2019年10月30日

博多駅で昼酒ならぬ朝酒

昨日は博多の宿で7時半頃に起きました。その後、宿の大浴場で朝風呂をシバいてご機嫌に。

露天風呂もなくて小さな風呂なんですが、一応一般客にも開放してて泊まりじゃなければ950円もするんですよねぇ。

前日に2回と朝から1回入ったんでかなり得した気分になりました。

部屋に戻ってしばらく時間つぶしをしながらどうするか検討。

最初に頭に浮かんだのは駅の立ち食いうどん屋で”博多と言えば”なごぼう天うどんを食べることでした。

でもそれを食べてしまうと他のモンが入らんから、そのままサクッと帰ることになるなぁと。

せっかく車の運転がないんやからちょっとくらい飲まんと損な気ぃがして迷ってました。

ishさんからは水炊きの長野を勧めてもうたんですが、前日の小鍋じゃ無くまともな鍋を一人でつつくのもなんだか落ち着かんなぁと。

それに営業時間を調べたら昼から通し営業はしてるけど、開店が12時。

さすがにそこまで腹の減りが持ちそうになく、店のある中洲川端まだまた移動するのもなぁ・・・と。

そんなことを考えてたら博多駅にはかなり飲食店があって、しかも昼酒、昼飲みオッケーなトコが多いってなネットの記事を見かけました。

最悪駅のうどんでもええわと思いながら10時まで時間つぶし。

宿のチェックアウトは11時でしたが、10時にチェックアウトしてそのまま荷物を持って博多駅へ。

地下街に降りてみたりあっちゃこっちゃをチェックがてらうろうろ。

開店が11時って店が多かったんですが、10時から飲める店もありましたわ。

しばらくウロウロしてええ加減足も疲れてたんで10時半すぎにお店へ。




魚がしマイング博多通り店で昼酒ならぬ朝酒

*魚がしマイング博多通り店で昼酒ならぬ朝酒

瓶ビール630円をオーダーして回転寿司をツマミながらの朝酒を始めました。

前日に結局生ものをなんにも食べてなかったし、よその土地の知らん回り寿司ってけっこう楽しいんで好きなんです。

入る時はあんまり考えてなかったんですが、どうもこの店って15年くらい前にまだ結婚してた嫁さんと入った店のような気がするんですよねぇ。

たまたまで入ったんですが、不思議な縁を感じましたわ。

食べたのはアジ280円にいわし230円、えんがわ340円と焼き穴子280円。

日本酒を頼んでしっかり食べるか迷ったんですが、もう一軒行くかうどんを食べようとサクッと切り上げました。

お勘定は1936円。100円均一とは違うんでこれくらいつくのはしゃあないですわね。


博多駅には阪急百貨店がくっついてる関係でやたら店がありましたねぇ。土産物なんかはどこが駅でどこが百貨店かよう分からんとこもありました。

昼酒ウェルカムな飲食店のエリアがあってそこでは各店がお得なセットモンを用意してました。

その中でもう一軒入ってみることに。




博多魚助でほろよいホッピングの「魚助3番セット」などを

*博多魚助の「魚助3番セット」

ほろよいホッピングってのがお得なセットの名前でこのイベント?に加わってる各店が出してようでした。

ここでお造りの盛り合わせと選べる地酒1杯で850円でした。

お通しのレンコン以外に九州っぽいかと酢モツ380円を追加。

酒以外に1杯100円の角ハイボールを頼んでチェイサー代わりにやりました。

大して食べた気ぃはせんかったんですが、これでお腹いっぱいに。

お勘定は1598円でした。

今風な店が多いのはしょうがないと我慢すれば、博多駅は午前中から飲み食い出来るんでありがたいですな。

この後、家で晩ごはんにしようと駅弁を買うて新幹線に乗って大阪に戻りました。






*朝の体重:57.90kg。(余裕無いけど旅明けでこれならラッキーやな。)

*今月の休肝日:9日(今日は酒を抜かんとな。)

*今月のジム:2日(結局全然行けんかったなぁ。)


posted by えて吉 at 15:43| Comment(0) | 旅先&遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする