2017年06月19日

巽製粉の「むぎくらの麺 丸麺」でざるそうめん

麺好きやのに朝の体重に余裕がなくて食べられない日もけっこうあるんですが、しばらく麺ネタを上げてないんで行っときましょう。

今回の「むぎくらの麺(丸麺)」って麺は奈良の桜井市にある巽製粉ってメーカーの商品です。

しばらく前に知り合いのNさんがうちに来た時にお土産くれたものです。

巽製粉の「むぎくらの麺(丸麺)」

*巽製粉の「むぎくらの麺(丸麺)」のパッケージ

お土産にもうた時はこの麺の素性が何者なんかが分かりませんでした。

パッケージの裏には名称として「手延べ干し麺」と書かれてました。

原材料名は「小麦、食塩、食塩」となってるし会社の所在地が奈良の桜井なんでやっぱり素麺なんかなぁ・・・とは考えてました。



むぎくらの麺の乾麺の状態

*むぎくらの麺の乾麺の状態

袋から出してみると素麺というにはかなり太く感じました。

茹で時間も8〜9分なんで普通の素麺と較べるとえらく長いですわねぇ。



むぎくらの麺を初回は「ざるそうめん」で

*むぎくらの麺を初回は「ざるそうめん」で

茹でた麺を水道水で締めてざるそうめんとして食べてみました。

食べてみても素麺っぽくはなかったですねぇ。徳島の半田麺も素麺としては非常に太いんですがあれと同じ系統ですかねぇ。

つるっとした表面の食感がよくてなかなかええ麺に思いましたわ。

温かいかけだしで食べても行けるとは思いますが、やっぱり冷やが間違いないって気はしました。

ちなみに写真を撮ってから食べる時は刻み海苔を乗せていただきました。



この記事を書くに当たってメーカーのサイトに行くと「手延べそうめん」と表記されてたんで、分類するなら素麺みたいですけどね。

普通の素麺はそんなに好きでは無いんですが、こくらいの太さがあるとかなりわたし好みでしたわ。

いただいたNさんには感謝ですわ。

3袋ももうたんで1袋は実家にお裾分けしましたが、まだ5食分あるんで大事に味わわせてもららいましょう。




昨日は朝から実家と妹一家と法事もどきで出かけてました。

今年50周忌になる父方のじいさんの墓の前で親父とオカンがお経を上げて法事の代わりとしてから昼ご飯へ。

枚方駅のそばに出来た巨大なツタヤのビルに入ってるカフェみたいなところで昼ご飯。

その後はツタヤで本をみたりしながら中をしばらくうろうろ。

帰ってきたらもう夕方やったんで更新はサボらせて頂きました。





*朝の体重:57.95kg弱(余裕無いけど朝は麺シバいたった。)

*今月の休肝日:6日(今日は酒を抜くぞ〜)
 
posted by えて吉 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする