2011年08月22日

じょそーちゅー

飲み会の場所には待ち合わせ時間の1時間ちょい前に到着。

コンビニで買うたサッポロの上等そうな缶ビールで助走つけてます。

けっして「女装中」ではありませんよ〜。(^_^;)

13140045140350.jpg





<翌日 追記>

昨日はいつもグルコバでお世話になってる「B級的・大阪グルメ!ブログ」のこばやしさんのご案内で怪しいお店に行って来ました。

東大阪の近鉄俊徳道駅に7時に集合でした。

うちから電車で行くとけっこう邪魔くさいんですが、ありがたいことに天気が保ったんでチャリで現地まで。

1時間ほど前には駅前に着いたんで、行く店を探しがてら近所をチャリでウロウロ。

行き先は「次郎吉」という店なんですが、場所を確認して行ってなかったら、結局見つからず。

腹も減ってたんで1人で先に軽く入れようかと思ってたんですが、立飲みみたいなサクッと飲み食い出来そうなトコは見つからず。

結局コンビニで買うたビール1缶だけの助走にとどまりました。




7時前に俊徳道駅の改札前でスタンバイしてると、グルコバの常連のだいこんさん、続いてこばやしさんが到着。

myblackmamaさんは電車の乗り継ぎの関係で少し遅れそうなんで、お店に直接入るとのことでした。


お店の場所は私が事前にうろうろしてた辺りのもう少し先でした。

どう考えても飲食店はないやろうと思って引っ返したあたりにポツンと。

白い提灯は出てるんですが、店の前に暖簾掛けはあるのに、暖簾は出ていず知らんかったら一見ではとてもじゃないけど中に入れんような店構え。

取っつきにくさでは西成のディープな店以上でしたわ。



お店に入るとカウンターだけの店内はすでにほぼ一杯。

お客さんらが詰めてくれたらジャスト4人分だけイスが空きました。



席についても勝手が分からんのでとりあえずは様子見。

こばやしさんが瓶ビールを注文してくれたんで、それでまずは乾杯。

一応店は串カツ屋やと聞いてたんですが、店内には木の板に海鮮系のあてが何種類か書いてあるだけ。

そこにも値段はなく、何があるのかさっぱり分からず。

座った席の前にどて焼きがあったんで、しばらくして残ってた3本を注文。

1本ずつ食べ終わる頃にはmyblackmamaさんが到着して改めて乾杯。




4人揃ってもしばらくは様子見状態やったんですが、店を1人で切り盛りする大将のキャラがとにかく濃厚。

まだ7時過ぎでしたが、だいぶ酒が入ってるようやし、ちょっとしたスキに生ビールをコップに注いでギュッとイッキ飲み。

瓶ビールを開けたと思ったら、常連さんの生のジョッキに勝手に継ぎ足して、自分もまたコップでキュイっと。

料理のあいまに駄洒落だの訳の分からんアホな話がボンボン飛んでくるから、一見の客でも油断は出来ず。

後半は大将のノリに合わせてこっちからもツッコミを入れつつ楽しみましたが、あかん人は30秒で店を出たくなるような濃ゆさでしたねぇ。



飲食業としては、むちゃくちゃな対応やったんですが、出てくる料理は旨かったですねぇ。

サバ好きのmyblackmamaさんが頼んだサバは関サバやそうですが、きずしやなくて刺身で食べたんですが非常に旨かったです。

刺身に使うワサビは注文ごとに生ワサビを鮫皮のおろしでおろしたおろしたてでした。

ホンマもんのワサビやけど、料理の皿に添えるんやなくて、醤油の入った小皿にいきなり放り込まれて登場するのも大胆。

頼んでないのに、勝手に皿に配られた串カツも良かったですわ。

驚きは串カツ用に串を打ってある肉が、生肉のメニューとしてそのまま皿に盛られてしょうが醤油で食べるところ。

いわしのフライもモノがかなり良かったようで全くクサミなし。

常連?のおばはんが、無理矢理そのいわしを明日のおかずにするからって持ち帰りで包ませてたんも不思議な光景でした。

常連の家族連れに大将が無理矢理こしらえ始めたお吸いもんもビックリ。

液体の白だしようなもんを鍋にぶち込んで、鱧のあらを放りこんでだしを出したら、そこにいわしと鱧の身ぃをたっぷり投入。

亀の子たわしでゴシゴシやった松茸を生のまま椀に放りこんで上からだしを掛けて出来上がり。

その松茸も1人分がすんごい量でしたわ。



常連さんにその汁物を作ってる大将は私らに対して「あんたらは、見てるぅだーけー」ってな言葉で煽りを入れてくるんです。

ほんで、汁が出来てからお椀を並べだしても、最初は常連さんの分プラス3つ。

「あんたらは二人で1杯だけや」ってなことを言われて、それを見てるとどっかからもう一個お椀が登場。

結局は私らもきっちり食べられたんですが、それまでのやり取りがほんまに濃かったですわ。

で、イワシなんか入れて大丈夫かと思ったんですが、その汁もんもかなりの出来でしたねぇ。


最初のビールの後、他の酒に行こうと思ったんですが、こっちの注文がバラバラやと大将、出す気なしって感じ。

瓶ビールは比較的通りやすそうやったんで、予定より大量にビールを行ってしまいました。

ビールも最初はキリンやったんですが、途中から大将が取り出しにくいからって、アサヒにチェンジ。


後半になってどうしても旨いモンに酒が欲しくなって、冷やでええから日本酒くれって強引に頼みましたけどね。



どんだけ飲んで食べたか分かりませんが、お会計は1人5000円だったかと。

大将、お会計を頼んだら一応食べた串の数を数えたりしてましたが、間違いなく丼勘定やったかと。



文章では店の濃ゆさがさっぱり伝えられませねぇ・・・。

大将の相手するのにエネルギーが行ったし、なんかしっちゃかめっちゃかな店でしたがほんまオモロかったですわ。

ええ店に連れて行っていただき、こばやしさんには大感謝です。



 *大阪B級グルメ:てっちゃんの独演会「次郎吉」@俊徳道





<参考情報>
*串カツ「次郎吉」

住所:大阪府東大阪市永和2−24−2

電話:06−6723−0309

営業:17:00〜

定休:日祝


<後日 追記>

こばやしさんのブログに当日の記事がアップされましたので、リンクを追加しておきます。


*B級的・大阪グルメ!ブログ:グルコバ仲間で次郎吉@俊徳道オフ
 
 

<後日 追記>

一緒に行ったmyblackmamaさんのブログに記事が上がりましたので、リンクを追加しておきます。

*a spoonful of blues:次郎吉
 
 

posted by えて吉 at 18:31| Comment(4) | TrackBack(1) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
下手すると皆さんに怒られるかと思ったのですが、受けが良くてほっとしました(笑)。

次回は、カキの串目当てで秋以降にまた開催しましょうかねえ。
Posted by こばやし at 2011年08月23日 22:01
こばやしさんへ

昨日は、ありがとうございます。

確かに好き嫌いのハッキリ分かれそうなお店でしたが、私には非常に楽しかったです。

> 次回は、カキの串目当てで秋以降にまた開催しましょうかねえ。

 ほー、牡蛎も良さそうですねぇ。

 季節ごとに色んな隠し球のありそうなお店ですねぇ。(^^)
Posted by えて吉 at 2011年08月23日 22:13
ごっつい思い切りのよいお店ですね。カキ串もうまそう。。。
もし人数に余裕があったら、次回はご一緒させてください〜。
Posted by *あきこ* at 2011年08月25日 20:23
*あきこ*さんへ

> ごっつい思い切りのよいお店ですね。

思い切りがいいというか、なんというか・・・。

大将のワンマンショー状態でした。(^^;)

> もし人数に余裕があったら、次回はご一緒させてください〜。

私もまた行ってみたいんで、次は*あきこ*さんも一緒に行きましょう。

でも、どんな店でも怒らないで下さいねー。
Posted by えて吉 at 2011年08月25日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

グルコバ仲間で次郎吉@俊徳道オフ
Excerpt: グルコバで私以上に卓越した料理技量を披露してくれているmyblackmamaさん...
Weblog: B級的・大阪グルメ!ブログ
Tracked: 2011-08-24 10:20