2017年06月22日

神戸の元町にある「佳景」を再訪

20日の火曜日に神戸の元町まで昼酒をやりに行った時のことをご紹介します。

メインは元町の「佳景」ってお店で何年も気になってて去年初めて行きました。

実際に行ってみてイメージしてたより良かったんで、ぜひまた再訪したいと思ってました。

ここ何週間かもけっこう真面目に一人で行こうかと思ってたんですが実行出来ないまま延び延びになってたんです。

そんな時にishさんからお誘いがあったんで大喜びでご一緒させてもらうことに。




元町駅で1時に待ち合わせしてたんですが、ちょっと早めに着いたんで今回も三宮から元町まで歩きました。

三宮の高架下には12時過ぎから飲めるお店が何軒もあるから、誘惑に負けず歩くのがちょっと大変でした。

ちなみにこの日はある程度早めに起きて朝ごはんをちゃんと食べて胃の調子を整えてました。

予定より早めにお腹が減ってしまってたんでええ匂いがしてくると大変でしたわ。




お店には先客に高齢の女性が一人だけでした。





初夏らしくお豆でスタート

*初夏らしくお豆さんでスタート

季節感があって緑色が目にも美味しいなぁと思いながらビールでスタート。

後で女将さんと喋ってたら、この豆を昆布だし?で炊く時にほんのわずかにショウガを入れてると。

そうすることで豆の青臭さを消してるんやそうです。

お店には前の道から小道を通って入るんですが、そのせいもあってか非常に静かで落ち着いた雰囲気なんですよねぇ。

そこで薄い薄いグラスにビールを注いで昼から飲むと贅沢な時間に感じますわ。




旬のアスパラガス

*旬のアスパラガスは茹でたてで

これも季節感のある野菜ですよね。

私は野菜をアテに飲むのが好きなんでこういうスタートは嬉しいですわ。



試作中の新作料理

*試作中の新作料理

新生姜とエノキの寄せ物。まだゼラチン?の固さなどの完成度に納得が行ってないとのことでした。


神戸元町の「佳景」の八寸

*佳景の八寸

派手さはないけどどのお料理もちゃんと作ってあるって気がしました。

最初はビールを2本行きましたが、その後はぬる燗に。

やっぱりこういう味わい深い食べ物には日本酒が欲しくなってしまいます。

お料理はこういうキッチリしたものなんですが、女将さん自身はかなり気さくな方なんでishさんや私と和やかに喋りながらの食事でしたよ。

厚揚げとスペアリブの煮物

*厚揚げとスペアリブの煮物

豚肉の匂いを消すためにごくごく控えめにカレーパウダー(ガラムマサラ)が使われてました。

カレー粉ってちょっと入れすぎたら元の料理の味が消えてしまうような印象がありますがほんまにええ加減で使こうてはりましたわ。

佳景の焼き魚

*焼き魚

これも当然焼きたての熱々でした。




170622osake.jpeg

*佳景の盃

この酒杯は非常に薄手で飲み口が良かったですわ。

お父さんは同じ場所で1日1組限定のお寿司屋さんをされてたそうなんですが、そのお店で使ってた物で50年くらい経ってるそうですわ。

このお店は料理が美味しいのももちろんなんですが、こうやって先代のお父さんの時代から使ってる器がちょいちょい出てくるんですよねぇ。

使ってはる器を見るのもちょっとした喜びですわ。


佳景のお漬け物

*佳景のお漬け物

右のはゴーヤーとコーンをなんかしてあるようでした。どうしてるんかは聞かないままパクッと食べてしまいましたが。(^_^;)



焼きたてのだし巻き玉子

*焼きたてのだし巻き玉子

私らの飲み食いのペースに合わせて焼きたてを出してくれはりました。


鱧とのタマネギのお吸い物

*鱧とタマネギのお吸い物

懐石の椀物っていう扱いでは無く、ご飯のお供のお汁ってことなんでしょうねぇ。

それでも非常に上品な味付けでこれだけ単品でも充分にお酒が進みました。


佳景のラストは「玉子かけご飯」

*佳景のラストは「玉子かけご飯」

卵の黄身だけをご飯の真ん中に乗せて、わさびをちょいと添え、醤油を回し掛けた状態で出してくれはりました。

お代わりも聞いてもうたんですが、1杯で我慢しておきました。


以上のお料理で2500円ってのは、朝ごはんや昼ご飯に食べるとしたらものすごく贅沢感があってそして値段以上の値打ちがあると思いますわ。

2回ともお店に来たのは昼ご飯の時間帯ですが、ぜひともいつか朝に来て朝酒をシバいてみたいもんです。

お酒込みで一人3500円ってのは、大満足でした。



佳景を出てからは、ガラッと雰囲気を変えてishさんがよく使ってる神戸のローカルチェーンの飲み屋へ。

幡多バルとかいう名前でカツオのタタキや干物を和でも洋風ででも食べさせるお店。

ishさんがツマミの盛り合わせの無料券を持ってはったんで、それを頼んで赤ワインを一本。

他に干物においるとニンニクを効かせたヤツを頼んで、ゆっくりと喋りながら楽しませて貰いました。

二人分のお会計が3000円ちょっとやったと思います。


最後は元町のBAR「ABUはち」で軽く一杯

*最後は元町のBAR「ABUはち」で軽く

まだ早い時間やったんで、もうちょっと飲んでもちゃんと電車で帰れるやろうと寄りました。

ジントニックを一杯飲んでからこちらのお店の名物のお酒(正体不明)をロックで。



なかなか充実した昼飲みからはしご酒となりました。







*朝の体重:58.40kg弱(そんなに食べてないと思うのにデブってもうた。)

*今月の休肝日:7日。(今日はもう一日飲むことにしよっと。)
  
posted by えて吉 at 14:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
佳景にいくとついつい喋ってばかりになるので、写真がちゃんと撮れないから今回は諦めました。代わりに撮っておいてくれて助かります。
相変わらずどれも美味しかったですが、個人的には最初の豆とかアスパラとかはじんわり良かったです。スペアリブは、さすが上手いなあって感じでしたね。新作は確かトマトのジュレも使ってたんじゃなかったでしょうか。
Posted by ish at 2017年06月22日 15:06
ishさんへ

たしかに女将さんとの会話に集中してると写真は撮ってられないですわね。

豆とかアスパラみたいなじんわり美味しい物が出るところがいいですよね。

新作はトマトのジュレでしたか。忘れてました。(^_^;)
Posted by えて吉 at 2017年06月23日 12:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451100851
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック