2016年01月31日

グルコバへ行ってきまーす

今日はインド料理を作って食べるイベント「グルコバ」がありますんで更新を休ませていただきます。

今週は雨の日もありましたが今日はええ天気で良かったですわ。




なんの脈絡もありませんが、チビミーの最近の写真を貼っておきます。

ミーは女の子やけど毎日毎日大暴れしてイタズラしまくってますわ。

元気なんはええけど、ちょっと女の子っぽいとこも出るとええんですけどね。









*朝の体重:57.20kg。(理想値クリア。)

*今月の休肝日:10日(目標クリア済み。)

iPadから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 10:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

予想以上に旨かった「ささみ大根葉丼」

今日の朝昼兼用で食べたええ加減なぶっかけメシが旨かったので早速ご紹介しておきます。

明日のグルコバの荷物を預かるために朝イチで出かけたんですが、体重が目標オーバーやったんで朝メシは抜き。

門真でブツを受け取って、阪神尼崎駅のコインロッカーにブツを預けたら酒屋で買い物なんぞを済ませて帰還。

12時前に着いたんですが、腹ペコやったんで朝昼兼用でなにか食べることに。

昨日はご飯を炊いたんですが、それで作った冷凍ご飯の中でも一番少ないヤツをチョイス。

食べ方を考えてたら、買うて来たばっかりの大根の葉を切り落としたヤツが流しの上にあったんでそれを使うことに。

特売のささみを食べ方も決めずに買うてたんでそいつを2本斜めにカットしてさらに半分に。

塩コショウを揉み込んで片栗粉をまぶしてやりました。

大根の葉は、先っちょと根元をカットして刻みました。

フライパンにごま油、チューブのニンニク、種ごと挽いた唐辛子を入れて熱くなったなところで鶏を投入。

軽く色が変わったところで大根葉も加えて炒めました。

そこにまず濃口醤油を加えて香りが立ったトコに酒と味醂を注ぎました。

あんまり甘みを出したくなかったんで、味醂はごくちょっぴり。





予想以上に旨かった「ささみ大根葉丼」

*予想以上に旨かったささみ大根葉丼

最後に七味も加えて、チンしたご飯の上に掛けたら出来上がり。

ササミに打った片栗粉のおかげで汁気がええ感じに全体に絡んでましたわ。

シャキシャキした大根の葉っぱとしっとりしたささみに甘みの少ないニンニク醤油をごま油の香り。

ご飯に混ぜ込んでわしわし行くと予想以上に旨かったですねぇ。

かなりの腹ペコやったから予想以上に旨く感じた可能性はありますが、醤油の塩辛加減が狙ったトコのど真ん中やったんやと思いますわ。

ご飯がかなり少なめやったんであっちゅう間になくなりましたが、どんぶり飯で腹一杯食べられてたらホンマに大満足出来たでしょうねぇ。








*朝の体重:58.10kg。(夜に卵かけご飯をそこそこ食べたからやろなぁ・・・。納得は行かんけど。)

*今月の休肝日:10日(昨日酒抜いて目標クリア。)
 
 
posted by えて吉 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

朝ごはんにカレーうどん?

今日は朝の体重に全然余裕がなかったんですが、腹が減りまくってたんで朝メシを抜く気にはなれず。

麺を控え目にするとして、それでもそれなりに食べ応えが出るやろうとカレーうどんを作ることに。

ちょうど昨日からすじ肉の下茹でをしてたんで、その中からクズっぽい欠片をいくつかひらってカレーうどんのだしへ。

たまねぎをたっぷりめにカットして、牛肉の切り落としも細かく刻んでプラス。さらに嵩増しで冷蔵庫におったえのきも刻んで加えてやりました。

盛り付けてから鍋で余った水菜とネギを添えました。

うどんはやめて「和風カレーラーメン」

*うどんはやめて「和風カレーラーメン」

で、最初はうどんを食べるつもりやったんですが、菊水のラーメンが賞味期限に近づいてたんでギリギリになって変更。

カレーうどんではなく、和風のカレーラーメンになりました。

麺は茹でる前で100g弱にしといたんですが、それなりに食べ応えはありましたわ。

カレー粉もたっぷり加えましたし、そこに種ごと挽いた唐辛子をプラスしたんで熱痛いくらいの辛さでしたわ。

後半は汗をかきまくったんでTシャツいっちょになって食べてました。





*朝の体重:57.85kg。(余裕ないけど朝めんしばいてもうた。)

*今月の休肝日:9日(今日は酒を抜いてクリアするぞ。)
 
 
posted by えて吉 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

ちょい飲みぃ〜

散髪に出かけたあとふらふらと天王寺へ。

チェックしたかった場所は見つからず、そのまま南へ流れて我孫子まで。

長居公園のあたりではいっぺんパスした「満マル」とかいうチェーンの居酒屋へ。

どて焼きとビールでスタート。

えらく喉が渇いててビールがやたらに美味く感じますわ。

iPadから送信

image1.JPG



<同日後刻 追記>

どて350円とビール480円以外には、せせりぽんず390円、串カツの牛2、きす1、いわし1、うずら1が各100円、燗酒380円でしめて2267円。

どてはハズレやったし、大して食べても飲んでもない気分やったから値段的にはあんまりかなぁ・・・。


posted by えて吉 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

いただきまーす

昼ごはんが遅くなりすぎたので昼夜兼用ってことに。

まだ4時過ぎですが飲み始めまーす。

iPadから送信
image1.JPG



<後日 追記>
食べた内容を簡単に補足。

・おでん

・豆腐と焼き穴子の玉子とじ

・オニオンスライス

・きんぴらゴボウ(惣菜)

・菜の花 辛子醤油

・焼き明太子

・かにみそ

おでんは、コンビニおでんの再利用。卯の花に端っこを少し使ったちくわとこんにゃくに具を追加。

おでんの出汁がたっぷりめに残ってたんで結び糸こん、大根、じゃがいもを足したんですが、そうすると出汁が足らず追加。

こんなことをやってるといつまで経っても出汁が終わらんのですけどね。(^_^;)

じゃがいもは小さなヤツを2個だけ足したんですが、けっこう旨かったですわ。

前日のドライブの途中に道の駅「みつ」で買うた穴子が一匹だけ余ったのでそれを使って、豆腐と一緒に玉子とじに。

出汁は白だしメインですが、頭を先にしばらく煮込んだせいか穴子の風味がよう出てええかんじでしたわ。

菜の花も道の駅で100円で買うたモンです。

カニ味噌は実家の親父がツレらと旅行に行った土産で要冷蔵の旨そうなヤツでした。

明太子も実家からのお裾分けで、何回かに分けて生で食べてたんですがこの日は気分を変えてミディアムレアに焼いてみました。

料理と言えることはなんもしてないんですが、酒の肴として文句なくかなりご機嫌に飲めました。


posted by えて吉 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

寒い朝にはやっぱり

今日はちょいと出かけるので待ち合わせ場所の兵庫駅で時間があったんで朝うどん。

年中うどんですが寒い朝にはやっぱりしみますねぇ。

かき揚げうどん400円に昆布90円、出汁も好みで美味かったです。

ではちょいとドライブしましょう。

iPadから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

第50回讃岐うどん巡りは「しっぽくうどん」狙いで

アップするのがだいぶ遅くなりましたが去年の12月18日の金曜日に行った香川でのうどん巡りについてご紹介します。

今回のうどんツアーに参加されたのはお馴染みのツアーメンバーであるmyblackmamaさんishさんのお二人でした。

ここ何日かむちゃくちゃ寒いですが、今年は暖冬でなかなか寒くならずやっと12月に入って季節モノの「しっぽくうどん」が食べたいと思えるようになりました。

参加者が3人だけやったんで、今回はいつものアルファードではなく初めてGOLFでうどん巡礼をやることに。

当日家を出たのが5時13分でこの時の気温は車の温度計によると5度やったんで、温かいしっぽくを楽しみに出発。

まずはmyblackmamaさんをピックアップに向かったんですが、サクッと6時頃にはご自宅そばに着いてしまい、しばらく暇つぶし。

6時57分にmyblackmamaさんのご自宅そばを出発して兵庫駅へ。

7時37分にishさんのご自宅前に着いて、7時55分には兵庫区を出発して香川へ。

休憩を挟みつつルートはいつものように淡路島から高松道で香川へ。






1軒目のお店に着いたのが9時57分でした。








馬渕から変わって初めての「手打麺や大島」

*馬渕製麺所から変わって初めて訪問した「手打麺や大島」

以前馬渕製麺所として営業してたお店を大島うどんってお店の次男さんが継いで、しばらくは馬渕の名前で営業してはったんですが、少し前に店名を「手打麺や大島」変更。

*馬渕の後を継ぐあたりの話については地元の有名ブログに詳しい話があるんで、興味のある方はコチラをご覧下さい。

店名が変わってから来るのは初めてでした。

大島のレギュラーメニュー

*手打麺や「大島」のレギュラーメニュー

7玉までメニューがあるんが香川らしいといいますか・・・。

大島のメニュー

*別メニューのしっぽくうどんと肉うどん



手打麺や「大島」のオプション類

*手打ち麺や「おおしま」のオプション類

午前中でたくさんチョイスがありましたが、今回は一応しっぽくうどんメインなんで天ぷらはグッと我慢。



大島のセルフコーナー

*大島のセルフコーナー

このあたり雰囲気はほとんど馬渕の頃と変わってないかと。私らはしっぽくうどんやったんでお店の人が盛り付けて渡してくれました。



手打麺や「大島」のしっぽくうどん

*手打麺や「大島」のしっぽくうどん370円

ここでは3人とも同じしっぽくうどんをオーダー。

具は薩摩揚げタイプの天ぷら、ごぼう、だいこん、しめじ、ニンジン、鶏肉、里芋、うすあげなどでしょうか・・・。

細めの麺でコシがしっかりあって具だくさんのダシとで旨かったですねぇ。





大島を出たのが10時12分で次の店に車を止めたのが10時25分。






新しくなって初めの「中西うどん」

*新しくなって初めての「中西うどん」

早朝からやってるんで泊まりで巡ってた時なんかは朝イチに来たりしたんですが、旧店舗からすぐ横の新店舗に移ってからは初めて。

馬渕から中西へ向かうルート状に上田製麺所もあるんですが、今回は新店舗を体験するためにコチラを優先しました。




中西うどんのメニュー

*中西うどんのレギュラーメニュー

以前のお店では丼の種類によって玉数が決まってたんですが、そのシステムはなくなったようですね。


中西うどんのオプションメニュー

*中西うどんのオプションメニュー

「しょうゆめし」ってのが気になりましたが、調べてみると大阪では「かやくごはん」や「たきこみご飯」と言われるモノのようですわ。

中西うどんの天ぷら

*中西うどんの天ぷら類

当然こちらのお店でもしっぽくうどん狙いなんでオプション類は華麗にスルー。



中西うどんの「しっぽくうどん」

*中西うどんの「しっぽくうどん」430円

こちらでも3人揃って同じメニューを頼みました。

ダシがけっこう濁ってますな。具材は割とシンプルでダシの甘みが大島よりはやや控えめでした。

麺はやや太めでもっちりしたタイプでしたね。

中西を出たら来た道を戻って国道193号線を空港方面へ。





次のお店に着いたのは11時15分でした。

私たちが店に着いた時は席に余裕がありましたが、その後はどんどんお客さんが入ってきたんでタイミング的にぎりぎりでしたわ。



岡製麺所のしっぽくメニュー

*岡製麺所のしっぽくメニュー


ここで初めてしっぽくうどんを食べた時にmyblackmamaさんがあまりの旨さに涙が出ると行ってたんで、myblackmamaさんが参加するなら外せんですねぇ。

私もここのしっぽくは大好きなんですよねぇ。


岡製麺所の「しっぽくうどん」

*岡製麺所のしっぽくうどん 420円

私とmyblackmamaさんはこのしっぽくうどんを注文。

土着的な旨さがドカーンとくるしっぽくですねぇ。

ishさんはといいますと、冒険してこちらを頼みはりました。


岡製麺所の「しっぽくそば」

*岡製麺所のしっぽくそば 420円

香川のうどん屋ではたまにそばも見かけるんですが、あんまり好ましい印象がないんですよねぇ・・・。

うどんはわざわざ大阪から食べに行こうと思うクオリティなんですが、それと較べるとそばはイマイチな気がするんです。

岡製麺所はお店の看板にわざわざ「冬期 そば」と書いてはるんですが時期を限定する理由はなんでなんでしょうねぇ。

こちらのそばもishさんに味見させていただいたんですが、正直言うと蕎麦っていうより、薄く色の着いたうどんってな印象でしたわ。

香川におけるそばの存在意義についてはなかなか他所モンには分からんトコがあるなぁってのが感想ですね。




ここまで3連チャンでしっぽくうどんを食べたら、すでにけっこう腹が膨らみだしてました。

そこで岡製麺所を出たらまずは国道32号線にある道の駅「滝宮」へ。

私はここで売ってるいりこのダシパックが気に入ってるんですが、それを切らしてるんでここに寄るのは大事な目的の一つでした。

他にも野菜をみたりしながらしばらく休憩。

そして、車を道の駅に置いてぽてぽてとすぐそばにある次のお店へ。





お店に着いたのは12時15分前後だったかと。





松岡の店構え

*松岡の店構え

宮武ファミリーのこちらでは、大根のタチにこだわりがあるそうでしっぽくうどんのシーズンが比較的短めなんですよねぇ。


松岡の「しっぽくうどん」

*松岡のしっぽくうどん 350円

岡製麺所とは系統が全然違うんですが、上品な旨さではここのしっぽくが抜群ですねぇ。

量的には少なめなんでしっぽく狙いでうどん巡礼をする時はありがたいですわ。

しっぽく狙いでうどん巡りをする時にここと岡製麺所は外せないって気がします。


松岡から道の駅に戻って12時半頃に出発。




次の店に着いたのが12時48分。



よしやの店構え

*よしやの店構え

ここまでしっぽくばっかり食べたんで、具無しのうどんを中心に回る時よりはるかにお腹にこたえてました。

最後は無理せんとしっぽく以外の軽めのメニューにしようかなぁと迷いつつ店内へ。


「よしや」の新メニュー

*よしやの「最近増えたメニュー」

しっぽくうどん、温玉月見うどん、讃岐もち豚と黒胡椒のまぜうどんってのが並んでますね。


よしやさんのツイッターで知ったんですが、今年から新しいモノがメニューに加わってました。



よしやの「そばはじめました」お知らせ

*よしやの「ソバ、はじめました」のお知らせ

お店の大将は最近までソバの美味しさに気づいてなかったそうですわ。


最後はよしやのしっぽくそば

*最後はよしやのしっぽくそば 360円

こちらでは結局全員がしっぽくそばをオーダー。

私もかなり腹が大きかったんですが、どうせならっていうんでしっぽく縛りをやり遂げてしまいました。


よしやの「そば」アップ

*よしやの「そば」アップ

大阪で見かけるような蕎麦よりはけっこう太めでしたが、岡製麺所のそばほど違和感はなく、ちゃんと「そば」を食べてると思えました。

もともとよしやは出汁が抜群に旨いんで、そばで食べても文句なく美味しかったですわ。

ただ、うどんとそばが選べてどっちを食べるんかと言われたら、私はやっぱりうどんですかねぇ・・・。(^_^;)




よしやを出たら丸亀市内にある某スーパーへ寄って、1時45分頃には大阪に向かって走り出しました。

兵庫駅に4時半過ぎ、西宮名塩に5時20分頃着いて、皆さんとはお別れ。

お二人には割と早めに帰って貰えてたんですが、一人になって家に向かったら最後の阪神高速で大渋滞。

家にたどり着いたのは8時前やったんで最後でけっこうやられましたね。






今回の総走行距離は543kmやったんですが、アルファードに較べてゴルフで行くと疲れがはるかに少なかったですね。

ハッチバックの後部座席はリクライニングしないんで、乗って貰う人が不自由しないか心配でした。

ずっと後席に座ってくれたmyblackmamaさんによると座席の形と固さがよう出来てるようで全く問題ないとのことで安心しましたわ。

これで人数が少ない時は安心してゴルフを出せるって分かりホッとしました。


*foodish:"雑"食記:トライ!しっぽくツアー(1)〜讃岐うどん巡礼2015-4

*foodish:"雑"食記:トライ!しっぽくツアー(2)〜讃岐うどん巡礼2015-4




*朝の体重:57.90kg。(朝起きた時から腹ペコやのに余裕ナシ。)

*今月の休肝日:8日(今日は酒抜きですよっと。)
 
 
posted by えて吉 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

お昼は手ぬ〜き

昨日はishさんがうちに泊まることになってて、その前にミナミで飲み食い。

5時前には起きてホンマは車で仕事場まで送らせて貰おうかと思ってたんですがちょいと飲み過ぎてしまい断念。

ishさんにはコーヒーだけお出しして電車で行っていただきました。

私はそこから寝直して10時頃に起きて朝は釜揚げうどんを。

昼ごはん3時前にはなったんですが、料理する気がなかったんで買い置きのカップヌードルのトムヤムクン味で手抜き。

お湯を少し多めに入れて出来上がってからニョクマム(魚醤)をプラス。

刻んで冷凍してあったシャンツァイ(香菜)も加えてやるとグッと雰囲気がよくなりました。

飲み過ぎでちぃと胃が不快やったんですが、こんな刺激物とってしまいました。(^_^;)



iPadから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

朝ごはんは贅沢に「明太子おにぎらず」

今朝は6時に起きて7時過ぎから門真まで借りてたモノを返しにひとっ走りしてきました。

9時頃には家に帰ったんですがすでにけっこうな腹の減りでした。

でも、今日の行動を考えたらすぐ食べん方がええかと思ったんで、コーヒーを1杯飲んでしばらく我慢。

11時頃になってやっと朝ごはんを食べることにしたんですが、迷った末にうどんは諦めて少なめの冷凍ご飯でおにぎらずを作ることに。

いつもは瓶詰めの鮭フレークなんかを使うんですが、昨日たまたま実家から明太子のお裾分けががあったんでそいつを具にしてみることに。

片腹の1/4ほどを使ったんですが、ご飯の上に乗せて写真を撮ったらザックリ潰して全体に行き渡るように広げてやりました。

一味をちょいと足して、その上からご飯を乗せて海苔で押さえたら出来上がり。

半分ほどはそのままで食べて、後半はちょいとマヨネーズをつけながら。

炊きたてご飯に明太子ってのは卵かけご飯以上に幸せを感じる食べ物ですが、このおにぎらずもかなり贅沢に感じましたねぇ。

おにぎり1個やと全然足らんのですが、贅沢バージョンをシバいたんでなんとかこれで昼ごはんまで耐えたいものです。








*朝の体重:57.90kg。(そんな食べたつもりないのに余裕なし)

*今月の休肝日:8日(昨日は酒を抜きました。)

IMG_0230.JPG
posted by えて吉 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

寒い朝に「親子あんかけうどん」

今日は起きた時点で外には出ずじっくり家で作業をしようと思ってたんですが、急な電話で事務所に呼び出されてあっさり計画が崩れました。

ほんまは香川でのうどん巡りのネタをアップしたかったんですが予定が狂ったんで、今朝食べたうどんの小ネタで更新しておきます。

今朝は朝の体重が理想値ジャストやったんで気兼ねなくうどんをシバくことにしました。

どんな食べ方をするか考えて冷蔵庫を開けると鶏モモ肉があったんで、それを使い切るために”けいらんうどん”に鶏を加えた親子なあんかけうどんを作ることに。

もも肉は薄めにカットして塩を揉み込んでから片栗粉をまぶしておきました。

ダシは日本酒とごくわずかの味醂を加えて、白だしをベースにほんだしといりこだしの素を追加。

沸かない程度の弱火にしたところで鶏に火を入れて、鶏に打った片栗粉で少しとろみが付いてましたが、さらに水溶き片栗粉を加えてやりました。

うどんの茹で上がりに合わせて溶き卵を回しかけたら出来上がり。




親子あんかけうどん

*親子あんかけうどん

薬味にはねぎとおろししょうがを添えてやりました。

熱々で冷めにくいし、生姜に加えて七味もたっぷりやったんで内側から体が温まって後半はかなり汗をかいてましたわ。

鶏肉は片栗粉を打ったおかげで非常に柔らかく仕上がってて文句なし。

寒い朝やったんでこのうどんの暖かさが身にしみましたねぇ。







*朝の体重:57.40kg。(理想値ジャスト)

*今月の休肝日:7日(今日は考える余地無く休肝日)
 
 
posted by えて吉 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

たまたま抜群の出来やった「焼きビーフン」

ついさっき食べた昼ご飯の焼きビーフンの出来がえらく良かったんでさっそくアップします。

昼前に朝うどんを食べたんですが、麺の量を気持ち抑え目にしたら食べた直後でも腹減ってました。

昼過ぎに家を出てスーパーや古本屋を回って帰ったら2時を過ぎてました。

冷蔵庫に鶏モモ肉ともやし、長く放ったらかしのピーマンがおったんでそれを使った昼ご飯を作ることに決めてました。

最初は適当に炒めてトロミを付けて中華丼っぽいモンにでもしようかと思ったんです。でも、朝の体重にあんまり余裕がなかったんで炭水化物の量を控えたいなぁと。

早く食べたい生ラーメンもあったんですが、それよりも量が少なくて済むビーフンを食べることに。

鶏は小さく切って塩コショウを揉み込んで片栗粉をまぶしておきました。

ビーフンは熱湯に浸けて固めに戻してざるに上げておきました。

ピーマンともやしだけでは量が少なかったんでキャベツも2枚分追加。

ガーリックオイルにサラダ油を足したフライパンで鶏から炒めてだいたい火が通りそうなところでキャベツを投入。

ある程度炒めたらもやしと細切りのピーマンも加えてさっと炒めたらビーフンも投入。

事前に小鉢に創味シャンタン、醤油、たっぷりめのオイスターソース、紹興酒を入れて電子レンジでチンしてよくかき混ぜておきました。

ビーフンの上から合わせ調味料を注いで全体に混ぜ合わせながらビーフンにしっかり吸わせてやりました。

ビーフンがちぎれるのは気にせず全体が均一になるようほぐして行きました。

途中で少し水も注いで終盤には香辣脆をたっぷり加えて全体に味が回ったら出来上がり。




たまたま抜群の出来だった「焼きビーフン」

*たまたま抜群の出来やった「焼きビーフン」

今回の焼きビーフンの出来は偶然なんですがほんまによう出来てましたわ。

コクのある味付けで塩気はそんなに効きすぎてなくて適度。ビーフンの麺はしっとり柔らかい仕上がりでしたがこちらも狙った通り。

ピリッと辛味が効いてビーフンにしっかり旨みが乗ってて大満足でしたわ。

合わせ調味料なんかは適当に混ぜて、味見もせんと全部ぶち込んだからホンマは塩辛かったりする危険性大でした。

麺が細くて食べ応えも充分にあるんで非常に満足度の高い昼ご飯になりましたわ。









今日は朝イチに仕事で使ってる工務店が電気屋を連れてうちに来てくれました。

何ヶ月も前から風呂の脱衣場の電灯のスイッチが死んで点きっぱなしになってました。

脱衣場は仕方なく電球を外して、風呂場の電気と洗面台の電気だけでしのいでたんです。

それが一昨日にはトイレの電気のスイッチまでアウトに。

トイレは電気無しではしのげんので小さな用事で悪いと思って我慢してたんですが、ついに工務店に電話したんです。

一旦うちに来て部品を確認したらすぐ部品屋に走って、部品を調達してその場で直してくれました。

久しぶりに洗面所の電気が点くとえらく明るく感じましたわ。

あっちゃこっちゃに同じタイプの電気のスイッチが付いてるんですが、これ以上死なんといて欲しいモンですわ。







*朝の体重:57.75kg。(イマイチな数字。)

*今月の休肝日:7日(昨日は飲みましたよー。)
posted by えて吉 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

マルちゃんの中華そば「芳醇えび塩」

1月の5日に食べた東洋水産のマルちゃんのラーメンをご紹介しておきます。

食べたのは5日なんですが、買うたのは12月の前半やったと思います。賞味期限が1月1日やったんでそん時は2食くらい充分期限内に食べきれるやろうと思ってたんです。

ところが実際にはなんやかんやと食べる機会が伸び続けて、一食も食べないまま賞味期限を越えてしまいました。(^_^;)

決して賞味期限を越えるまで寝かした方が美味しくなると思ってる訳ではないんですけどねぇ。


マルちゃんの中華そば「芳醇えび塩」

*マルちゃんの中華そば「芳醇えび塩」

生めんとスープがセットになったタイプのラーメンで塩味系統ってあんまり見ない気がします。

どこで買うたか忘れましたが、えび塩味ってのは初めて見かけたんで買うてみました。

外の店でラーメンを食べることが少ないんですが、どこかのブログでえび塩ラーメンってのを見かけた記憶がありますねぇ。

世間のラーメン屋ではえび塩味ってのが流行ってたりするんですかねぇ・・・。

値段も覚えてないんですが150〜200円が私の買う相場なんで、そのあたりでしょう。


初回なんやからそのままの味を出来るだけ味わうべきなんでしょうが、私はスープの少ないのが苦手なんですよねぇ。

こいつの正式な作り方は濃縮スープを250mlのお湯で溶くことになってるんですが、私にはありえん少なさですわ。

具材も入れたかったんで初回からいじり回しました。





かなりいじったマルちゃんの「芳醇えび塩ラーメン」

*出来上がったマルちゃん「芳醇えび塩ラーメン」

刻んだキャベツ、えのきとしめじにカニカマをたっぷりのお湯で煮込んでセットに付いてるスープを加えて、鶏ガラスープの素と塩なんぞで調整。

パッケージに「鶏と魚介の旨みにえびが香る」とあったんで、ガラスープを足すぐらいやったらええんじゃないかと。

ネギを間違うて買うたせいで余ってたんで、ざく切りにして山ほど乗っけてやりました。

スープには片栗粉で軽くとろみをつけてやりました。

味の方は元々のスープよりだいぶ伸ばしてますが、けっこうエビエビした風味でしたわ。

個人的には「塩味」と言えばサッポロ一番塩ラーメンと中華三昧の海鮮系の塩味?が二大巨頭なんですが、今回のマルちゃんのヤツもけっこう旨かったですわ。

ただ麺はパッケージには「中太麺」と書かれてましたが、私にはけっこう細めに感じましたねぇ。

まぁ個人的に塩味やったら細めでも文句ないんですけどね。

けっこう旨かったんで、これからずっとスーパーに並んでるんやったらたまには買うてもええかなと思いましたわ。










*朝の体重:57.95kg。(鍋食べ過ぎたからなぁ・・・。)

*今月の休肝日:7日(昨日は酒を抜きました。)
 
 
 
posted by えて吉 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

今シーズン初めての「てっちり」

先週の土曜日に今季初のてっちりを食べたんでその様子をサラッとアップしておきます。

冬場に食べたいモノとしてカニとフグがすぐに頭に浮かぶんですが、カニの方は気に入ってる宿「甲羅戯」なんかでしっかり食べたいんですよねぇ。

先シーズンもチャンスがなかったんですが、どうも今シーズンもカニには縁がなさそうですわ。

フグの方は別に産地に行って食べたいとかはないんで、大阪のお店へ行くか、自分の家で食べたらいいんでハードルは低いですね。

1シーズンに何回かふぐを食べることもあるんですが、この冬は年末に食べることもないまま新年を迎えました。

ずっと食べたかったんで、この前客の外人らとてっさだけは食べたんですが、てっちりはまだのまま。

16日は近場のドライブに出てたんですが、伊賀上野まで行った時点でまだ早かったんですが名阪道で大阪に戻ることに。

一区間分の高速代を節約するってほどの意識でもなかったんですが、なんとなく西名阪道の香芝ICで降りて、インターチェンジそばのスーパーへ。

その時にたまたま知り合いのNさんとメールのやりとりをしてて飲めないか聞いてみたらオッケーだと。

今年会うのは初めてやったし、せっかくなんでてっちりをやることに。スーパーで買い物だけ済ませたら地道で帰るつもりやったのを変更してまた高速でサクッと地元へ。

活魚屋の「大昌」に寄ってさばいたフグとあてをちょっと仕入れて家へ。

外人さんらが来る前に掃除した後、だらけてたんで部屋が汚くてまずは大急ぎで掃除をして、トイレもきれいに。

てっちりをしっかり食べることにしたんで他の仕込みはあんまりなくけっこうのんびりと支度。

7時半過ぎにはNさんが家に着いたので最初だけビールで乾杯をしたら、さっそく宴会スタート。



仕入れたフグはこんな感じ。



たっぷり2人前の「とらふぐ」

*たっぷり2人前の「トラフグの身欠き」

さばく前のフグの原形で重さが1252g。店の店頭に書いてある何グラムぐらいで何人前かって目安によるとたっぷり2人前あるようでした。

家宴会でお客さんを招いてる時でもあんまり食材にお金を掛けないんで、5245円って材料費はかなり高額。

とはいえ、フグ屋に食べに出たらコースで少なくとも1人前5000円くらいかかるんで、そう考えたらこの食材費も納得ですわね。



てっさは1人一皿

*てっさは1人一皿 一皿600円

買ってきたままのプラ皿でちぃと”ざんない”ですがこのまま出しました。

この前スーパーで買うたてっさはもう少し一切れが小さく枚数は多かったんですが、1000円もしたんで大昌のはお得に感じますわ。


ふぐを食べるとなったら、「てっちり」に「てっさ」、そして「ふぐ皮の湯引き(てっぴ)」がお約束ですがそっちは最近食べたからパス。

ふぐ皮を節約した分、他のあてで贅沢したりました。



ちょっと贅沢してアテの「うに」と「赤貝」

*ちょっと贅沢してアテに「うに(1900円)」と「赤貝(300円)」

アテとしては贅沢ですが小粒?とはいえ、生ウニが1900円やったらまずまずじゃないですかね?

スーパーで並んでても2500〜3000円はしてることが多くてここ何年も買うたことなかったですわ。

久しぶりの生ウニにわくわくしてしまいました。店には赤貝以外にトリガイもあったんですが、今回は安かった赤貝にしときました。



久しぶりに食べた「ウニ」

*久しぶりに食べた「生ウニ」

一枚のウニを半分ずつに分けて、ただ盛っただけです。

貰い物の上等の醤油と刻みワサビ入りのわさびで頂きました。味付け海苔も添えてそいつに包んだりしながら食べました。

ミョウバンは使ってましたが、えぐみもなく甘みがあってニンマリしてしまいました。


赤貝とわけぎのぬた

*赤貝とわけぎのぬた

Nさんが貝好き、ぬた好きなんでいつものようにヌタにしました。

わけぎも大昌に売ってたんで買い物の手間も増えず助かりましたわ。


鍋の写真は取ってないので、ばらしたフグの写真だけ貼っておきましょう。


てっちりのとらふぐ

*てっちり用にさばいたとらふぐ

荒は食べやすい大きさに出刃で叩き切って、本体は中骨にしっかり身を残すようにしてさばきました。

Nさんも私も荒のとこをせせりながら食べるのが好きなんで正身より荒を優先した感じです。

アテは少なめでしたが、喋りながらゆっくり食べたら正身が何切れか残りましたわ。




食後はカマンベールチーズと赤ワイン

*食後はカマンベールチーズと赤ワイン

てっちりの後の雑炊も気になったんですが、Nさんの差し入れがあったんでそっち優先。

チーズと値段がそんなに高くない割に美味しいっていうんでNさんが気に入ってはる赤ワインも持って来てくれました。

自分が食べたかったてっちりをシバけて、食後にゆっくりチーズやワインまで楽しめたんでめっちゃええ夜になりました。






雑炊をやらんかったんで、鍋の出汁は大事に置いといて翌々日の18日なって再活用。




鍋の残りで「てっちりうどん」

*鍋の残りで「てっちりうどん」

鍋の出汁からまず具を全てすくって、そこにダシの一部を加えて、みりんちょっぴりに薄口と塩で味付け。

ふぐの身もかなり残ってたんで朝からこのうどんをアテに飲みたくなってしまいましたわ。

最初はそのまま食べて、その後はすこしポン酢を加えて食べましたがダシが非常に旨かったですわ。


ちなみにダシだけ残しといた分は今日の昼ご飯に雑炊として楽しみました。

今シーズンはこのフグが最初で最後になるかもしれませんが、少し多めに買うたおかげでしっかりふぐを食べた気分になれましたわ。









*朝の体重:57.55kg。(まあまあかな。)

*今月の休肝日:6日(今日は休肝日にせんとな。)
 
 
posted by えて吉 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

久しぶりに「キムチ炒飯」

今日は疲れが残ってよれよれなんで小ネタでサクッと更新しておきます。

15日は朝の体重に余裕がなくて朝ごはんは抜きで1時近くになって昼ご飯を食べることに。

冷蔵庫にあったキムチがぼちぼち賞味期限に近づいてたんでそいつを減らすために久しぶりにキムチ炒飯をやることに。

普通のご飯もあったんですが、ふと思いついてこの前外人のお客がワイン煮込みを作ってくれた時に炊いて冷凍してるジャスミンライスを使うことに。

普段焼き飯の類いなら肉っ気は豚バラを使うんですが、たまたま冷凍の豚を切らしてたので牛の切り落としで行きました。

キムチも牛肉も適当に刻んでスタンバイ、ネギのざく切り、溶き卵も用意。

中華のチャーハンだと玉子から炒めますが、今回は肉を入れるんでまずは肉から。

肉に火が通ったらキムチを投入して軽く炒め、フライパンにスペースを作ってそこに玉子を入れてその上からタイ米を加えました。

全体を炒め合わせて、ちょっとだけニョクマム(魚醤)を掛けてネギをぶち込んだら出来上がり。



久しぶりに「キムチ炒飯」

*久しぶりの「キムチ炒飯」

ジャスミンライスを使ったんで、日本米よりはずっとパラッと仕上がりました。

ただ、電子レンジで解凍した時はジャスミンライス特有のええ香りがしてたんですが、キムチと混ぜるとええ香りが隠されてしまいました。

私にとっちゃ贅沢で貴重なジャスミンライスなんでちょっともったいないことしたかなぁ・・・と。(^_^;)

焼き飯自体はあっさり味に仕上がってて、食べながら少し魚醤をプラスしてやるとええ感じでしたわ。

キムチ自体にも買うてから一味を追加してましたし、牛肉を炒め出した時に種ごと挽いた唐辛子も追加。

そんな訳で辛さもけっこうしっかり効いて旨かったですわ。




昨日は12時半頃にこばやしさんの自宅についた直後からガンガン仕込みをやってました。

慣れない包丁で大量の刻みモノをやると力が入って疲れるし、仕上がりがイマイチでやや不満でしたが4時間ほど作業して仕込み完了。

その後大量の荷物を持って電車で「カレー事情聴取」の会場へ移動。

会場に入って初めて自分らのブツを売るスペースを確認。

レイアウトの問題や狭さを見た瞬間に「負けたかも・・・」って気分に。

それはオペレーション的に無理がありすぎるって意味やったんですが、結果的にはそっちは問題なし。

ただお客さんは開店時間の7時前から50人以上並んでたんですが、その後雨が降り出したこともあって8時過ぎにはピタッと客足が止まってしまいました。

そのおかげで用意した料理は思ったほどもさばけず。

忙しすぎてボロボロになったんやったら達成感がある”ええ疲れ”なんですが、暇さと寒さでヤラれて撤収するのはかなり悔しかったですわ。

グルコバの参加者のマニアックさと一般的にカレー好きっていう人らのギャップを感じさせられるイベントでしたわ。

今回は当日に最後の仕込みからちょっと手伝っただけですが、来年以降リベンジの機会があるんやったらもっと働いてでも売り切りたいモンですわ。

本職の参加者が多い中、素人で売れ筋を狙うんはごはんの用意が機材面で厳しかったりするんですけどね。








*朝の体重:57.45kg。(体重はなんとかマシな数字。)

*今月の休肝日:6日(昨日は中途半端に飲んだだけなんで今日も飲んだるー)
 
 
posted by えて吉 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

お手伝いの前に腹ごしらえ

今日は「カレー事情聴取」ってイベントにこばやしさんが出店されるんですが、私もお手伝いで参加します。

こばやしさんのトコで仕込みをやるのに家を出たんですがまずは腹ごしらえ。(^_^)

JRの天王寺駅構内の立ち食いうどん屋で朝ごはん。

かき揚げうどん380円に昆布60円をプラス。




昨日は知り合いのNさんと家で宴会して3時過ぎまで飲んでました。

台所を片付けて寝たんは4時過ぎなんでちぃと眠いですが、頑張ってお手伝いしてきましょう。

*朝の体重:57.20kg。

iPadから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

貰った食パンで久しぶりに「ホットサンド」

去年のネタなんですがたまにしか食べないホットサンドを作ったんでサクッとアップしておきます。

私は家で朝にトーストってパターンはないんですよねぇ。そのため食パンって買うてもなかなか減らないんです。

トーストは食べんけど、たまにホットサンドは食べたくなるんですが去年の12/29に実際に食べるまでだいぶ時間が掛かりました。

何週間か前からおぼろげに食べたいなぁと思って、パン売場を通るたびに食パンに目が行くんですがなかなか買うまでのふんぎりが付かず。

ホットサンド1回で2枚食べるとして、6枚切りで4枚残りますよね。

これがいつになったら食べきれるか分からんので悩むんですよねぇ。

ホットサンド食べたら残りは即冷凍すれば少々の間置いてといてもええとは思ってるんですが、それでもいつまで冷凍庫に居座りそうに思うんです。

ぐだぐだしてたら、たまたま知り合いがお得で美味しいパンを買う機会があってえらく買いすぎたと。

それで食パンを2種類もくれたんで、悩む必要もなく手には入ってしまいました。




160116hotsand.jpg

*久しぶりの「ホットサンド」

キャベツを塩コショウで炒めて、ホットサンドメーカーに入れたら上から溶き卵を回しかけて食パンでフタ。

具材側をしばらく加熱したらひっくり返して、天井にこびりついた具材を剥がしたら、もう一枚のパンを乗せてやりました。

そうそう、パンで挟む前にピザ用チーズとマヨネーズをかけてやりました。

久しぶりに作ったんでちょっと慎重になって弱めの火力で長めに焼いたら、中の玉子がけっこうしっかり固まってしまいました。

ほんまは半熟状態で食べてたら中から垂れてぐらいが良かったんですが、妙に小ぎれいに食べられる仕上がりになってしまいました。

朝ごはんには少々濃ゆいメニューやけど、コーラと一緒に食べるとかなりご機嫌でしたわ。





今日は朝イチで近場のドライブへ。明日以降えらく寒くなって天気も悪くなりそうやったんで今日の晴れを大事にすることにしたんです。

内環状を北に走って、「緑1」の交差点を右折して国道163号線へ。

ひたすら国道163号線を走って上野へ。名阪国道と当たるところでもっと進むか大阪に戻るか悩んだんですが、結局そこから名阪国道へ。

大阪方面に走って香芝ICで地道に降りたんですが、そこでトイレを借りがてらスーパーへ。

そうしたら知り合いからメールが入ってて、別件のやりとりを済ませた後、夜から飲むことに。

インターそばのスーパーでちょこっと買い物を済ませたら、もっぺん高速に戻ってサクッと大阪へ。

地元でメインの食材を仕入れて家に帰ったら大急ぎで部屋とトイレの掃除。

料理の手間のかからん簡単なモンですが、今シーズンまだ食べてないもんなんで楽しみですわ。

明日はカレーイベントでお手伝いに行かんとあかんのでそっちに支障が出ん程度に飲もうと思います。







*朝の体重:58.50kg。(めちゃくちゃオーバー。)

*今月の休肝日:6日(昨日は酒を抜いたから、この週末は心おきなく飲めるぞ。)
 

 

 
posted by えて吉 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

第45回グルコバに行ってきましたー

今月の末には次のグルコバが開かれるんですが去年の最終回の分がまだアップ出来てないのでごく簡単にご紹介しておきます。

というても、詳細は全く思い出せないんで写真で雰囲気をざっくりと感じて貰う程度でお許しを。


開催されたのは11月29日の日曜日でしたが、いつものように事前に荷物を預かってました。

前日には阪神尼崎駅のコインロッカーに運んだんですが、今回はちぃと特殊なパターン。

というのも実家の親が海外旅行から戻る日やったんで、4時に起きてまずは関空へ。

8時半頃八尾の実家に親を落としてから家に戻って荷物を取って、今度は尼崎に向かうことに。

運転手仕事が2件重なりましたが、けっきょく昼前には家に戻ったんですけどね。



で、当日は買い出しから参加するために早めに出て、駅でブツをピックアップ。

いつもは駅から少し遠回りして商店街をぶらつきながら行くんですが、こん時の荷物はめちゃくちゃな重さ。

ちょっとでも歩く距離を減らしたくて最短距離で会場入りしました。

買い出しの後、1時前には調理室に入って巻き寿司のお昼を済ませてぼちぼちと作業スタート。

私はまいどのことながら野菜の下ごしらえばっかりなんで刻みモノに集中してました。


で、3時頃になると皆さんオヤツタイムってことでプシュッと。


EGMさん差し入れの「天狗舞」

*EGMさん差し入れの「天狗舞」

いつものようにEGMさんが一升瓶で日本酒を差し入れてくれはりました。


燻製の刺身と辛子レンコン

*燻製の刺身と辛子レンコン

お刺身の魚は忘れましたが、燻製職人だいこんさんの差し入れでたしかヅケにしたヤツを冷燻にしてあったかと。

辛子レンコンはどなたかの差し入れで、この日は尼崎駅前の広場で物産展をやっててそこで調達されたんじゃなかったかと。


差し入れた「豚軟骨の韓国風煮込み」

*豚軟骨の韓国風煮込み

これは私があてに持って行ったもんです。軟骨ソーキの煮付けを作ることにしたんですが、いつもの沖縄風ではないヤツにしようと。

それで控えめにコチュジャンを使い、他に適当な調味料をぶちこんで煮込んでみました。

軟骨部分がある程度歯ごたえ残る程度の煮込み加減にしときました。




では、完成した料理の写真をどんどん貼って行きます。


「グルコバ45」の料理 その1

*「グルコバ45」の料理 その1

これは豚を使ったメインのカレーの一つだったかな。


「グルコバ45」の料理 その2

*「グルコバ45」の料理 その2

煮干しの頭とワタを嫌になるほど取らされましたが、そいつがこの料理になりました。

旨いんですがイリコの処理がほんまに邪魔くさくて1人でやってると辛気くさいんですよねぇ。


「グルコバ45」の料理 その3

*「グルコバ45」の料理 その3

豆のカレーですな。


160115ryori4.jpg

*「グルコバ45」の料理 その4

これはどうみてもカボチャですわな。

「グルコバ45」の料理 その5

*「グルコバ45」の料理 その5

添え物やら蒸し物?やらいろいろ


「グルコバ45」の料理 その6

*「グルコバ45」の料理 その6

一枚上のヤツの続きで揚げ物など


「グルコバ45」の料理 その7

*「グルコバ45」の料理 その7

その他の粉物や和え物、炒め物など


「グルコバ45」の盛り付け例

*グルコバ45の盛り付け例(クリックして貰えば横1200ピクセルのデカイ写真が出ます。)



料理の説明とその写真はこばやしさんの記事からコピー&ペーストさせて頂きました。


グルコバの料理説明写真

*グルコバの料理説明用の写真



(以下、こばやしさんの記事よりコピー)
A.ハールマッソー・ウェンジャナ
煮干しをココナツミルクで煮込んだ、出汁の効いたスリランカならではの一品。

B.パリップ
レンズ豆をココナツミルクを加えて煮込んだダールカレー。

C.ポークカレー
ビネガーとスパイスでマリネした豚肉を煮込んだカレー。

D.マサラ・ワダ
チャナダルを粗くすりつぶして揚げたドーナツ。ミントを効かせてます。

E.ココナツ・チャットニー
ココナツで作った白いディップ。

F.グリーン・チャットニー
ミントと香菜、ココナツをすりつぶして作ったディップ。

G.鯖のカットレット
焼いた鯖とじゃがいもを丸めて揚げたコロッケ。

H.イドゥリ
南インドの発酵蒸しパン。

I.キリバト
日本米をココナツミルクで炊いたおこわ。

J.シーニ・サンボル
玉ねぎとタマリンドを甘辛く煮込んだ辛いペースト。

K.カリフラワーのギー炒め
カリフラワーとトマトをギーで炒めたもの。

L.ビーツのキラタ
茹でたビーツをスパイスとココナツミルクで炒め煮したもの。

M.アラ・テンプラーダ
じゃがいもとモルジブフィッシュの炒めもの。

N.三つ葉のサンボール
三つ葉とココナツを和えたおかず。

O.かぼちゃのカルポル
かぼちゃとローストしたココナツとスパイスで煮込んだもの。

P.ソナマスリ・ライス
南インドやスリランカで良く食べられる中粒米。

Q.ゴダンバ・ロティ
小麦粉を薄く伸ばしてたたんで焼いたパン。
(以上、コピー。)



ちなみに私が食べてたテーブルはこんな感じでした。



「グルコバ45」の食事風景

*グルコバ45の食事風景



今月末のグルコバすでに満席のようですが、今月はもう一件こばやしさん関係のイベントがあります。

「カレー事情聴取」っていうイベントに出店されることになってます。

1月17日の19:00〜23:00の枠で出はるんですが、私も当日はお手伝いに行く予定です。

もしよければ遊びに来てやってくださいませ。
 *詳細はこばやしさんのコチラの記事をご覧下さい。
 
  
 

久しぶりに平野区の老舗串カツ屋「いぬい」へ

今年に入ってから居酒屋系の店で飲み食いしてなかったんでここ何日かタイミングを狙ってました。

その流れでこの前天王寺に出た時は安直に正宗屋に行こうとしたんですが、あいにくの臨時休業。

昨日は冷蔵庫の中がほとんど空っぽやったんで、夕方からどこかに出ようと思ってました。

なかなかええ店が浮かばんかったんですが、昼過ぎによそのブログで串カツを見たら自分も食べたくなったんで久しぶりに平野の串カツ屋「いぬい」へ行くことに。

営業が4時からやと思ったんで4時20分頃に家を出てお店へ。



平野の串カツ屋「いぬい」店構え

*平野の串カツ屋「いぬい」の店構え

店に入ると珍しいことにお客さんは女性ばっかりでした。

かなり年配のおばあちゃんが1人で飲んでて、ほかにはえらく年齢に幅のある女性の5人組という組合わせでした。


どて焼きと熱燗でスタート

*どて焼きと熱燗でスタート

店まで行く間に体が冷えてたんでいきなり熱燗でスタートしました。

このお店は一番安い串だと60円なんですが、このどて焼きもたしか1本60円だったかと。

熱燗で少しからだが温もったら揚げ物をお願いするのに合わせて瓶ビールも。


串カツと牡蛎

*串カツと牡蛎の串

まずは牛肉2本と時期やからカキを行きました。

肉は60円で、カキは200円くらいだったかと。

何本か食べたら他のお客さんが湯豆腐を頼んでたんで、私もちょっと遅れてお願いしました。


平野の串カツ屋「いぬい」の湯豆腐

*平野の串カツ屋「いぬい」の湯豆腐

これは値段いくらですかねぇ・・・。


ポン酢が添えられた「アジフライ」

*アジフライ ポン酢添え

アジは3枚おろしの1枚をそのままフライにしてくれるんですが、ポン酢も一緒に出してくれました。

串は他に砂ズリ、鶏ネギ、うずら、なすび、プチトマト、などなど。

いつもよりけっこう本数食べて、お酒は大瓶一本と熱燗2杯でお勘定は3100円でした。

このお店はコストパフォーマンスが非常にええし、店の雰囲気も好みなんですが、それより一番気に入ってるのは大将と女将さんの雰囲気なんですよねぇ。

下町の飲み屋なんかだと大将が奥さんのことをあんまり褒めないと思うんですが、大将は女将さんのことを大事にしてはって平気で褒めるんですよねぇ。(^^)

2人の客あしらいも非常に気分がええしで、外食で店の人の雰囲気を重要視する私にはめっちゃええ店なんですわ。

揚げ物をしゅっちゅう食べたくなる訳ではないんで、あんまり回数は行けないんですが、店のご夫婦の雰囲気に触れるたびにもっと通いたいなぁと思うんです。

久しぶりでしたが今回も非常にご機嫌に飲み食い出来ました。




行く前は串カツを軽く食べてもう一軒くらい行こうかと思ってたんですが、「いぬい」でけっこう食べてしまったんで1軒で大人しく家に帰りました。





<参考情報>

*串かつ「いぬい」:食べログ

住所:大阪府大阪市平野区平野本町2−4−15

電話:06−6796−1194

営業:16:00〜

定休:月曜日?
 
 



*朝の体重:58.05kg。(たっぷり串カツ食べたからしゃあないか。)

*今月の休肝日:5日
 
 

posted by えて吉 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

炊きたてご飯で「チャーシュー目玉焼き丼」

昨日は休肝日にしたんですが、朝昼と2回炭水化物を摂ったのに続いて夜もやっぱり炭水化物と嘘ビールで誤魔化しました。

3食炭水化物でしたが、一応毎回量は控えめにしたんですが、今朝の体重はきっちり目標オーバー。

起きた時からしっかり腹が減ってたんですが、泣く泣く朝飯は抜くことに。

腹の減りを誤魔化して昼メシまでもたすために夕食後に限定してるマンガを読む始末。

ジャスミンライスの冷凍ご飯はあったんですが、普通のご飯はなかったので午前中に米を研いで30分浸け置き。

そこからご飯を炊いたんですが、1時半頃になって炊けたので昼ご飯を食べることに。

2〜3日前に近所の肉屋でおそらく初めてスライスのチャーシューを買うたんですが、味はまあまあやったんですが薄切り過ぎてやや残念めでした。

そこで普通の目玉焼き丼ではなく、ハムエッグのハム代わりにその焼き豚を食べることに。



炊きたてご飯で「チャーシュー目玉焼き丼」

*炊きたてご飯で「チャーシュー目玉焼き丼」

フライパンにチャーシューを並べてその上から玉子をそっと乗せたんですが、火が通りにくいから少し水を注いでフタしました。

目玉焼きが半熟になったところでまだ水気が残ってたんで、そこに醤油をちょろり、自家製の中華風醤油ダレもたらり、そして香辣脆をちょっぴり加えてやりました。

器に炊きたてご飯を盛って、その上から汁ごと中華風ハムエッグ?を乗せて、ネギを添えたら出来上がり。

食べる時は玉子を崩しつつ全体をよく混ぜて頂きましたが、薄っぺらいとはいえ、焼豚はハムより好みなんで文句なし。

ピリ辛の醤油ダレもええ感じで非常に旨かったですわ。

お茶碗一杯分ほどのご飯で我慢したんですが、ほんまやったらこれをしっかりした丼サイズで作って多めのタレを掛けてガッツガツ食べたいトコでした。





*朝の体重:58.15kg。(目標オーバー。気に入らん。)

*今月の休肝日:5日(昨日抜いてちょっとだけペースに余裕が出た。)
 
 
posted by えて吉 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

2016年の初ゲストも大当たり Couchsurfingその8

先週の8日の金曜日から11日の朝までうちに止まってった外人のお客さんのことを飲み食いメインでご紹介します。

今回の客人も「Couchsurfing(カウチサーフィン)」を通して受け入れたんですが、申し込みは女子の「マヒラ(Mahira Doumengeux)」って子からありました。

彼女はフランスで17才まで育ってカナダのケベックに移住した人間で彼氏で同じくフランス出身の「ジュリアン(Julien Compagne)」と一緒に日本に行くから泊めて欲しいと。

二人とも職業が作曲家ってことで、どんな音楽を作ってるかは分からんけど、自分みたいに音楽は聴くけどまったく音楽について人と話せんもんが引き受けてもええかちょいと悩みました。

旅好きは当たり前として食べるのが好きで、猫好きで自分も「ネコを2匹飼うてる」と。(^_^;)

猫がポイントではないんですが、今年初めてのお客さんとして受け入れることに。

カウチサーフィン内では、システム上のリクエストが送られると、YES、NO、Maybeで答えるんですが彼女からそっちの正式なリクエストはなくサイト内のメールだけやりとり。
 *正式なリクエストを送らないメリットがあるのかは分かりませんが・・・。
 

8日から泊まって貰う約束をしてその1〜2日前に到着時刻を教えてくれって頼んでありました。

正月明けに「初日は晩めし作るから6時までの好きな時間に来てくれ」って送ると6時に来ると。

いつものように初日は飲み食いしながらお互いの話をしようと思ったんですが、正月に一人宴会をやって重箱を詰めるのに知恵を絞ったせいか献立がなかなか浮かばず。

正月モードも引きずってボケ気味やったこともあって、鍋に逃げようかと思ったり、全体の統一感を無視して居酒屋のアテみたいなもんを適当に並べようかなんて考えてました。

到着する週の前半にたまたま豚のスペアリブが目に止まったんで、それを使って沖縄料理の「ソーキの煮付け」を作ることに。

この時はまだやる気がイマイチやったんで、ちゃんとしたダシは引かんでええかと。

泡盛をたっぷり入れたお湯で下茹でしてから、味付けはめんつゆをベースにして手を抜くことに。

めんつゆに泡盛を加えて、保温鍋の内鍋でしばらく煮込み、保温鍋の外鍋にセットする前にお茶パックに詰めたカツオ節をプラス。

これで沖縄っぽいしっかりしたダシの風味を補うことに。

その一品以外はなかなか決まらんかったんですが、結局考えてると和食中心の献立に落ち着きました。

基本的には海外からのお客さんやから日本の家庭料理っぽい和食を食べて欲しいとは思うんでね。




当日は6時頃に最寄り駅から電話が入ったんで大急ぎで迎えに行って、すぐうちへ。

さっそく乾杯して飲みながらしゃべろうと思ったんですが、意外にもMahiraはアルコール類は一切飲まないんだと。

酒の肴しかよう用意せんし、飲むことばっかり考えてる身ぃには下戸のゲストはしんどい部分もありますが、幸い彼氏のJulienは飲むタイプやったんで助かりました。


ちなみにMahiraはプロフィールの写真によるとこんな人でした。



160112Mahira2.jpg

*Mahiraの写真

どっかで見たことある有名人のようにも思いましたが、クールすぎて取っつきにくかったらどうしようなんてちょいと心配してました。



客人のお土産の「メープルバター」

*客人からのカナダ土産「メーブルバター」

私はメープルバターなるモンを知らんかったので「バターが入ってるん?」なんてボケたことを聞いてしまったんですが、メープルシロップを濃縮?したモンやそうですわ。

パンに塗ったり、料理に使ったりしたらええとのことでした。

カナダと言えばメープルシロップって思うんで、お土産としては王道ですわね。






でも、もう一つのお土産でMahiraのキャラがよう分かりましたわ。









客人からうちのネコsへのお土産

*うちのニャンズへのお土産

今まで手ぶらのお客さんも居てましたが、猫sへのお土産は初めてですわ。(^^)

部屋に入って猫と対面してすぐから滞在中ずっとニャンコの相手をしてくれてましたわ。

特になんぼでも暴れるチビミーは二人にずっと構うてもうて大喜びでした。

そして二人とも(特にMahira)の猫好きは毛モノにもすぐ伝わったのか、越後屋やミーだけでなく人見知りの激しいヒメまですぐ懐いてたのにはビックリでした。



では、二人に食べて貰った料理を貼って行くとします。





地味な前菜でスタート

*地味な前菜でスタート

・イカ明太子

・もやしのナムル

・小松菜と薄揚げの炊いたん

・ふぐ皮

イカ明太子は正月用に買うて、この2〜3日前に開けたばかりの珍味。

なまぐさいとかって言うて嫌がるかと思ったら、特にJulienはイカ好きだそうでパクパク行ってました。

もやしは前日だったかにラーメンに入れようと買うたけど使わなかったんで、ナムルにしてお客さんに無理矢理だしました。

小松菜の煮物はこの週の前半に自分のおかずに作ったモノで、自分用なんでダシは引かず。

ふぐ皮も2日前だったかに自分のアテに買うた残りです。

フグについては説明すると食べるのを怖がるかと思ったんで「魚の皮や」とだけ言うて流しときました。



自分が食べたくなって「鶏の蒸し鶏」

*自分が食べたくなって「モモ肉で蒸し鶏」

鶏むね肉で作った蒸し鶏はほぐして冷凍してあったんで、最初はそっちを使おうかと思ったんですが久しぶりにもも肉のヤツが食べたくなって前日に仕込みました。

タレは手抜きで、ごまダレに自家製の中華風醤油ダレとすりゴマ、香辣脆を控えめに入れました。

Julienは辛いのも行けるようでしたが、Mahiraはちょっと入った香辣脆も辛そうやったんでそれ無しで作り直しました。

この蒸し鶏はけっこう人気があって半分くらいで下げようかと思ってたんですがサクッとなくなりましたわ。


ミミガーの酢味噌和え

*ミミガーの酢味噌和え

事前にソーキの煮付けを仕込んでましたが、ミミガーは沖縄料理を意識したんやなくて酢味噌を試して貰うためにチョイス。

最初の予定ではラー油を入れる予定でしたが、Mahiraが辛いのアカンので無しで。


真面目に出汁を引いて「ふきの煮物」

*真面目にダシを引いて「ふきの煮物」

日本独自というてもええくらいの野菜としてごぼうをよく外国客に出してますが、私がちょっと飽きて来たので今回はパス。
 *正月に煮染めとして作ったばっかりでしたし。
 
ゴボウの代わり?ってのも変ですが、多少の個性のある野菜として蕗を採用。

フキを炊くとなったら、やっぱりだしを引かんとしゃあないかと昆布とカツオ節でちゃんとしたダシを引きました。

二人が食べられるか不安でしたが、パクパク食べてくれて、ダシの違いにも気づいてましたわ。

色んなきのこの汁物

*色んなきのこの汁物

しめじ、えのき、まいたけ、エリンギなんぞを入れました。

カツオと昆布の合わせ出汁に白だしを加えて増量しました。




すじ肉と厚揚げの煮物

*すじ肉と厚揚げの煮物

すじ肉は関西の牛肉文化を説明するネタ的に仕込み。

何と合わせるか迷ったんですが、自分が食べたかったんで厚揚げにしてみました。

これについても合わせ出汁をメインに使ってます。



ウナギとネギのオムレツ

*ウナギとネギのオムレツ

二人は東京の築地で寿司を食べたそうで、うなぎと大トロが特に旨かったと。

生協のスーパーであんまり飴のようなタレが付いてなくて見た目のマシなのが半額で並んでたんで買うてありました。

半分は即冷凍したんですが、話の流れでウナギが好きやって分かったんで予定通り決行。

トースターで温めた半匹分のウナギを刻んでタレを青ネギと混ぜてオムレツにしました。

うなぎが好きってだけあってしっかり売り切れました。



この日の食事はここまでで二人が満腹になったので打ち止め。ソーキは出番がなかったですわ。


翌日にどう過ごすか相談して大の動物好きのMahiraから海遊館の話が出ました。

海遊館は私にも楽しいので一緒に行くことに。

土曜日なんで混むかもしれないから開館時間に合わせて行くことに。

家で紅茶だけを二人に出して、朝ごはんはコンビニでおにぎりを買うて向かいました。
 *フランスはコーヒー派が多いけど二人は紅茶派やそうでした。

Mahiraはえらくツナマヨおにぎりを気に入って、別の機会にも食べてましたわ。

海遊館ではマヒラが素で大興奮でしたねぇ。動画撮りまくり、子供らと同じように水槽に釘付け。

たっぷり時間を掛けて2時間ほど見たでしょうかねぇ・・・。えらく喜んでくれたんで連れて行った甲斐がありましたわ。

事前に土日のどっちかで「えべっさん」に連れて行きたいって言うと二人が乗ってきたんで海遊館の後に出かけることに。

一旦家に戻って車を置いたら電車で今宮戎へ。

えべっさんからミナミも案内するつもりやったんで、体力を節約するために地下鉄の恵美須町まで電車で行きました。

日曜日はむちゃくちゃな混み方やったみたいですが、宵戎の昼間はそんなに混んでなくてちょうど良かったですわ。



Couchsurfingの客人と「えべっさん」へ

*MahiraとJulien えべっさんにて

今まで受け入れた女子でもようあるんですが、FacebookとかCouchsurfinのプロフィール写真と本人の印象がけっこう違うんですよねぇ。

Mahiraのことも音楽家としてに限らず厳しいかと思ってましたが、非常に喋りやすくてほっとしましたわ。(^^)

二人は一緒に住んでてもう付き合いが6〜7年になるとか。

長年連れ添うた夫婦みたいやから、一方がおらんとこで一人が言うた話題をもう一人がその直後に振ってくるなんて微笑ましい場面が何回かありましたわ。

二人の仲の良さと落ち着いた雰囲気を見てると、こっちも落ち着いた幸福感が湧きましたよ。

えべっさんでは、コンビニで仕入れた缶ビールを片手に、玉子の入った方のイカ焼き、焼きそば、イカだけを焼くイカ焼き、焼き鳥、ベビーカステラをシェアして食べました。

毎年のコースでミナミまで歩いたら道具屋筋へ。

ちょうどMahiraは湯飲みを探してたようで、業務用の食器屋で必死になってモノを見てましたわ。

Julienによると普段はあんまり女子、女子してないけど買い物の時はさすがになぁ・・・とのことでした。

そこから道頓堀へ移動して引っかけ橋のあたりからアーケードや派手な看板を見てもうてから法善寺へ。

回りの喧噪の中に突然現れる法善寺の雰囲気には二人も面白がってくれてました。

小腹も減りだしてたんで、正宗屋でも行って古いタイプの居酒屋を楽しんで貰おうかと思ったんですが、二人に聞くとJulienが

 「家に帰ってオレがなんかフランスの家庭料理を作ろうか」と。
 
レストランで食べる料理ではない、ホンマの家庭料理は食べたことがないので外食はパスして家に帰ることに。

まだ前日用に用意した食材が色々余ってたんで、それを傷ませんためにも家で食べる方がありがたかったですからね。

ちょうど法善寺を出てすぐに地元まで帰れるバスのバス停があったんで楽に家まで。

地元に戻ってスーパーで買い出しをしてから家に帰り、残り物のアテを摘まみつつJulienの料理を待つことに。





アボカドとエビの柚子マヨネーズ和え

*アボカドとエビの柚子マヨネーズ和え

エビは前日に茹でてあったんでアボカドを切って味付けするだけで出せました。

前日からの話で二人が柚子に反応してたんで、わざとマヨネーズに加えてやりました。


大根とそーき(豚スペアリブ)の煮込み

*大根とソーキの煮込み(豚スペアリブの煮込み)

前日に大根を加えたんですが、火を2回入れたせいでちぃと柔らかくなりすぎてました。



贅沢して「てっさ」

*贅沢して「てっさ」

水族館でふぐ(puffer)のことを二人が話題にしたんで、ふぐ皮のことも白状しておきました。

で、家に帰る前に寄ったスーパーにてっさがあったんで、二人に食べるか?と聞いたら食べると。

今までの客人にも説明したことはあったけど、怖がって出したことはなかったんですよねぇ。



フグに挑戦するMahira

*ふぐに挑戦するMahira

ふぐに挑戦するJulien

*ふぐに挑戦するJulien

二人ともふぐを食べてましたが、Julienが特に気に入ったようで勧めたら一人で2/3ほど食べてましたわ。

コタツに電源は入れてるけど、部屋のファンヒーターは付けてなかったんですが、マイナス20度とかになるカナダのケベックから来た二人には余裕のようでした。

Tシャツで普通にしてるJulienを見てるとこっちは寒そうでしたけどね。

ミミガーの酢味噌和え

*ミミガーも酢味噌和え

まだミミガーが余ってたんで出したんですが、昨日はこれを豚の耳やと説明し忘れてたようですわ。

残ってた前菜をもう一度

*残ってた前菜をもう一度

二日続けて食べたおかげであらかた片付いたんで作り手としてはありがたかったですわ。


Julienが作ってくれた「ブフ・ブルギニョン(Boeuf Bourguignon)」

*Julienが作ってくれた「ブフ・ブルギニョン(Boeuf Bourguignon)」

ブルゴーニュ風牛肉の赤ワイン煮込み

これはフランスの家庭料理で、各家庭にそれぞれ家の味があって作り方やレシピは家ごとにまちまちやそうです。

Julienのレシピはお母ちゃんがそのお母ちゃんから習った家の味やそうですわ。

使うのは牛肉の角切り(安いのでいいっていうんでシチュー用)、タマネギ、エシャロット、ニンジン、ベーコン、ニンニク、月桂樹(ローリエ)、タイム、赤ワイン、トマトソース、バター、オリーブオイル、小麦粉、塩、コショウ。

鍋にオリーブオイルとたっぷりのバターを入れて、肉の表面すべて白っぽくなる程度まで炒める。(塩コショウ無し。)

肉だけを取り出して残った油や脂で他の野菜を炒める。

しばらく炒めたら小麦粉を適当にぶち込んで全体に絡めて牛肉を戻す。

そこに材料が隠れるヒタヒタまで赤ワインを加えて、トマトソースも加える。

軽く塩コショウをして、フタをしてごく弱火で最低でも2時間煮込む。

この料理は飲み残しのワインがある時なんか適当に作るんだとか。

入れる野菜も厳格に決まってる訳やないからキノコなんかを加えてもええと。

けっこう気楽な料理ではあったんですが、ニンニクは皮を剥いて半分にカットして中の芯は必ず取るとかこだわりもありましたわ。

うちの包丁は自分が今まで使ったなかで一番よう切れるなんていいながら野菜を刻んでましたが、けっこう手慣れた切り方で料理慣れしてる感じでした。

この料理を聞いた時に付け合わせにパンでも買おうかと聞いたんですが、ご飯と一緒に食べるのがええって言うたのが意外でした。

冷凍のご飯が切れてたんで炊くことにしたんですが、長粒種の方が日本の米よりはええと。

ちょうどちょっとだけタイのジャスミンライスがあったんでそれを炊きました。

煮込み時間は最低でも2時間ってことやったんですが、シチュー用の肉はある程度しっかりめの歯ごたえはあるけど噛みごたえがあってええ感じでした。

水はたしか全く入れてなかったと思うんですが、赤ワインの風味とトマトが一体になってましたねぇ。

日本の普通のシチューに較べるとけっこう酸味が効いてましたが、重すぎることもなく旨かったですねぇ。



二人とは色んな話をしたんですが、音楽関係の仕事の話も話題になりました。

Mahiraは元々大学でジャズボーカルの勉強をしてて、歌も得意やと。

ただ、今は舞台上でパフォーマンスを見せるよりCMなんかの曲を作るのがメインだと。

そういう曲って前はイメージを聞いてそれに合わせて作ることもあったけど、今は自分が勝手に?作ってCM曲を集めてる業者に登録するんだとか。

そのうちの2曲ほど聴かせてくれたんですが、声も含めてけっこう好みでしたわ。

どんなCMに使うん聞くと、一曲は生命保険会社なんかのバックに合うんじゃないかと、もう一曲は車のCMでドライブしてる場面なんかにええと思うと。

本人から聞いた訳ではないんで不確かですが、下のリンク先が彼女のウェブサイトのようです。

MAHIRA

 歌声が聞けますが、いきなり曲が流れると思いますんでご注意を。
 
 サイトにCMの動画があるんですが、おそらく彼女が作曲した音楽が使われてるんでしょう。
 
 「Sakura」って曲はタケシの映画「菊次郎の夏」を見て刺激を受けて作ったなんてことも教えてくれました。
 
  簡単なサイトなんで興味ある方は適当にクリックして曲を聴いてみて下さい。



翌朝にええ天気で日の差し込む窓際のソファーに二人が座ってアカペラで歌ってるのはめっちゃカッコ良かったですねぇ。

Julienはパーカッションが本職だと。パーカッションって言われて私は手のひらで叩く縦に長い太鼓のような楽器を想像したんですが、打楽器?全部を指すんだと。

で、打楽器ならたいがいなんでもやるんやと。例えばバチを使って演奏する木琴?なんかやると。

自分が入ってるグループで自分が作曲したっていう曲の動画見せてくれました。

 * Sixtrum au Sanctuaire du Sacré-Cœur et de Saint-Padre-Pio

動画の中でチェックのキャップを被ってるのがJulienです。

他にも自分らで作った楽器(システム?)でパフォーマンスをしたりって、こんな動画も。

Video Phase - Lumens

他にもドラムもやれて、この旅行の後はVISAの関係でフランスに戻るんやけど、お父さんはブルースのバンドをやってると。

そこのドラマーが抜けたから、フランスに着いた2〜3日後にはそのバンドでドラムを担当すると。

他にもカナダに来た海外アーティストに雇われて国内ツアーで打楽器担当として一緒にやることもあると。

ジャンルは忘れましたが、車の中でかけてた曲を歌ってる人とカナダでは一緒に演奏したと。

かなり若い頃からプロとして演奏をしてるからライブの回数は1500回以上になるらしいですわ。





10日の朝もMahiraには紅茶を出したんですが、Julienは抹茶味にはまってるって言うんでお薄をたてて飲んで貰いました。

そしてこの日は特に急いで出かけることもないかと思ったんで朝ごはんをうちで食べることに。

私が毎朝うどんを食べてると言うと自分らも食べてみるってことやったんで、自分の食べたうどん画像を集めたカタログ?で説明をして選んで貰いました。




それがこちらです。






ごまだれのざるうどん

*客人へ「ごまだれざるうどん」

Mahiraがごまだれが気に入ったとこれをチョイス。


客人に出した「かき揚げうどん」

*客人に出した「かき揚げうどん」

冷たいうどんは初めてやって言うてましたが、ざるとかけ系のうどんとはええチョイスに思いましたね。



自分のはシンプルな「いつものうどん」

*自分はシンプルなうどん

日の出製麺所の生讃岐うどんが2袋ちょい余ってて、分けて食べようがなかったんで全部茹でました。

3人で食べるにはちょっと多めで、二人にはけっこうたっぷり盛り付けたんですが残さず全部平らげてくれました。




急いで出る予定ではなかったけど、姫路城に行く約束をしてたんでちょっと遅めの11時過ぎに大阪を出発。

中国道から山陽道に入って姫路までは1時間半ほどでサクッと到着。

ただ、三連休の中日やったんで姫路城の前の駐車場は満車でした。

対面から来たんで待ちにくく、メインの駐車場は通り過ぎて、姫路城の横にある動物園の近くの駐車場へ。

そこも何台か行列になってたんですが、腹をくくって待ちました。




めっちゃええ天気やった「姫路城」

*めっちゃええ天気やった「姫路城」

駐車場で待って、天守閣に入るのにも一時間の行列と混雑にはやられましたがええ天気で気持ち良かったですわ。


甲冑姿の人と写真を撮る客人

*甲冑の侍と写真を撮る二人

二人にはこういうベタな記念撮影って本国(フランス)じゃ絶対ありえん”恥ずい”ことのようでしたが旅行中やからってイチビって撮ってましたわ。

姫路城もかなり楽しんでくれたようで良かったんですが、Mahiraが興奮してたんは動物園のそばを通ってチラッと見えたキリンとか、姫路城の公園内におった野良猫たちかも。

ほんまに動物好きで見かけるたびに反応してましたわ。

そういえば彼女は帰ったら柴犬を飼うことになってるらしく、日本語の名前をつけようとズッと考えてました。

で、姫路城へ行ったあいだで「夢(ゆめ)」って決めたそうですわ。


姫路城を見終わったら4時頃でけっこう腹減ってたんですが、二人と昼メシと晩めしについて相談。

私の自分勝手な提案で昼はコンビニでなんか買うて簡単に済まして、帰って外食することに同意してくれました。

行きはサクッと行ったんですが、帰りは夕方の渋滞を覚悟してました。

ところが、山陽道、中国道が全く混まんかっただけやなく阪神高速もサクッと通過。

おかげでムチャに腹が減る前に家まで戻ることが出来ました。





Couchsurfingの客人と回り寿司へ

*客人らと近所の回り寿司へ

うちのそばの数少ない飲食店から二人が選んだんで、チェーン系の回転寿司へ。

二人は回転寿司は初めてやから行ってみたいと。天王寺に出たら色々チョイスはあったけど、ドライブの後の電車は嫌やったんで二人が回転寿司を選んでくれて助かりました。

3人で6500円ほど食べて、自分が好きに飲んだから半分払おうとしたんですが、結局二人が4000円払うてくれましたわ。

最終日の朝はお茶だけだしたら、2人は9時過ぎにうちを出て奈良に向かいました。

今までのカウチサーフィンでもハズレって思うことはなかったんですが、今年の初回のゲストもええ雰囲気やったんで楽しい時間が過ごせましたわ。

2人を見てると気心の知れた相手がおるんはええもんやなぁと感じましたねぇ。



*朝の体重:57.75kg。(ちょっとだけ減った。)

*今月の休肝日:4日(昨日は飲みました。)



<同日 追記>

アップし忘れてた画像があるんで貼っておきます。



客人の描いた似顔絵

*客人からのお礼状?

2人が合作で描いてくれたんは嬉しいんですが、私ってこんな顔の印象なんですかねぇ・・・。

いつまでたってもヤンチャのやめれん痛いおっさんぽくないですか?(^_^;)

チビミーはよう似てますねぇ。越後屋はまぁデブッてるとしてヒメは我が家のお姫さんなんでもうちょっと女の子っぽいのがいいなぁ。

こんなオモロイお礼状までくれて、ええ旅人でしたわ。(^^)


posted by えて吉 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Couchsurfing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする