2018年02月19日

「懐中時計(鉄道時計)」に再デビュー

今回は全く飲み食いと関係ないネタですがサクッとアップしておきます。

私は中学生の頃は当時出たばっかりだったと思うんですがG-ショックとかいうデカイ防水の時計を使ってました。

その頃は防水機能が嬉しかったのか風呂に入る時も外さず、ずっと腕に付けたままでした。

あまりに酷使したせいか最後はバンドのゴムが劣化して千切れたのを覚えています。

そして高校生になってから大人しい皮バンドの腕時計を買うてもうたんですが、その頃から腕に時計を付けることは無くなりました。

皮バンドの時計は折りたたんでそれをポケットに入れて使ってました。

高3ぐらいだったと思うんですが、そんな私の時計の使い方を知った知り合いの外人が懐中時計をプレゼントしてくれました。

それは電池式の割と小型なタイプでしたが、けっこう長いこと愛用してましたわ。

その後、時計については新品よりアンティークに興味が出て、アンティーク時計店をちょくちょくのぞいたりしてました。

高校生の頃から完全に腕時計をする習慣がなくなったんで、アンティークの腕時計を実際に買うことはなかったんですけどね。

いつ頃か忘れましたが、アンティーク時計屋で中古の鉄道時計ってモノを知り、値段的にかなり手頃だったんでそれを愛用するようになりました。

ジーパンの右ポケットの小さなポケットに入れてたんですが、そこだとけっこう圧力が掛かるため何度かガラスが割れてしまい、修理に出したことがありました。

その後、携帯(最初はPHSでしたが)を持つようになるとそれで時間を見るクセがついていつの間にか時計を持たないようになりました。

時計を持たなくなって10年以上経つと思うんですが、なぜか何ヶ月前に急に懐中時計をまた使いたくなったんですよねぇ。

昔中古の鉄道時計を買うた店はなくなってしまい、なかなか買うチャンスがないまま頭の片隅に置いてたんです。

ネットでも軽く中古の鉄道時計を探したんですが、程度が分からずどうも実物を見ずに買う気にはならず。

去年の年末に東京の上野のアメ横でアンティーク時計店を見つけて、そこには鉄道時計かは分からないものの3〜4万でSEIKOの懐中時計があったんですよねぇ。

その時はじっくり見る時間がなく諦めたんですが、そこから懐中時計欲が強くなってしまいました。

手巻き式がなんとなくモノとして愛着が湧くんですが、もう当分東京に行くこともないかと思うとその店の再訪もいつになるか分からず。

結局迷いに迷って、新品のSEIKOのヤツは電池式でしたが妥協してポチってしまいました。

新品ならネットで買うても問題ないですからね。



懐中時計に再デビュー

*再デビューした懐中時計

新品を買うてちょっと嬉しかったのが付属のヒモでした。

組紐というのか、編んであってけっこう細部の作りがええんで予想外のオマケがあった気分ですわ。

ちなみにお値段は買った時点のAmazonで23360円でした。

クォーツ式やから毎日ゼンマイを巻いてやる手間がないのが逆にちょっと残念ですがそれなりに重さもあって手に馴染むんで大事に使おうと思っております。





昨日は朝から朝昼兼用で食べようと押し麦のお粥を仕込んでたんですが、そこに急に神戸のツレMから電話がありました。

ちょっとした仕事が片付いたから打ち上げがてら一緒に飲もうと。

仕込んでたお粥を食べて腹がチャプチャプのまま12時半頃天満駅で合流。

最初はMが大正の駅前に移転した「さのや」に行きたがったんですが、とりあえずで入った店で飲み出したら私が開店時間の4時まで時間つぶしするのが邪魔くさくなってしまいました。

Mには今回は「さのや」をパスさせてもうて天満でしっかり飲むことに。

一軒目のおっさん向けのコッテリ系の居酒屋の後、今風な若者向けな焼き鳥屋に行ったり、途中で茶ぁシバいて休憩したりしてからも飲み続けてました。

なぜか昨日はMがやたらと日本酒ばっかり飲みたがったんで、ええ時間までビールやチューハイをチェイサーにかなりの量の日本酒を飲んでしまいました。

で、けっこう飲んでるのに家に帰ったらジントニックが飲みたくなるんですよねぇ。

そして案の定ですがジントニックを飲んでる途中で寝落ち。いつものようにアホアホな展開になってしまいました。




*朝の体重:57.70kg。(飲み過ぎてるから油断ならん数字。)

*今月の休肝日:6日(今日は酒を抜かんとあかんぞ。)

posted by えて吉 at 16:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

寒い朝には「けいらんうどん」

昨日は晩ごはんの量が少なめで夜には腹が減ってしまい自家製冷凍たこ焼きを4個だけ食べてしまいました。

寝る前の体重はけっこう重めでしたが朝起きて計るとほどほどの数字でした。

起きた時には予約してた洗濯は終わってたんですが、腹減りすぎてたんでシャワーをしたら先に朝ごはんを食べることに。

ここ何日か食べたかった「けいらんあんかけうどん」を行っとくことにしました。

けいらんうどんってやっぱり寒さが厳しい時期に食べると熱さがごちそうって気になりますからね。

今年の冬はいつもより寒さが厳しい割りにあんかけうどんをそんなに食べてない気がするのは、デブってる日が多くてそもそもうどんを食べる回数が少ないからですかねぇ・・・。(^_^;)

寒い時期に嬉しい「けいらんあんかけうどん」

*けいらんうどん(玉子あんかけうどん?)

白だしをベースに酒と味醂を加えるのはいつもの通りですが、普通のかけうどんより気持ちみりんを多めにしました。

片栗粉でとろみをつけて、うどんの茹で上がりに合わせて溶き卵を流し入れてやりました。

麺は日の出製麺所の生讃岐うどんを130gほど。今までは2袋を3回で食べてたんですが最近は体重に余裕がないので、一袋を2回で食べてます。

麺は締めずに釜抜き状態、丼は事前にお湯を注いで熱くしておき、薬味としてショウガを添えたんで身体の内側からめっちゃ温まりましたわ。

食べ終わる頃には汗をかいたんで、食後はしばらく薄着になって涼むほどでした。




朝うどんの後は、しっかりジャンバーを着込んで洗濯物を干したんですが、気温がそこそこ低い上に風がかなりキツくてめちゃくちゃ寒かったですわ。

あんかけうどんであったまった体が冷えてしまい、終わった時には熱燗かホットウイスキーでも飲みたい気分でした。





*朝の体重:正確な計測無し。(57.6kg未満のはず。)

*今月の休肝日:6日(昨日は酒を抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

西宮市の「ヴェンチュラー」でゴルフ7GTIのタイヤ交換

今日は愛車のゴルフ7 GTIのタイヤ交換のために西宮市まで出かけてました。

ゴルフを買うて2年半にはなってなくて、走行距離は3万キロを超えたばかり。

この程度でタイヤの交換が要るってことにけっこうビックリなんですが、どうもGTIが最初から履いてたブリジストンのポテンザってヤツはけっこう上等なタイヤなようです。

詳しくは無いんですがじょーとーなタイヤほど早いこと減るそうですねぇ。

もうボチボチタイヤの溝が浅くなってきてるんで、まずはフォルクスワーゲンのディーラーに電話して見積もりを取ってみました。

すると同じ銘柄だと23万弱かかると。

タイヤなんか4本で数万円くらいかと思ってたんでびっくりの値段でした。

ブリジストンは高いからもうちょっと安くなる他のブランドを勧められたんですが、それでも18万オーバー。

ディーラーの営業担当も高いのは承知してたようで、ディーラー以外の方が少しは安いだろうと。

そこでその辺を走ってて見つけたタイヤ屋で聞いてみたんですが、同じポテンザで18万チョイ。

他のメーカーに変えたら安くはなるというもののどの程度レベルを落としてもええものか皆目見当が付かず。

そこで神戸に住む学生時代からのツレMと飲むついでに相談。

車オタクのM曰く、ゴルフのタイヤサイズ(225/40R18)くらいならスタッドレスで無ければもっともっと安いヤツでも支障ないと。

そこでMの親戚が西宮市の国道2号線沿いで「VENTILER(ヴェンチュラー)」っていう欧州系の車を中心とした自動車工場をやってるのでそこに頼んで貰うことに。

今履いてるようなすぐちびる消しゴムみたいなタイヤやない中で適当に見繕って貰いました。

電話で連絡があって、アポを取った上で今日の10時半からっていうことでそのお店まで出かけました。
  *9時に家を出て余裕やと思ってたのに着いたのが5分まで焦ってしまいました。(^_^;)

1時間ちょっと掛かって4本全てのタイヤをイタリアのピレリのヤツに交換して貰って、タイヤ代以外の工賃や廃タイヤの処理費も含めた込み込みで88000円でした。

20万近い金額を最初に聞いた時はかなりショックでしたが、それと較べて半額以下になったんでホッとしましたわ。

交換が終わってすぐ帰り道を運転しましたが、特に大きな差異とか違和感などは感じず。

これなら乗り心地を犠牲にしたってなこともなくありがたかったですわ。

ピレリの中にも色々グレードがあるんでしょうが、自分じゃ全く判断が付かないんでツレを通して安心して任せられる相手に選んで貰えて助かりましたわ。


丸亀製麺でかけうどんと鶏天

*丸亀製麺でかけうどん(290円)と鶏天140円

帰り道、国道2号線を走ってて阪神尼崎駅の少し先にある丸亀製麺によって昼ご飯。

いつもはかけうどんしか食べないのに、今日は昼時でどんどん天ぷらが揚げられてて、珍しく惹かれたので鶏天を行ってみました。

半分ほどはそのまま囓り、後半はうどんのだしに漬けて頂きました。


車ネタやねんから、新しいタイヤを履いたゴルフの写真でも載っけたいとこなんですが、全然洗車が出来てなくてドロッドロなんですよねぇ。(T_T)

というわけで、昼ご飯のうどんを貼っておきました。


<後日 追記>
履き替えたタイヤのブランド?銘柄を確認にしたので補足。

ピレリのドラゴンスポーツ(PIRELLI DRAGON SPORT)っていうタイヤでした。

ネットにそのタイヤの評価?についての記事があったんで、リンクを張っておきます。


タイヤを読む! スポーツカーユーザーがいま一番気になる「ピレリDRAGON SPORT(ドラゴンスポーツ)」はどんなタイヤなのか? PR

ピレリDRAGON SPORT(ドラゴンスポーツ)は「ハンドルのいうことを聞く」スポーツタイヤだった!【Tyre試乗】

二つ目のリンク先の最後にどんな車に合うタイヤかっていう記述があって、そこにゴルフGTIだとタイヤの良さが際立つなんて書かれてたんで、車屋さんはええ選択をしてくれたんやろうと感じております。

ただ、上の2つの記事を読んでも、実際に履いてても違いは分かりませんけどね。(^_^;)






*朝の体重:正確な計測無し。(わずかに58kgをオーバーしてた気配。)

*今月の休肝日:5日(今日は休肝日にせなあかんよなぁ。)
 
 
posted by えて吉 at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

地下鉄南巽駅そばの「中華そば 煮干しや」

今日は古くからの親父の知り合いで自分も車関係でずっと世話になってたおっちゃんが亡くなりそのお葬式へ。

終わった後、一緒に行った妹が昼メシを済ませて帰ろうって言うんで、親父やオカンと別れて目に付いたラーメン屋で食べることに。

入ったんは内環沿いの南巽駅を出てすぐのトコにある「中華そば 煮干しや」ってとこで、前は車で嫌っちゅうほど通ってるんですが初訪問でした。

昼間は煮干しラーメン700円しかやってないって言うんで迷うこともなくそれを注文。

見た目は割と昔ながらの醤油ラーメンって感じで良かったですが、屋号の通りめっちゃ煮干し煮干しした味でした。

とはいえ、ちょっと食べたら煮干し臭さは気にならんようになりました。

厚めのチャーシューはけっこう柔らかくて良かったですし、麺もまさに中華そばって感じで美味しかったですわ。

ただ、スープがめっちゃくちゃに塩辛かったのはビックリ。

普段なら汁まで飲むことが多いんですが頭痛くなりそうやったんで麺が終わったら残してしまいました。

食べてる途中ちょこちょこっとだけスープを飲んだらその場で何杯も水を水を飲むはめになるし、帰っても喉が渇いてますわ。

久しぶりに外でラーメンを食べましたが少々残念な結果となりました。(^_^;)

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 14:45| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

仕事の帰り道に吉野家へ

今日は会社の用事で生野の物件に寄ってから宝塚の業者へ。

こっちが動かんでも良かったけど相手の動きがトロいんでさっさと片付けたくてひとっ走り。

行きは阪神高速を使ったけど帰りは地道で。

久しぶり宝塚から尼宝線を通りましたが朝から腹ペコで我慢出来ず尼宝線沿いの吉野家へ。

牛丼の並380円をつゆだくで行っときました。

*朝の体重:57.85kg。

*今月の休肝日:5日

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 12:00| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

もやしの中華風カレー丼

ちょっと前の休肝日に食べた丼物がけっこう美味しかったのでサクッとアップしておきます。

食べたのは1日の晩ごはんとしてなんですが、手元に食べんとアカン厚揚げともやしがあったんです。

中華風の丼にして食べることにしたんですが、この日はなんとなく気が向いて中華風のカレー味にしてみることに。


冷凍してあった豚バラ2枚ほどを刻んでフライパンでニンニクと共に塩こしょうをして炒めて、厚揚げを投入したらそっちにも軽く塩コショウ。

香り付け程度の醤油、オイスターソースを垂らしたところに日本酒を注いでアルコールを飛ばしました。

水も少し加えて創味シャンタンで味付けをしてから五香粉(ウーシャンフェン)、カレー粉と唐辛子をぶち込んでやりました。

片栗粉でとろみを付けてからもやしを一袋加えて、とろみに絡めながら火を通してやりました。

もやしは炒めるか迷ったんですが、今回は汁気に絡めて火を入れたのでけっこうしゃきしゃきに仕上がりました。




もやしの中華風カレー丼

*中華風カレーもやし丼

厚揚げが入ってるおかげで、ちょっと食べ応えが出てました。

肉の量はごく少なめやけど、カレーの風味がしっかり効いてて全体としてはなかなか美味かったですわ。

食材を無駄にする前に使えたし、休肝日の単品食いとしては多少目新しさもあってけっこう満足出来ました。

ご飯の量がごく少なめでしたが、美味かったこともあってもっとガッツリ食べたいなぁとは思ってしまいましたけどね。(^_^;)







*朝の体重:58.20kg。(晩ごはんの後でいらんもん食べたからなぁ・・・。)

*今月の休肝日:4日(今日は休肝日にせんとな。)

 
posted by えて吉 at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

京橋で昼酒

今日は昼飲みがしたくてとりあえず家を出て駅へ。

一番早い電車を選んだ結果京橋へ。

まずはいつもの立ち飲みストリートを避けて丸徳ってお店へ。

寒いんでどて焼きと燗酒でスタートしました。

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 14:20| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

昨日はちょいと飲み過ぎました

昨日は学生時代からの神戸のツレMと家で飲んでました。

3時頃からカニすきをメインにスタート。

ほかのアテはカンパチのお造り、なまこ、小松菜と油かすに煮物などを用意。

寒かったから初っ端から熱燗でスタート。

その後はチェイサー代わりのビールだの、ハイボールだのを入れて食後はキッチリジントニックも。

そんな訳で今朝はちょっと飲み過ぎでした。

ツレが帰ってからかにすきの出汁でうどんを食べたんですがカニの旨味たっぷりでめちゃウマでした。

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 16:50| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

「しっぽくそば」と「しっぽく雑煮」

何日か前にアップしたしっぽくうどんのその後についてペロッと上げておきます。

香川のうどん屋3軒でしっぽくうどんを食べた翌日に仕込んだしっぽくうどんの具は4日の日曜日になってやっと初めて食べました。

最初に仕込んだ時には厚揚げを入れようかと思ってたんですが、仕込んだ鍋が一杯になってしまい断念しました。

買うてある厚揚げを使いたかったのと、大根の割合がもっと多い方がええなぁと思ったので5日になって追加で仕込み。


残ってたしっぽくの具からダシと親鶏を別鍋に移して、大根と厚揚げを加えて、水も足したらいりこだしの素と塩、淡口で味を調整。

追加の具だけを保温鍋で保温調理して、夕方になって残してた前日の具と合わせて温め直し。

最初はうどんで食べる気やったんですが、香川ではけっこう冬場にそばを出す店があり、一部ではしっぽくそばもあるのを思い出しました。

ちょうど年越しそば用に買うた二八そばが一食分残ってたんでそれを食べ切るのにもちょうどええからしっぽくそばにしてみることに。







信州のそばで「しっぽくそば」

*信州そばで「しっぽくうどん」

具が多すぎてまったくそばが見えないですが、ご容赦を。

この写真をある知り合いに見せたら「(具が多すぎて)下品や、ありえん」ってなことを言われてしまいました。(^_^;)

香川ではけっこうたっぷり具を盛ってくれるところがあるんで、それに倣ってみたんで自分としてはこれはありなんですけどねぇ。

追加で煮込んだ厚揚げもなかなかよかったし、大根もたっぷりで食べ応えがありましたねぇ。

そばは茹で時間を短めにしたんで、食べ終わるまで時間が掛かりましたがけっこうコシが残ってええ具合でしたわ。




6日は麺は無しで、まだたっぷり残ってた具とダシを晩酌の時の汁物として楽しみました。




これでだいぶ減ってあとはダシと具がほんのちょろっと残っただけでしたが、当然キープ。


7日になって麺類を食べるには少なすぎるなぁと思ってたら、しっぽくのダシでお雑煮を食べてみようと思いつきました。

しっぽくうどんは今までに何回も作ってますがお雑煮に流用しようと思ったのは初めてですわ。





最後は「しっぽく雑煮」

*ラストは「しっぽく雑煮」で

ダシは温め直すだけやから、お餅の方はIH用の焼き網で時間を掛けてじっくり焼いてやりました。

お餅を食べるには麺の時よりダシに塩気が欲しいと感じたんで途中で少し塩を足しました。

香川の人がこんな食べ方をやるかは全く分かりませんが、残り物処理としてはなかなか良かったですわ。

最後の最後まで自分の作ったモノを無駄にせんで済んだんでご機嫌でしたわ。






今日は昼から神戸に住むツレMと家で飲み食いすることになってます。

メインが鍋やから用意としては楽なんですが、朝の7時過ぎに電話が鳴って飛び起きました。

妹からで、姪っ子2号が高熱やから病院に連れてくれと。

病院が8時半からなら宴会に支障はないやろうとオッケーしました。

妹は仕事があったんで病院で待ち合わせて交代。インフルエンザかも知らんって言うんでマスクももうて一緒に診察。

インフルエンザの検査をしたんですが、結果は陰性。ただし、発熱に気づいたのが昨日の夜中やったんでまだ検査に出るか微妙だと。

結局は解熱剤だけもうて経過観察することに。姪っ子1号は学校が休みで家におったんでその後のお守りは任せて私は撤収してきました。

今日から3連休ってないやタイミングですが、チビッコってほんまに今はやめてっててタイミングで病気になることがありますなぁ。(^_^;)

とりあえず私は最低限のことはしてやったんで、これから家飲みに備えるとしますわ。






*朝の体重:正確な計測無し。(57.5kgぐらいか。)

*今月の休肝日:4日(2連ちゃんで酒抜いて少し余裕が出たかな。)
 
 
posted by えて吉 at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

お造りの盛り合わせ&珍しく「海鮮丼」

イベントネタが続いたのでごく普通の晩ごはんものをアップしておきましょう。

1月の24日の晩ごはんになりますが、この日は朝の体重が目標オーバーで節制はせなあかんなぁと思ってました。

そこで朝のうちにデブの味方と信じてこんにゃくだけ炊いておきました。

板コンニャクをフォークでメッタ刺しにして表面に細かく隠し包丁を入れてからたっぷりのお湯でアク抜き。

そいつを昆布だしでことことやってそのまま室温で置いておきました。

その後で毛が伸びすぎて鬱陶しくなってたんで住之江区の日帰り温泉に出かけて散髪とお風呂を楽しみました。

湯上がりに汗が引くまでと手に取ったマンガにはまってしまい予定より長く滞在。

朝ごはんが少なかったせいで気持ち悪くなるほど腹が減ったので、風呂屋の近所にあるスーパー「マルナカ」へ。

簡単に出来るモノってことでメインはお造りで行くことに。

この時は日本酒とイカ納豆が食べたかったのでイカが入ってるお造りの盛り合わせを買うことに。

盛り合わせは680円もしてちょっと普段の晩ごはんには贅沢に思いましたし、量的には一人で食うには多かったんですが他に食べたいモノも浮かばなかったんでそいつをカゴへ。






家に帰って急ぎで用意したのはこんな晩ごはんです。







お造りの盛り合わせ中心に晩ごはん

*刺し身の盛り合わせメインの晩ごはん

・お刺身(魚種不明。ツバスかな?)

・アジのなめろう

・イカの塩辛

・菜の花のおひたし(惣菜)

・イカ納豆

・ホルモン豆腐 味噌味

・シシトウの網焼き

・白菜の漬け物

・こんにゃくの煮物 ショウガ醤油


刺し身のうち正体不明のヤツはそのままで食べることに。

アジは味噌、ネギ、ショウガ、大葉と叩いてなめろうに。

イカは当初の予定通りイカ納豆。

これ以外にマグロも4〜5切れ入ってたんですがこれは明らかに多すぎたので食べませんでした。




前日に食べた「モツ鍋(ホルモン鍋)味噌味」

*前日に食べたホルモン鍋(モツ鍋) 味噌味

少し前に外であっさりした白味噌のモツ鍋を食べたら、食べ慣れたもうちょっと濃ゆい味噌味が食べたくなって市販の鍋スープでやりました。

ホルモンは下茹でして冷凍してあったヤツを使いました。

この鍋ではむちゃに食べ過ぎないように気を付けたんですが、翌朝の体重がアウトやったんですよねぇ。



で、ホルモン鍋のスープもホルモンも余ってたんで翌日になって豆腐を加えて煮込んでやりました。


白菜の漬け物は少し前に酒屋の角打ちで食べたヤツがえらく美味かったので、ついその記憶に引かれて買うてしまいました。

スーパー「ライフ」のPB品は美味かった角打ちのとは全く似ても似つかず漬け物どころか塩味のサラダだとも言えんショボさでしたわ。



お造りはけっこう多かったので、結局そのまま食べようとした正体不明のヤツは二切れだけ食べて残しました。

コンニャクも1つしか食べずだったかと。

翌日の朝イチの体重はなんとか目標の58kgはクリアしてたんで、軽め目の朝ごはんを食べました。

そして昼には贅沢かと思ったんですが残ってたお造りを食べてしまうことに。





翌日は残った刺し身で珍しく「海鮮丼」

*翌日は残った刺し身で「海鮮丼」

個人的に海鮮丼ってあんまり惹かれないんで、こういう刺し身が珍しく余ったとかで無いとあんまりやらないんですよねぇ。

まぁ昼ご飯ごときにわざわざお造りを買うて海鮮丼ってのは贅沢ですし。

前日に手を付けなかったマグロと正体不明の魚、イカ納豆で余ったイカを乗せました。

マグロは醤油にめんつゆを少し加えたタレを揉み込んでヅケ風にして、ほかの2つには普通のわさび醤油を掛けて少し変化をつけてみました。

ご飯が少ないのでえらくお刺身の量が勝った海鮮丼になりましたが、めったに食べないんで目新しさがあって楽しめました。

一口食べて、シラフではもったいなすぎてちょっとばかりコップ酒を入れてしまいました。(^_^;)

1回で食べるには贅沢かと思った刺し身の盛り合わせもこうやって翌日の昼ご飯まで出来たらまずまずでした。




*朝の体重:58.20kg(はぁーまた目標オーバーや。)

*今月の休肝日:3日(2月は日数が少ないから今日も酒抜くぞ。)





posted by えて吉 at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

グルコバ58は贅沢な牡蠣のビリヤニを堪能

1月21日の日曜日に開催されたインド料理を作って食べるイベント第58回グルコバについて紹介させて頂きます。

今回も前日の20日に主催者のこばやしさんから当日使うブツの一部を預かって阪神尼崎駅のコインロッカーまで運びました。

前回からかこのイベント用にしか使わんデカリュックを新調したんですが、今回の荷物はそれにみっちり。

一番小さなコインロッカーに入れようとしたらリュックの長さ(高さ)がロッカーの奥行きにギリッギリ。

少しの差で大きな箱にするのは金が無駄にかかるので必死で押し込んで鍵を閉めましたよ。



当日は10時半頃に家を出たんですが、途中の乗換駅の西九条で吉野家に寄って牛丼を朝ごはんにしばいてしまいました。

前日のブツ搬入の時から異様にヨシギューが食べたくて仕方なかったんですよねぇ。(^_^;)




12時頃から買い出しに行って1時頃には調理室に入って作業をスタート。



私はいつものように刻みモノ担当でしたが、事前にmyblackmamaさんが久しぶりに参加されると聞いて覚悟しておりました。

いつもならガンガンmyblackmamaさんから刻みモノのオーダーが入るんですが、今回は普段多忙なお方が一年のピークを越えたとこやったせいかあまりオーダーは入らず。

そのおかげで事前に構えてたほど、作業量は多くなかったですねぇ。


3時頃になったらある程度作業も進んでたので、ビールを開けてオヤツタイムに雪崩れ込み。



今回は色んな参加者が差し入れを持って来てくれたので妙に酒の肴が充実してましたねぇ。




180121otsumami1.jpg

*グルコバのおやつタイムのアテ

手前はクリームチーズと数の子だったかな。砂肝のマリネというかなんというかピリ辛のヤツもなかなか美味かったですわ。

ゆり根は現場でEGMさんが調理されてました。シンプルな美味しさで他の参加者の方に好評でしたわ。


180121nihonshu.jpg

*差し入れの日本酒



180121otsumami2.jpg

*うにくらげといかの珍味

イカは塩辛では無かったんですが、麹漬けっていうのかなぁ・・・。

どっちも日本酒が進む系統のあてですわね。



180121otsumami3.jpg

*グルコバのあて

手間はホタルイカの干物で奥は豚の耳だったか皮だったかのなんかでした。(^_^;)



180121nihonnshu2.jpg

*他の日本酒

この日はあてだけでなく酒もたっぷりでしたね。


180121otsumami5.jpg

*だいこんさん作の牡蠣のオイル漬け

カキを燻製にしてオイルに漬けてあったか、オイル自体が燻製だったか。

とにかく売り物になりそうな完成度でしたわ。



180121otsumami4.jpg

*手羽中のエスニック風炒め煮

これは私の持って行った賄い料理です。

手羽中は骨にそって切り目を入れました。

そいつをショウガとニンニクとで炒めたところに、ニョクマム(魚醤)、醤油、オイスターソース、酒、紹興酒、味醂などで味付けしました。

スパイスとしては八角、クローブ、鷹の爪などを入れました。





では、出来上がったグルコバの料理の写真をダダァーっと貼って行きましょう。






180121ryori1.jpg

*グルコバの料理

粉物や揚げ物が多いですかね。


180121ryori2.jpg

*グルコバの料理


今年の冬場は野菜が高騰してたんでこばやしさんは材料のやりくりに苦労してはったようです。

値段の高くなってる葉物などの野菜を避けたためか根菜が多めの印象でした。






180121ryori4.jpg

*グルコバの料理

180121ryori5.jpg

*グルコバの料理

これは甘いデザートです。



180121ryori3.jpg

*グルコバの料理


今回はいつもの参加費1800円から200円アップして2000円やったんですが、その増額分をぶっ込んでカキとエビを仕入れはったそうですわ。

エビは殻を剥いて丁寧にワタを取ってましたし、殻はこんがりと炒めてから粉砕してそれでダシを取ってはったようです。



180121biriani2.jpg

*カキのビリヤニの炊きあがり

ビリアニ担当のカレー王子ことアレックス君が仕上げをしてるとこです。

詳しくは分かりませんが、 牡蛎を一旦マリネしてそれを料理して、煮汁でご飯を炊いたそうです。


180121biriani2.jpg

*別調理のかきを戻してビリヤニが完成

このビリヤニ、米が2kgに大して牡蛎が3kgというかなりぶっ飛んだ配合でした。

3kgもの牡蛎から取った旨味で炊いてるから、炊きあがったお米自体のカキ味がすんごい強さでした。


180121sample.jpg

*グルコバの盛り付け見本


料理の説明用写真と解説はこばやしさんのブログの記事からコピーさせて頂いてます。

180121explain.jpg

*グルコバの説明用写真




(以下、こばやしさんの記事からコピー)

A.チングリ・マライ
ベンガルの名菜、海老とココナツのカレー。日本式に海老の背わたを取って殻で出汁を取りました。

B.チョラル・ダール
チャナダルとココナツシュレッドを使った、ちょっと変わった豆カレー。

C.玉ねぎのライタ
ビリヤニには付き物の、ヨーグルトサラダ。

D.さつまいものハルワ
さつまいもを牛乳で煮込んだデザート。

E.ニンジンのピックル
ニンジンをマスタードオイルで漬け込んだインド式お漬物。

F.ベジタブル・パコラ
インゲン、京芋、かぼちゃ、レンコンのスパイス天ぷら。

G.小松菜のバジャ
パンチホロンというベンガルのミックススパイスを使った炒め物。

H.じゃがいものマサラ
サモサの中身の余り物。

I.アルー・ポシュト
これもベンガルの名菜、じゃがいもに芥子の実を使ったペーストをまとわせた料理。

J.トマト・チャットニー
トマトを使ったディップ。

K.ベジタブル・サモサ
じゃがいもとえんどう豆のマサラを皮で包んで揚げた、インドを代表するスナック。

L.グリーン・チャットニー
香菜、ミント、ヨーグルトのディップ。

M.ジャスミンライス

N.牡蠣のビリヤニ
ヒンドゥー式に、米から牡蠣の出汁で炊いたビリヤニ。

O.ムーリ・パラタ
大根とじゃがいものマサラを挟み込んで焼いた平たいパン。

今回はあくまでビリヤニと海老がメインで、他は脇役で固めた15品の配役にしましたよ。
(以上、コピー)




180121table.jpg

*我々のテーブルの食事風景


前回のグルコバは直前に親の運転手を夕方からやることになった関係で調理には参加したけど酒も飲まずで、食事会前に撤収という悲惨さ。

おかげで今回はいつもに増して食べる気満々でした。

エビのカレーは非常にエビの旨味が出ててご機嫌やったんですが、他の参加者も同じやったようであっちゅうまに無くなってしまいました。

ビリヤニは余裕があったのでそっちはたっぷり食べられましたが、ご飯好きならビリヤニをおかずに白いご飯が食べられそうなくらい旨味が濃ゆかったですわ。

私は酒の肴にしてましたが、非常に酒が進みましたねぇ。ビールしか無かったんですが発泡酒や白ワインなんかで食べたかったですわ。



まいどまいどのことですが、主催者のこばやしさんには大感謝です。

次回は3月25日の日曜日開催だそうです。1ヶ月前に募集が始まりますので興味ある方はその時期にこばやしさんのブログなどをチェックして下さいね。



*朝の体重:57.80kg。(外食の後コンビニおでんまで食べたからこれくらいで済んだらヨシとせなな。)


*今月の休肝日:2日(今日は休肝日にせんとアカンのよなぁ。)
posted by えて吉 at 16:11| Comment(0) | カレー&インド料理(グルコバ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

第57回讃岐うどん巡りはノープランで

去年の夏に行ったうどん巡りの記事をアップするのを完全に忘れてました。

どこに行って何を食べたかって言う備忘録的にブログを使うことが多いんで化石のようなネタですがザックリ上げておきます。

この時のうどん巡りのポイントはishさんとサシで事前にかっちりコースを組まずにてけとーに回ろうってことでした。

そういう前提で事前に1軒だけishさんから希望が上がり、そこに行くならせっかくなんでともう一軒の店が決まりました。



行ったのは2017年の8月31日(木)なんでまだ残暑の厳しい頃だったんじゃないかと。

  *書いてる現在大阪は強烈な寒波に襲われて最高気温3度とかなんで夏の写真を見ると早よ温かくなって欲しいと思ってしまいます。(^_^;)



6時13分に八尾の家を出発して、8時半にishさんと合流して香川へ向けて出発。



1軒目の店に着いたのが10時52分でした。




開店時間が11時やと思って神戸の出発をいつもより30分遅くしたのかもしれません。



かなり久しぶりに訪ねたのはこちらの超有名店。


170831tanigawabeikokuten.jpg

*久しぶりの谷川米穀店はごく短い行列

初めて行った時は開店前から並びそうな勢いでした。今回は次に行く店が本命で、近所だからとこちらにも寄ることに。

でも行列が長かったらパスする予定でした。

これくらいの待ちなら問題ないってことで並ぶことに。


170831parking.jpg

*いつのまにか谷川米穀店に駐車場が出来てました。

何年振りかに行ったら専用の駐車場が出来てました。

前は周辺に路上駐車するしかなかったのでありがたいですわ。




170831komemark.jpg

*日本で一番人目にさらされてるお米マーク?

入り口そばにあるんで行列した人はかならずこのマークに目をやるんでは無いかと。

で、そうなるとここまで有名で客が多い米屋もそんなにないから日本一見られてるマークじゃ無いかと思っております。

米マークの下の貼り紙によると営業時間は10時半〜13時半になってますねぇ。

私の記憶では11時やったような気がするんですが営業時間が変更になったのか、いつものように私がぼけてるか・・・。


170831shoyuudon.jpg

*谷川米穀店の醤油うどん 冷たい小150円

ここはかけだしがないので冷やか温かいのかどっちかの大・小に玉子を入れるかだけの選択肢です。

ishさんも私も同じ注文でした。

初めて来た時はここの麺に感動したんですがその後何年も経った2回目はガッカリしたんです。

立地場所が他のうどん屋から離れてるんで一度ハズレを引くとなかなか再訪する気にはならず。

ちょっと不安に思いながら食べてみたんですが、表面がやや柔らかくてビシッと締まってないような印象はありました。

氷水で締めたようなギシギシに締まったうどんは嫌いなんですが、もうちょっと冷たい水で締めたらもっとええかなぁと。

でも、前回よりは美味しくてホッとしましたわ。


 *foodish:"雑"食記:残暑うどんツアー(1)〜讃岐うどん巡礼2017-3






11時17分に谷川米穀店を出て、車で5分ほど走れば今回ishさんから事前に要望のあったメインのお店に到着。






170831keshiki.jpg

*三嶋製麺所へ向かう風景

車を止めたところからちょっと歩いて三嶋製麺所に向かいました。

こんな田舎の風景では普通うどん屋があるようには思わないですわねぇ。

どんどん針の穴場店が減って行ってますが、このお店は数少ないそれ系ですわ。


170831mishima.jpg

*三嶋製麺所の店構え

近くまで行ってもうどんが食べられるとは思えないこの店構えも今じゃ貴重ですわね。



170831hiya.jpg

*三嶋製麺所の冷たい小 140円

ここも選択肢はサイズの大小と、熱いか冷たいに玉子を入れるかどうかだったかと。こちらもishさんと同じ注文でした。

こちらは前回の印象が良かったんですが、今回はなんか麺がもっちゃり、ねっちゃりしてやや残念な出来でしたわ。

もうちょっとシュッとしたイメージやったんですけどねぇ・・・。

とはいえ、前回行ってから一度は店がやってなくて振られたりしてるんで久しぶりに食べられて良かったですわ。




*foodish:"雑"食記:残暑うどんツアー(2)〜讃岐うどん巡礼2017-3




11時45分に三嶋製麺所を出て次の店に向かったんですが、ここからは全く計画がありませんでした。


どうやって見つけたかは忘れたんですが新しい店が進む方向にあると分かったのでチャレンジがてら行ってみることに。

グーグルで場所を探して行ったんですが、その場所に店は見つからず、久しぶりにナビ無しでうどん巡りをしてた頃のような雰囲気が少し味わえました。(^_^;)



170831konpira.jpg

*こんぴらやの店構え

写真の左側には大きな工場がありました。その工場の併設店って位置づけのお店です。




170831kakeudon.jpg

*かけうどん200円とかき揚げ100円

ishさんはひやかけ200円にゲソ天のハーフ80円を頼んではりました。

細めですっきりした麺でいわゆる”あつあつ”でも麺のコシがしっかりあり、ダシが美味かったんで当たりでしたわ。

ishさんのひやかけを少し味見させてもうたら、冷やの麺になるとかなりビシッとしたコシがありました。


*foodish:"雑"食記:残暑うどんツアー(3)〜讃岐うどん巡礼2017-3






こんぴらやを出たのが12時51分でした。


次をどうするか相談してたらishさんが肉うどんが食べたいと。

肉うどんって言うと「灸まんうどん」が浮かぶんですが、せっかくノープランで巡ってるんやから新しい店に冒険しようと。

「さぬきうどん全店制覇攻略本」をパラパラやって見つかったのが次のお店でした。車を止めたのが13時15分。

特に今までマークしてたお店では無かったんですが、店のそばまで行ってビックリ。

駐車場が第5まであって店の周りでは駐車場を探してるうどん客っぽい車がうろうろ。

170831wataya.jpg

*綿谷の店構えと行列

店の前まで行っても平日の1時過ぎにこんな行列が出来てました。

お客さんは我々みたいな県外からの観光客と地元の人っぽいのが混じってたように思いました。



170831nikubukkake.jpg

*綿谷のハーフ肉ぶっかけ小 温 350円

ishさんはノーマルの肉ぶっかけ小・温 420円をオーダー。


店の中も学校の教室が2つくらい入りそうな大箱でそこにがっしりと席が設けられててかなりの規模でした。

ざっくり数えて130席くらいあったんじゃないかと。

肉ぶっかけがうりで厨房ではけっこうな人数のスタッフががんがんうどんを茹でたり作業してました。

正直いうて全く予想してなかった大規模さなうえに大繁盛で驚きましたわ。



170831hutomen.jpg

*綿谷のうどんは太麺でした

うどんの方はハーフでも普通の店の中サイズくらいありました。

太麺でエッジは立ってないタイプでしたが、重すぎることは無かったですね。

肉もたっぷり乗ってるからコストパフォーマンスとしてはかなり上出来に思いましたわ。


*foodish:"雑"食記:残暑うどんツアー(4)〜讃岐うどん巡礼2017-3




今回のうどん巡りは最後の肉が効いたこともあって4軒でおしまいにしときました。

せっかく計画無しで行ってるんで帰り道は気分を変えて瀬戸大橋周りで。

現地を出た時間が早かったんで景色も良くて気持ち良かったですわ。





で、帰り道を走ってたらishさんに時間があったんで大阪に車を置いてから飲みに行こうってなことに。

17時24分に総走行距離505kmで家に着いてから布施に飲みに出るってなアホをしでかしてしまいました。

私の馴染みの安居酒屋「山海屋」と関東炊きの「みやもと」で軽く飲んで解散となりました。

いやー早朝から夜までよう遊びましたわ。

*foodish:"雑"食記うどん巡りのあとに布施で夜飲み(東大阪市)






*朝の体重:57.75kg。(ちょっと余裕無いなぁ。)

*今月の休肝日:2日(今日はもう一日飲んだろ。)
posted by えて吉 at 16:01| Comment(2) | 讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

第5回アホな量ほどおもろいカキ宴会

先日うちの家でやったアホほど牡蛎を買うて来て料理する宴会についてサクサクッとご紹介しようと思います。

今シーズンでもう5回目の開催となったんですが、ここ何回かはカキの仕入れ量も安定しております。

当初より落ち着いたんですが殻付き4kgと剥き身4kgってのはかなりアホな量でしょうねぇ。



日程調整はかなり早い内に行って1月28日の日曜日に開催となったんですが、とりあえず何人かの知り合いに声を掛けたらそうそうに参加希望者がええ人数になってしまいました。

何人かカキ宴会に未参加の知り合いがおって声掛けたかったんですがキャパ的に早々に諦めたほどです。

まだ今の家で大人数での宴会はやってなかったんで当初の人数ではちゃんと宴会になるか不安でしたが最終的に大人と子供の参加者が少し減ったんでなんとなくなるかと。

最終的にはishさんこばやしさん、*あきこ*さん、LAKSAさん、だいこんさん、myblackmamaさん、ツレのMというレギュラー陣に今回は元町の「佳景」の女将さんが参加頂けることに。

ここにこばやしさんとことだいこんさんとこの下の子供さん二人が参加。




カキの買い出しは当日の朝から行くことにしてるんですが、今年は寒波が来てて道が大丈夫か当日の朝までやきもきさせられました。

幸い高速道路にチェーン規制がかかったり、通行止めになることもなかったので、当日の7時半頃八尾の家を出発。

近畿道から中国道、山陽道と走って赤穂インターまでひとっ走り。

赤穂の駅前のコンビニで少し時間を調整して9時半には坂越の「功結水産」へ。

事前に連絡して、ちょっと早い時間でしたがB級品の剥き身も予約してあったおかげで待つこともなくサクッと受け取り。

180128oysters.jpg

*坂越の牡蠣を今回もたっぷり仕入れ

ちなみに殻付きが1kg900円で3600円に剥き身が1kg1500円で6000円の〆て9600円。

 *今回は皆さんから参加費として一人2000円を頂きました。

受け取ったらすぐ同じルートで大阪まで戻ったんですが、往復300kmちょい走って11時半前には家に着きました。

雪はなかったとはいえ、午後からあっちゃこっちゃで雪が降る予報やったんで早めに帰れて良かったですわ。



一応宴会のスタートは余裕を見て1時からってことにしてたんで、帰ったら最終的な宴会準備を色々とやって皆さんの到着を待ちました。

最初にツレのMが着いて、1時過ぎからはぼちぼちと皆さんが着かれて2時過ぎには全員が揃ったんじゃないでしょうか。






では、当日食べたもんの写真をどんどん貼って行きましょう。





180128saiboshi.jpg

*さいぼしと生ハムの盛り合わせ

これはだいたいの人数が揃うまでビールを飲むために私が用意しておいたアテです。

生ハムは正月用に買うた3種類セットイタリアモノの残りで、プロシュットとコッパ。

そしてさいぼしの方は去年の夏頃に羽曳野のミーテックって店で買うた3種類の盛り合わせ。

3種類がそれぞれ小分けの真空パックになってて1ヶ月ほど賞味期限があったヤツを買うてすぐ冷凍してたんです。

ちょこちょこっと入って1300円ほどしたんで、買うたはええけど一人じゃ贅沢過ぎて食べられず。

こんな宴会の時ならええやろうとやっと食べるチャンスが巡って来ました。

それぞれ違う味わいなんで食べ比べは面白かったかもしれません。



180128bread.jpg

*ishさん差し入れのパン

ishさんのご自宅近くにはレコルトっていうええパン屋さんがあるらしいんですが、そこで買うて来てくれるはずが日曜日は定休日。

そこでわざわざ元町で2軒に寄って買うて来てくれたパンの一部です。

こういうおかずパン以外にもバケットとか食パンもありました。

このおかずパンは赤ワインが欲しくなる酒の肴系でしたね。(^^)




180128omiyage.jpg

*台湾のお土産と差し入れのキムチ

台湾のお土産はmyblackmamaさんの奥さんと娘さんがつい最近行って来はったからでした。

どこかのタイミングで開けてみんなで食べようと思ってたのにバタバタしてたら出すチャンスがありませんでした。

キムチの方はLAKSAさんが持ってきてくれたモノ。

前回の宴会で牡蠣キムチ炒めにしたら美味しかったんで、お願いしたんですが結局他の料理で忙しくて使わず。

最後に私が1ついただいて他の方2名がお土産にされました。

LAKSAさんはキムチ炒め用に厚揚げやもやしまで買うて来てくれはったんで当日活用出来ず申し訳なかったです。
 *差し入れは後日私が楽しませて頂きました。



180128sujiniku.jpg

*よしる味のすじ肉の煮込み

これは私があらかじめ仕込んであったアテです。

天満に買い出しに行った時に「ぷらら天満」の肉屋ですじ肉を見かけたんで炊いてみました。

昆布とかつお節で取ったダシに下茹でしたすじ肉を加えて、味付けは日本の魚醤「よしる」と塩、酒、味醂で味付け。

このよしるは佳景の女将さんに頂いたんですが東南アジアの魚醤とはだいぶ違ってあっさりとして和食に馴染みますねぇ。



180128sundubu.jpg

*牡蠣のスンドゥブ

カキ料理の第一弾がこんな濃ゆいヤツってどうやねん!!ってツッコミが入りそうですが・・・。

かなり寒い日やったんでとりあえず身体が温まるもんがええんじゃ無いかと思ったんですよねぇ。

ベースは私が気に入ってる丸大食品のレトルトを使ってますが、事前にかなりいじって増量してありました。

素のスンドゥブスープの肉っ気は豚なんですが、敢えて無視して牛肉の切り落としを包丁で刻んで粗いミンチにしました。

それとたっぷりのニンニク、白ネギのみじん切り、唐辛子を炒めて酒、水で増量。

味付けにニョクマムやら醤油、オイスターソースなんかを加えてあります。

前日にスープを仕込んどいたんで、当日は土鍋にスープを沸かしてちょっとマシな豆腐と牡蠣をたっぷり加えたすぐ出来上がり。

スープがたっぷりやったんで牡蠣を食べきってからもう一度牡蠣を足してお出ししました。




参加者が揃ったところで有志の方を募って牡蠣の殻開けをお願いしました。

牡蛎剥きナイフ3本と軍手、すき間がない時用にペンチも用意してありました。


180128namagaki.jpg

*剥きたての生がき

生がき用には、レモン、ポン酢、タバスコ、ケチャップなどを用意してありました。

ishさんのご希望でボウモアもお出ししてそれをちょろっと垂らして食べるなんて食べ方もありました。


180128kunsei.jpg

*だいこんさん作の燻製色々

うずら玉子は、味噌漬け、醤油漬け、粕漬けにしてから燻製にしてありました。

玉子の黄身はまず生のまま醤油と味噌漬けにしたやつを燻製に。

他には鶏むね肉の燻製、数の子の粕漬け。

相変わらず燻製モノの達人やなぁと。それにそれぞれの味を変えるあたりの芸の細かさがさすがでした。


180128glatin.jpg

*シンプルな牡蠣のグラタン

毎年やって5回目になる牡蠣宴会ですが、できる限り新しい食べ方も試そうと思ってます。

このグラタンは何回か前からアイディアとしてはあったんですが、今回初めて実行。

缶詰のホワイトソースを使いましたが、前日にタマネギを炒めて水と牛乳で延ばしてすぐ作れるように準備しておきました。

当日は牡蠣を先に炒めるか迷ったんですが、誰かの意見で炒めんでええと言われたので、ホワイトソースを温めたトコに直接ぶち込みました。

色んな料理があったんでマカロニなども加えず、たっぷりの牡蠣だけでチーズとパン粉を散らしてオーブントースターで焼きました。

火を入れてもカキの身が縮まずなかなか良かったですわ。


180128stew.jpg

*こばやしさん作のビーフシチュー

こばやしさんは毎年クリスマスにご家族のためにかーんなり本格的なシチューを作りはるんですよねぇ。

その一部を冷凍しておいて宴会に差し入れてくれました。

その辺のしょうもない洋食屋じゃ勝てんくらい濃厚なヤツに仕上がってましたわ。



180128salad.jpg

**あきこ*さんの差し入れ

洋風のにんじんサラダと、オリーブの実、いぶりがっこの盛り合わせです。

たくわんの燻製?である「いぶりがっこ」って、和食やのに洋酒にも合うし不思議なヤツですねぇ。


180128doteyaki.jpg

**あきこ*さんのどて焼き

このどて焼きは個人的にかなり好みでしたねぇ。甘みと味噌のバランスが非常に良かったですわ。


180128okonomiyaki.jpg

*こばやしさんの別館牡丹園式「煎生蠔」(広東風牡蠣のお好み焼き)

これもカキ宴会では欠かせない定番メニューになってますねぇ。

いつもは牛脂を入れるんですが、今年はなしにしましたが特に問題なかったですね。

別館牡丹園で食べたことはないんですが、2000円くらいする高級メニューだそうですわ。

でも店のヤツよりこばやしさんが作ってくれる方が牡蠣の量が多いそうなんです。

ビールがよう進むんで皆さんこれを楽しみしてはります。


180128ajillo.jpg

*たこ焼き器で作るアヒージョ

ブログ仲間のぷるみえさんが東京から前回の宴会に参加してくれた時に提案されてやってみて面白かったので今回もやりました。

子供ら用にたこ焼きの用意を頼まれてたんですが、ishさんのおかずパン食べたりで子供らは当初たこ焼きをやらず。

食べることよりテレビゲームに興味あったようなんで、とりあえず大人が先にアヒージョを楽しみました。

事前にニンニクのみじん切りを油でじっくり煮込んだモノを用意しておいたので、それを使ってササッとやりました。

カキ以外に生のマッシュルームも用意しておきました。


180128wakagobo.jpg

*若ごぼうの煮物

あっさりした和風の野菜モノもあればええかと私が仕込みました。

若ごぼうの旬にはまだだいぶ早い気がしたんですが、宴会やからヨシとしてて、わざわざ天満の市場まで仕入れに行って仕込みました。



180128misocheese.jpg

*佳景の女将さん作の牡蠣のにんにく味噌チーズ焼き

牡蠣にさっと火を通してから、女将さん作のにんにく味噌とチーズを乗せて焼いてあります。

味噌とチーズのバランスが良く冴えがありましたねぇ。


180128kakifly.jpg

*myblackmamaさん作のカキフライ

そもそもこのカキ宴会の発端はmyblackmamaさんが

 「カキフライは揚げたてが一番。家で食うのが一番美味い。」

って発言されたことなんですよねぇ。

それじゃ旨い牡蛎フライを食べさせて下さいってことで集まったのが初回やったんです。

久しぶりにmyblackmamaさんが参加してくれたんで、カキフライ作りはお任せしました。

牡蠣の下処理、粉の付け方などこだわりの作り方で大好評。

ちなみに写真のカキフライは最初に揚げた分でIHコンロ火加減に苦労してはった分ですが、この後は火加減になれてベストなんが出来てました。

カキ自体に臭みがないからそのまま塩だけでもめちゃうまでした。

ちなみにmyblackmamaさんはうちにマヨネーズなんかないやろうと、マヨネーズとピクルスを持参してタルタルソースも現場で作ってくれました。


180128takoyaki.jpg

*結局やったたこ焼き

もうたこ焼きはなしでええかと思ってたら、子供らが食べると言い出したんで終盤にやることに。

多い時は上の子二人が参加して4人やったんですが、今回下の子二人だけのせいか、たこ焼き作りにこばやしさんがかり出されてました。

出来たたこ焼きは大人連中もちょこちょこ摘まんでましたわ。(^^)


たこ焼きまでやったらもう十分かと思ってたんですが、〆にかきごはんが食べたいって声が聞こえまして・・・。

私はあんまりカキご飯を作った経験が無いのでmyblackmamaさんにお任せして作って貰ったのがこちらです。


180128kakigohan.jpg

*myblackmamaさん式のカキご飯

ご飯自体は昆布だしだけで炊いてはりました。

牡蠣はべつに煮汁を用意してそこで味を付けつつ火を通して、炊きあがったご飯に最後に混ぜ込む方式。

一緒に刻んだ菊菜と柚子の皮も加えました。

煮汁も加えてますがべちゃつく感じは無く、非常に美味しかったですねぇ。

個人的に菊菜はあんまり得意じゃないんですが、こうやって食べると美味しかったですねぇ。


カキご飯を食べたあたりでぼちぼち引き上げるヒトも出てかと。


180128shiokara.jpg

*だいこんさん作の牡蠣の塩辛

ご飯を食べてもまだ飲んでたら、こんなんもありますよ〜とだいこんさんが出してくれはりました。

牡蠣と塩だけで一ヶ月ほど寝かしたように言うてはりました。

塩気はかなりしっかりですが、ちょろっと舐めるだけで日本酒がよう進むジョートーの珍味になってました。









10時過ぎまでやって一部のヒトとは片付けをしながらもう少し飲んだかなぁ。

最後電車があるうちに皆さんが帰ってから、2時頃まで片付けをやって無事宴会は終了しました。

いやー今年もアホな量のカキで丸一日よう遊びましたねぇ。

酒の方はビールからスパークリングワインに行ってかなり本数が空いたような気がしますねぇ。

他にもチューハイ飲む人がおったり、差し入れの日本酒を味見したりと酒の方もバラエティがありましたがそちらは全く把握出来ず。

翌日には酒専用の冷蔵庫がかなりがらがらになってたんでたっぷり飲んだのは間違いないと思いますわ。

牡蠣の食べ方がマンネリ化したり、やろうっていう声が上がらなくなれば辞めようかと思いますが来シーズンはどうなるでしょうねぇ。

個人的には来年もやるつもりで新しいカキ料理を考えとこうとは思っております。


>参加者の皆さんへ

 長時間にわたってお付き合いありがとうございましたー。

 特に色んな調理を担当してくれた方はおつかれさまでーす。




*foodish:"雑"食記:第5回アホほどカキを食べる宴会(カキ料理以外編)

*foodish:"雑"食記:第5回アホほどカキを食べる宴会(カキ料理編)

*B級的・大阪グルメ!ブログ:第5回、牡蠣をアホほど食べる宴会




*朝の体重:57.50kg。(けっこうええ数字やな。)

*今月の休肝日:2日(今日は飲むぞ〜。)
posted by えて吉 at 17:20| Comment(0) | 自宅で宴会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

久しぶりに豚骨スープで「焼きラーメン」

先月の31日のお昼は久しぶりになんちゃってな焼きラーメンを作ったのでご紹介しておきます。

九州の博多に行ったことはあるんですが、屋台で飲み食いすることも無く本場の本物の焼きラーメンは食べたことが無いままです。

以前生協を取ってた時に冷凍食品で焼きラーメンって商品があったんでそれで食べたり、後はラーメンセットみたいなヤツでも食べたような気が。

なんにせよこれが焼きラーメンやってなことをなんも知らんままずっとええ加減な作り方でやっております。

焼きラーメン発祥の店では豚骨スープにソースを加えるようですが、ラーメンスープにソースってのはあんまり惹かれないのでそれは無しで。

うちで作る時はながらく手元にあった創味パイタンっていう濃縮スープを使ってたんです。

買うたのはインスタントとかの普通のとんこつラーメンのスープを増量するためやったんですが、たまにしか使わないのでなかなか減らなかった記憶があります。

何年も掛けて使い切ったんですが、もう一度買い直す気になれずしばらく切らしてました。

それで先日天満の卸売市場に行った時に地下のスーパーみたいな業務食料屋をじっくり眺めてたら小分けのトンコツラーメンスープを見つけたんです。




小分けの「豚骨ラーメンスープの素」

*天満で買うた小分けの「豚骨ラーメンのスープの素」

10個ほど入って値段は200円ちょっとだったかと。

余りに安いんでレジのトコでもしかして小分けの袋1つがその値段なんか?って考えが頭に浮かんで焦ってしまいました。

でも、実際はそんなことなく10個でその値段やったんで、小袋一つ30円しないお手頃価格でした。




28日にやった宴会でLAKSAさんがカキのキムチ炒め用に大量のキムチに厚揚げ、もやしなどを持って来てくれはったんです。

申し訳ないことに当日はバタバタして他のメニューを用意してる間にカキキムチ炒めは作らずじまい。

ケース3つ分のキムチは1つを私が頂き、他の2つは参加者でじゃんけんして分配。

その時のもやしが余ってたんでそれを使うためにと焼きそばを作ることにして、その味付けを考えてて今回の焼きラーメンが浮かんだんです。




麺はスーパーで売ってる安物の袋入りゆで麺の焼きそば用が冷凍庫にあったのでそれを使いました。




豚骨スープで「焼きラーメン」

*豚骨スープの素で「焼きラーメン」

豚バラ肉少々を炒めて塩コショウし、キャベツのざく切りを投入。電子レンジで解凍しておいた焼きそばの麺を投入。

もやしも加えてザッと炒めたら小分けのスープをそのまま全体に掛けて、少しだけ水を注いでやりました。

全体に味が行き渡ったら出来上がりとして、皿に盛ってからゴマとネギを散らして紅ショウガを添えてやりました。

久しぶりでしたがなかなか美味しくて、麺は少ないけどたっぷりのもやしなどのおかげで食べ応えもあって良かったですわ。

それにしても頂き物のもやしが、けっこうな日にちが経ってもへたらんかったのでビックリでした。

普通ならもうごめんなさいするか、そこまで行かんでもクサイ匂いがしそうな時期でもピンシャンしてました。

もやしを無駄にせんで済んだし、昼飯として美味かったし、久しぶりのモノを思い出せて良かったですわ。






元祖の屋台「小金ちゃん」ってトコはえらく並ぶようですが、この記事を書くのに調べてたらこの屋台の居酒屋バージョンも発見。

九州に行くことがあったら、焼きラーメンを頼むかは別に軽く飲みに行ってもええかもなんて思ってしまいました。

 *あの焼きラーメン発祥の店!福岡の伝説的な行列屋台「小金ちゃん」の居酒屋バージョンはやみつきメニューの宝庫だった




*朝の体重:57.65kg。(身内宴会明けでこれならまぁええやろ。)

*今月の休肝日:1日(今日は酒抜かんとあかんなぁ。)


posted by えて吉 at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

久しぶりに香川風の「しっぽくうどん」

2日の金曜日に出かけた讃岐うどん巡りでは5軒中3軒でしっぽくうどんを食べましたが、翌日には家でしっぽくうどんを仕込みました。

香川でしっぽくうどんを食べてても店によって中に入ってる具は違うし、だしの種類や味付けもそれぞれの個性あり。

というわけで大阪人で正式なしっぽくうどんの作り方は知りませんが自分の思うように香川風のしっぽくうどんを作りました。

しっぽくうどん自体は本場に食べに行くだけでなく冬場になると自分でも作りたくなるんですが、この冬はまだ作ってませんでした。

久しぶりに作るにあたって、いくつかのモノは香川で買うたばかりのモノを使いました。

まず道の駅滝宮では以前から何度か買うてるいりこのダシパックを久しぶりに買い直しました。現地のスーパーで売ってる地元の人向け日の出製麺所の生讃岐うどん
も久しぶり買い込みました。

同じくスーパーで真空パックになってた親鶏を二パック調達し、大根の一部も現地で買うたモノを使いました。



まず土曜日の朝イチで昆布を水に浸けておきました。

昼間は一人焼肉をやったりしてたんで、しっぽく作りは夕方になってスタート。

昆布だしを引いてからいりこのダシパックを投入。

そこに大根、にんじん、ごぼう、ちくわ、親鶏をぶち込んでコトコト。

ほんまは香川で入ってた豆腐や薄揚げの折衷案?で厚揚げを入れようと思って用意してたんですが、具が多くなりすぎて鍋に入らず断念。

しめじも買うてたんですがこちらもパスしてしまいました。

15分くらい煮込んでから保温鍋の外鍋にセットして保温調理。

3時間ほど保温してから室温に戻してしばらく放置して、夜はベランダに出しておきました。






朝になって一部は実家にお裾分け。






今日の昼過ぎになってやっと自分で食べることにしたので、大鍋から必要な分だけ小鍋に移して温め直し。







久しぶりに作った香川風「しっぽくうどん」

*久しぶりに作った香川風「しっぽくうどん」

そういえば冷凍の小芋も入れようと思ってたんですが、これまた鍋がすでに一杯で断念したんでした。

その代わりとは言えませんが、冷蔵庫に1月末が賞味期限の生麩がおったんでそいつをいくつか小鍋の方に入れてやりました。

別にしっぽくに合うと思った訳ではなく、ただ単に正月のお客さん用にと買うた雑煮用のヤツが使わないままだったので入れただけですけどね。(^_^;)

普段歯応えを残したいゴボウはしっかり煮えて柔らかくなってましたが、大根は柔らかくなりすぎずええ加減の煮え方でした。

本来かなり固いであろう親鶏もしっかり煮込んだせいかほどほどの固さでした。

そして何より美味かったのが野菜やら色んな具から旨味の出ただし。

普段の大阪うどんのダシよりも少し、香川のかけだしとしてはだいぶ甘みを効かせたんですがそれがしっぽくうどんにはバッチリ。

うどんは締めずに釜抜きで行きましたが、久しぶりに食べた日の出の麺はしっかりしたコシがあって上出来でしたわ。


香川でのうどん巡り中は先のことを考えて具を少なめにしてもらうこともあるんですが、今回は一杯だけやからたっぷり乗せてやりましたよ。







今日は義弟の誕生日を口実に身内で宴会することになっております。

昼頃に生野にある活魚屋までふぐを買い出しに行ってきました。

妹の家には出刃包丁がないんで、これからうちの家で捌いてから移動しようかと。

今シーズン2回目のてっちりですが、好物なんで楽しみですわ。








*朝の体重:57.80kg未満。(てっちりは好きなだけ食べたろ。)

*今月の休肝日:1日(今日は日本酒を楽しみますよ。)



posted by えて吉 at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

昼酒に一人焼き肉

昨日は香川で久しぶりにスーパー「マルナカ」に寄ったんですが、神戸で参加者の皆さんと別れてからの帰り道にもマルナカへ。

そこで見かけたラム肉の厚切りを予定もなく買うてしまいました。

今日になってどうやって食べるか考えたんですが、シンプルに焼肉スタイルで行くことに。

羊肉だけじゃ足らんので近所のスーパーで牛肉とタンも調達。

ほとんど朝ごはんを食べないまま昼過ぎになったんで焼き肉で家昼酒を入れることに。

牛肩ロースは137gで819円でしたが見切りで半額。

タンは114gで522円、ラムは154gで612円。

これは焼肉のたれとチューブのにんにくを食べる直前に揉み込みました。

ラムは食べる少し前にクミンパウダー、カイエンヌペッパー、ニンニクを揉み込みで少し起きました。

牛タンは手を加えずそのままで。

ラムとタンはホットプレートで焼くときに塩をしてやりました。

食べてみるとラムはご機嫌でしたがタンは結構固めで肩ロースはスジっぽくてハズレ。

私は牛肉選びに自信がないから元地元の生野にあるイサミって肉屋でばかり買うてたんです。

今回手近なスーパー買うてみたけどやっぱり肉はイサミにせんとと思ってしまいました。(^_^;)

まあそれでも1500円ほどでたっぷり焼き肉を楽しめたんでヨシとしときました。(^^)

*朝の体重:58kg弱。

*今月の休肝日:1日


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 19:14| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

酒無しのメニューが浮かばず飲み日に

1月19日の晩ごはんは最初休肝日にしようかと思ってたんですが、酒無しで食べたいモノが全く浮かばず。

やむなく飲み日にしててけとーにアテを用意することにしました。


休肝日のメニューが浮かばんかったのは、朝の体重がえらく目標をオーバー(58.6kg)だったんで炭水化物を控えるべきかと思ったのも理由です。

スーパーで太刀魚のお造りが目に止まったので、それをメインその1に、後は鶏むね肉を買うたんでそれでなんぞ仕込むことに。




用意したのはこんな晩酌の献立です。






太刀魚のお造りなどで晩酌

*太刀魚のお造りなどで晩酌

・太刀魚のお造り

・もずく

・鶏むね肉の和風ハンバーグ おくらポン酢ソースがけ

・薄揚げの納豆詰め

・豆腐と玉子の汁

・結び糸こんにゃくの煮物



ムネ肉はそぎ切りにしてから包丁で刻んでミンチに。

たっぷりの白ネギとえのきに青ネギ少々を加えて、つなぎの片栗粉、ほんだし、塩、醤油ちょっぴりをよく混ぜ合わせました。

それをフライパンで焼いて、細かく刻んだオクラとポン酢を混ぜたたれをかけてやりました。

納豆は付属のたれを加えてネギとかつお節を混ぜてから、半分に切った薄揚げに詰めてやりました。

焼くのは魚焼きグリルはいちいち水を入れんとあかんからオーブントースターで焼いてやりました。

汁物は、昼間に姪っ子にうどん、自分にうどん代わりにいとこんにゃくを入れた玉子あんかけを作った残りを流用しました。

ダシをちょとだけ増やしてから豆腐をカットして加えてやりました。

ちょっと地味ぃな晩ごはんですが、これでも酒の肴としては全く文句なく気分良く晩酌が出来ましたわ。



*朝の体重:58.35kg。(こんなデブるのは納得行かんなぁ。)

*今月の休肝日:9日(今日酒抜いて目標クリアするぞ。)

 
 
posted by えて吉 at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする