2018年07月02日

フランスからのインターンの歓迎宴会

昨日の身内宴会の様子をサクッとご紹介します。

昨日の宴会の口実は、妹のトコで1ヶ月ホームステイすることになったフランス人の女の子の歓迎会って感じでした。

日本でインターンシップを経験するために来た子で2ー3日前から妹の家に滞在中。

妹から直前に若い子で大人しい子やから日本食はなしで洋食っぽいものを作るようにと指示がありました。

私はそれまで献立が全然浮かばんながらも季節感ってことで、鱧の湯引きとずいきの煮物くらいは作ろうかと思ってたんですけどね。

前日の買い物に行った駐車場で「洋食縛り」の連絡受けたんでギリギリ無駄な買い物は避けられました。

あんまりええネタが浮かばんかったんで、鶏のトマト煮込みとラム肉の肉団子を作ることに。

鶏モモ肉2枚は一口大にカットして、ビニール袋に入れて、刻んだパセリ、セロリの葉っぱ、乾燥バジル、チューブのニンニク、コショウなどを揉み込んでしばらく寝かしました。

袋に片栗粉をぶち込んで空気を入れて膨らませたらボンボコ振り回して粉を打ちました。

そいつを多めのオリーブオイルで揚げ焼きにして、しめじ、エリンギ、ズッキーニなどを加えて生のトマトとトマト缶、月桂樹の葉を加えて煮込んだら出来上がり。

これは前日に仕上げて当日は妹の家で温め直すだけに。

ラム肉は薄切りのヤツを前日に買うて冷凍庫へ。

当日の昼頃になってラム肉を半解凍の状態で包丁で刻み粗めのミンチに。

そこにごくごく細かく刻んだ玉ねぎとシシトウ、たっぷりのパセリ、刻んだニンニク、クミンパウダーとコリアンダーパウダー、隠し味程度のカイエンヌペッパーを加えて、塩コショウをしてしっかり揉み込みました。

これをしばらく寝かしてから妹の家で焼いたら出来上がり。





94252292-6769-448C-9524-D49064FB9F8A.jpeg

*フランスからの学生さんの歓迎会の料理

左上が私の作ったラムの肉団子。スプーンで取っててけとーにフライパンに落として焼いたんで形はグチャグチャです。(^_^;)

右上は実家のオカンが用意したジャーマンポテト。

右の中断は妹の用意したカツオのタタキとサーモンのお造り。

右下が私の作った鶏のトマト煮込み

下段真ん中が妹の用意したカプレーゼ。

左下が妹の作ったグラタン。

茹でたペンネを缶のミートソースと混ぜて、上に缶のホワイトソース被せた非常に手抜きバージョンらしいですわ。





1E2CE88A-CF5E-4081-ADF3-E9F6505EA291.jpeg

*フランス人のミレナ

フランスのブルゴーニュ(Bourgogne)地方第二の都市「シャロン=シュル=ソーヌ(Chalon-sur-Saône)」の出身とのことでした。

ミレナは漫画やアニメが好でインターンシップ先を日本に選んだってことやったんで好きな漫画を聞くと、最初の答えが「寄生獣」ってな渋いチョイスでちょっと構えましたわ。(^_^;)

2番目の「黒子のバスケ」ってのは残念ながら世代的に読んでなかったので分かりませんでした。

去年にも友達遊びで日本を2週間ほど旅行してるそうで、けっこう日本好きのようです。

ただ、まだまだ若いせいか色んな話を振ってもなかなか会話が盛り上がらないのが難しいとこでした。

出来るだけ話を引き出して上げようと私から色々と話を振ってたんで宴会料理の方はあんまり食べれんかった気ぃがしますわ。(^_^;)

それでも事前に聞いてたよりは会話になったし、ミレナもニコニコしてる場面があったんでそれなりには盛り上がったってことにしておきます。

今日から職場に行って働き出すらしいんで、1ヶ月の滞在を彼女なりに生かしてくれるとええなぁって思いますわ。








*朝の体重:57.65kg。(そんなに食べてない割りにはやや重いなぁ。)

*6月の休肝日:10日(完全に諦めてたけど無事目標クリア。)


 
posted by えて吉 at 14:27| Comment(0) | 自宅で宴会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]