2020年04月06日

ケイジャンシーズニングでちょっと変化を

今日の晩ご飯は昼間から考えてたんですが、結局休肝日の定番であるドリアに落ち着きました。

昼間にスーパーで豚ヒレのブロックが安かったんで久しぶりに買うたんです。

ヒレってあんまり買わんので、どうやって色々食べようかと迷ったんですよねぇ。

でも、結局酒の欲しくなるもんしか浮かばず今日はパスして焼き飯の具にすることに。

食料のストックケースを漁ってて発掘したケイジャンシーズニングを使うことにして、豚肉以外に冷凍野菜のブロッコリー、しめじ、タマネギを具に。

豚は一口大にカットして、チューブのニンニクとケイジャンスパイスを揉みこみました。

このスパイスミックスにけっこう塩気があるんで全体を炒める時に下味はつけず。

最後にご飯を加えてからケイジャンシーズニングを追加して全体を味付け。

ちょうど今日はパセリを買うて刻んで冷凍したんで、そのうちの一部を取り分けて生のヤツをたっぷり最後に混ぜ込みました。

ホワイトソースは粉末の素を使ってサクッと用意。

ケイジャン用のスパイスと生のパセリのおかげでしょっちゅう食べてるグラタンがかなり風味に目新しさが出て良かったですわ。

炒める時に一味は追加してましたが、食べるときはさらにタバスコも掛けてかなり辛くしていただきました。

*朝の体重:57.40kg。

*今月の休肝日:1日(今日はこのまま酒抜きました。)


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 19:25| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

スキレットで「石焼ビビンバ」

一昨日買うたスーパーの惣菜のナムルが残ってたんで今日はそれでピビンパを作ることに。

昨日買うた安もんの豪州産牛バラ肉の切り落としもそこに足すことに。

切り落としは思ったより残ってる量があったんで、冷凍してあった吉野家の牛丼風の煮汁で全部煮込んでしまうことに。

玉ねぎも足して、そちらは牛丼の具として仕上げてしもうて一部をビビンバに添えることに。

11時過ぎからビール片手に仕込みをスタート。

まずは牛丼の具からと思い、玉ねぎをある程度煮込んで牛肉を加えたあたりでマンションの管理会社から電話が入って急遽事務所で打ち合わせ。

そんな中断の後、ビビンバを仕上げて食べることに。

スキレットに油を引いてから予熱したトコにご飯を広げて、ナムルの具を乗せ、牛丼の具、生玉子も乗せてもう一度火を付けました。

ある程度底がチリチリ言い出してから食卓に運んでナムルに付いてたコチュジャンに唐辛子もプラスして全体を混ぜました。

少し食べてまだ玉子が半熟っぽかったので、もう一度コンロに掛けて加熱してやりました。

するとホンマの石焼ビビンバみたいに底にうっすらとおコゲも出来てなかなかええ感じでしたわ。

ビビンバを食べながらビールを飲みましたが、その後もどうせ外に出ん方がええんならと開き直ってちびちび飲みのながら冷凍の鶏唐を3つ追加。

さらに牛丼の具に紅ショウガを添えて、牛皿を突くようなイメージで飲んでました。

長く買うのを避けてたスキレットですが、買うてからはかなり活躍してくれてますわ。


*朝の体重:58.05kg。(そんなに食うてないのになぁ。)

*今月の休肝日:1日




iPadから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 14:57| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

セブンイレブンの「かき揚げそば」

今日は実家のオカンの運転手で大東に来ております。

オカンの用事が終わるまで待機してるんでそばのコンビニで昼ごはん。

迷った末にかき揚げ蕎麦399円を食べたんですが麺にコシがあって意外に美味かったですわ。

iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 13:27| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

道の駅「たいじ」で和歌山ラーメン

今日は気晴らしにドライブに出てます。

朝の7時半過ぎに家を出て阪和道とその先の高速でサクッと周参見(すさみ)まで。

ずっと腹減ってたんですがやっとこの道の駅でメシにありつきました。

うどんがなんとくしょぼかったんで値段のあんまり変わらん和歌山ラーメン600円にしてみました。

スープはちょっと塩辛かったんで残しましましたがけっこう美味かったですわ。
*高血圧なんでちょっと控えました。

さて腹も膨らんだんで先に進みますかね。


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 11:23| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

ゴボウ・キノコとスペアリブのフィデウア

昨日は少し前からやってみようと思ってたフィデウア(パスタのパエリア)を作ってみました。

元々は角切りの豚肉をあらかじめ柔らかく煮込んどいてその煮汁とでフィデウアを作ろうと思いつきました。

先に煮込んでときたいんで、夕方になってから急には作れず延び延びになってましたが、昨日はちゃんと昼過ぎには仕込みをスタート。

冷凍庫を漁ったらスペアリブがあったんで、それを使うことに。

入ってたビニール袋ごと給湯器のお湯に浸けて解凍。

塩コショウを揉み込んでからフライパンでみじん切りの玉ねぎ(これも冷凍庫にありました)を炒めて、そこにスペアリブを加えて炒めました。

ある程度表面を焼き付けたら、保温鍋に移してワインを注いでアルコールを飛ばしたら水とトマトソースのキューブ3つだったか加えてしばらく煮込みました。

それをそのまま保温鍋の外鍋に入れてしばらく放置。


夕方になってごぼうのささがきを作ってそれを大きめのフライパンで炒めてからスキレットへ。

スキレットに保温鍋からスープを注いだらカペッリーニを80g弱短く折って加えました。

その上からキノコを散らして最後にスペアリブ乗せて軽く煮込んだらオーブントースターへ。

ゴボウの風味が香って、パスタは豚のスープを吸うてて旨味があり、スペアリブは柔らかくご機嫌な出来上がりでしたわ。



iPadから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 15:38| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

針中野の割烹「幸」にて

昨日は夕方から一人で針中野にある割烹の「幸」へ出かけました。

前のマンションの時はチャリやら歩きでサクッと行けたんですが、今の家から天王寺まで出て近鉄の鈍行に乗らんとあかんので最近はちょっと間隔が空いてます。

とはいえ、気に入ってる店には変わらんので飲食店の経営が大変なこの時期なんで応援がてら出かけることに。

行き帰りの電車は空いてたし、ほとんど人混みを通ってないんで安全やろうとは思ってます。

最近は大将はあんまり店には立ってないようですが、元気にはしてはるようで昨日の朝から四国へ八十八ヶ所巡りに出てはりました。

店を仕切ってる店長さんに聞くと団体の予約はキャンセルばかりで、最近は個人客も落ちてるとのことでやはり商売的には厳しいようでした。

お料理の方はおまかせ(6000円)のコースをお願いしました。

突き出しは鮭の南蛮漬け、うるいとタコに三杯酢?のジュレがかかってました。

お造りはタイ、マグロの赤身、タコとごくオーソドックスな盛り合わせ。

焼き物では、稚鮎の塩焼きに猪肉の西京焼きが出ました。

炊き合わせはこの時期の定番でタケノコ。

旬の走りは九州モンを使うそうですが、今の時期は泉州まで行ってお店の人が掘ってきた、ほんまの“掘り立て”の筍やそうです。

油物にはメイタガレイの天ぷらが出たんですが、かなりのサイズがあるヤツから切り出したんでしょう、分厚いヤツを少量で。

私が少食なんを知ってるんで、量の加減が出来るヤツは少なめで出してくれてはりました。

ウスイエンドウはサービスやったんかもしれません、角皿で出てきたのは香川まで取りに行ったこともあるマテ貝。

市場に出ただけに立派な身ぃで美味かったですわ。

富山の湾内モンのホタルイカがちょこっと出て、最期のご飯がわりにうなぎの飯蒸し。

最初瓶ビールで始めて、すぐぬる燗の日本酒を追加したんですが、2合をおかわりしましたが、最後にちょこ1杯分だけ酒が足らず。

酒の進む料理でちょっとだけ調整に失敗してしまいました。

これでお会計は8000円ちょい。

東住吉の地元の人に人気だけあって飲み食いの内容からするとリーズナブルに感じました。

界隈のお店もどこもしんどいようですが、早よ収束してお客さんが戻ることを祈るばかりでした。



*朝の体重:57.65kg。

*今月の休肝日:0日



iPhoneから送信
image1.jpeg



image2.jpeg
posted by えて吉 at 12:12| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

奈良に行った帰りに「丸亀製麺」

今日は朝から奈良の家に行ってました。

マンションの共用スペースに置く本を寄付するために奈良の家まで本を取りに行ったんです。

100冊ほどのハードカバーを箱詰めして来たんですが、行きは高速で行って帰りは国道25号線で。

八尾まで戻って志紀の先の丸亀製麺によって遅めの朝ごはん。

注文はいつものようにかけうどんの並300円。

丸亀製麺に寄ったんはかなり久しぶりですわ。


*朝の体重:57.65kg。


*今月の休肝日:10日



iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 12:42| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

若ごぼうの炊き込みご飯と海鮮丼

今日は朝イチで若ごぼうの炊き込みご飯を仕込みました。

若ごぼうは週末の宴会用に買うて、親父らに出したり、自分でシシ肉と炒めたりしたんですが、まだ半分ほど残ってました。

濡らした新聞紙にくるんで冷蔵庫の保管してたんですが、ヘタらせる前に食べてしまうことに。

ケミカル系が無添加の白だしでまず、根っこのごぼう部分だけ柔らかくなるまで煮込みました。

研いだ米にごぼうを煮込んだダシで水加減。

そこに根っこ部分と茎を細かく斜め切りにしたんを加えて炊きました。

水気を控えたんで、米の粒がシャキッとしたやや固めの炊き上がりに。

味付けの方はかなり薄味で上品系のあっさりした仕上がりでした。

朝から腹ペコで小ぶりのお茶碗に2杯も食べてしまいました。

炊き込みご飯は3合炊いたんで、残った分は自分用に一膳だけ冷凍。

残りは全部実家にお裾分けってことで押し付けました。

そのご飯を取りに来たオカンが自分が食べたくて買うたお造りの盛り合わせが一人じゃ多いからと半分くらいこっちにお裾分け。

夜は休肝日で飲めないので刺身は昼ごはんで片付けることに。

濃口醤油にめんつゆを加えたとこに細切りにしたお造りをごく短時間漬けてやりました。

ご飯の上に刻み海苔とネギを散らして真ん中に温泉玉子を乗せて、周りにヅケの刺身を並べました。

上からゴマを散らして、漬け地にワサビをといて全体にかけたら出来上がり。

ワシワシ食べたら、ご飯が先になくなって魚が余るほどでしたわ。

予定外に豪勢な昼ごはんを楽しみました。

*朝の体重:56.90KG弱。(えらい軽さじゃ。)

*今月の休肝日:9日(今日酒抜いて目標をクリアするぞ。)

iPhoneから送信



image2.jpeg




image1.jpeg
posted by えて吉 at 14:39| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

昨日は予定が変わって両親と家宴会

今日はほんまはインド料理を作って食べるイベント「グルコバ」の予定でしたが、コロナが流行ってる時期なんで中止になりました。

感染拡大が目の前って気もするので中止はやむを得ないですが、なんとなくそのままでは面白くないなぁと。

そこでグルコバに参加予定だった飲み食い仲間に声を掛けてごくごく少ないメンバーで家飲みを企画。

しかし、それも昨日の朝イチで中止に。

前日にちょこっと用意した料理と道の駅で買い込んだ野菜なんかがあったんで、昨日ふと思いついて親父に昼間から飲まんかー?と声を掛けてみました。

そしたら乗ってきたんで、ついでにオカンにも声を掛けたら珍しくおかんも来ることに。

今のマンションに住むようになってもうすぐ4年になりますが、両親に料理を振る舞おうと思ったままでまだ1回も招待してませんでした。

そんな2人に食べさせるならもうちょっとちゃんとしたもんを作りたいとこでしたが、今回はまだ正式な招きじゃないってことにしときました。





大根の皮のキンピラと中華風キノコのマリネ

*最初に出した料理

大根の皮の麻婆きんぴらと中華風キノコのマリネ

大根の皮って私は捨てちゃうんですが、これは東京の知り合いSさんが全開うちに来た時に持って来たもの。

柚子大根を持って来てくれたんですが、それを作る時に出た皮まで東京から運んで来てました。

結局Sさんがおる間には料理せんかったので、私が自家製のマーボの素と炒めました。


キノコの方は、フライパンにエノキ、しめじ、エリンギを並べて軽く塩をしてかき混ぜずに片面をじっくり焼いて裏返してからまたじっくりと。

そこに醤油系の合わせだれを回しかけてから、紹興酒を注いで中華風に。

アルコールが飛んでから酢を少し加えて焼きマリネ?としました。


若ごぼうと生きくらげの酢の物

*若ごぼうと生きくらげの酢の物

羽曳野の道の駅で買うた若ごぼうを以前若ごぼう会席で食べた鯛皮との和え物を参考に酢の物に。

生のキクラゲをサッと茹でたヤツを細切りにして、若ごぼうは細い茎の部分を細かめに刻んで電子レンジで軽くチンしました。

私は美味しいと思ったんですが、親父もオカンもあんまり若ごぼうの風味がせんと言うてましたわ。



青梗菜の菜花

*青梗菜の菜花のカラシ醤油掛け


チンゲン菜のなばなも道の駅で買うたモノ。

さっと湯がいたヤツを用意しといて、親父らが来てからどういう味付けがええか聞きました。

みんな食べたことなかったんで、シンプルにカラシ醤油で行きました。


そら豆のオイル焼き

*そら豆のオイル焼き

空豆をサヤから出して、厚い皮を剥いてからスキレットに少し油を引いてごくごく弱火でじっくり焼きました。

なかなか美味いんですが、バッタバタの仕込み中に厚い皮から中身を出すのはかなりイライラしましたわ。



春雨入り手羽元のスープ

*春雨入り手羽元スープ

手羽元をニンニク、ショウガ、青ネギとじっくり保温鍋で煮込んでニョクマム(魚醤)で味付け。

親父らとの昼飲みが決まって、2人が来るまで2時間弱しかなく、慌てて近所のスーパーに行ったんですが、お造り類でええモンは見つからず、シャンツァイだけ買うて帰りました。

キノコにも添えましたが、やっぱりフレッシュなんはええですからね。







うちのオカンは酒を飲まんのですが、宴会に来るのに白ご飯を持参でしたわ。

それでこの手羽元を出したあたりで、早々に腹一杯になったと帰って行きました。

で、そこからは親父とサシ飲み状態に。


中華風味玉

*中華風味玉

中華風の醤油ダレから作って前日に仕込んでました。

狙ったトコ、どんぴしゃな半熟加減でした。


鰆の粕漬け

*鰆の粕漬け

ちょっと珍しい酒粕をこれまたSさんからもうたんで半分はかす汁好きのオカンへ。

私はかす汁が苦手なんで、味噌と酒、塩麹なんかをてけとーに混ぜて浸け地にしてみました。

気持ち塩気が足らん気ぃもしましたが、塩辛過ぎはあかんのでヨシとしました。

私は上品でけっこう行けてると思ったんですが、親父はなんかエグミというか苦みを感じるって言うてましたねぇ。



出した料理は以上ですが、親父とはサシになってからけっこう長いことしゃべってましたねぇ。

トータルで4時間ほどおったと思いますわ。







当初と飲み食い仲間との宴会ではぼたん鍋をメインにするつもりでした。

手元に和歌山の道の駅で買うた猪肉が300gありました。

それはもも肉のスライスで1600円やったんです。

宴会用にギリギリになって西田辺の山肉デリまで行ってさらに600gちょいのブロックを3000円ちょいで追加。

親父らと3人でブロックを食うのは多いと思ったんで、300gのスライスを解凍。

そのうちの2/3ちょいを大根、人参、ごぼう、しめじ、えのきなんかとダシで予め炊いておきました。

親父らの好みの味付けで仕上げてから出そうと思ったんですがそこまで行き着きませんでした。


親父が帰ってから台所の洗い物を片付けて、9時前になって小腹が空いたんでぼたん鍋に使わんかったしし肉を食べてしまうことに。




しし肉と若ごぼうの炒め物

*しし肉と若ごぼうの炒め物

味付けはシンプルに塩で行って、最後に半分だけ皿に取り分けて、残ってた方には醤油を回しかけました。

若ごぼうの量が少なくてちょっと肉々しくなりましたが、なかなか美味かったですわ。

これもホンマは親父らに出したかったんですけどねぇ。



ぼたん鍋でうどん

*ぼたん鍋でうどん

親父らに出さんかったぼたん鍋は今朝になって必要分だけ取り分けて味噌を加えました。

それをたっぷり冷凍うどんにかけて朝ごはんにいただきました。

ちなみに、残ったぼたん鍋は味付けしないまま実家のオカンにお裾分けしました。





両親を招く料理としてはあんまり大したモン出せんかったんですが、最後まで行き着かなかったってことは量だけは足りたようですわ。

今回は完全に他の人らのために用意してたもんですが、近いうちに正式に親父らのために気合いを入れて招待したいもんですわ。

最初に招待しようと思って4年近く経ったんで、元気なうちに料理を楽しんで貰おうと思うと早よせんとあかんでしょうなぁ。



*朝の体重:57.10kg。(家宴会をやると痩せるパターンかな。)

*今月の休肝日:9日





posted by えて吉 at 13:59| Comment(0) | 自宅で宴会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

ペヤングと正田醤油の「激辛ソース」

辛い物好きにはこのソースって有名なんですかねぇ。

発売は何年か前みたいなんで定番なんでしょうか。

私は存在さえ知らんと今日たまたまトイレを借りに入ってたコンビニで発見。

トイレだけ借りて出ても良かったんですが、ビールなら増えてもええわと手にとってレジに向かおうとしてました。

視界の端になんかが引っかかった気がしてキョロキョロしたらこの小瓶が目に留まりました。

あんまり辛いソース類を買わんのですが、ビール買うよりええかとわざわざビールを棚に戻してこいつを買っちゃいました。

勢いがあったんで値段も考えず買うたんですが150mlで397円なんでなかなかの贅沢品でした。(^_^;)

成分表示を見ると、頭から順に砂糖、たん白加水分解物、食塩、醤油、醸造酢・・・。

ベースは醤油屋との合作だけに醤油みたいですが、その後にはポークエキスだの野菜、果物系にスパイスやら続いてました。

買うた時はなんも考えてなかったんで、タバスコとかみたいな辛さの塊かと思うてました。

でも、そんなわけ無いですわ。カップ焼きそば屋と醤油屋で作ってるんですからね。

家に帰って舐めてみたら、最初はウースターソースとかのソース味やなぁと思ったんですが、そこからなんか醤油っぽい後味もして来ました。

ラベルには肉料理、魚料理、玉子料理、揚げ物、炒飯、カレー、パスタ、ラーメン、冷奴、餃子、サラダ、浅漬け・・・に合うって書いてあります。

一口舐めただけでは、こんなぎょうさんのもんと合うかいなぁって思いましたけどね。

使うてみるとして、一番最初に浮かんだのは目玉焼きですかねぇ。

焼き飯にソースってのもええんで試してみたいかなぁ。

まぁもちろん焼きそばの出来上がり上から掛けるのは自然でしょうねぇ。

ラーメン、冷奴、餃子、浅漬けあたりは、ちょっと遠慮したいかなぁ・・・。

あんまり冒険とか実験っぽい無茶は苦手なもんでねぇ。

ちなみに激辛って書いますが、辛味はあんまりかもですわ。

まぁぼちぼち合うもんがあるか試してみるとします。








今日は急に決まった日曜日の家飲みのために朝から仕込みをしてました。

その後、羽曳野の道の駅まで買い出しに。地元に戻ってスーパーでも買い出し。

家で遅めの昼ごはんを済ませてちょっと休んだら西田辺の「山肉デリ」さんへ猪肉の仕入れに。

今の期間は店を閉めてはったんですが、買い出しの出張から戻ってすぐ私のツイッターのつぶやきに反応してくれはったんです。

もうイノシシは手元の分だけで行こうかと思ってましたが、せっかくなんでお店に行って600gほどのブロック肉を3000円ちょいで買わせてもらいました。

出たり入ったりしてたら今日はあっちゅう間に時間が経ってしまいました。





*朝の体重:58.15kg。(昨日はかなり我慢したのにまだ目標オーバー。)

*今月の休肝日:8日(今日は休肝日にします。)

iPadから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 20:23| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする