2016年12月15日

ラム肉とオリジナルな春巻き

作ってみたい料理をメモったりしてるんですが、その中にかなり前からあったのがオリジナルな中身を詰めた春巻きでした。

軽い創作系の居酒屋なんかに行くとたまに見かけそうにも思いますが、オーソドックスな中華とは全然違うヤツが作りたいなぁと。

それをメモったのはもう何年も前なんですが、この前急にやってみようと思いついたんで春巻きを買うためにスーパーへ。

私が一番使ってるスーパーは「万代」ってチェーンなんですが、普段行くのは3店くらいです。

そのうち一番離れたとこにある店舗はかなり大きめ。

この時はその大きめの店に行ったんですが、目的やった春巻きの皮以外になにか食べるモンをと思って売場を眺めてたらラム肉を発見。

万代でも私が行く他の2店舗はラム肉なんか置かんのですが、大きい店やと客層が違うんでしょうかね。

厚切りのヤツがたっぷりめに入ったパックが割と安かったんでちょっとだけ贅沢やけどカゴへ。

オリジナルな春巻きとラム肉があったらけっこう濃ゆい晩ご飯になりそうやったんで後は惣菜のポテサラだけ買うてヨシと。


晩ご飯はこんな感じになりました。




たっぷりのラム肉の香草焼きとオリジナルな春巻きなど

*たっぷりのラム肉の香草焼きとオリジナルな春巻き

ラム肉は家に帰ってから冷凍のパセリや乾燥のハーブ、ニンニク、クミンパウダーなんかを揉み込んでしばらく置きました。

焼く直前に塩を揉み込んでからフライパンで焼きました。


春巻きは少なめの油で揚げ焼きにしましたが、一部がちょっとばかり破れてしまいました。





この春巻きの中身はこんなやつです。






オリジナル春巻きの中身

*オリジナルな春巻きの中身

ちょっと見た目は悪いですが、ご容赦を。

キャベツの千切りにタコスの具として作って冷凍してたミートソース?、トマトソースを加えてケチャップなどで味を調整。

素はあんまり辛くないですが、一味とタバスコで辛味をプラス。

これをピザ用チーズと一緒に春巻きの皮で包んでやりました。

けっこう濃ゆい味ですが、タコスっぽい味とパリパリとした春巻きの薄い皮がええ感じでしたわ。

中のチーズがとろりと溶けてたのも嬉しかったですね。

皮はこん時に使っただけでもう20日くらい冷蔵庫におるんですがもうヤバイですかねぇ・・・。


創作春巻き?の第一弾は冒険度は低いですが満足出来る仕上がりでしたわ。

ラム肉たっぷりに、濃ゆい春巻きで腹は膨らみましたが、食後は口直しにあっさりしたお茶漬けでも食べたいなぁと
感じてしまいました。
 *もちろん、デブの素なんでお茶漬けは我慢しましたけどね。





昨日はうちの近所に仕事で来てはったishさんと天王寺へ。

1軒目は牡蛎がメインの鉄板焼き?屋でしたが、最初の殻付きの生がきは臭みはないものの、味が薄く感じました。

牡蛎フライはちゃんと店で作ってるような見た目でしたが、こちらもあんまり牡蠣の味は濃くなかったですねぇ。

値段も生がきが2つで680円と高めで、ここ最近毎年うちでカキ宴会をやってるとキツイ値段でしたわ。

というわけで、一軒目はビールだけ飲んでサクッとお会計。3000円ほどでしたが、コストパフォーマンスは悪かったですねぇ。

その後、私がほとんど歩いたことないエリアをうろついて見つけたお寿司やさんへ飛び込みで。

ぶり大根、お造りの盛り合わせ、セコガニ等でしっかり燗酒を楽しんで、しめ鯖のにぎりと穴子のにぎりで〆。


お造りも美味かったし、セコガニは1杯1100円やけど身も内子もたっぷり非常に値打ちありましたねぇ。

2人で1万円やったんですが、こちらは大満足でした。

その後、キューズモールの北側にあるバーで軽く飲んで解散。

帰ってからジントニックを作って本を読み出したらすぐ沈没して4時まで寝落ち。






*朝の体重:57.60kg。(外食明けとしたら上出来か。)

*今月の休肝日:5日(今日はもう一日飲もう。)
 
 
posted by えて吉 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする