2015年10月31日

北陸道の尼御前サービスエリアで朝ごはん

新しく来たVWゴルフの慣らし運転でドライブ旅行に出ました。

予定よりえらく早く目が覚めて早朝っていうより真夜中に大阪を出発。

名神から北陸道に入って石川県の尼御前サービスエリアで朝の麺をシバきました。

野菜のかき揚げが乗ったそばはサービスエリアとしても高く感じる680円でしたが冷えた身体にはごちそうでした。

途中から生まれて初めてクルーズコントロールなんちゅうハイテクな機能を使ってみとります。

うちの実家の親父のクルマにはかなり前から付いてたし、私の運転するアルファードにも付いてるんですが使うたことなかったんですよねぇ。(^_^;)

慣らし運転中なんでエンジンの回転数を3000回転以下、出来るだけ低めにしてるんで高速やとだるいんですが、こんな時にはクルーズコントロールも便利に感じます。

ここまでで一度1時間ほど車内で仮眠しましたが、リクライニング出来なかったロードスターとの違いを体感しております。

iPadから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

VW ゴルフ7 GTI MT車が納車された〜〜

1本前の記事で昼飯ネタをアップしましたが、今日は朝イチでフォルクスワーゲンのディーラーへ出かけてました。

6月に契約してイラチな私にとっちゃ延々と待たされた挙げ句、本日やっとゴルフ7のGTIのミッション車が納車となりました。

ロードスターは気に入ってたんですが、中古車で10年落ちのブツを買うて5年。

しっかり乗ってあちらこちらに古さは出て来たものの買い換える予定はなかったんですが、トラブルが続いた最後にトドメの雨漏り。

豪雨で高速道路を走った時だけっていうかなり限定された状況ですが、幌と車体の間にある防水のゴムパーツがヘタリだしたようです。

それでも乗るつもりやったんですが、旅の話をしてる最中に自虐ネタ?やないけどポロッとしゃべったら身内からツッコミが・・・。

あれこれあって、乗り換えることになってしまいました。


ワーゲンのGOLFにはけっこう前から興味があったんですが、色々なことを考えて最後はMT車が出るってに飛びつきました。

ロードスターの前はやむなく2台オートマ車も乗りましたが、私は基本的にマニュアル車乗りなんですよねぇ・・・。

新型ロードスターにも試乗したんですが、どうしてもいくつかひっかるトコがあって断念。

他の候補がほとんど無い中で興味あるゴルフ7にMT車が出ると分かって即断してしまいました。


フォルクスワーゲン ゴルフ7 GTI MT車

*フォルクスワーゲン ゴルフ7 GTI MT車

車体色ってざっくり言えば紺色系なんですが、写真撮るの難しいですねぇ。

写真のプロが「車体は鏡やから難しい」ってなことを書いてるのを読んだことがありますが・・・。

これは夕方に撮ったんですが、濃い色やと昼間に撮ると見た目と全然違う写真になってましたわ。

かなりの数撮ったんですが、あんまり使える写真がなかったですねぇ。

どんな色かも分からずオーダーしたんですが、実車は想像以上に良かったですわ。



GOLF7 GTIのマニュアルのシフト

*ゴルフ7 GTI マニュアル車のシフト

納車まで時間があってネットの試乗オタク?さんたちのブログも色々見に行ったんですが、自分で撮ってみると皆さんの写真の旨さを実感しますわ。



今朝は10時前にディーラーに着いて、車の機能について説明を受けましたがハイテク過ぎて覚えてない自信だけは満点なありさま。

給油口の開け方(フタを押すだけ)とか、ライトの付け方、オーディオの設定等の基本を中心に確認。

11時過ぎにはロードスターと別れて走り出しました。

まずはガソリンスタンドに行く予定でしたが、ディーラーの好意で満タン渡しにしてくれたのは好感度が高かったですね。

ガススタはパスして、高井田のスーパーオートバックスへ行ってレーダー探知機を付けて貰いました。

2時前には探知機が着いたんで、中央環状に出て近畿道から西名阪道へ。

高速道路を定速で転がすのが慣らし運転にええなんてことを書いてるのを見かけたんで、最初は高速にしてみました。

一応回すのは3000回転までっていうことにして、出来るだけ早めのシフトアップをしつつ西名阪道を奈良方面へ。

どうせだからしばらく名阪国道を走ろうと思ってたんですが天理を過ぎて登りになっところでべたべたの渋滞。

事故渋滞やったんですが、初めて乗る車で発進のミッションの繋ぎを練習するはめになりました。

渋滞に捕まってる間にトイレに行きたくなったんで、上野くらいまでいくつもりが針サービスエリアに寄るはめに。

トイレに行ったらそのまま引き返すことにして郡山ICまで走って地道に降りて、そこからは走り慣れた国道25号線で大阪まで戻ってきました。

走り出しが遅かったこともあって、今日は100kmちょっと走っただけでおしまい。


後日この記事には加筆するか別記事をアップしようかと思ってるんですが、とりあえず思いついたことを。

・GTIは”ホットハッチ”で有名やけど、ロードスターと較べたら足回りの固さは全く感じず

・アイドリングストップは苦手なイメージやったけど、ミッション車やとクラッチペダルを踏むと始動するせいで違和感ほとんどなし

・予想はしてたけど、外車はウインカーとワイパーが逆で何回も乾いたウインドウにワイパーを掛けてしまいました

・ロードスターのシフトフィーリングはかなりええと思ったけど、GTIも予想以上に良かった

・シフトのストロークもあんまり長くなく、ギアに入る?感触も悪くない

・まだ慣らし運転中で回せてないけどええ感じにうるさくて好印象

・iPadから音楽を掛けるとアルバムの表紙(アートワーク?)が車のナビ画面に出るのがかなりご機嫌

・運転席周りは”大衆車”って名前のメーカーの割には高級感あり

・ただし、実際に乗ってベタベタ触りまくったらものすごーくチープなプラスチック部品もあり

・ロードスターより間違いなく収納はあると思ったけど、グローブボックスは小さめで他も少なく前より置き場所に困り気味

・ゴルフってコンパクト車のイメージやけど車幅が180cmもあってトヨタのクラウンとほぼ一緒

・車幅はデカイけど(試乗を除いて)いきなり乗ってもほとんど緊張せず

・ハッチバック車ってスタイリングがカッコ悪いって書かれるけどカッコええと思ってしまう




車種の決定までの経過、特に新型ロードスター(ND)が本命やったのに選ばんかった理由とか書きたいことはいっぱいあるんですが、今日はここまでにしときますわ。

初日の印象としてはトータルでは大満足ってのが正直な感想ですかねぇ。

まぁ明日以降みっちり乗り込めば違う印象とかもうちょっとしっかりした評価が出来るかもしれませんが・・・。


食い物ブログですが、しばらく車ネタが増えるかもしれませんのでお許しを。
 
 

<後日 追記>
GOLFを選ぶまでの経緯や納車翌日から一気に2000kmほど走った慣らし運転の記事をアップしました。興味ある方はリンク先の記事もご覧下さい。

「VW GOLF7 GTI MT車」の慣らし運転



 
posted by えて吉 at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高井田の中華料理店「豚珍館」でジャージャー麺

用事があって高井田のスーパーオートバックスに来たんですが、作業時間が1時間半ほどかかると。

ちょうど腹も減ってたんで近所で見つけた中華料理屋に入ってみました。

壁のメニューをチラッと見ただけでジャージャー麺750円を見つけたのでハズレ覚悟でオーダー。

ハズレって言うてもお店の人を疑ってるんやなくて、昔食べてた林府って店のが刷り込まれてるんでそれが唯一の基準になってるだけです。

出てきた炸醤麺は予想よりは私が好きなヤツに似たタイプでした。

iPadから送信




・朝の体重:58.00kg。(余裕なし。)

・今月の休肝日:10日(昨日酒を抜いて目標クリア。
image1.JPG
posted by えて吉 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

チビ猫「ミー」の近況をご報告

一応うちのブログは飲み食いがメインですが、だいぶチビ猫のミーの写真が溜まったので今日は一気に何枚かアップしてみます。

家の中で自由に活動出来るようになって以来、どんどん元気になってるんですが、最近は傍若無人ぶりに手を焼き気味ですわ。


では、ダダァーっと写真を貼って行きます。


本のすき間で寝るミー

*本のすき間で寝るミー

猫はこういうスペースが好きですねぇ。越後屋も小さい頃はようこんな格好で寝てましたわ。


ソファーで変な寝相のミー

*変な寝相のミー

最近はあんまりソファで寝てるトコを見ないんですが、こんなだらけた格好で寝てました。


キャンプ椅子で寝るミー

*キャンプ用の椅子で寝るミー

このキャンピングチェアは私が読書をする時に使ってるお気に入りなんですが、ミーも気に入ってるようですわ。

この上におもちゃをくわえて上がって遊んだり、のんびりしたりと私以上にこのイスを楽しんでるようです。


机の奥から出てくるミー

*机の奥から出るミー

机の下にチラッと写ってるのが分かりますかね?

一日に何回か全部の猫の所在を確認するんですが、チビミーはときどき居場所が分からず焦ります。

机の横に物入れを置いて、その後ろにネットの端末と電話の端末、無線LANのルーター、それを繋ぐコード類を隠してるんです。

そこに潜り込んでたんですよねぇ。


通信機器の上でくつろぐミー

*通信機器の上でくつろぐミー

3台の機械を立てて並べてるのに、それを倒して上で寝てやがりました。

機械を壊されても困るし、普段掃除なんかせんからホコリだらけやから入られると難儀ですわ。

通信機器の上であくびするミー

*あくびするミー

あくびが撮れたのでもう一枚。

コード類を囓るのが好きで、iPhoneなんかに使うケーブルを一本断線させられてるんです。

ネットワーク関係の機械を壊されたらかなんので、引っ張り出して怒るんですが強情なヤツなんで全く言うことを聞かず。

仕方ないので今は猫が涼むためのアルミの板をすき間に立てて入れんようにしてやりました。

それでも物入れの上から飛び降りようとしよるんですけどね。


本棚の後ろから這い上がるミー

*本棚の後ろから這い上がるミー

最初は間違って落ちたんかと思ったんですが、何回もこんな格好で上がって来よるんで自分で入ってるんですよねぇ。

この写真は初回からだいぶ経ってやっと撮れました。


棚の後ろのすき間に入るミー

*棚のすき間に入るミー

何回か私が手をつっこんで引きずり出してるんですが、なんぼチビのミーでもかなりギリギリなんですよねぇ。

机の後ろ以上に全く掃除して無くて綿ボコリだらけやから嫌なんですけどねぇ。


雑巾の入ったバケツで寝るミー

*雑巾の入ったバケツで寝るミー

どこにおるか分からんでちょっと焦って探したら風呂場の前に置いてるバケツの中で寝てましたわ。

小汚い雑巾を突っ込んでるから飼い主的にはやめて欲しいんですけどねぇ。

写真は撮れんかったんですが、洗濯機の中で汚い服の真ん中で寝てたこともありましたわ。


空き箱ハウスでご機嫌なミー

*段ボールハウスでご機嫌なミー

たまたま空箱がいくつか溜まったのでガムテープでくっつけてキャットタワー代わりのモノを作ってやりました。

越後屋が乗ると一番上はもたないですが、まだチビミーなら大丈夫。

理想は一番下に越後屋、真ん中にヒメ、一番上にミーが揃って入ることなんですが、実現したことはないですねぇ。

151029mee11.jpg

*本棚で寝るミー

上の方で本棚に入ってるのと1ヶ月ちょっと時期が違うんですが、あんまり違いは分かりませんねぇ。


コンポの上で壁を向くミー

*コンポの上で壁を向くミー

このデッキの上もけっこう好きで最初は横のワイヤーで出来たCD立てを置いてたんですが、チビミーのためにどけてやりました。

スピーカーの上にも乗るんですが、いつもは前を向いてるのになぜかこの時は壁を向いてました。

別に私が怒ったりして拗ねてる訳でもないんですけどねぇ・・・。


空き箱でご機嫌なミー

*空き箱でご機嫌なミー

最後は昨日撮ったばかりの最新作です。

炭酸水の空き箱を廊下に置いてやったら大喜びで飛び込んでました。

興奮して出たり入ったりしてる最中で目が妙に輝いてました。


最後は”箱入り娘”な写真になりましたが、全く女の子っぽさなく大暴れの毎日ですわ。

テーブルと台所の流し台は乗ったらアカンってルールにしてるんですが、チビミーだけは平気で乗るんですよねぇ。

一応アカンってルールは理解してるみたいで、私が気づくと降りるんですが、分かった上で平気で乗ってるっぽいですわ。

難儀な娘ッ子ネコですが、越後屋やヒメは最近は落ち着いてるんで元気者がおると飽きませんな。

オチの無い毛モノネタでしたが、近況報告ってことでお許しください。








*朝の体重:57.70kg。(目標はクリアしたけど、あんまり余裕ないなぁ。)

*今月の休肝日:9日(今日は酒抜いて目標クリアするぞー。)
 
 
 
posted by えて吉 at 17:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 越後屋・ヒメ・ミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

グルコバ44は初めてのベジタリアン・ミールス

もうすぐ次回の参加者の募集が始まりそうなんですが、アップ出来てなかった第44回グルコバについてごく簡単に書いておきます。

開催されたのは9月27日の日曜日やったんですが、今回は個人的に朝からバタバタしての参加でした。

というのも毛モノのヒメの調子が悪くて日曜日なのに朝イチで動物病院を開けてくれたんで点滴に行ってたんです。

その後家を出発して鶴橋に向かったんですが、おばチャリのタイヤに空気が入って無くてペダルが重いこと、重いこと。

会場最寄り駅の阪神尼崎駅について、前日に預かってコインロッカーに入れといた荷物をピックアップ。

今回の荷物は普段よりかなり重くて何分か歩いただけでヨレヨレになってしまいましたわ。

で、12時から食材の買い出しに出たんですが「今回少ないからえて吉一人で行けるやろ」って言葉に欺されるハメに。

確かにもう一人おったら手が余るくらいの食材やったんですが、一人で運ぶにはかなりな量になって、会場に戻るまでに行き倒れそうでしたわ。

そんな訳で調理室に入った1時頃の時点でかなり疲れてしもうてましたわ。



調理前の疲れの反動か、調理自体はあんまり忙しくなかったんですけどね。

今回は私のブログにずっと前からコメント頂いてるfuyong37さんも東京から参加してくれたんですが、常連さんの中にはちゃんと覚えてはる方もいましたわ。

調理時間はいつものように刻みモノばっかりやってましたが、全体的に進行がスムーズでけっこう空き時間がありましたねぇ。





3時頃になるとだれかれともなくオヤツタイムに・・・。




差し入れの日本酒「龍神」

*EGMさんの差し入れの日本酒「龍神」



広島名物「せんじ肉」のパッケージ

*広島名物の「せんじ肉」

こちらもEGMさんからの差し入れでした。

この時まで長らく広島から参加されてたEGMさんは9月末で大阪に戻ってくるって言うてはりましたねぇ。


珍しく最中の差し入れ

*珍しく最中の差し入れ

おやつタイムは飲む人が多いんですが、今回は珍しくこんな甘い物の差し入れもありました。

私は甘い物が苦手なので手を出さなかったですけどね。


鶏のインド料理

*鶏のインド料理

何度もグルコバに参加されてる女の人から差し入れでした。

この人はインド料理好きが高じて最近はどこかの店を間借りしてプロとして活動してるそうですわ。

カレー王子も神戸の方で週何回か間借りで店をやってるし、マニアっちゅうのはスゴイもんですなぁ。


玉子のインド料理

*玉子のインド料理

こちらも鶏と同じ方からの差し入れ。普段のグルコバやったら充分メインの食事会で出せそうな料理ですね。

ただし、今回はグルコバ初のベジタリアン・ミールスやったんですけどね。

本番の食事会で肉っ気がないからではないと思うんですが、今回は皆さんからの差し入れが肉々しかったですわ。


珍しい「豚軟骨のベーコン」

*珍しい豚軟骨のベーコン

軟骨ソーキは沖縄風の煮物にするのにたまに買いますが、軟骨をベーコンにしたのは初めて見ました。

長時間炊いたりしてないので軟骨はかなり硬かったですが、きっちりベーコンの味になってるのが面白かったです。


ホルモンの煮込み

*ホルモンの煮込み

こちらは私が持ち込んだアテです。

ホルモンをヒトサマに食べて貰う時って、しっかり下茹でをしてニオイを消すようにするんです。

でも、グルコバの参加者ってマニアックでクセのある方がええって方も多いんですよねぇ。

そこでお客さま向けとしては珍しく下茹でを控えめにやって敢えてクセを残してみました。

昆布とかつお節で取ったダシで煮込んだんですが味付けはちょっと濃いめに。

ホルモンって味が乗りにくい印象があるんでやや塩気をキツくしときました。




では、メインの料理の方を。




とはいっても今回は写真をほとんど撮ってないんですが・・・。






出来上がった料理

*出来上がったグルコバの料理

いつもはこの会場中央のテーブルに料理が並ぶんですが今回はちょっと事情がことなりました。

というのも、こばやしさんが新たなルートを見つけはって食器としてバナナリーフを使うことになってたからです。

私はマレーシアにホームステイしてた時にインド系の店で体験したんですが、座ってるとお店の人がバナナの葉っぱの上におかず屋ごはんを乗せてってくれるんですよねぇ。

葉っぱやからそこの盛り付けて自分で運ぶ訳にはイカンのですが、さすがに全員にオカズを一つずつ配る訳にもいかず。

どうするんかと思ってたら出来た料理をそれぞれ4等分して、各テーブルに分けてそれを各自で取るスタイルでした。





各テーブルの様子

*各テーブルの食事の様子

私らのテーブルはいつも居酒屋形式で大盛りにした料理を突くことが多いんですが、今回は全てのテーブルがこんな格好でした。


参加者の盛り付け例

*参加者の盛り付け例

今回は全員がこんな風にバナナの葉っぱを使って食べたんですごく本格的な雰囲気になりましたねぇ。




いつもと順番が逆になりましたが、ここでこばやしさんによる盛り付け例を。




グルコバ44の盛り付け例

*グルコバ44の盛り付け例


各料理の解説用写真と解説はこばやしさんの記事からコピーさせて頂きます。




料理用説明の写真

*料理説明の写真


(以下、こばやしさんのサイトからコピー)
A.セミヤ・パヤサム
バミセリという細いパスタをミルクとサフランで煮込んだデザート。

B.トマト・パチャディ
トマトとヨーグルトを和えた南インド式ライタ。

C.ベジタブル・イストゥ
野菜をココナツミルクで煮込んだケララ式「シチュー」。いわゆるアングロ・インディアン料理。

D.パリップ・ダール
インド料理のベーシック、レンズ豆を煮込んだカレー。

E.トマト・ラッサム
黒胡椒とタマリンドを効かせた、南インド独特の辛酸っぱいスープカレー。

F.サンバル
南インドを代表する菜食カレー。具はカリフラワーといんげん、人参を使用。

G.プーリ
全粒粉の生地を伸ばして揚げたパン。揚げたては丸く膨らみます。

H.メドゥ・ワダ
ウラドダルをすりつぶして揚げた、甘くないドーナツ。

I.イディヤパン
米粉を練って型からひねり出し、蒸した南インド式ビーフン。

J.ココナツ・チャットニー
ココナツを使ったディップ。

K.インジ・プリ
生姜とタマリンドを煮詰めた、ケララ料理独特のディップ。

L.グリーンチリ・ピーナツ・チャットニー
青唐辛子とピーナツを使ったこってり味のディップ。

M.スンダル
皮付きチャナ豆とココナツを和えたサラダ。

N.キャベツのトーレン
キャベツとグリンピースのケララ風炒めもの。

O.人参のピックル
人参をマスタードオイルとビネガーで漬けたもの。

P.玉ねぎのアチャール
玉ねぎとトマト、青唐辛子の即席漬け。

Q.さつまいものトーレン
さつまいもとココナツのケララ風炒めもの。

R.カレーリーフ・ポディとギー
カレーリーフと豆を粉にしたふりかけとギー(精製バター)。

S.パパド
豆粉を薄く伸ばして揚げたせんべい。市販品。

T.ソナマスリ・ライス
南インドで良く食べられているパラパラとした食感の中粒米。

U.かぼちゃのエリセリ
かぼちゃをココナツマサラで煮込んだ、ケララの名菜。
(以上コピー)


ベジタリアン・ミールスってことで、肉類は無しですが全く頼りなさはなかったですねぇ。

インドには菜食主義者でもかなりふくよかな体格の人がいるんで、野菜だけやからカロリーが低いとかってこともないんでしょうが・・・。



食事会の後は珍しく子供さんが来てなかったこばやしさんとfuyong37さんとで反省しない会へ。

とはいえ、この日はとあることでいつも以上に短時間で切り上げましたけどね。

毎回のことですが、楽しい一日を過ごさせてもうて主催者のこばやしさんには大感謝です。







次回のグルコバは11月29日の日曜日に開催。

あと数日で募集が始まると思いますが最近はあっちゅう間に埋まるので参加希望の方はこばやしさんのブログ等をチェックしてくださいね。



*朝の体重:58.00kg弱。(目標ジャストで余裕ゼロ。昨日はだいぶ控えたのになぁ・・・)

*今月の休肝日:9日(今日はもう一日飲んだろ。)

2015年10月27日

杭全の中華料理屋「紅龍」の冷凍生餃子と初めての老眼鏡

今日は昼前に先週作った初めての老眼鏡を受け取りに近所のメガネチェーンへ。

出来上がったのを掛けてみたら店内でもちょっと離れたトコはボケボケですが、手元の活字なんかはスッキリクリアに見えました。

家に帰って居間に座って新しい老眼鏡を掛けてテレビをオンすると、ぼやけ過ぎて使えん感じ。

iMacの前に座ると、置いてるのが元々テーブルで奥行きがたっぷりめなのでこれもイマイチ。

真剣に作業をする時は、自分が椅子を近めに座って、なおかつMacを少し前に持って来ればええ感じになりそうですわ。

で、文庫本とハードカバーをいつも読書する格好で読んでみるとこれはバッチリ。

文字がよう見えるし、見えてる範囲は非常にクリア。

ただ、本を読んでてふと別の場所を見たらもうボケボケやしちょっとした用事で立つ時もイマイチ。

今回買うたメガネは当分の間読書専用として使おうかと思います。





メガネを受け取ったそばのスーパーでちょこっと買い物をして、10日ほど前に行った杭全にある「紅龍」って中華料理店へ。

前回食事をしてたら店内に平日は持ち帰り用の冷凍生餃子が3割引だというチラシが貼ってあったんです。

前回店で食べたギョーザが気に入ったので買いに行ってみました。

1袋が25個入りで800円なんで、1人前6個なら4人前と一つってことになりますな。

一人前を軽めの5個と思えば、一人前が160円やからけっこうリーズナブルですな。

王将の餃子よりは小ぶりですが、今回はとりあえず1袋だけ買うて急いで家へ。

昼ごはんにさっそく10個焼いてみることに。

焼き具合はバッチリに仕上がったんで、昼間でしたがコンビニで買うた上等っぽいビールをプシュッと。

冷凍品やけど、野菜のシャキシャキした食感がちゃんとあるし、汁気もあって上出来でしたわ。

今回は試しに1袋だけ買いましたが、これなら常にたっぷり買い置いておきたくなりますわ。

王将より皮が多くて中の具が好みなんで、重量比の値段がどうかまでは考えませんが私には納得の餃子に感じました。








*朝の体重:58.30kg。(昨日は食べた量少なかったと思うのになぁ〜。(T ^ T))

*今月の休肝日:9日(ドライブ後に飲みたかったけど、頑張って酒抜いたぞー)




iPadから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 14:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

道の駅で昼ごはーん

昼前に家を出てちょいとドライブ。

国道173号線沿いの道の駅「瑞穂の里 さらびき」にてお昼ご飯。

かき揚げうどん480円。

いのしし肉の切り落としを売ってて手頃な値段なんで気になるけど冷凍品で家まで持って帰るのがちと不安なんですよねぇ・・・。


iPadから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

沖縄のセイワ食品の「もずくうどん」

今回のネタはおそらく沖縄旅行のお土産としてもらったんだと思います。

ただ、くれた人がこの記事を読んでたら平謝りするしかないんですが、いつ誰からもうたのか全く記憶に無いんです。

それもやむを得ないと思うんですが、パッケージの賞味期限は2014年の何月かになってました。

月の数字が擦れて見えないんですが、くれた時は少なくとも賞味期限の半年前か場合に寄ったら1年くらい前でしょう・・・。

そんな前に貰うたまま食料品のストックケースの底で眠ってました。(>_<)


沖縄のセイワ食品の「もずくうどん」

*沖縄のセイワ食品の「もずくうどん」

ぜったい誰かの土産物やと思うと、賞味期限を越えてて捨てたりは出来ませんわね。

まぁ私は普段から賞味期限切れのモンをしょっちゅう食べてますしね。

揚げ麺系のインスタントラーメンとかだと1年も越えるとちょっと気持ち悪いですが、乾麺なら気になりませんし。


2食分で160g入りなんでちょっと少なめかなぁとは思いましたが、半分を計り分けて湯がいてみました。


初めての「もずくうどん」は冷やぶっかけうどんで

*初めての「もずくうどん」は冷やぶっかけうどんで

食べたのは15日ですが、初回なんで麺のタチが分かりやすい冷やのぶっかけうどんにしてみました。

茶色っぽい見た目なんでうどんっていうより、そばに見えますねぇ。

こういう断面が長方形の乾麺ってどうしても食感が悪くなる印象があるんですよねぇ。

一口食べてビックリしたんですが、もずくのヌメリが出てるのか表面がツルッと知ってたんです。

乾麺とは思えん滑らかな食感でかなりええ感じでしたねぇ。

冷たいぶっかけなんでツルツル〜っとあっちゅう間に食べてしまいましたが、乾麺としては非常に旨かったですわ。

なんぼくらいするんかとAmazonを探してみると、売ってることは売ってましたが30束セットで8100円という、金額的にも分量的にもちぃと買いにくい売り方でしたわ。

こんだけ大量に買うた場合で一袋270円なんで私の日常食の基準?からすると手が出だせ無いですけどね。

200円未満で一袋ずつ地元で買えるんやったら常備してもええんですけどねぇ・・・。

誰がくれたかは分かりませんが、くれた人に感謝しつつ美味しくいただきました。

 




*朝の体重:57.95kg。(昨日は食べた量少なかったのになぁ・・・。)

*今月の休肝日:8日(3連ちゃんやけど今日は飲む予定あり。明日は酒を抜きます。)
 

posted by えて吉 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

猫のエサを買いに出て・・・

近所のホームセンターに毛モノどものエサを買いに出たんですが、ええ天気でそのまま帰るのももったいないなぁと。

ドライブがてら枚方まで墓参りに行きました。

行きは素直に国道1号線のバイパスで行ったんですが帰りは国道168号線で王寺を回って帰ることに。

朝からロクに食べてなかったんで腹が減りすぎて気持ち悪い状態で丸亀製麺の平群店へ。

このルートを通る時はほとんど毎回腹を減らしてこの店に寄ってる気がしますわ。(^_^;)
 
注文はいつものようにかけうどんの並で290円。ネギ山盛りに天かすたっぷりでいただきました。



iPadから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

涼しくなって「鱧の小鍋仕立て」を堪能

鱧の落としは秋に食べると季節ハズレに感じるし、あれは暑い時期にこそ食べたいモンっていうイメージがあります。

でも、ハモは土瓶蒸しの具に入ってるとご機嫌やし、小鍋仕立てで食べるなら秋でも大歓迎。

いつも使ってるスーパーの別の大きな支店に行ってみたら、ハモが特売で小ぶりなヤツが一匹300円ほどで並んでました。

夏場にハモの荒を半分使って残りを冷凍してたんで、それを使い切る意味もあってその特売のハモをゲット。

それ以外にいつもよりえらく盛りが良くていつもの半額くらいの100円でマグロのすき身があったんで我慢出来ずカゴへ。





上等のだしパックと鱧の荒でとった出汁

*上等のだしパックと鱧の荒で出汁

知り合いにもうたええダシパックを使って出汁を引いてから、そこに酒と味醂を加えて凍ったままのハモの荒を投入。

味付けはお吸い物なんかよりやや甘みを効かせて”はもすき鍋”向きの味に。

まぐろのすき身は一部を取り分けて、残りは濃口、酒、味醂、ショウガで佃煮風に。




晩酌の献立はこんな感じになりました。





鱧の小鍋仕立てやおでんで晩酌

*ハモの小鍋仕立てをメインに晩酌

・おでん風の煮物 大根、厚揚げ、結び糸こん、葱鮪串

・まぐろの佃煮

・スライスオニオン

・鱧の小鍋

・チャンジャ

・キュウリのもろみ醤油漬け

・壬生菜の漬け物

鱧の鍋には玉ねぎを半分にカットして繊維に直角に切ったモノをたっぷりと加えました。

タマネギがしっかり煮えてから鱧の身を加えてサッと火を通したら溶き玉子を流し込みました。

甘すぎない自分好みの味付けがほぼ狙い通りで、うま味たっぷりの出汁はそれだけで酒が進む旨さでしたわ。

取り分けたまぐろの一部は白ネギのぶつ切りと交互に串に刺しておでん風に作った煮物の出汁で一緒に煮込みました。

おでんの種にねぎまを入れるのはたまに居酒屋で見かけるんでそれをマネしてみました。

家で食べるのにいちいち串を打つあたりはアホな”ままごと”っぽいですけどね。(^_^;)

涼しくなるとこういう小鍋やおでんっぽいモノが旨いですねぇ。

ハクレイ酒造の純米酒をぬる燗にしてじっくり晩酌を楽しませてもらいました。







*朝の体重:57.40kg。(久しぶりに理想値ジャスト)

*今月の休肝日:8日(今日はもう一日飲んだるぞ〜。)
 
 
posted by えて吉 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

用事をいっぺんに片付けて・・・

今日は朝イチで初めて行く眼科へ行きました。

少し前から夜に運転をするとえらく光源が眩しく感じる気がしてたんで、白内障なんかやと困るなぁと思いながら診察してもらうことにしたんです。

ながらく眼医者のお世話になったことがなく、ガキの頃から通ってたトコは正直言うて先方の目が見えてるか不安な年なのでパス。

ネットで地元の眼科医を検索したら、うちからすぐ近所に割と最近開いたトコがあったので前評判も分からんまま出かけました。

基本的な視力検査から始まって、診察の結果は白内障の恐れはなし。水晶体も角膜も問題なしやったんですが、涙の量が足らず角膜の上がすぐ乾くドライアイ?やと。

処置としては1日5回目薬をさしてしばらく様子を見ることに。

それ以外のアドバイスではぼちぼち老眼が始まるから手元を見るようの度の弱いメガネを用意して使い分けた方が眼精疲労が軽減されるとのことでした。

目薬をもうたらそのまま一番近所にあるチェーンのメガネ屋へ。

今のメガネを見せた上で、それより近距離に向いた度のレンズでメガネを作ってもらいました。

新しいメガネがけっこう気に入ったんで今の普段使いのヤツも変えたかったんですが、一つで19400円したんで今回は我慢。

そこから天王寺に移動してボロボロになってる長ズボンの替えを買うことに。

古いヤツと同じようなヤツが欲しかったんですが、店にあったのはえらく生地が薄めでした。

でも、もうそれ以上服屋に行く気にならんし、薄めでも冬までは使えるかと思ったんでお買い上げ。

続いて、ものすごーーく久しぶりに本屋へ。

古本屋で満足なもんがなく、ネットでは探しにくいもんやったんで新刊で1冊だけ買うて退散。

新刊の本屋って私にとっちゃキラキラ輝く夢の世界って感じなんですが、プッツン来ると何万も大人買いしかねないので出来るだけ用件以外の本は見ずに店を出たんです。

一気に4つも用事を済ませるなんて私にしちゃ珍しいことなんで、よう頑張ったオレにご褒美を。

12時頃でしたが、天王寺から西成に下ってJRの高架下にある「岩田屋」へ。

まずはホルモンの煮込み220円と大瓶450円。

ポテサラはちょうど仕込み中やったんで先にイワシの煮付け220円を注文。

魚の煮付けを食うとどうしても酒が欲しくて燗酒300円も追加。

いわしをつついてたらオバちゃんが出来立てのポテサラを持って来てくれたんでそれもありがたくいただきました。

締めてお勘定は1410円。朝からなんにも食べてなくて空きっ腹に酒を入れたらよう回りましたわ。

頼んだアテはたまたま220円のモンばっかりでしたが、ここは相変わらずコストパフォーマンスがええですわ。

岩田屋1軒だけで家に帰ったんですが、家に着いてちょっと休憩したら20分ほどウトウトしてしまいました。



*朝の体重:58.20kg。(休肝日明けに目標オーバーやと悔しいなぁ。)

*今月の休肝日:8日(昨日は酒を抜きました。)



iPadから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

川田製麺「純生包丁切りうどん」

10日に香川に行った時にお土産品じゃないっぽい生讃岐うどんで今まで見たことないのを見つけたので買うてみました。

商品を置いてたのは香南町の国道193号線から高松空港へ向かうルートの角にあったJAの産直市場「空の街」です。

この道ってちょくちょく通ってるんですが今まで見かけたことがないんで、オープンしたのは最近じゃないですかねぇ・・・。

土曜日やったせいか2時過ぎだったかに行くと野菜はだいぶ売れたようで空きが目立ちました。



じっくり売場を見てて初めて見かけたうどんがこちらです。




151022kawataseimen.jpg

*川田製麺の「純生包丁切りうどん」190円

一袋300g入りなんで2人前としてまずまずしっかりした量ですね。

食べたのは13日のことですが、初回は麺の素性がよう分かるように冷たい麺でいくことに。

パッケージの裏に書いてある茹で方に従って、沸騰したお湯にうどんを入れて麺が浮き上がってから10分湯がいてやりました。

水道水で何回か水を替えてしめたらそのまま器へ。


麺の素性を味わうために「ざるうどん」

*麺自体を味わうために「ざるうどん」

普段よく食べる生讃岐うどんは大阪のスーパーで売ってるヤツか香川で買う日の出製麺所のヤツなんですが、川田製麺のヤツはどちらかというと日の出製麺所に近かったですわ。

かなりコシが強めで私の好みでは、今回の茹で時間で冷やにするとわずかに固すぎるように感じました。

とはいえ、ええコシはええコシなんで季節ハズレなざるうどんでしたが美味しく頂きました。








*朝の体重:57.45kg。(ちょいと飲み過ぎやけどこの数字やったらええか。)

*今月の休肝日:7日(今日は休肝日にします。)
 
 
posted by えて吉 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

泉万醸造のあじ味噌で名古屋名物「味噌煮込みうどん」

かなり前から名古屋名物の味噌煮込みうどんが食べたくてあっちこっちのスーパーで麺類の売場をチェックしてました。

前回家で食べた時は小袋に入った味噌煮込みうどん用の味噌を使ったんですが、またそれを買いたいなぁと思ったんです。

半生麺とのセットはちょくちょく見かけて自分でも買うて食べたことがあるんですが、麺は手元にあるからいらんのですよねぇ。

それにスープはたっぷりめが好きやからセットのスープではどうしても少なすぎるように感じてしまうんです。

そんな私には小袋で3つ入りの味噌はピッタリに感じたんです。(一つは中途半端に余りますが・・・。)

夏前から何度か名古屋までちょっと走って味噌煮込みうどんだけシバいて帰ってこようかと思ったりしてたんですよねぇ。

基本的に各地の名産品などを「お取り寄せ」するのって好きじゃないんですが、数日前に急に思いついてAmazonで検索。

味噌煮込みうどんだけで検索すると色々出て来たんですが、ほとんどが麺とのセットでお土産っぽいヤツかインスタント系。





そんな中で見つけたのが今回の泉万醸造ってトコのこちらの商品。






泉万醸造の「煮込みうどんあじ味噌」
泉万醸造 煮込うどんあじ味噌 1kg *Amazonへのリンクです。

 *上の画像をクリックして貰うとラベル部分のアップ画像が別窓で開きます。

私が買った時点でのAmazonの価格は1kg入りで1089円(送料無料)でした。この値段で送料がかからんってのが私にはポイントでした。

つい何日か前に普通の味噌を買うたばっかりでそれと較べても無理な値段じゃないなぁと。

ちなみにアマゾンの商品説明にはこんな風に書かれてました。


内容量:1kg
原材料:豆みそ(大豆、食塩)、米みそ(大豆、米、食塩)、米発酵調味料、糖類(砂糖、砂糖混合ブドウ糖果糖液糖)、還元でん粉糖化類、しょうゆ、たん白加水分解物、かつお削りぶし粉末、煮干し、こんぶ、あじ削りぶし、さば削りぶし、そうだかつお削りぶし、調味料(アミノ酸等)、保存料(ソルビン酸K)、(原材料の一部に小麦、牛肉、さば、大豆、豚肉を含む)
商品サイズ(高さ×奥行×幅):300mm×25mm×200mm


名古屋名物「味噌煮込うどん」が簡単にできる、だし入り味噌です。
味噌と鰹だしの風味が活きており、名店の味をお楽しみいただけます。
1人分…本品60gに、水400ccとゆで麺・具を加えて、5分間煮込んで下さい。
半生麺か乾麺をご使用の場合は、水を500ccとし、茹でずにそのまま入れ、15分前後煮込んで下さい。

栄養成分
100gあたり:エネルギー196kcal、たんぱく質11.9g、脂質5.7g、炭水化物23.9g、灰分8.5g



ケミカル類が嫌いな方には原材料でひっかかるトコもあるかもしれませんが、私には全く無問題。

いろんな出汁が入ってて自分では再現出来んかなと思うと買う理由にはずみがつきましたわ。(^_^;)

そんな訳で取り寄せ嫌いですが、ポチッと行っちゃいました。

配達は手渡しでは無くポストへの投函やったんですが、一昨日だったかに手元に到着しました。



昨日は朝の体重に余裕が無くて別のモンを麺の量控えめで食べたんですが、体重の方は今朝も余裕ナシ。

でも我慢出来んかったんで作ってみることに。(手に入れたモノはなんでもすぐ使いたい、食べたい人間なもので。)

作り方は色々考えたんですが、雰囲気を重視しつつややヘタレな方法で行くことに。

まず最近買うた一人前の鍋焼きうどんにピッタリなサイズの鍋に水を入れて、そぎ切りの白菜、斜め切りの白ネギ、しめじをコトコト。

洗濯物があったんで、軽く炊いたら一旦火を消して先に洗濯物干し。

余熱で火が通った野菜と水の量を見極めつつ沸かしなおして味見をしながら味噌を適当に溶きました。

別の大鍋に湯を沸かして生讃岐うどんを投入し、普段なら12分茹でる生うどんを3分だけ湯がいて、慎重に土鍋の中へ。

うどんの量は食べかけのラストで調整出来なかったんですが、ぐうぜん土鍋にぴったりでした。

生うどんを別鍋で軽く茹でたのは、土鍋だとすぐ吹きこぼれそうで強く炊く気にならんので熱くするって感じでした。

汁気もそんなに多くないからそのまま入れたら底に焦げ付きそうでしたし。

吹きこぼれないように注意しながらうどんを煮込み、冷蔵庫にあった鶏むね肉をカットして投入。

うどんはかなり短めの合計8分ほど茹でたとこで火を止め、彩りに水菜を添えてやりました。

生の玉子は火を止める1分ちょっと前に加えました。



泉万醸造の味噌で「味噌煮込みうどん」

*泉万醸造の味噌で「味噌煮込みうどん」

今回は初回やったんでほんだしや酒、味醂を加えたりもなく、そのまま泉万の味噌を溶いただけですが、ちゃんと出汁が効いてました。

こういう八丁味噌?の色の濃さに慣れてないんで、味まで辛すぎるように見えても全く問題なし。
 *もちろん自分で味をみながら味噌を溶きましたからね。

うどんは本場ほど完全な「生煮え」ではなかったですが、かなり固めで自分的には雰囲気が出てるなぁと。

このサイズの鍋やと具を入れたらどうしてもぞれぞれになりますが、これくらいが本物っぽいって言えば、そうかもしれませんな。

作る側としては気ぃ使うんで、次はもう一回り大きいヤツで余裕をもって作るか悩ましいとこです。

さすがに本場と違って土鍋のフタには穴があるんでそこに移して食べるってことは無理で小鉢に移して頂きました。

何ヶ月も食べたかった味噌煮込みうどんとしてはかなり満足度が高かったですわ。

とはいえ、本場の生煮えな麺の固さ加減を確かめに一度有名店で食べたいとは思いましたけどね。




味噌煮込みうどんなんて何ヶ月かに1回でええのに1人暮らしで1kgも入った味噌を買うのは暴挙でしたが、ちょうど今日飲みに行くメンバー2人に押しつけることにしたんで残るのは適量になりました。

あと5回以上は出来ると思うんで、本場で一食1500円くらいのヤツを食べたと思えば納得出来る買い物でした。







*朝の体重:57.75kg。(夜飲みに行くから昼は控えんとなぁ・・・。)

*今月の休肝日:7日(昨日は酒を抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

昼ご飯には贅沢な「鯛飯」

冊で買うた鯛が刺身が残った翌日なんかにそれを使って鯛飯をやることはあるんですが今回は珍しく単独で。

昼メシ前にスーパーをうろついてたら、その日は鯛が特売やったようで冊がいつもよりだいぶ安めでした。

買うて帰って晩めしの肴にしたいところでしたが、この日はあいにくの休肝日。

さすがにお造り食べるのに酒抜きは厳しいんで諦めたんですが、切り身の方のお造りを見るとそっちの鯛も安くて298円でした。

特売に乗れないのが悔しいなぁと思ってたら、昼メシに鯛飯をシバくことを思いつきました。

昼メシって残り物か、安い材料でてけとーに済ませることが多いんで、わざわざ刺身を買うのは贅沢に思いましたが特売やし休肝日にするからって口実でカゴへ。

家へ帰って濃い口醤油をめんつゆで少し薄めるような感じで漬けだれを用意。

そこにワサビとゴマを加えて混ぜてから鯛のスライスを漬けました。

ほんまはこういう贅沢には炊きたてご飯と行きたいとこでしたが、冷凍ご飯で我慢。

チンして小丼に盛ったら、上にネギと刻み海苔を散らしてから鯛の身を盛り付け。

黄身だけにした生玉子を真ん中に添えてつけダレを回しかけたら出来上がり。

ちょっと贅沢に昼ご飯「漬けの鯛飯」

*ちょっと贅沢な昼ご飯で「鯛飯」

タイのお造りはけっこう厚めに引かれてて、食べてみると見た目以上に鯛だらけな印象でした。(^_^;)

最初の二口は玉子の黄身なしで行って、そこからは黄身を潰して混ぜながらいただきました。

卵かけご飯を楽しみつつ、そのお供に鯛を頬張ってるような錯覚を覚えました。

いつもそうなんですが、こういう丼の時ってご飯をワッシワシ食べてしまうんで冷凍してご飯一つでは足りないですねぇ。

最後はご飯がほとんどなくって鯛の切り身が2枚も残った状態でしたわ。



*朝の体重:57.75kg。(余裕ないのにカレーうどん食べたった。)

*今月の休肝日:6日(今日は酒抜いてますよー。)

 
posted by えて吉 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

初カキフライ

ええ天気なんで家の中にいるのがもったいなくて散歩がてら午前中から出かけてました。

最初はなんとなくで大阪城方面に向かったんですが、今里から長堀通りに入って玉津から北へ。

車でも全く走ったことないエリアで物珍しい気分でどんどん進むと城北公園に。

その中を進んでデカイ橋に上がったら淀川を越えました。

橋を渡った菅原の交差点を右折して内環へ。そこから南下してまた淀川を越えました。

内環から脇にそれつつ適当に移動して、鴫野の駅前の「魚介本店」で休憩がてら昼飲み。

例年なら11月頃までは我慢するんですが、メニューにあったカキフライ(399円)を頼んでしまいました。

私が頼んだ分でラストでしたが、衣のつき方はかなりワイルドでいかにも手作りで良かったですわ。

続いて頼んだ鶏つくね(399円)は予想と違って鳥ハンバーグみたいな形でポン酢味。

ネギたっぷりが嬉しかったですな。

この店はマグロが売りなんですが、2〜3品頼んでみたヤツはどれも品切れ。

最終的には普段ならあんまり食べない中とろ(499円)なんてもんをオーダー。

生ビールは3杯目やったけど、生モノを言うとやっぱり酒が欲しくて冷やで一合。

中とろはええ感じに脂が乗って久しぶりに食べるとたまにはこういう濃さも美味いもんやなぁと思いましたわ。

アテがなくなった時点で飲兵衛としては罰当たりですが、ビール半分ほどと日本酒は少し残して店を出たんですけどね。

これで〆て2640円でした。

喉が乾いてたんで一品目の料理が来る前に一杯目の生ビールを飲みきってしまい、ちょっと酒代がかかりましたが、腹も思ったより膨れましたね。

家を出て5分で足が張って、運動不足を実感しましたがその後はしんどいなりに気持ちええ秋の気候を楽しめましたわ。









*朝の体重:58.05kg。(かなり控えたつもりやのにまだ目標オーバー)

*今月の休肝日:6日







iPadから送信
image1.PNG
posted by えて吉 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初カキフライ

ええ天気なんで家の中にいるのがもったいなくて散歩がてら午前中から出かけてました。

最初はなんとなくで大阪城方面に向かったんですが、今里から長堀通りに入って玉津から北へ。

車でも全く走ったことないエリアで物珍しい気分でどんどん進むと城北公園に。

その中を進んでデカイ橋に上がったら淀川を越えました。

橋を渡った菅原の交差点を右折して内環へ。そこから南下してまた淀川を越えました。

内環から脇にそれつつ適当に移動して、鴫野の駅前の「魚介本店」で休憩がてら昼飲み。

例年なら11月頃までは我慢するんですが、メニューにあったカキフライ(399円)を頼んでしまいました。

私が頼んだ分でラストでしたが、衣のつき方はかなりワイルドでいかにも手作りで良かったですわ。

続いて頼んだ鶏つくね(399円)は予想と違って鳥ハンバーグみたいな形でポン酢味。

ネギたっぷりが嬉しかったですな。

この店はマグロが売りなんですが、2〜3品頼んでみたヤツはどれも品切れ。

最終的には普段ならあんまり食べない中とろ(499円)なんてもんをオーダー。

生ビールは3杯目やったけど、生モノを言うとやっぱり酒が欲しくて冷やで一合。

中とろはええ感じに脂が乗って久しぶりに食べるとたまにはこういう濃さも美味いもんやなぁと思いましたわ。

アテがなくなった時点で飲兵衛としては罰当たりですが、ビール半分ほどと日本酒は少し残して店を出たんですけどね。

これで〆て2640円でした。

喉が乾いてたんで一品目の料理が来る前に一杯目の生ビールを飲みきってしまい、ちょっと酒代がかかりましたが、腹も思ったより膨れましたね。

家を出て5分で足が張って、運動不足を実感しましたがその後はしんどいなりに気持ちええ秋の気候を楽しめましたわ。









*朝の体重:58.05kg。(かなり控えたつもりやのにまだ目標オーバー)

*今月の休肝日:6日


iPadから送信





image1.PNG
posted by えて吉 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

杭全の中華料理屋「紅龍」で昼ごはん

今日は天気予報では雨かと思ったんですが朝からええ天気やったのでちょいと出かけることに。

メインの目的は平野区の喜連瓜破で古本をちょっとチェックすることでしたが、まずは加美のツレのお店でお茶。

そこから普段はあんまり通らんルートで長吉長原近くに出て、長居公園通りを喜連瓜破方面へ。

途中にあったスーパーに寄ったら、公設市場上がりのスーパーなのかえらく品揃えが良くてニコニコ。

まだウロウロする予定やったんで生モノは買えませんでしたが、値段はそこそこするけどモノは良さげでしたねぇ。

古本をちょっとチェックしてカバンに入る程度の3冊だけ購入。

そこから駒川中野の方面に行ったんですが、結局ピンと来るような店もなく結局うちの近所まで戻って紅龍っていう中華料理店へ。

餃子300円に珍しいように感じた豚バラの天ぷら360円に瓶ビール450円。

豚バラの天ぷらは想像したんとは、ちょっと違うタイプでしたがカリカリの衣も悪くはなかったですね。

ここの餃子は皮が薄めでけっこう好みでしたわ。平日には冷凍の生餃子が割引になるようなんでいっぺん買いに来ようかな。

酎ハイレモン380円をお代わりして税込1520円のお昼でした。



iPadから送信





*朝の体重:58.40kg。(昼にご飯を多めに食べたけど、こんなに重くなるかぁ〜〜。)

*今月の休肝日:6日(昨日は酒を抜きました。)
image1.JPGimage2.JPG
posted by えて吉 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

新米の炊きたてご飯で「一口ヒレカツ定食 豚汁つき」

ついさっき食べ終わったばかりのお昼ご飯をさっそくアップしてみます。

今日の午前中に冷凍庫の在庫をチェックするともうご飯がありませんでした。

休肝日にするか迷ってたんですが、もし休肝日にしてご飯が要ったら困るのでご飯を炊くことに。

その時に思い出したんですが、前回は4合炊いたうち0.5合ほどだけ新米を混ぜましたが、今回はやっと新米100%のご飯。

私はご飯の味がほとんど分からんし、そんなにご飯を重要視はしてないんですけどね。(^_^;)

炊きたてご飯と言えば玉子かけご飯ですが、前回も卵かけご飯やったんで今回はなんぞ違うモノを食べようと。

どんな食べ方がええか考えたらメインではないんですが、まず豚汁が浮かびました。

野菜たっぷりのヤツをわしわし食べたいなぁと。

そこで午前中からまずはぶた汁の仕込みをスタート。

いりこの粉末が入ったダシパックと昆布で出汁を引いて、そこにほんだしをちょっぴりドーピング。

野菜は手元にあるもんだけやったんで、玉ねぎ2、ニンジン1本、大根10cm弱?になりました。

炒め物用に2枚ずつ小分けにして冷凍してある豚バラ肉を4つ。

これをコトコトと炊いて味噌を溶く前で一旦火を止めました。

料理をしながらメインをどうするか考えてたんですが、ソース味に惹かれてとんかつに決定。

珍しく定食風に食べることにしたんで、小鉢も欲しいなぁと。

そこでまずは近所の阪急オアシスで小さなパックの惣菜を調達。

それから肉屋に向かったんですが、ここで時計を見たらご飯を予約炊飯した時間までにまだだいぶありました。

スーパーにも揚げ物はあったのに、揚げたてが食べたくて肉屋に行っても、ご飯が炊けるまでに冷めたら意味ないですわね。

そこで一旦事務所に入ってパソコンを立ち上げて暇つぶし。

40分ほど時間を潰してる間にかなり腹が減りだしてました。

肉屋に入ってからちょっと思うところがあったんで、普通のトンカツでは無く一口カツにしました。

それだけでもご飯を食べるおかずとしては充分やったんですが、グラタンクリームコロッケも1つ追加。

揚げてもうたヤツを受け取ったら大急ぎで家へ。

下煮込みしてあった鍋から食べる分だけ取り分けて味噌を溶いたら出来上がり。

カツは一旦熱くしたオーブントースターの中に置いてあったのでほぼ熱々。

キャベツは買い物に行く前にカットしてあったのでロス無く盛り付けも完成です。





ところで、写真を撮ってから分かったんですが大きなミスがあるんですが、どうかお許しを。



なんせ普段ご飯、おかず、汁物なんていう定食っぽい食べ方をせんもんで・・・。



熱々のフライと炊きたてご飯を味わいたくて焦ってたので・・・・










新米の炊きたてご飯で「一口カツ定食 豚汁付き」

*新米の炊きたてご飯で「一口カツ定食 豚汁付き」

ご飯のお茶碗と味噌汁の位置関係を左右逆に置いてしまいました。(>_<)

常識がある人にとったらこの写真ってすごく違和感があるんでしょうねぇ・・・。

自分で器をセットしてて一瞬だけ、「どっちやったっけ?」って頭をよぎったんですが焦ってたのでこのまま行っちゃいました。

ちなみに定食の内容は

一口ヘレカツ4つ(380円)、グラタンコロッケ(125円)、切り干し大根(138円)、もろみ漬けのだいこんとニンジン、ご飯とブタ汁

となります。家で食べてるのにおかずだけで600円以上ってのは、ちぃと贅沢ですなぁ。








それにしても10年以上ブログをやってて、こういう典型的な定食って何回くらいアップしてるんでしょう・・・。

外食でもほとんど定食って食べてないですが、家で自分が用意する時にもほとんどやらないですからねぇ。

何回も書いてますが、昼メシってほとんどご飯の上に何かを乗せるか掛けるかしたモンですからねぇ。

ぶっかけ飯が好きやっていうのがまず第一の理由なんですが、もう一つの理由はご飯を食べる量を抑えるためなんですよねぇ。

定食式で食べると、私はオカズちょっとでご飯をぎょうさん食べてしまうんです。

それでなくても冷凍してるご飯は一回分が控えめなんで、おかずばっかり余って困るんです。





今日は新米祭り?やないけど、どうせやからある程度食べたるって決意しての定食形式なんですよね。

ネタとしてわざとやった訳ではないんですが、一杯目のご飯を食べ終わった時の状態はこんな感じでした。



ご飯を食べ終わった時点での「定食の途中経過」

*一杯目のご飯を食べ終わった時点での「お盆の状態」

あんまり変化がないから最初の写真とは間違い探しみたいですが・・・。

ちなみにお茶碗一杯のご飯を食べるのに必要だったおかずは、

一口カツ1個、クリームコロッケ半分、もろみ漬けの大根1切れ、切り干し大根の惣菜1/3、キャベツ少々、豚汁1/3

って感じでしょうか。

一口カツって言うけど、私には5口くらいかかりましたわ。

小皿にたっぷりのウースターソースとお好み焼きソースを混ぜたモノを用意して、そこにベッタベタに浸してやりました。

カツをちょいと囓ってご飯バクバク、ブタ汁ちょろっと、小鉢をちょいと摘まんでご飯バクリ、漬け物一口でまたご飯バクリってパターンで食べるとあっちゅう間にご飯がなくなりましたわ。

お茶碗は男用としては小ぶりですが、普段ならこのお茶碗にごく軽めに盛ったくらいのご飯しか食べてないと思いますわ。

今回は最初の一杯目のややしっかり目に盛ってましたが、さらにお代わり。

それでもおかずは十分すぎるほどで、結局一口カツ2切れ、切り干し大根少々、もろみ漬け2切れは残しました。

このオカズを全部片付けようと思ったらご飯は4杯は必要でしょうねぇ。

実際、10年ほど前に食生活を変えるまではどんぶり飯でもお代わりが要りましたし。

こんな食べ方になるから、普段はぶっかけ飯系でおかずとご飯の量を無理矢理抑えないとダメなんですよねぇ。

長らくこんなペースでご飯食べることがなかったんで、新米の味がどうこうって言うより「バクバク」食べる喜びが強かったですねぇ。

新米って水分量が多めやから炊飯の水加減では水を控えめにって言われますが、あえて控えずやや柔らかめに炊いたんですがやっぱり好みですねぇ。

今はほとんどご飯単体で食べないんで、敢えてやや固めに炊いてるんですがほんまは柔らかめのご飯の方が好きなんです。


新米の美味しさを味わったかは微妙ですが、たいへんご機嫌な昼ご飯でした。








*朝の体重:57.50kg。(理想値手前やけど、ご飯食べすぎかもなぁ・・・。)

*今月の休肝日:5日(土日飲みたいから、今日は酒抜いとくか・・・。)
 
 
 

posted by えて吉 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

秋らしい秋刀魚と福岡醤油店はさめずの「もろみ漬けの素」

もう完全に秋らしくなってますが、今季初めて秋刀魚を解禁して晩ご飯に食べたんでその時の様子をアップしておきます。

例年初物の秋刀魚がスーパーに並び出す頃はまだ全然秋っぽくないし、”ハシリ”やから値段もえらい高さ。

そんな頃には食べたいとも思わんのですが、今年は秋っぽくなってきてもサンマの値段はやや高めに感じますねぇ。

ふだんの年なら1匹100円になってから食べるんですが、あんまりぐずぐずしてると食べそびれそうなんで190円(税抜き)で我慢することに。

食べたのは6日ですが、初回やからさんまの食べ方は当然のようにシンプルな塩焼きで。

晩ご飯の用意を始める少し前に裏表に塩をして置いておきました。

焼く寸前にキッチンペーパーで表面に浮いた水気を拭き取って、表面に切り目を入れて新たに塩を振って焼きました。







この日の食卓はこんな感じになりました。






秋らしくなったんで「秋刀魚メインの晩ご飯」

*秋らしくなって「秋刀魚メインの晩ご飯」

・秋刀魚の塩焼き

・惣菜のごぼうのきんぴらとおからパウダーのミックス

・湯豆腐

・干しエビと小松菜の煮物

・なすびの煮物

・ししとう網焼き

・納豆

・大根のもろみ漬け



秋刀魚には大根おろしと香川の道の駅で買うたすだちを添えてやりました。

すだちがあるだけでちょっと贅沢な気分になりましたわ。

秋っぽい食卓ってことで、今季初めて湯豆腐も用意。

そして、この日は取り寄せたばっかりの「ハクレイ酒造」の純米酒を開けてぬる燗でやりました。

ハクレイは私が唯一飲み慣れてる地酒で、ちょっと贅沢ですがこれからの季節なら部屋に常温で置いてもヘタらんので送料が無料になるギリギリの5本取り寄せたんです。

小松菜となすびの煮物は前日までに作ってヤツの持ち越しです。





この日秋刀魚以外のもう一つのネタが、中央の下の方に写ってる大根のもろみ漬け。

三重の方へドライブした帰り道に名阪国道の伊賀ドライブインに寄った時に見つけた「もろみ漬けの素」を使って初めて作ったんです。



福岡醤油店はさめずの「もろみ漬けの素」

*福岡醤油店の”はさめず”の「もろみ漬けの素」

値段は1kg入りで税抜きの400円ほどやったと思います。

パッケージに「はさめず」のもろみって書いてあったんですが、私には全然ピンと来ず。

ネットで調べてみると福岡醤油店の出してる醤油の商品名が「はさめず」っていうんやそうです。

サイトの説明によると

料理になる醤油「はさめず」は2代目川向友宏が命名したもの。京都の古老から「昔は醤油のことを、箸ではさめない料理という意味で“はさめず”と呼んでいた」と聞いた二代目が、苦心して創り上げた新しい醤油を「はさめず」と名付けたのです。


とのことですわ。

原材料名を見ると、「大豆・小麦・食塩・アミノ酸液・ブドウ糖果糖液糖・アルコール・調味料(アミノ酸等)・甘味料(甘草)・カラメル色素」となってます。

私は漬け物用に色々とうま味を足したんかと思ったけど、「はさめずこいいろ」って商品の原材料も同じなんで元々の醤油のもろみのままのようですね。

手元に大根があったんで、この日の朝に皮を剥いて縦割りに4つにカットしてジップロックに移したもろみに漬けておきました。

モロミから出してモロミを流してからカットしたら上の写真のように漬かり具合はまだ浅めでした。

表面にけっこう味があったんでそのままで充分食べられました。

ちなみにモロミから出したヤツをタッパに入れて置いてたら翌日以降は表面から少しずつ茶色の部分が内側に向かって広がっていきました。

しっかり漬かったヤツが食べたかっても、あんまり長めに漬けるよりはモロミから出して半日から1日待つのもええかもしれませんな。


秋刀魚と湯豆腐、地酒の燗酒のおかげで秋っぽさを感じる晩ご飯になりました。





*朝の体重:57.70kg。(もうちょっと軽かったら良かったのになぁ。)

*今月の休肝日:5日(昨日は酒を抜きました。)
posted by えて吉 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

第49回讃岐うどん巡りはついに「あの店」へ

だいぶ時間が空きましたが49回目のの香川での讃岐うどん巡りについてアップさせて頂きます。

行ったのは9月6日の日曜日なんですが、今回は珍しく日曜日がお休みになったishさんからのお誘いでした。

Wakkyさんご夫妻の参加が決まったんですが、その後北海道旅行の後関西に来られるぷるみえさんから連絡あったんでお誘いしました。

*あきこ*さんも参加を検討してはったんですが、胃腸の調子が良くないってことで最終的には不参加になりました。

今回はコース的にかなりマニアックというか、キワモノな予定やったんで去年初めて讃岐うどん巡りをされたぷるみえさんにはややムチャやったんですけどね。(^_^;)

ぷるみえさんは前日の夜に北海道から関空へ着かれることになってて、どうせ休肝日予定やったんで空港までお迎えに参上。

帰り道に阪神高速の湾岸線で工場萌えなぷるみえさんに夜景を楽しんでもうて、家に着いたら翌日に備えて即就寝。



当日は6時前に家を出て兵庫駅へ。

Wakkyさんご夫妻にはちょっと申し訳なかったですが、兵庫駅までおいでいただいたのでぷるみえさんをムチャな時間に起こさんで済みました。

7時過ぎには兵庫駅を出て香川を目指したんですが、今回はあいにくの天気で明石大橋を渡る時なんかはえらい降り方で運転手としてはかなり疲れそうやなぁ・・・と覚悟してました。

とはいえ、香川に着く頃には雨が止んで結局うどん巡り中は一度も傘を使う必要なかったかと。




一軒目のお店に着いたのが10時10分。

こちらはWakkyさんから事前に希望が出てたお店なんですが、全員が初めての訪問でした。

正確にはWakkyさんご夫妻は訪問はされてるんですが、前回来はった時は麺切れ終了で食べられなかったという曰く付きのお店。



高松の「なかむら屋」の看板

*高松市前田東町の「なかむら屋」の看板

お店は土日祝は8時から営業となってますが、われわれが着いた時はどうも店が開いたばっかりって雰囲気でした。

店の前にあった営業を示す札はまだ「準備中」となってるくらいでしたからね。(^^)

Waakkyさんが先にお店の人に声を掛けてもう入っていいか確認してくれました。

こちらのお店は飯山町(現丸亀市)にある「客が裏の畑からネギを取ってくる」ので有名になった「なかむら」の長男さんが独立して開いたお店です。

私はうどん巡りのごく初期に「なかむら」に行ってるんですが、数年前に行くと軟体グミと評された麺の特徴がなくなってごく普通のうどんになってた記憶があります。

その時に打ってたのは、今回高松にお店開いた長男さんらやと思うんで、どういうタイプの麺か気になりつつお店へ。


高松「なかむら屋」のメニュー

*高松「なかむら屋」のメニュー

かけ、醤油の温と冷に釜玉という至ってシンプルなメニューでした。


高松「なかむら屋」のカウンター

*なかむら屋のカウンター

左手にあるタンクに熱いのと冷たいダシが用意されてて自分でかけるスタイルでした。




高松「なかむら屋」の釜玉

*高松「なかむら屋」の釜玉うどん 280円

こちらはWakkyさんご夫妻のオーダー。

Wakkyさんはこれとひやあつ、れんこんの天ぷらを取って610円でした。


高松「なかむら屋」のひやあつ

*なかむら屋のひやあつ 230円

ishさんも同じようにひやあつで、ぷるみえさんはひやひやで行ってはりました。

出来たてピカピカのうどんやったんで麺の素性を生かすためにひやあつにしてみました。

なかむら系の釜玉にはかなり惹かれるんですが、朝イチはやっぱりかけうどんが好みなんですよねぇ。

最後に行った時の「なかむら」よりもぼんやり残ってる昔の「なかむら」っぽさがあるうどんに感じました。

最後に行った時は個性がなくなったように感じて残念やったんですが、今回は自分のイメージするなかむら系の麺で嬉しかったですわ。

<参考情報>
*なかむら屋:讃岐うどん遍路

住所:香川県高松市前田東町720−6

電話:087−813−2398

営業:9:00〜14:45(平日)、8:00〜14:45(土日祝)

定休:木曜日




*Wakkyの毎日:聖地巡礼1 『なかむら屋 前田東店』@高松






「なかむら屋」を出たのが10時23分で、当初は別のお店を予定してました。


香川への車内でうどん話をしてて、ぷるみえさんにしっぽくうどんも味わって欲しいけど、今回は季節的にまだ早くて残念やなんて話に。

そんな話をしてたら誰かから「あそこやったら年中しっぽくがあるやん」ってセリフが出ました。

「年中しっぽく」ってフレーズだけで、ある程度讃岐うどん巡礼の経験がある人ならお店が浮かぶかもしれませんが・・・。





なかむら屋からもルート的に無理がなかったので、2軒目からいきなりコースを変更して向かったのがこちら。








急遽行った「青い屋根の谷川」

*予定を変更して向かった「青い屋根の谷川」

店に着いたのは10時38分で営業時間は11時からやったんですが、もう大丈夫なようでした。

香川におけるうどん屋の立地の怪しさ、離れたところから見てうどん屋と分からない店構え、製麺所の片隅で食べさせて貰う雰囲気なんかを体験してもらう意味ではぷるみえさん向きのお店でした。

ここは個人的に香川のうどん屋のユニークさを知って貰うためにうどん巡り初期の人をネタ的に案内する時に使ってるんですよねぇ。

まったく看板の類いが出て無く、場所的にもかなり辺鄙ですからねぇ。




谷川製麺所の店内

*谷川製麺所の店内

この製麺所らしい雰囲気も今となっては貴重ですねぇ。



夏っぽい谷川の「しっぽくうどん」

*夏っぽい谷川製麺所の「しっぽくうどん」250円

全員が同じように受け取った麺にそのまま出汁を掛けたひやあつ状態で。

こちらではこういう具だくさん出汁が年中用意されてるんで、「かけうどん」が自動的に「しっぽくうどん」みたいになるんですよねぇ。

何回か行ってるんですが、夏場に行ったことがなかったのか「なすび」が入ってるのは初めてでした。

開店間際やから具はたくさんあったんですが、控えめに盛っておきました。

出汁も旨かったんですが、個人的に驚いたのが麺でした。

開店間際で茹でてからの時間が短かったのか、今まで一番状態が良かったですわ。

1軒目に続いて2軒目もベストな麺やったんでかなりツキがあるように感じました。




<参考情報>讃岐うどん遍路

住所:香川県高松市東植田町2139−1

電話:087−849−1628

営業:11:00〜14:00

定休:年末年始



*Wakkyの毎日:聖地巡礼2 『谷川製麺所』@高松

*さらたび。〜お皿の中の小さな旅:うどん県でマニア向けうどんツアー なかむら・谷川編

*foodish:"雑"食記:ついにあの娘にご対面ツアー(1)〜讃岐うどん巡礼2015-3





お店を出たのは10時55分。

当初予定してた2軒目からの候補はいくつかあったんですが、谷川に来たんでそれはパスして坂出に移動することに。

ナビに目的地をセットして走り出したんですが、私が思うルートとは反対に走り出しました。

どんなルートか分からんので気持ち悪かったんですが、ここでWakkyさんが忘れ物に気づかれたんでもう一度お店へ。

無事忘れ物を取ってからはナビを無視して慣れたルートで走ることに。

県道13号線を西に走って国道193号線の「川東下」の交差点を越えてそのまま道なりで。

県道33号線に入って坂出駅前のサティ(今はイオン)に車を止めました。(11時57分)


次のお店はもともと私が何年も狙ってて、やっとお店に行くことにしたのに麺切れ終了でヤラれたお店。

その時はWakkyさんご夫妻も一緒だったんで、お二人にとっても宿題?になってしまったんですよねぇ・・・。


坂出の「柏原」の店構え

*坂出「柏原」の店構え

私は「かしわら」って読んでましたが「かしわばら」って読むのが正解のようです。

イオンの北側の大きな道からはちょっと路地のような細い道を入っていくことになります。

その道を通ると写真の左側から出てくることなります。

私のミスでもう一本となりの少し広い道から来ると左に曲がってお店の正面から割と太い道で店に向かうことになりました。

店から右と正面は太い道なんですが再開発か区画整理でも入ったのかもしれませんね。

私にとってはずっと路地裏にあるうどん屋って印象でした。

坂出「柏原」のメニュー

*坂出「柏原」のメニュー

お店に着いたのは12時10分頃で、今回は無事麺が残ってたようです。

お店は大将が一人でやってはって、カウンターと小さなテープルだけのこぢんまりしたお店でした。

大将から「今から茹でるから、時間かかるけどいいですか?」ってなセリフが出て、これまた茹でたて確定でラッキー。(^^)v

大将と話してるとどうも一日で打つ玉数はかなり少なめのようでけっこう麺切れで閉店となることがあるようでしたわ。

ところで今写真を見てて気づいたんですが、そばにだけ「天ぷら」と「かやく」ってメニューがあるのが不思議ですねぇ。



坂出「柏原」の肉ぶっかけうどん

*坂出「柏原」の肉ぶっかけうどん 400円

こちらはぷるみえさんのオーダーしたもの。

坂出「柏原」の醤油ぶっかけうどん

*柏原の醤油ぶっかけうどん 300円

「醤油うどん」や「ぶっかけうどん」はよく聞くけど「醤油ぶっかけ」は初めてですねぇ。

こちらはWakkyさんとishさんがオーダー。どうも醤油がぶっかけだしぐらいの量掛かってたようでちぃと味が濃かったようです。

坂出「柏原」のひやかけ

*柏原のひやかけ 200円

こちらもWakkyさんご夫妻のオーダー。


坂出「柏原」のざるうどん

*柏原のざるうどん 300円

私はこちらのざるうどんをオーダー。しっとりした表面の麺で上々でしたねぇ。

メニュー的にもこのざるうどんが自分にはしっくり来たんでご機嫌でしたわ。

坂出のイオンにはよく寄るんでまたチャンスがあったら来てみたいと思いました。





<参考情報>
*純手打ちうどん 柏原:讃岐うどん遍路

住所:香川県坂出市京町3−1−26

電話:090−5148−1572

営業:11:00〜15:00

定休:土曜日


*Wakkyの毎日:聖地巡礼3 『柏原』@坂出










柏原からイオンに戻って生讃岐うどんなんぞを仕入れて、1時8分に再び走り出しました。




次に向かった店は今回のツアーがキワモノ扱いされる最大の理由にして、今回のメインでした。

坂出から県道33号線で丸亀方面に走ったんですが、この県道ってうどん巡りをやるとほとんど毎回のように通るんですよねぇ。

高松市内から丸亀までの間にこの県道沿いやら県道から少し入ったとこにいっぱいええうどん屋がありますからねぇ。

最近はパスすることも増えたけど毎回寄ってたスーパーもあるし、私が給油することに決めてガソリンスタンドもあるんです。

キチッと事前にコースを作るようなうどん巡りは今回が49回目ですが、それ以外にも香川には来てるし大げさではなく少なくても50回以上は走ってるんじゃないでしょうか。

向かったお店はこの県道33号線沿いにあるんで、それこそ何十回も前を通ってるんですよねぇ。

県道沿いにはかなりの数のうどん屋があると思いますが、その中でもインパクトはかなりのもの。

うどん巡りのごく初期から存在には気づいてた気がします。

それなのに私が一回も入ってないだけでなく、ishさんもWakkyさんも未訪。

しばらく前からもうええ加減にいっぺんは入らんとあかんやろうって話になってたんですよねぇ。

それをついに実行することにしたんやから、やっぱりこの店が今回のメインですわ。






ついに入ることにした「讃岐うどん群いはら」の看板

*ついに店に入ることにした「讃岐うどん群 いはら」の看板

この看板に写る着物姿の女性こそかの有名な「ふみちゃん」であります。

店があるのは宇多津町の県道33号線沿いです。




宇多津町「いはら」のメニュー

*宇多津町「いはら」のメニュー

「料金は創業当時のまま」やそうですわ。一般店としてはそれなりの値段でしょうか・・・。

お好み焼きの看板も見えますがなかなかバラエティ豊かですな。




店休日やった「いはら」の店構え

*店休日のいはらの店構え

何十回も通ってやっと入ることに決めたのに休みでした。_| ̄|○

事前の情報では定休日は無しで無休やったんですが、いやゆる「勝手ながら」の臨時休業じゃなかったんですかねぇ。

こんな立派な「店休日」って看板が二つも出てますからねぇ・・・・。
 *店休日って表現は初めて見ましたが世間では一般的なんでしょうか?
 
屋号の「讃岐うどん群」って肩書きにもツッコミを入れたいとこですが、休みにヤラれて負けてしまいました。

というわけで、”美人ふみちゃん”という「うどんふみ機」を見ることも無く、どんなうどんか味わうことも無くすごすごと次の店に向かったのでありました。

<参考情報>
*手打讃岐うどん群 いはら:讃岐うどん遍路

住所:香川県綾歌郡宇多津町新開2578−1

電話:0877−49−4733

営業:10:00〜15;00

定休:無休



*foodish:"雑"食記:ついにあの娘にご対面ツアー(3)〜讃岐うどん巡礼2015-3



ふみちゃんに入ってたら次の店はみなさんの腹具合に合わせてパスしてもええと思ってたんですが、ふみちゃんに会えんショックを打ち消すべくサクッと移動。




いはらからは車で数分で到着しました。(1時20分)






宇多津町「大空」の店構え

*宇多津町「大空」の店構え

お店は出来てまだ一年ちょっとやと思うんですが、県道33号線を通るとチラッと看板が見えるんでしばらく前から狙ってたお店です。

魚屋さんが母体のお店なんで海鮮系の天ぷらが強みなんですが、魚介をあんまり食べはれへんWakkyさんには酷なチョイスになってしまったかも。

ふみちゃんに振られて、何も考えずに近くの候補に行ってしまった部分があるのでお許しください。


宇多津町「大空」のうどんメニュー

*宇多津町「大空」のうどんメニュー

車エビの天ぷらがイチオシのようでした。


宇多津町「大空」の海鮮系メニュー

*「大空」の海鮮系メニュー

500円の竹と1000円の松、2種類の海鮮丼があったり、お刺身があるあたりが魚屋さんのやってる店らしさですねぇ。



大空の「車エビ天うどん」

*大空の車天うどん 500円

こちらはishさんのオーダー。車エビが2匹入って500円ならかなりコストパフォーマンスはいいんじゃないでしょうか。

大空の「かけうどん」

*大空のかけうどん 200円

こちらはWakkyさんご夫妻のオーダー。

大空のざるうどん

*大空のざるうどん 250円

こちらもWakkyさんのご夫妻の注文で、おふたりはコレに竹天(100円)を取ってはりました。


大空の「穴子天うどん」

*大空の穴子天うどん

こちらはぷるみえさんの注文しはったヤツですが、尾頭付きの穴子の天ぷらが丸々一匹ドーンと乗ってました。

竹輪の天ぷらも入ってかなりのボリュームですねぇ。これも500円とはかなりいいじゃないですか。


大空の「かき揚げうどん」

*大空のかき揚げうどん 500円

こちらは私がオーダーしたんですが、メニューには「小エビかき揚げうどん」となってました。

それを頼んだところ、今日は小エビが切れたと言われたんで「野菜だけでもいいですけど出来ませんか?」って聞いたみたんです。

そしたら「貝柱とかで良かったら出来ますよー」との返事やったんで具はなんでもいいってことでお願いしました。

出来上がったモノを見てびっくりしたんですが、こちらのかき揚げは野菜類無しやったんですね。

ちょっと無理を言うてしまったようで申し訳なかったですが、食べてみたら具だくさんでまたびっくり。

貝柱とエビがゴロゴロ入って、天ぷらは丼からはみ出る大きさ。

竹天まで入ってぷるみえさんのよりボリュームがあったように感じました。

かき揚げのインパクト、そしてかなり必死で食べたせいかうどん自体の印象があんまり残ってなかったんですがたいへん美味しくいただきました。

お店人が「どちらからですか?」って聞いて来はったので「神戸、大阪、東京ですー」ってお答え。

香川県って他所モンにも非常に親切な方の多い印象なんですが、お店の人から「これ食べて下さい」ってサービスの一品が。



サービスで出してくれた「オコゼの天ぷら」

*サービスで出してくれた「オコゼの天ぷら」

おこぜって、大阪で食べたらかなり小ぶりなサイズでも2000円くらいは取られると思うんですけどねぇ・・・。

私はけっこうオコゼが好きなんですが、ボリュームと値段のせいで店で一人じゃなかなか頼みづらいんですよねぇ。

そんな高級品をサービスで出して貰うてビックリでしたわ。

みんなで分けて食べましたが、巨大かき揚げに格闘してたんであんまり余裕がなかったですわ。

海産物の天ぷら入りのうどんが食べたい方にはかなりオススメ出来る店に思いました。

出来たら近所に泊まるとかして、ここの天ぷらで一杯やりたいものです。


<参考情報>
*車えび天ぷらうどんや 大空:讃岐うどん遍路

住所:香川県綾歌郡宇多津町1897−1

電話:080−3926−9311

営業:6:00〜15:00

定休:無休




*Wakkyの毎日:聖地巡礼4 『大空』@宇多津





大空を出た時点でかき揚げにヤラれて腹はかなり一杯になってましたが、さすがに4軒では悔しいなぁと。

皆さんに相談した結果、比較的近くでなんとか営業時間内で着けそうなトコに行くことに。

2時4分に大空を出て、最後のお店に着いたのが2時37分。

お店の営業は3時までやったんでギリギリでしたが、とりあえず入ってみることに。

ぷるみえさんは穴子天うどんでお腹いっぱいになりはったのでコチラはパスされました。




丸亀市飯山町「上乃うどん」の店構え

*丸亀市飯山町の「上乃うどん」の店構え

このお店は以前訪問してるんですが、事前に調べてた営業時間と違っててまだ開店してなかったんですよねぇ・・・。

閉店時間に近かったんでお店の人に声を掛けると

「今から茹でるから待って貰えれば」

との嬉しい言葉。

閉店間際やと死に体な麺が出て来てもおかしくないのにわざわざ茹でてくれて出来たてが食べられるとはありがたいことです。


上乃うどんのカウンター

*上乃うどんのカウンター

カウンター内では非常に真面目そうな大将が一人でうどんを用意してくれました。


「上乃うどん」の営業時間

*上乃うどんの営業時間

前回フラレた時は営業時間が6時から15時やと思ってたんですが、11時からに変更になってたんですねぇ。

当初は朝めし需要を拾うことを狙ってたんでしょうが、売上げ的にイマイチだったのか店の運営的に無理があったのか。

だいぶ営業時間が短くなりましたが、香川ではこれくらいの短さのうどん屋はザラですわね。



上乃うどん「冷やぶっかけうどん」

*上乃うどん「冷やぶっかけうどん」 280円

こちらはishさんとWakkyさんのオーダー。



上乃うどんの「かけうどん」

*上乃うどんのかけうどん 220円

こちらはWakkyさんのオーダー。Wakkyさんはなぜかこのうどんとハッシュドボテト100円も食べてはりました。



上乃うどんの「かけ釜玉うどん」

*上乃うどんの「かけ釜玉うどん」 330円

こちらは私がオーダー。なぜか最後の一杯で釜玉うどんを頼む確率が高い気ぃがしますねぇ。

で、釜玉を頼んだら醤油か出汁のどっちにします?ってな趣旨のことを聞かれたかと。

かけ釜玉って初めて聞いたんですが、せっかくなんで食べたことない”かけ”の方にしてみました。

皆さんのうどんも味見させてもうたんですが、こちらの麺は細めでどの食べ方でもキレイなコシ?がありましたねぇ。

けっこう腹が膨らんでたんですが美味しかったんでサラッと食べ切ってしまいましたわ。

かけ釜玉自体は出汁で玉子がしゃばしゃばになるんで個人的には醤油の方が好みですねぇ。

とはいえ、麺が良かったんで関係なく旨かったですわ。一度振られてましたがけっこう当たりやったんで再訪して良かったですわ。


<参考情報>
*上乃うどん:讃岐うどん遍路

住所:香川県丸亀市飯山町西坂元12−5

電話:0877−98−0310

営業:11:00〜15:00

定休:木曜日(祝日の場合、翌日休)

注意:本日の時点で讃岐うどん遍路での営業時間は6時になってますが、11時からに変更されてます。



*Wakkyの毎日:聖地巡礼5 『上乃うどん』@丸亀市

*さらたび。〜お皿の中の小さな旅:うどん県でマニア向けうどんツアー 柏原・大空編

*foodish:"雑"食記:ついにあの娘にご対面ツアー(4)〜讃岐うどん巡礼2015-3



今回は以上の5軒で終了。

事前に神戸組の皆さんにお願いしてたんですが、帰ってからの食事のことがあったので少し早めに切り上げさせてもらいました。

4時前には香川を出発して、5時54分には兵庫駅前に到着。

ここでWakkyさんご夫妻、ishさんとお別れして私とぷるみえさんは大阪へ。

途中で連絡を取って、うどん巡りには参加されなかった*あきこ*さんを7時半頃にピックアップ。

8時前には車庫に車を止めて3人でうちの近所にある居酒屋へ。

ぷるみえさんは2回目でしたが、*あきこ*さんは初めてのお店で軽く飲み食いしました。



この日の総走行距離は470km。天気も思ったより良くて疲れは軽めで済みました。



*朝の体重:57.85kg。(思ったより重いなぁ・・・)

*今月の休肝日:4日(今日は酒を抜きました。)



posted by えて吉 at 20:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする