2017年09月08日

絶妙な味加減になった「温玉照り焼き丼」

ちょっと前の昼ご飯なんですが自分の好みにドンピシャに仕上がったんで記念に?アップしておきます。(^_^;)

食べたのは8月の23日なんですが、この日は朝から実家の親父の運転手で生野まで。その帰りに業務系の食料品屋で買い物をしたら冷凍品を買うたので大急ぎで家へ。

ねぎマグロに使うマグロのペーストと馬刺しの冷凍品を買うたんですが、保冷剤を持って行ってアイスボックスに入れて来たんで家に着いてもコチコチでしたわ。

2時前頃から昼ご飯を作るために台所に立ったんですが、冷蔵庫に温泉玉子があったんでそれを減らすメニューってことで思いついたのが鶏の照り焼き丼でした。

鶏モモ肉が冷蔵庫にあったんで、それを一口大にカット。

塩コショウを軽くして手で揉み込んでから片栗粉をまぶしました。

白ネギは斜めの薄切りにしてスタンバイ。

フライパンに気持ち多めの油をひいてもも肉を投入。ある程度火が通ったところで、醤油を注いで香りを立ててやり、すぐそこに酒と味醂を注ぎました。

白ネギも投入して、水気を煮詰めながら鶏に火を通してやりました。

ご飯を丼に盛って、その上に刻み海苔を散らして出来上がった照り焼きを乗せて、青ネギを散らして真ん中に温泉玉子を載せたら出来上がり。

好みにピッタリに仕上がった「温玉照り焼き丼」

*絶妙に好みの味になった「温玉照り焼き丼」


汁気は少なめでしたが、崩した温泉玉子と鶏を絡めつつご飯を食べると、甘辛さがストライクゾーンのど真ん中って感じでめーちゃくちゃ美味かったですわ。

温泉玉子って、料理に添えられてるだけで嬉しくなるんですが、実は買うてもなかなか減らないことがあるんですよねぇ。

賞味期限を見ながらちょっと無理して消費なんて時もあるくせに、売場でパッケージを見るとつい欲しくなるんです。


でもこの日の照り焼き丼は、絶対に温泉玉子がおってこその満足度だと思うんで買うた値打ちは十分にありましたね。

それにしてこの日の照り焼きの味加減は絶妙でしたなぁ・・・。

毎回てけとーに作るから再現出来そうにないのが残念なところですわ。








今日は朝イチで洗濯機を回して、寝間着のまま即それを干しました。

朝の体重に多少の余裕があったんで残り物利用の朝うどんを食べてご機嫌。

ええ天気で家にいるのがもったいなく、野菜の在庫が少なくなってるんで羽曳野の道の駅へ。

いくつかはその辺のスーパーよりお得な値段のヤツあったんで、そういうのだけ少し買い物して撤退。

収穫としては大したことなかったですが、ちょいとドライブ気分で出かけられて良かったですわ。

ドライブならほんまは岸和田の道の駅まで回れば良かったんですが、そっちは金曜日が定休日だったと思うんで諦めてごく短めに済ませました。



*朝の体重:67.70kg。(なんとか目標クリア。)

*今月の休肝日:2日(今日は酒抜いとかんと後がキツイのよなぁ・・・)
 
 
posted by えて吉 at 16:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]