2019年10月04日

高島屋の「HASAMI器フェア」で買うた波佐見焼の器

一本前は萩焼の記事でしたが今日は高島屋でやってた「HASAMI器フェア」で買うた波佐見焼の器をご紹介します。

高島屋に行ったのは9月4日の水曜日でしたが、この器の催しのために行ったんではなく山口蓬春って画家の展覧会を見に行ったんです。

展覧会に入ろうとして入口のすぐ前でこのイベントをやってたんで、絵を見たら器もチェックしようって思ってました。



高島屋の「HASAMI器フェア」

*高島屋の「HASAMI器フェア」

女子が喜びそうなかわいい系の器がけっこうありましたわ。

ポップでおされーなんは私みたいなおっさんにはちょっと使いにくそうでしたが、その中でちょっと珍しいサイズの器が目に止まってつい買うてしまいました。






それがこちらです。







波佐見焼の長方形の小皿

*波佐見焼の長方形の小皿

窯元の名前を控えるのを忘れたんで作り手は不明です。

1枚800円で色違い3種類で2592円でした。

この写真だけやとサイズが分かりにくいですが、かなり小ぶりで薄いとこがキレイやし、手元にないから違った盛り付けが出来るかなぁと。






翌日になってさっそく料理を乗せてみました。







波佐見焼を初めて使った晩ごはん

*波佐見焼の新しい器使った晩ごはん

・茹でた鶏ムネ肉のサラダ

・玉ヒモの煮込み

・オカワカメのおひたし

・いかうに塩辛

・ミョウガの岩下の新生姜漬けの液漬け

・中華っぽいスープ

・厚揚げの自家製の唐辛子にんにく味噌焼き

・岩下の新生姜入り納豆


厚揚げを乗せたのが波佐見焼ですが、かなり小ぶりなんが分かって貰えるかと。

こういうサイズの器は持ってなかったんでけっこうええ買い物やったなぁと。







ついでにもう一枚、今回の器を使った時の写真を乗せておきましょう。








波佐見焼に塩鯖を乗せてみた

*波佐見焼の小皿に塩鯖を乗せてみた

9月11日の晩ごはんです。

・薄揚げと豚肉のニラ巻き

・塩鯖

・シシトウとシメジの炒め物

・蒸し鶏とキュウリの和え物

・キムチ

・岩下の新生姜とその汁に浸けた長芋と枝豆

・うに入りいか塩辛


かなり小さな塩鯖がええ感じに器に盛れたように感じました。



ちなみにこの日のメインのニラを豚と薄揚げで巻いたのはふと思いついた新作のてけとー料理です。(^_^;)





思いつきでやってみた薄揚げと豚のニラ巻き

*思いつきでやってみた薄揚げと豚のニラ巻き

ふと思いついてやってみたんですが、結果的には失敗でした。

巻いたヤツをオーブントースターで焼いたんですが、薄揚げに焦げ目が付いても中の豚まで火が通りませんでした。

しかたなく追加でチンして無理矢理火を通しました。

あと、味付けの方も下味に振った塩コショウがちょっとキツかったですわ。




新作料理はイマイチな結果でしたが、新しい器はこれからも使えそうで嬉しいですわ。




*朝の体重:57.55kg弱。(まぁこれくらいやったらヨシとしよ。)

*今月の休肝日:1日(明日飲み会やから今日は休肝日にした方がええかなぁ・・・。)

*今月のジム:0日


posted by えて吉 at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]