2020年01月06日

吉野家風の牛丼の煮汁で「とうめし」

一本前の記事で吉野家の味を再現した牛丼を作りましたが、その時に煮汁は肉と較べてムチャクチャ多めに作りました。

試したかったのが吉野家のツユで豆腐を煮込んでそれをご飯に乗っけて「とうめし」を作ること。

「とうめし」ってのは、東京の日本橋にあるおでん屋「お多幸本店」ってとこのが有名やそうですねぇ。

とうめしってその店がオリジナルなんでしょうか?豆腐めしって意味では普通名詞にも感じますが、ひらがなで書くあたり固有名詞的な料理名なんですかねぇ。

まぁそのへんの細かい話は置いといて、以前にも一度豆腐をなんかの余った煮汁で煮込んでご飯に乗っけたことはあったんです。

その時のことは記事にしなかったみたいで、ブログ内を検索しても出てこないんで、詳細は思い出せませんが。

煮た豆腐をたしか他の具ともご飯に乗っけて食べたと思うんですが、その時に「とうめし」って言葉を知ったんですよねぇ。

冷蔵のまま置いてる吉野家風に作った牛丼の煮汁があるうちにやろうと今朝さっそくトライ。

豆腐の種類は迷ったんですが、木綿を用意。

煮汁が少なくて済むように割と小さめのヤツを買うて来ました。

手元にある一番小さな鍋に煮汁と豆腐を入れたんですが、ほんのちょっと上が汁に浸からなかったんで水と醤油をちょいと加えて増量。

一度沸いてから保温程度の火に落として40分ほどじっくりと煮込み、一旦そのまま冷ましました。

しばらく置いてから、ぬるくなってる煮汁でまず解凍した牛肉の切り落としをほぐしてから火を点けました。

肉に火が入ってから軽く煮込んだら出来上がりってことに。





吉野家風の煮汁で「とうめし」

*吉野家風の煮汁で「とうめし」

最初に箸で豆腐を切ってみたら中は白いんで味が染みてないかなぁと思ったんですが、食べてみたらしっかり味が染み込んでました。

固さの方も木綿で全く問題なく非常に柔らかでした。

そして味の方は予想以上に美味かったんですよねぇ。(^^)

最初は上品に?豆腐を切って食べてましたが、途中からはざっくり潰してコメに絡めるようにして行ったりました。

煮汁はまだたっぷりあるからちょいと追加しながらわしわしと頂きました。

これはやってみて大当たりでしたわ。

私は別段豆腐好きって訳ではないんですが、かなり気に入りましたよ。





煮汁が手元にあって自由になったらやってみたい実験がもう1つありました。

私は吉野家の店で牛丼を食べる時、まず上の肉を片側に寄せて半分くらいのスペースにたっぷりの紅ショウガを乗せるんです。

そしてつゆだくのご飯と紅ショウガだけを混ぜながら食べ進めるんですよねぇ。

そういう食べ方をしてると時々頭に浮かぶのは

 「オレって、”つゆだく”っていうか”つゆだけ”で満足するんちゃうか?」

ってことでした。(^_^;)

ネットでマニアックな(築地店限定?)オーダーの仕方ってのを調べると、用語として「汁だけ(しろつゆ)」ってのがあるんですねぇ。

店で牛丼の並の金を払って汁だけで食べようとは思わんので、ずっと疑問でした。

というわけで、その疑問を晴らすべく昨日の朝めしでは「つゆだけ」を試しました。




ずっと気になってた「吉野家の牛丼風 つゆだけ」

*ずっと気になってた「吉野家風の牛丼 つゆだけ」

家の紅ショウガって吉野家のより塩気がちょっと強い気ぃがするんですよねぇ。

それで吉野家でやるほどたっぷり紅ショウガは乗せませんでしたが、見事に貧乏くさい見た目ですねぇ。

食べてみると、こちらは予想通りでしたが、汁だけでもけっこう美味かったですわ。

なんか栄養的に最悪な印象はありますが、ご飯の食べ方としては私にはありでした。

焼肉の時に焼き肉のタレが付いたご飯って美味いなぁとがきんちょの頃に思ってましたが、それと似たような感覚ですねぇ。

とはいえ、煮汁があったら家には買い置きの牛肉があるんやからわざわざ汁だけで食べようと思わんでしょうけどね。
 *とはいえ、温泉玉子くらい乗せれば十分満足しそうですわ。

今回は一応実験としてやってみて、やっぱタレだけでも自分が喜ぶんやと確認出来てしまいました。






*朝の体重:58.50kg。(全く納得行かんデブり具合。)

*今月の休肝日:1日(今日は休肝日の予定が、知り合いと飲むことになってしまった。)
 
 
posted by えて吉 at 16:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]