2011年06月12日

第23回讃岐うどん巡り その1 わがまま炸裂の店選び

9日の木曜日に行ってきた香川での讃岐うどん巡りについてご紹介します。

今回のうどん巡りは4月中に検討を始めたんですが、GW明けにソロ用テントが届くことになってたこともあって、1人で行ってもええかと思ってました。

ここ何年か他の人が行きたいって言うてくれるのを待っては、その方々を案内するっていうパターンばかりでした。

誰かと行くのはもちろん楽しいんですが、そんな時のうどん巡りのコース作りは自分以外の人に喜んでもらうのが優先になります。

そうなるとどうしても自分の新規開拓がおろそかになるんです。


で、テントに泊まって1泊2日で10軒ちょい回ろうかなんて考えてました。




ちょうどその頃にmyblackmamaさんからうどんに行きたいっていうご要望が届いたんですが、それならばと今回は私の趣味で組むうどん巡りのコースにおつきあい頂くことに。



当初はGWの翌週ぐらいで調整を始めたんですが、参加を予定されてたお代官さまのご都合が悪くなったりで結局一度目の延期。



続いて5/19が候補になり、その日程で行けるメンツで行くことにしたんで、最終的にはmyblackmamaさんご夫妻と私の3人で行こうかという話に。


ところが直前にmyblackmamaさんの奥さんの体調が崩れてしまい、再延期に。

最初の予定から約1ヶ月伸びての開催となりました。



日程を延ばしたおかげで、直前になってグルコバの常連で前回初めて讃岐うどん巡りをされた*あきこ*さんが参加出来ることになりました。







私は時間に遅れるのがヒジョーに苦手なんで、myblackmamaさんご夫妻(西宮名塩)やishさん(神戸の兵庫駅前)との待ち合わせにはかなり早めに家を出るんです。

早めに出過ぎて、集合場所で1時間くらいのんびりしてるなんてのはザラ。

でも、大阪にお住まいの*あきこ*さんにそんなムチャな時間の待ち合わせは申し訳ないので、今回はmyblackmamaさんご夫妻との待ち合わせはアバウトに行かせて貰うことに。

中国道の西宮名塩サービスエリアでの待ち合わせを「7時頃を目途」ってことにして、安全運転で走って着いた時刻が待ち合わせ時刻にさせて貰いました。




当日の朝、私は4時半に起きてのんびり用意をしてたら、時間が押してしまってちょっと焦りながら5時23分に家を出発。


これぐらい早朝だと流石に平日の大阪市内もガラガラで待ち合わせ場所には10分で到着。

その後、*あきこ*さんが合流して、6時4分に市内を出発。

法円坂から阪神高速に乗って、池田線〜中国道に入って西宮名塩SAに着いたのが6時37分やったんで、まったく問題なかったですわ。

myblackmamaさんご夫妻がおいでになって、7時5分に出発。


7時38分に淡路島SAに寄って10分ちょい休憩。




順調に走って、高松道の高松中央ICで地道に降りたのは9時過ぎだったかと。



高速から南に下って、すぐ右折して国道11号線へ。11号線の「三条」の交差点を左折して県道280号線(塩江街道)へ。

こっからは道なりにだらだらと南へ。


1軒目はこの県道沿いのお店なんでなんの緊張もなく安心して向かえました。








今回の口開けには「にしばた製麺」をチョイスしました。












にしばた製麺の暖簾

*「にしばた製麺」の入り口 9:22AM 到着




香川のうどん屋の中で気になるけどまだ行けてない店をリストにしてあるんですが、そのリストにこの店を加えたのは割りと最近の気がします。

ただ、どういうポイントで加えたのかは忘れてしまっております。

とりあえず1軒目は腹ぺこやろうからサクッと着けるところがええやろうと思ってここにしました。

その他にもこの後で訪ねる店との関係でルートに無駄が出ないようにここからスタートしたとか、順番には色んな理由があるんですけどね。





「にしばた製麺」のお品書き

*にしばた製麺のお品書き


かけ、ぶっっかけ、湯だめ、冷やし、おろし生醤油とおろしぶっかけまではごくシンプルなメニューですね。

なぜかワカメぶっかけだけが基本からのアレンジモノとしてお品書きに上がってますねぇ。
 *カレーうどんを一般店の基本メニューっと見なしてですが・・・。





お店に入ってカウンターに並ぶと、お店の人から


 「ちょっと待ってもらえば、(新しいうどんが)すぐ茹で上がるけど」


ってな嬉しい言葉が掛かりました。




茹でたてがいただけるとなれば、喜んで待たせて貰いますわね。

朝イチのお店でちょうど釜から上がるトコに入店出来るとは、さい先ヨシですねぇ。




大将が「麺を温めてかけだしで食べるんやったら、釜上げで出せるよー」ってなことも言うてくれてました。

私はかけうどんにするつもりでしたが、締めたヤツで食べたかったんで遠慮して冷たい麺を頂きました。


この店の大将は中西で修行されたそうなんで、前回中西にご案内した*あきこ*さんにはちょっとした繋がりがありでしたね。



茹で上がりの締めたてのうどんを「ひやあつ」で

*にしばた製麺の締めたてうどんを「ひやあつ」で


かけうどんは1玉200円ですが、締めたてのうどんにあついだしを掛けていわゆる「ひやあつ」でいただきました。

myblackmamaさんご夫妻は冷やぶっかけ(210円)を2つ、*あきこ*さんは釜上げうどん(210円)を頼んではりました。

myblackmamaさんご夫妻はごぼうの天ぷら(90円)をひとつ取りはったんですが、それは4枚のゴボウが筏みたいに揚げてあって、みんなで一切れずつ食べようと分けてくれはりました。

ちゃんと煮物にした上で天ぷらにしてあり、なかなか旨かったですわ。

1人で全部はよう食わんだけに、味見させて貰えて嬉しかったですわ。


にしばた製麺のうどんは表面がツルツルで、エッジがたってるんだはなく丸っこい麺でした。

外は柔らかいけど中はしっかりしたコシで優しいお母ちゃんのような麺やってのが*あきこ*さんの感想でしたねぇ。


 *a spoonful of blues:第7回 香川でうどんを食べる(1)〜一軒目〜


<参考情報>

*にしばた製麺

 住所:香川県高松市香川町浅野258−1
 
 電話:087−888−7770
 
 営業:9:00AM〜16:00
 
 定休:月曜日










いつものことですが、1杯目を食べると腹が目覚めるのか逆に腹減ってきたように感じてしまいました。







2軒目に向かう予定のお店は私の「行きたい店」リストにもう何年も前から入ってました。

四国新聞のサイトでお店の情報を見て、だいたいの位置を地図で確かめたりってのを何度もやってました。

高松市内とはいえ、あまりにも辺鄙なトコにあって「針の穴場」系でも道に迷うことで有名なお店。

近所まで行っても同じトコを行ったり来たりしても見つからんかったなんてのを色んなトコで読んでたんです。

おまけに店に入っていく道がムチャクチャ狭いなんて聞いてたんで、ヒトサマと行くにはキツイかとずっと「おあずけ」状態でした。


実は今回も2軒目は当初「竜雲うどん」にしようかと思ってたんです。

ここもごく最近行きたい店リストに加えたばかりやったんです。

うどん巡りのコースを組み終わって全体を眺めるとどうも「怪しさ」が足らんなぁと。


どうせわがままを言うなら1軒くらい迷子になって行ったり来たり、場合寄ったら断念するような店も欲しいと思い最後の最後で差し替えたんです。



アルファードにナビは付いてても、ナビを頼らずに行けるように準備しておくのが運転手の勤めなんで、お店までの詳しい行き方のヒントを捜しました。



検索を掛けてあっちゃこっちゃ覗いてると「喰蔵ブログ♪」ってところで詳しい走り方を発見。


コチラの記事を読んで以下のようなルート組みました。


にしばた製麺からは、来た道を戻って最初の信号(「舟岡」)を右折して県道164号線へ。

県道164号線から道なりに県道12号に入って東へ。

県道43号線との交差点を左折して、北へ。サンメッセ香川のある「技研前」の交差点で左折。

「県立図書館前」で左折するとコンビニのミニストップがあって、それを越えて点滅信号を右折。

しばらく進むと拝師神社があって、それを過ぎてすぐを左に入ると。



県道164号ってのは走ってみるとかなり細い道で、対向車と離合できないような村中の道でしたわ。

その途中に雰囲気のある「手打ちうどん 野口」っていううどん屋さんを見かけて、一瞬予備知識なしに飛び込みそうになりました。


予定では幹線道の県道43号線まで出て大回りするつもりでしたが、ナビをセットしてたら最短ルートで行こうとしてるみたいやったんでそれに従ってやりました。

今地図を見直すと県道12号線の「三谷町」って交差点で曲がれっていいよったんでしょう・・・。

事前にチェックしてたルートでミニストップのある道へ北側からではなく、南側から進入したようです。

こういう目印の少ないルートは人力ではなかなか選びにくいんですよねぇ・・・。



最後の信号を曲がって、拝師神社を目印に、最警戒モードになって探索しようとしてるとアッサリと目的のお店「穴吹製麺所」を発見。

ミニ宅地開発で手前が更地なって店が丸見えやった上に、進入路が拡幅されてごく当たり前の道幅やったんで気合いが肩すかしにあいました。





建物がなく進入路が拡幅されてた

*お店の側から入ってきた道を眺めた風景

軽自動車の左側を通って来た訳ですが、香川の怪しいうどん屋巡りでこれぐらいの幅があったら楽勝ですわね。





長年気になってた「穴吹製麺所」の店構え

*長年気になってた「穴吹製麺所」の店構え 9:55AM

この青いテントと「うどん」の文字が表通り(というには細いけど)から見えたんで楽勝でした。


何年も行こうか迷ってた店だけに意外なほど簡単にたどり着けてしまい、ほんま拍子抜けでした。

宅地開発やってる更地に業者さんに断って車を止めさせて貰おうかと思ったんですが、店の向こう側に駐車場がありました。






穴吹製麺所の入り口

*穴吹製麺所の入り口


入り口は駐車場の側にありました。



穴吹製麺所のメニュー

*穴吹製麺所のメニュー

6人ぐらい座れば一杯になりそうなテーブルが真ん中に一つ置いてあり、その上に電磁調理器で保温されたかけ出汁、ネギやショウガといった薬味に、天ぷらなんかが並んでました。






穴吹製麺のうどんも「ひやあつ」で

*穴吹製麺所でも「ひやあつ」で 130円

冷たいままのうどんに出汁を掛けた「ひやあつ」でいただきました。

myblackmamaさん、*あきこ*さん、私はこのひやあつで。

myblackmamaさんの奥さんは熱くして貰った麺にテーブルの上にあった醤油を掛けた醤油うどん。

お店は9時からの営業なんで、それに合わせて最初のうどんは茹で置かれてたんでしょうか。

うどん自体はだいぶコシが弱くなってました。

上の方でリンクを張った四国新聞のページによると、11時半頃がオススメって書いてありましたねぇ。

その時間なら、昼ご飯のお客さん向けの茹でたてが食べられるんかもしれませんね。


出汁はかなり色が濃くてぶっかけ出汁みたいで、香川の出汁は色が薄いっていうイメージのある私にはちょっと意外でした。

*あきこ*さん曰く、ちょっと香りにクセがあるとのことでしたねぇ。



麺の状態はやや残念でしたが、個人的にはずっと狙ってた店にやっと行けて大満足でした。



**a spoonful of blues:第7回 香川でうどんを食べる(2) 〜二軒目〜







<参考情報>

*穴吹製麺所

 住所:香川県高松市上林町752
 
 電話:087−889−3078
 
 営業:9:00AM〜17:30(麺切れ終了)
 
 定休:不定休







うどん巡りはまだまだ始まったばかりで、まだ腹は一段落さえしてませんが、ちょっと長くなったんで一旦このあたりで切っておきます。










*朝イチの体重:57.2kg(今日も楽勝)

*禁酒日数:13日/13日 (11.5.30 禁酒スタート)
 
 
posted by えて吉 at 16:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
穴吹行ったんですね!10年位前に行って妹が麺が好きだと言ってたのを思い出しました

景色もスゴク変わっちゃって、ハテ?どの辺だったかな??(家から車で10分少々なんですが・・・)

穴吹の近くの馬渕が好きでよく行きます

最近気になっているお店はお醤油屋さんがやっている肉うどん280円のお店なのですが、ついつい近場で済ませてしまって・・・

今回は何件どんなところに行かれたのかとても楽しみです

(気になっておりましたが、お身体ご自愛下さいませ)
Posted by くのっち at 2011年06月12日 23:05
くのっちさんへ

何年も狙ってた穴吹にやっと行けました。

古い写真と較べるとかなり進入路が普通になってしまってました。

この記事の後にアップしましたが次には馬淵に行きました。

> 最近気になっているお店はお醤油屋さんがやっている肉うどん280円のお店なのですが、

肉うどんでそのお値段は安いですねぇ。

お醤油屋さんのやってるうどん屋ですか・・・。

どこかで読んだような、読んでないような・・・。

うどん巡りの記事はまだ途中ですがぼつぼつアップしていきますのでまたのぞいてやってくださいね。
Posted by えて吉 at 2011年06月13日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック