2020年04月05日

スキレットで「石焼ビビンバ」

一昨日買うたスーパーの惣菜のナムルが残ってたんで今日はそれでピビンパを作ることに。

昨日買うた安もんの豪州産牛バラ肉の切り落としもそこに足すことに。

切り落としは思ったより残ってる量があったんで、冷凍してあった吉野家の牛丼風の煮汁で全部煮込んでしまうことに。

玉ねぎも足して、そちらは牛丼の具として仕上げてしもうて一部をビビンバに添えることに。

11時過ぎからビール片手に仕込みをスタート。

まずは牛丼の具からと思い、玉ねぎをある程度煮込んで牛肉を加えたあたりでマンションの管理会社から電話が入って急遽事務所で打ち合わせ。

そんな中断の後、ビビンバを仕上げて食べることに。

スキレットに油を引いてから予熱したトコにご飯を広げて、ナムルの具を乗せ、牛丼の具、生玉子も乗せてもう一度火を付けました。

ある程度底がチリチリ言い出してから食卓に運んでナムルに付いてたコチュジャンに唐辛子もプラスして全体を混ぜました。

少し食べてまだ玉子が半熟っぽかったので、もう一度コンロに掛けて加熱してやりました。

するとホンマの石焼ビビンバみたいに底にうっすらとおコゲも出来てなかなかええ感じでしたわ。

ビビンバを食べながらビールを飲みましたが、その後もどうせ外に出ん方がええんならと開き直ってちびちび飲みのながら冷凍の鶏唐を3つ追加。

さらに牛丼の具に紅ショウガを添えて、牛皿を突くようなイメージで飲んでました。

長く買うのを避けてたスキレットですが、買うてからはかなり活躍してくれてますわ。


*朝の体重:58.05kg。(そんなに食うてないのになぁ。)

*今月の休肝日:1日




iPadから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 14:57| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]