2017年01月30日

「Slaintheva」と「SAND BAR」のバー2軒が大当たりやった広島旅行

この前に突然思いついて出かけた広島旅行のまとめ的なメモをアップしておきます。

出かけたのは1月12日の木曜日のことなんですが、行こうと決めたのは前日のことでした。

最初の目的は以前に行ってものすごく気に入った割烹「むろか」へ行くことでした。

「むろか」に行ってからもう4年近くになりますが、何度ももっぺん行きたいなぁって考えてたんです。

それで思いついてすぐ昼過ぎに電話して翌日で空きがないか聞いたんですが、あいにく満席でした。

一番の目的がソコやったんで、一旦は諦めたんですが、ホテルのサイトを見てたら禁煙のシングルルームの空きがちょっとずつ減っていって最後に一室に。

むろかに行こうと思った時点で遠出モードになってたんで、思わず最後の一室を予約してしまいました。

前日は早めに寝て5時に目覚ましを掛けてたんですが、4時にトイレに起きたら目が覚めてしまいそのまま起きることに。


あんまり早く出ても、現地に早く着きすぎると思ったんでしばらく時間つぶし。





実は今回は珍しく新幹線で行こうかってアイディアも浮かんだんです。

午前中に着いて宮島口の「うえの」へチンチン電車で行ってみようかとか、帰りに広島焼食べて飲んでから帰れるしなんてね。

でも、落ち着いて考えたらドライブ不足で欲求不満やったのがきっかけやのに電車で行ったらその根本の問題が解決せんなぁと。(^_^;)

とはいえ、電車嫌いの私が自発的に?新幹線で行こうかと思ったのは自分でもちょっと意外でしたわ。




結局6時20分にマンションからゴルフで出発。



阪神高速の神戸線から続く高速だかバイパスだかを西に向かって走り続けました。

姫路バイパス?っていうんでしょうかそこにあった姫路SAに8時31分に寄りました。

サービスエリアに入ってみたら丸亀製麺があったんで大喜びで朝ごはんを食べようと向かったんですがあいにく開店は9時。

サービスエリアなんかいつでも客はおるんやから24時間は無理でももっと早朝からやってくれよなんて勝手なことを思ってしまいました。

30分も待つのはアホらしいんでトイレだけしてそのままさらに西へ。

高速?が自然に国道2号線に合流したんでそのまま2号線を岡山方面へ。

9時半過ぎに備前市内で昔ながらのドライブイン「大阪屋」を見つけたんで朝うどんをシバくことに。

10時13分にドライブを再開してそのまましばらく2号線を走りました。

ちょうど1時間ほど走ったところで玉島ICから山陽道へ。


12時51分には広島市内の宿に到着。


ここまでの走行距離338km。高速も使ってるしドライブとしては全然物足りませんでしたわ。


ホテル法華クラブ広島の外観

*ホテル法華クラブ広島の外観


広島で覚えてる宿はここと「ホテル28広島」の2つぐらいでした。

両方とも大浴場があるのがポイントなんですが、部屋にトイレの付いたシングルルームで較べると法華クラブの方が1000円ほど高かったんです。

ただ、大浴場が開くのが法華クラブの方が1時間早い4時からで、早めに風呂をシバいてから行動開始したかったんでこっちを選びました。

駐車場代が1500円で合わせて8500円でした。駐車場代はチェックインの1時間前で200円加算だったかと。








宿に車を置いたら腹ペコやったんで、ホテルのフロントで聞いた一番近い「弁兵衛」って広島焼き屋へ。

一番典型的って印象のあるイカ天肉玉880円を行っときました。

食後は繁華街をしばらくぶらつきましたが、めっちゃ寒かった印象がありますわ。


とはいえ、この翌日には大阪に戻りましたが、週末にはこの冬最強の寒波がやってきて広島の街にもかなり雪が降ってたんですよねぇ。

旅行を急に決めて天気予報をにらんでギリギリ寒波が来る前やろうと判断して出かけたんですよねぇ。

3時過ぎになったら宿に戻ってチェックイン。

4時から大浴場に行ってから部屋でビールを舐めながら相撲を見ながら休憩。

外が寒かったんで風呂上がりのまま出かけると風邪引くかと思ったんで体がさめるまでのんびり。

5時過ぎに宿を出て晩ご飯を食べるために広島の繁華街へ。

平和大通りのすぐ北にあった宿から適当に店をチェックしながら北へ。

ネットでチェックしてあった立ち飲み屋は日本酒の品揃えは良さそうやったけど、料理の方がどこにでもあるアテ系やったんでパス。

通りすがりで1軒まあまあの値段でお刺身なんかが食べられそうな居酒屋を見つけたんでビルの2階に上がったんですがまだ営業前。

途中でかなり怪しげな店を見つけたんですが、そん時は濃ゆい店に飛び込む気分でもなくパス。

最終的にはネットで見てた「そらや」っていう海鮮の食べられる立ち食い屋まで行ったんですが、潰れたか定休日なのかは分からんけどやってませんでした。


かなりヤラれてて、もう安牌ってことで以前行って良かった「二毛作」ってとこまでタクで行こうかと思いました。

でも今回は新しい店に入ろうと決めてたんでその案は却下。

途中で見つけた良さげな店がどこにあったか覚えてないんで違うルートでうろうろと。




結局入ったのは大衆居酒屋っぽかったこちらのお店でした。


広島の居酒屋「淀市」の店構え

*広島の居酒屋「淀市」

表通りからちょっとだけビルの中に入ったとこにあるお店で表にメニュー類がなく完全な飛び込みでした。

お店をやってるご夫婦とおぼしき人らは愛想が良くてええ感じでしたし、客層が地元のサラリーマン中心の常連さんばかりで旅先で地元の人の会話を楽しむにはええ店でしたわ。

ただ、品揃えの方はちょっと期待とはずれてまして。生モノを食べたかったけど、この日はきずし(〆鯖)程度。

結局菜っ葉の煮物、大根と厚揚げ・鶏ミンチかなんかの煮物、豚耳の網焼き程度でした。燗酒と焼酎のお湯割り1杯ずつでお勘定は2100円と格安。

近所にあったら気楽に日常づかい出来るええ雰囲気のお店やったんで、結果的には満足出来ました。




その後は、バーに行こうとさらに街をフラフラ。

路面店でピンとくる店が見つかれば飛び込むつもりやったんですが、見つからんかったので最終的には事前にチェックしてあったお店へ。

お店の前まで行って開店時間をチェックしたらあと15分ほどあったんで、そばの「広島三越」の地下の食品売場をうろうろして時間調整。



広島のバー「Slaintheva(スランジーバ)」の生ザクロのジャックローズ

*広島のバー「Slaintheva(スランジーバ)」の「生ザクロのジャックローズ」

このBARのことは、広島のNBA加盟店ってことで探しました。

バーテンダーの江川正和さんはNBAの中国統括本部の本部長ってお方。

きっと広島のオーセンティックなバーとしては間違いないやろうと思ってチョイスしたんです。

お店に入ってまずは食後のお約束でマルガリータ。続いてジントニックとハイボール、そして最後に頼んだのが写真のフレッシュフルーツを使ったジャックローズです。

マスターの江川さんは非常に話しやすい方で、口開けで他のお客さんが居てなかったこともありいろいろな話をさせて頂きました。

プロが氷をカットするところが見られたのも良かったですねぇ。

マスターは大の広島カープファンだそうで、去年の優勝のことは非常に嬉しそうに喋ってはりました。

屋号の”スランジーバ”とはケルト語で”乾杯”の意味やそうです。

なんか東京の方にも同じ屋号の店があって、そっちが閉店したせいでこちらのお店も閉店したのかと誤解するお客さんが多いとも言うてはりましたねぇ。

実は私も店の前まで行って営業時間を検索した時に「閉店」の文字を見つけて、けっこう焦ってたんですよねぇ。(^_^;)

今回は食事の店を探す時にツキがなかったんで、無事営業してくれてて助かりましたわ。

ええ雰囲気飲めたんでけっこう長居したんですが、最後のカクテルはお店がけっこうフレッシュの果物を置いてはったのでおすすめをお聞きして。

日本のザクロは使わないそうですが、この時期の短い期間だけ輸入される生のアメリカ産ザクロを使うとのことでした。

目の前で果汁を搾って作ってくれたんですが、元々ジャックローズはかなり好きなお酒なんでグレナディンシロップではない生のヤツを初めて飲めたのは嬉しかったですわ。

これだけ飲んでお会計は3900円やったんでめちゃくちゃ安く感じましたわ。

生のザクロでジャックローズなんか一杯2000円取られても当たり前と思ってたんですよねぇ。


<参考情報>
*BAR Slaintheva(スランジーバ)

住所:広島県広島市中区胡町3−9 レインボービル2F

電話:082−541−2255

営業:19:00〜2:00AM

定休:日曜日






最後にマスターからもう一軒バーを紹介して頂きました。

明日の朝イチから運転することを考えると4杯でちょうど仕上がった感じやったんですが、せっかくなんで行ってみることに。


方向的にはホテルへの帰り道やったし、次に回すのも紹介してもうて悪い気がしたんでね。

お店はビルの5階でしたが、ビルの前にメニューが出てるでもなく、さすがに飛び込みでは入ることのなさそうなお店でした。




広島のバー「サンドバー(SAND BAR)」のベルモットのハーフ&ハーフ

*広島のサンドバー(Sand Bar)の「ベルモットのハーフ&ハーフ」

お店はかなりモダンっちゅうか、スッキリして高級感のあるお店でした。

最初の注文はジントニック。スランジーバさんで紹介されて来ましたってお伝えしておしゃべり。

かなりクールな雰囲気のバーでしたが、マスターの横山和久さんとその奥さんは取っつきやすい感じでした。

岡山で20年くらいバー(ネットの情報によると「サムサラ」ってとこらしい)をやってて、奥さんの実家がある広島に去年の1月にバーをオープンされたそうです。

色々お話をしてたら、マスターは九州生まれやけどご両親は広島出身で親戚も多いから広島での開店は運命やったってなことも言うてはりました。

新しいお酒の流行などにも詳しくて今は「クラフト・ジン」がはやってるとか。

NBAのカクテルコンテストの様子やそこに参加する人らの舞台裏なんかも聞けて非常にええお店でしたわ。

スランジーバさんで既にそこそこ飲んでて、明日は朝から運転があるからあんまり飲めないと断った上でジントニックとベルモットの2杯だけに。

メニューにあったカクテルなんかは軒並み1000円オーバーやからもっとかかると思ったのに、結局お支払いは2500円だけでした。

こちらでもけっこう長い時間しゃべってたんで、こんな少額の支払いでちょっと申し訳なかったですわ。

お店の立地は今回の宿とホテル28広島を直線で結んだちょうど中間あたりで、すぐそばに今回振られた「むろか」があるんです。

むろかには必ず再訪するつもりなんで、その時はこちらの店にも必ず寄ろうと思っております。



大当たりなバーに2軒も行けたんで、今回の旅はこのバー巡りだけで元が取れましたねぇ。




<参考情報>
*SAND BAR

住所:広島県広島市中区中町2−8 並木ARCO5F

電話:082−241−2812

営業:17:00〜1:00AM(月〜金)16:00〜24:00(土・祝)

定休:日曜日


お店を出たのが10時過ぎだったでしょうか。小腹が空いて来ててラーメンでもってちょっと思いましたが我慢してコンビニのおでんを3つだけ買うて宿へ。

おでんでビールを一本だけやって、ホテルの大浴場にもう一度入って12時頃には寝ました。






翌日は7時前に目が覚めましたがバーで酒を控えた甲斐があって二日酔いは無し。

朝風呂をしばいたら腹が減ってきて、駅の立ち食いうどんって気分でした。

でも広島駅は宿からけっこう遠かったんで断念。

しばらく帰り道のルートを検討したりしてから、8時過ぎにチェックアウトして8時20分には走り出しました。


宿のそばの国道54号線を南に下って国道2号線に入って西へ。途中前回広島に来た時と同じようにバイパス上の「佐方SA」で朝うどん

そこからすぐの宮島口の「うえの」に着いたのが9時3分。うえのの駅弁の販売はたしか9時からなんでジャストに到着でした。

サクッとあなご飯を一つだけ買いました。以前は知り合いの分も買うて届けたんですが、今は週末限定とはいえ新大阪駅で帰るんで自分の分だけにさせてもらいました。


うえのを出たら来たのと同じ国道2号線を戻り、広島市を過ぎたら国道31号線で呉市方面へ。

国道2号線は大阪から九州まで走ってるし広島〜岡山あたりは何度も走ってあんまり新鮮味がないんですよねぇ。


それで今回は遠回りになるけど呉市を通る海側のルートにしてみました。


海沿いのコンビニで休憩

*海そばのコンビニで休憩

呉市の中心を通過したのが10時半頃で11時半前に地元のスーパーをチェック。さらに12時過ぎにももう一軒「藤三」ってスーパーもチェック。

一軒のスーパーでは適当に広島の日本酒「誠鏡」ってのを一升瓶で買いました。

そのお酒は、この記事を書くために写真を見直したら前日の晩ご飯に入った「淀市」の店の前にこも樽が置かれてたヤツでしたわ。

なんか縁があったような気になりますね。

スーパー2軒で観光を満喫したら竹原市の中心あたりで左折して国道432号線で内陸方面へ。

国道2号線も横切って、その先にあった河内ICから山陽道へ。

高速に乗ったのが1時前でした。

福山SAで昼ご飯に尾道ラーメンを食べて、そのまま山陽道で大阪方面へ。

備前あたりで雪が降り出して、この先どうなるんかとちょいと焦りましたが雪の区間はすぐ終わって助かりました。

大阪に着いたのが4時40分でした。今回の総走行距離は755kmでした。

初日は全然走り足りませんでしたが、帰りは知らん町を通ったこともあってけっこう満足出来ましたわ。







家に帰ったら猫ズの世話をして、相撲を見ながらハイボールを舐めてドライブの「だれやめ」。

ええ感じに緊張がほぐれたら腹も減ってきたのでお楽しみのモノを行くことに。


久しぶりに広島の宮島口の「うえの」のあなご飯

*久しぶりにうえののあなご飯 1944円

まずは冷たいままで一口。じっくりと穴子の身とごはんを噛みしめると何とも言えん旨味が広がりました。

お供には買うたばかりの「誠鏡」を早速開栓して味見しました。

一人のドライブや真冬でもよく窓を開けるんですが、そのせいか穴子飯全体がかなり冷えてました。

そこで一部を取ってごく軽く温めてみました。

冷えたヤツが室温よりわずかにぬくい程度になるとさらに風味がよく分かりましたねぇ。

一口ほどは温かいと思えるとこまでチンしてみましたが、やっぱりうえののは室温くらいがベストでしたねぇ。

久しぶりに食べた穴子はイメージより身に厚みがあってしっかりした弾力を感じましたねぇ。

味のタイプも分からず買うた「誠鏡」も冷やでも燗でも行けたんで良かったですわ。



大当たりやったバー2軒に裏を返したいし、なんとかむろかを予約して早めに広島を再訪したいもんですわ。








*朝の体重:58.50kg。(まだ目標オーバーやけど、グルコバ明けで少し減ったからヨシとする。)

*今月の休肝日:9日(今日酒抜いて目標クリアしとくべきかなぁ・・・。)
 
posted by えて吉 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先&遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446478937
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック