2018年07月22日

グルコバ前に阪神尼崎駅前の「こんぴらさんへ

今日はインド料理を作って食べるイベント「グルコバ」です。

会場近くの「こんぴらさん」へ久しぶりに寄りました。

朝ごはんがてら天ぷらうどんに昆布で510円。

麺はほどほどですがダシが塩気はっきりで美味かったですわ。

クソ暑いなか熱いかけうどんを食べて会場へ移動したら汗だくですわ。

腹ごしらえも済んだんで頑張って刻みもんしますよー。


*朝の体重:57.95kg。

*今月の休肝日:8日


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 11:52| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

夏でも鍋はオッケー

ちょっと前になりますが35度を超える今ほどではないですがけっこう暑い日に鍋をやった様子をアップしておきます。

6月29日は大阪の最高気温が31度になり昼間はかなり暑く感じてました。

久しぶりにレンタルしたCDを返しに行った帰りにスーパーに寄ったらマグロのすき身が魚売場に並んでたんです。

スーパーで刺し身のマグロを見てもほとんど惹かれないのに、荒とかこういう捨てそうなとこが安くで売られると惹かれるんですよねぇ。

日によって盛りの善し悪しが変わるんですが、この日はけっこうコストパフォーマンスが良く感じたので晩ごはんは葱鮪鍋に決定。

あとは手元にあった鶏と厚揚げを照り焼きにすることに。

おかずとしては品数少なくて寂しいんですが、飲む日やったんでそれで十分飲めると納得。

そもそも献立が浮かばんで困ってたんで飲めるアテさえで出来たら十分やったんです。(^_^;)



暑い時期にも鍋はアリ「葱鮪鍋」

*夏場の鍋もオッケー「ネギマ鍋」


鍋の具はシンプルに白ネギと豆腐。そこに冷蔵庫にあったえのきだけ加えてやりました。

この日はまだ体が暑さに慣れてなかったんで、部屋には軽くクーラーを掛けながら夏の鍋を楽しみました。

ちなみに出汁は白だしをベースに濃口と味醂を加えて、ショウガのスライスで香りを足しました。

ハイボールで始めて、冷や酒もやってました。




マグロのすき身は全部食べるには多かったんで、最後に残ってた分は鍋に入れて火を通して翌日に再利用。





鍋の残り汁で「ねぎま麺」

*鍋の残り汁を再利用して「ねぎま麺」

手元にあった乾麺でそうめんよりだいぶ太くてうどんって呼ぶには細すぎる麺を使いました。

規定の茹で時間より少し短めに湯がいて、水道水でサッと締めてから葱鮪鍋の出汁の中で温め直してやりました。

普段作るうどんのだしとは全然違って濃ゆいんですが、これはこれで美味かったですわ。

貰い物の乾麺は半分食べててこれで食べ切ったんですが、なかなか絶妙な太さで良かったですわ。









*朝の体重:58.65kg弱。(とほほぉ〜。(>_<)えらいデブり方や。)

*今月の休肝日:7日(今日はどうするかなぁ・・・。)
 
 
posted by えて吉 at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

昼ご飯に「キムチレタスチャーハン」

今日は朝イチで実家のオカンに運転手を頼まれてました。8時前には起きていつのようにダラダラせんと猫の世話をしたりシャワーを浴びて段取り。

朝からけっこう腹は減ってたけど目標体重を越えてたこともあって朝メシは後にして9時頃には出かけました。


昨日、実家でオカンが猫の爪を切ってたら嫌がって暴れた時に爪か指を怪我させたそうなんです。

昨夜のパニクってる時にも様子を見に行ったんですが、近所に空いてる動物病院がなく猫も落ち着いて来た様子やったんで昨日はそのままそっとしておくことに。

朝になっても指から血が出てるようやったんで動物病院に連れて行くことに。

タイミング悪くいきつけの病院は休診日やったんで前日から探しておいた近所の別の医者へ。

私は駐車場の車の中で1時間ほど待機してましたが、ケガの治療と痛み止めやら抗生物質に少し血を流してたから点滴もしてもらって無事完了。

帰ってきたら昼前やったんでそこから朝昼兼用で自分の飯の用意。


冷蔵庫をチェックしたら親父からお裾分けされた自作の煮豚があったんでそれをつかって焼き飯でも作ることに。

チャーシューを刻んで入れただけの炒飯やと腹が膨らまんと思ったんで、冷蔵庫にあったキムチとしめじに加えて、もうあんまり使い道のないレタスも入れてやることに。

嵩増しに玉ねぎも半個分刻んで唐辛子と一緒にそいつから炒めて、順に加えて行って、ご飯を投入して、フライパンの空いてるトコに卵を流し込んで全体を炒めました。

最後にレタスを加えてザザッと混ぜ合わせたら出来上がり。

味付けはごく軽めの下味として塩コショウとニョクマム(魚醤)をちょっぴり。





昼ご飯に食べた「キムチレタスチャーハン」

*昼ご飯の「キムチレタスチャーハン」

塩気は薄めにしておいて、食べる時に直接魚醤を掛けてやりました。

こうすると魚醤自体の香りがようするから個人的にはけっこう好きなんですよねぇ。

炒める時にもたっぷり一味やらカイエンヌペッパーをぶち込んだんですが、あんまり辛く感じず食べながらも一味を上からたっぷりプラスしてやりました。

ご飯の量はコンビニおにぎり1個分くらいかそれよりわずかに多いぐらいじゃないかと思うんですが、けっこう嵩が増えてたんでそれなりに食べ応えがあって良かったですわ。

わざわざ焼き飯のためにレタスを買おうとは思いませんが、入れてみたらシャクシャクした食感も悪くなかったんで”アリ”ですね。






*朝の体重:58.20kg。(この数字は納得行かんなぁ。)

*今月の休肝日:6日(今日も休肝日なんだよなぁ・・・。)

posted by えて吉 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

第60回グルコバは酒の肴が盛りだくさん

今週末には次のグルコバだというのに前回のグルコバ60についてアップするのをすっかり忘れておりました。

かなり前のことで細かいことを覚えてないんですが、参加者の皆さんが持ち寄る差し入れがやたらと色々あった印象があります。

なので主にその賄いタイムの写真をサクサクッと貼って行こうと思います。


記念すべき60回のグルコバやったんですが、2ヶ月に1回の開催なんで10年続いたことになるんですよねぇ。

主催者のこばやしさんとこの下の娘さんは最初乳母車で来てたのに、今回からは家で留守番するようになったんやからびっくりですわ。

私らみたいなおっさんは10年経っても大して変化せんけど子供らはどんどん大きくなっていったんですよねぇ。




いつもようにおやつタイムの間も含めて、刻みモノをやる気満々でおったんですが、今回はちょっと刻みモノの量が少なめでしたわ。

初参加の方も多かったけど、みなさん配られたレシピを見ながら各自でどんどん調理を進めてはったようです。





では、おやつタイムの様子を写真メインでご覧下さい。






差し入れの日本酒「天狗舞」

*差し入れの日本酒「天狗舞」




水ナス?

*水ナス

漬け物だったのかなぁ・・・。すっかり忘れてしまいました。


トマト

*単なるトマト?

居酒屋でおっさんがトマトだけを頼んでると、そんなもん家で食べたらええやんって思ってしまうんですが、これも単品でのアテやったんでしょうか。


生あげのみそ漬け

*生あげのみそ漬け

味見した記憶はあるんですが、味は忘れました。

産地はどこやったんでしょうかねぇ。


柿バター

*柿バター

クラッカーかなんかに付けて食べたんかなぁ。

写真が残ってただけで詳細は全く不明です。


空豆のなにか

*ソラマメのなにか

空豆と生ハムかなぁ・・・。



高級珍味の「鮒寿司」

*高級珍味の「鮒寿司」

私が昔自分で買うた時はオスの安モンでしたが、これは本物でしたねぇ。

オイルサーディーンみたいななにか

*オイルサーディンみたいななにか



サンデーワイン

*サンデーワイン

どこのかは分かりませんが、地ワインってやつですかね。

一升瓶となると迫力がありましたわ。


自分が持っていった焼き豚(煮豚)

*自分が持って行った「焼豚(煮豚)」

写真を見直すまで前回自分が賄いに何を持って行ったか完全に忘れてました。

使った部位は肩ロースだったかなぁ・・・。

保温鍋を使ってじっくり時間を掛けて煮豚にしたのを思い出しました。

煮込んでから煮汁を煮詰めがてら、豚の表面をフライパンで焼いてやりました。




今回はほんまにツマミが色々ありましたねぇ。




とはいえ、酒盛りばっかりやってた訳ではなくちゃんと臨戦態勢ではおったんですけどね。



出来上がった料理もご覧下さい。






グルコバ60の盛り付け見本

*第60回グルコバの盛り付け見本



以下の料理の説明とそのための写真はこばやしさんの記事からコピーさせて頂きました。




180527setsumei.jpg

*説明用写真(こばやしさんのブログより)




(以下は、こばやしさんの記事からコピーです。)

A.パヤサム
米を牛乳とカルダモンで煮込んだデザート。

B.ビーツのパチャディ
毒々しいピンク色だけど、ほんのり甘い優しい味のヨーグルトカレー。

C.ムング・ダール
ムング豆を使った、ベーシックな豆のカレー。

D.ラッサム
南インド料理特有の、タマリンドと胡椒の辛酸っぱいスープ。

E.ナスのクルマ
ピーナツと芥子の実を使ったペーストで煮込んだナスのカレー。

F.サンバル
カリフラワー、パプリカ、いんげんを使った南インド料理を代表する菜食カレー。

G.トマトのチャットニー
フレッシュトマトを使った南インド風ディップ。

H.コリアンダー・ココナツ・チャットニー
香菜とココナッツを使ったディップ。

I.スンダル
ひよこ豆をスパイスとレモン汁で和えたサラダ。

J.新じゃがのマサラ
皮付きの新じゃがをトマトマサラで炒め煮した料理。

K.オクラのポリヤル
オクラのスパイス炒め。

L.イドゥリ
ウラド豆と米粉を発酵したもので作った蒸しパン。

M.メドゥ・ワダ
ウラド豆をすりつぶして揚げた、甘くないドーナツ。

N.ごぼうのピックル
ごぼうをマスタードオイルと唐辛子で漬け込んだインド風漬物。

O.ウップマ
粗挽きセモリナ粉をスパイスで蒸し煮した、南インドの朝食。

P.かぼちゃのポリヤル
フェンネルを効かせたかぼちゃのスパイス炒め。

Q.ピーナツとゴマのポディ
ピーナツとゴマを使った、南インド風ふりかけ。

R.ソーナ・マスーリ・ライス
パラパラとして癖の無い、ミールスに使われるインドの中粒米。

S.プーリ
全粒粉を平たく伸ばして油で揚げたパン。

T.パパド
豆粉を乾燥させた揚げ煎餅。市販品。

以上20品、頑張って作りました!

(以上コピー)







私がおった調理台の食事風景も貼っておきます。






調理台の食事風景

*調理台の食事風景


自分が食べた分

*自分が食べた分

この日は久しぶりに手食したんじゃなかったかなぁ・・・。


ベジタリアンミールスなんですが、これだけ色々あると肉気が欲しいとかは思わないんですよねぇ。

まいどながら美味しくたのしいイベントを主催してくれたこばやしさんには大感謝です。

これからもずっと続いていくことを願っております。







 
*朝の体重:計測なし(58kgは切ってた模様。)

*今月の休肝日:5日(今日は酒を抜かんとなぁ。)
 
 
posted by えて吉 at 15:54| Comment(0) | カレー&インド料理(グルコバ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

お昼に日清「ラ王 やさいタンメン 味噌」

日曜日は昼に身内宴会で飲茶の食べ放題に行ってそのままだらけけてしまいました。

昨日は神戸に住むツレのMと新世界で昼酒。

2軒行ったんですが暑さに負けて早々に退散。

そこからうちの家で夜までダラダラ飲み食い。

そんなわけで2日更新を休ませていただきました。

今日はチョイ飲み過ぎてたんで昼ごろに洗濯物だけ干したら家でゆっくりしております。

いつのまにかえらく腹が減り過ぎてお昼は簡単にラ王のカップラーメンで済ませておきました。

休肝日の予定やったんですが誕生日なんで飲み日に変更してしまいました。

前の家の側にある行きつけの割烹にでも行きましょうかね。


iPhoneから送信
image1.jpeg
posted by えて吉 at 16:06| Comment(0) | 携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

ラム肉のランプとフィデウア

前の家の時はJR平野駅前にあるマックスバリューをよう使こうてたんですが、今の家からちょっと遠いんで特定のモノを買う時しか使わなくなりました。

その1つはイオンのPB商品の猫砂なんで、在庫が少なくなると必ず行きはするんですけどね。

前はそうでもなかったように思うんですが、そのマックスバリュには最近いつもラム肉を置いてるんです。

で、行くたびに一応肉売場をチェックしてるんです。最近気に入ってるのがラムのランプ肉(もも肉)。

ステーキ用として売ってるんですが、肩ロース?だったかのスライスより食べ応えがあるし、ラムチョップみたいに骨付きじゃないぶん実質的な単価もちょっと低いし。(^_^;)

まぁお客さんに出す時はラムチョップを買いたいですが、自分一人じゃちょっと贅沢に思ってしまいますしね。






6月26日に行った時もラム肉のランプがあったんで、買うて帰りました。





ラム肉のランプ(ラムもも肉)

*ラム肉のランプ(もも肉)

グラム321円で143gなんで税込みで459円。

これくらいなら普段の晩ごはんに食べてもそんなに贅沢過ぎないですよね?



ラムの食べ方はシンプルに焼いて食べることにしたんですが、他のおかずをどうするか考えて休肝日によくやるフィデウア(パスタのパエリア)も作ることに。

休肝日になんとか嘘ビールで我慢出来るからフィデウアをよう食べてるんですが、決して酒が欲しくない訳じゃないんです。

なのでたまにはフィデウアとワインを楽しむことにしたんです。






フィデウアとラム肉のランプ

*フィデウアとラムランプ肉のソテー

フィデウアには、鶏とエビをメインの具にしました。しめじと彩り?代わりにピーマンの細切りも。

具材を炒めて水を入れたら冷凍のトマトソースのキューブ2つ分も加えて隠し味にニョクマム(魚醤)も少々。

パスタはカペッリーニを使いましたが、量は5〜60gぐらいだったかと。

ちょっと汁気が多くはなったんですが、出汁の旨味をパスタがよう吸い込んでてワインがよう進みましたわ。

ラムにはカイエンヌペッパーとクミンパウダーを揉み込んで、しっかりめの塩加減で焼いてやりました。

同じフライパンで新じゃがを電子レンジで火を通して輪切りにしたヤツも炒めてやりました。

フィデウアがあって、ラム肉がこれくらいあればちょっと贅沢な気分の晩ごはんになりましたわ。

そうそうこの日は久しぶりに足つきのグラスでワインを飲んだんですが、いつもの箱ワインでもちょっとジョートーに感じてしまいました。




*朝の体重:57.40kg弱。(寝汗が多いからのような気もするがヨシとしとこ。)

*今月の休肝日:4日(明日、明後日と飲むから今日は休肝日にせなアカンなぁ。)



posted by えて吉 at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

夏を真っ正面から楽しむ昼ご飯

西日本の豪雨災害の大雨が止んだ翌日に大阪は梅雨明けをしましたが、そこからいきなり暑くなったんでちょっと体が暑さになれてない感じがありました。

寒いのが苦手で冬よりずっと夏の方が好きなんですが、気分が盛り上がるよりは暑さに気持ちが弱るようなところもありました。

夜寝るのもけっこう苦労して一度はクーラーを28度でつけて寝てみたりもしたんですが、その日を含めても眠りはイマイチ。

そんなこっちゃあかんなぁと思ってたんですが、昨日は休肝日でしたが割と暑さにへこたれずに眠れた気がしました。

寝入ってすぐヒメがベッドの下でゲーゲー言い出して、起きて掃除をしたんですが、寝直せましたし、その後も何度か目が覚めるもののそんなに苦労せず寝直せました。

ちょっとは夏に体が慣れだしたんかなぁと思ったこともあって今日の昼は夏の暑さを正面から楽しむつもりのメニューを。

何日か前にひっさしぶりレタスを買うたんで、それがあるうちに「タコライス」をやろうと思ってたんです。

タコスの具でミートソースを作らんとあかんと思ってたんですが、しばらく前に冷凍庫の奥から見つけた謎の固まりをチェックするとどうもタコミートのような風味が。(^_^;)

てっきりタコライスの具の冷凍在庫はないと思い込んでたんですけどねぇ・・・。



1食分には十分な量があったんで、在庫処分を兼ねてそれをありがたくそいつを食べることに。




トマト半個を粗みじん切り、レタスは千切り、冷凍のトマトソースのキューブ2個にシシトウのみじん切り、唐辛子を加えて気分だけ”サルサソース”に。

なんちゃってサルサソースをまず電子レンジで作って、続いてご飯をチンして、最後にタコミートをチン。

皿にご飯を広げてその上にピザ用チーズを散らして、その上にタコスの具。

たっぷりのレタスの上から生トマトとサルサソースを掛けたら出来上がり。







夏を真っ正面から楽しむ「タコライスチーズヤサイ」

*夏を真っ正面から楽しむ「タコライスチーズヤサイ」

写真での盛り付けは一応見た目を気にしてレタスはほどほどの量です。

実際に食べる時は、この倍くらいのレタスにトマトを追加。サルサソースももっと掛けて全体をしっかり混ぜ混ぜして馴染ませました。

タコライスは行儀悪くても全体がまったり馴染んだ状態で食べるのが好みですわ。

途中からはタバスコも追加してワシワシと行っときました。

沖縄の金武名物のタコライスって夏っぽい食べ物って気がしますが、さらに自分にとって真夏に飲みたいドリンクをってことでラム&コーク。

マイヤーズとコーラにレモンスライスとレモンの絞り汁。

けっこう甘めですが冷房を掛けてないクソ暑い部屋で食べるとそれも丁度ええんです。

「くそ暑いなぁ〜」って文句を言うてんと夏を楽しむ気分で頂きました。

暑さにへたれそうやった気分がちょっとだけ夏を喜ぶ雰囲気に変わった気がしました。









*朝の体重:58.00kg。(体重に余裕無いけど朝昼2食ちゃんと食べたった。)

*今月の休肝日:4日(昨日は酒を抜きました。)



posted by えて吉 at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

マルちゃんの「正麺 台湾まぜそば」

マルちゃんの「正麺」が袋入りのインスタントラーメンとして発売されたのは2011年11月らしいですね。

かなり画期的な商品で発売からしばらくの間は品薄になるし値段も高止まりしてた記憶がありますねぇ。

そんな正麺は定番商品として定着したし、味が増えたり冷めん、うどんやそばまで出て、その後はカップ麺も出て来ましたねぇ。

最初の印象が良かったんで、いくつかは新商品が出るたびに試してみましたが最近はあって当たり前の印象があるんであんまり未食のヤツを試すこともなくなってました。

インスタント麺とは別の生麺タイプのやつで日清の「まぜ麺の匠 台湾まぜそば」ってのが気に入ってるんですが、最近自分の行くスーパーでは見かけなくなったんですよねぇ。

ここ最近では5月に最後に食べましたが、前なら特売を狙ってたのに今は見かけた時に買うしかないので298円とかの高い値段でも我慢。

その時に食べてから近所のスーパーで麺売場をチェックするも最近はさっぱり目にすることがなくなってしまいました。

そんな時にインスタントラーメンのコーナーを眺めてたら今回の商品が並んでたのでいっぺん試してみることに。





「マルチャン正麺 台湾まぜそば」のパッケージ

*マルチャン正麺 台湾まぜそば」のパッケージ

値段は忘れましたが、インスタントラーメンとしてはけっこう高めで280円くらいやったんじゃないかと。

箱形のパッケージにしただけで付加価値があるっちゅう訳ですかねぇ。

日清の生麺タイプとほとんど同じような値段ってのはちょいと高すぎる気がしましたがなんとか我慢してカゴへ。




最初に食べたのは6月23日になります。

日清の方はいつのまにかタレにミンチ肉みたいなものが入って、肉の用意の必要が無くなりました。

まぁ、そのタレだけじゃ物足りんからどっちにしてもミンチは足すんであんまり肉が入った意味はないんですけどね。


で、正麺の方は肉は入ってないのでミンチ肉を50g用意せぇとのことです。

中身は袋入りのインスタント麺と、粉末スープ、液体スープっていう組み合わせ。

一回目は味はいじらずに出来るだけノーマルなまま食べてやることに。


冷凍してあった豚バラ肉2枚を包丁で刻んで粗みじんに。

そいつをチビフライパンで炒めて、肉に火が通ったら粉と液体のタレを加えて出来あがり。





マルちゃん正麺台湾まぜそばの初回はノーマルで

*マルちゃん「正麺台湾まぜそば」の初回はノーマルで

ノーマルに食べるってのはタレの味付けの話で挽肉ソースだけじゃ寂しいのでニラ、白ネギ、紅ショウガ、刻み海苔、温泉玉子、ゆでもやしをトッピング。

食べてみた印象は日清のに較べてスパイスの風味が弱めで大人しい味付けって印象ですね。

日清の麺は太くて少し平べったい麺でけっこう主張がありましたが、正麺の方はそれと較べると麺のゴワッとした感じが少なかったですね。

評価としては同じような金額なんで、どっちでも買えるなら日清の生めんタイプがええかなぁってとこでした。





2食入りやったんで、2度目は6月29日に2回目を食べて古くなる前に食べ切ることに。





2回目のマルちゃん正麺台湾まぜそばはちょっと味を改良

*2度目のマルちゃん正麺 台湾風まぜそば

タレのクセが弱かったんで2回目は好きにいじってやることに。

タレ全体の量も増やすことにして、少し水を加えてニョクマム(魚醤)、沙茶醤(サーチャージャン)などで味付け。

たれの量が増えたんで麺全体に味を行き渡らせるのがだいぶやりやすくなりました。

ただ、麺を食べきった時にけっこうな具とタレが余ってて、そこに飯をぶち込みたい気持ちを抑えるのが大変でした。

こうやって味を自分好みにして食べると、、タレだけの風味なら日清もマルちゃんも変わらんようになりますね。

でも、麺の自体は食感は日清の方がより好みなんで、販売の再開があって欲しいもんです。







*朝の体重:57.30kg弱。(昨日は外食したけどあんまり食べてないからかな。)

*今月の休肝日:3日(今日は酒を抜かんとあかんのよなぁ。)
posted by えて吉 at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

夏向きの料理を解禁した〜!!

昨日は朝から料理を仕込んだりしてからちょっと買い物に出かけたらそのまま晩ごはんに雪崩れ込んでしまいました。

飲み始めるとサボり癖が出て更新は休んでしまいました。

その代わりって訳では無いですが、今日は小ネタを本数多めで行ってみます。(^^)


普段の食事で旬の物だけを食べてるなんてよう言いませんが、出来るだけ季節感は大事にしたいなぁとは思ってます。

スーパーはどんどん季節の先取りがひどくなってるように思うんですが、今年も肌寒いうちからざるラーメンが並んでたりしてなんだかなぁ〜って気分にはなってました。

そんな寒いくらいの時期から夏物を食べてたら真夏のクソ暑い時に何食べるんや?って思ってしまいますわ。





そんな私も6月に入ってしばらくするといくつか夏向きメニューなんかを解禁しだしたんでそいつをババッとご紹介して行きしましょう。



最初に夏っぽいメニューを解禁したのは定番の混ぜご飯から。



今シーズン初めて食べたのは6/15のことです。






夏の定番な「混ぜご飯」

*夏の定番な「まぜご飯」

じゃこ、キュウリの塩もみ、大葉、ごま、梅肉ってのがパターンなんですが、今回はそこに戻した乾燥わかめもプラス。

この日は朝からけっこう腹が減ってたんでちょっとでも嵩増しして食べ応えをだそうっていう姑息な理由からです。

じゃこはだいたいいつも冷凍庫におるんですが、この時はたまたま実家からじゃこのお裾分けがあったんでそいつを使いました。

この混ぜご飯は実家に居ったガキの頃から馴染んだ味なんですよねぇ。この日以後すでに何回か食べております。




続いての夏の風物詩的メニューもご飯モノになります。



夏メニューの「豆腐丼」温泉玉子乗せ

*夏によくやる「豆腐グチャグチャ丼」

基本的にはご飯の上に潰した豆腐を載せて醤油を掛けるだけです。

この日はまずご飯の上に刻み海苔を散らして、崩した豆腐を載せて、たまたま手元にあった温泉玉子を載せました。

そして大葉もあったので細かめに刻んで散らしました。

タレはめんつゆに少し濃口醤油を加えてあらかじめわさびを溶いておいたものを使いました。

温玉はやや蛇足的ではありますが、豆腐オンリーよりさらに全体が緩くなって食べやすくはなってました。





続いては上で苦言を呈したざるラーメンですが、解禁したのは6月23日。




このくらいの時期まで我慢したらヨシとさせてください。




この夏初めて解禁した「ざるラーメン」

*今年初めて解禁した「ざるラーメン」

初回ってことで、つけ汁は出来るだけシンプルに行くことに。

めんつゆにちょろっと水を加えて、そこに少量の酢を足して、最後にごま油を少し垂らしました。

完全に目分量でええかげんに作ったんですが、この時のタレはめちゃくちゃバランスが良かったんですよねぇ。

好みのド真ん中に入ったんで、「ヨッシャーっ!!」って気分でした。

薬味はゴマ、青ネギ、辛子で行きました。

ちなみに麺は北海道のメーカー菊水の生ラーメンを使ってます。




朝メシねたばっかりが続きましたが、ここで夕飯メニューも行ってみましょう。


食べたのは同じく6月23日の夕方になります。





ゴーヤーに続いて「豚の冷しゃぶ」を解禁

*豚の冷しゃぶを解禁

・キムチゴーヤーチャンプルー

・焼きナス(手抜き版)

・さしみこんにゃく

・冷しゃぶサラダ

・納豆

ゴーヤーはたまたま「ゴーヤーの日」である5/8に解禁したんで、この日の解禁モノは「冷しゃぶ」です。

酒と塩を入れたお湯を一旦沸かしてからごく弱火にしたところに豚を入れて火を通し、鍋から上げたら氷水には放さず、常温でさましてます。

氷水でキンキンに冷やすと脂身が固まりすぎるイメージがあってあんまり好きじゃないんです。

小皿に一口ずつ取って、ごまだれとポン酢の両方で味わいました。

夏場には普段以上に辛いモノが食べたくなるんで、キムチ入りのゴーヤーちゃんぷるなんてめっちゃ夏っぽいし、そこに冷しゃぶ、刺し身こんにゃく、焼きナスですからこいつはちょっと気の早い真夏の食卓って感じでした。





続いての夏らしい献立は冷めん(冷やし中華)です。




冷しゃぶの豚がちょっと余ったんで、その時のサラダの具材と一緒に冷めんにして残り物処理です。






「冷めん(冷やし中華)」始めました〜

*冷めん始めました〜

麺はざるラーメンと同じ菊水の生ラーメンです。

タレはごまだれにしたんですが、食べ始めてもこの日はなんか物足りず。

半分くらい食べたところでおもいついて少し酢を垂らしてやるとちょうどええあんばいになりましたわ。







ラストはもう一種類混ぜごはんモノで。




食べたのは6月28日なります。






夏向き「混ぜご飯」その2

*夏向き混ぜごはんの「鮭とトマトの混ぜごはん」

ご飯に細かめに刻んだトマトと瓶詰めの鮭フレーク、大葉、胡麻を加えています。

味付けはシャケフレークの塩加減を見ながら、香り付けの醤油、ごく少量の塩でやりました。

真夏になってトマトの酸味が弱すぎる時はレモン汁を少しプラスするのもええかと思ってます。




以上、夏場に向かって解禁した小ネタ集でした。(^^)



*朝の体重:58.05kg。(寝汗が少なかったからかなぁ。)

*今月の休肝日:3日(今日は飲み会に出かけるぞ〜。)

posted by えて吉 at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

第59回讃岐うどん巡りは東讃&製麺所にも注目 後編

1軒目のうどん屋さんのことだけ書いて中断したうどん巡りの続きをアップさせて頂きます。

 *1軒めの記事についてはコチラをご覧下さい。

𠮷本食品で一食目のうどんを食べて再び車で走り出したのが10時頃でした。

そこからは国道11号線を高松方面にのんびり移動。

20分ほど走ったところで道の駅「津田の松原」があったんでちょいと寄りましたが、道の駅としては特にめぼしいモノもなくサクッと再出発。

ただ、後で香川県に住んでる知り合いからの教えてもうたんですが、ここにあったうどんがなかなかええとのことでした。

松原うどんっていうそのまんまな名前のようですが、チャンスがあったらまた行ってみんとあきませんなぁ。

さらに走って10時25分に2軒目のお店の近くに車を止めました。

そこから歩いて少しのところにあったのがこちらのお店です。




松乃家生麺の店構え

*松乃家(松の家)生麺の店構え

製麺所系、東讃ってこと選んだんですが、お店のことは前から知ってた訳じゃないんですよねぇ。

コース考えてた時にコッチ方面で見つけて製麺所っぽさで選んだったんじゃないでしょうか・・・。

全員が未訪問なとこも入れたいですからね。

お店に入ってみるといかにも職人さんって感じの大将ともう1人の男性でお店を回してはるようでした。

私は気づかなかったんですが、お店に入るなり大将からは「細い方しかないで」ってなことを言われたようでした。

こちらのお店は食べるうどんの玉数に合わせて自分で丼の種類を選ぶスタイルでした。

あんまり多くは無いけど取った丼の種類で自動的に玉数が決まる店って香川ではたまに見かけるんですよねぇ。

当然ですが何軒も回るんで1玉用の丼を取って、うどんを入れて貰いました。

そこからは客が自分で好きなように食べるいかにも製麺所なやり方でした。



松乃家生麺のかけうどん

*松乃家生麺のかけうどん 220円

貰ったうどんをそのままで、熱い出汁を掛けたいわゆる”ひやあつ”でいただきました。

ishさんは同じく”ひやあつ”、myblackmamaさんは”ひやひや”、Wakkyさんご夫妻は”ひやあつ”と”ひやひや”で行ってはりました。

冷たいかけだしは、冷蔵ケースの中のプラスチックの桶みたいなとこっから柄杓ですくってかけるワイルドさ。


熱い出汁はかつおだしでけっこう塩分がキツメでした。

麺は細くてシュッとした見た目なんですが、食べてみるとミッチリと重く詰まったタイプででした。


*Wakkyの毎日:聖地巡礼2 『松乃家生麺 』@さぬき市

*foodish:"雑"食記:東から西へうどんツアー(前)〜讃岐うどん巡礼2018-2




10時40分にまた車をスタートさせて、国道11号線で高松市内の中心部へ。

3軒目に予定したのはWakkyさんご夫妻とishさんはすでに何回か行ってはる店なんですが、私は初訪問。

私がうどん巡りを始めたごく初期から行きたい店としてリストアップしてたんですが、高松の市街地で車で入っていくのが億劫に感じて延び延びになってたんですよねぇ。

Wakkyさんから希望のお店の1つとして上がってたんで、ありがたく初訪問となったしだいです。

お店の近所の専用の駐車場があるんですが、細かい道に入っていくのが嫌いなんで手前の大きめの道にあったコインパーキングに止めてテクテクと。

車を止めたのが11時27分でした。






うどん巡り初期からの課題店「松下製麺所」

*うどん巡り初期からの課題店「松下製麺所」

個人的にはずっと行きたかったけど、他の人と行く時にはようコースに入れんかったんですよねぇ。

10年以上狙っててやっとの初訪問ですわ。


松下製麺所のかけうどん

*松下製麺所のかけうどん 200円

今回は”あつあつ”です。

ishさんはこの店の名物でもある中華そば、myblackmamaさんは”あつあつ”、Wakkyさんご夫妻は”あつあつ”と中華そばを行ってはりました。

麺はやや細めやけどしっかりした重さを感じました。出汁はいりことかつお節ですかねぇ。こちらも塩気がしっかり効いてましたわ。

それと天かすにこだわりのあるWakkyさんが褒めてはったんですが、細かくてキレイな天かすでしたねぇ。(^^)



次のお店は割と最近に開いたって聞いたお店でした。

高松市内から国道193号線をひたすら南下して、国道377号線に入ったんですが、その先は「長柄ダム」ってのを目指す標識に従うってのが事前情報としてありました。

ナビには場所をセットしてあるんですが、県道何号線とか、具体的な交差点名がある訳でもなし。

久しぶりに昔のうどん巡りで紙焼きの地図を片手に自分の勘を頼りに走った気分を思い出しました。

で、最初の関門である長柄ダムに向かい道には無事入れたんですが、その先はかなりなルートでした。

必要な箇所ではちゃんとお店の看板があるんですが、それでも走っててこの先に飲食店があるなんて全く思えんような山の中の田舎道。

いわゆる離合の厳しい国道ならぬ(残)酷道、険道ならぬ(危)険道ってな部分もあるような道でしたわ。

秘境系としては山内が有名ですが、大きな道から店までのルートの怪しさでは今回の店の方が上でしたねぇ。

ネタ用には道中の写真が欲しいところですが、運転手の私はけっこう真剣に運転せんとあかんかったんでそんな余裕はゼロでしたわ。(^_^;)

あとで同行のお二人のブログへリンクを張りますんで、そちらをご覧下さい。





久しぶりの秘境系うどん店「いなもくうどん」

*久しぶりの秘境系うどん店「いなもくうどん」

香川って、「なんでここで客商売すんねん?」とか「わざと客から隠れとるんか?」って店がありますがここも呆れるしかない立地ですわ。

母体が材木屋さんってことで、うどん打ち好きな大将が趣味が高じて店を開けたんかなぁなんて思ってました。

ところが、店に入ってまたビックリしたんですが、中では若い男の子と女の子のスタッフが働いてたんです。

入るなり元気な声で「いらっしゃーい」って挨拶までされました。

立地の怪しさと都会の今風うどん屋みたいな雰囲気のギャップにまたヤラれました。


いなもくうどんの「ぶっかけうどん」

*いなもくうどんの「冷やぶっかけうどん」 300円

ishさんが”ひやあつ”と野菜串天?100円、myblackmamaさんがひやかけ、Wakkyさんご夫妻がぶっかけとかまかけ。

個人の趣味の店を想像してたからこの麺の盛り付けにもびっくり。

麺は表面はツルッとしてるけど、しっかりしたコシがありましたねぇ。かなり量もあって腹に溜まるうどんでしたわ。

ぶっかけだしはかなりいりこが効いてる印象でした。

味見をさせてもうた中から言うと個人的にはここではかけうどん一番自分の好みでした。

秘境でやってる隙?とか単品勝負とかではなく、ごく普通に都会で勝負出来るお店でしたわ。

 「若いモン雇うんやったら、もっと都会に店出せぇ〜っ!!」

って言いそうになるのをグッと押さえて店を出ましたねぇ。

正直言うて立地のネタっぽさだけで選んだんですが、やっぱり香川のうどん屋は侮れませんねぇ。


*Wakkyの毎日:聖地巡礼4 『讃岐うどん いなもく』@綾川






4軒目の後は腹ごなしを兼ねて道の駅「滝宮」へ寄りました。

1時頃に着いて20分ほど滞在して、最終のお店に着いて話し合い。

けっこう腹が膨らんでたんですが、あそこなら別腹?で入るやろうってな意見もあったんでもう一軒行っとくことに。


お店に着いたのが1時40分で閉店が2時なんで、うどんの状態としては少々リスクのある時間でした。




山神うどんの店構え

*定番の一軒「山神うどん」

ishさんがかなり好きなお店で、希望だけを聞くとしょっちゅう行くことになるので抑えめにしてるほどです。

とはいえ、私にとってもかなり好きなお店なんですけどね。


山神うどんの前の「麦秋」

*山神うどんの前の「麦秋」

お店には何回も来てるけどここまで麦が実ってる?風景は初めてでした。




いついっても美味い山神の「醤油うどん」

*いつ行っても美味い山神の「冷や醤油うどん」 230円

こちらのお店では全員がこの醤油うどんで揃いました。

細めでエッジの立ったほぼ正方形の断面のうどんは、この山神だけって気がするほどオリジナリティを感じるんですよねぇ。

ある意味現代的って感じる麺なんですが、ここは70年以上?の歴史があってあの宮武ファミリーの初代がここでうどん打ちを学んだって言うのがびっくりですよね。
 *その辺りの話はコチラの宮武うどんの開業ヒストリーに関した記事からどうぞ。

食べる前はかなり腹が膨らんでましたが、やっぱりこのうどんはサクッと腹に収まってしまいました。


*Wakkyの毎日:聖地巡礼5 『山神うどん』@まんのう

*foodish:"雑"食記:東から西へうどんツアー(後)〜讃岐うどん巡礼2018-2




以上の5軒で今回のうどん巡りはおしまい。

このあとWakkyさんご夫妻のリクエストでスーパー「マルナカ」の琴平店へ。

あんまり来たことない支店やったんですが、品揃えにけっこう個性があって面白かったですわ。

2時半頃香川を出て、5時18分には兵庫駅に到着して、ishさん、Wakkyさんご夫妻とはお別れ。

そしてこの日はこの後myblackmamaさんが中国道の西宮名塩SAまででええって言うてくれはりました。

6時に西宮名塩SAを出て、家に着いたのがなんと6時50分。おそらく帰り道としては最早だったでしょねぇ。

いつもは西宮名塩で別れてから一人になってから国道176号なんかでかなり時間食うんですよねぇ。

最後で渋滞を食らうと心身共にドッと疲れるんですが、今回はサックーーと帰れて非常に楽でしたね。

ちなみ総走行距離は562kmでした。









*朝の体重:57.60kg弱。(これくらいやったらまぁええか。)

*今月の休肝日:2日(今日は酒抜かんとあかんのよねぇ。)
 
 
posted by えて吉 at 16:38| Comment(0) | 讃岐うどん巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする