2017年01月07日

あびこのフレンチ食堂「エスカルゴ」でジビエを堪能

年末にあびこのフレンチ食堂「エスカルゴ」にジビエを食べに行ってきたのでサクッとご紹介しておきます。

何回か書いてると思うんですが、ジビエ(gibier)やゲームミート(game meat)って聞くだけでなんとなく美味しそうに感じて惹かれるんですよねぇ。

松阪牛や神戸牛って言われても全く惹かれないんですが、猟の獲物と思うとがぜん興味が出るんです。

今年の猟期が始まる前からどこかの洋食系の店でジビエを食べたいなぁと思って狙ってました。

一人で行くと料理の感想とか言い合えんのが寂しいんで知り合いのNさんに12月の最初に声を掛けてました。

Nさんの仕事が忙しくてなかなか日程が合わなかったんですが、年末の27日にやっと行けることに。

日が決まってすぐ(とはいえ、2〜3日前?)にあびこにあるエスカルゴに電話したんですが、かなり席が埋まってて8時半からなんとか最後の1席で滑り込み。


当日は8時過ぎに地下鉄御堂筋の駅で待ち合わせてサクッとお店へ。

他のお客さんはほどほどに料理が進んで私らが最後の客でした。

この時期は年末ってことでお料理の方は3800円だったかのコース限定と事前に聞いてましたが、電話で確認するとジビエもあるとのことでした。


決まったコースだけですが、メインのお料理は何品かから選べたんでNさんとそれぞれ違うモノを頼んでシェアすることに。

フランス料理のお上品の店じゃシェアって御法度なんでしたっけ?

エスカルゴは下町の食堂風にしてはるんでシェアもありな雰囲気でしたが・・・。(^_^;)


飲み物はとりあえずは泡モノでスタートすることしてお店のマスターに相談すると、壁にメニューが貼ってあった5000円のシャンパンを勧めてくれたのでそれを注文。

普段は1000円前後の安いスパークリングワインばっかり家で飲んでますが、そいつらと較べてコクがあってちょっと違うように感じました。





あびこのフレンチ食堂「エスカルゴ」の前菜盛り合わせ

*あびこのフレンチ食堂「エスカルゴ」の前菜盛り合わせ


このお店には何度か来てるんですが、前菜の盛り合わせがかなり充実してるんですよねぇ。

この日はスタートが遅く、閉店まで2時間ほどやったんで”気持ち”テンポ良く食べたんですが、この一皿だけでもかなり飲めるんですよねぇ。

肉のパテ、キッシュ、野菜、カリフラワーのムースなどが載ってました。


パテはしっかり分厚くてええ酒の肴ですわ。カリフラワーのムースは舌触り滑らかやけど風味が思い切りカリフラワーで面白かったですわ。





エスカルゴブルゴーニュ風

*エスカルゴのブルゴーニュ風

お店の屋号が「エスカルゴ」だけにカタツムリはお店のウリのようです。

ソースも4〜5種類から選べて、だいぶ前に行った時は三重産とフランス産があったように思います。

このエスカルゴはコースの一部なんで3個だけですが、以前単品で頼んだら丸いたこ焼き器みたいな器で出来てきた記憶あります。

こんな3個だけ料理する器があるとは知らなかったんでなんか面白かったですわ。




ブルーチーズソースのエスカルゴ

*エスカルゴのブルーチーズ

上のはブルゴーニュ風で良かったと思うんですが、そっちが一番スタンダードだと。他にもキノコのソースってのもあったと思うですが一番個性的ってことでブルーチーズをチョイス。

熱が入ってることもあって、非常にブルーチーズの香りが立ってましたわ。好きなんで美味しく頂きましたが、苦手な人には強烈やったかもですね。

カタツムリ自体がどんだけ旨いんかは定かではありませんが、両方ともソースがメチャうまでパンでしっかりソースをこそげるようにして頂きました。

コースではこのエスカルゴかスープを選べたんですが、久しぶりやとどうしてもエスカルゴに行ってしまいますねぇ。

ただフレンチ系のスープって美味しそうな印象があるんで非常に気にはなりました。(^_^;)

遅い時間じゃなかったらスープを一つだけ追加したかったくらいですわ。





シャンパンはけっこうサクッと空いたんで続いて赤ワインをフルボトルで。

しっかりめのヤツをお願いしたらけっこう個性的なヤツを出してくれました。




イノシシ肩肉のコンフィのカスレ

*イノシシ肩肉のコンフィのカスレ

猪肉の塊とたっぷりの豆さんが入ってましたねぇ。

これは野趣があって嬉しかったですねぇ。このお店はけち臭くないというか、盛りがどれもしっかりしてる印象なんですよねぇ。

これも二人でつつきましたが、ちゃんと食べた気ぃになりましたもんね。




エゾ鹿もも肉のポワレ

*エゾ鹿もも肉のポワレ

これもテーブルにお皿が運ばれて来た時にボリュームがしっかりあって「ウォッ!!」って喜んでしまいました。


ええ火加減でフルーツ?のソースが美味かったですねぇ。蝦夷鹿は予想どおりそんなにクセは無くて食べやすかったですわ。

牛肉とは全く違うあっさりした美味しさが私には嬉しかったです。




170107cheese.jpeg

*食後のチーズの盛り合わせ

好みを聞いてくれたんでクセのあるヤツをお願いしました。

それぞれがなんちゅう名前のチーズやったかは忘れましたが、ヤギが混じってたりで確かにどれも面白かったですわ。

コースに含まれるんですが、チーズは一つにしてNさんはスイーツの盛り合わせを。


そちらは写真を撮り忘れたんですが、やっぱり色んなケーキやら甘い物がしっかり盛り合わせになってました。

私はチーズを食べて時間があれば食後酒でも舐めながらデザートを食べてはるのに付き合おうかと思ってたんですが時間がなかったんでそれは我慢。


赤ワインをボトルで空けてからもチーズだけでもけっこう飲めたんでグラスを追加でそれぞれ3〜4杯飲んだかと。


終盤は急ぎ目には食べたんですが、美味いチーズを酒無しで片付けるなんてことは出来ず。

お店の方には申し訳なかったんですが、10時半の閉店時間を越えてしまいました。

これでお会計は24000円ほどだったかと。お料理には大満足ですし、酒の方もほどほどのヤツを2本とグラスで結局一本分ほどは空けたかと。

それでこの値段だったら大満足ですねぇ。

お店の料理がええ以上にマスターの雰囲気がええんで気に入ってるんですが、遅くなってしまったことをお詫びしたら非常に丁寧に受け答えしてくれましたわ。

途中の料理やワインの説明を聞いてても職人として仕事を楽しんではるような感じが伝わってくるんで食事の場としての雰囲気がめちゃめちゃわたし好みなんですよねぇ。


今回はちょっとだけ駆け足になってしまったんで、ぜひ次は年末なんかのせわしない時期を外して、早めの時間から行ってのんびり最後まで楽しみたいものです。

年末の忙しい時期に付き合ってくれたNさんにはほんま感謝ですわ。


<参考情報>

*フレンチ食堂「エスカルゴ(Bistrot chez l'escargot)」

電話:06−6697−7723

住所:大阪市住吉区苅田7−7−5 西村第二マンション1階

営業:ランチAM11:30〜PM2:00(オーダーストップ)・PM3:00(クローズ)
   ディナーPM6:00〜PM8:45(オーダーストップ)・PM10:30(クローズ)

定休:木曜日







*朝の体重:58.60kg。(昨日は飲み食いしまくったからなぁ・・・)

*今月の休肝日:2日(今日酒を抜いたらちょっと余裕出るんやけどどうするかなぁ。)



<同日後刻 追記>

*本文で書き忘れたので補足しておきます。

コースは3800円だったかのお値段なんですが、メインのお料理に寄っては追加料金の発生するモノもあります。

ちなみにエゾ鹿は300円アップ、イノシシは400円アップでした。他に1品が500円アップで、その他の4品は追加料金無しでした。

posted by えて吉 at 16:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする