2016年12月26日

休肝日の鍋に「ピェンロー」もどき

今日は休肝日ってことで朝から晩ごはんに鍋を食べると決めてました。

2〜3日前に冷凍したばかりの鍋のスープを朝から室温で解凍スタート。

鳥モモ肉と豚バラ同じように解凍しておきました。

ピエンローの作り方は紹介者?の妹尾河童氏いわく、いらんことをしたらアカンと。

ネット上でも作り方やレシピをきっちり守って出来るだけええ素材を使えなんて記事を見かけます。

正しい作り方ってのhば干し椎茸のダシで鶏と豚バラ、白菜をしっかり煮込んで最後にごま油をたらりとひと回しって感じでしょうか?

それ以外に酒やらダシになる素材を加えたり、味付けなどやるのはご法度。

味付けは自分の小鉢の中で塩と一味でやると。

で、今回「もどき」とした理由なんですが、いらんものがちょっと入ってるからなんですよねぇ・・・。


そもそものスタートはピエンローとは別のモノから。

豚の肩ロースを蒸し豚というか、ゆで豚にしたんです。

その時の煮汁?には酒と香味野菜として白ネギの青いとこ、ショウガ、ニンニクを加えて創味シャンタンと塩を加えました。

その中でしばらく豚を茹でてて保温鍋で保温調理。

その煮汁の半分ほどは醤油ラーメンのベースに流用。

それで残ったのが今回の鍋のベースです。

たっぷりの水を加えて、手羽元を煮込んでスープを取り直し。

これで中華っぽい塩味の鍋をやるつもりやったんですが、気が変わってピエンローもどきにしようかと。

そこで保温鍋で置いてるトコに干し椎茸を投入したんですが。結局予定の日はピエンローはせず。

最後は別に余ってた鶏モモ肉を加えて一晩保温。

紆余曲折を経て出来たスープなんでちょっとピエンローからずれてるかなと。

とはいえ、たっぷりの鶏や豚を使って、椎茸が入るとこは同じなんで個人的にはまあええかって感じです。

実は白菜を間違って2つ買うてしまってたんで、たっぷり使うために1/6個ほどを一気に刻みました。

根元に近い白いトコは細めに刻んであらかじめ片手鍋でしっかり煮込みました。

鍋の底に葉先の柔らかいトコをたっぷり入れてその上から煮込んである白菜を他の鶏などと一緒に注いでやりました。

食べる直前にたっぷり目にごま油を回し掛けました。

途中からは水に5分ほど浸けてもどした春雨も加えていただきました。

もどきやけど、スープには旨味たっぷりやったんでご機嫌な鍋になりましたわ。

最後にやる締めの雑炊が美味いんですが、今日は朝の体重が目標をだいぶオーバーしてるんで我慢。

残った汁は大事に置いておいて明日以降に雑炊か麺でも入れて食べるとしますわ。

〆は我慢したけどすでに体重はアウトな数字なんですよねぇ・・・。(>_<)





今日は昼頃から数少ない正月準備として散髪へ。

大掃除もせんし、おせちもないけど、頭くらいはサッパリしときたいんでね。

前回初めて日帰り温泉で散髪したらええ感じやったんで今回もまた北加賀屋へ。

1080円で散髪してもうて、720円でゆっくり温泉に浸かって来ました。

頭がサッパリしたんで後は正月三ヶ日を買い物なしで済ませるだけの食材だけ買い込めば私の正月準備は終わりですわ。









*朝の体重:58.50kg。(昨日よりさらに体重増で最悪。)

*今月の休肝日:8日(今日は酒抜きますよ。)
IMG_2803.JPG
posted by えて吉 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445269453
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック