2020年09月14日

うなぎの白焼きをメインに晩酌

うなぎって贅沢やから何か名目でもないかぎり、なかなか食べる勇気が出ないんですよねぇ。

そんな私でしたが先週の木曜日(10日)に珍しく紋日でも旗日でもないのに1人でうなぎを食べてやりました。

というのも、先月の月末に伊勢へ旅行した時にこばやしさんらが食べてたうなぎの白焼きが頭の片隅にずっとあったんですよねぇ。

こばやしさんの「膳」の白焼きの記事を読んだら、また鰻の白焼きへの欲求が高まってしまいました。


ちょうど冷凍庫にはだいぶ前から白焼きがあったんです。

ただ、1人で食べるにはもったいなくてしばらく寝かしてたんですが、もうええわと解禁することに。

そろそろ晩ごはんの用意をしようかってことで、まずは冷凍庫にあった白焼きを流し台に出しておいたんです。

その後、サブの冷蔵庫の冷凍庫を開けると、いつの間にかドアにすき間が開いてたようで、なかはえらいことになってました。

一部の物は溶け出してるし、霜や氷が庫内にびっしり。

大慌てでまずはそっちの処理から。

中の物を入るだけ冷凍専用庫やらメインの冷蔵庫に移せるだけ移し、残りはとりあえずクーラーボックスへ。

冷凍室のドアを全開にして、電源を切って氷や霜をとりあえず全部取り除きました。

その後、電源を入れてしばらく置いてからクーラーボックスのものを戻しました。

氷と霜を取るとこまでやった段階で、もともとかなり腹減ってたんで、外食にしようかとも思いました。

でも、ドタバタで疲れて、そこから出かけるのも邪魔くさいしで外食は我慢。

予定通り白焼きをメインにして家飲みで行くことに。




うなぎの白焼きがメインの晩ごはん

*うなぎの白焼きがメインの晩ごはん

・うなぎの白焼き

・ネギトロ

・ごまどうふ

・白菜の浅漬け

・湯豆腐

・ネギトロ納豆

・小芋の煮物(実家のおかんよりお裾分け)

・サバの水煮と貝割れ大根


ネギトロは、正確にはネギマグロかな?

冷凍のマグロペースを長らく死蔵してたんで、今回1つ減らすことに。

全体にたっぷりとネギを混ぜてから、そのままネギトロとして食べるヤツと納豆に混ぜるやつに分けました。

ごまどうふは8日に龍神から高野山へとドライブした道中のローカルスーパーで見つけたもの。

湯豆腐は前日に親鶏を入れたうどんを作った時に余ったダシの再利用。

白焼きは「膳」のヤツにはぜんぜん及ばんのですが、それでもとりあえずの欲求が満たされたので大満足でした。

伊勢旅行で買うた日本酒もまだ残ってたんでそいつと一緒にやって、向こうで食べる代わりとしときました。

この日はほとんど料理してないんですが酒が進むアテが十分あって、ええ飲み食いになりましたわ。

うなぎの白焼きはもう半分残ってますが、あんまり冷凍庫に長く置くと変な匂いが付くんでほどほどで食べんとあきませんなぁ。




*朝の体重:58.20kg。(昨日と変わらず目標オーバー)

*今月の休肝日:5日(今日はこのまま酒抜くぞ〜)

posted by えて吉 at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

富山県砺波市の名産品「大門素麺」

今日の朝ごはんに食べた富山県の砺波市で作られてる「大門素麺」についてサクッとアップさせていただきます。

この大門(おおかど)素麺のことは、全く知らなかったんですが2018年の11月に砺波市の宿に泊まった時に地元のスーパーでたまたま見つけたんです。

実家への土産と、気になったんで自分用にも買うたんですよねぇ。

そこからたまに食料ストックケースを漁った時に手に取ってはおったんですが、食べるのは延び延びに。

最近、一緒に富山でこの素麺を買うた知り合いが食べて美味いって言うのを聞いたんで私もやっと食べてみることに。



200911ookadosomen1.jpg

*富山県砺波市の名産品「大門素麺」

スーパーに並んでるってことは、富山県じゃごくメジャーなんですかねぇ。

買うた値段は忘れましたが、アマゾンなんかで見るとかなり高い値段がしてるんで高級品なんでしょうねぇ。

ネットで調べてみると能登にルーツを持つとか、乾燥後の形状から「島田素麺」、「丸まげ素麺」とかとも呼ばれてるんだとか。

包み紙にはそれぞれの生産者の名前が入ってるんですねぇ。地元?じゃ作り手を選んで買う人もおるんだとか。

 *JAとなみ野:大門素麺


200911ookadosomen2.jpg

*大門素麺の形状

中身はこういう形なんで髷にちなんだ別名があるんですな。

パッケージには食べ方(茹で方)として、まず曲げてあるところで半分に割れって書いてました。

ちゃんと呼んだんですが、紙包みを開けて一塊を手に取ると、なんか割って短くするのがもったいなぁと。

1つ分の重さを量ると85gほどだったんですが、今回はそのまま茹でてみることに。

たっぷりのお湯を沸騰させてから素麺を投入。

丁寧に箸でほぐしながら3分湯がきました。

それを水道水で粗熱を取ってから、冷水でシャキッと締めてやりました。



200911ookadosomen3.jpg

*大門素麺をまずはシンプルに冷たいままで

麺の素性がよう分かるかと思ったんで、冷たいのをごく普通にめんつゆにつけて食べることに。

で、一口目食べようとして食べ方にわざわざ折れって書いてあった意味が分かりました。

かなり1本1本が長くて、折ってないと全体が絡みまくってめっちゃ食べにくいんです。(^_^;)

2口ほど頑張って食べようとしたんですが、あまりにも食べにくいんで出汁を上から掛けて”ぶっかけそうめん”で頂きました。

食べにくさは全部自分の責任ですが、麺自体はシャキッとしたしっかりしたコシがあって美味かったですねぇ。

温かい出汁で煮麺にしたらどうなんやろうって気になりながら頂きました。




富山は旨いモノが多いイメージやし、前回泊まった宿がかなりええ感じやったしまた行きたいモンですわ。

次に行けたら、この素麺はまた買うて来てもええなぁと思いました。






*朝の体重:58.00kg。(ここまで増えるほど食べてないと思うのになぁ・・・。)

*今月の休肝日:4日(土日は飲みたいから、今日は酒抜いとくかなぁ。)
 
 
posted by えて吉 at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

「ガパオライスもどき」とそのなれの果て

だいぶ前に買うたまま食料ストックケースの肥やしになってたガパオライスの素を使こうたんでその様子をご紹介します。

とはいえ、私のいつものパターンでタイの人に怒られそうなぐらいのてけとー料理ですけどね。

最初に作ったのは7日の月曜日のことです。

前日だったかに鶏モモ肉を買うたけど使わずに生のまま持ち越してしまいました。

消費期限はまだ2日あったけど、古くなる前に使いたいなぁと。

ちょうど休肝日で辛い簡単な料理で済ませようかと思ってたので、ガパオの素のことを思い出しました。




ガパオライスって食べたことはあるけど、正しいレシピも作り方も知らんので素の瓶に書いてある作り方をチラッとみたらあとは好き勝手にやることに。

鶏モモ肉はご飯と混ぜて食べやすい程度の小さめにカット。

それ以外の材料として手元にあったシシトウを何本か筒切りに、ピーマン1個は小さめ刻みました。

さらにタマネギもごく粗みじんで加えることにして、ししとうもプラスで。

赤いパプリカなんかがあれば彩りがようなったかもですが、手元にある物でやったんで素無視しときました。



ニンニクとたっぷりの唐辛子をじっくり炒めたトコに玉ねぎを投入。

たまねぎがある程度炒まったとこで鶏肉を加えて、その後他の材料も順に加えました。

ガパオの素をたっぷり加えて、日本酒とみりんで汁気をプラスして煮込みながら鶏に火を通しました。

最後にニョクマム(魚醤)と砂糖少々で味を調えたら出来上がり。

ごはんの横に出来た具を添えて、目玉焼きも載っけてやりました。


前半はまずおかずばっかりをアテに嘘ビールをグビグビ。

かなりたっぷり具があったんで、最初はアテとして気分だけの晩酌で。

後半、具を追加してご飯と混ぜながら食べました。

見た目の割りに塩気はキツくなかったんで、ニョクマムをちょいちょいと垂らして風味をプラスしながらいただきました。





初日のだんかいで、間違いなくガパオの紛いもんでしたが、一部が残ったのでそれを昨日再利用。

昨日は残ってる食材の消費が優先ってことで、ガパオもどきに小松菜一束とともやし半袋をプラス。

先に小松の固いとこを炒めて、残り物のガパオを加え、そこの小松菜葉っぱ部分ともやしも加えました。

最後に片栗粉で汁気にとろみを付けてやりました。

もうここまで来ると、タイ人が食べたらガパオとは思わんでしょうなぁ・・・・。(^_^;)


そして、この具と食べる主食には菊水の生ラーメンを。

先月末の賞味期限の麺やったから、早いこと食べきりたかったんですよねぇ。

麺は茹でてから別のフライパンに押さえつけながら、表と裏を焼いてやりました。

これも最初は具ばっかりをアテに嘘ビールを飲んで、後半は麺と混ぜて今回で食べ切りました。
 *残したら、また別の具を加えてさらに訳が分からんようになりそうですしね。


200910gapao.JPEG

*ガパオの素で作った紛い物料理とそのなれの果て

チェーン店とかがちょっとアレンジしたら「それは偽物やー!!」って言うような日本人の原理主義的な料理オタクなんかにかかったら何言われるか分かりませんな。(そんなたわ言は無視ですが。)

辛味のあるモンが食べたくて、手元にあった食材が色々と無駄なく使い切れて、私的にはひじょーにええ展開でしたわ。

まだガパオの素は半分ほど残ってるんで、冷蔵庫の奥で化石になる前に使い切ってしまいたいもんですなぁ・・・。






昨日は晩めしの後でブログの更新をするつもりやったんです。

ところが、パソコンに付けてる外付けのHDDが一杯で、新しく買うたHDDを使い始めることに。

データのバックアップをしたりって作業をまず始めたんですが、トラブルが連発。

まず、最初にHDDを繋いでもデータが書き込めんのです。

まぁそれはフォーマットの違い?やったんで、HDDをフォーマットしなおすことにしたんですが、ここで大きく躓きました。

なんぼやってもフォーマット出来んで、ネットで探してもなかなか分からず。

コマンド打ち込んで、操作するなんていう慣れんことをやってやっとフォーマット完了。

そこからデータを移すとなってもえらい時間が掛かりましたわ。

メインのデータをコピーするのに何時間も掛かりそうで、あんまり他の作業をやってるとエラーになりそうなんで、ブログの更新は諦めたしだいです。*実際に途中で一度エラーが出てやりなおしたんです。


今日も昼からけっこうな時間がが作業に取られてしまいましたわ。

一応一段落したんで、パソコンには機嫌よう働いて欲しいもんですわ。




*昼前の体重:57.40kg。(よっしゃ。理想値ジャスト。)

*今月の休肝日:4日(昨日は酒を抜きました。)


posted by えて吉 at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

大デブりで節制の一日

昨日は朝の体重が目標をオーバーしてたんですが、夕方からどっかに飲みに行きたいなぁなんて思ってました。

それで昼はカップラーメンでもカロリーが低めな日清の「麺職人」を食べてみたりしてたんです。

ところが、昼以降雨が降ったり止んだりしてるのを見たら出かける気が失せてしまいました。

急遽予定変更したんで、冷凍してある料理なんかでしのぐことにしたんですが、あんまり食べる物がないって危機感?から暴走。

結局かなり腹に溜まる物をたんまり食べてしまいました。


元々が目標オーバーでそこに食べ過ぎが重なったら、当然今日の体重はえらいことになりますわねぇ・・・。(>_<)

朝の体重を計ったら58.60kgという一日で戻すには厳しい大デブり状態。

明日から知り合い達と泊まりで出かけ、明後日は大阪に戻って知り合いの子供らも加えて家宴会の予定。

なんとか目標をクリアするレベルまでは一日で戻しときたいってことで、あんまりやりたくない手を使うことに。





大デブりでうどん風のコンニャク麺を

*大デブりでうどん風のコンニャク麺

あんまりこの手の偽物って食べたくないんですけどねぇ・・・。

まぁ過去にも大デブリした時に普通の糸こんにゃくをうどんのダシで食べたりはしてるんですけどね。

このこんにゃく麺のことは、しばらく前に業務スーパーで見かけて非常時?用にとうどん風とラーメン風の2種類を買うたんです。

その時の2つはもう食べ終わって、今日は在庫がなかったんです。

午前中にヒメを病院に連れて行った帰り道に業務スーパーに寄り道。

ヒメを連れてる時は普段一切寄り道をせんのですが、今日は私の非常時ってことで。

車にヒメを置いて暑くならんように、店に行ったら他のモンを物色したりせんとコンニャク麺だけ買うてすぐ戻りました。





朝からなんにも食べてないからすでに家に帰った時から腹ペコでしたが、とりあえず朝飯を抜くことにして1時まで我慢。

腹が減りすぎて目が回りそうでしたが、1時になってやっと料理開始。

コンニャク麺の食べ方として選んだのがこちらです。




コンニャク麺を「カレーうどん」風に

*こんにゃく麺を「カレーうどん」風に

白だしをベースに、ほんだしといりこだしの素をプラス。

具にはタマネギ半個と、牛肉の上コマを。

いつも食べてるカレーうどんの出汁と全く同じように作り、そこにコンニャク麺を投入。

しばらく煮込んで最後に片栗粉でトロミを付けてやりました。


コンニャク麺を前回買うた時は最初にラーメンタイプの方を冷めん(冷やし中華)風にして食べたんです。

ラーメンみたいな見た目はしてるけど、やっぱり糸こんにゃくっぽい臭みもあるし、イマイチかなぁと。

うどんタイプを食べる時に思いついてカレーうどん風にしたらコンニャクっぽいニオイがあんまり気にならんかったんです。

それにカレーダシのインパクトのおかげか糸こんにゃくのを食べてるってことにあんまり気が行かず。

結果的にけっこうええ感じにコンニャク麺を食べられたんですよねぇ。

それで今回も同じようにカレーうどん風に食べてみたんです。

麺は270gあるんで、それなりに食べ応えもあって食べ終わった時は割と満腹感がありました。

これで100g当たりのカロリーが11kcalなんは本物のうどんと較べたらめちゃくちゃ低いですわねぇ。

ちなみに晩ごはんはラーメンタイプの方を手羽先の先で取ったスープをベースにしたラーメン風に食べました。

2食連チャンでコンニャク麺という、精神的にツライご飯になりましたが、これでなんとか明日の体重が目標クリアしてて欲しいもんです。






*朝の体重:58.60kg弱。(大デブり)

*今月の休肝日:9日(今日はこのまま酒を抜いて目標クリアするぞ。)
 
 
posted by えて吉 at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

5日間の飲み食いを全てさらけ出してみまーす

うちのブログはレシピ系やなくて、単なる日記系やと思ってるんですが、ネタとして取り上げる食べ物は一応なにかしらの選択をしております。

かなり貧乏くさい食いモンでも平気で上げてますし、露悪的なネタも多いかと。

それでもさすがに5日間とかの幅で飲み食いした物を全部アップってのはやったことなかったかと。

今回のネタのきっかけになったのは、「イエノミスタイル  家飲みを楽しむ人の情報サイト」ってサイトで昨日見かけた記事です。


 *恥ずかしいから見ないで! イエノミライターのリアルすぎるひとり家飲み20選〜ありのまま編〜


この記事を書きはった泡☆盛子さんは、オモロイ記事を書きはるんでいつも楽しみにしてるんです。

かなり色々工夫されるプロのライターさんがここまでリアルに食べたモンをさらけ出してはるのがオモロイなぁと。

ちなみに、以前に公開された見栄張り編の方はかなりかっちょええ料理が並んでたんですけどね。




うちのブログでやるなら、一定の期間の飲み食いを全部アップしてみようと思いついたっていう次第です。



デジカメからネタ用の写真候補を1つのフォルダにまとめてるんですが、そこにあった一番古いヤツから順に家での飲み食い5日分をアップしてみようと思います。


ただ、携帯で撮って、そっちからすでにアップしてるネタもありますが、その辺はご容赦下さい。



ではバンバン写真を貼って行くとします。




初日は4月14日です。




200414-1.jpg

*朝ごはんにエスニック風目玉焼き丼

ご飯の上に冷凍のシャンツァイを散らして目玉焼きを乗せたら唐辛子を振って、ニョクマム(魚醤)を掛けてワシワシと。



200414-2.jpg

*ソース焼きそば

 なんのひねりもなく、ソース成分を補充。


200414-3.jpg

*ホタルイカとえび、鶏のスパゲティ

これは既に記事としてアップしてました。

休肝日で簡単にすぱげっちー食べるつもりでしたが、出来が良かったせいでワインが欲しうてしゃあなかったですわ。



200414-4.jpg

*夜中に腹減って温奴

パスタだけじゃ足らず、夜に木綿豆腐をチンしてめんつゆで食べた模様。







2日目は4月15日の朝ごはんから。

200415-1.jpg

*チャーシュー目玉焼き丼


初めて行くスーパーで見かけた焼き豚が美味そうで、買うたんでそれを丼にシマした。




200415-2.jpg

*親父の希望でてっちり

この日は朝から道の駅に買い出しに行ってて、その後急に実家の親父から家飲みに誘われたんです。

で、急遽生野の活魚屋まで買い出しに行っててっちり。

写真は親父としゃべるのに忙しくて一枚と撮らずですわ。


200415-3.jpg

*宴会前に軽く助走

親父との宴会が遅めで腹が減ったのでパスタソースの残りをアテに、ハイボールで助走。




200415-4.jpg

*下茹でを終えたタケノコ

家に戻ってすぐアク抜きしてた竹の子を宴会の後で鍋から出したトコです。






200416-1.jpg

*16日の朝ごはんは釜玉カレーうどん


200416-2.jpg

*宴会で出さなかったアジで「アジの漬け丼」


当日に携帯からこの丼のネタをアップしてます。


そこに前日の行動やら宴会の様子なんかも書いてますんで興味ある方はリンク先をご覧下さい。



200416-3.jpg

*残ったフグで一人宴会

親父との宴会で用意した食材が余ったので、一人でもう一回てっちりやらてっさで宴会出来ました。


右下の白髪ネギの載ったヤツは、ふぐを厚めにカットして、ピリ辛の醤油味で絡めて韓国風に味付けしたもんやったと思います。

ちょっと違う食べ方で新鮮味があった印象があります。





200417-1.jpg

*17日の朝ごはんはてっちりの汁で雑炊

てっちりの楽しみは最後の雑炊まで美味くてご機嫌なとこですよねぇ。


残ってた身も加えたから朝からめっちゃ贅沢な気分でしたわ。


200417-2.jpg

*17日の昼ご飯に焼き飯


上の方で丼にしたチャーシューと竹の子をチャーハンにしました。

ご飯を溶き卵に混ぜておいてから焼くやり方で作った模様です。




200417-3.jpg

*詳細不明の汁物

竹の子と鶏でエスニックっぽい汁物にしたんだったかと。

そこに豆腐やほうれん草を加えて、まず汁物単品として食べた模様。



200417-4.jpg

*2杯目は麺で

麺はなんやったか忘れました。




200418-1.jpg

*18日の朝ごはんに混ぜご飯

瓶詰めの鮭フレークを使ってるようです。

この手の混ぜご飯は夏場にようやるんですが、4月にもうやってましたね。


昼はうちの近所にあるチェーン系の焼肉屋「かすや」で焼肉を食べたのでデジカメには写真なしです。

200418-2.jpg

*最後の晩ごはん

詳細は忘れてしまいましたが、メインは鰆だったかと。

粕漬けでもこの頃に食べたんですが、これは単なる酒粕に漬けたんじゃなさそうですねぇ。





以上、5日分の飲み食いでデジカメにあった分を全て赤裸々に並べてみました。


親父との宴会がたまたま入ってましたが、朝昼ってしょぼいもんが多いですわね。






*朝の体重:57.45kg弱。

*今月の休肝日:6日(土日飲みたいから、今日は休肝日にせんとあかんなぁ・・・。)

posted by えて吉 at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

お昼ご飯に「金ちゃん いか焼きそば」

普段なかなか食べる機会のないインスタントのカップラーメンの焼きそばを食べたんでサクッとアップしておきます。

カップ焼きそばってかなり好きなんですが、スープがないせいで食べ応えがない、短時間で食べ終わって物足りない、そのくせかなり高カロリーで脂質も多め。

毎朝のように体重計に乗ってその日食べる物の量をコントロールしてる身にはおいそれと食べられないんですよねぇ。

そんなカップラーメンの焼きそばを熱海の知り合いの別荘に自分用の非常食にキープしておいたんです。

知り合いのSさんは朝ごはんを食べないことが多いんで、そういう時に自分だけが朝ごはんを食べるためにパックのご飯なんかも置かせてもうてる一環です。

食べたのは17日の月曜日なんですが、その日は前日から宿に泊まってたんで朝ごはんは宿でしっかりと食べました。

帰り道で百均で捜し物をしたり、道の駅だの、農産物の直売所、スーパーなんかに寄り道してたら私の方はすっかり腹ペコに。

燃費のええSさんは家に帰り着いてもまだ腹が減ってないって言うんで、これはええチャンスやと買い置きのインスタント焼きそばを食べることにしたって次第です。





非日常気分の熱海で食べた「金ちゃん いか焼きそば」

*非日常気分の熱海で食べた「金ちゃん いか焼きそば」

金ちゃんのカップラーメンはあっちゃこっちゃで見かけますが、この焼きそばはかなり珍しい気がしますねぇ。

前回熱海に行った時にあっちの方のどっかのスーパーで見かけて買うたんです。

最初は家に持って帰ろうかと思ってましたが、家だと焼きそばは手を付けにくいんで非日常気分になる熱海に置かせてもうたんです。




久しぶりのカップ焼きそばに昼間からビールを

*久しぶりのカップ焼きそばに昼間からビールを

宿から戻って、午後は在宅勤務やったSさんには悪かったけど、運転が終わったこともあってビールを開けさせて貰いました。

自分の家で焼きそばを食べるならインスタントに限らず紅ショウガは欠かせないんですが、Sさんのトコにはないので我慢。

かつお節と青のりはどっかにあるはずやけど、仕事の邪魔をせんように省略。

唯一、私が今回家から持って行った青ネギの刻んだヤツが残ってたのでそれをプラス。

あと、お好み焼きソースはオタフクのヤツがあったんで、途中でソース味が足らんってほどやなかったけど、敢えて少し追加。



いやー、久しぶりのカップ焼きそばは空腹やったせいもあり、めちゃくちゃ美味かったですわ〜。
 *自宅じゃなかったので、罪悪感も感じず。(^_^;)




知り合いが仕事してるとこで飲んだ罪滅ぼしで、その後は暑い台所で買うて来たばかりの野菜を使って煮物を作りました。

ダシを引いて、野菜の下茹でをして、そこから煮込んでとコンロの前に立ってたら、軽い熱中症なのか夕方頃にはちょっとエラかったですわ。

昼間にも水シャワー浴びたけど、晩ごはんの前にも水シャワーを浴びて必死で身体を冷ますハメになりました。






*朝の体重:58.05kg。(デブって目標オーバー。)

*今月の休肝日:6日(今日は飲むとしよ。)


posted by えて吉 at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

てけとーな具で春巻き2種類

かなり古いネタなんですが、なんとなく自分のメモぐらいに残しときたいのでサクッとアップします。

冷蔵庫に春巻きの皮がずっと余ったままやったんで、賞味期限もだいぶ切れてからなんぞ作ってみようかと。

買うたのは3月のカキ宴会のためやったと思うんですが、残りを使ってみようと思ったのは4月19日のことです。


オーソドックスな具でもめったに作らんのですが、なんぞ新しいというか違う具でやりたいなぁと。




まず用意したのがこんな春巻きの中身です。






200716nakami1.jpg

*鶏の中華風甘辛味と白髪ネギ、チーズを春巻きの具に

鶏モモ肉に軽く塩コショウをしてから片栗粉をまぶしてニンニクの香りを立てたフライパンで炒めて、オイスターソース、醤油、酒、みりんなどで味付け。

汁気は鶏の片栗粉ですこしトロミが付いてましたが、追加で水溶き片栗粉を打ってやりました。




もう一つは手元にあった野菜なんかをてけとーに炒めることに。





200716nakami2.jpg

*小松菜、キャベツ、カニカマなどを炒めて春巻きの具に

こっちも炒めてから片栗は打った気がするんですが、汁気が多かったんでキッチンペーパーの上に空けて水気を吸わせました。

味付けの詳細は忘れましたが、割とシンプルな中華風の炒め物って感じでした。




200716harumaki1.jpg

*中華風照り焼き?入り春巻き

鶏の方はちょっと中華っぽい照り焼きみたいな甘辛味に仕上げたんですが、それがチーズや白ネギとよう合うてましたわ。

春巻きは包んでからごく薄く油を引いたフライパンで揚げ焼きにしたんで、焼き上がりがちょっとぶさいくになってます。

中の具にはちゃんと火が通ってるんで、こんがりキツネ色とまで行かなくてもええかと。

チーズが漏れて来そうやったんでこっちは割と早めに上げました。



200716harumaki2.jpg

*カニカマと野菜入り春巻き

こっちは量的にたっぷりあったんで、割としっかり具が詰められました。

揚げ焼きにする時も鶏の方よりは長めに焼いてやったんで、ちょっとマシな色になりました。

とはいえ、全部油が少ないから焼きムラがあって、見た目はイマイチ未満でしたけどね。

こっちは分かりやすい味付けなんで、問題なく美味しかったですわ。


てけとーに思いついて用意した中身ですが、方向性の違う味が2種類あったんで、各2本ずつ美味しく頂きました。





*朝の体重:正確な計測なし(57.2kg未満かな。上出来。)

*今月の休肝日:6日(昨日酒抜いたけど、今日も酒抜いた方がええんよねぇ・・・。)




posted by えて吉 at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

久しぶりに大正駅そばの立ち飲み「さのや」へ

昨日は午前中のマンションの管理会社との打合せが長時間にわたりえらく疲れました。

マンションの長期的な財務状況について話をしたせいで頭もえらい使こうた気ぃがしましたわ。

そのせいで昼メシのスタミナ丼でつい缶ビールをプシュッと行ってしまいました。

夕方になって食材がなく、あんまりやる気も出なかったので外食で済ませることに。


コロナ禍の自粛から行ってなかった大正駅のそばにある立ち飲みの「さのや」へ行ってみることに。






久しぶりに大正駅近くの立ち飲み「さのや」へ

*大正の立ち飲み「さのや」で飲み食い

店に着いたのは5時前でしたが、先客が1組、その後2〜3組入って来ましたかねぇ。

カウンターには衝立があって、となりと感染の危険を下げるコロナ対策がされてました。

以前はカウンターの上に大皿料理が並んでましたがそれもコロナ対策で無しに。

その影響もあるのか、客足の戻りが悪いのかは分かりませんがメニューの数も以前よりだいぶ少ない印象です。

まずはサッポロの瓶ビール(430円)でスタート。

お造りメニューの中で塩マグロってのが珍しそうやったんで、普段マグロに興味ないけど行ってみました。

予め塩をまぶしてあるマグロをわさびとごま油で食べるんですが、この食べ方はなかなか美味かったですわ。


すぐ燗酒(430円)も追加して、ヒラメの唐揚げねぎおろしポン酢(280円)を。

焼きナスの生姜醤油(260円)は冷たいのがサッと出て来ました。

次にだいぶ迷って頼んだのがとんぺい焼き(330円)。

お好み焼き屋の定番アテメニューですが、私はほとんど頼まないんですよねぇ。

なんか昨日は頼んだ記憶ないから頼んだれって思ったんです。

出て来たとんぺいは、中の豚肉がけっこう分厚めで豚テキなんかに使いそうなブタでしたわ。

予想以上にしっかりした食べごたえがありましたね。

酒の方はビールが終わってからダルマ酎ハイ(330円)を追加。

もっと色々食べたかったんですが、この4品だけでけっこう腹が膨らんでしまいました。

以上でお会計は2680円。

やっぱりさのやは値打ちありますねぇ。

店を出たのは5時半過ぎでしたが、お客さんの入りは以前と比べたらかなり少なかったですねぇ。

ええお店だけに客足が回復して順調に商いを続けていけるよう祈るばかりですわ。

 





*朝の体重:57.25kg弱。(外食したけどええ数字やな。)

*今月の休肝日:5日(今日は酒抜かんとな。)

posted by えて吉 at 15:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

晩ごはんネタ5連チャン

また長らく普段の晩ごはんネタがアップ出来てなかったんで古いヤツを5連発で行ってみます。

古いネタなんで詳細を覚えてないとこもあるんですが、その辺はご容赦を。





1本目は4月20日の休肝日に食べたヤツから。






200630dinner1.jpg

*鶏の中華風醤油煮込み

休肝日はやる気がなくて、短時間出来る単品食いが多いんですが、この日は単品とはいえ早い時間から仕込みました。

中華風の醤油煮込みって私には豚肉が一番しっくりくるんですが、この日は鶏モモ肉でやってみました。

醤油と紹興酒をベースに酒と味醂を加えて、隠し味にニョクマム(魚醤)、オイスターソースなんか入れる私にとっちゃ定番の味です。

スパイスとしては八角、ウーシャンフェン(五香粉)、花椒、クローブ、シナモンスティックなんかを入れました。

まず鶏とジャガイモの、シシトウを保温調理。

しばらく置いてから半熟のゆで玉子を加えてさらに保温。

最後に食べる間際に戻した春雨を加えてサッと温め直しました。

最初は嘘ビールのアテとして煮込みだけをつつき、後半はご飯に煮汁を掛けたり、春雨を乗せたりしながらいただきました。

豚より鶏の方があっさりに仕上がって、これはこれでアリでしたわ。






2本目は4月22日の晩ごはんです。






200630dinner2.jpg

*サワラの粕漬けがメインの晩ごはん

・鰆の粕漬け

・アスパラガス

・正体不明の小鉢

・豚汁

・納豆 貝割れ大根入り

・ナムルの盛り合わせ

・セロリの浅漬け



しばらく前に知り合いからジョートーな酒粕を貰ったんで、それで鰆を粕漬けにしてみました。

日本酒は大好きなくせに、酒粕自体を食べるとか、かす汁とかって苦手なんですが粕漬けは美味しいと感じます。

あっさりした漬かり方でなかなかええ感じでしたわ。

左手の大葉をあしらった小鉢はなんやったか忘れてしまいました。

もしかしたら、土産でもうたマグロの胃袋なんかなぁ・・・。





3本目は4月27日の晩ごはんです。





200630dinner3.jpg

*豚テキを焼きすぎた晩ごはん

・豚テキ しめじとししとう添え

・スタミナ納豆

・枝豆の羊名人炒め

・小松菜と薄揚げの煮物

・リンゴ入りサラダ?(実家から)

・湯葉

・白和え(惣菜)


この日のメインの豚テキはなんでやったか理由は忘れましたが、火を通しすぎてちょいと固くなってしまいました。

塩コショウで味付けはしてあったからそのままで食べたり、左にあるニラ醤油ダレを付けていただきました。

この日のメインはある意味では右ッかわの湯葉かも。

活魚屋で魚を買うた時に客人があった時用にとちょっと贅沢して買うたんですが食べんままだいぶ経ってしもたんです。

何ヶ月か賞味期限があって余裕やと思ってたんですが、期限を越えたんでこの日食べることにしました。

こういう生湯葉なんて自分の晩ごはんには贅沢過ぎるんですけどね。








4本目は4月の29日の晩ごはんです。









200630dinner4.jpg

*シェリーで楽しんだ晩ごはん

・ブリカマのエスニック風焼き物

・枝豆の羊名人炒め

・小松菜の炊いたん

・カニカマと新玉ねぎ、岩下の新生姜の和え物

・白和え(惣菜)

・ポテサラ(惣菜)

・ホタルイカのアヒージョ



この日はしばらく食べてなかったブリカマをエスニック風に焼くことに。

昼過ぎにスーパーから帰ったら、身にフォークで穴を開けて、チューブのニンニク、コショウ、カイエンヌペッパーなんかを刷り込みキッチンペーパーで包みました。

その上からニョクマム(魚醤)を掛けてビニール袋に入れてしばらく置いてから焼きました。

食べる時には魚醤を垂らして、ライムを搾りながらいただきました。

ホタルイカはええ型のヤツが割と手頃やったんでアヒージョに。

ブリカマとホタルイカはシェリーのアテとしてかなりご機嫌でしたわ。







最後は4月30日の晩ごはんです。







200630dinner5.jpg

*鶏の和風ハンバーグがメインの晩ごはん

・鶏の和風ハンバーグ

・冷や奴

・ポテサラ(惣菜)

・ホタルイカ ショウガ醤油

・小松菜の煮物

・白和え

・新タマネギのスライス


和風ハンバーグというかデカイつくねというか・・・。

私にとっちゃ定番ネタなんですが、しばらくやってない気がしてこの日作ってみました。

鶏むね肉を包丁で刻んで、白ネギ、えのき、ねぎ、シシトウなんかを加えました。

ホタルイカは前日からの残りです。

めんどいけど初日、目、口、背中の軟骨?を取ってます。

今年はホタルイカが豊漁やったそうで、割と早い時期に関西にも富山の湾内モノが入って来てましたし、値段も安くてありたがたかったですわ。

ええカタのヤツが手頃な値段やとついつい買うてしまい、今シーズンは普段よりかなり食べる回数が多かったですわ。




以上、古めの晩ごはんネタ5連チャンでした。




*朝の体重:57.20kg。(久しぶりに理想値クリア。)

*今月の休肝日:8日(昨日は酒抜いたけど、今日も抜きますかね。)

posted by えて吉 at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

まともな魚醤を求めて・・・

昨日はまともなニョクマム(魚醤)を探しがてらミナミをぶらぶらしてきたんでその様子をご紹介します。

ええ天気は昨日までで今日から天気が崩れるって予報やったんで、朝起きた時はどっかに車で出かけようかと思ってました。

ただ、起きたのが9時過ぎでガッツリドライブするには時間的に遅いなぁと。

中国道のリニューアル工事があって近畿道から中国道へのルートはイマイチやなぁとか考えてたらほどほどの時間で楽しめるコースが浮かばず。

ぐだぐだ考えてるうちに10時を過ぎて、もうドライブは断念。

朝メシのあと買い物系でいくつか用事があったんでそれをこなすことにしたんですが、散歩がてら電車で出かけることに。

まともなニョクマムを手に入れたかったんで、黒門市場のそばにあるタイ食料品店をのぞきにいくことに。

ちょうど駅に止まってたのが難波行きの電車やったんで、天王寺で乗り換えずにJR難波駅まで行くことにしました。

駅を出たら地上に出て黒門市場を目指して歩くことに。




自粛解除してもガラガラの道頓堀

*自粛解除してもガラガラの道頓堀

久しぶりにミナミに出たんで道頓堀の様子を見るのに遠回りしてみました。

自粛が解除になったけどガラッガラでしたねぇ。

たこ焼き屋なんかは何軒か営業してるとこもありましたが、どうせ開けても一緒やからか閉めてるとこも多かったですわ。

営業をしてないだけじゃなくて、潰れて閉店してる店舗もいくつもありましたねぇ。

ふぐの「づぼらや」の廃業が何日か前にニュースで流れてましたがやっぱり閉まってました。

ぶっちゃけ道頓堀で飲み食いする地元民なんかほとんどおらんと思うんで、観光客が来んかったらどうしょうもないですわね。



歩き出したらたまらずビール

*暑い中たまらずビール

家を出る時は、昨日も酒を我慢して3連チャンで休肝日にする予定やったんです。

でもJR難波から道頓堀まで歩いただけで暑くてたまらず、コンビニでビールを買うてしまいました。

一応飲む予定じゃなかったので、ビールの保冷ホルダーがないのが残念でしたわ。




定休日の今井

*定休日の今井

うどん屋の「今井」が閉まってたのを見た瞬間は焦りましたが、定休日でした。

千日前通もガラガラ

*千日前通りもガラガラ

金龍ラーメンの角から見た風景ですが、こっちもがらがら。

シャッターが閉まったままの店も多かったですね。



串焼きのたこ坊は閉店

*串焼きのたこ坊は閉店(廃業)

年季の入った店内の雰囲気が好きで何回か行ったことあります。

大阪以外からお客さんを連れて行きたいと思える風情のある店やったんで廃業は残念ですねぇ。

相合橋筋自体は昼間閉めてる店も多いからコロナ禍の影響があるんかは分かりませんね。

正宗屋は定休日で閉まってましたけどね。




黒門市場もガラガラ

*黒門市場もガラガラ

外人の観光客目当てにボッタクリ価格で買い食いさせてたんで、そら影響は大きいですわねぇ。

観光客向けの店で営業してるトコもありましたが、閉めてる店が多かったですねぇ。

古くからのフグ屋なんかはやってましたが、そんなとこもぼったくりに乗ってくれる中国人なんかがいてないとまったく活気はなかったですわ。


商品が豊富な花屋さん

*花屋さんの店頭はにぎやか

間口が広くて品揃えの立派な花屋さんですねぇ。

こんな店は観光客メインじゃないと思うんですが、商売はどうなんでしょうねぇ。

花も生モノだけにこれだけの品モンを抱えてたら商売厳しいんかなぁなんて心配してしまいました。





黒門近くのタイ食料品店では無事ニョクマムを2本ゲット。

液体でけっこう重いからそのまま電車で帰るか迷いましたが、せっかくなのでもうちょっと歩くことに。

日本橋の電気屋街は表通り歩く限り閑散としてましたが、これはもうしばらく前からの風景ですかねぇ・・・。




新世界まで着くと、このエリアも水曜日が定休日が多いってのはありますが、街はスッカスカでしたわ。

新世界の観光地化とは縁の無い半田屋か丸徳に行きたかったんですが両方定休日でしたわ。



新世界ジャンジャン街のホルモン道場

*ジャンジャン街のホルモン道場

丸徳を過ぎてここがやってるのが目に入って吸い込まれました。(^_^;)

道頓堀で缶ビール飲んだだけで(瞬殺)ここまでなんも飲んでなくかなり暑かったですわ。


とりあえずキムチとビール

*とりあえずキムチ(100円)と瓶ビール(600円)

汗かいた後のビールがめちゃくちゃ美味く感じましたねぇ。

ホルモン盛り合わせ

*ホルモンの盛り合わせ 600円

わたしゃ、ここに来たらとりあえずまぜこぜになったこれを頼みますねぇ。

昨日は腹減ってたからもう1〜2品行ったろうかと思ってたんです、でも喉が渇いてて盛り合わせが焼き上がるまでにけっこうビールが減ってしもたんです。

料理を追加すると酒とのバランスがおかしくなりそうやったんで、結局これだけにしときました。


行列なしの串カツ屋「てんぐ」

*行列無しの串カツ屋「てんぐ」

写真の奥の方で「八重勝」には数人待ち客がありましたわ。

てんぐの方はほどほどの客入りやったんで、久しぶりに入ってみることに。



とりあえずどて焼きを2本

*チューハイ(450円)とどて(110円)2本

まずは目の前のドテを2本行っときました。

ええ感じに柔らかくて美味かったですわ。


意外とメニューの数が少なかった「てんぐ」

*意外とメニューが少なかった「てんぐ」

八重勝って最後に入ったんはいつか覚えてないんですが、てんぐは久しぶりやけど何回か入った記憶はあるんですよねぇ。

ただ、久しぶりに入ってメニューを見るとオーソドックスなネタだけで品数が意外と少なかったんやなぁと感じました。


串カツ2本でおしまい

*串カツ(110円)2本だけ

あんまりピンとくるネタがなく、結局この2本でおしまい。

昔の新世界あたりの”クシ(牛串カツ)”って、中身が正体不明の肉って感じでした。

そのフニャフニャの肉が好きやったんですが、最近はちゃんとした安物肉ってトコが多いですよねぇ。

この日食べたクシの内の一本は、けっこう昔の雰囲気があって嬉しくなってしまいました。


これで店を出てジャンジャン街を端まで歩いたんですが、いつも入るやまと屋の2号店は休んでましたわ。

ジャンジャン街を戻って天王寺動物園から天王寺方面へ。

てんしばの和歌山産品の農産物直売所を覗いたり。



天王寺公園(てんしば)で最後の外ビール

*天王寺公園(てんしば)で最後の外ビール

まだ明るかったで、ラストの外ビールをコンビニで買うてしまいました。

やっぱり外飲みすると保冷ホルダーがないのが残念でした。

ビールがぬるくなりすぎる前に飲み終えて撤収しました。






さて、だらだら歩いて飲み食いした話を書きましたが、最後に肝心のニョクマム(魚醤)の話をしときましょう。



まずきっかけとなったのがこちらのニョクマムです。




上等やと信じてたベトナムの魚醤「Chin-Su Nam Ngu」

*上等やと信じてたベトナムの魚醤「Chin-Su Nam Ngu」

初めてこのニョクマムを見かけたのは、八尾に引っ越ししてこっちにあるベトナム食料品店でやと思います。
 *引っ越し前にわざわざ食料品店に行ってきた気も・・・。

八尾にはベトナム人がぎょうさん住んでるんでその人ら向けって感じの食料品店があるんです。

日本人をあんまり相手しない感じで商品名とかもベトナム語オンリーやったり。

何種類かの魚醤があって、これの成分表示を見たら「鰯(魚?)、塩、砂糖」としか書いてませんでした。

ラベルは現地仕様で裏に簡単な紙に日本語で書いた成分表示がペタッと貼ってある感じでした。

値段はその時よく使ってたタイ産のナンプラーの2倍かそれ以上してました。(700円)

余計なモン入ってなくて、値段も高いんやからこりゃジョートーなヤツやと使い始めました。

その後も無くなるたびにわざわざこのブランドを求めて買いに行ってたんです。

最近は魚醤をよう使うからデカイボトルを2〜3本常備してました。

昔からブログで魚醤のことをニョクマムと書いてましたが、それは私が最初に魚醤を知ったのがベトナムのヤツやからで、実際に使ってるのはタイのナンプラーやったりもしました。

このブランドを買い出してから、文字通りニョクマムを使ってるぞなんて思ったりしてました。






この前熱海の知り合いのトコに行く時に、前までは小瓶に分けて持って行ってたんですが、ちょうど予備が2本あったから思い切って一本丸々持って行くことに。

知り合いのSさんは添加物とかが嫌いなんでで、他の調味料をお土産にする時もしっかり成分表示をチェックしてケミカルのないやつだけをあげてたんです。

そんな相手にもこれなら素性がしっかりしてるからとボトルで持っていたんです。


で、熱海で私が料理をしてて、これを開封することになりふとラベルを見ると前と違って日本が書かれてました。

表のラベルにも小さく「ナムヌー」とか「ヌクマム(魚醤)」、「内容量:750ml」などと。

日本でもポピュラーになって来たから日本用のラベルが付いたんやなぁと。




で、裏側のラベルを見てびっくり!!





実はケミカルまみれの成分表示

*ケミカルまみれの成分表示

アミノ酸くらいやったら可愛いもんで、酸味料に、香料、安定剤、着色料、甘味料もケミカル系。

添加物まみれやったんです!!

輸入元のイマイってとこのサイトを見に行くと更に衝撃の事実が。


ベトナム商材の取り扱い拡大中。新商品4アイテムの取り扱いを開始します

この「チンス ナムヌー ヌクマム」って、こんなブランド名やけど、「ヌクマム」ではなく「ヌクマム風」調味料やったんです!!

私はあんまり調味料にお金を掛けてこなかったんですが、みりん風って嫌いで必ず本物の「みりん」を買うようにしてるんです。

魚醤って大好きで今ほど一般的で無い頃からわざわざエスニック系の食料品まで行って買うてたんです。

そんな大事な調味料やのに、本物やなくて「風」を使こうてたなんて・・・。

しかもポピュラーなタイ産のヤツの倍近い金額を払って。

そして、味音痴の舌やと自覚はしてましたが、全くケミカルのことを意識せんと信じ切ってたとこも痛い。

改めて成分表示見ると筆頭には「アンチョビエキス」と。

エキスってなんでしょ?ホンマのアンチョビでさえない何かごまかし系の材料なんでしょうか・・・。

添加物嫌いなヒトに大きな顔してこれ上等なヤツみたいやでー。なんて言うて渡してるし・・・・。



もう色んな意味でショック受けまくりですわ。


まだかなり残ってましたが、あまりにも気分悪いんでまともで”風”じゃない魚醤を求めて出かけたって訳です。







真っ当なニョクマム(ナンプラー)をゲット

*真っ当なニョクマム(ナンプラー)をゲット

黒門のタイ食材店にはけっこう前から行ってて以前はイカブランドのヤツを使こうてました。

ケミカル(MSG)不使用とか色々書いてるし、値段も高めでちゃんとしてるとは思ってました。

高めって言うてもイカ印が460円、天秤ブランドが432円。

ヌクマム風は700円くらいしてたんですが・・・。

今回は事前にネットで魚醤のことを少し調べて、天秤のヤツは長期熟成だとチェック入れてました。

イカのヤツは調べたサイトには出てこずですが、前から真っ当とは知ってたので。

ちなみに成分表示はイカの方が英語で「アンチョビ77%、塩20%、砂糖3%」と書いてあります。

もう一つの方はシンプルに「魚、塩、砂糖」とのみ。


早いことニョクマム風を使い切って、真っ当な魚醤を使い始めたいもんですわ。

 *ムカつくから偽物はほったろかとも思うけど・・・。




*朝の体重:58.00kg。(外食で食べたんちょっとだけやのにデブった。)

*今月の休肝日:6日(今日は飲み会やー!!)
posted by えて吉 at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

「だし巻き定食」と新しい冷蔵庫

今日は午前中指定で買い換えた冷蔵庫が届く予定でした。

8時から12時の枠を指定してましたが、細かい到着時刻の連絡がなく8時前から待機。

そうしたら9時頃になってやっと配送業者から電話があって11時から12時の枠で届けると。

それが分かったんでやっと他の用事にかかることに。

まずは朝に洗濯機を回したのが終わってたので、サクッと干しました。

それが終わった頃にはちょうどごはんも炊きあがってたので朝ごはんを食べることに。

ここで当初は炊きたてご飯やからシンプルに明太子だけでええわと思ってました。

ただ、冷蔵庫の届く時間が分からず冷凍の明太子を戻してなくて、洗濯が終わってから解凍スタート。

腹減ってるととなかなか戻らんように感じて待ってると、玉子かけもやろうかなぁと思いつき。

冷蔵庫から玉子を出して室温に戻し始めたら、ふと昨日に実家の親父からあったラインのメッセージを思い出しました。

なんの前振りも無いメッセージの中で自分は料理の中で皮むき、魚の皮引き、だし巻き玉子が苦手やと。

酔うててなんか思いついて送って来よったんかもしれませんが、まぁてけとーに「練習の数増やすしかないんちゃう?」って返事を送ってました。

そのメッセージを思い出したら、自分も玉子焼きを作るんは苦手で練習したいなぁと。

そこで急遽玉子焼きを作ることに。

白だしをてけとーに伸ばしてダシを用意。

玉子3つを割って重さを量って、玉子とだしの割合は3:1くらいで行こうかと。

卵を計ってたとこにダシを足して行ったんですが、最後で油断したらドバッと。

だいぶ多くなってもうたんで結局卵をもう一個追加。

それでも白だしが余ってたんで、そいつで吸い物も用意することに。

吸い物の具は手っ取り早く乾燥わかめを戻して誤魔化すことに。

冷蔵庫に残り物のごぼうサラダの惣菜があったんでそれも並べることに。




朝メシに非常に珍しいパターンで「だし巻き定食」

*朝メシに非常に珍しいパターンで「だし巻き定食」

なんどか書いてますが、こういうご飯、おかず、汁物っていう定食形式で食べることってほんまに少ないんですよねぇ。

ごはんだけをよう食わんから脅迫観念的におかずちょっとでご飯をバクバク食べてしまうんです。

で、ごはんが足らんようになってお代わりするか、お代わりしなかったらひじょーに物足りない思いをするんです。

だからいつもぶっかけ飯とか丼物にして食べ切るようにしてるんですよねぇ。

この日のごはんは白米3合に押し麦を200g入れたんですが、元々柔らかいコメが好きな私にはかなり固めでした。

そのおかげでごはんを少しずつしっかり嚙むようにして食べました。

ただ、それでも明太子だけでも余裕でごはん一膳食べてしまうくらいなんで、ごはんは控えめにお代わりしてまいましたけどね。

この日のメインというか、練習したくて作った玉子焼きですが、写真では多少ブサイクな程度ですかねぇ・・・。

実際はというと、一回目に卵液を流したトコから最悪でした。

箸だけで適当に寄せようとしたんですが、鍋肌にくっついてボッロボロ。(T_T)

確か前回この手のだし巻き玉子を作った時はフライ返しは使わず、なんとか箸だけでやれたんです。

でも今回は早々にフライ返しを使って、それでも上手くいかんから炒り卵を強引に一塊にしたようなありさまでしたわ。

最初にもっとたっぷりの油を引いてやればマシだったんでしょうかねぇ・・・。

前回ほんのちょっとだけマシになったと思ったら、完全に初心者未満に戻った気分でした。




まぁ朝ごはんとしてはご飯のお代わりもしてしっかり時間を掛けて食べたからかなり満足度は高かったんですけどね。




壊れたサブの冷蔵庫

*壊れたサブの冷蔵庫

サブの冷蔵庫の不調に気づいたのは先週のことでした。

何日か家を空けてて、久しぶりに飲んだ家のビールが冷え足りて無いように思ったんです。

庫内の温度調整が中やったんで強にしたんですが、翌日も冷えはイマイチ。

金曜日になって冷凍庫をチェックすると一部のモノが僅かに溶け始めてました。

こりゃ死にかけてるんやと、体調がイマイチやったんですが、夕方にすぐ近所のジョーシンへ。

今のヤツは容量が228Lだかで、どうせなら一回り大きいのを買おうかと思ったんですが、それより大きいヤツは8万台が安い方で、すぐ10万オーバーって感じ。

あくまでもこれはサブやから、それにそんな金額を払う気にならず。

同じシャープの同じ容量のヤツがあったんで、それで我慢しようかと。

ただ、それでも税込み64800円だとか。その場でネットの値段を調べると54000円くらいでしたが、納期は月曜日。

とりあえず店員を呼んで値切ってみたら、58000円が精一杯だと。

もったいないけど急ぐから納得したんですが、納期を聞いてびっくり。早くて火曜日になると。

あまりにも先に感じたのでやむを得ず即決はせず。

で、翌日知り合いを伊丹空港に送った帰りに東大阪の外環沿いにあるヤマダ電機へ。

そこでも同じ型をチェックしたら去年の型落ち、展示品でも税抜き58000円だと。

しかもその時点での納期が木曜日。

がっくり来て、店を出てその後結局アマゾンでポチりました。

アマゾンでは54800円からクーポン?利用で更に3000円引きでした。



新しいシャープの冷蔵庫

*新しいシャープの冷蔵庫

今日の11時半頃に据え付けが完了した新しい冷蔵庫です。

シャープ 冷蔵庫(幅54.5cm) 225L 右開き 2ドア SJ-D23E-S  

私が買うた時は51800円でしたが、今の時点では69824円ってなっててびっくりです。

すぐ納品されんでやきもきしましたが、値段的にはめちゃくちゃラッキーやったみたいですねぇ。

届いてから1時間半ほどして、電源を入れて、すぐクーラーボックスに逃がしてた飲み物やら調味料を入れてやりました。

容量を確認すると前のより3リッターだけ少なくなってました。

そしてちょっとモノを入れてみただけですが、ドアポケットの形状が変わって私の使い方には大きくマイナス。

なかの棚の高さもチルドルームが増えたせいでマイナス。

ぶっちゃけ今の時点ではええトコなしですなぁ・・・。

こっから使い方を工夫してなんとかやっていくしかないですわ。

見映えがちょっとおされーになってようにも思いますが私にはそんなもん欠片もプラス要素ちゃうんでねぇ。




400リッターくらすのメインにコイツがサブ、となりの背の低いのが冷凍専用庫。

1人暮らしにはめちゃくちゃ贅沢な態勢ですが、この酒をメインに冷やすサブ機がないと家宴会で困りますんでねぇ。

コロナも多少落ち着いたんで、また気の合うメンバーに来てもうて家で宴会したいもんですわ。






*朝の体重:57.75kg。(そんなに食べた気せんのにえらい増えた。)

*今月の休肝日:5日(今日も休肝日にせなあかんけど飲みたいんよなぁ・・・)



posted by えて吉 at 15:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

空港への見送りの帰りに王将で昼ご飯

今日は朝の10時から会合があったんですが、それは事前に伝えて通りコンパクトに終わりました。

その後横浜に移動する知り合いのSさんを伊丹空港まで送りました。

今日明日は午前中に会合が入ってましたが、週末は昼飲みをするなりどっか近いトコにでかけるなり出来たらとおもってたんですけどねぇ。

急遽帰ることになったんですよねぇ。

道は空いてたんでサクッと空港まで送ってお別れ。

久しぶりに行った伊丹空港は閉まってる売店も多く、何本もの欠航便があってえらく寂しい感じでしたわ。




空港からの帰り道には昨日からサブの冷蔵庫が冷えなくなってるんでヤマダ電機によることに。

前回熱海に行った時にSさんの冷蔵庫が不調でヤマダだと翌日配送してくれたんで、そういうのに期待して行ったんです。

昨日は家のそばのジョーシンですぐ買おうとしたら配送が火曜日ってことで一旦保留してました。

ヤマダで聞いてみると配送は木曜日になると。

しかも値段的にもあんまり安くも無かったので結局断念。

同じ型のヤツをアマゾンでポチりました。それでも火曜日の配送やからそこまで中のモノがもつか不安ですわ。

200620miokuri.JPEG

*空港からの帰り道に王将で昼ご飯

ヤマダで用事を済ませてから家に向かう途中で王将へ。

ギョウザ242円に野菜炒め451円。

野菜炒めはなんかショボく感じたんですが、餃子はここ最近では一番焼き具合がええように感じましたね。







昨日は起きた時は大してしんどくなかったんですが、昼前にヒメの病院から戻って朝ごはんを食べた後からどんどんえらくなりました。

二日酔いやと思うんですが、胃が気持ち悪くてちょっとキツかったですわ。

夜はSさんと飲み食いしましたが、酒も料理もごく控えめにしときました。

Sさんが帰る前の最後のメシやったのになんか地味ぃ〜な感じで申し訳なかったですねぇ。




先週の水曜日に熱海行ってから、名古屋、大阪と10日も知り合いと一緒でしたがこれで普段の1人暮らしに戻りますなぁ。







*朝の体重:57.80kg弱。

*今月の休肝日:4日(もう今月は目標クリア諦めようかなぁ・・・。)
posted by えて吉 at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

思いつきで初めての「中華風鶏そぼろ」

鶏むね肉で和風のとりそぼろはちょくちょく作ってるんですが、この前初めて中華風にしてみたのでサクッとご紹介します。

3日に近所のスーパー「サタケ」に行ったら鶏むね肉がグラム38円という特売になってました。

1枚で良かったけど2枚入りのパックしか無くて、1枚はその日のうちに蒸し鶏に。

そいつは翌日まで煮汁に漬けてから、汁からあげてほぐしてから冷凍しました。

その煮汁でフォーガー風のモンを食べたりでまずはええ使い方が出来ました。

もう一枚残った方は1/3ほど料理に使ってから、5日の朝に鶏そぼろにすることに。

ちょっと前に市販の瓶詰めの牛そぼろで「三色そぼろ丼」を食べて、しばらく鶏そぼろを作ってないなぁと思ってたんです。

今回は急に中華風の味付けにしてみようと思いつきました。

ムネ肉は包丁で削ぎ切りにしてからてけとーに叩いてミンチに。

鍋に紹興酒、日本酒、味醂をてけとーにぶち込んで醤油も控えめに加えました。

そこに鶏ミンチを加えたらよく混ぜて煮汁の中でほぐしてやりました。

その後火を点けて(IHやけど)加熱をスタート。

加熱しながら、ニンニク、しょうがのすり下ろし、市販のフライドオニオン、粗挽きコショウ、鷹の爪、八角、花椒、ウーシャンフェン(五香粉)、隠し味にオイスターソース、ニョクマム(魚醤)を少々加えて煮込んでやりました

煮汁が沸いたらアクを取りながら味見して味を調整。

しばらく煮込んだら出来上がり。


これをどう食べるかと考えてて、そのままごはんに乗っけるだけじゃオモロ無いなぁと。

ちょっとムチャな組み合わせかなぁと思いながらやってみたのがこんな丼物です。







初めての中華風鶏そぼろで「ニラ玉鶏そぼろ丼」

*初めての中華風鶏そぼろで「ニラ玉鶏そぼろ丼」

ニラをサッと炒めたとこに溶き卵をぶち込んで軽く塩コショウで味付け。

そいつをごはんの上に乗せてその上から中華風鶏そぼろをかけてやりました。

こんな組み合わせ変かなぁと思いながらやりましたが、食べてみるとなかなかアリでしたわ。

鶏そぼろは割と甘みの少ないシャキッとした味に仕上がり鷹の爪が効いて少しだけピリッと。

鶏そぼろを中華風の味付けにしたのは初めてやと思いますがなかなか当たりでしたわ。





シンプルに「中華風鶏そぼろ丼」

*2回目はシンプルに中華風鶏そぼろ丼


翌日の6日はシンプルに鶏そぼろだけで。

ごはんの上に冷凍の刻みシャンツァイを散らしてからチンで軽く温めたそぼろを掛けてやりました。








その後、一度まぜそばの具にも使い、今日も朝ごはんに鶏そぼろ。




鶏そぼろ目玉焼き丼

*鶏そぼろ目玉焼き丼


鶏と玉子やから親子丼とも言えそうですが・・・。(^_^;)

半熟目玉焼きと鶏そぼろです。ごはんの上にはシャンツァイを散らしてます。






鶏胸肉2/3枚ほどで作ったけどまだ丼が2回くらい出来そうなそぼろが残ってますわ。

てけとーな思いつきで作ったけどええ感じに楽しめてます。



今日は朝イチで鶏モモ肉を蒸し鶏に料理。

その後ヒメを動物病院に連れて行って、家に戻ったらまた即買い出しへ。

生の豚足が欲しくて最初は近所で売ってそうなトコが浮かばず大正区まで行くつもりでした。

車に乗る直前に生野のコリアンタウンなら生の豚足がありそうやと思いつき、急遽変更して生野へ。

久しぶりのコリアンタウンは以前より観光客向けに派手になってましたねぇ。

豚肉屋があって、店頭に並んでなかったんで聞いてみたらおいてると。

1本200円やったんで3本買うて帰ることに。

車に戻りだしたところで、豚足をリクエストした知り合いに報告したら3本じゃ少ないと。

で、結局またお店に戻ってもう3本プラス。

帰り道に元地元のあたりを通ったんで、馴染みの肉屋「イサミ」にも寄ることに。

上コマと焼き肉用のバラとハラミを400gずつ買うたら6000円を越えてちょっとびっくり。

普段ほとんどマトモな肉を買わんのでねぇ・・・。

帰ったら即豚足の仕込みに掛かりました。

まず半割にしようと思ったですが、以前やった時はちゃんと割れたのに今回は6本中1本しか割れず。

他は出刃包丁でどんだけ頑張って根元の骨が固くて割れず、結局切り目を入れただけで煮ることに。

一旦熱湯でごく短時間下茹でしてから仕込みの本番へ。

本番は水から炊くことにして、香味野菜の白ネギの青いトコ、ショウガ、ニンニクとたっぷりの酒で。

塩味を付けて沸いたらアクを取りながらしばらく弱めの中火で煮込みました。

アクの出が収まったあたりで、保温鍋にセットして現在は放置中です。

蒸し鶏は香味野菜を取り除いてスープと一緒にビニール袋に入れて冷蔵庫へ。

この作業の合間に昼ご飯はカップラーメンをすすってしのぎました。

あっちゅう間に夕方になり、このブログを書いてるうちに腹ペコですわ。

忙しくして疲れたんでものすごーーーーく酒が飲みたいんですが、明後日から飲みが続くんで今日明日は休肝日なんですよねぇ・・・。








*朝の体重:正確な計測無し。(57.9kg弱か。)

*今月の休肝日:2日(今日も飲みたいぞー!!)
 


 
posted by えて吉 at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

昭和町の「寿司 二八」とバー「Whiskycat1494」へ

コロナ騒動はだいぶ落ち着いて来て飲食店なども平常営業に戻って来てるようですね。

先週末にはバーも営業を再開したようで、私が気に入ってる昭和町と心斎橋のバー2軒も開いたのをネット上で確認。

というわけで、23日の土曜日はまずは昭和町のお店から応援がてら行ってみることに。

バーに行く前に腹ごしらえってことで、まずは同じく昭和町にある寿司屋へ。




昭和町の「寿司二八」も営業再開

*昭和町の「寿司二八」も営業再開

お店に入って少ししてから話を聞いてみると営業時間に制限があった非常事態宣言の出てる間はお店をずっと閉めてはったそうですわ。

そら寿司屋で酒を出せるのが7時までで営業が8時までなんて言われたら、店開けても大して売上げも上がらず、廃棄損ばっかりになりますわな。

注文はタケノコの煮物とサヨリのお造りでスタート。

ゆっくりビールと燗酒飲み、その後お寿司はシマアジ、エンガワとネギトロを摘まみました。

翌日は朝から会合があるし、この後のバーがメインやから酒の量を抑えるために食べるのも控えました。

これでお会計は5000円ちょいでしたわ。




昭和町のバー「Whiskycat1494」へ

*昭和町のBAR「Whiskycat1494」

とりあえずの営業再開で、18:00オープン、21:00ラストオーダー、22時閉店で再スタートしてはります。

バーテンダーの参段さんにも飲んでもらいながら、ジントニックでスタートして、適当にみつくろってもらったウイスキーも軽く。

参段さんの分も含めて2杯ずつでオーダーして、お会計は6800円でした。


飲食店はこのコロナ禍でどこも経営が大変でしょうが、なんとか盛り返して行って欲しいものです。








*朝の体重:57.90kg弱。

*今月の休肝日:7日(今日は酒を抜くぞ。)
 
 
posted by えて吉 at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

皮と骨付きのマトンでカレーを作ってみた

皮と骨の付いたマトンの角切りを使ってカレーを作ってみた様子をご紹介します。

中止になったグルコバ用の冷凍マトン肉3kgをこばやしさんから譲って貰いました。

こばやしさんがグルコバで作る予定だったマトンカレーのレシピを教えて貰い、それを参考に自作してみることに。


作ったのは4月25日になります。

前日にマトン500gを水に浸けて解凍の上、血抜きをしました。

それを塩とヨーグルトでマリネ。



当日はこんな感じで材料を揃えました。






マトンカレーの材料

*マトンカレーの材料

こばやしさんのレシピは3kg用やったんで、てけとーに各素材やスパイスの分量を減らしました。

ホールスパイスなんかは減らしすぎると風味が弱いかとけっこう多めに。

カルダモン、クローブ、シナモンを用意。パウダーのスパイスは、クミン、コリアンダー、カイエンヌペッパー、パプリカにフェンネルなどを用意。

生のトマトに、自家製のトマトソースのキューブ2つ分、タマネギは1個を繊維に直角スライス、ショウガとニンニクも元レシピよりかなりたっぷり目に。

作り方としてはまずタマネギをしっかりと濃いめの茶色になるまで炒めろと。

こういう炒め加減って焦げ付きそうでかなり勇気が要るんですが、今回はかなり頑張って茶色 を目指しました。

にんにくとショウガのすり下ろしを加えて、香りが立ったらトマトとトマトソースを加えました。

トマトソースなんか元のレシピにはないんですけどね。

なんとなくトマトをしっかり効かせたかったんで勝手に加えました。

水を加えてしばらく煮込んでからマトンを投入。

しっかり炒めてから水をさらに加えて煮込みました。

煮立ってしばらく炊いたら、保温鍋の外鍋にセットして放置。

1時間半ほど保温調理したら、他のアテもいくつか並べてさっそく食べてみることに。




出来上がった皮骨付きマトンのカレー

*出来上がった皮骨付きマトンカレー

私は味音痴なんで、カレーの分析なんてまったくようしませんが、けっこうええ感じに仕上がったように思いましたよ。(^^)




マトンカレー意外の料理も一緒に

*マトンカレー以外の料理も一緒に

・マトンカレー

・皮付きポテト、目玉焼き、生ハム

・チャーシューの切れっぱなしとスライスオニオン

・枝豆の羊名人炒め

・カニサラダとキャベツのサラダ

・セロリの浅漬け


初めてのマトンカレーに敬意を表してスパークリングワインを開けました。

ポテトのヤツはスペイン料理屋の「カンバッシー」のメニューのパクリです。

枝豆は冷凍食品のヤツを解凍して、サヤから出してササッと炒めてたっぷりの羊名人っていうミックススパイスをかけました。

カレーはなかなか気に入ったので、自分用にもう一回分とヒトと食べる時用のちょっと多めに分けて冷凍しときました。


マトンの煮込み時間は今回くらいならまったく問題なかったんですが、後日中華風の煮込みにした時にもっと長時間煮込むと肉が縮んで固くなってしまいましたわ。

2時間くらいで十分柔らかくなったので次からも煮込む時間には気ぃつけようと思います。









*朝の体重:58.20kg。(トホホ、休肝日やのに目標オーバーや。)

*今月の休肝日:6日(今日は休肝日や。)
 
 
posted by えて吉 at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

冷凍の皮付き骨付きマトン肉を分けてもらいました

コロナ騒ぎでインド料理を作って食べるイベント「グルコバ」が中止になりました。

中止の決定がギリギリだったんで、主催者のこばやしさんはすでに食材を仕入れてはるモノもありました。

そんな中でメインになる皮付き骨付きマトンの冷凍品が3kgほどあるとのことで、私が引き受けさせて貰うことに。

グルコバの中止からしばらくゴタゴタしてたんですが、4月21日に受けとりました。




200425mutton2.jpg

*冷凍の皮付き骨付きマトン 3kg

元値は分かりませんが、こばやしさんが4000円でええわといくらか値引きして譲ってくれました。

冷凍とは聞いててもどんな形状かと思ってました。

業務用の海老みたいにブロック状に全体が1塊やと使いにくいかもなぁって思ってました。

実際のブツはこの写真の用にバラ冷凍やったんで好きな量で使えると判明。

うちには台所のメインの冷蔵庫以外に、小型冷蔵庫と冷凍専用庫があるんですが、ここんとちょっと冷凍庫が埋まり気味でした。

さすがに3kgもあるとそのままではなおせそうになかったので、あんまり飲まない冷凍の酒瓶からズブロッカとリモンチェッロを外に出したらなんとかおさまりました。



目標としてはグルコバみたいにマトンカレーを作ろうと思うんですが、23日にとりあえずちょっとだけテストがてら煮込んでみることに。

子羊であるラムと較べて、大人?マトンは肉が固いのと臭みがあるなんて聞きますがどの程度かと少しだけ料理してみることに

たっぷりの水に浸けてマトンの角切りを解凍。

なんどか水を替えて血抜きをしてやりました。

そこからはかんなり手抜きでええ加減な作り方をしてみました。


一番小さい本鍋の内側に水を入れて、そこへ生のままのマトンを投入して着火して煮込みスタート。

生のローズマリーを買うて冷凍したばかりやったんでそれを2枝、セロリの葉っぱ部分を1本分、月桂樹の葉を2枚、香味野菜がてらシシトウを数本、クミンパウダーとコリアンダーパウダーをてけとーに振り込みました。

他にはチューブのニンニク、冷凍してあった自家製のトマトソースのキューブを3つ投入。

保温鍋で3時間ほど置いたら出来上がり。



200425mutton.jpg

*出来上がった骨付きマトンのトマトスープ煮込み


3時間ほど煮込むと適度な噛みごたえはあるけど、かなり食べやすい固さになってました。

ニオイの方はガッツリハーブやらスパイスを効かせたんで全く気にならず。

マトンのニオイ自体が好きやからかもしれませんけどね。







この日の晩ごはんはこんな感じになりました。








200425dinner.jpg

*マトンのスープがメインの晩ごはん

・骨付き皮付きマトンのスープ&クスクス

・キャベツとカニカマのレモン塩サラダ

・アスパラガス

・セロリのナムル

・ひねどりのタタキとスライスオニオン

ひね鳥はこの日行った八尾のかしわ屋(鶏肉屋)「ひよこ」で買うたもんです。



マトン300gはこの日に一気に全部食べ切ってしまいました。

スープだけ余ったんで迷った末、翌日に持ち越したんですが、皮付きやったせいか冷えた煮汁はブリンブリンの煮凝りになってましたわ。




マトンを先に炒めることも、いきなり水から炊いてみましたが、私の舌ではけっこう美味しくいただけましたわ。

ポイポイと手近にあるモンを鍋に入れて軽く煮込んだら保温鍋で放置。

これでそれなりに美味しいと思えるモンが出来るなら便利ですねぇ。

角切りでバラ冷凍やから使う量の下限も自由に出来てええ感じですわ。





ちなみに今日は昼過ぎからマトンカレーを作って今の時点では保温鍋で煮込み中です。

どうなることでしょうなぁ。



楽しい食材を分けてくれたこばやしさんには感謝ですわ。









*朝の体重:57.40kg。(一日で戻って良かった。)

*今月の休肝日:9日(昨日は酒を抜きました。)


posted by えて吉 at 14:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

またスキレットで「石焼きピビンパ」風

今日のお昼はまたしてもスキレットを使って石焼きビビンバ風のモンにしてみました。

ナムルは一昨日に買うたんですが、晩ごはんにほかのアテを軽く摘まんでからピビンパで締めようと思ってたんです。

ところが、アテだけで思ったより腹が膨れたんで、ビビンバまで行くと食べ過ぎやなぁと思い延期。

昨日は飲む日でアテの1つとしてナムルを食卓に並べたんですが、他のモンを優先したら余ってしまいました。

結局ほとんど食べないまま3日目に入ってしもたんで、今日の昼ご飯にして全部食べてしまうことに。





スキレットで「石焼きピビンパ」風

*スキレットで石焼きピビンパ風

スキレットにごま油をひいて、解凍したご飯を乗せナムルと生玉子をを盛り付け。

そのまましばらく加熱してパチパチ言い出してから全体を混ぜ混ぜ。

ナムルに付いてたコチュジャンを加えて、焼き肉のタレも少々垂らしてやりました。

全体をよく混ぜてからテーブルに運んでいただきました。

食べる時には一味をたっぷり加えましたが、スキレットがけっこうテーブルに運んでからも熱くて石鍋で焼いたような
雰囲気になってましたわ。

後半はちょろっとニョクマム(魚醤)を垂らしたりしながら美味しく頂きました。

意識的に軽めのお焦げを作りましたが、スキレットの方はだいぶ状態がようなってるんで焦げ付かずサラッと洗えましたわ。







*朝の体重:57.85kg。(昨日そんなに食べてないから減るのを期待したんやけどなぁ。)

*今月の休肝日:8日(今日はもう一日飲んだろ。)
posted by えて吉 at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

ちょい古い晩ごはんネタ3本

ネタ用に用意してる写真を整理してたんですが、その中から普段の晩ごはんネタを3つほど拾ったんでサクッとアップさせて貰います。


1本目は2月27日の晩ごはんです。



200420dinner1.jpg

*常夜鍋メインの晩ごはん

・ほうれん草の常夜鍋

・シシトウ網焼き

・壬生菜の漬け物

・フキの煮物(お裾分け)

・納豆

・切り干し大根の煮物(お裾分け)

・豆もやし

・赤かぶの漬けモン



この日は酒を買い出しに行ったついでに普段行かん生協のスーパーをのぞいたんです。

この時期がほうれん草の旬やってな宣伝をしてて、常夜鍋を思いついたんだったと思います。

常夜鍋って、具が決まってないんかなぁと思って手元にあったほうれん草以外の野菜やシメジも入れました。

家に冷凍したしゃぶしゃぶ用の豚バラ肉はあったんですが、解凍するのが面倒に感じてスーパーでなんも考えずパックを購入。

ところが、家に帰って豚のパッケージを見るとグラム238円もする豚やったんですよねぇ。

普段ならちゃんと単価見て買うのに、献立がサクッと決まって手っ取り早くと思って見過ごしてました。

「大山あじわい豚」とかいうヤツですが、こんな単価の豚は普段なら絶対買うてないですわ。
 *グラム160円くらいが限界かな。豚なら。





2本目は3月3日の晩ごはんです。






200420dinner2.jpg

*かます一汐生開きがメインの晩ごはん

・カマスの一夜干し

・アスパラの豚巻き

・ブロッコリー

・湯豆腐

・しんこおろし

・蕪の葉っぱのエスニック風漬け物


豚バラではえらい高いモンを買うてしまいましたが、この日のメインのカマスは消費期限が翌日で3割引きのシールが貼られてました。

1日で食べ切らんようなもんは出来るだけ新しいのを買うんですが、買うた当日に食べ切ってしまえるなら値引き品でええやろうと。

正価298円のヤツが割引きで208円になってたんでちょっと得した気分でした。

野菜の肉巻きって、ガキの頃の家では牛肉やったんですが、ネットとかで豚でやってるのを見て真似てみました。







3本目は3月4日の晩ごはんです。







200420dinner3.jpg

*鶏のみぞれ煮がメインの晩ごはん

・鶏のみぞれ煮

・カブラの煮物

・もずく酢

・しんこ

・納豆 鮭フレーク入り

・おくら

・かぶの浅漬け


冬場に食べたくなる鶏のみぞれ煮をこの日のメインに。

鶏を適当な大きさにカットして、醤油、酒、ショウガで下味を付けて片栗粉をまぶしてから少ない油で揚げ焼きに。

だし汁のなかでしばらく煮込んで最後に大根おろしをたっぷり加えました。

器に盛り付けてから青ネギとおろし生姜を添えてやりました。



みぞれ煮が余ったので翌日はうどんに再利用。




200420Udon.jpg

*みぞれ煮を再利用してぶっかけうどん

だしが飲めるタイプのぶっかけうどんって感じです。

こういう油っ気のあるヤツは冷えてるとくどいんで、温ぶっかけです。

大根おろしは2回火を入れることになりましたが、なかなか美味かったですわ。






*朝の体重:57.95kg。(ちょっと減るかと期待したのになぁ。)

*今月の休肝日:6日(今日は休肝日や。)
 

 
posted by えて吉 at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

古い晩ごはんネタ5連発

ここんとこまた普段の家の晩ごはんネタをアップしてなかったので、古いヤツから5連チャンでアップしてみます。

けっこう前のネタもあるんで詳細は忘れたトコもありますが、ご容赦を。

このサルがどんなもん食うとるかをサラッと目を通す感じでお願いします。



まずは1月23日の晩ごはんから。

この日近所のスーパー「万代」に行くと肉売場でステーキ肉に目が止まりました。

オーストラリア産のサーロインステーキが2枚で300g入って680円でした。





200326dinner1.jpg

*ステーキがメインの晩ごはん

・ステーキ エスニック風ソース

・ほうれん草

・すぐきの漬け物

・ピリ辛鍋の残り物

・ブロッコリーの明太子マヨネーズ和え

・茶碗蒸し

ステーキにはニョクマム(魚醤)と醤油に唐辛子やニンニク、冷凍の刻みシャンツァイなんかをてけとーに混ぜたたれをかけました。









2本目は2月1日に食べた晩ごはんです。





200326dinner2.jpg

*名古屋で買うた手羽先など

・名古屋の手羽先

・竹輪とコンニャクの煮物

・スナップエンドウ

・石狩漬け

・もずく

・セロリのゆかり漬け

・カニ味噌

・たらちり


30日に名古屋旅の最後に名古屋駅で買うた手羽先をこの日に食べました。消費期限は当日やったんですけどね。

真ん中の層状になって石狩漬けは、実家の親父が作ってお裾分けしてくれたもんです。

初めて食べましたがなかなか美味かったですわ。

うちの親父の料理っていかにも”男の趣味料理”って感じでこういう珍しいもんを作りよるんですよねぇ。

写真に写ってる料理だけでもそこそこありますが、スーパーで鱈の切れっ端を見かけたんで思わず買うてしまい鍋もやりました。

なんか特別な理由もないのに、ちと贅沢な晩ごはんになりました。








3本目は2月14日の晩飯です。







200326dinner3.jpg

*羊名人を使って晩ごはん


・鶏とブロッコリーの炒め物 羊名人で

・壬生菜の漬け物

・ほうれん草 ごまだれがけ

・鶏のスープの湯豆腐


年末だったかに、羊によう合うスパイスミックスの「羊名人(ようメ〜じん)」ってもんをことを知って、カルディでゲット。

ちょっと期待したんですが、赤い割りには全然辛くないのと、塩味があんまり強くなくて、実際に使こうてみるとほどほどなモンでした。

羊でも食べましたが、この日は鶏と一緒に炒めてみました。

鶏とキャベツ、白ネギを保温鍋で長時間煮込んだスープがあったんで、豆腐をぶちこんでやりました。







4発目のネタは2月15日の晩ごはんです。








200326dinner4.jpg

*塩鯖がメインの晩ごはん


・塩さば

・壬生菜の漬け物

・赤蕪の漬け物

・豆もやしのキムチ風味

・茹でブロッコリー

・ほうれん草

・焼いた厚揚げ

・湯豆腐


料理らしい料理はやってませんが、こういう晩ごはんやと満足感があるというか、ちゃんとした献立って気になります。

サバの干物を乗せた皿が、これくらいの大きさの切り身にちょうど良くて、この皿を買うて良かったなぁと。







最後の5本目は2月18日の晩ごはんです。








200326dinner5.jpg

*手抜きな晩ごはん


・ローストビーフサラダ(惣菜)

・厚揚げと鶏の煮物

・もずく

・ほうれん草

・豆もやし

・切り干し大根の煮物(実家から)

・マカロニサラダ(惣菜)

・フキの煮物(実家から)


4つめのネタと較べるとこっちは惣菜と実家からのお裾分けを並べた分、手抜きした気分がありました。

火を使ったのが厚揚げの煮物だけですしねぇ。

とはいえ、飲むアテとしては十分以上やったんで食事としては大満足でした。







今日は朝イチで泌尿器科に行ったんですが、3月の初めから計りだした血圧の結果を見て貰いました。

するとだいぶ高血圧気味なんで、降圧剤を飲むことに。

今まで体重とか肝機能に関する数値は気にしてましたが、血圧は全く注意してなかったんですよねぇ・・・。

自分の親が降圧剤を何年も前から飲んでましたが、この年(48歳)で飲み出すことになるとは思ってませんでしたわ。

塩分の摂りすぎがあかんのやろうけど、元々の味付けの好みが塩きつめなんでそれを変えるのは難儀ですなぁ。









*朝の体重:58.50kg。(うわぁ〜えらいデブりかたやぁ。)

*今月の休肝日:8日(休肝日の予定やったけど、飲むことにした。)

 

 
posted by えて吉 at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

ラム肉入りトマトソースでリングイネ

しばらく前に食べたパスタネタをサクッとアップしておきます。

食べたのは2月5日の晩ごはんなんですが、もともとは週末の宴会のためのアテとして作ったんです。

ジャガイモとラム肉をトマトソースで煮込んでメキシカンなスパイスで味付けようとしたんです。

その時にジャガイモは1個だけを賽の目切りにして、ラム肉はちょっとずつ凍らせてた切り落とし2つを使いました。


ラム肉入りトマトソース

*具のバランスが悪かったラム肉入りトマトソース

ラム肉とポテトの比率としては右半分くらいをイメージしてたんです。

えらいラム肉とトマトソースが多かったんで、写真みたいに半分に分けて右は宴会用、左を自分の晩飯で食べてしまうことにしたんです。


ラム肉入りトマトソースでリングイネ

*ラム肉入りトマトソースでリングイネ

これを食べた少し前にスパゲティを食べきってました。

ただ、そのスパゲティは賞味期限を2年以上は越えてたんです。

リングイネと違うてスパゲティやとちんたら食べてるとコシがなくなりそうで、忙しないんですよねぇ。

麺の一種としては好きなんですが、食べる機会が少なくてなかなか減らず。

やっと食べ切ったから、しばらく補充せんと様子を見てた頃なんです。

そんな訳でこの日はスパゲティって選択肢は無く、自動的にリングイネになったという次第。


味付けにはタコスの具を炒めるミックスシーズニングを使いましたが、そいつにカイエンヌペッパーとクミンパウダーを増量。

肉だけじゃオモロ無いからしめじで嵩増し。

バランスが悪かったラムのソースを加減するためでしたが、なかなか満足感のあるパスタになりましたわ。


スパゲティはしばらく買わずに様子見ましたが、やっぱり手元にないと寂しいんで、結局この後しばらくして買い直しました。










*朝の体重:58.20kg。(納得行かんデブ具合。)

*今月の休肝日:4日(昨日は酒を抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする