2018年06月30日

ベランダで松阪牛入り「1人焼肉」

ちょっと前のええ天気の日にベランダで1人焼肉をやったんで、その時の様子をアップさせて頂きます。

七輪と炭があるんで、煙でよその家に迷惑を掛けないように工場扇を回してやってもええんですが、1人じゃせっかく炭を熾しても無駄になるのが多いかなぁと。

しばらく前に中くらいのホットプレートをもうたからそいつでやることに。

そのサイズなら小さい正方形のちゃぶ台でも出来るんでね。

食べたのは6月17日なんですが、この日は起きた時から飲む気満々。

そのせいか”ちょっぴり”やる気が出て朝からポテサラを手作り。

普段ならポテサラってちょっとだけ作りにくいからスーパーの惣菜で買うばっかりなんですけどね。

ゆで玉子、電子レンジでチンしたニンジン、塩もみしたキューリと電子レンジで火を通した新じゃがを合わせました。

ちょっと新じゃがの火の通りが浅めでやや歯応えの残る仕上がりでした。

焼肉の肉は、4月に津市の朝日屋で家飲みで食べるために買うたけど食べずに冷凍してたヤツを食べることに。

1種類は松阪牛のカルビの解凍品でグラム500円のが300g、もう一種類は国産交雑牛のロース・肩ロース焼き肉用でグラム520円のが410gありました。

それぞれを2つずつに小分けして冷凍してあったんで1つずつ解凍。





12時過ぎには用意が出来たんでベランダでの昼飲みがスタート。






ベランダで「1人焼肉」

*ベランダでの1人焼肉

ポテサラ以外には焼き野菜として、もやし、キャベツ、えのき、ピーマン、玉ねぎ、新じゃがを用意。

新じゃがはポテサラを作る時に一緒に火を通しておきました。




焼肉ではタレを揉み込むのが好み

*焼肉ではたれを揉み込むのが好み

今時な人は塩で食べた方が肉の味がよう分かるなんて言いはるんでしょうねぇ。

あたしゃ古くさい人間なんで、焼肉って言うとこうやってあらかじめタレと合わせた方がずっと好みですねぇ。

ゴマと青ネギを散らしたこういう”ルックス”が焼肉食べるぞ〜って気分を盛り上げてるくれるんです。

ちなみ、松阪牛は左半分で右が交雑牛です。

松阪牛はカルビでけっこう脂が乗ってましたが、脂のタチがええのかあんまりしつこすぎるようには感じませんでした。

一度には2枚くらいを鉄板の上に置いて、食べ終わったら焦げ付かないように野菜で掃除しながらのんびりと。

ゆっくりゆっくり食べたせいか、大した量の肉でもなかったのに1/3ほど余った時点でけっこう腹が膨らんでしまいました。

肉自体はもうちょっと食べられたんですが、あんまり中途半端に残ると次が困るんで2枚ほど余計に残した感じです。

朝からなんにも食べて無くて空きっ腹に缶ビール2本とレモンサワー1杯でもけっこうよう回りました。

昼酒入れられて、外気に触れるベランダでの鉄板焼きなんで非常にご機嫌でしたわ。




この日残った牛肉は翌日の晩ごはんに流用してやりました。





余った肉で「焼肉丼」

*焼肉で余った肉で「焼肉丼」

ピーマン、玉ねぎ、しめじなんかで嵩増しはしましたが、肉もそれなりの量がありましたわ。

晩ごはんに丼モノは寂しいけど、これはそれなりに美味かったですね。




まだ冷凍庫に焼き肉用の牛肉がおるんで、また気が向いたら1人焼肉をやりますかね。








*朝の体重:57.45kg弱。(今日もええ数字。)

*今月の休肝日:9日(上旬は完全に諦めてたけど、今日酒抜いて目標クリアするか。)
 
 
posted by えて吉 at 16:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

麺類・ご飯モノネタ 7連チャン

ちょっと古めのネタばっかりですが麺類とご飯モノをダダッと貼って行くとします。

最初のネタは5月26日の朝昼兼用だったと思われる丼モノです。

何日か前に作ったすじ肉とタケノコの煮物に厚揚げをプラスしたヤツをぶっかけ飯にしてみました。




下品やけど妙に美味かったぶっかけ飯

*下品やけど妙に美味かったぶっかけ飯

目玉焼きも添えてやりました。

厚揚げが絹こし豆腐を揚げたタイプで柔らかくご飯と食べても違和感がなかったですわ。

すじ肉を辛い出汁で炊いてあるんですが、妙に美味かったですわ。

すじ肉を使った出汁が無駄にならんで最後まで楽しめて大満足でした。





2本目は5月30日の休肝日の晩ごはんとして食べた麺類。

菊水の生ラーメンを使って中華焼きそばを作ってみました。



久しぶりに中華焼きそば

*久しぶりに中華焼きそば

中華焼きそばを作る時って、きくらげを入れたくなるんですよねぇ。

もやし、きゃべつ、豚、ニラを入れて、創味シャンタン、オイスターソース、醤油などでてけとーに味付け。

麺の量は茹でる前で110gやけどたっぷり野菜を足したんで食べ応えもありました。






3本目は5月31日の朝麺。

ヌードルメーカーで作った生うどんを冷凍してあったんで、そいつを食べることに。







いりこだしでうどん

*いりこだしで香川風にかけうどん

いりこだしの素を使っての簡単な出汁で。

醤油をごくごく控えめにして、天かす、ネギにショウガをプラスすると気分は讃岐うどんです。

まぁヌードルメーカーで作るうどんはなんぼ頑張っても讃岐うどんっぽくはないんですけどね。





4本目は同じく5月31日の昼ご飯。

うどんの量が少なかったせいで、うどんを食べて2時間ほどで昼ご飯を食べたようです。(^_^;)




味噌ラーメン

*マルちゃん「正麺 味噌味」

袋入りのインスタントラーメンを簡単に食べる時はとりあえず溶き玉子。
 *頭が古いせいか「玉子を食べとけば栄養はオッケー」って気分になるんですよねぇ・・・。

ニラがあったんでそいつを仕上がりでぶち込んでやりました。

実家の親父が作った唐辛子ペーストを加えて頂きました。






5本目は6月1日の朝ごはん。

食べたのは12時過ぎなんで昼ご飯って言うべきかもしれませんが・・・。



炊きたてご飯で玉子かけご飯

*炊きたてご飯で玉子かけご飯

生卵に味付け海苔、かつお節ってのが昔からの組み合わせなんですが、この日は味付け海苔の代わりに刻み海苔を使ってみました。

なんとなく青ネギもたっぷり散らしてやったらふだんの玉子かけご飯とは雰囲気がだいぶ変わりました。

食べる時は醤油とたっぷりの七味をかけてワシワシ行きました。








6本目は6月1日の昼ご飯。

少し前に買うてあったカップラーメンを行ってみました。



金ちゃんヌードルのとんこつ味

*レアもの?の「金ちゃんヌードル とんこつ味」

香川で見かけた時は買わなかったけど、その後myblackmamaさんが食べて美味かったって言うてはったんでヨソで見つけてゲット。

ノーマルの金ちゃんヌードルは置いてるトコ多いですが、このトンコツバージョンは珍しいですね。




なかなか美味い金ちゃんヌードルのとんこつ味

*なかなか美味かった金ちゃんヌードル

麺がちょっと頼りないけどなかなか美味かったですわ。

中学生の頃、学校にトンコツラーメンのカップラーメンを持って行って、麺を食べ終わったらご飯をぶち込んで食べたんを思い出してました。

久しぶり行儀悪いけどご飯ぶち込みたいなぁ〜って思ってしまいましたが、なんとか自粛。




ラストの7本目は金ちゃんヌードルに刺激されて6月3日に食べた麺モノ。




マルタイの熊本ラーメン

*マルタイの「熊本 焦がしニンニク入り黒マー油とんこつラーメン」

実はこのネタは当日に携帯からアップしてるんですが、金ちゃんラーメンと関係があったので再度アップ。

金ちゃんラーメンを食べて美味かったけど、トンコツラーメンと言えば縮れた麺よりストレートの棒麺やなぁって思ってたです。

それがあったんで、3日にスーパーで見つけて買うたヤツを珍しくその当日に食べたんです。



マルタイの熊本とんこつラーメン

*マルタイの熊本とんこつラーメン

やっぱりマルタイはよう出来てますなぁ。

ほんまはキクラゲが欲しいトコですが、戻す時間が待てず無しに。

金ちゃんラーメンも良かったけどやっぱりこうしてストレートの麺を食べるとこっちの方がとんこつラーメンらしいって思ってしまいました。





以上、ちょっと古めの麺類、ご飯類の7連チャンでした。


*朝の体重:57.50kg弱。(やっぱり寝汗をかくせいかな。)

*今月の休肝日:9日(今日は酒飲みますよー。っていうか、既に昼にビールを一本だけ行ってもうた。)

posted by えて吉 at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

「キーマカレー」を作ってみたー!!

大阪の今時なカレー屋って日替わりメニューなんかにキーマカレーがよう入ってる印象があります。

食材のコストが安いからか調理時間が短くて済むのか、それともわざわざひき肉を使う別の理由があるのか。

しばらくカレーを作って無くて2〜3日前に急にキーマカレーを自分で作ってみようって気になりました。

昨日のうちに材料を買い揃えておいたんで昼前から仕込みをスタート。

キーマカレーってあんまり作ったことないんですが、レシピを調べたりすることもなくテケトーに行ってみました。

玉ねぎ一個を繊維に直角の薄切りに。

セロリ半本も薄切り、シシトウ5本は小口切りにしてから適当にみじん切り。

生のトマト2個は皮をむいて、トマト缶1つは手で潰しておきました。

シャンツァイ(香草)の根っこを凍らせてたやつはみじん切り。

ニンニクとショウガはすりおろしておきました。

カルダモンとクローブをまず油で熱して玉ねぎとセロリを投入。

ビールを片手に強火でガンガン炒めてキツネ色になったらショウガ、にんにく、シシトウを投入。

トマト缶を汁ごと加えてしばらく煮詰めて生のトマトも加えてさらに煮詰めたら合挽きミンチをぶち込みました。

炒め煮にしながらクミンパウダー、コリアンダーパウダー、ターメリック、唐辛子、塩などで味付け。

トマト缶の水気以外の水は入れずにしばらく火を入れたら出来上がり。

あんまり外でキーマカレーを食べたことがないんで比べようがないんですが、なんとなくカレーっぽいもんは出来たんでヨシとしておきました。(^_^;)


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 17:35| Comment(2) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

とんこつ味の焼きビーフン

ちょっと古いネタですが自分のメモがてらサクッとアップしておきます。

ビーフンは業務スーパーのPB商品のヤツを愛用してまして、家の食料ストックケースに常備してます。

一塊が60〜70gなんであんまり食べ過ぎたくない時なんかにカロリーを気持ち抑えられるのも便利なポイントです。

そんな訳でビーフン自体はしょっちゅう食べてるんですが、豚骨ラーメンのスープで味付けしたのは初めてでした。

食べたのは5月13日なんですが、いつもなら創味シャンタンで味付けをするんですが、ふと焼きラーメンっぽくとんこつスープでやってみようと思いつきました。





とんこつラーメンのスープの素

*今家で使ってる「とんこつラーメンのスープの素」

以前は業務用で濃縮のボトル入り豚骨スープを使ってたんですが、めったに使わないんで使い切るまで何年もかかったんです。

あまりに長いこと置いとくのも傷みそうでイヤやったんでボトル入りはもう買わないことに。

それでもたまにとんこつラーメンを食べる時にスープを増量するにはスープの素が欲しいなぁと。

そしたら天満の「ぷららてんま」の地下のスーパーみたいなとこでこれを見つけたんです。

10個くらい入って200円ちょっとだった記憶があります。

これなら個包装やから開封したボトルよりは傷みにくいやろうと。



ビーフンはお湯に浸けて固めに戻して、それをざるに上げて水を切りながらしばらく置いておきました。

具は豚肉にもやし、キャベツ、ニラなど。

具材を炒めたらビーフンを加えて少しだけ水を加えておいた豚骨スープを回しかけてやりました。

最後に付いてた調味油も回し掛けたら出来上がり。







けっこう上手かった「とんこつ味の焼きビーフン」

*とんこつ味の焼きビーフン

初めてやってみたんですが、とんこつラーメン味のビーフンってのもなかなか良かったですわ。

もやし一袋とキャベツたっぷりで嵩増ししてあったんで食べ応えもあったし、休肝日の晩ごはんとしては文句なかったですわ。

あっさりした創味シャンタンでの味付けもええけど、こういう濃ゆい味付けもたまにはええもんですな。






今日は昼イチで歯医者へ。

奥歯の治療なんで大きく口を開けんとあかんくてけっこう疲れるんですよねぇ。

奥歯の被せモノが取れた箇所が中に虫歯が出来てたせいで治療してるんですが、なかなか進まんのですよねぇ。

神経を抜いた後の歯の内側を掃除してるらしいんですが、その処置のあと、まだ中に薬剤詰めて、銀歯の台になるもんを作って、それからやっと銀歯を被せてってな工程があるようですわ。

疲れる治療の後で、久しぶりに八尾の国道25号線沿いにあるツタヤへ。

iPadの容量が一杯で新しい音楽が入れられなくなってたんですが、携帯を変えてそっちに音楽を入れることにしたんで余裕が出来たんです。

久しぶりやったんで一気に30枚近く借りてしまいましたわ。(^_^;)

一枚100円で借りられたらありがたい話ですわ。一週間あるんでのんびり取り込み作業をやっていこうと思っております。



*朝の体重:57.10kg。(寝汗で軽めに出るようになってきてるんやろうなぁ。)

*今月の休肝日:8日(今日は酒抜かんとあかんのよなぁ。)


posted by えて吉 at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

腹減り過ぎてカップラーメン

今日は午前中に家を出てまずはツレ夫婦のやってる喫茶店へ。

コーヒーとゆで玉子を食べてちょっと2人とおしゃべり。

その後、本日のメインの用事であるメガネ屋へ。

もうだいぶ前から老眼が出てて、読書用の老眼鏡は作ってあります。

家で本を読むときはそれに掛け替えるんですが、そのメガネは家に置きっぱなし。

外で携帯を見たりする時にいよいよ不自由し出したんでついに初めての遠近両用のメガネを作ることに。

前の家の近くにある眼鏡市場で今までに2本買うてるんでそこへ。

検査を色々やって安めのフレームで新しく発注。

込み込みで2万弱、出来上がりは一週間後とのことでした。

手元の小さな文字の読みにくさはどう変わるんでしょうね。ちょっと楽しみですわ。

帰りはスーパーに寄って猫砂と自分の食材を調達。

買い物が終わったらもう1時過ぎで腹減ってヘロヘロでした。

外で食べようかともだいぶ思ったんですが、朝の体重が目標オーバーやったんで家に帰ってカップラーメンを食べることに。

手元の在庫からカロリーが234kcalと少なめの日清「ラ王 やさいタンメン 塩」をチョイス。

こういう縦型のインスタントラーメンにしては待ち時間が5分と長めでした。

気持ち悪いほど腹減ってたんで2分長めなんが恨めしかったですわ。(^_^;)

あっさりして美味いスープでしたが一口味見したら唐辛子のペーストたっぷりぶち込んでしまいました。

あと、ちょっとでも腹を膨らまそうとたっぷりの乾燥わかめを戻したんもぶっ込みました。

それでも全然足らんかったんで晩ご飯は早めに食べようと思っております。

*朝の体重:58.20kg。

*今月の休肝日:8日

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 14:42| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

念願かなって広島の「むろか」を再訪

5月に急に予約が取れて広島の「むろか」っていう居酒屋(割烹?)に行ってきた時の様子をご紹介します。

初めて行った時に非常に気に入ってずっと再訪したいと思ってたんですが、なんどか満席で断られてて、やっと再訪が叶いました。

前日に電話したら急にお店の予約が取れたんですが、ドライブの行き先を探してたのに行きはバスで。



当日は朝からバスの中でコンビニのお寿司をつまみにビールをやってました。(^_^;)

昼ご飯に広島焼を食べて、1000円の安い散髪屋で髪の毛をさっぱりしたりして時間を潰して宿へ。

宿は今までに何回か使ってる「ホテル28広島」ってとこにしました。

ここは安い宿やけど小さいながらも大浴場が付いてて気に入ってるんですよねぇ。

ただ、「むろか」の予約が取れたのが5時で風呂も5時からしか使えなかったんで、今回は晩めし前に風呂には入れずでした。

昼に散髪してたんで部屋の小さなユニットバスでシャワーを浴びてすっきり。

「むろか」は予約客でも時間の前にはお店に入れなかったり、全員が揃わんとあかんとか、時間に厳しい印象がありました。

それでも宿がお店から歩いて3分ほどなんで、慌てず時間のちょっと前にはお店に到着。




広島の「むろか」の店構え

*広島の居酒屋(割烹)「むろか」の店構え

予約が取れたのは開店時間の5時からの時間帯だけやったんで、混んでるかと思いましたが店内に入ると私が口開けの客でした。

おそらく他のお客さんがもう少し遅い時間帯で入ってて、早めのこの時間一人程度だけ中途半端に空いてたんでしょうな。



まずはビールでスタート

*まずはビールでスタート

昼にちょっと飲んでましたが、この一杯目のために夕方は我慢してました。



最初が「チーズワッフル」でちょっとびっくり

*最初が「チェダーチーズと豆のワッフル」でちょっとビックリ

前回の料理をはっきりは覚えてなかったけど、最初の方に小さな小さなハンバーガーが出た記憶はありました。

今回はもうちょっと食べ応えがあるヤツがいきなり出て来たんでちょっとびっくりしました。

あんまり食べられる量が多くないんで、こんなんを最初に食べて最後までたどり着けるんかいななんて思ってました。

チーズの味と豆の風味がようてビールのつまみと思えばアリはアリでしたけどね。



他のお客さんがいなかったんで今回ははじめから大将とかなり色んな話が出来ました。

前回来てからなかなか縁が無かったのに昨日急に予約出来たから泊まりで大阪から来たなんてこともお伝え。




ビールを飲んでる最中にもう日本酒もオーダーしておくことに。




スッキリ系のヤツをぬる燗でお願いしてみました。



ぬる燗で日本酒「神雷」

*ぬる燗で日本酒「神雷」

小ネタ満載「前菜の盛り合わせ」
*小ネタ満載の「前菜の盛り合わせ」

お料理の内容は、右上から下へ順に次の通りです。

・お刺身生くらげ胡瓜おろし梅肉和え

・牛蒡バンズのサババーガー

・高宮鶏白肝のレバーパテ

・ひとくちロールお稲荷さん

・ホネっ!大根の浅漬け

・自家製ツナの柏餅仕立て

・塩豆腐の笹の葉巻き

・浅利と筍の木の芽和え

・搾菜の白和え

・セロリと玉子の四川麻婆

・呉名物 揚げたてがんす

・グリーピースのグラタン


小さなアテが色々ありますが、素材に凝ってたり、提供の形が面白かったり一つ一つに手間やアイディアがあって面白かったですわ。

いくつかの料理については大将と話させてもうてて考えてはることとかが聞けました。

一人で食べてると次の皿がいつくるか分からんせいか、食べるペース配分が行けてるかちょっと不安にはなりましたわ。

私みたいな飲兵衛やったら、時間掛けて食う気になったらこの盛り合わせだけでかなり長いこと飲めますからねぇ。

こういうアテ系をたくさん盛るのって、お店側にしたら仕込みが1回で済んで、一度出せば食べるのに時間が掛かってええのかなぁなんて思わんでは無いですけどね。

それでも他のお客さんへこの前菜を出すに当たっては、ギリギリまでは冷たいモノは冷たく、温かいモノは出来たてを提供しようとタイミングを計ってはりましたわ。



ちなみにこの盛り合わせの料理の説明は口で一度に言われてもその場でも食べてるうちに忘れるやろうし、メモも多すぎて取れませんわねぇ。


でも、ゆっくり食べてても何やったか分かるようにちゃんと工夫がされてました。



前菜の盛り合わせのメニュー

*前菜の盛り合わせのお品書き

ちゃんとこういう紙が1人1人に置かれてて、確認しながら食べることが出来ました。(^^)

ブログの記事を書くのにもめちゃくちゃありがたかったですわ。



2杯目のお酒「生酛華鳩」

*2杯目のお酒「生酛華鳩」

ビールはこちらのお店では「キレ」と「コク」から選ぶってことになってます。

キレがスーパードライで、コクが熟撰だったかと。

2杯目は最初と違うのにしたんでグラスの形も変わってます。お酒は2杯目もぬる燗です。



一種類ずつ食べ方の説明付きお刺身

*一種類ずつ食べ方の説明のあるお造り

魚の名前と共にこれはそのままとか、これはわさびととか、食べ方を教えてくれはりました。

最初の3種類はなんでしったけねぇ。右が貝柱なんは分かるんですが・・・。(^_^;)


ちびっこい生アワビ

*ちびっこい生アワビ

こいつはすだちを絞って殻から外してそのまま食べたんだったと思います。

赤ヘルとカツオのタタキ?

*赤ヘルとかつおのたたき?

プチトマトをわざわざ赤ヘルにするところがいいですよねぇ。

右側はカツオのタタキじゃ無かったかなぁ。薬味が乗ってるからそのままパクッと行きました。



お店の定番「玉子モンブラン」

*玉子のモンブラン

これはお店の定番のようです。

ゆで玉子をペーストにしてこんな風なにぎりずしにしてありました。



3杯目の日本酒「亀齢」

*3杯目もぬる燗で「亀齢」





鱧とタピオカの茶碗蒸し

*鱧とタピオカの茶碗蒸し

私はこの料理が出て来てまず、こんな器にちょうどの小さな蒸籠があるのにビックリしました。

木を曲げてここまで小さな円になるのがすごいなぁと。


肉をパイ生地?で包んだモノと野菜ソース

*肉をパイ生地で包んだもの

なかにミンチ系の肉ものが入ってました。

それをパンというかパイというかな生地で包んでました。

添えられたのは野菜のソースでした。

それぞれちゃんと味わいたいけど、メインの料理が小さいんで料理と楽しんだのは2種類か3種類だったかと。

もちろんメインと食べなかった分はお箸ですくってソースだけで楽しみましたよ。


4杯目は冷酒で「寶劔」

*4杯目は冷酒で「寶劔」

最後の一杯は冷酒にしてみました。


かわいいサイズのへぎの折り箱でご飯モノ

*へぎの折り箱でご飯モノ

この小さなお弁当箱?で出るご飯モノもこちらの名物かと。

運んでくれたフロアの人が「お持ち帰りはいただけませんので、店内でお食べ下さい」ってなことを説明してはりました。

まぁ後で事故が起こった時のこととか考えるとお店としては持ち帰りは認められないんでしょうねぇ。

個人的にはだいぶ腹が大きかったので、可能なら持ち帰りたかったですけどね。




子供の頃を思い出した3色弁当?

*鶏そぼろの3色ごはん?

こういうお弁当スタイルにしてあると蓋を開ける瞬間が楽しいんですよねぇ。

鶏そぼろの3色ご飯って、子供の頃のお弁当で好きなメニューやったんで懐かしくて嬉しかったですねぇ。

そえられてたのはカブか大根のポタージュのようなものだったかなぁ・・・。



最後の甘いおまんじゅうとお茶

*最後の甘い物とお茶

ご飯モノで既にお腹がパンパンやったんですが、せっかく出してもうたんでちゃんと食べ切りました。





正直言うと初回に来た時になかった前菜の盛り合わせって形式よりは前のように一品ずつ出てくる方が好みではあります。

それでもこのお店の評価を下げるってほどではなく、ガラッと季節が変わったら前菜にどんなモノが登場するのか楽しみにも思えます。

お料理だけだと3000円という手頃なお値段ですが、色んなトコに手間を掛けてはってやっぱり値打ちがありますねぇ。

ちょっとコースの組み立ては変わったけど、来れるチャンスがあればぜひまた期待と思えるお店なのを改めて認識しました。

ちなみにお勘定は7020円でした。料理のお値段より酒代が高く付くのは飲兵衛としては納得ですわ。




むろかを出たらバーに行きたかったんですが、腹がぱんぱんやったんでしばらく街をブラブラ。

ひっさしぶりにゲームセンターでUFOキャッチャーをやったりしばらく腹ごなし。

その後「むろか」のすぐ近所にあるBAR「サンドバー」へ。

前回一軒目で行った「スランジーバ」ってバーのマスターからこちらを紹介されました。

せっかくなんで行ってみたんですが、すでにけっこう飲んでて翌日の運転のことを考えたらあんまり飲めず。

それで今回は改めてサンドバーできっちり飲もうと計画してたんです。

昨今のクラフトジンの流行のことから、広島産の農産物に拘ったジンのことを教えてもうたり。

今年広島で開催のNBAのカクテル競技会?の課題がリトルプリンセスっていう古いカクテルで、それを飲んだり。

マスターと奥さんに一杯ずつやってもらったりしながら、他のお客さんが来るまで色々と話をさせていただきました。

8時頃からのんびりしてたら3時間近くおったようですわ。カクテル4杯とビールを一杯ずつ飲んでもうて5200円やったんでえらく安く感じてしまいました。


翌日の帰りは新幹線にしたんですが、運転が無いのをええことに朝酒&朝広島焼という濃ゆい楽しみ方をして広島を後にしました。

帰る日がええ天気で運転出来ないのは残念でしたが、広島と大阪間ってあんまりルートに変化が無いんでこうやって車無しでくるのもええもんやなぁと思いましたわ。








*朝の体重:57.40kg。(理想値ジャスト。)

*今月の休肝日:8日(昨日は酒を抜きました。)

 
 
posted by えて吉 at 16:16| Comment(0) | 旅先&遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

晩ごはんネタを固め打ち

昨日はほとんど一日中デジタルもんでゴタゴタしてて更新を休ませて貰いました。

そのお詫びって訳でも無いんですが古めの晩ご飯ネタをまとめてアップしてみます。


まずは5月18日の晩ごはんから。

この日は早朝から香川までうどん巡りに行ってた日で地元の「万代」ってスーパーに帰り着いたのが夕方の6時50分でした。

1日で550km以上走った後だとさすがに料理する気にはならず、惣菜なんかで簡単に済ませることに。

普段食材の買い物って昼間に済ませるんですが、久しぶりに夕飯時を過ぎてスーパーに入るとあっちこっちで割引シールを貼られたモンが目に付きました。

1人暮らしで買うた惣菜を何日かにわたって食べることが多いんで、割引シールが貼られてても買うのを我慢することがあるんですが、この日は開き直って見切り品を積極的に買うてみました。




久しぶりに割り引きシール付きを買いまくり

*久しぶりに特売品を買いまくり

京菜の漬け物と玉子以外はぜーんぶ割引シール付きです。(^_^;)


うどん巡りの後の地味な晩ごはん

*うどん巡りの後の地味な晩ごはん

・ヒラメのお造り

・たたき系のお造り(サワラの炙り?)

・白和え

・オクラと長芋の和え物

・ゴボウサラダ

・空豆の塩茹で


値引きされるからって刺し身を2品も買うてしまいましたが、一品の正体は忘れてしまいました。

香川の道の駅でさやから外した空豆がえらく安くで売られてたんで、それを買うて家で茹でたんがこの日唯一の料理?です。

ただ、他のモノを盛り付けたり飲むものの用意してたら、茹ですぎてえらく柔らかくなってしまいました。







続いて5月22日の晩ごはんです。

18日に食べたモンがけっこう残っててほとんどそれを並べただけの晩ごはんになってしまいました。

というのも、うどん巡りの翌朝から熱が出てしばらく布団に籠もってたんで、残った惣菜が食べられなかったんですよねぇ。

ちょっと日数が経ちすぎて嫌でしたが傷んでるようにも思えんかったので、食べてやることにした次第です。





残り物だらけの晩ごはん

*残り物だらけの晩ごはん

・もやしの炒め物

・茹でブロッコリー

・おくらと長芋の和え物

・白和え

・ゴボウサラダ

・ソラマメ

・京菜の漬け物

ブロッコリーも香川で安くて買うたんですが、帰った当日は茹でる気にならず、風邪でそのまま冷蔵庫に入れてたらちょっとヘタってしまいました。

この日は病み上がりで料理を頑張る気にはならず、ブロッコリーを茹でてもやしを炒めただけになりました。



料理とは関係ないんですが今の家は夕方になると西日が正面から差し込むんですよねぇ。

おかげで時間帯に寄るとこんな風に非常に料理写真が撮りにくくなってしまうんです。

カーテンを完全閉めたらマシかもしれないんですが、そんなとこで食事する気ないし、写真だけのために開けたり閉めたりもめんどくさいしねぇ。





3本目は5月25日の晩ごはんです。







鶏のガーリック焼きメインの晩ごはん

*鶏のガーリック焼きがメインの晩ごはん

・鶏のガーリック焼き

・茹でもやし

・京菜の漬け物

・ほうれん草 ごまだれがけ

・納豆

・生春巻き(惣菜)

・牛すじと竹の子と厚揚げのピリ辛煮

何を作るか決めずに買うた鶏モモ肉は半分ほどを塩焼きに。

裏の厚みのあるとこに切り目を入れて、塩こしょうをしてチューブのニンニクを揉み込んでやりました。

それをフライパンに少し油を引いて、皮目から弱めの火でフタをして蒸し焼きにしました。

ほうれん草に飽きてしばらく買うてなかったんですが、この日は久しぶり買うてみました。





4本目は5月28日の晩ごはん、っていうか昼飲みか・・・。

昼頃に歯医者に行って、その後銀行に行ってからあっちゃこっちゃで買い物。

途中で寄った平野のマックスバリュでラム肉のサイコロステーキ用とかいうもも肉を発見。

普段は肩ロース?のスライスか骨付きのラムチョップばかりで、もも肉の塊肉ってのが珍しくて即カゴへ。

帰ったのは3時半過ぎでしたが、もう腹が減ってたんでさっそく買うたラム肉を食べることに。




ラムのもも肉で炒め物

*ラムのもも肉で炒め物

ラム肉の食べ方を迷って、とりあえず肉にはニンニクとカイエンヌペッパー、クミンパウダーとコリンアンダーパウダーを揉み込みました。

そのまま肉だけ食べても良かったんですが、冷蔵庫に残ってたゴーヤー、トマト、シメジも一緒に炒めることに。

羊肉にまぶしたスパイスと全体の塩コショウだけの味付けでしたが、ちょっと変わった中華料理みたいになって思いつきにしてはよう出来てました。






さすがにこの炒め物一皿では足らんので、これを食べ終えてからまた台所に立ちました。







ラム肉だけでは足りず追加で「ネギ焼き」

*ラム肉だけで足らず追加で「ネギ焼き」

お好み焼きは鉄板から直接コテ(テコ)で食べたいんですが、ネギ焼きはギリギリ皿からでも我慢しときました。

この頃から葉物野菜なんかがだいぶ安くなってて、青ネギもけっこう大きな束が198円やったんです。

そいつがあったんで、ちょっと前までなら贅沢品だったネギ焼きも出来るように。

半分はソースとカツオ、青のりで、残り半分はかつお節とレモン汁と醤油で頂きました。




ラストの5本目は5月29日に食べた晩ごはんです。




納豆オムレツなどで晩ごはん

*納豆オムレツなどで晩ごはん

・ゴーヤーと厚揚げ、しめじの炒め物

・もずく

・京菜の漬け物

・茹でモヤシ

・納豆オムレツ

・ほうれん草

・魚肉ソーセージとオクラのキムチマヨネーズ和え

・淡竹のメンマ風(実家の親父より)


納豆オムレツは、まずコップの中で納豆を刻んで挽き割り風にしてやりました。

そいつと玉子、たっぷりの青ネギ、紅ショウガ、天かすなどとごく少量のたこ焼きの粉を水で溶いたモノを合わせました。

味付けは白だしをちょろちょろっと加えました。

全体をグラタン皿に入れてオーブントースターで焼いたんですが、出来上がりはえらくフンワリしてスフレみたいになってましたわ。

魚肉ソーセージは、この頃に買うたキムチの素ってな調味料とマヨネーズを混ぜたもんで和えました。

初めて買うてみたキムチの素は、発酵した雰囲気を出すためか最初から酸味があって、ちょっと予想とは違ってましたなぁ。



以上ちょっと古めの晩メシネタの固め打ちでした。


*朝の体重:57.90kg。(昨日は3食きっちり食べたけど、余裕無いなぁ。)

*今月の休肝日:7日(明日は飲み会の予定あるし、今日は休肝日やなぁ。)

posted by えて吉 at 16:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

免許の更新を済ませて大阪王将へ

今日は免許の更新で午前中に地元の八尾警察へ。

平日やというのに何人か待ってたんが意外でした。

生野より八尾って人が多いからですかねぇ。

3年ちょっと前に違反してるんで更新ではゴールド免許にはなりませんでしたが、一般者講習で済みました。

免許郵送にして講習も今日中に済ませることにしたんですが、講習まで45分もあったんはちと痛かったですわ。

講習を終えたのが12時半過ぎでもう腹も減ってたんでJR八尾駅前の大阪王将へ。

大阪王将は割高に感じて餃子の王将ばっかりやったんですが、最近冷凍食品で大阪王将の餃子を食べてイマイチやったんで店のが気になったんです。

餃子240円に野菜炒め580円に中瓶480円。

冷凍食品の餃子は好みじゃなかったけど実店舗のヤツはけっこう良かったですわ。


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 14:37| Comment(2) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

夏の好物「鶏の南蛮漬け」を前倒しで

夏になると食べたくなるモノの1つに鶏の南蛮漬けがあるんですが、今年は1本前の記事のゴーヤーと同様、ちょっと早めの初回となりました。

食べたのは5月の14日なんで、夏っぽく感じはしてもまだホンマの夏では無いですわね。

こんな時期に夏らしいモノを食べてしまうと本番の夏がやって来た時にメニューに困るんですけどね。

この日は昼前からホームセンターに買い物に出て、帰り道にスーパーに寄ったんですが鶏肉を見たら急に食べたくなったんですよねぇ。

ある程度冷やして食べたかったんで、家に帰ったらすぐ鶏の南蛮漬けだけ仕込みをしました。

晩ごはんの時に一品炒め物を作ったら後は冷や奴と納豆で簡単に用意。





こんな晩酌風景になりました。




ちょっと早い時期に夏の好物「鶏の南蛮漬け」

*ちょっと早い時期に夏の好物「鶏の南蛮漬け」

・鶏の南蛮漬け

・冷や奴

・納豆

・コマツともやしとスパムの炒め物

・牛ミノの煮込み(三重の朝日屋の惣菜)


鶏には醤油、酒、ショウガなどで軽く下味を付けて、ビニール袋に入れて片栗粉をぶち込んで袋を膨らませてからボンボンやって粉を打ちました。

そいつを少なめの油で揚げ焼きにして、濃口醤油、酢、砂糖を混ぜてスライスオニオンを加えた浸け地へ。

他の食材でやる南蛮漬けなら醤油をもっと控えて、色薄いお上品めなヤツも作るんですが、鶏の南蛮漬けはこういうの好みなんです。

ガキの頃から実家で食べててこういう味として刷り込まれてるんですよねぇ。

甘みも割としっかり効かせた濃ゆい味なんでお客さんに出す用の料理じゃ無くてモロ家庭料理って感じです。

付け合わせのキューリと春雨も昔からコレに決まってるんです。

真夏に食べたくなる南蛮漬けですが、正直これを真夏に作るのってけっこうツライんですよねぇ。

夕方に冷たいのを食べようと思ったら早めに仕込まないとアカンでしょ。

朝か遅くて昼頃には料理せんとあかんで、暑い時期に揚げ物の油ってモワッと胸に来るモンがあるじゃないですか。

油のしつこさだけじゃなくて、物理的に暑い時期に揚げ物ってのもイヤですしね。

まぁ今の家はオール電化でコンロもIHヒーターなんで、ガスの頃よりはマシかもしれませんけどね。

さすがに今回の記事のように5月やったらそんなにキツくなかったですわ。

久しぶりの好物の南蛮漬けを食べられてご機嫌な晩ごはんでしたわ。








*朝の体重:57.40kg。(理想値ジャスト。)

*今月の休肝日:6日(今日もう1日抜けば月10日ペースに戻るんやけど・・・。)


posted by えて吉 at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

偶然「ゴーヤーの日」にゴーヤーチャンプルー

5月8日はゴーヤーの日ですが、例年まだこの時期はまだあんまりゴーヤーを食べたいって思う気候じゃないんですよねぇ。

個人的にもっと真夏っぽくなってからの方がゴーヤーの季節って感じるんです。

まぁそれでも今までに何回かはネタ的にゴーヤーの日やからとわざわざゴーヤーを食べたことはあるんです。

でも今年はネタを意識してなかったのにゴーヤーの日当日にゴーヤーを食べようって気になったんですよねぇ。

気候的にも暑かったんやと思いますが、たまたまその日にゴーヤーが138円だったか、かなり安くで売られてたのも理由ですわ。(^_^;)

この値段でこんな天気やったらゴーヤーもええなって思った記憶があります。




偶然「ゴーヤーの日」にゴーヤーチャンプル

*偶然「ゴーヤーの日」にゴーヤーチャンプルー

・ゴーヤーチャンプルー

・マグロ納豆

・ピーマンの和え物

・ネギマグロの韓国風

・結び糸こんにゃくの山椒煮

・春キャベツと桜エビの蒸し煮

・簡易版焼きなす

・もずく


季節最初のゴーヤーはやっぱり定番のゴーヤーチャンプルーかなと思って作りました。

手元にだいぶ前からあった小さめのスパム缶を開けて具にしてやりました。

ちょっと邪道かもしれませんが、ゴーヤー以外にもやしと冷蔵庫に残ってたシメジも加えてやりました。

食べる時にはコーレーグースーを掛けてやると沖縄っぽさが出て良かったですわ。

マグロは冷凍庫に常備してるねぎまぐろ用ペーストです。

買うてからけっこう時間が経ってるんで減らすためにこの日の献立に加えてやりました。

1パック?を納豆と韓国風のネギマグロの2種類に分けて使いました。

電子レンジで作った手抜きバージョンですが焼きナスも今年の初物で夏っぽいメニューですね。

ゴーヤーと茄子のおかげで、季節を先取りした夏気分の晩ごはんとなりました。






*朝の体重:57.15kg未満。

*今月の休肝日:5日(今日は酒抜かんとあかんなぁ。)
 
 
posted by えて吉 at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

伊丹空港の「美々卯」で朝うどん

今日は急遽東京から出張で大阪に来る飲み友達を車で出迎えることになって伊丹空港へ。

元の予定では飲み友達のSさんが空港から難波までバスで来ることになってました。

昨日は大阪北部で震度6弱の地震があって交通機関が夜まで混乱してましたが、今朝の時点ではほとんど復旧。

難波で会うよりだいぶ余裕を持って起きたんですが、空港への迎えはないやろうと思ってたんです。

それが急に変わったんで大急ぎで用意して家を出ました。

普通ならもっと早く家を出るタイミングやったんでちょっと焦りましたが空港にはなんとか飛行機が着く時間までに到着。

Sさんを出迎えてから当初ミナミの今井に行く予定やったんで、空港内の美々卯を提案。

朝ごはんにはちょっと贅沢でしたがお互い鳥なんばうどん930円をオーダー。

美々卯って食べた記憶はないんですがうどん自体は大阪らしいっていうんかあんまりコシないんですねぇ。

もちろん出汁に重きを置く大阪らしく個人的にはまったく文句はないんですよ。

だしが上手くて空港で食べると思えばこの値段も十分納得出来ました。(^^)



iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 14:56| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

久しぶりの「オムカレー」

冬場の休肝日には適当な野菜で嵩増しした焼きカレーをしょっちゅう食べてました。

そっちに飽きた訳でもないんですが、同じように安物レトルトカレーを使ったオムカレーの方を作ってみました。

食べたのは11日の休肝日になるんですが、いつものように”飲めない”ってだけでやる気はダダ下がり。(^_^;)

手元にあるもんでしのぐことにしたんですが、いつもの焼きカレーはやめてオムライスにカレーを掛けることに。

嵩増しとしては手元にあった魚肉ソーセージ、玉ねぎ、ピーマンを使ったんだったかと。

いつもならキノコ類をたっぷり入れるんですが、切らしてて買いに行く気も出なかったんです。

玉子は2個使うことにして、料理の少し前に冷蔵庫から出して室温に近づけときました。

中に入れる焼き飯は焼きカレーならガッツリカレー味にして辛味も効かせるんですが、なんとなくオムカレーの時は大人しめがええかと。

下味の塩コショウと、コンソメで味付けをしたらカレー粉などのスパイス系はパスしときました。


オムライスやらオムレツ系を作る時はながらく22cmのテフロンのフライパンを使うことにしてるんです。

そのサイズでやると持ってる少し大きめの皿にちょうどよく収まるし、作り慣れてて具合がええんです。

26cmだかの少し大きめのフライパンで中身の洋モノチャーハンを作ったら、玉子2個に牛乳少々と塩コショウにごく僅かに砂糖を加えた卵液を用意。

22cmのフライパンをしっかりめに熱して油を注いでからバターを控えめに加えたとこに卵液と投入。

ざっくりかき混ぜて半熟になっところで火を弱めて、大きいフライパンからご飯を乗せました。

あんまりムチャな嵩増しはやってないつもりでしたが、ごはんが広がったこともあって玉子で包めそうにありませんでした。

普段から完全に底まで包もうとしてないんですが、ある程度は包み込みたいとは思ってるんですけどね。

包むのは諦めて、フライパンから皿に移す時にある程度寄せて、一応でもオムライスっぽく見えるように誤魔化してみました。






180617omucurry.jpg

*久しぶりに作った「オムカレー」

一応、オムライスっぽく見えてませんかねぇ?(^_^;)

ちなみにカレーが掛かったトコの一部が少し破れてます。

ご飯を玉子の上に乗せた時はあっちゃ〜って感じでしたが、一応なんとかなったと思ってる上にごくごく安モンのレトルトカレーを掛けました。

白いご飯に安物レトルトカレーだとかなり寂しい気分になるんですが、こうして玉子でくるむだけで気にならんのですよねぇ。

カレーライスを食べるんじゃ無くて、オムライスにカレーソースが掛かってるって思えるからですかねぇ。

カレーライスよりは多少味わって食べられるせいか、少しは時間掛けて食べられましたしね。

焼きカレーもええんですが、たまにはこうしてオムライスにするのもええもんやなぁと思いながら頂きました。





今月は、月10日の休肝日って目標はそうそうに諦めたんですが、一応誠意を見せるため?昨日まで3日連続で休肝日にしてみました。

アル中になることもなく、肝臓に影響がなかったら毎日飲みたい飲兵衛にとっちゃ1日酒抜くのでもいまだに慣れないんですよねぇ。

それが2日になるとしんどさは何倍かになるし、ましてそれが3日なるとめちゃくちゃ努力がいるんです。

なんとか3日酒を抜いたんで、今日は昼間っから胸を張って飲んでやりました。






*朝の体重:57.80kg。(余裕無いけど昼からがっつり行きました。)

*今月の休肝日:4日(昨日は酒を抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

ラムの骨付きで一人宴会

冷凍庫に長らく買い置きしてたラムチョップを食べるためにやった一人宴会の様子をご紹介します。

普段使いにはラムなら肩ロースの薄切りか、下手したらその切り落としなんてもんを選ぶんですよねぇ。

そんなもんにとっちゃ骨が付いてる分目方的に割りが悪いのに単価が高い羊の骨付き肉はあくまでもお客さま向け。

それでももう半年くらい冷凍してたし、お客さんと食べる機会もなそうやったんで自分で食べることに。

一人やけど骨付きのラム肉なら贅沢やから”一人宴会”と称して楽しむことに。






食べたのはかなり前で4月25日になります。

この日は買い物に出かける予定があったんで、マックスバリューに入ってる某持ち帰り弁当屋の量り売り惣菜をいくつかゲット。

近所の万代ってスーパーはあんまり魚類の品揃えがようないんですが帰り道に寄ると珍しく富山産のホタルイカが並んでました。

湾内モノとは書いてなかったけど、丸々太って美味そうやったんでそいつもゲット。

この時期兵庫県産なら298円くらいやったけど、富山産は398円でした。

ラム肉を食べる関係でスパークリングワインを飲んだろうと思ってたんで、ホタルイカは洋風のマリネにすることに。

この何日か前に旅先で買うた農家の人が作ったようなたけのこの水煮は和風の煮物にしてました。

そいつを泡に合うようにちょっと改造することに。


和風に炊いたタケノコを牛すじと炊き直し

*和風のタケノコの煮物をアレンジ

竹の子の煮汁に白だしを加えて増量し、山椒の実と冷凍の自家製トマトソースのキューブを加えてまず牛すじだけをコトコトと煮込ました。

しばらくすじ肉を炊いてからタケノコを加えてまたしばらく煮込んで出来上がり。




以上が前菜になります。





富山のホタルイカのマリネなどを前菜に

*富山のホタルイカのマリネなどを前菜に

・惣菜:ポテサラ、コールスロー、エビとなんかのサラダ、エビとブロッコリーの中華風炒め

・ホタルイカのマリネ

・すじ肉と竹の子の和風トマト煮込み


惣菜のサラダがマヨネーズ系ばっかりになってしまいました。(^_^;)

ホタルイカは自分一人やけどちゃんと目と口を取ってやりました。

ワインビネガーに純米酢、レモン汁を加えて塩コショウで味を調えて乾燥ハーブとローリエなんぞ入れた漬け地でマリネしました。

やっぱりさすがの富山産って感じで旨味がしっかりあって値打ちがありました。





自分で作ったのは2品だけですが、これだけでけっこう飲めそうでした。

泡モノがなくなるまえに、もういちど台所に立って本日のメインである子羊ちゃんを料理。

子羊は時間を掛けて解凍して室温で置いてありました。

それにコショウ、カイエンヌペッパー、クミンパウダーとコリンアンダーパウダー、チューブのニンニクを揉み込んでしばらく寝かしてありました。

そいつを焼く直前にしっかり塩を振って、フライパンでじっくり焼いたのがこちらです。


長らく冷凍庫におった「羊の骨付き肉」

*在国処分で贅沢にヒツジの骨付き

フライパンだけで焼いたんで、骨の裏?の薄い肉はカリカリとまで行かず。

でも、けっこうええ感じに焼けてましたよ。



ええ感じに焼けたラムチョップ

*ラムチョップの断面

ええ具合の火の通り加減に思いましたがどうなんでしょうなぁ。

泡だけでは足らんかったのでラムの骨付きを食べる時は赤ワインも平行してやりました。

羊肉食べるってことから始まった一人宴会でしたが、なかなか満足しましたわ。






*朝の体重:57.80kg。(余裕無いなぁ。)

*今月の休肝日:3日(昨日も2連ちゃんで酒を抜きました。)

 
posted by えて吉 at 15:24| Comment(0) | 自宅で宴会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

住之江の日帰り温泉「湯楽」でお昼

今日は毛が伸びて鬱陶しいんで住之江区の北加賀屋にある湯楽に散髪しに来ました。

出る前に朝ごはんは食べたんですが風呂から出た時にはけっこうな腹減り具合。

このまま家に帰ると昼ご飯には遅く、晩ご飯には早すぎるってことになりそうでした。

そこで温泉内にある食事処で済ませることに。

一番軽そうなざるそば550円にしときました。

麺が氷水でギンギンに締められた上に出汁もキンキンに冷えてたんで一口目は治療中の歯がいくつも沁みてビックリしましたわ。(^_^;)

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 15:09| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

残り物で簡単に朝ごはん

昨日は中国道の三次ICから高速に乗って300kmをガンガン走って4時過ぎには家のそばのスーパーに到着。

晩ごはんは巻き寿司と惣菜だけで済ませました。(しかも盛り付けもせずプラスチックの容器から直食い。)

そのうちの1つは全く食べなかったので朝ごはんに使うことに。

最初はうどんに乗っけようかと思ったんですが、なんとなくご飯に乗せてみようかと。






食べてなかった惣菜で「オクラ長芋丼」

*食べなかった惣菜で「オクラ長芋丼」

惣菜は長芋を賽の目に刻んだヤツと茹でたおくらを混ぜただけのモノでした。

創味の甘口っていうめんつゆ?が付いててそれを掛けて食べることになってました。

そいつをそのままご飯の上に全部乗っけて、せっかくなんで生玉子の卵黄だけを添えて、回りにかつお節を散らしてやりました。

添付のめんつゆにわさびを溶いてから少し掛けたんですが、やっぱり甘すぎたので普通の醤油もプラスしてやりました。

玉子の黄身をを潰して全体とまぜながら食べるとめちゃくちゃ高級な玉子かけご飯を食べてるかのような気になりましたわ。(^_^;)

トロトロ、ネバネバのおかげでノド通りも良くて朝ごはんとしてはなかなかええ感じでしたわ。

おくらはしょっちゅう買うて茹でてるし、冷蔵庫の野菜室にはたいがい長芋がおるんで、これならまたいつでも出来るなと。

しょうもない手間の違いですが、長芋をすり下ろすより賽の目に刻む方が楽な印象がありますし。

薬味には梅肉なんか足すのもいいかもですね。







*朝の体重:57.75kg。(広島で食べまくったけど意外にマシやった。)

*今月の休肝日:1日(もう目標達成は諦めたけど、とりあえず今日は休肝日にしとこ。)
 
 
posted by えて吉 at 16:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

物産館「みわ375」で昼ごはん

10時頃に広島市内の宿を出てしばらくは国道2号線で大阪方面へ。

国道2号線は退屈なんで途中で見かけた国道375号線で内陸の三次方面へ。

眠くてたまらん時にちょうどよく道の駅っぽい施設があったので立ち寄り。

朝から何も食べてなかったんでここで眠気覚まし兼ねて昼ごはん。

ちょっと飲み過ぎで胃が不調なんで大人しく山菜うどん600円。

もうちょっと進んで中国道で大阪に向かう予定です。

カフェイン系のドリンク剤飲んだから眠気は大丈夫なはずやけど無理せんとぼちぼち行きますわ。

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 12:26| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

福山サービスエリアで昼ごはん

今日は先週うちに泊まってたフランス人のルーシーと姫路で再会。

広島に向かう途中の福山サービスエリアで昼ごはん。

数週間前にもここに寄って尾道ラーメンを食べて当たりやったんですが、連チャンはおもろないんでかき揚げうどん560円にしときました。

さて腹も膨らんだしもうちょいと走りましょう。

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 12:33| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

朝ごはんにはヘビー過ぎました

今朝は体重に余裕があったんで麺類でも食べようと思いました。

冷蔵庫をチェックすると菊水の生ラーメンがあってすでにだいぶんと賞味期限を過ぎとりました。

まだ食べられそうやったんでうどんは我慢してそいつを片付けることに。

野菜室にはこれまたかなり古い白菜を発見。

色の悪いとこを掃除して一気に半分ほど食べることに。

創味シャンタンをベースにスープを作って、カレー粉とたっぷりの一味を入れました。

白菜と刻んだ豚を煮込んでトロミを付けたら出来上がり。

青ねぎは冷蔵庫にあったんですがあっちゃこっちゃ傷み始めててこちらはゴメンナサイせざるを得ず。

おかげで彩りもない仕上がりになってしまいました。

これが本日の一食めやったんですが空きっ腹に重過ぎたのかその後えらく胃が重くなってしまいました。

残り物処理とはいえやっぱり朝はうどんなんかの和系がええですなぁ。(^_^;)

*朝の体重:57.45kg。

*今月の休肝日:1日

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 16:16| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

フランスからの客人との飲み食い その2

久しぶりにうちに受け入れたフランス人の旅人ルーシーとの飲み食いネタその2です。

その1から読んでやろうって方はコチラからどうぞ。

6日の水曜日は私には昼過ぎに歯医者の予約が入ってました。

ルーシー(Lucie)はフランス文学の教授で学生からレポート(論文)の提出があってその採点をせなあかんってことで私のパソコンで作業することに。

ルーシーは自分の朝メシを適当にスイーツかなんかで済ませてたんで、私も簡単におにぎらずを食べて済ませました。

私の歯医者が終わってから昼ご飯にうどんを食べて貰うことに。

歯医者の方はけっこうガリガリと削られて痛みはなかったけど音と振動だけで緊張して疲れてましたわ。

2階の歯医者から下のスーパーにおりて麺コーナーで袋のうどんとストレートダシをゲットし、えび天とかき揚げも買うたら家へ。

袋うどんで少しマシそうな讃岐って文字のあるヤツと手元の冷凍うどんを食べ較べて貰おうかと思ったけどそこまで差が分からんやろうから特に聞かずにルーシーには冷凍の方を。

180606udon2.jpg

*ルーシーのえび天うどん

天ぷらはトースターの温めモードでいちおう熱々にしました。

出汁はいつもなら白だしでてけとーにやるけど、今回はストレートのだしを使こうたんでなかなか美味かったですわ。


180606udon1.jpg

*私の食べた「かき揚げうどん」

私はおぼろ昆布を添えてかき揚げには紅ショウガを後で上に添えました。

私の方のうどんも一本味見てもらいましたが特に違いは分からんってことやったんで、問題なかったですわ。

昼ご飯を食べてしばらくしたらルーシーはまた仕事に戻って、ガンガン作業してたようですわ。

集中してたんで時間経過もあんまり意識せんかったらしく6時ちょっと前にもうええ時間になってたんやって気づいてくれたようです。

一応6時には家を出て外食しようって言うてあったんですが、仕事に興が乗ってるとこを止めるのも悪いけど、こっちはけっこう腹ペコやったんで助かりました。

ルーシーの用意が出来たら電車で出かけることにして、おおさか東線で河内永和駅まで行って歩いて布施へ。


1D82C824-9B2B-4508-9A98-E5124F7EB35F.jpeg

*まずは東大阪の布施の「得一」へ

バックパッカーやから予算に限りあるやろうし、安くても美味いモンがあると思って貰いたくて得一へ案内。

立ち飲みスタイルもええやろうし、モク吸いのルーシーには禁煙じゃない方がいいでね。

頼んだのはちゃんと確認をして挑戦するっていうんで鯨のお造り(380円)。

魚っぽさと獣っぽさがあるように感じるっていう、私の意見に同意してくれたんですが味は大丈夫ってことでけっこう食べてましたわ。

動物愛護とか捕鯨、捕鯨反対なんてお堅い話題も当然セットでしてました。

アジフライ(?円)とイカ好きのルーシーにげその塩焼き(?円)。

さらい大阪らしい食べ物ってことで、大阪風イカ焼き(250円)。

まだもう一軒行くつもりやったんで、瓶ビール2本で切り上げてお会計は2000円ジャスト。まさにセンベロです。





得一から少し歩いて濃ゆい雰囲気がありそうってことで「酒の大丸屋」へ。




B3DE1EE4-7299-4433-B186-345BC64FE81B.jpeg

*酒の大丸屋で食べたモノ

・おでん 大根、厚揚げ、ちくわ

・たこのぶつ切り

・鯛の味噌漬け

最初にちょっと季節外れやけどおでんを3品オーダー。

普通のお造りは食べてるけど、毛色の違うものってことで、「きずし」を狙っててお品書きにあったんでオーダーしたんですがあいにくの売り切れ。

じゃ−、タコ好きのルーシーにとたこぶつ。

後半に味噌漬けは珍しいかもと思って、ホワイトボードのメニューから見つけたヤツをオーダー。

最初はビールでスタートしましたが、私はいつものように燗酒も追加で。

ここでのお勘定は3500円でした。


2人も腹は膨れたんでこの後はしばらく布施の繁華街をうろうろすることに。

ええバーがあったら入ろうって言うてたんですが、あんまり見つからず。

スナックビルの上階にあったバーの前にも行ったんですが、あまりにも正統派バーの雰囲気が感じられず2軒パス。

1階にあった一応値段が前に出てるとこに飛び込んでみたら、店内はハリーポッターをネタにしたテーマハウス風。

すぐ出ても良かったんですが一応カクテルおあったし、気さくな下町キャラみたないねぇちゃんがやってたんでしばらく飲みました。



この後家に帰ってもう一杯だけ飲み出したら本職のプロからフランス文学概論ってな話を聞けました。

残念ながらフランスの文豪の作品をほとんど知らんのでなかなか適確に話題を深める質問とかはしにくかったけどオモロかったですわ。

そんなことしてたらあっちゅうまに時間が経って終電前で帰ったのに気づいたら2時を回ってました。






7日は朝ルーシーが二日酔いでしんどいっていうんで特に予定も決めて無くて家におることに。

その時の様子は当日にアップしてます。

朝に素うどんを食べてしばらくしたら、昼寝するって自分の部屋へ。

起きて来たら洗濯物を干してから、またしばらく昨日の仕事の続きをしてました。

夕方になってまだ胃の調子がイマイチやって言うんで、聞いてあげてうどんのだしを作ってルーシーが好きな時に食べられるように。

私はまだ残ってるモノがあったんで、そいつらを摘まんでしのぐことに。



180607dinner.jpg

*残り物で晩ごはん

・蒸し鶏

・セロリのナムル

・茹でモヤシ

・小松菜と油かすの煮物

・豆腐と玉子の中華風スープ

・スペアリブの煮込み

ほとんど残り物ばかり、唯一違うスープも宴会から再利用品。

蒸し鶏を仕込んだ時のスープというか茹で汁を置いてあったんでそいつをスープに転用しました。

私が料理を始める頃にルーシーは1人で下のスーパーへ。

焼きたてのバゲットにクリームチーズ、リンゴ、プチトマトやサラダを買い込んできてました。

旅の途中やけど不調の時くらいええと思ったのか普段のフランスでの夕食みたいなものにしたようです。

食べ方を見てて面白かったんですが、バケットを半分に開いて、中のふわふわした白いトコはむしり取るんですよねぇ。

バゲットのメインは外側の皮で、ふわふわしてるのは生焼けみたいなもんやから食べんのやと。

中までしっかり焼けてたら食べるんやけどって言うてましたわ。

この辺のバケットの焼き加減ってのは人それぞれこだわりがあるらしく、一緒に住んでる彼氏のバティス(ト?)とも好みが違うんだと。

彼に帰り道にフランスパンを買うて来てって言うても好みが違うから2種類買うこともあるそうですわ。

彼女はこの日は飲まず静養にあてたようですわ。

その後、映画の話をしてたら、フランスではアメリカ映画とかの現代を割と尊重するんだと。

基本的に直訳したようなタイトルが多いって話から、日本ではかなり無茶なこともするっては無しに。

で、そこから私の好きな映画「恋人たちの予感(When Harry met Sally)」を見ることに。

10回以上見てるんですが、ここ何年か見て無くて久しぶりにオモロかったですわ。




8日の金曜日はヒメの病院に行く予定があったんで朝は好きにしててもらいました。



ヒメの病院が終わってから天王寺美術館でやってる展覧会を見に行くことに。





DBCA94A4-FC1F-4915-836B-4564FB001E8E.jpeg

*「江戸の戯画展」とその後の飲み食い

ルーシーが3年前に来た時も天王寺美術館では浮世絵系の展示をやってたんですよねぇ。

手近の美術館が西洋モノばっかりで困る時も多いのにルーシーはツイてるようです。

展示内容もボリュームがあって、外人さんでも分かりやすいモノが多くてえらく喜んでましたわ。

個人的には題材になってる絵を戯画の横に並べて欲しかったなぁなんて思いましたが、一部で説明がある分は分かる限りでなんとか伝えました。

よっぽど気に入ったのか、バックパッカー旅では重くて厳しい展覧会の図録まで買うてました。
 *こちらは後日船便で郵送予定。




ゆっくり見たせいか、見終わったら2人ともすぐビールを飲もうと。

ほんまは一心寺も行きたいって言うてたんですがそっち方面に店がないって言うたら新世界優先で。(^_^;)


最初に行ったのが半田屋。

タケノコはフランスでも食べたことはあるっていうてましたが、試すっていうんで土佐煮を。

ちょっと味付けが甘かったですわ。

それ以外に豆腐は知ってるけど、これはどうやろうと「揚げ出し豆腐」。

これに別に機会で鰻の話をしてたんで、そのつながりで穴子天。
 *私の好物やけどそれで頼んだ訳じゃ無いですよ。(^_^;)

のんびりビールだけを飲んで半田屋のお会計は3000円でした。



2軒目は3年前にも3人で行ったやまと屋へ。



同じ店を避けようかと思ったんですが、ルーシーはモツ、ホルモンの類いが苦手なんで色々品数のあるとこがええかと。



8FE8A3E2-89D9-4CC7-93BE-EE463FC50823.jpeg

*やまと屋で食べたモノ

・土手焼き

・空豆

・イカの塩辛

・おから(卯の花)

・串カツ


半田屋は土手焼きを置いてなかったんですよねぇ。

大阪ではポピュラーやから前回のことは覚えてなかったけどトライして貰おうと。

で、どうせ私はどて焼きとは酒を行くんで半田屋はビールだけで切り上げたんです。

どてはルーシーに好評でしたわ。

塩辛は試してくれたけどさすがに厳しかったようですわ。

どうかと思ったおからはけっこう気に入って食べてました。





やまと屋を出たら歩いて天王寺に戻りました。



昼間にJR天王寺駅の北口の北側のごみごみしたあたりをルーシーが面白がってたんですよねぇ。

で、怪しさが売り?の「種よし」に軽く寄ることに。





8E57A8E4-3FB7-462D-BB2E-2805F5F781CC.jpeg

*種よしでの飲み食い

お通し代わりに最初に一品頼めと言われて、ルーシー希望のブロッコリーのサラダと、私が選んだエイ(だったと思う)の刺し身。

後はルーシーが当てずっぽうでメニューから選んだアイスプラントの天ぷら。

ここでは隣に経ってた私より少し年上ぐらいのカップルの方とたまたま会話しました。

なんか向こうさんがこんなとこでフランス人と喋ってるのをえらく喜んではりましたね。

ここのお会計は2600円でしたが、ルーシーが奢ってくれました。他のとこでは私が奢ったりワリカンよりは少なめにもうたりでした。



ルーシーは9日の土曜日の午前中に軽く自分で買うたモノを朝ごはんに食べたらうちから移動して行きました。

この日は一度会った日本人の知り合いと音楽系のイベント行くんだとか。

終電では帰れんやろうからミナミにまた宿を取ったんです。

この後ミナミに一泊して翌日は姫路に一泊。そこから広島へっていう予定です。

普通ならここで完全にお別れで次会うことはもうないか、あっても何年も先なんでそれなりに感じるモノがありがち。

でも今回はまだ火曜日に姫路でルーシーを拾って広島に行くって言う予定が残ってるんで全然普通でしたわ。(^_^;)

ということで、一応うちの家に一緒に居った時の飲み食いはこんな感じでした。


*朝の体重:56.95kg。(えらく軽いな。)

*今月の休肝日:1日(今日は親父にサシ飲みに誘われてしまいました。)







posted by えて吉 at 16:00| Comment(0) | Couchsurfing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

フランスからの客人との飲み食い その1

フランス人の客人ルーシー(Lucie) は今日の午前中にうちを出てミナミの宿に移動しました。

今日と明日は別の日本人の知り合いに会うことになってて、終電を気にせんでええようにうちを出て宿を取ることにしたそうです。

ルーシーと一緒の間は更新を何度か休ませて貰いましたが、飲み食いを中心に客人と過ごした様子をアップしておきます。


既にアップしましたが、まず1日の金曜日の夜に湊町のビアガーデンに行きました。



その後3日の日曜日にうちの家に移動してきました。

この日はうちの身内と宴会予定だったんで私は朝から買い出しに行って料理の仕込みをたっぷりとやってました。

4時過ぎに無事最寄り駅で合流出来てうちに案内したら5時過ぎには妹の家に移動。

義弟が猫アレルギーなんで身内宴会の会場はどうしても妹の家になるんですよねぇ。

台所の環境がうちと全然違うんでほんまはうちでやる方がオペレーション的には楽なんですけどね。

ルーシーにも手伝って貰って食材やらアルコール類をたっぷりと持って行きました。



46B760E0-93A2-4C6C-B74C-D88318FB8CC7.jpeg

*宴会料理 その1

左上は実家のオカンが作ったオムレツなんですが、フライパンのテフロンの状態が悪いおかげでボロボロなってぼやいてましたわ。


右上は私が作った蒸し鶏。

もも肉2枚分で作って持って行きましたが、当日は1枚だけ食べて残りは持ち帰りました。


左下は妹が用意してくれたタコスの材料たち。

右下は私が作ったセロリのナムルです。

塩コショウ、ニンニクにレモン汁とごま油で和えました。



4D3EB5F6-3622-4195-8E5D-81B285F56078.jpeg

*宴会の料理 その2

左上は、豚肉と新じゃがの炒め物

少し前から新じゃが食べたくなってたんで宴会でやることに。

焼き肉用の厚めの豚バラ肉は塩麹、ニンニク、コショウ、クミンと和えて一晩寝かしました。

当日にジャガイモを茹でるとこまでうちの家でやって、仕上げは妹の家で。

右上はカンパチとフグのたたき。

近所でええ魚を置いてるスーパー「サタケ」に行って見繕いました。

せっかく日本に来てるから刺し身モンもいるかと用意。

とはいえ、居酒屋に連れて行ってあげようと思ってたんで今回の宴会では全体に和食の比率を下げたんですけどね。

左下はなんちゃってタイ料理風で、豚とエビの春雨煮込み。

手頃な値段で立派なパナメイエビが手に入ったんでエビだらけ。

ただし、こいつは春雨を炒め煮にしたときに少し煮詰めすぎたこともあってちょっと塩気がキツ過ぎました。

ルーシーは唐辛子系の辛いのが苦手なんで、普段の味付けよりはかーなり控えたんですが、やっぱり辛かったようですわ。

右下は勝手にフィリピン料理のアドボのようなもんやと思ってる豚のスベアリ部の煮物です。

こいつは前日から保温鍋で仕込んでありました。

写真を撮り忘れたんですが、和風の出汁で小松菜と油かすを炊いたんも私が作りました。

この日はうちの部屋に引き上げてからもうちょっと飲みながら次の予定を話し合って終わりました。




4日の月曜はええ天気そうだったので、車でしか行きにくそうなトコってことで京都府の美山にある茅葺きの里へ。

朝ごはんはコンビニのおにぎりを買うて車内で簡単に済ませました。

うちからは近畿道で新御堂の手前まで走って箕面の有料道路を経由して国道423号線で亀岡へ。

国道9号線で京都市内に向かって、国道162号線で京北へ。

昼メシ時を外しそうに思ってたところで「キャプテン」ってラーメン屋を見かけたんで飛び込みました。

2人とも一番シンプルなラーメンにしたんですが、昔懐かしいような肩肘のはらんラーメンで個人的にはけっこう好きでしたわ。

日本で初めてやっていうラーメンと餃子を食べて貰いましたが、ここはルーシーが奢るって言うんで甘えておきました。

道の駅に寄ったりしながら、美山に着いてゆっくりと当たりを散策。

美山までのルートは緑が多くて、郊外の様子を見られて嬉しいってけっこう喜んでくれましたわ。

前回彼氏のバティス(?)と来た時は高野山から龍神温泉に寄るかなり長いルートを喜んでくれましたが、今回も当たりで良かったですわ。

帰りは最寄りのインターチェンジから京都縦貫道やら、京滋バイパス、第二京阪道路、近畿道と高速ばっかりを走ってサクッと家まで帰還。




この日の晩ごはんは前日の宴会料理が色々と残ってたんでそれをもういっぺん食べることに。



180604dinner.jpg

*宴会料理の残り物で簡単に

・蒸し鶏

・茹でたピーマンと塩昆布の和え物

・小松菜と油かすの煮物

・ふぐのたたき

・スペアリブのアドボ風煮物

・セロリのナムル


同じモノを食べさせるのはちょっと悪いかと思ったんですが、これでもまだ残ったくらいだったんで食べて貰わんとしょうがなかったんです。

この日ルーシーは夜に他の知り合いの日本人から会わんかって誘われてたんですが、飲み食いしたら疲れが出たし動くんがイヤになったようで別の日にしてくれって連絡してましたわ。(^_^;)

食後に作ったジントニックを気に入ってくれてお代わりまでしてくれてました。






5日の火曜日はまだ天気がもちそうだったのでまた一緒に出かけることに。

11時頃だったかに家を出て、私には非常に珍しいことなんですが電車に乗って奈良へ。

この日の朝ごはんはルーシーは前日に買うてた甘い物を食べてたんで、私だけがコンビニおにぎりを買うて電車内で済ませました。

JRの奈良駅から東大寺はちょっと離れてましたが、ブラブラ歩いて向かいました。

東大寺の手間で鹿が現れだしたところで、鹿せんべいを買うてルーシーにえさやりをさせてあげました。

私も何枚か煎餅をやったんですが、最近の鹿はマナーの悪い観光客にイラついてるのか私の腕を噛みついてきてちょっと赤い跡になったんでびっくりでした。

大仏さんを見て、二月堂なんかをぐるっと回って若草山から春日大社まで。





途中で腹が減ったし、2人とも冷たいビールがぜひとも飲みたいってことで一致。



4DBAF918-D87A-45F7-B1FF-C76E3AE4E4EA.jpeg

*観光客向けの食堂でお昼

食べるモノの評判が悪い奈良で、しかも東大寺あたりのバリバリ観光客向けのお店でしたが麺類ならええかと。

うどんは家で食べさせて上げるわって言うといたんでルーシーもそばにトライ。

ルーシーは色んな具が乗ったヤツとわらび餅のセットを。私はにしんそばで。

具の内でとろろ昆布だけは苦手やって言うてましたね。

普段全然歩かんので、ちょっと疲れ始めてましたが昼飯が休憩になったんでちょうど良かったですわ。



帰りはどっかからタクシーに乗らんとバテるかと思ってましたが、なんとか無事JRまで歩いて戻れましたわ。






夜にルーシーは前日延期して貰った他の日本人の知り合いと会うことになってました。



晩ごはんは要らんっていうんで、私は残り物を頭に置きながらどうするか色々考えてました。

電車に乗る前になってルーシーが知り合いに会うまでけっこう時間があるんでうちの家で休憩してからにすると。

で、地元の駅に着いて私がスーパーに行くのに着いてきもうたんですが、商品を見てたら寿司が食べたいって言い出したんで一緒に軽く摘まむことに。





180605sushi.jpg

*スーパーの持ち帰り寿司

回り寿司に行ったことがないって言うてたんで、チャンスがあれば一緒にとも思ったんですけどね。

私ももう料理したくなかったんでこんなんでええってことにしときました。

180604ayu.jpg

*鮎の塩焼き

美山に行った時に川で鮎の友釣りをやってたんで鮎の説明をしてたんですよねぇ。

それがちょうど魚売場にあったんで、食べてみるかって聞いたら食べるって言うんで買うてみました。

鮎を焼くのなんてすごく久しぶりやし、今のIHの魚焼きグリルで上手く焼けるか不安でしたが思った上手くいきましたわ。

初めて鮎を食べたルーシーは元々川魚って苦手な印象があるけどこれは美味いって気に入ってくれました。

塩振って焼いただけですが、これが唯一の料理になりました。

あとは、これもルーシーの希望でカット野菜のサラダをただ皿に出しただけでした。

前日同じように飲み食いしたら出かけるのが億劫になってたようですが、なんとか腰を上げて1人でミナミへ。

ちゃんと帰ってこれるか心配してましたがちゃんと終電で帰ってきてホッとしました。


一気に行くつもりでしたが長くなったんで一旦ここで終わっておきます。

今回はカウチサーフィン(Couchsurfing)のシステムは使ってないけど、それが縁で再訪してくれたんで記事はそのカテゴリーに入れておきます。









*朝の体重:ながらく計測ないけど58kg未満はキープしてる模様。

*今月の休肝日:ここまでゼロ日やから今月はもう諦めようかと。



posted by えて吉 at 17:29| Comment(0) | Couchsurfing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする