2016年12月14日

馴染みのない「さばの水煮缶」を買うてみた

先月の7日のことやと思うんですがいつも行ってる地元のスーパーでレジの列に並んでました。

そのすぐそばに大きなカゴがあって何種類かの缶詰が山盛りになってました。

その中のさばの水煮缶になぜか目が止まって、これでなんか料理してみようと思ってカゴへ。

ツナ缶は家に常備してるんですが、鯖って魚自体がそんなに好きって訳では無いのでほとんど買うた記憶ないんです。

そのまま食べるならサバの味噌煮缶の方が手軽なんかもしれませんが、水煮の方が酒の肴にアレンジしやすいかなぁと。

最近自分が作る料理に変化がないんで、ちょっとでも目が止まったんで食べ方も決めずとりあえず買うてみたんです。





この日はとりあえずメインは鍋にして、ちょっとしたアテに使うことに。


鶏のつみれと豚の味噌鍋

*鶏のつみれと豚の味噌鍋

鍋の方は手羽元でスープを取って、そこにミツカンの「濃厚みそとんこつ」っていう濃縮スープの素を入れました。

鶏のムネ肉は包丁でスライスしてから刻んで叩いて、鶏ミンチに。

そこにえのき、白ネギ、青ネギなんぞをたっぷり加えて、風味付けのショウガ汁、片栗粉を入れて適当な下味をつけて練り練り。

しゃぶしゃぶ用の豚バラスライスもちょろっと。

鍋自体はスープの素がなかなかよう出来てて美味かったですわ。

さて、サバ缶は、右下に半分ほど移ってるアテになりました。


さばの水煮缶とキムチ貝割れのマヨネーズ和え

*鯖缶とキムチ、貝割れのマヨネーズ和え

料理名がそのまま作り方ってくらいシンプルな和え物です。(^_^;)

ツナでもまれに小鉢物を作ることはありますが、較べるとずっと濃厚ですねぇ。

キムチやマヨネーズの濃さに負けず鯖の味が自己主張してて、なかなか美味かったですわ。





翌日の8日もメインは鍋。前日のスープが余ってたんでそいつをてけとーにいじって味を変えてやりました。




余ったスープで鍋をやると、毎回ちょっと増量しては翌日に回るって言う無限ループにはまりそうになりますが・・・。



鍋の残りを改良してもう一度

*鍋の残りを改良してもう一度

名古屋で買うた八丁味噌を加えて深い味噌味にしたんだったかと。

鍋以外は、とんぶり納豆、キムチ、鯖の水煮缶とオニオン、貝割れの和え物です。

鯖は、水にさらしたオニオンスライスと貝割れとでざっくり和えてポン酢で食べました。

前日と違ってさっぱりした味でこれも良かったですわ。




まだほんの少し鯖には残ってたんですが使うのが遅くなって、最後は16日に。

缶を開封してから10日近いんでもうゴメンナサイしようかと思ったんですが、味見したら大丈夫そうやったんで食べ切ることに。

最後はエビとノンオイルのツナ缶も加えてスパゲティに。


さばの水煮缶とツナエビのスパゲティ

*さばの水煮缶とツナ、えびのスパゲティ

キューブ状で冷凍してあったトマトソースをたしか3つ使ったんじゃ無かったかと。

タマネギを炒めて冷凍のむきエビ、ツナ缶、サバ缶を加えてしばらく炒めてからトマトソースをぶち込みました。

ツナのトマトソースは何度も食べてますが、さばを入れるとぐっと旨みが強まりますねぇ。

味見をした時点でかなり旨みがあったんで思わず昼間っから白ワインを注いでしまいました。



普段使ってるツナ缶って小さいんで使い切りやすいんですが、ツナ缶はけっこう量がありますねぇ。

ただ、ツナ缶より濃ゆい味があるんで酒の肴としてはなかなか良かったですわ。

あんまり買うたことなかったんですが、次にスーパーに行った時に一缶買い直してしまいました。







*朝の体重:57.55kg。(理想値まであと一歩やけどまあええか。)

*今月の休肝日:5日(ペースに余裕出来たし、今日の飲み会は好きに飲み食いしよ。)
 
 
posted by えて吉 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444881702
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック