2013年06月02日

生野銀座商店街の立ち食い寿司「たっちゃん寿司」

京橋で昼酒のあと地元に戻って立ち食い寿司へ。

一皿100円からで使いやすいな。



iPhoneから送信
image.jpeg



<後日 追記>
携帯からほとんど何の説明もなくアップしただけだったので補足しておきます。

この日は2回目やったんですが、初めて行ったのは5月29日のことでした。

たまたま思いついて大池にある酒屋のやってる居酒屋へ行ったんですが、コストパフォーマンス的にもメニュー的にもそんなにパッとせず軽めに退散。

軽めといえ2700円もかかったんですけどね。

で、家に帰る途中でスーパーに寄ろうと思ったんで今里筋から生野商店街の方へ遠回り。

生野商店街っていうのは正式な名称ではないんですが、寺田町のある源ヶ橋とは反対の端っこから商店街に入ったわけです。

いくつかの商店会に分かれてるんですが、この生野東あたりの商店街は生野銀座商店街っていいます。

入り口から入ってすぐ脇には八坂神社があって、ガキの頃はこの近所に住んでた馴染みのエリアです。

昔はかなり盛んな商店街やったんですが、今じゃご多分に漏れずかなり寂れてるのが悲しいところ。

そんな商店街に最近出来たっぽい店があって立ち食いで寿司を出してたんで、まだ腹が膨らみ切ってなかったこともあって入ってみました。

話を聞くと店を開けたのが昨年の11月下旬やそうです。

寿司を握る若い大将は福岡出身で、赤ん坊をあやしながら支払いとか注文をメモったりしてる奥さんは地元生野の出身だと。

大将は鶴橋の「すし幸」なんかで修行したそうで、独立にあたっては家賃が手頃でこの場所を選んだそうですわ。

昔と較べたさびれっぷりを知ってるモンには、えらい勇気のあるチョイスやなぁと思ってしまいました。

開店からはずっと持ち帰り寿司のみでやってたらしいんですが、1ヶ月ほど前から立ち飲み、立ち食いも始めたと。

前の店でビールを飲んでたんで日本酒が良かったんですが、置いてはれへんかったので生でスタート。

生ビールのジョッキはそんなに大きくはないですが、1杯300円はありがたいですねぇ。

大手の回転寿司やと中瓶で500円ぐらいとりよるから、酒代がけっこうしますからねぇ。



たしか最初はハマチを握って貰ったと思います。

これは大将としゃべったりしてたんで、写真は撮らず。

ハマチはレギュラーメニューで一皿2貫で100円でした。


別の日の「たっちゃん寿司」のおすすめメニュー

*たっちゃん寿司のおすすめメニュー

レギュラーのメニュー以外にこうやっておすすめもありました。



鯛の湯引きにぎり

*鯛の湯引き 160円

せっかくなんでおすすめから一品頼んでみました。

ハマチもそうでしたが、この鯛も100円均一の回り寿司よりはええネタに感じました。

いくらの軍艦巻き

*いくらの軍艦巻き 160円

うなきゅう巻き

*うなきゅう巻き 160円



初回はこの4皿と生中2杯で切り上げました。

お勘定は1180円やったんで、ちょいと摘まんで軽く飲むには非常に手頃でコストパフォーマンスもけっこうよく感じましたねぇ。

大将は人当たりがやさしく、腰が低いええ感じの人でしたねぇ。

日本酒がないか聞いたら、今後置くようにしますって言うてくれたんで、かなり期待してしまいました。



1回目に行って、近所にええ店が出来たって思ってたんですが予想外に早い再訪となりました。

それが携帯からこの記事をアップした6月2日のことです。

京橋でグルコバ仲間のだいこんさんが知り合いのバーを借りて、一日飲み屋をやりはったんでそれに参加。

12時の開店早々に*あきこ*さんと一緒に行って、その後こばやしさんも合流。

こばやしさんが帰られてからお店を出て、近所の公園で*あきこ*さんとのんびりと缶ビールやらチューハイを飲んでお開きに。

京橋を出たのは5時過ぎだったでしょうか。チャリでのんびりと今里筋を下って地元に帰ってきました。

だらだらと飲み続けてたけど、モノは食べてなかったんで地元に帰り着いた頃には小腹が減ってました。

そこで予定してなかったけど、もう一度このお店を覗いてみることに。

6時前にお店に入ると(お店の前に立つと)、先客は女性の二人組でした。


その方らはすぐに帰りはったんで、ぼつぼつ飲むことに。

まずは生ビールでスタート。




生野銀座商店街「たっちゃん寿司」のメニュー

*たっちゃん寿司のお品書き

これがレギュラーメニューになります。



たっちゃん寿司「ひらめ握り」160円

*ひらめにぎり 160円

大将はちゃんと顔を覚えてくれてて、「日本酒置きましたよー」って言うてくれました。

素早く対応してくれると嬉しいですねぇ。


はまちの握り

*はまちのにぎり 100円

この日はちょうど夕食時やったせいか、持ち帰りのお客さんが続けざまに何組か来はりました。

持ち帰りのお客さんにとって、立ち飲みのおっさんってどうなんですかねぇ・・・。

一人だけやったから店の前に立ちにくいとか、注文しにくいとかはなかったと思うんですが。

私にとっては立ち食いをさせてもらえたら、回り寿司代わりに使えてヒジョーにありがたいですわ。

でも、それで店の雰囲気が悪くなって持ち帰り客が減るとねぇ・・・。

立ち飲みをやったのはもちろんお店をやってるご夫婦の経営判断なんですが、持ち帰りと両方でプラスの方に伸びて欲しいなぁと思いましたわ。

一人やったこともあって出来るだけ端に寄って、気持ちだけ?小さくなって飲んでました。(^^;)


下足の炙り

*下足のあぶり 100円

メニューには生下足ってなってましたが、大将に尋ねたら炙りも出来るってことやったんでお願いしました。

にぎり用の小さな下足なんでちょっと縮みましたが、炙った方が好みなんでありがたかったですわ。

海鮮サラダ軍艦巻き

*海鮮サラダ軍艦巻き 100円

ビールを注文した後はせっかく置いてくれたんでお酒を貰って、平行してやってました。

ビール会社のコップより大ぶりのトコに入れてくれたんで、もしかしたら1合以上入ってたんじゃないでしょうかねぇ・・・。

お店のお二人としゃべってたら、奥さんは生ものが好きやけど、寿司屋やのに大将は生ものが苦手やって言うてはったのが面白かったですねぇ。

まぁ、無くなられた吉田バーのマスターも下戸やったから、そういうのもアリなんでしょうねぇ。


珍しく食べてみた「中トロにぎり」

*珍しく食べた「中トロ」 300円

これはこの日のおすすめメニューでした。

全体に値段の割にネタがええように思ったんで、試しに普段はあんまり食べない中トロを行ってみました。

いい感じに脂が乗ってわたし好みでしたわ。

だいぶ飲んでたんで不確かですが生中2杯にお酒も2杯、寿司が以上の5皿でお勘定は2250円。
 *もしかしたら、寿司はもうちょっと食べてたかも・・・。

燗は出来ないみたいですが、日本酒を置いてくれてきっちり飲んだ気分になれてこの値段はありがたいですわ。

立ち飲みは11時頃からやってるらしいんで、ちょっと昼飲みにこれから使うことが増えそうなお店です。

ネタ的には納豆巻きか納豆軍艦やサラダ巻きかカニかまサラダ、鯵なんかを増やしてくれると言うことないですねぇ。

お若いご夫婦には、頑張って長いことお店を続けて行って欲しいものです。






<参考情報>
*たっちゃん寿司

 電話:06−6731−3800
 営業:午前11時頃〜
  *閉店時間は9時頃って言うてはったような気がします。(自信なし)

住所は不明ですが、生野銀座商店街のサイトの地図では生野八坂神社の左「万亭コロッケ」の隣あたりだと思います。

店頭の様子は、商店街のブログのコチラの記事にありました。



posted by えて吉 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック