2015年12月02日

鍋と簡単なアテで家飲み?

先月の23日の昼間にやった家飲みについてご紹介します。

今回の家宴会は21日に急に決まったんですが、声を掛けてくれたのはishさんでした。

前回お会いした時にそこから仕事がかなり続いてお休みがないって聞いてました。

この三連休もその連勤の一部やと思ってたんですが、急に仕事がお休みになりはったそうで「どっかに飲みに行かんか?」との連絡が入りました。

街で昼酒でも良かったんですが、なんとなくの思いつきで「うちで鍋でもどうです?」って聞いたことで鍋をつつくことに決定。

翌日はボディーコーティングに預けてる車の受け取りがあったりであんまり手を掛けた料理は出来んと思ったんですが鍋なら簡単ですからね。

てっちりかぼたん鍋のどっちかでどうかと思いishさんに振ると「ぼたん鍋にしよう」との返事が。

猪肉は手元にあったんで、前日に車を受け取ってからスーパーに寄ってアテを見つくろいました。

実家の親が旅行中でネコの世話を頼まれてたんで、宴会当日も朝から行く予定。

そうなると時間に余裕がないから当日は買い物をせんでええように目に付いたモノをあれこれ多めに買い込みました。

前日にいくつか仕込んで、当日は朝イチで実家のネコの世話を済ませたらちょこちょこと用意。

宴会にはishさんの他に*あきこ*さんも参加してくれて1時頃からスタート。



部屋を冬支度にしてて、それを宴会に仕様に戻すのが邪魔くさくてふだん使ってるコタツで食事をすることに。

鍋をセットするとアテを置くとこがないので、まずアテだけで軽く飲んで、後半に鍋をやるっていう二本立てで行くことに。

お二人がほぼ同じ時間に着かれたんで、揃ってスタート。

では、お出しした料理の写真を貼って行きます。





151202ikauni2.jpg

*いかのうに詰め

これはだいぶ前に貰ったお土産なんですが、一人で食べるには多い気がしてなかなか開けるチャンスがなかったんです。

3人くらいの宴会ならちょうどええかと思ったんで出すことに。冷たいままカットして皿に盛っただけです。


151202ikauni1.jpg

*「うに丸いか」のパッケージ

賞味期限がギリギリだったんで、出せて良かったですわ。

パッケージほど中のウニは黄色くなかったけど、ちょっとしたアテとしては良かったですわ。


シシャモの南蛮漬け

*ししゃもの南蛮漬け

酢に浸かりすぎるのも、一晩置いて冷えすぎるのも嫌やったんで、当日の朝イチで焼いて酢に漬けました。

長いことししゃもを食べてなかったんで、個人的にちょっと嬉しかったです。

小鉢モノあれこれ

*小鉢モノあれこれ

・チャンジャ

・うずらのもろみ漬け

・小松菜の煮物

・スモークサーモンとオニオンスライスのマヨネーズ和え

ちゃんじゃは私の好物なんですが自分用に買うのは贅沢で気が引けるので、宴会ならええやろうと購入。

うずらは水煮を使いましたが、漬かり過ぎるかもと思ったんで前日の寝る前に漬け込み、起きてすぐ味見。

もう漬かってたんで朝イチでもろみから出して水洗いして置いておいたんですが、ちょっと塩気がキツ過ぎました。

小松菜はスーパーで特売やったんでなんとなくカゴに入れてしまいました。

こんな地味なもんを宴会に出すのは変かもしれませんが、とりあえず野菜モノとして動員。

お客さんの時は出来たらちゃんとダシを引きたかったんですが、あんまり余裕がないし、ダシを使うのがこれくらいだったんで白だしで手抜き。

スモークサーモンは切り落としが格安で並んでたので勢いでカゴへ。

しんぷるにマヨネーズで和えました。


ホルモンとゴボウの和風トマト煮

*ホルモンとゴボウの和風トマト煮

下茹でして一掴みずつ冷凍してあったホルモンを2つ使って、白だしにトマトソースのキューブを加えてコトコトと。

メインのぼたん鍋に入れるごぼうは新鮮なヤツを買いたかったんで、手元に残っててちょっとしわが寄ったゴボウも加えました。

これは前日に仕込んで当日は温め直しして出しました。

越前ざぶとん揚げ

*越前ざぶとん揚げ

こちらによると福井では揚げと言えばこの厚揚げを指すようです。

この前に福井へ洋食を食べに行った時にスーパーでこんな分厚い揚げが並んでるのを見かけたんです。

その時は一人には多すぎると思って買えなかったんですが、それをこっちのスーパーで見つけたので宴会の献立に入れてみました。

パッケージに書いてあったように、フライパンに少しの油をひいて両面をこんがりと焼いて大根おろし、醤油を掛けてます。

大阪の厚揚げみたいに中は完全な豆腐状態ではなく、薄揚げの内側の白いトコがみっちり詰まってる感じでした。

ちょっと多くて二切れ余ったのは、メインのぼたん鍋にぶち込んでやりました。



あじのきずし

*あじの”きずし”

当日は買い物をしないつもりだったんで、今回はお造りのたぐいは諦めようかと思ってたんです。

でも、前日に寄ったスーパーでかなり型のええ真あじが500円で並んでたんで「きずし(締めアジ?)」に。

塩も酢に漬けるのもごく短時間にして生のお造りっぽさの残る仕上げにしました。

前日に漬けるとこまでやって、酢から上げて一晩寝かしましたが酢が回りすぎることもなくほぼ好み通りに上がってました。


アテの方は以上ですが、鍋以外にちょこっと摘まむモンを用意するだけのつもりがけっこうなボリュームになりました。

ちなみにメインのぼたん鍋の方は撮り忘れたので写真は無しです。

使ったイノシシは以前にネタにしたヤツなんで、よければコチラをご覧下さい。

ぼたん鍋のつゆはリンク先と同様に、名古屋の味噌煮込みうどん用の味噌をベースに普通の味噌や味醂を加えて適当に用意しました。

3人でシシ肉300gじゃ寂しいかと思ったんで、私に珍しくちょっとジョートーな黒豚も300gほど用意。

〆には生の讃岐うどんを湯がいて加えてもええと思ってたんですが、前半のあてが多かったのでそこまでは行かず。

この日の宴会は5時過ぎにはお二人が引き上げられてお開きに。

うちでやる飲み会としてはわりとコンパクトな部類でしたわ。









*朝の体重:57.95kg。(夜は控えたけど目標ギリギリ。)

*11月の休肝日:10日(最終日に酒を抜いてなんとかクリア)
 
 

 
posted by えて吉 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅で宴会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック