2016年09月29日

電車に乗って都島の大衆居酒屋「酒の大丸」へ

昨日は頑張って苦手な電車に乗って都島にある”大衆居酒屋”「酒の大丸」へ出かけて来ました。

居酒屋のタイプ別の違いってなかなか説明しにくいんですが、私の好きなんは非大手チェーンで変なコンサルが入ってるような今風では無い昔ながらのタイプって感じでしょうか。

今回のお店のことを知ったのはこばやしさんのコチラのブログの記事がきっかけでした。

記事を読むなり”これは自分好みや”と思ったんで頭の中の行きたい店リストのだいぶ上の方においてました。

3時から開いてるってのもええなぁと思いながらなかなか行くチャンスがありませんでした。

散歩に出たついでに寄るにはちょっと距離があるし、しっかり飲んだら戻ってくるのが大変やし。

電車では天王寺で地下鉄谷町線に乗り換えたら一本で行けるんですが、なんせ電車嫌いなモンで・・・。


それでもここ何日か新しい店で、割烹などの真っ当すぎる日本料理じゃ無い、居酒屋タイプの店に行きたいなぁと思ってたんです。

布施の方を通りかかった時に1軒気になる居酒屋を見つけてあるんですが、ここ何日か天気が悪い日が多くて行きにくかったんですよねぇ。

布施方面は電車じゃ面倒くさいんで天気が悪いと行く気にならんのです。

前日も外食はしたいけど、行きたいところが浮かばず家でグダグダして結局は家にある冷凍餃子を食べて休肝日にするハメに。



色んなもやもやが重なって、鬱陶しかったんで昨日は気力を振り絞って電車に乗ってでも行ったるって気になりました。


谷町線もうちから南森町くらいまでなら何度も乗ってるんですが、都島までとなるとほとんど乗った記憶がないんですよねぇ。

駅の1番出口を出て、iPadの地図アプリにプロットしておいた場所を確認してちょっと回り道しながらお店へ。

ある程度の大きさのあるマンションの1階にあって自分が予想してたより手前にあったんでいきなり現れた印象でした。




都島の「酒の大丸」

*都島の「酒の大丸」

割と大きな道に面してますし、間口もそこそこ広くて入りにくさは全くなかったですわ。

とりあえず瓶ビールを頼んで、ポテサラで飲み始めました。

このポテサラは300円なんですがゆで玉子たっぷりで分量も多くて安く感じましたね。

まぁ食べる量が多くないんで1人やともっと少なくてもええんですけどね。

隣に入ってきたかなり飲兵衛っぽいジイサマが菜っ葉(300円)を頼んだんで私も乗っかってオーダー。


こばやしさんの記事を読んで海鮮に強いって印象があったんで壁の短冊を見ながらなにを行くか検討。


「酒の大丸」@都島で食べたモノ

*酒の大丸で食べたモノ

順番としてはおかしいかもしらんけど、ビールに合わせて揚げ物が欲しくてフグの唐揚げ(450円)をオーダー。

オーダーしてからそれなりに時間掛かって登場したふぐからは、思ってたよりモノも良く量も多めでラッキーでした。

熱々を塩で食べたり、添えてあるポン酢で食べたりしましたが、値打ちがありましたわ。

その後、あんまりスーパーでは美味しいのに当たらん「きびなご(350円)」があったんでそいつを頼みました。

スーパーのは身がへたり気味なことが多いんですが、ここのは新鮮で美味かったですわ。

350円って値段やとえらく安く感じました。

お酒の方は瓶ビールを2杯ほど飲んだあたりから燗酒も平行してやってました。

いつもの昼酒ならこれくらいで終わるんですが、もうちょっと食べることにしてカレイの煮物(400円)を最後にオーダー。

これはすでに出来てるやつを電子レンジでチンして温め直してくれました。

瓶ビール一本と燗酒2合飲んで、これだけの料理でお腹はいっぱいになりました。

お勘定の方は2880円で、コストパフォーマンスとしては大満足でした。

この手の店がチャリで10〜15分くらいの圏内にあるとありがたいのになぁなんて思いながらお店を後にしました。
 *チャリで飲んだらアカンようなんであくまでも距離感の問題ってことで。(^_^;)
 
店を出たら雨が降ってたんで、周辺の探検は諦めて大人しく電車で帰りました。

電車に乗るんで私にはちょっとばかりハードルの高さがありますが、ええお店のネタを提供してくれたこばやしさんには感謝ですわ。







*朝の体重:58.00kg。(大丸でしっかり食べたからかな。)

*今月の休肝日:10日(目標クリア済み。)
 
 
posted by えて吉 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック