2017年05月08日

ゴーヤーの日なんで「ゴーヤーチャーハン」

今日は5月8日の語呂合わせで「ゴーヤーの日」なんですよね。

ブログを始めた頃はこの日を意識してネタ料理を作ったこともあるんですが、ここ最近は過ぎてから気づくことが多いかも。

ゴーヤー自体はけっこう好きなんですが、自分の感覚では真夏の食べ物って印象があるんですよねぇ。

そうすると沖縄なら違うかも知れませんが、この時期はまだちょっと旬には早いんですよねぇ。

まぁ最近は平気でほとんど1年中大阪のスーパーでも見かけるですが、やっぱり夏のモノは夏に食べたいなぁと。

そんな訳で最近はあんまり無理にゴーヤーの日にゴーヤーを食べてませんでした。

ただし、今年は昨日たまたまスーパーに行った時にゴーヤーに目が止まり、翌日のゴーヤーの日を思い出したんです。

今日もスーパーに行ったら売場の目立つとこにゴーヤが並んでて、おまけに店内のアナウンスでもゴーヤーの日をPR。

ここまでタイミングが合えば、ゴーヤーを食べとかんとあかんやろって気に。(^_^;)




とりあえずカゴにゴーヤーを入れて他にも少し食材を買うたら家へ。


買うた時はどうやって食べるか決めて無くて、



 「季節の初回はやっぱり定番のゴーヤーチャンプルーかなぁ・・・?」


ってくらいのことを考えてました。


朝から何も食べて無くて腹ペコやったんで家に帰るなり昼ご飯をどうするか考えたんですが、ふとゴーヤー入りの焼き飯を食べようと思いつきました。

ゴーヤーの1/4ほどをカットして半割に。

中のワタと種をスプーンでくり抜いて、縦に細く切ってからさらに細かく賽の目にカット。

冷蔵庫にあった玉ねぎ半個はやや粗めに刻んでやりました。

肉っ気はおにぎらず用に食べてる鮭フレークを使うことに。


最初味付けは和風で行こうかと思ってたんですが、急に気が変わってニョクマム(魚醤)を使うことに。

エスニックっぽく行くならってことで、最初にフライパンに油を引いて、チューブのニンニクと粉の唐辛子をバサッと投入。

フライパンがあったまって来たトコロで玉ねぎを投入。


タマネギがある程度透明になったところでゴーヤーを加えて、しばらく炒めました。

下味は塩コショウを振って軽めに付けておきました。

具材を端に寄せて溶き卵を流し込んだらご飯も投入し、そこにさらにシャケフレークをプラス。


しばらく炒めたらニョクマムを回し掛けて味付け。

一昨日香菜(シャンツァイ)を刻んで冷凍したヤツを使い切ってしまってたのが残念でした。

パクチーの代わりに普通の青ネギだけ散らしておきました。



5月8日のゴーヤーの日に「ゴーヤー炒飯」

*ゴーヤーの日に食べた「ゴーヤーチャーハン」


味の方はちょっぴり魚醤を掛けすぎたようで、塩気がキツメになってしまいました。

あと、そもそものご飯の炊き加減が柔らかめやったんで、パラッとしたチャーハンて言うより、家庭のおかんが作る焼き飯って感じでしたけどね。

それでもシャクっとしたゴーヤーの食感が面白いし味としても鮭と魚醤はよう合うて美味かったですわ。

残りのゴーヤーやどうやって食べましょうねぇ。

チャンプルーをやる時に島豆腐の代わりに使う厚揚げを買うてあるんでチャンプルーならいつでも出来るんですけどね。



何年かぶりにゴーヤーの日に乗っかってしまいました。






今日は朝イチでオカンの運転手をしとりました。

まず最初に会社の用事で取引先の銀行へ。

その後、昨日から頼まれてたんですがオカンを乗せて羽曳野の道の駅へ。

ぜんまいを買いたいってことで、あるかは分かりませんでしたが、本人の納得する安さで並んでて良かったですわ。

他にも地元のスーパーより安い野菜や花をけっこう買い込んでたんで、連れてった甲斐がありました。


ゴーヤーの焼き飯を食べた後、私も買い込んだ野菜を何品か下ごしらえ。

今日はちまちまと小鉢を並べて野菜多めの晩ご飯が食べられそうですわ。








*朝の体重:58.20kg。(昨日とまったく一緒。(T_T))

*今月の休肝日:2日(昨日は酒を抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック