2023年11月09日

広島の割烹「二毛作」でおまかせ料理

知り合いのSさんの出張で博多に行きましたが、その帰りに広島に寄って行った割烹「二毛作」のお料理をさくっと紹介します。

11月1日の水曜日は博多駅のあたりで買い物とうどんを食べる予定がありました。

そのせいで博多を出発したのは1時半過ぎとかなり遅めでした。

博多から即高速に乗ってガンガン走ったらなんとか5時前には広島の宿「EN HOTEL Hiroshima」に到着。

私は宿からお店までけっこうあったんでタクで行くつもりでしたがSさんにあっさりと却下されました。

時間に余裕あるから歩くぞと言われて30分ほど掛けてお店まで。

予約してた6時にほぼピッタリで到着。

前にも座った二人掛けのテーブルに案内されました。

以前アラカルトだと頼める品数が少なくて残念だったので今回は5500円のおまかせコースをあらかじめお願いしてました。
 コースは3種類あって4400円、5500円、6600円だったかと。


広島の割烹「二毛作」の前菜

*前菜の盛り合わせ

左から
皮ごと食べるイチジクと生ハム、チーズ・鱧の卵の寄せ物・子芋の唐揚げにくみそがけ・栗の揚げ物・黒豆とクリームチーズ

秋らしさのある前菜でやっぱりええ店やと実感できました。

揚げた栗の香ばしさが印象的でした。子芋はつい何日か前に家で炊いたらイマイチやったんですが、ここのはねっとりと柔らかく美味かったです。

お造り

*お造りの盛り合わせ

どれも美味かったですが、広島らしいシャコが入ってて嬉しかったですわ。



じゃがいも饅頭のあんかけ?

*じゃがいも饅頭のあんかけ?

フロア担当の女性から料理名は聞いたはずですが忘れてしまいました。

スムーズなジャガイモと思われる団子の中にチーズが入ってて、甘辛の濃いめのあんがかかって熱々でした。

めっちゃ真ん丸でどうやって作ってるんやろ?って思ってしまいました。



サンマの焼き物

*サンマの焼き物

これも料理名は忘れましたが、下味をつけて両妻折り?で串を打って焼いてるのが割烹ぽいですねぇ。



牛テールの茶碗蒸し

*牛テールの茶碗蒸し

茶碗蒸しにたっぷりと牛テールのスープが掛かってるんですが、めちゃくちゃうま味が強かったですわ。

前にもコースで頼んだ時に出たと思いますわ。かなりインパクトが強いんで。

これ一品でかなり飲めてしまいますわ。


ごはんと汁、漬け物

*〆のごはんと汁、漬け物

炊き込みごはんが美味いのはまぁ普通なんですが、添えられてる漬け物がしっかり美味いのが嬉しかったですね。


最初にビールを頼んだら日本酒を燗酒で頼んでずっとビールで平行してやってました。

きっちり飲んでお勘定は16300円でした。

出てきた料理から考えて非常にコストパフォーマンスがええなぁと思いましたね。





私は広島焼きが大好きなんですが、前回一応当たりと思えるヤツを食べてもSさんは興味がないと。

ほんまならこの後ちょっと散歩して腹がこなれたら広島焼きを食べたい気分でしたがぜんぜん乗ってもらえず。

翌日は広島駅のむさしのおにぎり狙いってこともあって、結局今回は広島焼きは食べられず。

これだけが広島での心残りになってしまいました。


Sさんは気に入った店になんどでも行くタイプなんでこれから機会があれば二毛作には行くことでしょうね。

アラカルトにも美味そうなもんが色々あるけど、二人ならやっぱり次もおまかせでしょうねぇ。








*朝の体重:58.25kg弱。

*今月の休肝日:1日

posted by えて吉 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先&遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック