2016年08月23日

敦賀の「まるさん屋」と福井の洋食屋「トミー」

<一旦は昨日の小ネタの末尾に追記の形でアップしましたが、写真を足すことにしたので別記事にし直しました。>

昨日は青春18切符を使ってishさん、LAKSAさんとまたしても福井の洋食屋「トミー(公式サイト)」まで出かけてました。

予定では大阪駅から9時過ぎの電車で一気に敦賀まで行けることになってましたが、朝にどこかの駅で急病人が出た影響でダイヤは大幅に乱れてました。

乗る予定やった電車がどうなってるかも分からんのでとりあえず来た電車で前進。

神戸の方で起こった乱れが京都を過ぎて琵琶湖の向こうに行っても大きく影響するってのは電車に慣れてない私には意外でした。

ある程度進んだところで、「トミー」のランチタイムに間に合いそうにないと判明。

調べてみたら夕方からトミーに行っても大阪に戻れると分かったんで急遽予定を変更。

まずは敦賀に行って一旦下車、駅前の大通りからすぐの「 地魚料理 まるさん屋 (食べログ)」ってトコへ向かうことに。

敦賀の「まるさん屋」で昼酒


お造り盛り合わせ2000円、枝付きの黒豆の枝豆、汐うにと唐辛子ととみそ

白エビ?の唐揚げ、福井特産の厚揚げの焼き物、焼鯖寿司とさば寿司


ちょうどええ感じに腹が減った昼時にお店に着いたんですが、ishさんが見つけたこのお店が大当たり。

そこそこの値段はしますが、魚問屋が経営してるらしく自家製の珍しい珍味なんかもあって非常に良かったですわ。

造りの盛り合わせについてた小鉢のなめろうが美味かったし、枝豆は豆の風味しっかり。

自家製の「ととみそ」なる物は初体験。

汐ウニは老舗の「天たつ」なんかのとはだいぶタイプが違いましたがこれはこれでアリ。

ビールからスタートして昼間っからぬる燗でええ感じに。ビール2本、焼酎、酒5合だけ飲んでお勘定は10886円。

昼間から飲めるとこが少ないのにどの料理もハズレ無く納得のコストパフォーマンスでした。







その後福井に移動してしばらく駅前を歩いたりデパ地下をうろうろして時間つぶし。

5時の開店と同時ににトミーに入って、オードブルの盛り合わせ、ビーフシチューとタンシチューのコンビ、ポークベロアっていうお店のオリジナル料理などを頂きました。

福井の洋食屋「トミー」でディナー

*福井の洋食屋「トミー(Tomiy)」でディナー

オードブルはこれだけで一人でワイン一本空けられそうな充実度。

このお店で外せないドミグラスソースを使ったシチューは間違いない美味しさでした。

でも、今回初めて食べたポークベロアっていうのがやっぱり印象に残りました。

豚にタン入りのホワイトソース?を塗って揚げ焼きのようにしてありました。




この日はたまたまお店があまり忙しくなかったのでオーナーご夫妻や息子さんとじっくりお話も出来て楽しかったですねぇ。

帰りは3代目の息子さんが車で駅まで送ってくれはったりで非常に楽しい時間を過ごせました。

私一人生ビール一本、3人で赤ワイン1本空けてお勘定は11350円。

料理の量が軽めやったんで思ったよりずっと安くてびっくりしました。

話が盛り上がって予定のヤツより1本後の便になったんで地元の駅に着いたのは終電一本前に。

朝からフルに時間を使ったんでけっこう疲れはしましたが、非常に値打ちのある青春18キップ日帰り旅となりました。 
 

 
posted by えて吉 at 17:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅先&遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回もええ旅やったみたいですね。
ご一緒できず、残念でした。

敦賀のまるさんは昨年立ち寄った記憶があります。
地酒が何種類かあって、昼から飲んだくれました(^^;
Posted by だいこん at 2016年08月24日 07:40
えて吉さん、こんにちは。

日本海側へ日帰りで行かれるなんて、とても羨ましいデス。

「唐辛子ととみそ」とはどんなモノなのですか?
Posted by fuyong37 at 2016年08月24日 12:34
だいこんさんへ

ダイヤの乱れは食らいましたが、それで逆に昼と夜楽しめました。

まるさん、ごぞんじでしたか。あいかわらず色んな方面にお詳しい。(^^)
Posted by えて吉 at 2016年08月25日 14:58
fuyong37さんへ

関西からは日本海側ってけっこう近いですからねぇ。

ととみそっていうのは、サバがベースの”おかず味噌”?みたいものでした。

お土産に瓶詰めを買うて帰っておにぎらずに使ったら非常に美味しかったです。
Posted by えて吉 at 2016年08月25日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック