2017年01月21日

またしても青春18切符で福井の洋食屋「トミー」へ

年明け早々に青春18切符を使って福井の洋食屋さん「トミー」まで出かけた時の様子をご紹介します。

今回の企画は神戸に住んでるのに福井のトミーの常連と化してるishさんの発案でした。

出かけたのは1月6日の金曜日でまだ正月気分も抜けきってない頃。

朝の7時半に大阪駅の改札外に集合やったんで、早めに出て京橋のホームのうどん屋で朝ごはんを済ませて現場へ。

今回の参加者はishさん、LAKSAさん、こばやしさん、だいこんさんと私の5人。今回は全員が少なくとも一度はトミーに行ったことがあるっていうメンバー構成でした。

前回は電車のダイヤが大幅に乱れたおかげで、ランチタイムにはお店にたどり着けず、ディナータイムに変更なんてハプニングもありました。

今回はそんなトラブルも無くサクッと福井駅まで到着。タクシー2台に分乗してお店に着いたのは開店の直前でした。

ちょうどお店のマダムが出て来はったんですぐお店に入れて貰えました。

正月明けの福井はえらい寒いんちゃうやろうか?雪だらけで足元が悪いんちゃうか?なんてことを思ってましたが、寒さは大阪と大差ないし雪なんて欠片もなし。

マダム曰くこの時期に雪がないってのは非常に珍しいとのことでした。

お約束のようになってる個室に通して貰い、まずビールを頼んでオーダーを検討。

とはいえ、事前にishさんが参加者からの希望を聞いて、ある程度お店の方に伝えてくれてました。

そんなこんなで割とサクッとオーダーが決まりました。







最初に出て来たのがコチラのお料理。







170121kanikoroke1.jpg

*トミーの冬の名物「セイコガニのクリームコロッケ」


今回は以前に食べて感動したこのお料理を食べるのがメインの目的でした。


セコガニが取れる時期2ヶ月ほどだけの季節限定メニューですが、今回はシーズンの最終で予約してあったので確保して貰えたようです。


170121sekoganikoroke.jpg

*セイコガニクリームコロッケの中身

お箸で強引に割ったんで断面が汚いですがお許しを。

急いで写真を撮ったら一口パクリと行ったんですが、思わず唸ってしまいましたねぇ・・・。

蟹の身を剥いてあるやつたっぷりめに箸で掴んで口に頬張ったより、ずっともっと蟹の風味が濃ゆいんです。

蟹の殻でダシを取ってそれでベシャメルソースを作ってる上にこれでもかと蟹の身を入れてるからなんですけどね。

前に食べて美味かったんで今回も期待して行ったんですが、2回目って往々にして初回ほどのインパクトを感じないもの。

それやのに前回以上に旨みが濃いように感じたんで、登場された若旦那(3代目さん)?に話を振ると

「シーズン最後やから残ってたカニをこれでもかと入れてみました」

ってなセリフが返ってきました。

身だけやなくて内子やら外子、ミソやらを贅沢に使うとここまで旨味がが強くなるんやなぁと。もうこの一品だけで苦手な電車に長いこと乗った甲斐があったと納得出来ましたわ。






とはいえ、もちろんこれ一つ食べて帰る分けも無く他の料理も頂きましたよ。






つづいて食べたのがこちら。






トミーでは外せない漆黒のビーフシチュー

*漆黒のドミグラスソースを使った「ビーフシチュー」

トミーに来るようになったきっかけである深くて濃ゆいドミグラスソースは外せませんわね。

最初はビールでしたが当然のように赤ワインを頼みました。




ドミグラスソースが抜群なタンシチュー

*絶妙の柔らかさの「タンシチュー」


人数が少ないとビーフにするかタンにするか悩むとこですが、5人ならええ感じにシェア出来るんでフルサイズのヤツを両方行っときました。


前に食べて気に入った「ポークベロア」

*以前に食べて気に入った「ポークベロア」

中身はトンカツにするような豚肉にタンの入ったベシャメルソースがたっぷり乗ったようなものです。

パン粉を付けてオーブンで焼き上げてあるそうです。

トンカツも食べたんですが、このお店の豚料理は豚自体が美味しいんですよねぇ。

本来はこの料理はメニューに無くて時々ランチに出るようなんですが、今回は事前にお願いして出して頂きました。

この料理はどうもトミーのオリジナルっぽいんですが、やっぱり好みですねぇ。



カキ料理をお願いしたら「牡蛎のべーコーン巻きフライ」

*カキ料理をお願いして出て来た「牡蛎のベーコン巻きパン粉焼き」

事前になにかカキ料理を出して欲しいとお伝えしたら、これを出してくれはりました。

カキオコで豚肉を足すとさらに美味いと知ったんですが、同じような感じでベーコンのコクが牡蛎を引き立ててました。

添えられてたニョッキのジェノベーゼソースもたっぷりで良かったですわ。




お酒が進むトミーのサラダ

*お酒が進むトミーのサラダ


これは今まで頼んだこと無かったんですが、野菜だけで無くローストビーフとサーモンが入ってて酒の肴としてええ一品でした。


頼んだ料理は以上でしたが、まだ2本目の赤ワインが残ってました。




サービスで頂いたお料理

*サービスで出していただいたお料理

市松模様のヤツはチーズと棒状にカットしたハムをパイで包んだもの。

お店で売ってるお節料理に入れるものやと聞きました。

横の小鉢に入ったのはたこわさをちょっと洋風に工夫したものでした。


この後ishさんとLAKSAさんはデザートの盛り合わせを食べてはりました。


以上でお会計は27200円。ビールもワインも充分飲んできっちり仕事された洋食を食べて5人でこの値段ってのはかなりコストパフォーマンスがよく感じましたわ。




トミーを出たら途中でスーパーに寄ったりしながら歩いて福井駅に向かいました。


福井駅の周辺は昼間あまり行くとこもないし、まだ腹も大きかったのでサクッと敦賀まで移動。

だいこんさんは私らと別れてそのまま名古屋の親戚さんのトコへ。

敦賀でこばやしさんはラーメンを食べるとのことで別行動。

LAKSAさんとishさんとでしばらく周辺を歩いて、前回も行ったまるさん屋っていう居酒屋に戻ってチョイ飲み。

茹でたセコガニを頼んだら全くカニに包丁が入って無くて「どないなってんねん!!」って思いましたが、地元の人らは当たり前のように切り目を入れないまま食べるそうですわ。

それ以外にはふぐ皮、なまこポン酢、珍しかったハタハタの煮魚、ふぐの唐揚げ、かぶら寿司などを食べて3人で1万円ほどでした。



今回も大満足の日帰り電車旅行になりました。








*朝の体重:計測無し(ちょっと目標を越えたくらいかなぁ・・・。)

*今月の休肝日:6日(今日は酒を抜きます。)
 
 
posted by えて吉 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先&遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446162345
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック