2020年02月22日

ちょっと新しい料理に挑戦「ラム肉のブルーチーズトマトソースがけ」

昨日はエンド商事で調味料なんかを買い込んだ後、マックスバリュへ猫砂を買いに行きました。

そのついでに食材もちょこちょこ買うたんですが、マックスバリュにはラム肉のステーキ用くらいサイズや骨つきが並ぶんですがしばらく前からその値段が割と安く感じてました。

特に、前回行った時は以前よりだいぶ安く感じたんですよねぇ。(単価は忘れましたが。)

今回も肉売り場に行くとあんまりラム肉が並んでなくて、前回ほど安くはないように感じました。

ほんまにそんな感じ方が変わるほど値段が変動してるかは自信ないんですけどね。(^_^;)

うちの近所ではラム肉はスライスのヤツしか手に入らんので、結局もも肉ステーキ用(ランプ)ってヤツをかごへ。

グラム258円で重さが213gで549円でした。

一回の晩めしのおかずにはちょっと贅沢やけど外食したと思うたらとか、たまにここの店に来た時だけやからと言い訳。

羊肉の食べ方って、クミンとカイエンヌペッパー、ニンニクを揉み込んで塩振って焼くってパータンが多いんですが、今回はそっちを封印。

なんとか新しい食べ方をしようと考えました。

そこで、正月の贅沢用に買うたブルーチーズ「クリミーダナブルー」ってのがあったんでそれをソースに使こたれと。

ゴルゴンゾーラのソースって聞きますが、なんに合わせるんがええかも分からんままやってみることに。

冷凍のトマトソースをキューブ2つ分解凍しておき、一番小さな鍋であるソースパンへ。

そこにテケトーに刻んだブルーチーズを加えて溶かしてやりました。

ラム肉は塩コショウとチューブのニンニクだけ揉み込んで、スキレットで表面を焼きました。

その上からブルーチーズトマトソースを掛けて、魚焼きグリルへ。

少し加熱してから茹でてあったブロッコリーも加えて数分加熱。

ラム肉への火の通り加減はええ感じで、分厚いトコは中が赤いけど生っぽさはなかったですわ。

ソースは私の味音痴な舌にとってはラムとも問題なく美味かったですわ。

スキレットで調理すると、コンロでは取っ手が手前になるからそこを正面に思って盛り付けるんですよねぇ。

でも、テーブルに出す時はこんな風に取っ手を左とか、奥に向けて置くんで意図した見た目と変わってしまうんですよねぇ・・・。

まぁどっちから見ても盛り付けがブサイクなんは変わらんのですが、本人的にはちょっと予定外って気になりました。

昨日はラムの1皿以外に冷凍のくし形ポテト少々と茹でたアスパラを食べました。

赤ワインとハイボールでやりましたが、珍しく新しい料理に挑戦したってだけでご機嫌な夕飯になりました。


iPadから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 15:53| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする