2013年01月06日

第32回讃岐うどん巡り その3

去年の讃岐うどん巡りネタのその3をアップさせていただきます。

順に読んでやろうって方は、リンク先からどうぞ。 その1その2

亀水(たるみ)町の南原を出て少し走ると「五色台」はここを曲がれっていう標識を発見。

巨大しっぽくうどんにヤラレたWakkyさんのためにちょっとでも時間つぶしをした方がええやろうと寄っていくことに。

冬場は訪れる人もほとんどないのか、日曜日やのに売店は閉まってましたが瀬戸内海が見渡せて結構良かったですわ。



五色台からの風景

*五色台からの景色

遠くには瀬戸大橋も見えてました。


五色台に寄り道してからさらに海沿いを走って、その後は浜街道へ。

浜街道もあんまり走ることが少ないんですが、けっこう路面が荒れてて、そのせいでWakkyさんはこのルートが嫌いだとか。


次の店がこの浜街道沿いだったので、ずっと道なりに走って丸亀市内へ。

向かった店が入ってる建物は浜街道沿いにあるんですが、東から向かうとちょっとばかり対面を逆走するように思えたのですぐ手前の交差点を右折。

右折してすぐにある「うちわの港ミュージアム(参考HP)」の駐車場へ。

入館料も駐車場も無料なんで、ちょいの間クルマを置かせていただきました。


丸亀の「喰うかい」の店構え

*丸亀市の「喰うかい」の店構え

うちわミュージアムの駐車場から見た側に入り口があります。

丸亀魚市場のビルの1階に入って港の方に向いてるんで道路には背中を向けたカッコウになるんですねぇ。

漁港の人をメインにやってるうどん屋さんなのか、かなり濃ゆいお店でした。

営業時間は朝の5時からですが昼の1時半には閉まってしまいます。

お店に一歩入るとかなりの暑さと湿気の多さでメガネが一気に曇りました。

後でえらく暑いと思ってたら、温度の調整に店の人がドアを全開にしてはりました。(暖房の温度調整はないんか?)

なんとなく雑然とした店内では、テレビを見ながら天ぷらで酒を飲んでるいかついおっちゃんがおったり、私は気づかんかったんですが、奥では座敷で寝てるおっさんもおったとか。



丸亀の「喰うかい」のメニュー

*丸亀の「喰うかい」のメニュー

基本のうどんは「かけ」でも「ざる」でも「ぶっかけ」でもみーんな均一料金という男らしさ。

しかも値段は小で160円という安さ。




ちなみにこのお店は天ぷらがウリなんですが、そっちは日替わり?なのか別メニューでした。




「喰うかい」の天ぷらメニュー

*「喰うかい」の天ぷらメニュー

上のテレビではお舟が元気に走って?ましたが、飲んでたおっちゃんらはかなり真剣に贔屓のお舟を見つめてるようでした。

お馬さん好きは世間一般に多くて、若い女子でも観戦を楽しんだりするって聞きますが、お舟の競争はかなりマニアックですよねぇ・・・。

西成の飲み屋ではおなじみの雰囲気なんですが、香川のうどん屋ではちょっと珍しかったですわ。(^^;)



ふぐの天ぷらとかけうどん

*かけうどん(160円)とふぐの天ぷら(160円)

最初は小エビのかき揚げ(100円)を頼んだんですが、残念ながら売り切れやったんです。

フグの天ぷらは切り身で来るかと思ったんですが、丸っぽ1匹でけっこうな大きさがありました。

myblackmamaさんも同じようにかけうどんといわし天を頼んだんですが、なぜか天ぷらは最後までやってこずでした。

Wakkyさんご夫妻はかけうどんと冷やぶっかけうどんを頼んではりました。

うどんの方はかなり短めでねじれまくり。

慣れてないモンがうどんを打って、初めて包丁で刻んでみましたって感じ。

男の料理って雰囲気でなかなか楽しかったですわ。出汁の感じとやや平べったい麺を食べてるとなぜかどん兵衛を思い出してしまいました。



しばらく前にこの店のことをたまたま知って、狙ってましたが予想もしてない濃ゆさがあってオモロかったですわ。


*Wakkyの毎日:聖地巡礼4 【喰うかい】

*a spoonful of blues:えて吉さん、Wakkyさんご夫妻と行く!第十二回讃岐うどん巡り〜四軒目〜








お店を出たのが12時57分。




うどん屋巡りでは美味しい時間帯なんですが、次の予定の店は一般店で営業時間には十分余裕がありました。


しっぽくうどんの後遺症から回復してない方もいてましたし、丸亀の海側におったんでちょっと移動していつものスーパーへ。

ここで私はいつものように山ほど日の出製麺所の生讃岐うどんをゲット。

スーパーを出たのが1時35分でさらにドライブがてら走って、これまたお約束の道の駅「空の夢もみの木パーク」へ。

ここではみなが野菜を色々買うてました。

道の駅を2時半頃出発して、次のお店がある観音寺市へ。


3時5分に観音寺駅に着いたんですが、ここでは私以外の皆さんが駅のキオスクへ。

Wakkyさんによると、ここに地域限定のキットカットがあるとかでそれを買いに行ったんです。





駅から10分ほど走ってお店には3時16分に到着しました。






観音寺の「かじま」の店構え

*観音寺市の「かじまや」の店構え


このお店は今回のうどん巡りのコースを作る前に最初にWakkyさんから希望として上がったお店です。

私はこのお店のことはまったく知らず、当然未訪やったんでコースのラストに加えました。

テントが比較的新しいんですが、店内はめっちゃ年季が入ってました。



「かじま」のメニュー

*かじまやのメニュー

Wakkyさんから釜揚げうどんがええとは聞いてたんですが、メニューでもかけうどんの右にあるからよっぽど自信があるんでしょうねぇ。

5軒目のこのお店でラストにすることにしてたから、珍しく大にしようかと迷いました。




麺の量が多かった「かじまや」の釜揚げうどん

*麺の量が多かった「かじまや」の釜揚げうどん 300円

これで小なんですが、かなり麺が多かったですわ。大を頼んでたらヤラれたでしょうねぇ。

つけ出汁は甘みがけっこう強めで、麺はかなりのコシでしたねぇ。

釜揚げでこれやと冷やは固すぎるように感じるかも思いましたわ。


事前情報でウズラ玉子が使い放題やと聞いてましたが、食べ始めるときは使わず、最後のほうになって1個だけ入れてみました。

かなり味がマイルドになるんで、そういうのが好みの人には嬉しいサービスでしょうね。

myblackmamaさん、Wakkyさん、私の3人は釜揚げうどんを注文したんですが、Wakkyさんの奥さんはかけうどんを頼んではりました。

写真を撮らせてもうたんで、写真を貼っておきましょう。


「かじま」のかけうどん

*かじまやのかけうどん 300円

かけうどんでも小さなきつねとかまぼこ、ちくわまで乗ってるのが嬉しいですねぇ。

こちらは釜揚げうどんより麺の量が少なく見えるんですが、これは丼の形が違うからですかねぇ・・・。


*Wakkyの毎日:聖地巡礼5 【かじまや】

*a spoonful of blues:えて吉さん、Wakkyさんご夫妻と行く!第十二回讃岐うどん巡り〜五軒目〜


かじまを出たのが3時45分。

5時15分頃淡路南PAで休憩し、神戸の箕谷でWakkyさんご夫妻とお別れしました。

7時前にはmyblackmamaさんを中国道の西宮名塩SAまでお送りして、私は大阪方面へ。

7時半頃、今回のうどん巡りに参加出来なかった*あきこ*さんに頼まれたうどんをお渡しして8時ジャストに車庫に到着しました。



うどん巡りも30回を越えて、有名どころで初見のトコだけを選んでコースを組むのは難しいと感じてました。

今回はどこも初訪問やった上に個性の強い店も多く、まだまだ香川のうどん界を甘く見てはいかんなぁと感じましたわ。


今年はどんなうどん屋さんとの出会いがあるのか楽しみです。


> myblackmamaさん、Wakkyさんへ

 今回もお誘いいただきありがとうございました。今年もよろしくお願いします。



*朝の体重:57.65kg。(けっこう節制したつもりやのにあんまり減らず。)

*今月の休肝日:1日(月10日ペースに戻すには、今日休肝日にしとくべきやけどなぁ・・・)
 
 
posted by えて吉 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック