2019年12月31日

充実の年末を過ごしています

昨日は昼から外で飲み会があって、そのままうちに移動してニャンズを肴にしながら家飲みやったんで更新はサボらせ頂きました。

昨日は出かける前に洗面所の鏡と居間のベランダに面した窓だけをガラスクリーナーでちゃちゃっと掃除。

大掃除のたぐいは全くやらんのでコレが唯一ですかねぇ。

今日は朝にシャワーを浴びる時に風呂場の床をゴシゴシやって軽く掃除。

その後、気分的にかなりめんどくさかったけど自分の布団のカバー類を全部替えました。

寝間に掃除機を掛けてから、しばらく放ったらかしになってた洗濯物を畳んでなおしました。

その後近所のスーパーを回って軽く買い出しを済ませたら正月を迎える準備完了ってことにしときました。





年越しそばに「にしんそば」

*年越しそばに「にしんそば」

夜に食べようと思ったまま食べるタイミングを逃して新年になって「年越え」そばを食べることが多いんですが今年はさっさと昼間に食べることに。

去年もそうやって早めにそばを食べましたけどね

そばは実家のオカンが生協でにしんと麺、スープのセットになったヤツを頼んで私にお裾分けしてくれました。

ただ、麺は茹でた袋麺でそば粉の割合がそばと呼べるんか怪しいタイプでした。

なんかそれを大晦日に食べるのがイマイチで2〜3日前に麺だけ片付けたんですよねぇ。

昼間に行ったスーパーで一応そばをチェックしたんですが、小麦粉の方が多いうどんみたいなヤツでもかなり高いし、二八そばなんてかなりのぼったくり具合。

それで買うのは諦めて家に前からあった乾麺の二八蕎麦を食べることに。

そばのダシと具のニシンはおかんのくれたヤツをありがたく使わせて貰いました。

ニシンを囓ると酒が欲しくなったんで、コップに軽く一杯だけ日本酒を冷やで飲ったりました。





昨日の飲み会は喫茶店をやってるツレ夫婦とその店の常連かつ友達の人に誘って貰って梅田へ。

大阪駅のすぐ北側にあるルクア大阪ってビルの地下にあるフレンチおでんの「赤白(コウハク)」ってとこへ。

ここの別の店舗には何年か前にishさんと行ったことがあってええ印象を持ってたんですよねぇ。

3時に待ち合わせしてて、2時過ぎに行くとランチタイムは外れてるのに25人ほど並んでました。

並ぶのは大嫌いやけど今回はしゃあないと諦めて並ぶことに。

その後、ツレ夫婦が合流してくれたんでしゃべってたらさほど並ぶのも苦になりませんでしたわ。

小一時間ほど並んで4人でテーブル席に着いたんですが、30日やというのに年末価格にはせず、ワインの平日20%割引きが適応でありがたかったですわ。

4人居るんで色んな料理をシェアして食べられるのが嬉しかったですねぇ。

一度行ってええ印象はあったんですが、改めて行ってみると行列するほど人気が出るのも納得でしたねぇ。

ほとんどの皿が非常にリーズナブルで、おもしろいソースを使ってたりで食べてて非常に楽しかったですわ。

730円の子羊の焼き物なんかはスーパーで生のラム肉買うてもこの値段でないでってくらい立派でしたしねぇ。

4人でワインを3本空けて、料理を色々食べてお勘定は18000円ほどでしたが、コストパフォーマンスで納得でしたわ。

その後、阪急のデパ地下で創作っぽい和風のお総菜を4品、4000円分ほど買うてうちの家へ移動。

今回の3人は以前まだぽん太を隔離してる頃に見に来てくれたんですが、成長度合いを見て貰いながら飲むことにしたんです。

家で泡を抜いたり、ウイスキーやらジンや飲んで11時頃まで楽しませて貰いましたわ。







今年の年末は東京での飲み食いに続いて、てっちり、そしてツレ夫婦との飲み会と続き非常に充実してましたねぇ。

来年もぼちぼちマイペースにブログを書いていこうと思いますのでよろしくお願いします。

ではどうぞみなさまよいお年をお迎え下さい。



posted by えて吉 at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

ものすごーく久しぶりに食べた「ケンタッキーフライドチキン」

今日のお昼にちょっとばかり魔が差して最後がいつやかった思いだせんほど久しぶりにケンタッキーフライドチキンを食べたので記念?にアップしておきます。

私は鶏好きですし、子供の頃はかなりケンタッキーの鶏が好きやったんですが、大人になって一度食べた時に昔みたいに脂ギッシュじゃなくなってるの残念でそこから食べなくなりました。

まぁ最近じゃ昔みたいに油ギッシュじゃなくても油っこく感じるんであんまり食べたいとは思わなくなってたんですけどね。

最後に食べたのは軽く10年以上前のことやと思いますねぇ。

そんなケンタッキーの鶏を食べることになったのには伏線がありまして。

しばらく前に東京のインターFMってラジオ局の日曜日の番組でケンタッキーの鶏をネタにしてたんです。

番組の間中色んなケンタッキー絡みのネタをリスナーの投稿なんか取り上げて流してたんです。

それを聞くと妙に食べたくなってしまいました。

ただ、そこからしばらくはクリスマスと言えばケンタッキーってな雰囲気が漂ってる気がして店に近づく気にはならず。

やっとクリスマスも終わって、ここ何日かいっぺんくらい食べようかなぁと思い始めてました。

今日も朝から頭の片隅にあったのかなかったのか・・・。

うちのマンションの下にあるスーパーに行くと隅っこでケンタッキーの出張販売があったんです。

朝からなんにも食べてなくていきなり揚げ物なんかしつこいし、昨日の家飲みの酒がちょっぴり残ってたのに、売ってるのを見たら思わず近づいてって買うてしまいました。

売り子の女の子に聞くと、好きな部位を選んでもええってことでした。

それで部位を指定して2個お買い上げ。

10年以上買うて無くて値段の感覚がさっぱりなかったんですが、二切れで490円ってのはけっこうなお値段ですなぁ。




思い出せんくらい久しぶりにケンタッキーフライドチキン

*思いだせんくらい久しぶりに食べたケンタッキーフライドチキン

選んだ部位は肋骨のあたりです。

細かい骨についた細かい肉をこそげるように食べるのが好きやったんですよねぇ。

食べやすい手羽元なんかは昔からあんまり興味なかったんです。

久しぶりに食べると懐かしいなぁと思いましたが、やっぱり子供の頃と較べて油々してなかったですねぇ。

それに味付けも昔の印象よりはあっさりというか薄味になったように感じましたねぇ。

まぁこの辺りは勝手に頭の中でイメージが膨らんで実際とずれてる可能性が大ですけどね。

2個買うたですが、迷ったけど食べるのは1個だけにしときました。

いらんって言われるかなぁと思いながら、実家に連絡したら欲しいって言うんで残りは実家へお裾分け。

出張販売やったから子供の頃好きで”トリのエサ”って呼んでたコールスローサラダがなかったのが残念でした。






昨日は家にishさんが来てくれて2時過ぎから家宴会をしてました。

朝イチで生野の活魚屋「大昌」まで行ってフグを仕入れてきたんで家でてっちりをやることに。

買い出しの後、家に戻ったらヒメとぽん太の病院に2往復したんで非常にバタバタしましたねぇ。

それで更新も休ませてもうたんですが、料理をやってる時間的余裕も無くシンプルにてっちりメインで行くことに。

店に並んでたフグはややサイズが小さめで原形1107gのヤツが3836円でした。

ちょっと2人で食べるのに小さいかと思ったんで、それにアラだけで1500円のヤツを追加。

てっさは買わずに正身から私が厚切り覚悟で諦めて引くことに。

あとは、アテにふぐ皮の湯引き1027円とシマアジの半身1195円を。

ふぐ皮は2人で2/3ほど食べて、シマアジは腹側の半身を実家にお裾分け。

てっちりの方は、あんまり野菜食べんかったんちゃうかって印象ですが、たらふくふぐのアラを食べて堪能しました。

格安のフグ屋に行くとだいたい1人5000円くらいのコースを頼みますが、家でやるとたらふく食べても安くついてええもんですわ。

今シーズンの初てっちりでしたが、しっかり楽しませて貰いました。







*朝の体重:57.90kg。(宴会したけどなんとか目標クリア)

*今月の休肝日:11日。(今日はもう飲んでもうたんよねぇ・・・・)



posted by えて吉 at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

三田の寿司屋「おかめ鮨」でランチ

昨日は東京に出て飲み仲間と晩めし。

最初の予定では6時半からちょいと上物の和食屋でスタートってことになってました。

当日になって相手の仕事が上手く片付き4時過ぎから飲めることに。

和食屋は予約してたんで、まずは田町駅前の立ち飲み屋「やまと屋」で軽く飲み食い。

2人で2千円も行かんかったかと。

続いて安居酒屋フランチャイズチェーン?の「ドラム缶」で150円と200円のアテでビールを2本。

ここも2人でも1300円くらいだったかと。

そこからのんびり歩いて麻布十番の和食屋「りゅうの介」へ。

ここが本命でしたが、行く前から釘を刺されてたんで様子見てオーダー。

真冬になぜかナスにカニの“冷たい”あんかけ1680円が並んでて、おかしいと思いつつ知り合いがそれをオーダー。

ぶりのニンニク芽味噌和え1100とビール、銘柄の説明もない酒2杯で6300円でしたっけねぇ。

美味そうな魚は時価ってのは他のモンの値付けから頼む気にもならずあっさり撤収。

モノは良さげやけど自分にはなんぼ予算があっても弾ける気にはなりませんでしたねぇ。

お店の客あしらいが私にはイマイチやったんですが東京みたいな都会じゃ当たり前なんですかねぇ。



そこから途中電車の事故で改札の入場規制を食らいながら蒲田に移動。

ええ感じのモツ焼き屋「もつ焼き次郎」で気分良く飲み食いして、中華料理の金春で餃子と一品料理のセットを2人分。

両方リーズナブルやったし、特にもつ焼き屋は店の人の感じがようて気分が良かったですわ。

お値段忘れましたが両方とも納得のリーズナブルなお会計でしたわ。

結局宿にに帰ったんは1時ごろでしたかねぇ。






今日は朝めし抜きで知り合いとその会社そばでランチ。

品川駅から散歩がてら歩いたら予約の11時半ギリギリの到着でした。

周りはオフィス街やけど仕事納めのせいかランチは予約で満席。

隣の3人組はカウンターでモエシャンドン抜いてましたが自由なサラリーマンさんもおるんですなぁ。
*まぁこっちの知り合いも私と一緒に平気で飲んでましたけどね。

忙しそうにしてはったからランチの盛り合わせ以外無理かと遠慮しようと思ってたんです。

そしたらこの店に30年くらい前から通ってる知り合いのおかげでアテとしてお造りの盛り合わせをねじ込んでもらえました。(^_^;)

ビールでスタートしてすぐ燗酒も追加。

確かお寿司は梅で2900円だったかな。

どのモノも良く、忙しくても人当たりのええ大将やお店の人のおかげでゆったりとした昼酒が出来ました。

ビール2本と酒2合で16000円ちょいというえらく贅沢なお昼になりました。

夜はもうちょっとかかるみたいやけど、どうせならもっとじっくり単品でお寿司をオーダーしたいんでいつか再訪したいですなぁ。


この後大阪から東京に単身赴任してる学生時代からのツレと一緒に飲みながら帰る予定でした。

ところがかわいそうなことに、ツレは最終でトラブル発生。

4時の予定が早くても6時半になると。

待っても良かったけど、逆にツレにプレッシャーになると思ったんで残念やけどキャンセル。

大人しく一人で大阪に戻ることにしたんですが、1時台で指定席は一杯。

止むを得ず、最初に出る新幹線に乗って車掌さんに言うてグリーン車の席を押さえました。

その追加料金が5400円もして本気でびっくりでした。

なんか昼過ぎから一泊しただけとは思えんくらい濃ゆい旅になりましたわ。

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 15:56| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

電車でお出かけー

当分ないと思ってたんですが、ちょいと東京に飲みに出かけることになりました。

今日は向こうの飲み食い仲間と飲んで、明日は学生時代からのツレと落ち合って一緒に大阪へ帰りつつ飲む予定です。




新幹線での飲みのアテはタイ料理の盛り合わせ864円。

夜にガッツリ美味いもん食うんで昼は控え目にしときました。

今日の料理は多少辛さがありましたが、毎回一味持ってくりゃ良かったなぁって思うんですよねぇ。

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 14:35| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月25日

タイ米で作ってみた「パエリア」は大成功

パエリアってかなり昔から作ってて水の分量とか計ったこと無いけど、一応失敗したことないんですよねぇ。

こう書くと自信があるかのように見えるかもしれませんが実は何回作っても出来上がってみるまで不安なんですよねぇ。

柔らかすぎるならともかく、芯が残ったら最悪やと思うくせに計量せんから安心感がないんです。

最近パスタでやるパエリアのフィデウアをよう作るようになったんですが、そっちは全く不安がないんですけどねぇ。

今回のパエリアを作ったのは10月22日になります。

結果はタイトルにあるままなんですが、今回はふとした思いつきで手元にあったタイ米(ジャスミンライス)を使ってみることに。

長粒種を使うのが本場の作り方ではええのか分かりませんが、まぁ試しってことで。

ちょっと前のことになるんで、詳細は忘れましたが、大きい方のスキレットで仕上げることにしてまずはフライパンで調理。

何を入れたかあんまり覚えてないんですが、鶏肉がメインの具材で、後は舞茸かえのきかのキノコとニンニクの芽なんかを入れた気がします。

ニンニクをまずじっくり炒めて、タマネギのみじん切りを加えてから順に他の食材を投入して行ったんだったかと。

白ワインをちょろちょろっと注いでからアルコールを飛ばして、冷凍してあったトマトソースを加えて水をてけとーにプラス。

そいつを大きい方のスキレットに移して、タイ米を加えてしばらく加熱。

ある程度に煮込んだらそのままオーブントースターに入れてもうしばらく加熱して、出来上がる少し前に生のシシトウを斜め切りにしたヤツを散らしました。


タイ米(ジャスミンライス)で作った「パエリア」は大成功

*タイ米(ジャスミンライス)で作った「パエリア」は大成功

食べてみると日本食の炊き具合にしたら芯が残るというほどではないけど、かなり固めでしたが全く嫌な感じで無かったです。

パエリアの炊きあがり具合としてはかなりええ具合でしたわ。

味付けの隠し味にこの時もニョクマム(魚醤)少し加えましたが、スープの旨味をコメがよう吸うててめちゃくちゃ美味かったんですよね。

スキレットでやったのも良かったかもしれませんが、近年作ったパエリアの中でも大当たりの部類ですわ。

しかし、この日は休肝日やから酒が飲めず。この手の美味いモンが出来て酒抜きってのはかなりキツかったですねぇ。

他の食い物なら飲み日にリベンジするかもですが、レシピや分量どころか、使った食材も定かではないんで、全く再現性がないのが残念ですわ。






今日は昼前から年末に向かって色々と家の中の片付けをやってました。

大掃除として構えて頑張る気はないんですが、ある程度はすっきりさせたいなぁと。

まずはぽん太を他の猫と合わせてから居間に置いてたオリを片付けることに。

配送されてきた時の箱を置いてあったんで、ちょっと苦労しましたがなんとかそこに戻しました。

最初は納戸になおせたらと思ったんですが、全く入る余地無く、結局予備の冷蔵庫の壁側にスペースを取って縦に直しました。

邪魔やからぽん太を迎える初期費用やったと思って捨てようかとも考えたんですが、これで当分保管出来るようになりました。

大モノを片付けたあと、ホコリだらけの酒瓶をきれいにしたり、コタツをどけて下の敷物に掃除機をかけたり。

冷蔵庫を置いてる部屋にまだ残ってたぽん太に用意したペットシートやウェットティッシュを片付けたり。

コタツを掃除するついでにコタツ周りにゴチャゴチャおいてあったもんも片付けたり捨てたりしてスッキリと。

2時間半くらいみっちり働いてやっと一段落。

その後昼飯のあとも少し片付けをやって、明日出かける用意をしたり、マンション関係の書類をポストまで取りに行って事務所に出したり。

気がついたら夕方になってましたねぇ。

けっこう疲れましたが、おかげでだいぶ居間がすっきりしたんでやった甲斐はありましたね。




*朝の体重:58.00kg。(昨日はロクに食うて無いから全く納得行かんぞ。)

*今月の休肝日:10日(明日から2日は飲みまくりなので今日も酒抜くぞ〜。)

posted by えて吉 at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

天王寺へ買い出しに

今日は朝イチでマンションの管理会社から連絡があって午前中に簡単な打ち合わせをすることに。

日曜日の理事会の議事録を昨日受け取ったんですが、日中忙しくて晩飯のあとでチェックするはめに。

仕事では無いけど、仕事っぽい気分になるんで晩飯までに済ませたかったのに1時間半くらいかかって終わったのは10時ごろでしたわ。

内容的にいくつか直接話し合った方がええ点があったんですが、向こうの担当とこっちの都合があうのが今日の午前中だけと分かったんです。

起きてから居間でダラけてたんですが、サクッとシャワーだけして事務所へ。

しばらく打ち合わせしたら家に戻って、もう腹が減ってたけど洗濯物を干すことに。

その途中でまた管理会社に言わんとあかんことを思い出して、連絡のあと、書類を受け取りに行ってハンコついたり簡単な指示をしたり。

戻って洗濯物を干し終えたら昼近くになってました。

いくつか天王寺で済ませたい用事があったんで腹は減ったけどそのまま出かけることに。

天王寺に着いたらまずは腹ごしらえと、正宗屋に行ったら定休日。

世間が年末(クリスマス)モード?で曜日を考えてなかったんですよねぇ。

そばの明治屋はまだ営業時間になってなくて、同じキューズモールの4階にある大起水産の回り寿司に行くことに。

行ってみたら4組待ちでしたが、他に選択肢も浮かばんので大人しく待つことに。

しばらく待ってやっとカウンターに着いたんですが、今回はあんまり食べたいものがなかったんですよねぇ。

大起水産は前の家の近所にあってちょくちょく行ってたんですがその時はもっと食べたいと思うもんがあったんですけどねぇ。

まぁいくつかはモノとしては食べたいけど皿の値段が高すぎたってのが正確なとこですけどね。

まずハマチ100円を頼んで、その後レーンに流れてたえんがわ軍艦200円を取って、ネギマグロ巻き200円をオーダー。

なかなか食べたいものが浮かばんで、喉が渇いてたからビールを飲むペースがやや早めに。

そしたら3皿を食べ終わる頃にはビールが空きそうに。

食べたいネタが浮かばんかったんで、結局そのまま撤収。

たった3皿と中瓶一本530円でお会計は1133円でした。

出費は最小限で済んだけど、ここまで流れもあって、なんかすんごく負けた気分でしたわ。

そこから新年に新しい肌着を着ようとパンツとシャツを買うて、上に着るシャツを探すもロクなもんは見つからず。

服屋が苦手なんでそれだけでけっこう疲れましたわ。

東急ハンズやら成城石井でちょこちょこ食い物や台所関係のもんを買うて、イトーヨーカードーをチェックするも探してるもんは見つからず。

だいぶウロついたらもう3時ごろに。

腹は減ってたけど、晩めしのことを考えたらどこに入るか決まらず。

明治屋のそばまで行ってもなんか違うなぁとパス。

立ち食いうどんの松屋の前で立ち止まっても、この時間にうどん食うのもなぁとスルー。

JR側に渡って、駅の北側の王将や吉野家のそばまで行くも気が乗らず。

結局、その辺を無駄に歩いただけでどこにも入らず撤収。

尿酸値が高いんやから飲む量が少ない方がええんですが、なんか連戦連敗した気分でしたわ。







*朝の体重:57.85kg。

*今月の休肝日:10日(昨日抜いて目標はとりあえずクリア。)


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 21:24| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

昼ご飯にラム肉入りドライカレー

今日の昼ご飯に食べたドライカレーをサクッとご紹介します。

今回のドライカレーはいわゆるキーマカレーみたいなヤツやなくて、昔ながらのサ店なんかのメニューにありそうなカレーピラフとかカレーチャーハンみたいな焼き飯系のヤツです。




今日はここんとこ尿酸値を下げるために飲んでる薬が切れかけで、午前中に近所の医者へ出かけました。

今までの薬はツレの整形外科医の病院で出してももうてたんですが、メインの腰痛やら足の痛みはほぼ治りました。

リハビリを受ける訳でもなく、薬だけもらいに行くのに大阪の生野まで行くのはえらいなぁと。

それで近所の医者で同じ薬を出して貰おうかと。

こっちの言うた通りなんでも薬を出してくれる内科に行こうかと思ったんですが、この時期風邪やインフルエンザの患者が多くて待合室で移されるのが恐いなぁと。

尿酸値とか痛風なら別の泌尿器科の方が専門やろうけど、そっちは逆に独自の?治療方針があってもしかして同じ薬を出してくれんかもと迷ったんですよねえ。

それでも今度の治療のことを考えて泌尿器科の方へ出かけました。

尿酸値が8を越えた時の血液検査の結果と、今年2月頃の越えてない時の検査家結果、今飲んでる薬なんかを持って行きました。

あんまり混んで無くてわりとサクッと診察を受けられました。

今日は朝ごはんを食べてたんで血液検査は次回ってことで、同じ薬を1ヶ月分出してくれたんで助かりました。



その後、年越しに向けて散髪を済ませておくことに。

少し前にあんまり通らない道を通った時に格安の散髪を見つけたんで行ってみることに。

今まで行ってたんも安物系やったんですが、そこより100円安いし、うちから近くて車で行っても道が混まないとこにあるんでね。

5人待ちのあと、バリカンでバサッと刈ってもうてスッキリしましたわ。.


そこからスーパーに寄って帰ったんですが、ラム肉のスライスでも普通のよりちょっと安い切り落としのパックに20%OFFのシールが。

量も多くないから今日明日くらいで食べ切れるかとカゴへ。

家に帰ったらさっそくそのラム肉を使ってカレーピラフを作ることに。

タマネギ半個をスライスしてから適当に刻んで、野菜室におったセロリも1/3本ほどをみじん切りに。

茹でたブロッコリーもおったんで、軸のとこをメインに刻みました。

ラム肉は刻んでから塩コショウとクミンパウダーを揉み込みました。

フライパンにオリーブオイルとチューブのニンニク、たっぷりめの唐辛子を入れて調理開始。

タマネギとセロリを炒めたところでラム肉を加えて、肉にほぼ火が通りかかったとこでブロッコリーを投入。

その後、炒めてる具材を端に寄せて、空いたスペースに玉子を流し込みました。

玉子を軽く炒めたらその上にご飯を投入。

全体を炒めたコンソメと塩コショウで味付けのあと、カレー粉を加えました。

最後に冷凍してあった刻みパセリを加えて軽く混ぜたら出来上がり。




ラム肉入りドライカレー(カレーチャーハン)

*ラム肉入りドライカレー(カレー焼き飯?)

辛さがなかなか効いてて少し食べるだけでじんわり汗が出て来ました。

二口ほど食べてから、ウースターソースをちょっぴり垂らすと予想以上に美味かったんでそこからはソースを垂らしながら全体を頂きました。

ラムとクミンの風味がしててご機嫌やし、辛さもしっかりでなかなかご機嫌な昼ご飯になりましたわ。





*朝の体重:57.60kg。(まずまずええ数字やな。)

*今月の休肝日:9日(今日酒抜いてとりあえず目標クリアする予定。)


posted by えて吉 at 17:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

お疲れさま〜

昨日に引き続きマンション絡みで打合せがありました。

2時間半ほどみっちり場を仕切ったんですが、なかなか難儀が参加者がおって疲れましたねぇ。

これで私の今年の仕事っぽい用事は終わったので、3日連チャンにはなるけど今日は飲み日にして近所のお好み焼き屋「たんぽぽ」へ。

ねぎ焼き800円とビールで一人お疲れさま会ってことにしときました。(^ ^)


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 15:26| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

八尾のJR久宝寺駅前の焼肉屋「KASUYA(カスヤ)」を初訪問

18日の水曜日に短くアップした焼肉屋「KASUYA(カスヤ)」のネタをアップしておきます。

うちの近所には飲食店が非常に少ないんでとりあえず一通り入ってはみるようにしてるんですが、このお店についてはずっとスルーしてました。

店のことは、けっこう前からドライブ中にロードサイド型の店舗で見かけるなぁとは思ってました。

「油かす」の乗ったかすうどんをウリにしてるのは理解してましたが、焼肉屋ってイメージは弱めでした。

ロードサイドにあるようなローカルチェーンって認識やったんで、チェーン店が嫌いなんで家の近所にあるのに入ろうとは思わず。





でも、この前の水曜日は腹は減るのに、選択肢が全く浮かばず、3時ごろという中途半端な時間でどうしようもなくなってついに入ってみる気になりました。






八尾市久宝寺駅前の焼肉屋「KASUYA(カスヤ)」

*八尾市のJR久宝寺駅前のかすうどんと焼肉の店「KASUYA(カスヤ)」

屋号に「かす」を付けるくらいやから、もともとはかすうどんがメインなんでしょうか?

私が今の家に来た2年半前から店はあったんですが、今年の夏頃にいっぺん休業して改装してましたわ。

前がどうやったんかは分からんけど、とりあえず入ってみることに。

行く前に3時頃ってな中途半端な時間やからやってるか不安でネットを検索。

そしたら午前11時から夜中の3時まで通し営業のようで良かったですわ。



お店をドアを開けてすぐ狭い通路になって、左手の厨房に面して”お一人様”用のカウンターがありました。


191222counter.jpg

*カスヤの1人用カウンター席

1人でも気兼ねなく食べられるようにって配慮かと思いますが、背中側は壁になってるんでけっこう狭っ苦しい感じもします。


カスヤのランチメニュー

*KASUYAのランチメニュー

平日限定ながら11時から17時までランチとして定食が提供されてました。

私は飲む気満々やったんで、ランチメニューはサクッとパス。




通常メニューをチェックしました。





塩だれ系のメニュー

*カスヤの塩だれ系メニュー



焼肉メニュー

*焼肉メニュー

あんまり高い肉は置いてないようでした。

ホルモン系のメニュー

*ホルモン系メニュー


盛り合わせメニュー

*盛り合わせメニュー


他にはかすうどん系のメニューもかなり種類ありましたわ。

肉食う気になってたんで、写真は撮らずです。



赤身肉の盛り合わせ 2人前

*赤身肉の盛り合わせ 2人前 1680円

ハラミ、カルビ、中落ちカルビ、ミスジが盛り合わせになってました。

あんまり部位の違いを知らんのでちょっとずつ色々食べられたらと思ってこれにしてみました。

ちなみに瓶ビールは中瓶が480円でした。


カウンター席で一人焼肉

*カウンター席で1人焼肉

食べてみるとどの肉も固すぎるとかってこともなく、全く文句なかったですねぇ。

食べ出してからどれくらいの量があるんか気になったんでカウンター越しに女の子に聞いてみたら60gずつが3種類でどれやったか1種類だけが40gとのことでした。

合計220gってことになりますが、これくらいなら私にも軽く食べられそうでした。


箸休めに野菜が欲しくて「豆もやし」

*箸休めに野菜が欲しくて「豆もやし」280円

サラダはなんとなく割り高に感じたし、キムチはオモロ無いかなぁとこれにしてみました。

まぁ量的にはそこそこ入ってるんでこの値段ならヨシとしときますかねぇ。

瓶ビールの後レモンサワー380円を追加。

ゆっくり肉を焼きながら、盛り合わせだけじゃちょっと足らんなぁと。


追加でネギ塩牛タン

*追加でネギ塩牛タン 790円

赤身と較べると牛タンは普通の印象でしたが、値段を考えたらまずまずですかねぇ。

食べ物は以上でプレーンチューハイ380円を追加してお会計は4389円でした。

腹の膨らみ具合で言うと腹7分目ってとこですかねぇ。

ちょっとした昼飲みに4000円ちょいは少々贅沢かとも思いますが、うちのすぐそばで昼の中抜きなしで通し営業ってのは使い勝手って意味では非常にありがたいですねぇ。

焼肉自体はごくたまに食べたくなる程度なんですが、なんとなく夜に肉を食べ過ぎるともたれそうなんで昼にサクッと行くのが最近は好みなんですよねぇ。

そうすると開いてる店が限られるし、そもそも電車に乗ってわざわざ出かけるのと較べてすぐ近所ってのが素晴らしい。

今回箸休めがなくて豆もやしを頼んだことから考えると、作戦としては次からランチを頼んでもええかなぁと。

ライス・スープ・サラダが食べ放題やからご飯はパスしてスープとサラダを箸休めに食べればええなぁと。

ほんで、ランチメニューを1つ選んで追加するんがええかなんてことを考えてました。

ながらく敬遠して放置してた店ですが、個人的にはかなり使えるというのが判明して良かったですわ。


ちなみに今日はマンションで防災関係の会合があって実家の親父と参加してました。

で、終わってから喉も渇いてたから親父を誘ってお好み焼き屋に行ったんです。

そしたら満席で入れず、結局今日もまたこの焼肉屋に行ったんですよねぇ。

同じように赤身の盛り合わせと、ホルモンの盛り合わせ、キムチとキャベツにビールやチューハイ入れて2人で6千円弱でしたわ。

使えるなぁって思った日からこれだけ間を置かずに行くとはさすがに思いませんでしたけどね。(^_^;)



*朝の体重:58.55kg。(福井の洋食と大阪での中華が効いたな。このデブリは甘んじて受け入れよう。)

*今月の休肝日:9日(一昨日酒を抜いてリーチ。)

posted by えて吉 at 17:02| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

今日は青春18切符で福井までー!!

今日は年末恒例?の福井の洋食屋「トミー」への青春18切符での日帰り旅。

集合の大阪駅には早めに着いて御堂筋口の改札を出た正面にある麺家で腹ごしらえ。

かき揚げをそば(460円)で行っときました。

ダシがそんなに大したことない気ぃもしましたが寒い朝にはごちそうでした。

さて電車乗りまくりの1日を楽しむとしましょ。

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 07:17| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

うだうだして、焼肉へ

今朝は寝床で6時過ぎに目が覚めてから、ぽん太の攻撃があったりで寝直しは出来ず。

8時前に諦めて起きたんですが、雨は止んでるのにえらく霧が出たりで朝から鬱陶しい天気でした。

今日は決まった予定がなくて自由に動ける日やったんですが、いつまでも鬱陶しい空模様でどうにもやる気が出ず。

車で酒屋に買い出しに行くとか、散歩がてらで出かけてどっかで飲むなんてことにも気が向かず。

家で消極的にダラけてて、昼頃に2時間ほどひっさしぶりにプレステ3に電源を入れてゲームをしてみたり。

朝にうどんは食べたけど、昼と夜をどうするか決まらんまま3時過ぎに。

出かけるとしても4時ごろオープンの店くらいしか思い付かず腹が減って時間切れ?に。

で、今までチェーン系ってことで敬遠してた家の近所の「カスヤ」って焼肉とかすうどんが売りの店へ。

どうもランチがお得そうやったんですが、色んな肉が食べたくて、ランチメニューではない赤身肉の盛り合わせを行ってみました。

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 16:35| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

前はダメダメやった丸亀製麺の「カレーうどん」に再挑戦

今日は朝の10時からマンションの理事会に向けての下打ち合わせ。

打合せ前におにぎらずを食べて腹ごしらえをしてから向かいました。

終わったのはほぼ12時で約2時間ほどみっちり打合せをしました。

その後は、会社の用事で銀行回りを頼まれてたので車で出かけました。

いくつかの用事を済ませて、家の方に向かう途中で昼メシを済ませることにして丸亀製麺へ。

丸亀製麺のカレーうどんってかなり前に1度だけ食べたことがあったんですが、かけうどんに較べたらほんまにヒドイ出来でした。

今調べたら前回食べたんは2011年なんでえらい前のことですねぇ。

その時の印象がとにかく悪かったんで、それっきり丸亀製麺でカレーうどんは封印してました。

初めて食べてしばらくしたら、カレーうどんが変わったっていう話を聞いた記憶があります。

そういうニュースを聞いても食べようとは思わなかったんですが、今日はふと気が向いて食べてみるかとなりました。





久しぶりに食べてみた丸亀製麺の「カレーうどん」

*久しぶりに食べてみた丸亀製麺の「カレーうどん」 並で490円

天かすとたっぷりのネギを添えてやったら、見た目はまずまずに感じました。

食べてみるとそれなりのカレーの風味がして具もなんか色々とたっぷりめに入ってる印象。

辛さは大したことないんで、テーブルの七味をぶっかけましたがそれで十分。

ダシの風味がちょっと弱く感じたんで、半分くらい食べてからかけうどんのツユを少し注いでみました。

こうしてやるとちょっとダシの風味が強くなって、そのままより良くなったかな。

カレーうどん好きとして、満足度は「優良可」で言えば、ギリギリ良って感じですかねぇ。

ただ、値段は以前380円やったのが今は490円。

かけうどの並の290円で得られる満足感と較べるとだいぶ割高ですねぇ。

初めて食べた時は2度と食べるか!!って思ったんですが、そこまでではなく味としては”ほどほど”に思いました。

そういう意味では以前のヤツと較べたらはるかに美味しくなってましたわ。

とはいえ、かけうどんの方がコストパフォーマンスからみた満足度でははるかに上なんで、次いつたべるかというと微妙ですけどねぇ。






*朝の体重:57.30kg。(上出来かな。)

*今月の休肝日:7日(今日は酒抜くぞ。)
posted by えて吉 at 16:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

家でチョイ飲みの後、八尾市久宝寺駅近くの洋食屋「とん幸」へ

先月の末に飲み食い仲間のishさんがぽん太を見にうちまで来てくれた時の飲み食いをサクッとアップしておきます。

来てくれはったのは11月27日の水曜日なんですが、この日ishさんは外の回りのお仕事があって東大阪や生野の方面にこられることになってました。

仕事が終わったらそのまま直帰出来るとのことで、仕事先まで私が迎えに行ってぽん太を見て貰うことに。

まだこの頃はウイルス検査が終わって無くて、他の猫とは別の部屋で隔離してました。

家に着いたらまずはぽん太のおる部屋で対面して貰いながら缶ビールなんぞを舐めてました。

しばらくぽん太の相手をしてもうたら、ぽん太は部屋に残して居間へ。

どっかに飲みに行こうということにはなってたんですが、ちょっと時間が早かったのでウチでチョイ飲み。



ぽん太と対面の後、家でチョイ飲み

*家でチョイ飲みした時のアテ

・ミョウガの岩下の新生姜液漬け

・山菜

・カブラの甘酢漬け

・大根と骨付き鶏のエスニック風煮物

・焼き穴子

・豚足

カブラはたまたま中くらいの大きさのヤツが100円で並んでたんで、買うて薄切りにして甘酢に漬けておきました。

大根の煮物は骨付き鶏のスープがあったんで、魚醤なんかを使ってあっさりとしたエスニック風に大根を炊きました。

穴子はishさんが来はるのが決まってから、普段使わないスーパーに行った時に穴子を見かけたんで買うておきました。

一匹5〜600円してて、自分だけで食べるのはちょっと贅沢かと思ったんですが、お客さんを口実に買うてしまいました。(^_^;)

豚足は前日から冷凍で手元にあったヤツを煮込みました。

軽く下茹でしてから、ニンニク、ショウガ、白ネギの青いとこと塩コショウでじっくり煮込んでおいたものです。


6時頃まで家で飲みながら、どこに行くか検討。

事前にishさんが八尾市内でいくつか洋食屋を見つけてくれてたんで、その中からうちから歩いてもすぐの「とん幸(とんこう)」へ行ってみることに。

場所的にはうちからJRの久宝寺駅を挟んだ反対側にあって歩いてすぐのとこにありました。

ただ、場所自体は住宅街の真ん中ですぐ近所をチャリや散歩で通ったことあったのに店には気づいてませんでした。



八尾市久宝寺駅近くの洋食屋「とん幸(とんこう)」へ

*八尾市久宝寺駅近くの洋食屋「とん幸(とんこう)」

家で軽く飲んでたので、アテになるものを単品で注文することに。

ポークカツレツ1300円にBセット1200円を二人でシェアしました。

お店はけっこう年配の大将がやってはって、近所の人が次々に入って来てたんで地元に定着してるお店に思えましたわ。

豚カツにはあっさりしたドミグラスソースが掛かってるんですが、後半はテーブルに置いてあったウースターソースをちょいとプラス。

こうするとご飯がバクバク行けそうな味になって、これもまたヨシって気分でした。

盛り合わせは白身魚のフライに海老フライ、ハンバーグと入ってて洋食屋の定番って感じでした。

これだけあればかなり豪華な食事になるんで1200円は値打ちやなぁと。

普段あんまり洋食を食べようって思わないんですが、うちから歩いてすぐなんでまたたまには食べに来たいなぁと思いましたわ。


*foodish:"雑"食記:とん幸(大阪・久宝寺)


<参考情報>
*とん幸

住所:大阪府八尾市渋川町6−2−1

電話:072−992−4266

営業:11:30〜15:00 17:00〜20:30

定休:木曜日








*昼前の体重:57.65kg。(身内での外食明けにしたら上出来かな。)

*今月の休肝日:7日(月10日の目標へ余裕あるから今日は飲もうかな。)


posted by えて吉 at 14:50| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

長らく切らしてた「自家製麻婆の素」を仕込みました

冷凍庫に常備してる調理済みのもんのうちで一番欠かせないのはトマトソースじゃないかと思います。

それ以外では急に食べたくなってもすぐ出来るように炸醤麺の素やら、夏場だったらタコライスの素なんかも常備してるとけっこう便利なんですよねぇ。

そういう”便利な素”系では、麻婆の素も元々は常備してたと言えるんですが、ここんとこは長らく切らしたままでした。

市販の紙箱入りの中華料理の素って色々ありますが、どれみてもほとんどは自分で出来そうで買う気にはならのですよねぇ。

一度まとまった量を丁寧めに作れば、ちゃちゃっと昼飯なんぞでマーボ丼なんかを作るのに非常に便利なんですよねぇ。

私にとっちゃかなり定番なマーボの素なんですが、最後にあったんがいつか思い出せんくらい切らしッぱなしでした。


ブログを検索しても、最後に使ってるのが今住んでるマンションに引っ越す前に使い切った時なんですよねぇ。

そこから作ってなかったら2年半くらい切らしてたことになるんですけど、それがほんまならびっくりですわ。

それでも、素がないと不便やから作ろうと思い立ったんです。

それが今年の4月頃。(^_^;)

スーパーでアメリカ産の豚肉の豚バラスライスがグラム98円の特売になってました。

かなり大きめのパックで600gほど入ったのんを買いました。

すぐに料理する予定じゃなかったし、包丁で手刻みするなら一旦凍らせて半解凍で刻みたいので約300gずつに分けて冷凍。

1つは麻婆の素、もう一つはジャージャー麵の素にでもしようと思ったんでしたっけねぇ・・・。


途中で炸醤麺の方は、その後無性に食べたくなった時に別の豚で作って冷凍したんですよねぇ。



やっと作ったのが12日の木曜日なんですが、この日は休肝日で麻婆系の丼物を食べようと思ったんです。

半年間冷凍庫に放置してしまった豚バラ肉は2つに分けてたけど、どうせなんで両方とも使ってしまうことに。

しばらく室温に放置して半解凍に戻しました。

包丁で縦横に刻んで粗みじんにしてやりました。

白ネギをみじん切り、薬味にニンニクを刻んで、ショウガはすり下ろしました。


フライパンでにんにくにじっくり火を入れて香りを出したら、たっぷりの唐辛子と白ネギを投入。

しばらく炒めて白ネギの水気がある程度飛んだら刻んだ豚肉を投入。

塩コショウを軽くしてしばらく炒めたらショウガも投入。

全体が炒まったら、フライパンにスペースを作って豆板醤を加えて、まず豆板醤だけを炒めました。

そこにオイスターソースを注いで軽く炒め合わせて、さらに醤油を加えました。

香ばしい香りが立ったら日本酒を注いで全体に混ぜ合わせて、創味シャンタンもてけとーにぶち込みました。






もの凄く久しぶりに作った「自家製麻婆の素」

*ものすごく久しぶりに作った「自家製麻婆の素」

バットに流し込んで冷めたらラップして冷凍庫へ。

凍ったらバットから剥がしてジップの付いたビニール袋(かち割り氷の袋)に入れて、中で適当に砕いておきました。

麻婆の素は水気があんまりないんで、冷凍しても柔らかくて袋の外から簡単に割れます。

なので使う時は必要な分だけ割って使ってます。



出来た麻婆の素の一部はそのままフライパンに残しておいてこの日の晩ごはんに。

もやしが半袋ほど余ってたんで、それを春雨でマーボ丼にするつもりでした。

作る時になってみるとちょっと量が少なく感じたんで、野菜室で古くなりだしてた白菜も加えることに。

ほんまは先に白菜を加えてから麻婆の素を入れたいとこですが、今回はすでにフライパンに素がおるんで炒めはパス。

フライパンに酒を加えてアルコールを飛ばしてから水を加えて、その中で白菜から炒めてやりました。

白菜に日が通ったら春雨を加えて軽く煮込んで、最後にもやしを加えたら水溶き片栗粉で固めにとろみをつけたら出来上がり。




出来たての素で「麻婆春雨もやし白菜丼」

*出来たての素で「麻婆春雨もやし白菜丼」

麻婆モンを久しぶりに食べたせいか、新鮮味があった美味かったですわ。

ちなみに具は写真の1.3倍くらいあったんですが、少し食べてから残ってたんも全部かけて食べ切ってやりました。


12日に麻婆の素を作って、冷凍。


昨日は買い出しから買える頃には腹ペコで、買うたばかりの「餃子の王将」の生ギョウザを焼いて即食べることに。


ただ、餃子二人前オンリーじゃ絶対足らんなぁと思ったんで、冷凍してたバットから袋に移したばかりの素を使うことに。

買い出しで一昨日使い切った白菜が安くて買うたんですが、1/2個で多すぎたんです。

どうせならその白菜を少しでも減らそうと麻婆白菜丼に。



餃子だけで足らず「麻婆白菜丼」

*餃子だけでは足らんので凍らせたばかりの素で「麻婆白菜丼」

今度は白菜の方を先に炒めてやりました。やっぱりいきなり煮込むより先に炒める方が美味い気ぃするんですよねぇ。(気分だけやけど。)

両方食べたらちょっとばかり多すぎましたわ。



私は以前にも書いてますが麻婆の時のミンチ肉って具って言うより、コク出しとか風味付けくらいに思ってるんです。

なので麻婆モノを作る時にそんなに素を使わないんですよねぇ。今回出来たヤツでもう2回麻婆を作りましたがまだまだ何回も出来そうですわ。

これから当分は昼飯なんかが楽に用意出来そうで嬉しいです。







*朝の体重:57.75kg。(食べ過ぎたらやっぱり増えたなぁ。)

*今月の休肝日:7日(昨日は酒を抜きました。)

 
 
posted by えて吉 at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

久しぶりの「味噌煮込みうどん」とその再利用

しばらく前に家で食べた味噌煮込みうどんネタをサクッと上げさせて頂きます。

名古屋で何回かホンマもんの味噌煮込みうどんを食べてますが、けっこう好きなんで家でも作れるように味噌を用意してあるんです。

使ってるのはアマゾンで売ってた味噌煮込みうどん用の味噌で出汁入りなんで溶くだけで出来るんです。

 *泉万醸造 煮込うどんあじ味噌 1kg (本日の時点で1089円)

この味噌をもう何回か買うてるおかげでアマゾンのサイトに行くと「もう一度買う」ってトコに毎回のようにこの味噌が出てくる程ですわ。(^_^;)




食べたのは10月30日のことですが、晩ごはんだったので出来るだけ具だくさんにすることに。

名古屋のうどん屋ではそんなに具だくさんな印象はないんで邪道かもしれませんね。


久しぶりに家で「味噌煮込みうどん」

*久しぶりに家で作った「味噌煮込みうどん」

ダシ入りの味噌なんですが、しっかりダシを効かせたろうとダシパック2つ使ってかなり濃いめにダシを用意してやりました。

そこに白菜、白ネギ、エノキ、鶏モモ肉なんかを加えて煮込んでから味噌を溶きました。

本来なら手元にあるもう一つ小さいサイズの土鍋で十分やと思うんですが、つゆの量とか具やうどんが収まるか不安でかなり大ぶりなんを使ってます。

そのせいか、ダシもかなり量が行って、そこに溶いた味噌もかなりたっぷり。

ごくごく短い時間茹でたまだ固いくらいの生讃岐うどんを土鍋に入れて少し煮込んでやりました。

最後に生卵をそっと真ん中に落として、水菜、青ネギ、天かすを添えて出来上がり。

本場ほどはうどんが固くなかったかも知れませんが、大阪人なら生煮えやって言うくらいでは食べました。

美味しく、具をしっかり食べてもけっこうな量のダシが余りました。





そこで翌日の31日には残して置いた味噌のつゆを再利用して晩ごはんに。





残った出汁を再利用して味噌おでん風

*残った出汁で味噌おでん風

・味噌おでん

・おくらとなめ茸

・切り干し大根、ミョウガ、キュウリの岩下の新生姜漬け

・小松菜のおひたし

・厚揚げの納豆詰め焼き

・結び糸こんにゃくの煮物

・セセリとしめじの炒め物



名古屋の味噌味のおでんを食べたことはありますが、味噌煮込みうどんのダシと似てるのかは味音痴な下には分かりません。

名古屋の人は怒るかもしらんけど、ちょっと味醂を足したりして味を調えて、コンニャク、厚揚げ、玉子、大根を煮込んでやりました。

名古屋のおでんとして成立してるかは別として見た目の色の濃さの割りにはあっさりしてなかなか美味かったですわ。




こういうおでんみたいな煮物って、一切れずつじゃなんとなく寂しくて複数で作ってしまうんですよねぇ。


というわけで、一日おいて11月の2日にもまたこの名古屋風おでんを食べました。





味噌煮込みおでんをもう一度

*名古屋風の味噌おでんをもう一度

この日は昼間にチャリンコで出かけて、回り寿司4皿と小ぶりな餃子を食べてました。

そんなに多いとは思わんかったんですが、夕方になってもなかなか腹が減らず。

スタートは普段よりちょっと遅めの6時半頃にして、量的にもこれだけ。

おでん以外はラム肉の切り落としともやしを蒸したもんです。

ポン酢やらニョクマム(魚醤)なんかをつけつつ頂きました。

ラムともやしの蒸し物はこの何日か前に、電子レンジでやってみたんです。

基本的には電子レンジ調理とか時短料理って興味ないし、懐疑的なんですがその時はふと魔が差したんですねぇ。

ラム肉全体になかなか火が通らず、全体に火が通った時には固くなりすぎて、野菜もくたくた。

イマイチよりはるかに下の出来具合でしたわ。

その反省があったんでこの日はフライパンにもやしを入れてラムを並べて酒と水ちょっぴりで蒸し煮にしてやりましたが、はるかに美味しくなってました。



さて、味噌煮込みうどんからスタートした味噌の煮汁ですが、おでんを2回食べてもまだけっこうな量が残ってました。

これ以上煮物に使うといつまで経っても終わらんなぁと。

11月3日は、ケリを付けるべくつゆを使い切ることに。




最後は味噌煮込みラーメン

*最後は味噌煮込みラーメン

味噌煮込みうどんにするとまたダシを増量したくなって無限ループに入ると思ったんで、菊水の生ラーメンを固めに茹でてつゆの中で少し煮込んでやりました。

おでんのコンニャクが一切れ余ってたので、小さめにカットしてラーメンと具やと信じ込んで食べました。

最初にうどんを食べた時点で、専用の味噌は残り僅かになってたんです。

その後のおでんをやったりする時に残ってた分も足したんで今回で使い切りました。

そんなにしょっちゅう味噌煮込みうどんなんか食べる訳でもないのに、味噌が切れてると食べたい時に食べられへんですよねぇ。

というわけで、何日かおいた程度でまた同じ味噌を1kgアマゾンで取り寄せてしまいました。

これだけ無駄にせんと食べてやったら味噌出汁も本望でしょう。







*朝の体重:57.35kg。(上出来。)

*今月の休肝日:6日(今日も酒を抜きました。)

 
 
posted by えて吉 at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

都会は疲れますなぁ〜

今日は朝から珍しくいくつも用事をこなしてました。

起きてすぐに軽く部屋の掃除をしてたら、買うたばっかりのコタツの敷布団をニャンズが汚してるのが判明。

水で濡らして汚れを拭いて、トントン叩いて乾かしてと用事が一つ増えました。

その後はこの前の風邪で使った寝巻きなんかが溜まってたので洗濯したやつを干しました。

普段なら洗濯なんぞを済ませると、もう今日はオレはちゃんと用事やったぞって気分になるんですよねぇ。

でも、それが終わったらすぐにヒメを動物病院に連れて行きました。

ぽん太にばかり気が行っててヒメの点滴の間隔がだいぶ開いてしまったんですが体重は維持できててホッとしました。

そこからマンションの用事で資料を確認してから事務所に行ってスタッフと軽く打ち合わせ。

それに絡んで明日に実家の親父と打合せするアポも取っておきました。

これで家の近所の用事が終わったんで、電車で苦手な梅田へ。

大阪駅に着いたらもう腹が減り出してたんで、右も左も分からんままルクア大阪ってトコの地下へ。

あんまり気分に合う店がなくて、(元々今風な店が苦手やから)消去法的に「串かつ松葉」へ。

あんまりここのシステム分かってないし、回数も2〜3回しか行ったことないんですよねぇ。

揚げ置きの串カツってどうなんよ?って思いながら、置いてあるのを2本ほど食べましたがやっぱりイマイチですな。

揚げたての牛串とかはビールのアテには文句なかったですけどね。

串かつ7本と瓶ビール550円でお会計は1570円。

周りの他の店に入るよりは安くついたんでヨシとしときました。

その後、しばらく都会をテクテク歩きまわりましたが、人が多い梅田ってだけでなんか疲れましたわ。

帰り道では天王寺でも途中下車したりで、珍しく用事の多い1日でした。


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 16:34| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

下諏訪のみなとや旅館に連泊(前) 長野旅行その2

11月に出かけた長野旅の続きをサクッとアップさせて頂きます。

初日はスーパーや道の駅を巡りつつのんびり諏訪を目指しました。

下諏訪に着いた時はまだ宿のチェックインまで時間があったので、部屋で飲むものを調達がてら上諏訪のスーパー「ツルヤ」へ。

上諏訪のツルヤはかなり品揃えが良かったので、じっくり観光して飲み物とアテを調達。(もちろん無料の保冷用の氷も。)

この後、下諏訪に戻ったら今回の宿「みなとや旅館」に着いたが3時55分と4時のチェックインにバッチリ。


下諏訪の「みなとや旅館」の店構え

*下諏訪の「みなとや旅館」の店構え

旅館の入口そばの特等席にうちのゴルフを止めさせて貰いました。

みなとや旅館には結婚してた頃に1回と、数年前に一人で泊まってるんですが、今回は3度目の正直ではないですが、初めての連泊。

10月の下旬にマンションの総会があって、その一人打ち上げ?を兼ねてゆっくり2泊することにしたんです。

行こうと決めて宿に電話して、一番近いところで2連泊出来るとこってことで11月4日と5日泊まることになりました。

こちらはすごく歴史のある湯宿ですが、それだけに今風な設備で見れば足らんトコは多いかと。

でも非常に落ち着いた雰囲気があって、宿の人も感じがええから個人的には非常に気に入ってます。

今までに2回泊まった時に、ここで連泊したら5倍はゆっくり出来るやろなぁって思ってたんですよねぇ。

以前泊まった時はもう一組のお客さんがありましたが、今は平日は原則的に1日1組に限定してはるそうです。

一人旅のお客も受けてくれるのは感謝しかないんですが、一人で2日も宿を独占することになってしまいちょっと申し訳なかったです。

電話で予約した時はそんなことがすっかり頭に無かったので、宿で自分しか泊まってないと知って恐縮してしまいました。



みなとや旅館の洗面所

*みなとや旅館の洗面所


部屋は2階に上がってすぐのところで、洗面所がすぐでした。

洗面所前って、ヘタすると人の出入りが気になりかねないとこですが、私しか泊まってませんからねぇ。


トイレはちゃんとウォシュレット

*トイレはちゃんとウォシュレット

どの部屋もトイレとお風呂は共同になります。

夜中に何度かトイレに起きる年寄りには、トイレが遠いと難儀ですが部屋のすぐ横なんで全く問題なし。

ウォシュレットもあるんで私にとっては設備的にまったく不足無し。

部屋に案内して頂くと、お風呂はちょっとまだお湯の量が少ないけど入ってもいいとのことでした。


疲れる程運転はしてないけど、宿に着いたらまずはお風呂に入りたいので早速入らせて貰うことに。




お風呂は一度建物を出て中庭へ

*お風呂へは一度建物を出て中庭へ


車を止めた横の玄関から外に出て、車の後ろへ進むとこういう引き戸があってその先がお風呂になっています。

複数のお客さんがある時は、交代で貸し切りにして使うことになります。


下諏訪のみなとや旅館のお風呂>

*下諏訪の「みなとや旅館」のお風呂

宿のお風呂は中庭にあるこのお風呂のみです。

「綿の湯」っていうのはメインの源泉で、加水加温なしだそうです。

源泉の温度がかなりあるらしく、午前中からちょろちょろと浴槽にお湯を貯めはるそうです。

それで私が着いた4時の時点ではまだちょっと早くて、お湯がフチまで溜まりきってなかったという訳です。

夏場は熱くなりすぎるから、かなり少しずつ貯めるようです。




みなとや旅館のお風呂からの眺め

*お風呂からの庭の眺め

お湯は目一杯入ってないけど、十分浸かれるんで全く気にならず。

前回は他のお客さんもあったから、なんとなく気が急いたんですが今回はほんまにのんびり入れました。

とはいえ、身体は朝に家で洗ってるから浸かるだけやし、早いこと湯上がりの一杯がやりたいのでそんなに時間は掛けませんでしたけどね。



シャンプーや石けんがあるのを確認

*シャンプーや石けんがあるのを初めて確認

今まで泊まった時は石鹸類に気づいてませんでした。今回はあるのを初めて確認したですが、結局使わず。

自分一人でこの宿を独占して、自分のためだけにじっくり時間を掛けてこのお風呂を用意して貰ったと思うとものすごく贅沢に感じましたわ。





風呂上がりに地元の地ビールで一杯

*風呂上がりに地元の地ビールで一杯

スーパーで見かけた「諏訪浪漫」って地ビールを行ってみました。


晩ごはんに備えてあんまりツマミを食べすぎないようにしてました。

かなり腹が減ってたんで湯上がりのビールがよう回りましたわ。






6時になったら若女将さんから声が掛かって、1階にある食事スペースへ。







みなとや旅館の晩ごはん


*下諏訪のみなとや旅館の晩ごはん

基本的にこちらの宿の晩ごはんは通年このスタイルかと。

内容が変わらないから、連泊する場合は2日目は外で食べるようにお願いされます。

メインは信州名物の馬刺しで、それ以外には信州の地元の山菜や佃煮など保存の効くモノが多いですね。

以前泊まった時には大女将さんがいらっしゃって、けっこう高齢だったのでお元気にされてるか気になってました。

食事の席に着くと女将さんがやってこられて、お酒を注いでくれはって、私のテーブルの横に待機?してくれてました。

他のお客さんがいないんで、気兼ねなく大女将と色んなお話が出来ました。

ご自身で「口だけは達者やけど、色々と衰えてる」ってなことを仰ってましたが、話してる分には全く衰えは感じませんでしたわ。

長野県内で取れる山菜や食材にこだわってはるけど、以前は出して山菜のうち5〜6種類は温暖化の影響でかもう取れなくなったと。

テーブルの右下あたりに3種盛られてるのが、信州名物の虫食でイナゴと蜂の子、ざざむしです。

中でもザザムシは近年非常に数が減ってて、かなり手に入れるのが難しいそうですわ。

こういう風味豊かな料理が少しずつ並んでると、コレを1つ食べたら、お酒一口、あれを一個味わったら、またお酒を一口ってな具合でかなり時間を掛けて楽しめるんですよねぇ。

以前泊まった時に飲み過ぎてなければ、寝る前にもう一度お風呂をどうぞって言われたんです。

それを覚えてたんで、今回ももっぺん風呂に入れるよう、飲み過ぎないように気を付けながら頂きました。(^^)

女将さんには昼間にスーパーや道の駅ばかり回ってたって言うたら面白がられました。

その話で「塩丸いか」のことを聞くと、やはり長野では古くからある塩蔵の食べ物だと分かりました。

冷蔵庫の無い時代には、茹でたイカの胴体に足と岩塩が詰まってて、塩でジャリジャリしてたとか。

かなり塩が効いてるから常温で置いとける、ホンマモンの保存食やったそうです。


みなとや旅館の〆の馬肉のすき焼き

*みなとや旅館の〆の馬肉のすき焼き

最初にテーブルに用意されてる料理が終わればこちらのすき焼き?桜鍋?とご飯で〆となります。

味付けはごくあっさりしてて、馬肉自体もしつこさがないので最後でもペロッと食べてしまいます。

大女将に横についていただきながら、あれやこれやと2時間以上もお話をさせて貰い、非常に満ち足りた晩ごはんとなりました。





晩ごはんの後、しばらく休んで9時過ぎになってからもう一度お風呂へ。





食後にもう一度お風呂を

*夕食後にもう一度お風呂へ

この時間になるとお湯がたっぷりフチまで一杯になってました。

昼間もええけど、暗くなってからの雰囲気もええもんですねぇ。

10時頃にはお湯を落として、翌朝またお湯を入れ替えるって言うてはりました。

このままちょろちょろお湯を流してたら、翌朝も入れる温度やないんやろか、一人だけのために入れ替えて貰うのはもったいないなぁなんて思いながらゆっくり浸かりました。


湯上がりには部屋で買うて来てあった缶チューハイをちびちび舐めてました。

11時前には眠気が来たんで、ちょっと早めやったけどそのまま就寝しました。





<参考情報>
*下諏訪温泉 みなとや旅館:公式サイト

住所:長野県諏訪郡下諏訪町立町3532

電話:0266-27-8144






posted by えて吉 at 16:28| Comment(0) | 旅先&遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

なんばCITYの「EBISU BAR THE GRILL」

昨日はミナミのなんばCITYにあるカメラのキタムラへカメラのクリーニングに出かけてました。

しばらく前からメインで使ってるカメラの色んなトコが汚れてえらくみすぼらしくなってるなぁと思ってたんです。

とはいえ、それだけでカメラを買い換えたいと思うわけでもなく、ふと思いついてカメラの掃除をやってくれるトコがないかと調べたんです。

そしたらキタムラで外装とレンズがそれぞれ1000円、画像のセンサー?が3000円でクリーニングしてくるサービスをやってると。

しかも、予約不要で当日預かってすぐ作業して返してくれるようでした。

訪ねた店舗はなんばCITYの本館の一番南角で外の道路に面してました。

写真の現像だけをやってるかのような小さなスペースで一瞬ほんまにここでええんかと疑いましたが、ちゃんとそこで受け付けてくれました。

最初はどうせだからセンサー?の掃除もやるつもりでしたが、受付の人に必要があるか確認してもらいました。

すると、確かにセンサーにホコリは付いてると。

でも、絞りを限界まで思い切り開くか絞るか?
せんと影響ないとのこと。

私は家の中で料理をとるのにしか使わんので、それくらいの絞りならホコリは映らんとのことやったんでパス。

ボディ外装と付けっ放しの単焦点レンズだけ
のクリーニングをお願いしました。

すると仕上がりは1時間後とのことで、しばらく時間を潰すことに。

まず、近くの無印良品をのぞいて、買い換えようと思ってるコタツの敷布団?になるカーペットをチェック。

キルティングの紺色のヤツが8990円から半額になってたので、荷物にはなると思ったけど買ってしまいました。

その後は、朝から豚まんだけやったんで、とりあえず軽く飲むかと最初はキリンシティに向かおうとしたんです。

館内の店舗の配置図を見ると、「エビスバー」ってのが11月にオープンしたと。

ビールのメーカーとしてはサッポロの方が好きなんで、行ってみることに。

最初は限定品とかいうフレンチピルスとかいうのを行ってみました。

ジョエル・ロブションが監修したとかってのが謳い文句でした。

小さなグラスで680円はだいぶ高いですが、初めてエビスの専門店やったんでヨシとしときました。

キリンシティに行くつもりやったせいか、注文からやたら早くビールが出てきたのにちょっとびっくり。

あとで、カウンターの注ぎ方を見てたら、キリンシティみたいに特にこだわりもないようで、バイトの子がフロアの男性スタッフから口で指導?を受けながらふつうに注いでましたわ。

グラスがキリンのに近いせいか、なんとなく負けてる気が。

キリンシティの時間をかけてもっちりした泡を乗せた注ぎ方の方がなんか値打ちあるように感じましたわ。

おつまみにはランチメニューにあったカキフライがちょうど気分的におうてたんで行っときました。

1100円やったんですが、ライスはパスして単品にしてもうたけど、値段はおんなじやったようですわ。

おかわりにエビスのマイスターを一杯だけ追加してごちそうさま。

これでお会計は2596円。

エビスが好きやねんけど、今回はなんかえらく割高に感じてしまいました。

次にこのエリアに来た時には素直にキリンシティしといた方が自分の中での納得がつくように感じました。

*朝の体重:57.65kg弱。

*今月の休肝日:5日

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 16:49| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

ファミリーマートの「旨辛肉まん」

ちょっとした用事があって電車で都会に出ることにしたんですが、腹が減ってたんで電車に乗る前に豚まんでも食おうかと。

駅前のファミマに入ったら新商品がらしいこの豚まんに目が止まりました。

クセになる辛さってな売り文句なんぞに期待は出来んと思たんですが、試してみることに。

旨辛肉まん150円を受け取って店を出たら即ガブっと。

齧る前からちょっと違う風味がしてまして、食べてみると弱めですがちゃんと辛さも感じました。

肉の部分の味付けも辛さだけやなくてなかなか風味が良くてええ味に思いました。

毎年色んな際物が新商品で登場してても試そうと思わんことが多いんですがこれはけっこう気に入りましたわ。

これならもっぺん食べてもええと思いましたからね。

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 12:32| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

見切り品やから早く食べるつもりが・・・

家で食事をする時って色んなモンをちょっとずつ食べることが多いんで同じモンを何日も食べることになります。

食材にしても一人分だけしか作らんのでちょっとずつしか減らんのですよねぇ。

この関係でスーパーの買い物では出来るだけ新しいのを買うようにしてて、確実にその日に食べ切れるもの以外は見切り品に手を出すことは少ないんです。

でも今年の夏場にスーパーの売場を見てて、珍しく見切りの値引きシールが貼られたモンに手を出しました。





珍しく見切り品で買うた「ウナギの蒲焼き」

*珍しく見切り品で買うた「うなぎの蒲焼き」

消費期限が7月29日で、買うたのはこの当日でした。

鰻丼を食べる時って、私はタレさえちゃんとご飯に掛かってたらウナギ自体はそんなに量がなくてもええんですよねぇ。

そんな訳でちょろっとだけ売ってるのはちょうどええし、それが見切りで安くなってりゃなお良し。

まぁ消費期限の当日の値引きで半額にもならず、100円安いだけってのは値引きとしてはショボイですけどね。

蒲焼きやから加熱してあって、それなら消費期限をちょっとくらい越えてもええやろうと思ったのも事実です。

うなぎの蒲焼きのスライス

*中国産ウナギの蒲焼きスライス

半匹分もないから割高かなぁと思いつつ、すぐ食べる予定じゃなかったんでとりあえず冷凍。

とはいえ、消費期限ギリギリのヤツを凍らせたんで、早めに食べんとあかんなぁとは思ってました。




早めに食べようとは思ってても、冷凍してしまうとついつい油断するというか、気が緩むんですよねぇ。


あっちゅう間に日が過ぎて、ふとした時に

「うなぎ凍らせたんっていつごろやったっけ?」

って思ってチェックしたのは2ヶ月以上経ってからでした。


もうええ加減に食べんとまずいなぁと思ってからも10日くらい経ってやっと食べてしまうことに。

実際に食べることになったのは、10月19日のことでした。(^_^;)

この日は朝から会合をこなしてから、家で翌日に控えたマンションの総会に向けた予行をやったりしてました。

晩めしの時間が近づいてきて買い物に行くのも邪魔くさいし、外食するのも気が向かず。

家にある食材でしのぐことにしたんで、やっと今回のうなぎを食べることになりました。



早く食べるつもりが2ヶ月以上経ってしまった

*早めに食べるつもりが3ヶ月近く経ったうなぎ

・うなぎと豆腐の柳川風

・納豆 貝割れ大根入り

・セロリの酢漬け

・壬生菜の浅漬け

・めかぶ

・カニカマとレタスのサラダ



買うた時は丼に使うつもりでしたが、晩飯だったのであてになるよう柳川鍋風の小鍋にしました。

この食べ方もうなぎ単体で食べるんじゃないから私には量が少なくても気になりませんわ。

酒の肴にもええし、小丼にするよりはこっちの食べ方の方が良かったですね。

ウナギ自体は幸い冷凍臭くもなってなかったし、特段傷んだ雰囲気もなかったですが、やっぱりもうちょっと早めに食べんとあきませんね。








今日はツレの整形外科までリハビリと薬を貰いに出かけてました。

昼頃に家を出たんですが、腹減ってたので先に昼ご飯を食べようと途中のココイチに寄ったんです。

ちょうど12時過ぎのランチタイムやったせいか、私より先のお客オーダーがかなり溜まってるようでした。

おかげ頼んだカレーが出てくるまで思った以上に時間がかかり病院の予約時間に間に合わんかと焦ることに。

注文はいつものチキン煮込みカレー(736円)にしたんですが、焦り出してたんで久しぶりに写真を撮り忘れる始末。

大急ぎで食べて医者に向かったんですが、受付の人から言われてた1時までに病院に入ってくれっていうのに間にあってほっとしました。

尿酸値と中性脂肪を下げる薬がもう切れるんでそれを出してもうて、電気治療とマッサージを受けました。

腰と左足の痛みや痺れはかなりマシになってきましたが、今じゃそっちより気になってる尿酸値の方はどの程度薬を飲めば改善するんでしょうねぇ。

ここ1ヶ月ほどは眠れない時に酒を飲むのを我慢してるんですが、それと薬とで痛風をちゃんと回避出来るとええんですけどねぇ。

痛いのに弱いんでちょっと足に違和感を感じただけで、まさか発作ちゃうやろな?ってビビってますわ。(^_^;)




*朝の体重:正確な計測なし(58kgはクリア。)

*今月の休肝日:4日


posted by えて吉 at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする