2019年12月27日

三田の寿司屋「おかめ鮨」でランチ

昨日は東京に出て飲み仲間と晩めし。

最初の予定では6時半からちょいと上物の和食屋でスタートってことになってました。

当日になって相手の仕事が上手く片付き4時過ぎから飲めることに。

和食屋は予約してたんで、まずは田町駅前の立ち飲み屋「やまと屋」で軽く飲み食い。

2人で2千円も行かんかったかと。

続いて安居酒屋フランチャイズチェーン?の「ドラム缶」で150円と200円のアテでビールを2本。

ここも2人でも1300円くらいだったかと。

そこからのんびり歩いて麻布十番の和食屋「りゅうの介」へ。

ここが本命でしたが、行く前から釘を刺されてたんで様子見てオーダー。

真冬になぜかナスにカニの“冷たい”あんかけ1680円が並んでて、おかしいと思いつつ知り合いがそれをオーダー。

ぶりのニンニク芽味噌和え1100とビール、銘柄の説明もない酒2杯で6300円でしたっけねぇ。

美味そうな魚は時価ってのは他のモンの値付けから頼む気にもならずあっさり撤収。

モノは良さげやけど自分にはなんぼ予算があっても弾ける気にはなりませんでしたねぇ。

お店の客あしらいが私にはイマイチやったんですが東京みたいな都会じゃ当たり前なんですかねぇ。



そこから途中電車の事故で改札の入場規制を食らいながら蒲田に移動。

ええ感じのモツ焼き屋「もつ焼き次郎」で気分良く飲み食いして、中華料理の金春で餃子と一品料理のセットを2人分。

両方リーズナブルやったし、特にもつ焼き屋は店の人の感じがようて気分が良かったですわ。

お値段忘れましたが両方とも納得のリーズナブルなお会計でしたわ。

結局宿にに帰ったんは1時ごろでしたかねぇ。






今日は朝めし抜きで知り合いとその会社そばでランチ。

品川駅から散歩がてら歩いたら予約の11時半ギリギリの到着でした。

周りはオフィス街やけど仕事納めのせいかランチは予約で満席。

隣の3人組はカウンターでモエシャンドン抜いてましたが自由なサラリーマンさんもおるんですなぁ。
*まぁこっちの知り合いも私と一緒に平気で飲んでましたけどね。

忙しそうにしてはったからランチの盛り合わせ以外無理かと遠慮しようと思ってたんです。

そしたらこの店に30年くらい前から通ってる知り合いのおかげでアテとしてお造りの盛り合わせをねじ込んでもらえました。(^_^;)

ビールでスタートしてすぐ燗酒も追加。

確かお寿司は梅で2900円だったかな。

どのモノも良く、忙しくても人当たりのええ大将やお店の人のおかげでゆったりとした昼酒が出来ました。

ビール2本と酒2合で16000円ちょいというえらく贅沢なお昼になりました。

夜はもうちょっとかかるみたいやけど、どうせならもっとじっくり単品でお寿司をオーダーしたいんでいつか再訪したいですなぁ。


この後大阪から東京に単身赴任してる学生時代からのツレと一緒に飲みながら帰る予定でした。

ところがかわいそうなことに、ツレは最終でトラブル発生。

4時の予定が早くても6時半になると。

待っても良かったけど、逆にツレにプレッシャーになると思ったんで残念やけどキャンセル。

大人しく一人で大阪に戻ることにしたんですが、1時台で指定席は一杯。

止むを得ず、最初に出る新幹線に乗って車掌さんに言うてグリーン車の席を押さえました。

その追加料金が5400円もして本気でびっくりでした。

なんか昼過ぎから一泊しただけとは思えんくらい濃ゆい旅になりましたわ。

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 15:56| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]