2018年06月10日

フランスからの客人との飲み食い その2

久しぶりにうちに受け入れたフランス人の旅人ルーシーとの飲み食いネタその2です。

その1から読んでやろうって方はコチラからどうぞ。

6日の水曜日は私には昼過ぎに歯医者の予約が入ってました。

ルーシー(Lucie)はフランス文学の教授で学生からレポート(論文)の提出があってその採点をせなあかんってことで私のパソコンで作業することに。

ルーシーは自分の朝メシを適当にスイーツかなんかで済ませてたんで、私も簡単におにぎらずを食べて済ませました。

私の歯医者が終わってから昼ご飯にうどんを食べて貰うことに。

歯医者の方はけっこうガリガリと削られて痛みはなかったけど音と振動だけで緊張して疲れてましたわ。

2階の歯医者から下のスーパーにおりて麺コーナーで袋のうどんとストレートダシをゲットし、えび天とかき揚げも買うたら家へ。

袋うどんで少しマシそうな讃岐って文字のあるヤツと手元の冷凍うどんを食べ較べて貰おうかと思ったけどそこまで差が分からんやろうから特に聞かずにルーシーには冷凍の方を。

180606udon2.jpg

*ルーシーのえび天うどん

天ぷらはトースターの温めモードでいちおう熱々にしました。

出汁はいつもなら白だしでてけとーにやるけど、今回はストレートのだしを使こうたんでなかなか美味かったですわ。


180606udon1.jpg

*私の食べた「かき揚げうどん」

私はおぼろ昆布を添えてかき揚げには紅ショウガを後で上に添えました。

私の方のうどんも一本味見てもらいましたが特に違いは分からんってことやったんで、問題なかったですわ。

昼ご飯を食べてしばらくしたらルーシーはまた仕事に戻って、ガンガン作業してたようですわ。

集中してたんで時間経過もあんまり意識せんかったらしく6時ちょっと前にもうええ時間になってたんやって気づいてくれたようです。

一応6時には家を出て外食しようって言うてあったんですが、仕事に興が乗ってるとこを止めるのも悪いけど、こっちはけっこう腹ペコやったんで助かりました。

ルーシーの用意が出来たら電車で出かけることにして、おおさか東線で河内永和駅まで行って歩いて布施へ。


1D82C824-9B2B-4508-9A98-E5124F7EB35F.jpeg

*まずは東大阪の布施の「得一」へ

バックパッカーやから予算に限りあるやろうし、安くても美味いモンがあると思って貰いたくて得一へ案内。

立ち飲みスタイルもええやろうし、モク吸いのルーシーには禁煙じゃない方がいいでね。

頼んだのはちゃんと確認をして挑戦するっていうんで鯨のお造り(380円)。

魚っぽさと獣っぽさがあるように感じるっていう、私の意見に同意してくれたんですが味は大丈夫ってことでけっこう食べてましたわ。

動物愛護とか捕鯨、捕鯨反対なんてお堅い話題も当然セットでしてました。

アジフライ(?円)とイカ好きのルーシーにげその塩焼き(?円)。

さらい大阪らしい食べ物ってことで、大阪風イカ焼き(250円)。

まだもう一軒行くつもりやったんで、瓶ビール2本で切り上げてお会計は2000円ジャスト。まさにセンベロです。





得一から少し歩いて濃ゆい雰囲気がありそうってことで「酒の大丸屋」へ。




B3DE1EE4-7299-4433-B186-345BC64FE81B.jpeg

*酒の大丸屋で食べたモノ

・おでん 大根、厚揚げ、ちくわ

・たこのぶつ切り

・鯛の味噌漬け

最初にちょっと季節外れやけどおでんを3品オーダー。

普通のお造りは食べてるけど、毛色の違うものってことで、「きずし」を狙っててお品書きにあったんでオーダーしたんですがあいにくの売り切れ。

じゃ−、タコ好きのルーシーにとたこぶつ。

後半に味噌漬けは珍しいかもと思って、ホワイトボードのメニューから見つけたヤツをオーダー。

最初はビールでスタートしましたが、私はいつものように燗酒も追加で。

ここでのお勘定は3500円でした。


2人も腹は膨れたんでこの後はしばらく布施の繁華街をうろうろすることに。

ええバーがあったら入ろうって言うてたんですが、あんまり見つからず。

スナックビルの上階にあったバーの前にも行ったんですが、あまりにも正統派バーの雰囲気が感じられず2軒パス。

1階にあった一応値段が前に出てるとこに飛び込んでみたら、店内はハリーポッターをネタにしたテーマハウス風。

すぐ出ても良かったんですが一応カクテルおあったし、気さくな下町キャラみたないねぇちゃんがやってたんでしばらく飲みました。



この後家に帰ってもう一杯だけ飲み出したら本職のプロからフランス文学概論ってな話を聞けました。

残念ながらフランスの文豪の作品をほとんど知らんのでなかなか適確に話題を深める質問とかはしにくかったけどオモロかったですわ。

そんなことしてたらあっちゅうまに時間が経って終電前で帰ったのに気づいたら2時を回ってました。






7日は朝ルーシーが二日酔いでしんどいっていうんで特に予定も決めて無くて家におることに。

その時の様子は当日にアップしてます。

朝に素うどんを食べてしばらくしたら、昼寝するって自分の部屋へ。

起きて来たら洗濯物を干してから、またしばらく昨日の仕事の続きをしてました。

夕方になってまだ胃の調子がイマイチやって言うんで、聞いてあげてうどんのだしを作ってルーシーが好きな時に食べられるように。

私はまだ残ってるモノがあったんで、そいつらを摘まんでしのぐことに。



180607dinner.jpg

*残り物で晩ごはん

・蒸し鶏

・セロリのナムル

・茹でモヤシ

・小松菜と油かすの煮物

・豆腐と玉子の中華風スープ

・スペアリブの煮込み

ほとんど残り物ばかり、唯一違うスープも宴会から再利用品。

蒸し鶏を仕込んだ時のスープというか茹で汁を置いてあったんでそいつをスープに転用しました。

私が料理を始める頃にルーシーは1人で下のスーパーへ。

焼きたてのバゲットにクリームチーズ、リンゴ、プチトマトやサラダを買い込んできてました。

旅の途中やけど不調の時くらいええと思ったのか普段のフランスでの夕食みたいなものにしたようです。

食べ方を見てて面白かったんですが、バケットを半分に開いて、中のふわふわした白いトコはむしり取るんですよねぇ。

バゲットのメインは外側の皮で、ふわふわしてるのは生焼けみたいなもんやから食べんのやと。

中までしっかり焼けてたら食べるんやけどって言うてましたわ。

この辺のバケットの焼き加減ってのは人それぞれこだわりがあるらしく、一緒に住んでる彼氏のバティス(ト?)とも好みが違うんだと。

彼に帰り道にフランスパンを買うて来てって言うても好みが違うから2種類買うこともあるそうですわ。

彼女はこの日は飲まず静養にあてたようですわ。

その後、映画の話をしてたら、フランスではアメリカ映画とかの現代を割と尊重するんだと。

基本的に直訳したようなタイトルが多いって話から、日本ではかなり無茶なこともするっては無しに。

で、そこから私の好きな映画「恋人たちの予感(When Harry met Sally)」を見ることに。

10回以上見てるんですが、ここ何年か見て無くて久しぶりにオモロかったですわ。




8日の金曜日はヒメの病院に行く予定があったんで朝は好きにしててもらいました。



ヒメの病院が終わってから天王寺美術館でやってる展覧会を見に行くことに。





DBCA94A4-FC1F-4915-836B-4564FB001E8E.jpeg

*「江戸の戯画展」とその後の飲み食い

ルーシーが3年前に来た時も天王寺美術館では浮世絵系の展示をやってたんですよねぇ。

手近の美術館が西洋モノばっかりで困る時も多いのにルーシーはツイてるようです。

展示内容もボリュームがあって、外人さんでも分かりやすいモノが多くてえらく喜んでましたわ。

個人的には題材になってる絵を戯画の横に並べて欲しかったなぁなんて思いましたが、一部で説明がある分は分かる限りでなんとか伝えました。

よっぽど気に入ったのか、バックパッカー旅では重くて厳しい展覧会の図録まで買うてました。
 *こちらは後日船便で郵送予定。




ゆっくり見たせいか、見終わったら2人ともすぐビールを飲もうと。

ほんまは一心寺も行きたいって言うてたんですがそっち方面に店がないって言うたら新世界優先で。(^_^;)


最初に行ったのが半田屋。

タケノコはフランスでも食べたことはあるっていうてましたが、試すっていうんで土佐煮を。

ちょっと味付けが甘かったですわ。

それ以外に豆腐は知ってるけど、これはどうやろうと「揚げ出し豆腐」。

これに別に機会で鰻の話をしてたんで、そのつながりで穴子天。
 *私の好物やけどそれで頼んだ訳じゃ無いですよ。(^_^;)

のんびりビールだけを飲んで半田屋のお会計は3000円でした。



2軒目は3年前にも3人で行ったやまと屋へ。



同じ店を避けようかと思ったんですが、ルーシーはモツ、ホルモンの類いが苦手なんで色々品数のあるとこがええかと。



8FE8A3E2-89D9-4CC7-93BE-EE463FC50823.jpeg

*やまと屋で食べたモノ

・土手焼き

・空豆

・イカの塩辛

・おから(卯の花)

・串カツ


半田屋は土手焼きを置いてなかったんですよねぇ。

大阪ではポピュラーやから前回のことは覚えてなかったけどトライして貰おうと。

で、どうせ私はどて焼きとは酒を行くんで半田屋はビールだけで切り上げたんです。

どてはルーシーに好評でしたわ。

塩辛は試してくれたけどさすがに厳しかったようですわ。

どうかと思ったおからはけっこう気に入って食べてました。





やまと屋を出たら歩いて天王寺に戻りました。



昼間にJR天王寺駅の北口の北側のごみごみしたあたりをルーシーが面白がってたんですよねぇ。

で、怪しさが売り?の「種よし」に軽く寄ることに。





8E57A8E4-3FB7-462D-BB2E-2805F5F781CC.jpeg

*種よしでの飲み食い

お通し代わりに最初に一品頼めと言われて、ルーシー希望のブロッコリーのサラダと、私が選んだエイ(だったと思う)の刺し身。

後はルーシーが当てずっぽうでメニューから選んだアイスプラントの天ぷら。

ここでは隣に経ってた私より少し年上ぐらいのカップルの方とたまたま会話しました。

なんか向こうさんがこんなとこでフランス人と喋ってるのをえらく喜んではりましたね。

ここのお会計は2600円でしたが、ルーシーが奢ってくれました。他のとこでは私が奢ったりワリカンよりは少なめにもうたりでした。



ルーシーは9日の土曜日の午前中に軽く自分で買うたモノを朝ごはんに食べたらうちから移動して行きました。

この日は一度会った日本人の知り合いと音楽系のイベント行くんだとか。

終電では帰れんやろうからミナミにまた宿を取ったんです。

この後ミナミに一泊して翌日は姫路に一泊。そこから広島へっていう予定です。

普通ならここで完全にお別れで次会うことはもうないか、あっても何年も先なんでそれなりに感じるモノがありがち。

でも今回はまだ火曜日に姫路でルーシーを拾って広島に行くって言う予定が残ってるんで全然普通でしたわ。(^_^;)

ということで、一応うちの家に一緒に居った時の飲み食いはこんな感じでした。


*朝の体重:56.95kg。(えらく軽いな。)

*今月の休肝日:1日(今日は親父にサシ飲みに誘われてしまいました。)







posted by えて吉 at 16:00| Comment(0) | Couchsurfing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする