしたんで、やっと今回のうなぎを食べることになりました。



早く食べるつもりが2ヶ月以上経ってしまった

*早めに食べるつもりが3ヶ月近く経ったうなぎ

・うなぎと豆腐の柳川風

・納豆 貝割れ大根入り

・セロリの酢漬け

・壬生菜の浅漬け

・めかぶ

・カニカマとレタスのサラダ



買うた時は丼に使うつもりでしたが、晩飯だったのであてになるよう柳川鍋風の小鍋にしました。

この食べ方もうなぎ単体で食べるんじゃないから私には量が少なくても気になりませんわ。

酒の肴にもええし、小丼にするよりはこっちの食べ方の方が良かったですね。

ウナギ自体は幸い冷凍臭くもなってなかったし、特段傷んだ雰囲気もなかったですが、やっぱりもうちょっと早めに食べんとあきませんね。








今日はツレの整形外科までリハビリと薬を貰いに出かけてました。

昼頃に家を出たんですが、腹減ってたので先に昼ご飯を食べようと途中のココイチに寄ったんです。

ちょうど12時過ぎのランチタイムやったせいか、私より先のお客オーダーがかなり溜まってるようでした。

おかげ頼んだカレーが出てくるまで思った以上に時間がかかり病院の予約時間に間に合わんかと焦ることに。

注文はいつものチキン煮込みカレー(736円)にしたんですが、焦り出してたんで久しぶりに写真を撮り忘れる始末。

大急ぎで食べて医者に向かったんですが、受付の人から言われてた1時までに病院に入ってくれっていうのに間にあってほっとしました。

尿酸値と中性脂肪を下げる薬がもう切れるんでそれを出してもうて、電気治療とマッサージを受けました。

腰と左足の痛みや痺れはかなりマシになってきましたが、今じゃそっちより気になってる尿酸値の方はどの程度薬を飲めば改善するんでしょうねぇ。

ここ1ヶ月ほどは眠れない時に酒を飲むのを我慢してるんですが、それと薬とで痛風をちゃんと回避出来るとええんですけどねぇ。

痛いのに弱いんでちょっと足に違和感を感じただけで、まさか発作ちゃうやろな?ってビビってますわ。(^_^;)




*朝の体重:正確な計測なし(58kgはクリア。)

*今月の休肝日:4日


posted by えて吉 at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

ブツを運ぶついでに尼崎の讃岐うどん店「穂乃香」で朝ごはん

今日は朝の9時頃にこばやしさんの家まで行って明日のグルコバのブツを預かりました。

私の腰の調子が悪いんで今回はちょっと荷物の量を加減してくれたとのことでした。

多少マシとはいえ、腰が痛い時にうちから担いで行く訳にも行かんのでそのまま阪神尼崎駅まで移動することに。

駅のコインロッカーに荷物の入ったリュックを預けたら、朝メシがまだで腹が減ってたので車を駐車場に入れてなんか食べて帰ることに。

尼崎の商店街を散歩がてら歩くことにしたんで、商店街に入ってすぐ出てくる「都そば」やら「こんぴらさん」は一旦パスしてもうちょっと先まで。

グルコバの会場から買い出しに使ってるスーパーへ行く道でつい2〜3日前にヤクザが他の組の幹部を銃撃するって事件があったばかりですが、今日はもう現場は普通に戻ってましたわ。

自分の好みに合うカレーを出す店があったらそれでもええかなぁと思ってたんですが、特にそんな店がなく有名店の「穂乃香」の見える角まで来ました。

土曜日やからヨソから来る人で混んでるかとも思いましたが、さすがに開店の10時を少し過ぎた時間帯やったんで行列はゼロ。

並んでまで食べたいとは思いませんが、スッと入れるならええかと店内へ。




尼崎の讃岐うどん店「穂乃香」で朝ごはんに昆布うどん

*尼崎の有名讃岐うどん店「穂乃香」で朝ごはん

店に入る前にドアに張ってあったメニューを見たら昆布うどんがありました。

なんぞ天ぷらでも取って、天こぶうどんで食べようかと思って店に入ったんです。

でも、カウンターのトコに無料で貰える天かすがあるのを見たら貧乏性が発動して天ぷらはパス。(^_^;)

昆布うどん450円だけにして、天かすを乗せてヨシとしちゃいました。

このお店のうどんは一玉が約320gあるそうで、普通の量でもかなり多めです。


けっこう平べったくてずっしり重いタイプの麺でした。しばらく前にも一度この店では食べてるんですが、こんな平べったかったかなぁと思いながら食べてました。

ダシは前は塩気が少し好みより足らんように感じたんですが、今回はそれほどでは無かったですわ。

まぁ丸亀製麺みたいにテーブルにだし醤油があったらちょろっと足したとは思いますけどね。
 *塩はあったけど、塩を足す程とは思わず。

今になって前回行った時の記事を読み返すとカレーうどんが気になるなんて書いてますが、今回食べ終わる頃になってやっとメニューにあるのを見つけましたわ。

前回はちょっと表面がフワッとして釜抜きみたいって書いてますが、今回それは感じなかったですねぇ。

今日の麺はかけうどんには自分の好みからするとちょっと太すぎ重すぎな気ぃしましたが、釜揚げうどんは食べてみたいなぁと思いました。

それにカレーうどんもこういう麺なら美味いかもですねぇ。



穂乃香を出てからももう少し尼崎の商店街をブラブラ。

業務スーパーのある商店街へ左折して、ホルモン肉屋をチェックしたんですが、値段がそこそこしたんで何も買わず。

途中のスーパーで中くらいのサイズの蕪が100円やったんでそれだけ買うて駐車場に戻りました。

帰り道は住之江のスーパー「マルナカ」にも寄ったんですが、野菜をちょろっと買うた程度で。

前によく買うてた安い生讃岐うどんは今回も見つからず。もう取扱をやめたんですかねぇ・・・。

地元に戻っていつものスーパーでまたちょろっと買い物して帰還。

今日はいろいろ寄り道したんで、ブツを運ぶだけの用事がけっこう長いことかかりましたわ。



*朝の体重:57.80kg。(朝多めやから夜は気ぃつけんとな。)

*今月の休肝日:9日(最終日やから今日は酒抜いてクリアせんとなぁ。)

posted by えて吉 at 15:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

サンポー食品の「九州とんこつ味 焼豚ラーメン」

カップラーメンや袋のインスタントラーメンはちょくちょく食べてるんですが、あんまりネタになるほどの感想を書けんのでネタとしてはいくつもボツにしてます。

今回のカップラーメンは多少珍しいのでメモがてらアップしておきます。

サンポー食品っていうメーカーのことは今まで全然知らんかったんですが、しばらく前に飲み食い仲間のこばやしさんのブログで記事がアップされてて知りました。

カップ麺やのにちゃんと豚骨臭がするってことですが、期待が大きすぎたせいかこばやしさんにはほのかに香る程度やったそうですが・・・。

期待程で無いにしても紅ショウガ本物やったり、高菜漬けが生やったりとこだわりがあるってことで頭の隅に残ってました。

8月後半に日本海を山口県まで走った時には、いつものようにローカルスーパーをいくつか観光したんです。

目的地の角島の駐車場なんかにはかなり九州ナンバーの車を見かけて、海は挟むものの山口からすぐ近いことを実感したんです。

距離的にも近いせいか山口のスーパーではけっこう九州産のカップラーメンを見かけて今回のサンポーのヤツも普通に売場に並んでました。

今回のトンコツラーメン以外にも同じサンポーから出てる「ごぼう天うどん」なんかも一緒にゲット。

ただ、こばやしさんの記事で高菜が本物やったサンポーの「高菜ラーメン」やと思い込んで買うたのは後で見るとマルタイのヤツやったりはしたんですけどね。(^_^;)

サンポー食品の「九州とんこつ味 焼豚ラーメン」

*サンポー食品の「九州とんこつ味 焼豚ラーメン」

食べる機会をしばらく伺ってて、10月4日に食べました。

今回のカップラーメンとは別に何ヶ月前から豚骨味のカップラーメンが食べたいなぁと思ってたんです。

ただ、一緒にご飯も食べたかったので体重に余裕が無いとあかんなぁと延び延びになってたんです。


普段は控えてるラーメンとご飯をセットで

*普段は控えてるラーメンとご飯をセットで

中学の時に、弁当以外にカップラーメンも持って行ってよく昼飯にしてたんです。

色んな味のカップラーメンを食べてたはずなんですが、なぜか記憶の中でとんこつ味のラーメンにご飯をぶち込んでた思い出があるんですよねぇ。

それをなにかの拍子に思い出して、久しぶりにやってみたいなぁと。

中高の思い出ネタよく食べてるジャージャー麵とせっとのふりかけ「海苔香味」は教室に常備してたこともあるんで、今回のラーメン&ライスでは掛けてみました。

ラーメンはまずまずええ雰囲気の香りと味に感じましたが、食べ出したら気持ちは麺を終えたあとのご飯をぶち込むの方に傾いてました。

途中ではすこしふりかけのかかったトコを食べた程度で、麺を食べ終わったカップにご飯をぶち込みました。

炸醤麺の時も、ええ年のオッサンが行儀悪すぎるやろって思いながらあと飯?でご飯を加えてますが、なぜか罪悪感では今回の方が上でしたわ。

中学生の時でも家でそんなことをやったら怒られたと思いますからね。

大人がやるこっちゃないですが、ただただ懐かしい食べ方が嬉しかったですわ。

しかし、他のラーメンの味ではごはんを入れようと思わんのに、豚骨だけごはんが入れたくなるのはなんでなんでしょうねぇ。





今日はぽん太を2週間ぶりに動物病院に連れて行きました。

うちに来てちょうど3週間になるからウイルス検査をやってもうて、陰性なら隔離を終えて他の猫とも対面させてやれるかと期待してました。

残念ながら今日の体重が900gで、あと一週間ほどして体重が1kgを越えてからにしましょうと言われて隔離解除は一週間お預けに。

ウイルス検査以外は、ざっと全体をチェックしてもうても異常なし。

体重の増え方もやや多めやけど問題のないペースやと。

しっぽがカビ系の皮膚炎になってたのも、もう治療自体はいらんと。

まだハゲっちょろけやけど1週間もしたら毛が生えてくるとのことでした。

元気に成長してるのが獣医さんに確認して貰えたんで、あと一週間オリ生活をさせるとしますわ。




*朝の体重:57.25kg。(久しぶりにええ数字。)

*今月の休肝日:9日(昨日は酒を抜きました。)

 
 
posted by えて吉 at 15:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

サムギョプサル用の肉で1人鉄板焼き

しばらく前にふと気が向いて1人焼肉ならぬ1人焼豚をやったんでその時の様子をご紹介しときます。

やったのは10月3日なんですが、この日は近所にあるスーパーの中であんまり使わないロカール系の「サタケ」をのぞいてみました。

近所の3軒のうち一番馴染んでるのが「万代」で、あんまり好みじゃないけどとにかく近いから使うのが「ライフ」。

サタケはけっこうええ魚を置いてたりはするんですが、全般に値段が高めだったり量が多めだったりで普段は使わないんです。


お客さんがある時なんかはのぞきに行ったりするんですが、そういう特別な理由も無くこの日は気分転換で寄ってみました。





一応野菜から肉類、魚類とグルッとチェックしたんですが、この日目についたのがこの豚バラのパック。






たまたま目に着いた「サムギョプサル用の豚バラ肉」

*たまたま目についた「サムギョプサル用の豚バラ肉」

韓国料理も色々と日本で一般的になって来てますが、私はサムギョプサルって食べたことないんちゃうかなぁ・・・。

サムギョプサルの作り方は知らんので、一般的な豚の鉄板焼きって理解で行くことに。


1人焼き豚の用意

*1人焼肉(焼豚)の用意

鉄板で焼く食材としては豚バラ以外には、キャベツ、シメジ、長芋、もやし、ししとうを用意。

それ以外のアテとして、残り物の小松菜のカレー炒め、サーモンのエスカベッシュも並べました。



鉄板焼きの様子

*1人鉄板焼きの様子

牛肉で焼き肉をやるときはタレを揉み込む方が好みなんですが、豚は塩コショウで行くことに。

食べる時は塩コショウとレモン以外に魚醤にニンニクと青唐辛子なんかを漬けたモノや、自家製のニンニク唐辛子味噌、ポン酢なんかも付けて食べました。

焼き野菜にもやしを用意してますが、これは食べるが目的なんはもちろんですが、焦げそうになった鉄板をキレイにする掃除役って意味もありました。

本物のサムギョプサルとは全然違いますが、厚めの豚をこうやって焼きながら食べるってのは新鮮味があってなかなか良かったですわ。




砂ズリ(砂肝)のコンフィ

*砂ずり(砂肝)のコンフィ

ズリはまず爪楊枝で全体に穴を開けまくってやりました。

そいつと塩コショウ、ニンニク、冷凍のパセリ、乾燥ハーブ、月桂樹の葉なんかを混ぜて耐熱のビニール袋に入れてオリーブオイルを全体に行き渡る程度注ぎました。

それを炊飯器の保温機能を使って2時間近く低温調理。

固くなりすぎずになかなかええ感じに仕上がってましたわ。


普段の料理がマンネリ化してると、ホットプレートを引っ張り出して焼くだけでも気分が変わってええもんですわ。





*朝の体重:57.00kg。(えらく減ってビックリ。体重計の電池交換した。)

*今月の休肝日:7日(昨日は酒を抜きました。)

posted by えて吉 at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

特売で日清「ラ王」の5袋入りを買うてもうたぁ〜

何日か前にスーパーをウロウロしてたら、インスタントラーメンのコーナーと別のとこに日清の「ラ王」の袋麺が山積みにされてました。

特売で袋麺の5個入りが198円やったんです。

定番の古いヤツでも5個で350円くらいしてるのに、この値段やったんでビックリ。

1人で同じヤツを何回も食べるのはあんまり好みじゃないんで5個入りって買わないようにしてるんですが、ここまで安いと買わんとあかんってな気になってしまいました。



特売で思わず買うてしもた「日清ラ王 醤油味」5個パック

*特売で買うたしもた日清「ラ王 醤油味」5個パック

何種類か味があったんですが、一番飽きなさそうってことで醤油味をチョイス。

味噌があったら悩んだと思うですが、他は柚子塩とかトンコツとかだったように思います。

ただ、家に帰ってインスタントラーメンを固めてなおしてるとこを見るとすでに結構な在庫があったんですよねぇ。

しばらく前からカップ麺は買うのは自粛してるんですが、旅先で買うた珍しいやつとかが溜まってるんです。

そこに5個も追加になったんでちょっとばかりプレッシャー。

ちょうど2〜3日前に余ってたニラで辛い醤油漬けみたいなモンを作ったんで、今日のお昼はそれが使える醤油ラーメンにして在庫を一個減らすことに。



今日の昼ご飯に日清「ラ王 醤油味」

*昼ご飯に食べた日清ラ王 醤油味

一昨日、肉屋で買うて来た牛スジ肉を下茹でしました。

一度短時間の下下茹でをしてから、本ちゃんの下茹でをやったんで茹で汁はけっこうキレイやったんです。

いつもなら捨てるんですが、今回はちょっともったいなく感じて使い回すことに。
 *茹で汁にはプリン体がたっぷり?入ってて尿酸値が上がりそうな気もするんですが・・・。


昨日、スジ肉の煮物をやる時に少し使い、今日はラーメンを煮込むのに使ってやることに。

具としては豚バラ肉を2枚、ちょろっと残ってたブロッコリーも一緒に煮込みました。

家で袋入りインスタントラーメンをやる時のお約束で溶き卵を流し込んでからスープを溶きました。

丼に移してから、トッピングに茹でモヤシと生も貝割れ大根、青ネギを添えてやりました。

写真ではニラの醤油ダレはちょっとだけですが、後でもっとたっぷり足してやりました。


ニラだれをあんまり混ぜないように一口スープを味見したんですが、牛すじの煮汁でやったおかげでスープが美味しく感じました。

まぁ味音痴な私の舌なんで気のせいかもしれませんが・・・。




今日は朝イチで洗濯物を干したら、またツレの整形外科医の病院がある生野まで行ってきました。

今日はツレの診察はなしで電気とマッサージのリハビリをしてもうて来ました。

マッサージを担当してくれた人が、身体を温めるようにって言うてたので、地元に戻ったらジムでゆっくり目にお風呂に浸かりました。

ピークよりだいぶマシになった気もしますが、痛み止めを飲んでるからだけのような気もするんですよねぇ・・・。

この不自由はいつまで続くんでしょうなぁ。







*朝の体重:58.15kg。

*今月の休肝日:6日





posted by えて吉 at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

分厚く大きなステーキを半分だけ

私がよく使うスーパー「万代」にはいつもアメリカ産の安っすいステーキ肉が並んでます。

かなり分厚いやつと普通の厚みのヤツの2種類があるんですが、どちらも大きさがかなり大きめ。

普通の厚みやとちょっと薄過ぎてもひとつに思うけど、厚切りの方は総量としてかなり多くなるんですよねぇ。

ちょくちょと肉売場の前でそのステーキ肉に目が行くんやけどなかなか買うぞって結論には至らず。

でも、ある日ステーキ肉に目が行くと、厚切りでしかもかなり大きなヤツが並んでました。

それなら半分にカットして2回に分けて食べれば、量はほどほどで厚みも楽しめるなぁと。






食べたのは10月1日になります。







分厚くデカイステーキを半分だけ

*分厚くてデカイステーキを半分だけ

ステーキ肉は表面に塩コショウをして、チューブのニンニクを塗り広げてからフライパンへ。

両面焼いたら、ブランデーをぶっかけて醤油を回しかけてやりました。

固めに茹でたオクラも肉のフライパンで一緒にサッと炒めてやりました。

もうひとつステーキに添えてあるのは小松菜をカレー粉で炒めたもんです。

それ以外は惣菜の卯の花、シメジと長芋の炒め物、鮭の南蛮漬け、岩下の新生姜とその汁に漬けたミョウガです。



鮭の南蛮漬けは、最初は全然予定してなかったんです。

魚売場をチェックしてたら、生サーモンの切れっ端がけっこうたっぷり入って198円だかのお買い得価格やったんです。

普段、サーモンを食べることってめったにないですが、切り落としとか端っこを集めた処分品みたいなヤツには妙に惹かれるんですよねぇ。

メインにサーモンがあるから別に買わんでもええのに、ついカゴに入れてしもうたんです。


サーモンの切れっ端を見過ごせず

*サーモンの切れっ端が見過ごせず

どうやって食べるかも考えず買うてしもたんで、てっとり早くエスカベッシュをイメージした洋風の南蛮漬けにすることに。

軽く塩コショウをして片栗粉をまぶして、やや多めの油で揚げ焼きに。

それを純米酢、ワインビネガー、レモン汁、ハチミツなんかを合わせた漬け地に熱々のままぶち込んでやりました。

これは昼間に買い物を終えてすぐ作ったんで、夕方までに冷ましておきました。







先週、長野から帰ったら腰の調子が悪くて整骨院へ。

施術を受けたら腰はちょっとマシになったんですが、日曜日あたりは左の股関節や太ももにかなりのシビレや痛みが出ました。

日、月と様子を見てもよくならんので火曜日には整形外科へ。

とりあえずレントゲンを撮るってことで、その結果を見たら軽い腰椎の椎間板ヘルニアやとのことでした。

火曜日は痛み止めの注射だけを受けて治療はおしまい。

翌日の水曜日から木、金、土とリハビリとして牽引はやってるんですが、あんまり良くなってる実感がないんですよねぇ。

まだ、腰に痛みがあって、太ももが張ってて痛みもあり。なんか鬱陶しい状態が続いてますわ。

車の運転好きとしては、なんとか直さんとあかんのですが目途が立たないんですよねぇ・・・。

当分はチビ猫”ぽん太”の世話があるから泊まりで家を空けられへんので、その間に治って欲しいもんですわ。







*朝の体重:58.00kg。(たっぷり美味いモンを食べた翌日でこれならラッキーやな。)

*今月の休肝日:4日(今日は酒抜かんとあかんなぁ。)

posted by えて吉 at 15:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

実家の定番料理を久しぶりに

しばらく前に実家におったガキンチョの頃からの定番料理を作ったんでご紹介しておきます。

おかんが適当に作ったせいなのかちゃんとした料理名って無かったんですよねぇ。

豚テキ用の豚肉に軽く塩コショウをして、片栗粉かメリケン粉を表面に付けてから卵液にくぐらせてフライパンへ。

フライパンで焦げん程度に両面を焼いたら別の鍋に用意して置いたダシの中へ。

だしの味付けはほんだしとか白だしでてけとーな和風に。

塩加減はお吸い物よりちょっと濃いめがええんじゃないでしょうか。

そのダシにたっぷりのもやしも加えて、ブタと野菜に火が通ったら出来上がり。




実家の定番料理「豚テキの煮込み 野菜乗せ」

*実家の定番料理 「豚テキの煮込み 野菜乗せ」

無理矢理料理名を付けるとしたら、こんな感じでしょうか。




玉子を付けて焼いた豚テキ

*玉子を付けて焼いた豚テキ

豚テキはこんな感じです。

玉子を付けて焼くと焦げやすいですが、どうせ後で煮込むんで細かい火加減とか気にせんでええのが楽ですわ。

フライパンで焼く時は表面だけ固めくらいの気分で、火を通すのはダシの中って感じ。

この料理のええトコは野菜がわしわし食べられるトコですねぇ。

ナイフで一口分のブタを切って、それを一緒にたっぷりのもやしを食べるんです。

1人もやし一袋でもちょっと足らんかもってくらいです。

子供の時はしょっちゅう食べてたんですが、自分で作ったんはいつぶりでしょうねぇ。

かなり久しぶりやったんで、懐かしさとでご機嫌に頂きましたわ。





今日でぽん太がうちに来て一週間になりました。

先週の金曜日のうどん巡りの帰りにmyblackmamaさん一家からぽん太を受けとり、帰り道にはうちのかかりつけの獣医さんの所へ。

一週間経ったら体重の増え具合なんかをチェックするためにもっぺん連れて来てくれと言われてました。





ぽん太はうちに来て一週間経ってまた動物病院へ

*ぽん太がうちに来て一週間になったのでまた動物病院へ

ちょっとこっちを見つめて不安そうにも見えますが、病院の診察台に上がってもぽん太は平気でしたわ。

先生や看護婦さんにびびる様子も無くごく普通に接してましたわ。

前回から体重の増加を日数で割ったら1日15gほどの体重増加のようでした。

これくらいなら適正やとのことでした。

ハゲっちょろけになってるシッポの皮膚病についてもだいぶ治りかけてると。

今わずかに残ってる目薬みたいな外用薬を使い切ったらそれで様子見ることに。

先生曰く、かさぶたが残ってるとこ以外はもうすぐ毛が生え直してくるとのことです。

特に問題ないんで、今度は2週間後に診せに来るくらいでええと言われて良かったです。


体重も540gを越えてええ感じで大きくなってます。

しっかり食べて、しっかり寝て、しっかり成長して欲しいものです。







*朝の体重:58.20kg弱。

*今月の休肝日:4日(昨日は急な飲みになりました。)


posted by えて吉 at 14:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

鳥栖名物 中央軒の「復刻版 かしわめし」

長野から戻りましたが、そっちのネタの前に急に思いついて出かけた博多旅行ネタのラストをアップしておきます。

福岡駅のそばに泊まって翌朝は駅で飲もうと午前中から広い構内をウロウロしてました。

1軒目の回り寿司の後、もうちょっと飲もうと店を探してる途中で駅弁を売ってるブースがあったんでちょいと覗いてみたんです。

そしたら入ってすぐのとこにあったこんなポップが目に止まりました。


鳥栖名物中央軒の「復刻版かしわめし」のポップ

*鳥栖名物 中央軒の復刻版「かしわめし」

私は全く駅弁に詳しくないんですが、かしわ飯は駅弁好きの某氏のブログの記事でよく目にしてました。

それでいっぺん食べたいなぁと思ってたんで、家に帰って晩ごはんに食べたろうと買うことに。

2軒目で飲み食いしてから戻ってきて無事ゲット。

いくつかの売場にこの弁当があったんですが、売れ切れてるとこもあったんでけっこう人気なんですかねぇ。

知り合いの褒めてた駅弁を買うたつもりでしたが、知り合いのブログ記事を後で調べてみると違うてたのが判明するんですけどね。

毎年のように買うてはるのは折尾駅の東筑軒ってとこのかしわめしでした。(^_^;)

何年も前から何回も記事で読んでても名前を全く覚えないんですよねぇ・・・。

帰りの電車の中で違う駅弁だと分かってずっこけそうになりましたが、家に帰って晩ごはんに頂きました。


中央軒の「かしわめし」のパッケージ

*中央軒の「かしわめし」のパッケージ

パッケージの雰囲気といい、駅弁のサイズ、形といい広島の「うえのの穴子飯」にめっちゃ似てますねぇ。

こちらも経木の折り箱に入ってるのが嬉しいですね。

うえののあなごめしも経木やから水分がええ感じに飛んで冷めてから駅弁の真価を発揮するって感じなんですよねぇ。

シンプルな中央軒の「復刻版かしわめし」

*シンプルな中央軒の「復刻版かしわめし」

おかずはほぼなく、かしわめしのみっていう潔さがいいですねぇ。

全体の味付けはけっこう甘みが効いてましたが、酒の肴になる駅でしたよ。

ガキンチョの頃の弁当で好きやったのが鶏そぼろ、炒り卵、インゲン豆なんかの3色をご飯に乗せたやつやったんですよねぇ。

それを思い出しながら食べたんですが、これで税込み720円ってのは値打ちですねぇ。

最近の駅弁ってしょぼいヤツでも1000円は確実に越える印象なんでかなり安く感じますわ。

ただ、ごはん自体の水分が飛ぶのはええんですが、夜に食べたらちょっと時間が経ちすぎたのか少しご飯が固すぎるようにも感じましたわ。

もう何時間か早めに食べるのがベストやったんですかねぇ。

量的にご飯が多すぎるんじゃないかと思ったけど、思ったよりごはんが薄く入ってたんでペロッと食べ切れてしまいました。

知り合いが食べて美味そうやったんとは違いましたが、経木を使こうた昔ながらのスタイルのこちらの駅弁が食べられて非常に満足しました。







昨日は2時半頃家の近所に帰り着きました。

運転の緊張をほぐすためにジムの風呂だけシバいて家へ。

そして夕方になって整骨院へ行きました。

しばらく前から腰の調子が悪かったんですが、布団で寝たせいか一昨日からかなり調子が悪くなったんです。

帰り道もずっと疼くような痛みがあってツラかったですねぇ。

おまけに明日はうどん巡りがあって1日で500kmくらいは運転するんでなんとかちょっとでも調子を戻したくて整骨院に縋ったんです。

今朝起きた時はここ2日よりはだいぶマシに感じましたが、まだかなり調子悪いんで今日もこの後治療して貰う予定です。

治療してもうて、なんとか明日のうどん巡りを乗りきりたいものです。




*朝の体重:57.85kg。(旅明けで目標をクリア出来ててラッキー。)

*今月の休肝日:2日(今日は酒を抜きますよ。)

*今月のジム:1日


posted by えて吉 at 14:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

普段の晩ごはんネタ3本

家で食べてる普段の晩ごはんネタを長らく上げてなかったんで3本まとめて行ってみます。

まず1本目は9月21日の晩ごはんです。


普段の晩ごはんネタ その1

*普段の晩ごはん その1

・鶏モモ肉塩焼き おろしポン酢添え

・コンニャクの煮物

・千切り梅ごぼう(市販品)

・ししとう・えのきシメジの炒め物

・岩下の新生姜とその汁に漬けた赤たまねぎ

鶏モモ肉はスキレットを使って焼いてみました。

コンロで軽く裏表を焼いてからオーブントースターにほりこんで仕上げました。

どこで買うたか忘れた梅ごぼうなるもんをチルドルームから発見。

食べたのは9/21ですが、賞味期限は6/10で切れとりました。(^_^;)

開封してから一応くんくんと注意深く匂いを嗅いでから行けるやろうと判断。

頑張って食べてやったんですが、味の方は甘みが強くて想像した梅味ではなかったですわ。




続いて2本目は9/22なんで、一本目の翌日にあたります。




普段の晩ごはんネタ その2

*普段の晩ごはんネタ その2

・うなぎの白焼き

・茹でニラと温泉玉子の和え物

・岩下の新生姜とそこ漬けた赤たまねぎ

・コンニャクの煮物

・シシトウの網焼き 自家製のニンニク唐辛子味噌添え

・フカヒレスープ(市販のレトルト)

・長芋 柚子胡椒添え

・梅ごぼう

普通の晩ごはんに鰻の白焼きは贅沢過ぎますが、ここんとこ冷凍庫の在庫を減らそうとしてるもので。

相撲を見ながらの日曜日やったんでちょっと贅沢してしまいました。

この鰻は8/7に活魚屋の大昌に買い出しに行った時にお客さん用の非常食?がてらゲットしたものです。

ほんまは鶴橋の川徳で買おうと思ってたんですがわざわざ行ったのに市場の休場日やったんですよねぇ。

その帰り道に寄った大昌で見つけたから妥協して買うたんです。

一匹2232円やったんですが、家に帰って即半分にカットして冷凍してありました。

冷凍庫減量作戦の一環で贅沢ですがヨシとしました。

かなり期待して食べたんですが、肉質が思ったより柔らかく感じましたわ。

ところで、ウナギの頭の向きって逆の方が良かったんですかねぇ・・・。まぁ許しといて下さい。



3本目は数日空いて9/28の晩ごはんです。




普段の晩ごはんネタ その3

*普段の晩ごはんねた その3

・長芋としめじシシトウの炒め物 ポン酢味

・アジの塩なめろう

・アジ納豆

・冷や奴 (岩下の新生姜漬けの素に漬けた)ミョウガ乗せ

・コンニャクの煮物

・卯の花(惣菜)

コンニャクの煮物、けっこう引っ張ってますねぇ。(^_^;)

献立が決まらんからとりあえず鯵の刺身を買うて、2品に仕立てて、冷蔵庫にあった長芋なんかをてけとーに炒めだけですねぇ。

手抜きというかほとんど料理してませんね。





今日は早めに朝ごはんを食べて、しばらく休んで11時頃からジムへ。

ジムに入る前に周りを30分弱歩いてから、ジムで筋トレを3セット。

先月は結局2回しか行けんかったので今月はもうちょっと行きたいものです。








*朝の体重:57.95kg弱。(今日は酒抜くのに余裕ないのよねぇ。)

*今月の休肝日:1日(今日も休肝日。)

*今月のジム:1日
 
 
posted by えて吉 at 15:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

疲れてたけど運転手で外へ

昨日までけっこう気が張り詰めてたせいか、今日は朝から気が抜けとりました。

ほんまなら1日中家でだらだらしてたいとこでしたが、実家のオカンの運転手をする約束があったので仕方なく出かけることに。

どうせ出かけるならとマンションの防災関係のことでまずは八尾市役所へ。

そこからオカンの用事で銀行を回ったら、そこから思いついて平野のマックスバリュへ。

私の買い物に付き合わせたんですが、オカンも同じ施設内にある百均に行きたかったとかで問題なしでした。

百均での買い物を終えたら12時前やったんで、オカンが昼メシを済ませて帰ろうと。

私は朝メシを食べんと出かけてて、腹ペコやったんでその話に乗ることに。

今まで何度も前を通ってても入ったこと無かった和食系のお店へ。


マックスバリュの和食屋で「かきあげうどん」

*和食屋で「かき揚げうどん」

値段は700円くらいでしたっけねぇ。

冷凍品を揚げ直したからか、揚げすぎの天ぷらでしたわ。

うどんは冷凍食品のヤツでしょうな。うどんに対するストライクゾーンはかなり広いので美味しく頂きましたが、値段とモノを考えるとコストパフォーマンスはようなかったですな。






少し涼しくなってきたし、大きなイベント事を乗りきったんで、どっか温泉にでも行きたい気分ですわ。

出来たら同じ宿で2泊してのんびりしたいですなぁ。


*朝の体重:57.95kg弱。(昼が外食で、夜も身内で宴会やったから目標クリアしててラッキーかな。)

*今月の休肝日:7日(今日はもう1日飲もうかな。)

*今月のジム:2日

 
posted by えて吉 at 15:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

今日の1食目は濃ゆく「焼きカレー」

今朝、体重を計ると58.45kgとかなりデブってしまってました。

昨日の朝の時点では目標の58kgをクリアしてたんですが、朝のうどんがちょっと多めやったのに昼ご飯も食べてしまい夜は飲み会がありました。

普通にしてても簡単にデブるんでしょうがないっちゃしょうがない結果でした。

デブった以上今日は節制せなあかんのですが、とりあえず朝ごはんを抜くというか、朝昼兼用で一食食べることに。

8時前に起きた時点でそれなりに腹が減ってたんですが、できる限り引っ張って11時過ぎまで。

デブった日は朝昼に押し麦雑炊を食べることが多いんですが、この時間から調理すると食べられるのはもっと先やから腹の減りが我慢出来ず。

普通におにぎらずとか食べても、夕方までもちそうにないなぁ・・・と。

そんなことを考えてて思いついたのが焼きカレー。

休肝日の晩ごはんの定番なんですが、そいつを朝メシというか本日の一食目にシバいたることに。

焼きカレーなら腹持ちがええやろうから、それで夕方までしのいで晩ごはんを軽くしようと。


冷蔵庫におったしめじとえのきを刻み、もう残り僅かでちょっとヘタリだしてたキャベツも刻んで嵩増しに使うことに。

あとラム肉の切り落としがちょろっと残ってたんでそいつも加えて食べてしまうことに。

フライパンでラム肉を炒めてあらかた火が通ったらキャベツを投入。

キャベツがしんなりするまで炒めた所できのこ類を加えて、塩コショウ。

ごはんを加えてからコンソメ、カレー粉、たっぷりの一味にクミンパウダーなんかで味付け。




191018yakicurry.jpg

*「焼きカレー」一食目には濃ゆいかな?

焼き飯の上にレトルトのカレーを掛けてチーズを散らしてオーブントースターで焼いたら出来上がり。

食べる時はさらに上からタバスコをぶっかけて頂きました。

ご飯は少なめでしたが、きのことキャベツでだいぶ嵩が増えてました。

熱々の上にかなり唐辛子系が入ってるんでちょっと食べただけでけっこう汗が出ましたわ。

しかし自分に取っちゃ感覚的には朝ごはんに近かったんででえらい濃ゆいメニューになりました。(^_^;)





カレーを食べてしばらく休憩したら、今度こそ時間切れにならんように晩ごはんを早めに仕込むことに。

野菜室にだいぶへたってる白菜がおったんで、そいつを全部刻んで鍋へ。

鶏もも肉を一口大にカットして加えて、白だしとガラスープの素で味付け。

押し麦を45gだけ加えて、10分程煮込んでから保温鍋にセットしました。

晩ごはんはこの押し麦雑炊だけで済ませる予定です。(今日は休肝日。)

これでなんとか少しでも明日の朝の体重が減ってるとええんですけどねぇ・・・。









*朝の体重:58.45kg。

*今月の休肝日:6日

*今月のジム:2日

 
 
posted by えて吉 at 16:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

今年はゴーヤーチャンプルー1回だけかなぁ?

今年の夏は冷たい系の麺類が少なめやったなぁってしばらく前の記事で書いたんですが、そういえばゴーヤーもあんまり食べてないなぁと。

いつもは夏前から夏過ぎの間に3回くらいは買うてると思うんですが、今シーズンは1回しか買わなかったような気がします。(ひょっとしたら2回?)

ゴーヤーの定番の食べ方であるチャンプルーも1回くらいしか作らなかった気がするのでそいつをアップしておきます。


食べたのは8月20日なんで、順番は逆ですが何本か前にアップしたバックリブのネタの前日になります。



191014goyadinner.jpg

*ゴーヤーチャンプルーがメインの晩ごはん

・ゴーヤーチャンプルー

・蒸し茄子 中華風

・温泉玉子入り納豆

・茹でブロッコリー

・セロリの浅漬け

・なすびの浅漬け

・ミョウガと岩下の新生姜漬け

ごーやーちゃんぷるーは、いつもはあんまりやらない具だくさんバージョンで。

ごーやー以外に豚肉、厚揚げ、小松菜、もやし、玉子と色んなもんを入れました。

味付けは沖縄そば用の濃縮ダシを買うてたんでそいつを使って。

ほんだしを少し加えてドーピング。

けっこうたっぷりな量になったんで、一部が残って翌日のバックリブを食べる時の一品になりました。

夏場の定番料理を今年も一度だけは作ったってことでメモ?がてらのアップとなりました。(^_^;)






今日は昼前から久しぶりにジムへ。

ジムに入る前に周りを歩いたんですが、20分歩いたところで雨が降り出したんで予定は30分弱のつもりやったけど短めで切り上げ。

ジムに入って筋トレを3セットやってから、いつもならそのまま帰るところですが、歩きを10分追加。

ほんのちょっとやけど、そのまま帰らず追加で歩いた10分は自分を褒めときました。

なんとか週2回くらいは行きたいもんですなぁ。





*朝の体重:58.35kg。(納得行かんデブり具合やなぁ。)

*今月の休肝日:5日(今日は休肝日。)

*今月のジム:2日
posted by えて吉 at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

豚のバックリブをエスニック風に焼いてみた

スーパーの「ライフ」をちょくちょく覗いてるといつもはスペアリブが並ぶ豚肉の売場に時々ですが「バックリブ」が並ぶんです。

ぱっと見ぃはけっこう似てるんですが、スペアリブはあばら骨の腹側であるのに対して、バックリブはあばら骨の背中側なんだとか。

スペアリブより脂肪分が少なくて柔らかいのが特徴らしいですわ。

食べたのはちょっと前の8/21のことなんですが、この日の豚肉売場にはバックリブが並んでて、一部は翌日が消費期限で半額シールが貼られてました。


元値はグラム138円で内容量が326gで449円でしたが、シールには値引き後の値段として224円の表示。


そんなにごつくないバックリブが4本やったらその日に食べ切れると思ったんで半額シール付きのヤツをカゴへ。

3時過ぎに買うて家に帰ったら、即下味を付けることに。

チューブのニンニク、スイートチリ、ニョクマム(魚醤)、シャンツァイ(香菜)、カイエンヌペッパーなんぞと一緒にビニール袋に入れてモミモミ。

出来るだけ空気を抜きながらビニール袋の口をしばらく置いときました。




どうやって焼くか迷ったんですが、スキレットで行ってみることに。





油を馴染ませた小さい方のスキレットにバックリブを並べて弱めの火力で焼いて行きました。







一度ひっくり返してしばらく焼いたらスキレットごとオーブントースターへ。






豚のバックリブをエスニック風に焼いてみた

*豚のバックリブをエスニック風に焼いてみた

柔らかいって聞いてたんで期待したんですが、思ったほど柔らかいって風には思いませんでしたねぇ。

あと、けっこう大きいとは思ったけど付いてる肉はそんなに多くなくて、食べるトコはあんまり多くない印象でした。

味付けはまずまず狙ったんに近くてほどほどには満足出来ましたけどね。



メインのバックリブを含めたテーブルの様子はこんな感じです。







バックリブがメインの晩ごはん

*豚のバックリブをエスニック風に焼いた晩ごはん


・豚肉のバックリブのエスニック風

・高菜の漬け物、納豆、玉子の炒め物

・セロリのマリネ

・厚揚げの網焼き

・バックリブ

・ゴーヤーチャンプルー(残り物)

・蒸し鶏の和え物


食べ始める前はバックリブにもうちょっと嵩があるかと思ったんで、全体の料理が多すぎるかなぁと。

納豆は一部残しましたが、ほかはこれくらいでちょうどでしたわ。

アメリカとかのバーベキューでは今回のバックリブがええらしいですが、煮物はどうなんでしょうねぇ。

長めに煮込んだら肉から骨を簡単に剥がせたりするんでしょうかね。

いつも売ってる食材やないから煮物にチャレンジするのはいつになるか分かりませんけどね。












*朝の体重:正確な計測無し。(目標値の58kg前後かな。)

*今月の休肝日:3日(昨日は酒を抜きました。)

*今月のジム:1日

 
 
posted by えて吉 at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

朝ごはんに「ソーキそば」

今日は朝ごはんにはちょっと濃ゆ過ぎかと思いながらもソーキそばを食べたんでそれをサクッとアップしておきます。

8/3の土曜日は阪神尼崎駅まで翌日のグルコバのブツを運んでコインロッカーに入れました。

そのついでに尼崎の商店街をウロウロして豚足だの皮付きの三枚肉などを探してました。

豚足は見つかったものの皮付きの豚バラ肉のブロックは見つからず、やけくそ気味に大阪の大正区まで移動。

平尾商店街の仲宗根精肉店で皮付き肉をゲット。

同じ商店街にあった八百屋ともよろず屋ともつかん店で生の沖縄そばと沖縄そばの濃縮スープも買いました。


大正区で調達した沖縄そばのスープとそば

*大正で買うた沖縄そばとそばのスープ

そばが500g入りで350円、濃縮スープの素が550円でした。

そばの方は返って3つに分けてすぐ冷凍していつでも食べられるようにしといたんです。

別の時にソーキの煮付けも作って同じく冷凍。

客が来た時に出せるようにしてたんですが、夏場に出すことも無くここまで来てしまったのでもうぼちぼち食べんとあかんなぁと。

ソーキそばを自分用に食べるんってなんとなく贅沢過ぎる気ぃしてたんですが、いつまでも冷凍庫に死蔵しててもしゃあないですからねぇ。





朝ごはんに「ソーキそば」

*朝ごはんにソーキそば

本場の沖縄でそばを食べる時はソーキそばにあんまりこだわりないんですよねぇ。

普通に三枚肉の煮付けくらいが乗ってりゃ十分でソーキだとちょっと重すぎるかなぁって印象も。

だからあくまでもお客さん用って感じで用意してたんです。

ソーキはたっぷりの煮汁ごと冷凍してたんで小鍋に移して温めてやりました。

スープは水で適当に薄めたら準備オッケー。

麺はたっぷりのお湯で湯がいてやりました。

ネギは沖縄そばにはこういうざく切りっぽいのが気分なんであえて大きくカット。

食べる時は自家製のコーレーグースーもどきを加えて頂きました。

濃ゆ過ぎるかと思ったソーキもそんなことはなくペロッと。

しっかり煮込んであったんで骨から身がほろっと取れてなかなかええ出来でしたわ。

ソーキはまだ残ってるからもっぺんここ2〜3日中に沖縄そばを食べましょうかねぇ。







*朝の体重:正確な計測無し。(57.4kg未満の模様。)

*今月の休肝日:2日(今日はもう一日飲んだろ。)

*今月のジム:1日


posted by えて吉 at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

高島屋の「HASAMI器フェア」で買うた波佐見焼の器

一本前は萩焼の記事でしたが今日は高島屋でやってた「HASAMI器フェア」で買うた波佐見焼の器をご紹介します。

高島屋に行ったのは9月4日の水曜日でしたが、この器の催しのために行ったんではなく山口蓬春って画家の展覧会を見に行ったんです。

展覧会に入ろうとして入口のすぐ前でこのイベントをやってたんで、絵を見たら器もチェックしようって思ってました。



高島屋の「HASAMI器フェア」

*高島屋の「HASAMI器フェア」

女子が喜びそうなかわいい系の器がけっこうありましたわ。

ポップでおされーなんは私みたいなおっさんにはちょっと使いにくそうでしたが、その中でちょっと珍しいサイズの器が目に止まってつい買うてしまいました。






それがこちらです。







波佐見焼の長方形の小皿

*波佐見焼の長方形の小皿

窯元の名前を控えるのを忘れたんで作り手は不明です。

1枚800円で色違い3種類で2592円でした。

この写真だけやとサイズが分かりにくいですが、かなり小ぶりで薄いとこがキレイやし、手元にないから違った盛り付けが出来るかなぁと。






翌日になってさっそく料理を乗せてみました。







波佐見焼を初めて使った晩ごはん

*波佐見焼の新しい器使った晩ごはん

・茹でた鶏ムネ肉のサラダ

・玉ヒモの煮込み

・オカワカメのおひたし

・いかうに塩辛

・ミョウガの岩下の新生姜漬けの液漬け

・中華っぽいスープ

・厚揚げの自家製の唐辛子にんにく味噌焼き

・岩下の新生姜入り納豆


厚揚げを乗せたのが波佐見焼ですが、かなり小ぶりなんが分かって貰えるかと。

こういうサイズの器は持ってなかったんでけっこうええ買い物やったなぁと。







ついでにもう一枚、今回の器を使った時の写真を乗せておきましょう。








波佐見焼に塩鯖を乗せてみた

*波佐見焼の小皿に塩鯖を乗せてみた

9月11日の晩ごはんです。

・薄揚げと豚肉のニラ巻き

・塩鯖

・シシトウとシメジの炒め物

・蒸し鶏とキュウリの和え物

・キムチ

・岩下の新生姜とその汁に浸けた長芋と枝豆

・うに入りいか塩辛


かなり小さな塩鯖がええ感じに器に盛れたように感じました。



ちなみにこの日のメインのニラを豚と薄揚げで巻いたのはふと思いついた新作のてけとー料理です。(^_^;)





思いつきでやってみた薄揚げと豚のニラ巻き

*思いつきでやってみた薄揚げと豚のニラ巻き

ふと思いついてやってみたんですが、結果的には失敗でした。

巻いたヤツをオーブントースターで焼いたんですが、薄揚げに焦げ目が付いても中の豚まで火が通りませんでした。

しかたなく追加でチンして無理矢理火を通しました。

あと、味付けの方も下味に振った塩コショウがちょっとキツかったですわ。




新作料理はイマイチな結果でしたが、新しい器はこれからも使えそうで嬉しいですわ。




*朝の体重:57.55kg弱。(まぁこれくらいやったらヨシとしよ。)

*今月の休肝日:1日(明日飲み会やから今日は休肝日にした方がええかなぁ・・・。)

*今月のジム:0日


posted by えて吉 at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

旅先で買うた萩焼の酒杯2つ

8月の末に山陰へドライブ旅に行った時に買うた萩焼のぐい呑みをご紹介しておきます。

今回の旅行では萩が目的地って訳ではなかったんですが、まぁせっかくそばを通るんやから10年以上ぶりに寄ってもええかと。

2日目に萩に向かってて手前の国道191号線沿いの道の駅「ゆとりパークたまがわ」ってに朝メシがてら寄りました。

そしたらその一角に無人のリサイクルコーナーがあって、ごちゃごちゃっと食器の入った箱に萩焼っぽい古いぐい呑みを発見。

箱にはどれでも30円って書かれてたんですが、小銭がちょうどなかったんで50円を会計用の容れ物に入れときました。

その後、萩市内に車を止めて適当に武家屋敷のあるエリアを歩いてて唯一見つけた「雅萩堂」ってお店でも萩焼のぐい呑みをゲット。

こちらは2160円で、酒器に払う金額としてはそんなに高いとは思いませんが、30円のあとなんでちょっと勇気が要りました。

大阪に帰ったのは8/26でしたが、中古の方は口に入れるモノに使うには汚れが溜まってるように感じたんで漂白剤に漬けてやりました。

アンティークや骨董品を漂白してワヤにしたってな話を聞くことがありますが、値打ちがどうこうより自分が使うのが目的なんでええやろと。

漂白剤にしばらく漬けて、漂白剤をちゃんと抜きたくてもっぺん水に漬けてたらその水にけっこうな色が着いたんですよねぇ。

もう一度水を換えてもまだ色が出て来たんで、さらにもう一度水を換えてヨシとしました。






旅先で買うた萩焼の酒杯 新品と中古

*旅先で買うた萩焼の酒杯 

左が2160円の新品で右が元値30円の中古品です。

どちらかというと私には右のような生地?が萩焼って印象があります。


旅先で買うた萩焼の酒器

*萩焼の酒器 

先に右側を手に入れてたんで焼き物屋さんでは敢えて冒険して左のを選んでみました。



古い方を漂白してたんで初めて使ったのは8/26になります。




古い酒杯を漂白してから使い較べ

*古い盃を漂白してから飲み比べ

この日の献立は

・厚揚げ焼き 自家製ニンニク唐辛子味噌乗せ

・ネギマグロ

・スーパーの惣菜の残り物

・冷しゃぶサラダ

・ねぎまぐろ納豆

・とうもろこし

・壬生菜の浅漬け

使ってみた感想は、両方ともなかなかええなぁって感じです。

中古の方は口の辺りが薄いんでけっこう私の好みです。

新品の方は、中古に較べて口がちょっとごついんですが釉薬のおかげであんまり厚みが気にならず。

萩焼は使い込む程に変化するなんて言いますが、お茶とかと較べてお酒では変化しにくいんですよねぇ。

それでもこれから大事に使こうて行って少しでも変化してくれたらなぁなんて思っております。

今はぐい呑みや盃の数があんまりないんでいっぺんに2つ増えると選ぶ楽しみが増えて嬉しいですわ。









*朝の体重:58.05kg。(夜そんなに食べてないから気に入らんぞ。)

*今月の休肝日:1日(昨日は酒を抜きました。)

*今月のジム:0日(今日行こうかと思ったら休館日でした。)



posted by えて吉 at 14:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

初めて「とうもろこしご飯」を作ってみたけど・・・

最近まったく新しい料理にチャレンジ出来てないんですが、この夏に初めて作ったとうもろこしご飯をアップしておきます。

作ったことなくて初めて作るからから”新しい料理”って言うのは間違ってないとは思いますが、トウモロコシと米を一緒に炊いただけなんでちょっと厳しいもんがありますねぇ・・・。(^_^;)

今年の夏はツイッターで「アイラップ」って言う電子レンジや湯煎に使える耐熱のビニール袋のネタを色々見てたらトウモロコシをチンするヒトが多かったんですよねぇ。

手頃で普通に茹でるより美味いなんてコメントもあって、何回か真似して自分でもやってます。

今まで生のトウモロコシは収穫した瞬間からどんどん鮮度(糖度)が落ちるから「湯を沸かしてから畑に取りに行け」ってな格言?があるなんて聞くんで、大阪のスーパーであんまり買おうと思わなかったんですよねぇ。

昔、知り合いが北海道に長いこと居った時に、自分が畑でもいだヤツを即箱詰めして大阪に送ってくれたことがあって、その時も鮮度が大事やからすぐ食べてって言われたんですよねぇ。

そんなこんなであんまり皮付きのヤツを買おうと思わんかったんですが、電子レンジで調理するんやったら手抜き料理やからあんまり鮮度に拘らんでもええかと。

開き直って電子レンジでチンしたコーンを食べると、冷凍コーンよりはだいぶんと美味いなぁと。

私は決めつけとか思い込みとかでアレしない、コレしないってのはけっこう多いんですよねぇ。


アイラップでとうもろこしへのハードルが下がったんですが、同じアイラップ絡みだったかは忘れましたが、「とうもろこしご飯(トウモロコシの炊き込みご飯)」についてもなんどか目にしたんです。

あんまりご飯モンで惹かれることは少ないんですが、トウモロコシを買い始めたとこなんでやってみることに。





作ったのは8/6になりますが、買うて来たトウモロコシの皮を剥いて、生のまま実ぃを芯から切り取ってやりました。

お米は3合だったかを研いで、普通の水加減より心持ち水を控えてみました。

そこにてけとーに塩を加えてトウモロコシの実と3つにカットした芯も加えて普通に炊飯。






初めって作った「とうもろこしご飯」

*初めて作ったとうもろこしご飯

出来の方はといいますと、って、こんなシンプルなもんに出来もくそもありませんわね。

薄めの塩味でコーンの風味が全体に行き渡ってて、コーンの甘みも良く、なんだか意識の高い人らの食べ物のようでしたわ。

炊きたてのトコをコーンを全体に混ぜ込んで少し食べたら、本心で美味しいと思いました。




ただね、正直言うと、作っといてなんやけど。

自分の普段の食生活にはあんまり合わんなぁ・・・・と。

そもそもこういうお上品なんに限らず、炊き込みご飯ってほとんど食べないんですよねぇ。

飲む日はコメもんいらんし、飲まん日もご飯とおかず、汁物って風に分けて食べることはめったにないんです。

最近こそ、醤油味のかやくご飯なんかはおにぎらず専用に作ったりはしてますけど、薄味のコーン飯はおにぎらずにはちょっと違うなぁと。


割烹の〆でこういうご飯が出た時は美味しくいただきましたが、家でそういうパターンはないしなぁ・・・。





で、結局初日はこんな食べ方に落ち着いてしまいました。









とうもろこしご飯をキーマカレーと

*トウモロコシごはんをキーマカレーと

冷凍してあった自家製のキーマカレーをコーン飯に乗せて、チーズを散らしてたっぷりのレタスを盛りました。

食べる時はこれを盛大にかき混ぜて、レタスとご飯、カレーが一体化してから食べました。

この食べ方やとおじょーひーんなコーンご飯の良さは全く生きませんわねぇ・・・・。(^_^;)

ちなみに、レタスとご飯と何かをぐちゃまぜにして食べるってのは、沖縄のタコライスの応用です。

食事としては満足したけどコーンご飯の扱いはひどかったですかね。








残ったとうもろこしご飯は小分けして冷凍。









冷凍したんですが、翌々日の8日はまた1つ食べることに。







2回目もカレーと一緒に食べたトウモロコシご飯

*またカレーと食べたとうもろこしご飯

この日は全く献立が浮かばず、極厚カットの豚テキ用の肉を焼くことに。

それをキーマカレーに添えて食べることに。

ちょっとだけとうもろこしご飯に遠慮して、上に乗せず脇に置いてみました。

これだと豚テキを囓ったあとに、コーンご飯だけを多少は味わった気もします。



というわけで、とうもろこしご飯ってのは、ダシを合わせるとかもなく、作るのは簡単で素朴な美味しさがあるのが分かりました。

それと同時に私の食生活にはぜんぜん合わんってのが分かりました。

だから、次作るか?って聞かれるとひじょーに悩ましいですわ。










*朝の体重:57.50kg。(外食予定やからこの数字に下がってラッキー。)

*今月の休肝日:9日(昨日は酒を抜きました。)

*今月のジム:4日

posted by えて吉 at 15:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

グルコバ68は灼熱の調理室?

今週末には次のグルコバがあるんですが、前回の様子をアップするのをすっかり忘れてたのでサクッと上げておきます。

第68回グルコバの開催は8月4日の日曜日でした。

この時期は無茶苦茶な暑さやったんですが、会場のクーラーが壊れてて修理はいつになるか分からんってな状況でした。

その前の回は6月下旬の開催でまだ真夏では無かったですが、調理室内には扇風機しかなくてけっこう暑かったですわ。

8月の開催となるとどんだけ暑くなるんやろうと思ってました。

私は普段家では夕方に直射日光が部屋に当たる時間帯くらいしかクーラーを使ってないんで、それなりには暑さに慣れてるつもりです。

それでも厳しいやろなぁとは思いましたが、普段当たり前にクーラーを使こうてはる参加者のヒトが体調崩さんかと心配でした。




主催者のこばやしさんもその辺りはだいぶ考えはったようで、料理の品数をグッと絞って調理開始時間を1時間遅くするという対応をとりはりました。

当日は開始が遅いんでそれに合わせて11時頃に家を出発。

しっかり食うとかんともたんと思うたんで、途中乗り換えの九条駅で吉野家の牛丼をしっかり食べて会場へ。

今回は調理室に入れる1時になったら先に荷物を調理室に置いて買い出しへ。


で、2時頃からぼちぼちと調理を始めたんですが、予想外なことに調理室のクーラーが直ってたんです!!

まぁもとから効きの悪いクーラーやったんですが、猛暑の8月にクーラーがあるとないとではだいぶ違いますわね。

始まるまではどうなることかと思いましたが、おかげで暑さの方は大きな問題にはなりませんでした。



調理開始から1時間程でいつもの大人のオヤツタイムになりました。

メインの食事会の品数が少なめやってのを見越した訳じゃ無いですが、今回はいつも以上に賄いが充実してた気ぃがします。(^_^;)

もうけっこう前のことなんで詳細はなしで、写真をだだぁーっと貼って行きます。




190804makanai1.jpg

*差し入れの日本酒

2人の参加者方がそれぞれ持って来てくれました。



190804makanai2.jpg

*現場で茹でた枝豆

これは常連のEGMさんが買い出し先のスーパーで買うて、現場で茹ではったんだったと思います。


190804makanai3.jpg

*差し入れのおつまみ

マグロ、おくらと後はなんでしたっけねぇ。貝柱かなぁ・・・。(^_^;)



190804makanai4.jpg

*蒸し豚とエゴマの醤油漬け


190804makanai5.jpg

*煮玉子


190804makanai6.jpg

*ラタトゥイユ

これは私が家で作って持って行ったもんです。

私にとってラタトゥイユは”夏と言えばコレ”って料理の1つなんで真夏のグルコバの差し入れにしてみました。

そのままじゃ食べにくいんでクラッカーを買うて行って添えときました。





料理の方は品数少なめで、ビリヤニを任せられる参加者(カレー王子は欠席)がいなかったのでこばやしさんがそちらにつきっきりになってました。

そのせいか一部の料理でミスがでて、ゆで玉子を丸ごと料理するヤツが刻まれてしまってました。

190804ryori1.jpg

*渡り蟹のプラオ

品数を絞った分、贅沢にワタリガニを使うことにしはったそうですわ。

かなりの量のワタリガニが入っとるんで、この時点でも旨味がたっぷり出てそうでしたわ。

190804ryori2.jpg

*出来上がったワタリガニのプラオ

酒が進む米モノの出来上がり。




190804sample.jpg

*グルコバ68で完成した料理 盛り付け例



料理の説明用写真と説明については、こばやしさんの記事からコピー&ペーストさせて頂きます。



190804explain.jpg

*説明用写真




(以下こばやしさんの記事よりコピー)

A.ミルチ・カ・サラン
ハイデラバーディ・ビリヤニには付き物の、ゴマとピーナツを使ったマサラでししとうを煮込んだカレー。

B.南インド風グリーン・チャットニー
ココナツとミント、香菜を使ったビリヤニ向けのチャットニー。

C.オニオン・ライタ
これもビリヤニのお供、赤玉ねぎと青唐辛子のヨーグルト和え。

D.サブダナ・キール
小さいタピオカを牛乳で煮込んだ甘いデザート。

E.ナスのヴェプドゥ
ナスをココナツのマサラで炒めたアーンドラ料理。

F.かぼちゃのマスタード炒め
かぼちゃをマスタードを使ったペーストで炒め煮したアーンドラ料理。

G.卵のマサラ炒め
本当はゆで卵のスパイス焼き付けだったのですが、卵が崩れたので料理名変更(笑)。

H.ハイデラバーディ・チキン・カッチ・ビリヤーニ
生の骨付き鳥を使い、米と一緒に炊き上げたカッチ式の本格的なビリヤニ。

I.ワタリガニのプラオ
ワタリガニとトマトのマサラで炊き上げたご飯。インド式ピラフ。

K.ビーツのピックル
ビーツをマスタードオイルとビネガーで漬け込んだインド式ピクルス。

今回は全部で10品。揚げ物、粉ものが無かったので最後はちょっと時間が余ってしまいましたね。

(以上、コピー)






190804table.jpg

*食事風景

私の座ったテーブルの食事風景はこんな感じでした。

いつもよりは品数少ないけど、これだけあったら全く文句ないですねぇ。

旨味たっぷりなご飯モノをけっこうがっつり食べたんで大満足でしたわ。


メニュー作りに苦労されたこばやしさんにはいつもながら大感謝です。



*朝の体重:57.65kg。(夜計ったらえらい重さやったから目標クリアしてホッとした。)

*今月の休肝日:8日(昨日は酒を抜きました。)

*今月のジム:4日



posted by えて吉 at 14:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする