2022年07月22日

家宴会とおぎのや「湖畔の釜めし」

一昨日は長野から大阪に戻り夕飯は家宴会でした。

東京と長野で連チャンで外食やったんで、家で落ち着いて地味な野菜やらを多めに食べたかったんですよねぇ。

外食はどれも美味しかったけど、家庭料理とちごうて食べ続けるとなんか疲れが出るんです。

大阪に着いたのが2時半過ぎで時間的な余裕もあったんで用意出来たってとこもありますね。

家に着いてすぐは流石にちょっと疲れてたんで缶ビールを開けてまずは油を補給。

酒パワーでちょっと復活してたからぼちぼち用意。

オクラ、ツルムラサキはさっと電子レンジで加熱して袋ごと水に浸けて粗熱を取ったら冷蔵庫へ。

冷蔵庫にあった刺身こんにゃくは裏表に細かく隠し包丁を入れて盛り付けた小鉢ごと冷やしました。

食べる時はしょうが醤油で。

岩下の新しょうがの漬けの素を買うたんで、家にあった長芋漬けました。

これはちょっと漬かりが浅かったんで梅肉を添えて食べました。

鳥もも肉は塩コショウとチューブのニンニクを揉み込んでヘルシオ任せで焼いて網焼きのシシトウを添えました。

旅先で買うたヤングコーン5本100円はヒゲごと豚肉で巻いてフライパンで蒸し焼きに。

ヤングコーンの甘い風味がええ感じでしたわ。

最後はオクラになめ茸を添えたもんとおぎのや釜めしで締め。

おぎのやが横川駅で売ってた峠の釜めしの販売店が諏訪ICそばにあったんで高速に乗る前に寄ったんです。

実家のオカンにもいるかって電話したら一番のオーソドックスな峠の釜めし(1200円)が欲しいと。

そっちを実家に買うたんで私は別バージョンの湖畔の釜めし(1500円)ってヤツにしてみたんです。

ローストビーフとかノーマルよりちょっと豪華な具が乗ってるようでしたが、ご飯自体が非常に美味かったですねぇ。

米で酒が飲めましたわ。(^ ^)

ちなみに最初はビールで始めてその後、長野で買うたオサレげな真澄、スパークリングワイン、知り合いのSさんが好きだって言うピノ・グリージョ種の白ワインなんかをやりました。

最後に食べたんがいつやったか思い出せんくらい大昔やった釜飯も美味かったし、家で落ち着いたアテで飲めてええ時間を過ごしました。


*朝の体重:計測なし(2kgぐらいデブった模様。こんな急激なデブりは納得行かーん。)

*今月の休肝日:5日(今日は流石に休肝日にせんとなぁ。)

iPhoneから送信



image0.jpeg
posted by えて吉 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック