2017年05月14日

西宮市甲子園口のネパール料理店「ターメリック」で初ダルバート

今日は西宮市のJR甲子園口駅近くにあるネパール料理店「ターメリック」へ土日限定のダルバートを食べに出かけました。

グルコバに何年も通って、以前は2ヶ月に1回でインド料理は充分だったのが最近はグルコバまでに食べたいなぁと思うようになってきております。

 *私にとってはインド料理ってのは、インドって国だけやなくてその周辺を含めたざっくりと”あのあたりの料理”意味ですがお許しを。

そういう欲求を満たすために千船にあるパキスタン料理の「大阪ハラールレストラン」にも2〜3回行きました。

そちらはアルコールを置いてないので、ランチを持ち帰りにして近所の公園で飲みながら楽しむんですけどね。

それとは別にしばらく前からダルバートってな食べ物の名前をちょくちょく聞くようになりました。

ネパールの国民的定食ってな説明が多いんですが、写真だけ見てたら私みたいな素人にはインド料理っぽいなぁと感じてました。

ナンにカレーっていう昔からのインド料理屋さんの料理はいまだにあんまりそそられんのですが、ダルバートの写真はちょっと食べてみたいなぁと。

今回のお店のことは、そっち系の料理に強いみつおさんのブログで記事を見てたらえらく値打ちがありそうやなぁと。

この人らのように”その道のマニア”が絶賛するんならダルバートの初体験にはええやろうと。

とはいえ、今まで西宮まで電車でいくなんて発想が出なかったんですけどね。

引っ越しを機に電車に乗ることを覚えようと思ってるんで、アプリなんかで経路をチェックしたらうちからけっこう簡単に行けることが判明。

ここ何週間か前から真剣に行く気になってお店のツイッターをフォローしたりしてました。


そしてついに今日実際にお店に伺うことに。

私の最寄り駅のJR久宝寺駅からお店の開店時刻に合わせた電車を検索すると、乗り換えなしでJR尼崎まで行ける便を発見。

今までやったら天王寺に出て、乗り換えて、梅田に出て、嫌いな梅田で乗り換えてってな苦行としか思えんコースしかないと思ってました。

それが梅田での乗り換えも無しに行けるっていうんやから、カルチャーショックを受けますわ。

他にも放出で乗り換えたり複数のコースがあるようでしたが、とりあえず行きは真っ直ぐ尼崎へ。

そこで普通に乗り換えて2駅で甲子園口に無事到着。



甲子園口駅の南口駅からお店のサイトの案内に従って「ほんわか商店街」を南へポテポテ。

だいぶ国道2号線に近いところまで行ったら無事お店を発見。



西宮市の甲子園口にあるネパール料理店「ターメリック」

*西宮甲子園口駅のネパール料理店「ターメリック」

開店は11時半で、着いたのはちょっと早かったんですが営業中の札が下がってお店のドアが開いてたのでお店の方に声を掛けて中へ。


ダルバートの説明

*ダルバートの説明書

ナンとカレーってなランチもありましたが、狙いはこのダルバート一択でした。

メインのカレーが1種類なら990円2種類なら1190円。

せっかく遠いトコまで出かけたんで2種類でオーダー。ちなみに今日はチキンと山羊の2種類でした。

料理が出る前に日本メーカーの瓶ビール(450円)をもうて朝ビールをシバいてました。




朝メシ抜きで空腹にいきなりビールやからあんまり飲むとヤバイかもなんて思ってましたがあんまり待つこともなく料理が到着。





甲子園口のネパール料理店「ターメリック」で初ダルバート

*西宮の「ターメリック」で初ダルバート


店主の方が丁寧にそれぞれの料理のことや食べ方などを説明してくれました。

店主さん以外に厨房にはもう一人外人の方が入ってて、フロアを担当してるのは日本の女性でした。

店主の方とフロアの女性とやりとりがあったんですが、二人とも非常に愛想が良くてイチゲンにはありがたかったですね。


左上?の黄色のが豆のスープのようでしたが、グルコバで食べる豆の料理とはまた違ってサラサラとしてスープでした。

他のお客さんにインド料理のランチは辛さの調整が出来るけどダルバートは辛さの調整なしって言うてはりましたが、どれも全く辛くはなかったですね。

単品でそれぞれを味見ながらビールを飲んでから、ちょっとずつ混ぜながら頂きましたがおかずがたっぷりでご飯を節約するのが大変なほど。

ご飯のお代わりがあるのかは分かりませんが、お代わりなしでも食べ終わった時には腹がぱんぱんに張ってましたわ。

インド料理とネパール料理のスパイスの使い方や料理の仕方の違いはさっぱり分かりませんが、全体に優しい味に感じました。

店主の方曰く、インド料理より塩を使う量がずっと少ないとのことでしたが、それであっさりした美味しさに感じたのかもです。

どれもがちゃんと美味しくて、非常に満ち足り気分でいただきました。


そうそうヤギをカレーに使ってたんで、沖縄料理のヒージャー汁みたいなクセがあるかと思ったんですが全然臭みはなかったですね。





デザートもちゃんといただきました

*デザートもちゃんと頂きました

デザートの名前やどんな作り方かも店の女性がちゃんと説明しくれました。(デザート名は当然のように失念。)

クスクス?がメインでシナモンを効かせてるって言うてはったような気が・・・。

甘すぎることもなく、美味しいと思えたんでチャイと少しずつ楽しませて貰って完食。

普段ならデザートはパスするんですが、丁寧な大将に失礼に思ったんでしっかりいただきました。



私にしたら、電車なのでめちゃくちゃ遠いトコまで遠征したって気分でしたが大満足でした。








帰りの電車も全然混まずに放出まで行って、そこで乗り換えたらサクッと家まで。

電車の経路が非常に便利だったこともあり、またカレー欲が高まったら再訪しようと思います。

毎月第4土曜日にはカナメラバルという、特別なネパール料理を居酒屋形式で出してはるそうです。

そっちもちょっと気になるんですが、夜に電車を乗るのはまだあんまり慣れないんですよねぇ。

飲んだら電車に乗るが億劫になりそうですが、もうちょっと電車に慣れたらいつかチャレンジしたいもんです。





<参考情報>
*インドネパール料理「ターメリック」:公式サイト

住所:兵庫県西宮市甲子園口2−24−28

電話:0798−56−7786

営業:ランチ11:30〜14:30(L.O14:00)、17:30〜21:30(L.O21:00)

定休:火曜日

 





*朝の体重:58.05kg。(昼にしっかり食べたから夜は控えんと・・・)

*今月の休肝日:4日(昨日は酒を抜きました。)

この記事へのコメント
本格的なダルバート、めっちゃ美味しそうです!
カレーも羊ではなくヤギとは…
日本人に媚びないお店なのですね。
どれが何という説明があるところも好感が持てます。
ちゃんとしたネパール料理が食べたいのに、なんとなくインドと一緒くたになっていて、ランチはカレーだけ、ごはんは日本米…ってところが多いので、こういうこだわりのお店なら電車に乗ってまで行く価値はありますね!
Posted by ぷるみえ at 2017年05月14日 23:22
ぷるみえさんへ

品数多くてどれもちゃんとしてて美味しかったです〜。

羊でも嬉しいですが、ヤギとなればかなり珍しいのでさらに嬉しかったですわ。

ちゃんと素人にもダルバートってもんを分かってもらいたいっていうお店の方の姿勢に好感を感じました。

苦手な電車に乗った甲斐は充分にありました。(^^)
Posted by えて吉 at 2017年05月15日 14:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449878023
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック