2018年08月30日

家飲みと田町の中華料理屋「菩提樹」でランチコース 東京旅行その3

東京旅行での飲み食いネタがまだ終わってなかったんで、3日目と最終日の様子を簡単にアップしておきます。

3日目に当たるのが8月5日の日曜日ですが、1時前に飲み食い仲間のSさんの地元のそば屋で合流。

2人とも前日は3時過ぎまで飲んでたんでここではビール一本だけ飲んで素直にそばを食べました。

ええ天気やったら、その後ででも「大森ふるさの浜辺公園」っていう砂浜に行って飲みたかったんですよねぇ。

ところが、天気はええにはええって言えたんですが、良すぎて暑すぎ。

海辺まで歩くだけで行き倒れそうやし、海辺に30分もおったら熱中症で死ぬんじゃないかって言う暑さでしたわ。

Sさんにそんなに無茶をさせられへんので、予定は変更して家飲みすることに。


まずはSさんに家の用事をしてもうて私は大人しく1人でぼけぇーっとしとりました。



その後、3時頃になってぼちぼち飲み出そうかってことに。






初日とあてはほぼ一緒なんでダダァーッと写真を貼って行くことにします。








セロリとイカのマリネとヤムウンセン

*セロリとイカのマリネ、ヤムウンセン

あっさりしたモンでとりあえず摘まみだした感じです。



エスニック風「エビレンコン饅頭」

*エスニック風「エビレンコン饅頭」

初日の記事に出てないけど、凍っててこの日が初登場やったのなかなぁ・・・。

これは前の週に名古屋でSさんの友達のNさんとこで食べるために作ったんです。

それやのに冷蔵庫に丁寧にパックしたまま置いてってしまい、帰ってすぐ冷凍したんです。



持って行くのを忘れて冷凍したえびレンコン饅頭

*持って行くのを忘れたれんこん饅頭

こんな状態でピチッとラップまでして、冷蔵庫に忘れたんでショックでしたわ。

生エビを2段階の細かさに刻んで、すりおろしと刻みの蓮根と混ぜて、干し桜エビも加えて、片栗粉少々、ニンニク、シャンツァイ、ニョクマム(魚醤)などで味付けしました。

冷凍するのは残念やったけど今回日の目を見て良かったですわ。

Sさんとこには電子レンジがないから解凍してから魚焼きグリルでアルミホイルを掛けながら温め直してました。




鹿肉を焼いただけ

*鹿肉を焼いただけ

山肉デリってとこでイノシシと一緒に買うたヤツを凍ったまま持っていきました。

冷凍後の鹿肉は寄生虫は怖くないけど、多少肝炎ウイルスのリスクは残るってことでスライスして焼きました。

ほんまはもっとタタキっぽく赤いとこを残して食べたいなぁと思ったんですが、他人を巻き込む訳にはいかんのでちゃんと火を入れました。

厚めに切ったやつで、火が入りすぎてないやつはやっぱり美味かったですわ。

自分で料理したのは初めてで、ちょっと食材としては高価ですが、今度はもうちょっとまともな料理にチャレンジしたいですわ。

肉は普段食べてる牛豚鶏とは違う風味があってなかなか良かったです。



砂ずりの中華風煮物と韓国のキムチ

*砂ずりの中華風煮物と韓国のキムチ

キムチはSさんが韓国の知り合いからもうたヤツです。


キーマカレー

*キーマカレー

これはしばらく前に珍しくキーマカレーを作った時に一部を冷凍してあったもの。



蒸し鶏

*蒸し鶏

ミョウガ

*ミョウガにかつお節

このミョウガは実家の親父が奈良の家の庭で育てモノです。

今回は結局出番なかったんですが、鯵の干物をちゃんと焼いて作った冷や汁の素も冷凍で持って行ったんです。

朝飯を一緒に食うタイミングがあればと思って、その薬味にミョウガも持参。

で、冷や汁は出番がなかったんでお土産?として置いて行ったんで、ミョウガの一部だけをこうしてあてにした次第。



3時過ぎから飲み出して、2時半頃になって禁断の〆モノが登場。(^_^;)





タイのインスタントラーメン

*タイのインスタントラーメン

長丁場の飲みで〆モノを食べること自体、問題有りですが、しかも怪しげなインスタントラーメン。

一番嬉しいパターンですわね。

これはSさんが今年のタイ出張で買うて来た現地モノですわ。

禁断のラーメンで〆

*禁断のラーメンで締め

2人で一袋をシェアやからそんなにひどくはないってことで。

ピリ辛で酔うた最後にするラーメンがごちそうでしたわ。


日曜日やったんで、翌日から普通に働くSさんに疲れが残らんようにこの日は10時頃には解散。

まだ電車があったんで、一駅隣の宿までちゃんと電車で帰れました。




翌日(8/6)は大阪に帰る前に昼ご飯だけ一緒に食べることになってました。

最初は夕方に一杯飲んで帰れば?って誘われてたんですが、あまりにも暑い時期でとてもじゃないけどそこまで時間を潰せんなぁと思ったんです。

東京って美術館がぎょうさんあるからどっか行ってもええなぁって思うんですが、月曜日ってほとんどが休館日で行けないんですよねぇ。






そんな訳でJR田町というか地下鉄の三田駅ってとこに近い小ぎれい系の中華料理屋で落ち合うことに。





表通りからちょっと裏に入ったトコに店があるとのことでしたが、手前の方から見ると最初それっぽい店は見つからず。






三田の中華料理屋「菩提樹」の看板

*三田の中華料理屋「菩提樹」の看板

すぐそばまで行ったらこの看板を発見。




田町の中華料理屋「菩提樹」の入ってるビル

*ビルの2階に入ってる「菩提樹」

なんか普通のビジネスビル?みたいなとこやったんで、手前からは見つからずでした。



とりあえずビールでスタート

*とりあえず1人でビール

先について、働いてるSさんには悪いけどさっさとビールをオーダー。

個室もあるのか、全体に落ち着いた高級中華って雰囲気の店内でした。

それでも12時過ぎにはサラリーマンっぽい人でどんどん席が埋まったんで、東京の勤め人は昼間っからええもん食うんやなぁと感心してました。

まぁランチでは1000円くらいのメニューがあるようなんで、向こうの物価じゃそんなに無茶でもないんですかねぇ。

私らはせっかくなんでお昼のコースを食べることにしたんですが、値段は2100円とかだったような気がします。(自信なし。)


前菜の盛り合わせ

*前菜の盛り合わせ?

チャーシューとエビにサラダとなんかもうちょっと載ってました。

器の揚げモンまでパリパリ食うてやりましたよ。



不思議なスープ

*不思議なスープ

クワイが入ってなような気がするんですが、椀種がなんか不思議なふわっとした物体でした。

スープは非常に上品で美味かったですねぇ。

これを飲み出してすぐビールだけじゃもったいないわと紹興酒もオーダー。




昼間っからボトルで紹興酒

*昼間っからボトルで紹興酒

グラスなんて寂しいオーダーはしませんよ。こっちはあとは新幹線で帰るだけやからボトルで行ったりました。

仕事中のSさんもビールをちょっと、紹興酒も控えめに飲んでたんですが、離れたテーブルに会社の人がおったようで、グラスを隠してるのがオモロかったです。

まぁこっちは好きなペースでやってるから(ほんの)ちょっと申し訳なかったんですけどね。



ゴーヤーと鶏の炒め物

*ゴーヤーと鶏の炒め物

適量で出て来て良かったですわ。メニューは正式には分かりませんが、じょーとーな店の炒め物って感じでした。

ご飯のおかずとしてではなく、酒の肴としてぼちぼち食べてるとこの一皿だけでもけっこう飲めるんですよねぇ。


点心2品

*点心2品

この春巻き、中身がえっこうええ味で美味かったですわ。



冬瓜のかにあんかけ

*冬瓜のかにあんかけ

冬瓜ってけっこう好きなんですが、この時期はまだ自分で料理してなかったんで刺激を受けてしまいました。

これもやっぱりスープがあっさりして旨味があって良かったですわ。


締めのチャーハン

*締めのチャーハン


以上で昼ご飯なのにお会計は2人で8100円。(^_^;)

紹興酒をボトルで頼んだからしゃあないんですが、どの料理もちゃんとしてて値打ちがありましたわ。

おちついて喋りながら急かされることなく飲み食い出来たんでこの金額のコストパフォーマンスには納得でした。


帰りの新幹線ではさすがにモノは食べる気にならず、缶チューハイだけ買うて保冷ホルダーにいれてチビチビやりながら帰りました。


以上が3泊4日での東京旅行での飲み食いになります。





*朝の体重:58.00kg。(目標値ジャストやけど、一日でここまで戻って良かった。)

*今月の休肝日:10日(昨日酒抜いて目標クリア済み)

*今月のジム:3日(今日は休館日。)

 
posted by えて吉 at 17:04| Comment(0) | 旅先&遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]