2016年08月29日

東寺そばの「魚万」でお昼ご飯のはずが・・・

京北の宿を出てうまく時間を合わせて魚万へ客人らと突撃。

妹が運転してくれるから昼酒を楽しみにしてたら今日は店での食事はやってないと。(>_<)

結局車を止めたイオンのフードコートで丸亀製麺のかけうどん290円。

美味い和食を食べる気になってたんで好物のうどんでもがっかりですわ。

iPadから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 13:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

高浜町の「イルマーレ」で昼ごはん

美山のかやぶきの里に向かう途中で国道沿いに見つけたイタリア料理店へ。

客人らが和食ばっかりやと飽きそうやったんで。

海老とほうれん草のクリームスパゲティ1380円。

思ってたよりちゃんとしたお店でパスタ単品でもええ値段しましたわ。

生パスタにしてみたけど味付けが塩辛いのが残念でした。

iPadから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

天橋立に来とりまーす

台湾からの客人と天橋立に来とります。

昼は宮津の富田屋で昼酒。

妹が運転手してくれることに感謝。(^_^;)

iPhoneから送信
image1.JPG
posted by えて吉 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

どこが「沖縄風焼きビーフン」やねん?

ビーフンは朝の体重に余裕が無かった時の昼ご飯として重宝してますが、同じような味やとオモロないんでふとした思いつきで沖縄風で作ってみることに。

正直言うて沖縄に沖縄風焼きビーフンなんて無い可能性が高いですが、自分が沖縄っぽさを感じりゃヨシってことでお許しを。

食べたのは11日なんですが、まずビーフンは熱湯に5分ほどだけ浸けて固めに戻したらざるに上げて水を切っておきました。

一番最初に戻してざるに上げて出来るだけ水気を飛ばしておいて、調理の時に旨みを吸わせようっていうイメージです。

具材としては手元にあったキャベツ、シシトウ、もやしに早く減らしたかった水菜をプラスすることに。

肉っ気にはスライスして冷凍してあるスパムがあったんで、それを使うだけでも”沖縄風”って強弁出来んことないかもですが・・・。

ネタ的にはスパムはええんですが、ビーフンみたいに麺線が細いとどうしてもある程度のごつさになるスパムとは食感で違和感が出るかなぁと。

それでスパムは却下して普通に豚バラ肉を2枚細切りにして加えることに。

で、どこで沖縄風って主張するかっていうと単に「沖縄そばのだし」を使ったからなんです。(^_^;)

濃縮出汁はそのままやとだいぶ濃いんで水を加えて少しだけ伸ばしてやりました。


豚から炒めて、野菜を加えてしんなりしたら、戻してあったビーフンを投入。

その上からけっこうたっぷりの沖縄そばの濃縮スープを回しかけてやりました。

ビーフンに汁気を含ませながらある程度炒めて水気を飛ばしました。

最後に水菜を加えて混ぜ合わせたら出来上がり。




沖縄風焼きビーフン?

*沖縄風焼きビーフン

紅ショウガは沖縄そばによう添えられてますが、そっちの関係では無く単純に好物なんで添えました。

最初に2口ほどそのまま食べたら、こーれーぐーすーを掛けて食べました。

豚とカツオベースのスープで味付けするとちゃんぷるーっぽさが出てたし、そこにコーレーグースーの風味をプラスしたら私にとっちゃ充分「沖縄っぽい」ビーフンに感じられましたわ。

単なるほんだしをぶっかけて”和風ビーフン”って名乗るより、よっぽど沖縄っぽく感じましたよ。

野菜たっぷりで食べ応えあり、それなり以上に食べ応えを感じたんで大満足な昼ご飯でしたわ。








*朝の体重:57.30kg。(休肝日明けでこれはええ数字。)

*今月の休肝日:8日(昨日は酒を抜いたけど、今日も頑張って抜きますよ。)
 

  
posted by えて吉 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

レシピ通りに味の素「CookDoのアジアン鶏飯(チキンライス)」

以前一度同じレトルトの素で鶏飯(チキンライス)を作ったんですが、その時はご飯の炊きあがり加減がけっこう固めになりました。 
 *その時の記事はコチラにあります。
 
ishさんからは同じ素を2つ貰ってたんで、リベンジする機会をうかがってました。

初回は蒸し鶏に拘りたくて別に蒸し鶏を作ったりしたんで、正直言うてレトルトのソース?を使う意味がありませんでした。

そこで今回は鶏の仕上がりは無視することにして出来るだけレシピに忠実に行くことに。

味の素「クックドゥ アジアン鶏飯(チキンライス)」の素

*味の素「クックドゥ(CookDo) 鶏だししみるアジアン鶏飯(チキンライス)」

パッケージの裏にある作り方によると鶏肉はカットして塩を揉み込めと。その鶏の量は小さめのもも肉2枚で400gとのことでした。

これは手元にあった普通サイズのヤツ1枚で行くことに。

カットすると鶏の旨みが出てしまいそうに思いましたが、出来るだけレシピに従うことにしたのでカット。

ごはんに加える水の量280mlもちゃんと計量カップで計測して用意。

洗ったご飯に計った水とレトルトソースを加えて、炊飯器にセット。

炊く前に20分ほど水に浸けておいておきました。






出来上がったのがこんなチキンライス。








レシピ通りお手軽に作った「アジアンチキンライス」

*レシピ通りお手軽に作った「アジアンチキンライス」

鶏肉は長時間煮込んで柔らかくなった食感で、蒸し鶏のしっとりとは違いましたが”こういうモンや”と思えば許せました。

炊飯時間程度の加熱時間では鶏肉が固くなって、つぎにまた柔らかくなるまで行かんかと思ってたんですが、柔らかくなってたのは予想外でした。

生のシャンツァイ(香菜)とキューリのスライスを添えて、タレには魚醤、パクチー、スイートチリを混ぜた物と青唐辛子の醤油漬けを用意。

蒸し鶏を用意する手間を掛けなければ調理に掛かる時間なんてほんの一瞬。

ちゃちゃっと用意して出来上がった料理とすれば、上出来でしたねぇ。

鶏ガラスープや蒸し鶏を作ったスープで真面目に鶏めしを作ればレベルはあがりますが、そんな手間を掛けずに出来たモンとしては充分満足出来ましたわ。

いやー、この手の大手のメーカーが作る物ってほんまに楽にそれなりのレベルのモンが出来るんですねぇ。

自分からもっぺん買うかというと悩ましいですが、レシピ通りに作って、美味しく食べられたんで素直に実力を認めましたわ。





昨日はishさんと昼の1時に十三で落ち合って昼飲みでした。

居酒屋で飲んだ後、十三の街をウロウロして昔ながらのお好み焼き屋さんへ。

その後もまだ飲み足らんかったんで梅田へ移動。

カジュアルなフレンチのお店でグラスのスパークリングワインが安かったんで、アテ一品で何杯か。

ishさんが久しぶりに北新地を歩いてみたいって言いはったんでおつきあいしてまたウロウロ。

そば屋でざるそばをシバいて、新地のバーでちょい飲み。

そこで解散したんですが、きっちり出来上がってたんでブログの更新は出来ずでした。

家に帰ってからジントニックを作ってネット上の小説を読み出したんですが、きっちり沈没。

で、目が覚めたときに飲んでたジントニックのグラスをこかしてお気に入りの木村ガラスのグラスを割ってしまうと言うオチが付きました。(^_^;)

昨日予定外に飲んだんで今日と明日は2連ちゃんで休肝日ですわ。








*朝の体重:57.50kg。(炭水化物も多めやったのにええ数字。)

*今月の休肝日:7日(今日明日は強制的に酒抜き。)

 
 
posted by えて吉 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

敦賀の「まるさん屋」と福井の洋食屋「トミー」

<一旦は昨日の小ネタの末尾に追記の形でアップしましたが、写真を足すことにしたので別記事にし直しました。>

昨日は青春18切符を使ってishさん、LAKSAさんとまたしても福井の洋食屋「トミー(公式サイト)」まで出かけてました。

予定では大阪駅から9時過ぎの電車で一気に敦賀まで行けることになってましたが、朝にどこかの駅で急病人が出た影響でダイヤは大幅に乱れてました。

乗る予定やった電車がどうなってるかも分からんのでとりあえず来た電車で前進。

神戸の方で起こった乱れが京都を過ぎて琵琶湖の向こうに行っても大きく影響するってのは電車に慣れてない私には意外でした。

ある程度進んだところで、「トミー」のランチタイムに間に合いそうにないと判明。

調べてみたら夕方からトミーに行っても大阪に戻れると分かったんで急遽予定を変更。

まずは敦賀に行って一旦下車、駅前の大通りからすぐの「 地魚料理 まるさん屋 (食べログ)」ってトコへ向かうことに。

敦賀の「まるさん屋」で昼酒


お造り盛り合わせ2000円、枝付きの黒豆の枝豆、汐うにと唐辛子ととみそ

白エビ?の唐揚げ、福井特産の厚揚げの焼き物、焼鯖寿司とさば寿司


ちょうどええ感じに腹が減った昼時にお店に着いたんですが、ishさんが見つけたこのお店が大当たり。

そこそこの値段はしますが、魚問屋が経営してるらしく自家製の珍しい珍味なんかもあって非常に良かったですわ。

造りの盛り合わせについてた小鉢のなめろうが美味かったし、枝豆は豆の風味しっかり。

自家製の「ととみそ」なる物は初体験。

汐ウニは老舗の「天たつ」なんかのとはだいぶタイプが違いましたがこれはこれでアリ。

ビールからスタートして昼間っからぬる燗でええ感じに。ビール2本、焼酎、酒5合だけ飲んでお勘定は10886円。

昼間から飲めるとこが少ないのにどの料理もハズレ無く納得のコストパフォーマンスでした。







その後福井に移動してしばらく駅前を歩いたりデパ地下をうろうろして時間つぶし。

5時の開店と同時ににトミーに入って、オードブルの盛り合わせ、ビーフシチューとタンシチューのコンビ、ポークベロアっていうお店のオリジナル料理などを頂きました。

福井の洋食屋「トミー」でディナー

*福井の洋食屋「トミー(Tomiy)」でディナー

オードブルはこれだけで一人でワイン一本空けられそうな充実度。

このお店で外せないドミグラスソースを使ったシチューは間違いない美味しさでした。

でも、今回初めて食べたポークベロアっていうのがやっぱり印象に残りました。

豚にタン入りのホワイトソース?を塗って揚げ焼きのようにしてありました。




この日はたまたまお店があまり忙しくなかったのでオーナーご夫妻や息子さんとじっくりお話も出来て楽しかったですねぇ。

帰りは3代目の息子さんが車で駅まで送ってくれはったりで非常に楽しい時間を過ごせました。

私一人生ビール一本、3人で赤ワイン1本空けてお勘定は11350円。

料理の量が軽めやったんで思ったよりずっと安くてびっくりしました。

話が盛り上がって予定のヤツより1本後の便になったんで地元の駅に着いたのは終電一本前に。

朝からフルに時間を使ったんでけっこう疲れはしましたが、非常に値打ちのある青春18キップ日帰り旅となりました。 
 

 
posted by えて吉 at 17:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅先&遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼は”ほっともっと”の「ガパオライス」

今日昼前から会社の用事で銀行回りに出かけました。ちょっとした手続きでも待ち時間やら書類の記入やらでけっこう時間が掛かってしまいました。

帰り道にスーパーに寄ってちょっと食材は買うたんですが、その時点でもう腹ペコで家に帰って料理するのも待てんなぁと。

スーパーから歩いてすぐのトコにホカ弁の「ほっともっと(HottoMotto)」があったんで、スーパーの駐車場に車を置いたままテクテクっと。

よく行くスーパーなんでそのそばのほっともっとの前もしょっちゅう通ってました。

夏前にほっともっとでガパオライスが売り出されたのはネットなんかで知って気になってたんです。

ホカ弁の弁当ってのり弁でさえ普段食べる量を控えてるとそれなりの量がある印象。

体重に余裕がないと買えんし、出来るだけ熱いうちに食べたいから家の近所の店のあたりをええタイミングで通らんと買えず。

そんなこんなでのびのびになってたらいつの間に店頭ののぼりが無くなってたんです。

夏向きっぽい弁当やからもうシーズンが終わったんかと思ってたら、またのぼりを目にするように。

一度は諦めたんですが、今日は全てのタイミングが揃ったんでやっと食べてみることにしたんです。

ホカ弁の「ほっともっと」のガパオライス弁当

*「ほっともっと」のガパオライス弁当 430円

本格的なタイ料理レストランだけで無く、エスニック料理やアジア料理を出す店なんかでも見かける気ぃはします。 *おされ〜なカフェなんかでも出すんかな?

タイ料理は好きですがここしばらく食べに行ってないしガパオライス(ガッパオライス?)ってちゃんとしたものを食べてるかどうかの記憶無し。

とりあえず家に帰って弁当を見てみると、最初は具が少ないかと思いました。

私の買うた店の盛り付けがちょっとぞんざいやったようで、全体をよく混ぜると十分な量がありました。

添付の辛ナンプラー?なるモンを掛けたけど、辛さは全く足らんので一味をたっぷり追加。

全体の味は勝手に想像してたより甘さは弱くて割とシャキッとした味付け。

スパイスとしてはホーリーバジルとか言うモンがポイントなんですかね?入ってたのはフレッシュではなく調理ペーストみたいなもんですかね。

とはいえ、全体の風味はしっかりエスニック料理っぽさがあって、私の作るなんちゃってなヤツよりはそれっぽい風味があるようにも思いました。

タイのバジルなんかよう買わんから”なんちゃって”とさえ名乗れんやろうけど、この手のぶっかけ飯は家で作れるようにも思います。

ただ、430円ってな手頃な値段であっちゃこっちゃにあるホカ弁チェーンで手軽に買えると思うとなかなかええメニューに感じましたわ。

ほか弁を使うのって何年振りかやと思うんですが、これやったらビールと一緒にその辺の公園でご機嫌な外飲みが出来そうに思いましたねぇ。

タイ料理としての正しい評価は出来ませんが、昼ご飯に気軽に食べる弁当としてはけっこう気に入りましたねぇ。

出来合いの弁当を家で食べるってのはちぃとわびしい気もしますが、食べ終わってなんの後片付けもせんでええ楽さは家では珍しいことなんでちょっと新鮮でした。

いつまで売ってるかは分かりませんが、チャンスがあればもっぺんくらい買うて外で食べたいモンですわ。

その時は忘れんと一味だけは持って行かんとあきませんけどね。







*朝の体重:57.10kg。(夜中のラーメン我慢して大正解。)

*今月の休肝日:7日(今日は酒抜いた方がええけどなぁ・・・)
 
 
posted by えて吉 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

大阪駅構内の「しおつる」できざみうどん

今日は青春18切符で遠出するために大阪駅に来ました。

朝ごはんに駅構内できざみうどん340円。

昼の2時以降は居酒屋になるようですが麺屋としてはかなりメニュー少なめ。

天ぷら類がないのは在庫管理の都合ですかね。

わかめうどんを頼んだらわかめが品切れっちゅう理解に苦しむお答え。

ほかにほとんど食べたいモノがなく消去法でのチョイスとなりました。

食いたいモノが少なく出て来るまでやたら時間がかかったし出汁があんまり好みじゃなかったんで出来たら次は他の店にしたいなぁ。

昔は環状線のホームにも立ち食いうどん屋がありましたが、改装されてもうないんですかね。

iPadから送信
image1.JPG

 
 
posted by えて吉 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

夏の朝のご飯モノ3種

夏場の朝にちょくちょく食べるご飯モノのネタを3つまとめてアップしてみます。

夏向きのご飯モノといえば、梅、しそ、じゃこ、キュウリを混ぜた自分にとっての定番モノがあるんですが、それ以外の準レギュラーなヤツです。

そもそも私は朝にパンもご飯も水気がなくてのどにひっかかりそうなイメージがあって、汁気の多いうどんなぞの麺類を好んでます。

最近はおにぎらずが簡単で便利やってのを覚えたんで、体重に余裕がなくてご飯を少しだけ食べたい時は多用してます。

そのせいか今年は今までの夏に較べてあんまり”夏向きご飯”を食べてないような気はしますけどね。





さて、ごはん物の準定番第一弾はこちら。






夏向きな「冷やし茶漬け」

*梅と昆布の冷やし茶漬け

「こんな何の変哲もないお茶漬けなんかネタにすんな!!」

って、言われそうですが・・・。(^_^;)

私は夏場の冷やし茶漬けはやるんですが、他の季節に熱いお茶漬けってほとんどしないんです。

飲んだ締めにお茶漬けなんて習慣はまったくありませんし、食事の用意がめんどうでもお茶漬けはしないんですよねぇ。

なので私にとっちゃこの冷やし茶漬けは夏だけやる特殊なパターンなんです。

冷凍ご飯はチンで解凍したあと、ざるに空けて水道水で洗って軽く冷ましてやります。

そこに普段作り置きのお茶は冷やしてないんで、氷で冷たくしたお茶を注いで塩ふき昆布を乗せ、チューブの梅干しをしぼれば完成。

私がやる冷やし茶漬けはほぼこの組み合わせオンリーですわ。昆布は塩ふき昆布で、この手の細切りタイプに限定です。

この手の塩ふき昆布って、水菜なんかと和えたりして一応料理にも使えますが、なかなか減らないですねぇ。

これを食べたんは7/28のことでしたが、昆布は先シーズンはおろか、先々シーズン以前から冷蔵庫に居った気がしますわ。

ちなみにお茶にはまったくこだわりがなく、緑茶は家でまったく飲まないので、やるのはたいてい中国茶。

それもポーレイ茶(普洱茶・プーアル茶)がほとんどかと。個人的には別に変な味には思わないですよ。







続きましての夏ご飯は、8/1に食べたものです。







夏の朝ごはんに「トマトと鮭の混ぜご飯」

*夏のごはんに「トマトと鮭の混ぜご飯」

瓶詰めのシャケフレーク?はおにぎらず用にほぼ常備してます。

それを使って混ぜご飯に。

細かく刻んだトマトと、大葉、鮭のフレーク、ごま、風味付けの醤油を少し垂らして全体を混ぜたら出来上がり。

トマトの酸味にも寄りますが、好みで少しレモンを搾ってもええかと。

トマトの中の汁?を取らないとご飯がややベチャつきますが、私は水分が多い方がノド通りがええんで取ってないです。

中の汁だけ捨てるのももったいないですし。(^_^;)

トマトの酸味と水分で食欲のない朝でもけっこう食べやすいですわ。







最後は10日に食べた混ぜご飯。








160821mibunameshi.jpg

*壬生菜とじゃこの混ぜご飯

壬生菜の漬け物ってけっこう好きなんで晩ご飯のアテ代わりにちょくちょく買うんですよねぇ。

で、私の定番のヤツやとキュウリを使いますが、それがない時には代わりに壬生菜の漬け物もありかと。

キューリってあんまり目的もなく買うと使い切る前に傷ませることもあるんですが、壬生菜やったらきゅうりよりは日持ちがしますし・・・。





かなり飲み過ぎた日の朝は別にしたら今年の夏も全く食欲は落ちてないですねぇ。(^^)

なのでこの手のご飯モノは食欲がないときのためっていうより、単に夏の季節感のある朝食って感じですわ。







*朝の体重:57.20kg弱(飲んでなくて久しぶりに理想値クリア。)

*今月の休肝日:7日(昨日は酒を抜きました。)
 
 
posted by えて吉 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

貰い物の生パクチーを堪能

しばらく前に知り合いからシャンツァイ(香菜)を貰いました。いつもなら1〜2回フレッシュのままで使こうて後は刻んで冷凍するのを珍しく生のまま使い切ったんでその様子をご紹介します。

7月の30日にグルコバのブツを尼崎に運んでから西九条に移動して知り合いのNさんの用事のお手伝い。

その帰り道にNさんがタイ食料品店に寄りたいって言うんで黒門市場へ。

私は車で待ってたんですが、タイ食品店で売ってたパクチーを私にも買うてくれたんです。




家に帰ってさっそく生の香菜を使うことに。

昼ご飯を食べそびれてたんで4時過ぎに晩ご飯をスタート。

腹減りすぎてて料理に時間を掛けたくなかったんで家にあった「まぜそば」を食べることに。

まずは「まぜそば」の薬味に生パクチー

*まずは「まぜそば」の薬味に生パクチー

メインの肉には豚バラではなく残り物に啤酒鶏(ビール鶏)を刻んで使いました。

ビール鶏の煮汁も少し余ってたんで、まぜそばせっとのタレと混ぜて水を少し加えて味を調整。

そのおかげでけっこう汁気が多くなりました。

具材は鶏以外に、温泉玉子、メンマ、赤タマネギのみじん切り、茹でモヤシ、紅ショウガ、青ネギ、魚粉とパクチー。

具が多くて汁気もあったんで、麺を食べた後、デブる危険が大やと思ったんですが、小さめの冷凍ご飯をチンしてぶち込んでしまいました。

全体をグチャグチャに混ぜた見た目は非常に悪いんで写真は割愛しますが、ヒジョーに美味かったですよ。(^_^;)


2回目は一日おいた8/1に使いました。

この日のメインは静岡産の安モンのキハダマグロ。

いつもならすき身しか買わないんですが、140gの冊で210円と剥き身なみに安かったんでそれを使うことに。


色んな料理にシャンツァイ(香菜)

*色んな料理にパクチーを使った晩ご飯

・マグロのソテー サラダ風

・トムヤムクン風スープ

・オクラのゴママヨネーズ

・山菜の煮物

・エスニック風ネギマグロ パクチー入り


マグロの冊の1/3ほどは叩いてネギマグロ風に。

こいつには白ネギ、コリアンダー、醤油漬けの唐辛子を刻んで混ぜました。

魚醤はちょっぴりにして、唐辛子を漬けてた醤油を加えてやりました。

普段食べる”ねぎまぐろ”とは、全然雰囲気が変わってて美味かったですよ。


残った冊は塩コショウをしてソテー。

魚醤にニンニク、醤油、味醂、刻んだシャンツァイなどを加えたソースを最後に絡めました。

水菜の刻んだモノの上にカットしたマグロを載せて、上にはたっぷりとパクチーの葉をトッピング。

トムヤムクン風のスープは、エバラの素を使いました。

鶏やらもやし、エノキなんかをてけとーにぶち込んでタイ料理でも何でも無い汁物に。

器に盛ってから実家から貰った小さな小さなすだちを絞り、ここにもシャンツァイを添えてやりました。

山菜の煮物は、賞味期限切れのヤツを冷蔵庫で掘り当ててしまい味付け。

他の料理と合わんのは承知で無理矢理テーブルに並べてやりました。




続く2日の夜もシャンツァイを使ったんですが、料理の方はほとんどしない手抜きな晩ご飯でした。





トムヤムクン風ラーメンと魯肉飯(ルーロー飯)

*トムヤムクン風ラーメンとルーローファン(魯肉飯)

残ってたトムヤムクンっぽいスープに控えめに麺を加えてラーメンに。

この時の麺は何を使ったかは忘れてしまいましたが、薬味にたっぷりシャンツァイ。

もう一品は冷凍してあった魯肉飯の具を戻してご飯に掛けるだけ。こちらにも香菜をトッピング。

麺とご飯の量は少なめにしたんですが食べ過ぎてしまいました。



ラストは3日。


160820dinner2.jpg

*最後まで生パクチーを堪能

・フカの湯引き

・ベビーコーンのひげ

・ほうれん草の白和え(惣菜)

・なすびのおひたし

・もずく

・ピーマンとシメジの和え物

・茹でたベビーコーン

・パクチー納豆


この日は用事で泉大津の先輩のトコへ出かけました。

そのまま帰るのがもったいなくて?、まずは貝塚の生協のスーパーへ。

泉州に行った時のお約束になってますが、「フカの湯引き」をゲット。

その後水間から山手に走って外環へ。

和泉の道の駅で野菜をちょっと買うたんですが、皮付きのベビーコーンを4〜5本120円で買うたのが一番の収穫でした。

皮から剥いた状態の生のベビーコーンは何度も買うてますが、皮付きは初めてだったかと。

売場の説明にヒゲもさっと湯がいて食べられるとありました。

そこで最初に端っこの茶色とこをカットしてサッと茹でてやりました。

嚙むとトウモロコシっぽい甘い風味があって面白かったですわ。


ふかの湯引きには酢味噌が付いてくるんですが、それ以外にスイートチリやニョクマム(魚醤)、レモン、刻んだパクチーを合わせたタレでも食べてみました。

エスニック風のタレで食べてもけっこう美味かったですわ。

まだ残ってたトムヤムクン風スープにはパクチーの茎を刻んでプラス。

納豆にパクチーの葉っぱを刻んだモノと醤油漬けの青唐辛子を刻んで加えてみましたが、これもけっこうアリでした。

フカに付けたエスニックぽいタレはこの後何回か使い回しましたが、一応これで生シャンツァイを使い切りました。

毎日生の香菜を薬味に使えるとなんかめっちゃ贅沢してる気分になりましたわ。

プレゼントしてくれたNさんには感謝です。




*朝の体重:約57.70kg。

*今月の休肝日:6日(今日は酒抜いた方がええけど・・・。)


posted by えて吉 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする