2015年07月17日

ピンクのカオマンガイ屋「ガイトーン」が難波にオープン

6月25日にミナミのなんばウォークにオープンしたカオマンガイ屋さん「ガイトーン」に行ってきたのでサクッとご紹介します。

タイでは「ピンクのカオマンガイ屋」として有名やそうですが、私はタイに行ったことがないので真偽のほどは不明です。

屋号は「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム 」ってのが正式名なんですかねぇ・・・。

行ったのは6月30日なんですが、このお店のことはオープン当日に行かれたぴょんこさんって方のブログで知りました。
 *リンク先の記事にトラックバックさせて貰いました。

オープンから3日間はピンクなモノを身につけてると普段800円の鶏飯が300円になるってことやったんですが、混んでたら嫌やしピンクモンなんて持ってないのでオープンセールはパス。

お店のことをツイッターの方で呟いたらishさんからお誘いいただき、私にしちゃ珍しくオープン直後の30日に行くことに。

1時にミナミの高島屋で待ち合わせしてさっそく虹のまちへ。

私はJR難波まで電車で行ってたので、事前に場所をチェックしてありました。




ピンクのカオマンガイ「ガイトーン」の看板

*ピンクのカオマンガイ「ガイトーン」の看板


150717msegamae.jpg

*ピンクのカオマンガイの店構え

ドピンクな店構えにオッサンとしては若干怯んでしまいますなぁ・・・。




「ガイトーン」の店内

*ガイトーンの店内

イスが東南アジアでよく見る風呂屋のイスっぽいですが、これはプラスチック製ではなく金属で出来てました。


ピンクのカオマンガイ「ガイトーン」のメニュー

*ピンクのカオマンガイ「ガイトーン」のメニュー

蒸し鶏が乗ったヤツか揚げ鶏が乗ったやつ、あとはそれのハーフ&ハーフにスープとパクチーサラダだけと至って割り切ったメニューですな。




座ればセットされる調味料、パクチー、スープ

*席に座ればセットされる調味料、パクチー、スープ

ビールはカオマンガイを注文したら1本目が200円になるってのは嬉しいですねぇ。

当然のようにビールをオーダー。

スープは鶏の旨みたっぷりでなかなか良かったですわ。

パクチーもお代わり出来るってのが嬉しいじゃないですか。



カオマンガイのハーフ&ハーフ

*カオマンガイのハーフ&ハーフ 900円

初めてなんで欲張って両方を味わうことにしました。

揚げ鶏のガイトートの方はちょっと日本のと雰囲気が違ってましたが普通でしたね。

やっぱりチキンライスと言えば蒸し鶏(茹で鶏)が値打ちですねぇ。

ジャスミンライスの風味が良くて、そいつが薄味の鶏スープで炊いてあるんでご機嫌ですねぇ。

茶色の醤油系のタレは辛いですよって言われたんですが、私にはさっぱり足らんかったのでお店の人に唐辛子をプラスしてもらいました。

スイートチリは揚げ鶏向けのようですが、ピリ辛のたれと混ぜながらご飯に掛けていただきました。

香菜はちぃとしおれ気味でしたが、遠慮無くお代わりさせていただきました。

野郎の食事としてはご飯が少なめやったんで普通の人なら大盛りがええかもしれませんな。

久しぶりに食べたチキンライスにけっこうご機嫌な気分になりましたわ。


ishさんと会って飯モノ1品で終わる訳も無く、この後まだまだハシゴは続きます。


foodish:"雑"食記:えて吉さんとハシゴ(1)〜ガイトーンでカオマンガイ(大阪・難波)



<参考情報>
*ガイトーン 大阪難波

住所:大阪市中央区難波2 なんばウォーク一番街 北通り8

電話:06−4708−5131

営業:10:00〜22:00(鶏がなくなれば営業終了)

定休:不明
 






*朝の体重:正確な数字不明。確実に57kg未満

*今月の休肝日:6日(昨日は3時頃まで飲んで飲み過ぎました。)






posted by えて吉 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック