2017年09月07日

イギリスから到来の新入り器

しばらく前にイギリスからのお土産でもうた新入りの器をご紹介しておきます。

くれたのは東京に住む知り合いのSさんなんですが、夏前のイギリス出張の時に買うて来てくれた物を8月に東京に行った時に受け取りました。

8月15日の夜に大阪に着いたんですが、16、17日と休肝日にせざるを得ず貰った器を使う機会がありませんでした。

やっと18日になって飲み日がやってきたので、さっそく使ってみることに。

とはいえ、この日は大して料理をしなかったので、中身は無視してとにかく新入りの器を使ってやるのが目的でした。




夜飲みに備えて軽めの晩ご飯

*夜飲みのに備えて軽めの晩ご飯

・すき身マグロと豆苗のガーリックポン酢炒め

・冷や奴

・山菜の煮物

夜にブログ仲間のぷるみえさんが九州旅行の帰り道にうちに泊まりに来てくれることになってました。

その時に軽く飲む約束があったので、夕飯はごくごく控えめにしたんです。

マグロのすき身は軽く塩こしょうをしてから片栗粉を打って、ニンニクの香りを立てたフライパンでさっと炒めました。

最後に豆苗を加えてサッとポン酢を回し掛けたら出来上がり。

山菜は水煮のヤツを白だしベースであっさりと味付けだけしたものです。



お土産に貰った器は正面下側で山菜を入れた片口のヤツです。




イギリスからの新入りの器(ほんまはミルクピッチャー?)
*イギリスからの新入りの器「片口の小鉢(ほんまはミルクピッチャー?)」

イギリスの人がこの器におかずを盛り付けるようには思わんので、ホンマは牛乳入れですかねぇ。

日本の片口も本来日本酒を注いでたのものが今じゃガンガン食器として使われてるんで、ブリティッシュなこいつにも我慢して貰いましょう。

事前に現地からいくつか候補が送られて、一番使い勝手の良さそうなのをチョイスしたんですが、器って実物見るまで分かりませんからねぇ。

胴の部分がぽってりと丸く膨らんでるのが愛らしいなぁと。

ちょっと深めなんで、量を少なく盛り付けるとのぞき込む形になりますが、それも中の料理へ興味がそそられる感じでいいんじゃないでしょうか。

正直言うと、せっかくのお土産が気に入らなかったらどうしようって不安もちらりとありましたが、とりあえずの料理ですが盛り付けてみたらすごく気に入りましたねぇ。

ちなみに翌朝だったか、ぷるみえさんにコーヒーをお出しした時に、この器に牛乳を入れて添えました。

本人(本器?)的にはやっぱりそっちが本職なのか、液だれもなくスッとミルクが注げて、道具としてちゃんと作られてるのも確認しました。(^_^;)

今まで持ってないかわいらしいフォルムの器ですが、これからは大事に使ってあげようと思います。

遠路はるばるイギリスから割れ物を持って帰ってきてくれたSさんには感謝です。








*朝の体重:58.45kg(全く納得行かんデブり具合!!)

*今月の休肝日:2日(昨日は酒を抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 15:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あらまあ、そんな大事な器だったとは!
無造作に扱ってごめんなさいね〜。
Posted by ぷるみえ at 2017年09月08日 00:22
ぷるみえさんへ

いえいえ、まったく気になさらないでください。
器は使ってなんぼですからねぇ。(^^)
Posted by えて吉 at 2017年09月08日 15:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]